2022/08/26

メルセデスAMGのステアリングホイール、抜き打ち検査をクリア

Steering Wheel Image (C)Mercedes Motorsport
拡大します

ハンガリーGP終了後、FIA(国際自動車連盟)はメルセデスAMGチームのカーナンバー44(ハミルトン)のステアリングホイールを抜き打ち検査したことを発表。

これはトップ10フィニッシュしたマシンの中から無作為に抽出されたもので、その結果ハード、ソフトウェア共にすべて2022年のF1テクニカル・レギュレーションに合致していることを確認したとしている。

|

2022/08/18

ロールバーの安全基準強化が正式決定される

Image
FIA(国際自動車連盟)は2023年シーズンからF1マシンのロールバーの安全基準を強化することを正式決定した。
これは先のイギリスGP決勝レースのオープニングラップで起きた大きなアクシデントで、周冠宇(アルファロメオ)のマシンが転覆したままスライドした際、ロールバーが削られてしまったことによる。
幸いハロー(頭部保護装置)がドライバーの生命を守って事なきを得たが、FIAはこれを重視、技術諮問委員会での検討やWMSC(世界モータースポーツ評議会)の審議を経て安全基準の見直しを決めたもの。

具体的な形状が各チームによって異なるため、2023年においては過渡期として暫定的に規制、2024年からさらに規定を強化していくということだ。

|

2022/08/17

FIA(国際自動車連盟)、2026年のF1レギュレーション決定

FIA
FIA(国際自動車連盟)は長く協議を続けてきた2026年以降のF1レギュレーションについて、8月16日(火)WMSC(世界モータースポーツ評議会)による承認を受け、正式に決定した。

新しいレギュレーションでは、基本的に現在と同じく1.6リッターV6のレイアウトになるが、燃料規定などがさらに進化、洗練されたものになる。

これを受け、2026年からの新規参入が噂されるアウディ&ポルシェらも正式な活動についての発表が近く行われるものとみられる。

|

2022/08/08

ピエール・ガスリー、トラックリミット判定に改善を求める

Pierre Gasly (C)Scuderia Alphatauri
拡大します
今シーズンから導入されているいわゆる『トラックリミット』は、予選では会心のアタックラップタイムが取り消されたり、決勝レースでは繰り返すとタイム・ペナルティが科せられるなど大きな影響が出ている。

先のハンガリーGPではピエール・ガスリーにもその嫌疑が掛けられたが、結果判定に時間が掛かったため、アルファタウリでは念のため再度のアタックにガスリーをコースに送り出さざるを得なかった。
結果的にトラックリミットにはならないとの結果になったものの、ソフトタイヤを無駄に使用したことやこの混乱でQ2進出を逃がすなどダメージを負った。

ガスリーはトラックリミットの適用判定について改善の余地があると主張している。

|

2022/08/01

レッドブル首脳、「2026年計画遅れはライバルのせい」

Redbull Factory (C)RedBull Racing
拡大します
先にドイツ・メディアにより報じられたポルシェ社によるレッドブルF1株式の購入話だが、レッドブル・グループのヘルムート・マルコ/レーシング・アドバイザーは、契約の進展が遅れているのはメルセデスやフェラーリなどライバルに原因があると指摘している。
それによれば上記2チームが2026年F1レギュレーションの合意を意図的に遅らせているため、アウディ&ポルシェら新規参入チームが具体的な参戦計画を立てられないでいるというもの。

マルコ博士は「これ以上レギュレーション制定を遅らせるのであれば2026年からのF1改革など絵に描いた餅でしかない」と、切り捨てた。

|

2022/07/18

FIA、2023年からロールバーの安全基準強化決める

Image
FIA(国際自動車連盟)は2023年シーズンからF1マシンのロールバーの安全基準を強化することを決めた。
これは先のイギリスGP決勝レースのオープニングラップで起きた大きなアクシデントで、周冠宇(アルファロメオ)のマシンが転覆したままスライドした際、ロールバーが削られてしまったことによる。
幸いハロー(頭部保護装置)がドライバーの生命を守って事なきを得たが、FIAはこれを重視、さっそく技術諮問委員会を開いて安全基準の見直しを決めたもの。

なおアルファロメオのロールバーは通常の型式でなくブレード型を採用していたということでこれが禁止になる可能性もあるようだ。

|

2022/07/16

FIA、周冠宇の事故でロールバーの安全基準見直しへ

Image
イギリスGP決勝レースのオープニングラップで起きた大きなアクシデントでマシンが大破、、一時は容態が危惧されたアルファロメオF1チームの周冠宇だったが、しかし怪我を負うことなく無事な姿が確認され、あらためて現代のF1カーの安全性が証明された形となった。

しかしこの件でハロー(頭部保護装置)の強さは確認されたものの、従来からのロールバー(ロールオーバーバー)が損傷していたということで、その能力に疑問の声が投げ掛けられているという。
それによればアルファロメオのマシンのロールバーは通常の形状でなくブレード型を採用していて、今回マシンが転覆したまま滑走したため削られてしまったことが問題視されているもの。
当然のことながら事前にFIAの検査はクリアしているため規則違反はないが、基準自体の見直しが必要かどうかの調査に入るということだ。

|

2022/07/13

F1、今年の物価値上がりでコストキャップ見直しへ

Image (C)Redbull Racing
拡大します
F1は天井知らずのコスト増を押さえるため年間の上限金額が定められているが、今シーズンはマシン規格が変更されたせいか大きなアクシデントが増えたことや、ロシア軍によるウクライナ侵攻で物流を始めとして大幅な経費増になっているため制限を守るのが困難であるとして、年間の上限である1億4千万ドル(約192億円)を見直す方針を固めたようだ。

具体的な金額については告知されていないが、今後の物価に応じてスライドさせるという案が有力だ。
しかしこれについて全チームが一枚岩である訳ではなく、10チーム中1チーム(アルファロメオとみられる)は反対しているとされ予断を許さない状況ではある。

|

2022/06/30

F1、2026年のエンジン・ルール最終制定に遅れ

Mercedes V6 F1 Engine (C)Mercedes Motorsport
拡大します
F1はすでに2026年シーズンからの大幅変更をアナウンスしているが、ルールの最終調整が遅れているようだ。
すでに同年からの新規参入が見込まれるアウディ&ポルシェの正式発表に遅れが出ている他、メルセデスやフェラーリなど既存のエンジン・サプライヤーからも不安の声が聞かれているという。

これについてメルセデスのトト・ウォルフ代表は、「新規PU(パワーユニット)導入の時期は決まっているのに、その内容決定が遅れているのは問題だ。
いまF1関係者の誰もが最終的なレギュレーションの確定を望んでいる」と、拍車を掛けた。

FIA(国際自動車連盟)の担当者によれば、今のところ9月くらいに目途を付けたいとしているという。

|

2022/06/11

FIA、ピットレーン出口の『白線跨ぎ』を明確化へ

Image (C)Pirelli Motorsport
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は、今週末のアゼルバイジャンGPからピットレーン出口のいわゆる『白線跨ぎ』について、適応される基準について明確化を図ることを明らかにした。

規定では「ピットアウト後はいずれのタイヤもラインを越えてはならない」とされているが、その程度についてはスチュワードによってまちまちなのが現実だった。
今回FIAはこれについて、「ラインを踏んでも越えてなければOK」とし、通知したもの。
具体的には「ラインを踏んでも跨いでなければお咎めなし」ということになった。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

70thアニバーサリーGP A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイフェルGP アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルベ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルピーヌ アルファタウリ アルファロメオ アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・パロウ アレックス・リン アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル アンドレッティ イギリスGP イゴラ・ドライブ イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オスカー・ピアストリ オトマー・サフナウアー オランダ オランダGP オースティン オーストラリアGP オーストリアGP オーラ・ケレニウス カタール カタールGP カナダGP カラム・アイロット カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コルトン・ハータ コロンビア コンコルド協定 サウジアラビアGP サクヒールGP サンパウロGP ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シュタイヤーマルクGP シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スプリントレース スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダビデ・ブリビオ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デンマークGP トスカーナGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・デ・フリース ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエトロ・フィッティパルディ ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベトナムGP ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガルGP ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイアミGP マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マイケル・マシ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モハメド・ベン・スレイエム モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リアム・ローソン リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロイ・ニッサニー ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・シュワルツマン ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロマーニャGP ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 周冠宇 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 岩佐歩夢 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介 WTCC