2019/08/13

F1、環境に配慮し将来的『バイオ燃料』主体に

Image (C)Renault F1 UK
拡大します
F1では現在一般的に市場に出廻っているのと同じく化学合成物質で構成された燃料を使用しているが、スポーツとしてのサスティナビリティ(持続可能性)を達成するために自然由来の燃料の採用を推し進めていくことを明らかにした。

そのためインディカーなどアメリカ大陸で進んでいるようなバイオ燃料を採用し、具体的には2021年までに混合割合を20%まで引き上げ、その後さらに毎年10%ずつ増やしていく案が進んでいるとのこと。
さらに二酸化炭素を発生しない水素燃料の採用なども検討されているとされる。

別途、FIA(国際自動車連盟)が推進する電気自動車のレース『フォーミュラE』は残念ながら迫力に欠けるということで期待されたほどの盛り上がりをみせていない。

|

2019/08/04

ホンダ系チーム、公式予選コメント(8/03)

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
ハンガリーGPの予選が行われ、Aston Martin Red Bull Racingのマックス・フェルスタッペンがポールポジション(PP)を獲得。
Hondaにとっては、2015年のF1復帰後初のPPとなりました。

Aston Martin Red Bull RacingとRed Bull Toro Rosso Hondaの4台は、Q1でスムーズな走りを見せ、全車とも難なくQ2進出を果たします。
フェルスタッペンは、このQ1でもトップタイムをマーク。
フリー走行からのいい流れを切らすことなく、順調にタイムアップしました。
今回も中団の戦いは非常に僅差となり、Toro Rossoのアレクサンダー・アルボンとダニール・クビアトの差はわずか0.005秒。
アルボンが12番手、クビアトが13番手でグリッド確定となりました。
両者ともにスタートタイヤを自由に選択できる位置であり、週末を通じて収集したロングランや雨でのデータを活用して明日のレースでの追い上げを目指します。

Red Bullのフェルスタッペンとピエール・ガスリーはQ3へ進出。
Q3ではRed Bull、メルセデス、フェラーリの三つ巴の戦いとなり、1回目のアタックでフェルスタッペンがトップタイムに。
最終アタックでもさらにタイムを伸ばし、メルセデスのバルテリ・ボッタスに0.018秒差をつけて、自身のキャリア初のポールポジション獲得を果たしました。
ガスリーは、最終アタックでわずかなミスがあり、3列目6番グリッドからのスタートとなりました。

【マックス・フェルスタッペン(レッドブル)】(予選1位)

「予選でマシンがさらに向上し、最高の一日になりました。
トップに立つというのはすばらしいことですし、僕にとって初めてのポールポジションはこれからも特別な記憶になる筈です。
また、ハンガロリンクのようなすばらしいサーキットで燃料を少なくして予選ラップを走るのはとても楽しいですし、マシンがダウンフォースを発揮してグリップが増すのを感じながら全開で走るのもとても楽しいです。

僕らとトップチームの差はわずかで、Hondaはすべてを向上させようとハードワークをしてくれています。
今日はチームみんなにとって最高の一日になりました。
Hondaも含め、速いマシンを用意してくれたチームのみんなに感謝しています。
ハードワークが実を結ぶ瞬間を見られるのはすばらしい気分です。
このレースウイークではロングランができていませんが、ここのところマシンはレースではさらに競争力があるので、あまり心配していません。
明日はクリーンなスタートを決めて、自分の仕事をするのみです。
今日、ハンガリーにこれほど多くのオランダ人ファンが来てくれるとは思っていなかったので、グランドスタンドにいるみんなの姿を見たときには最高の気分でした。
明日は接戦になるはずなので、またエキサイティングなレースが見られるでしょう」

【ピエール・ガスリー(レッドブル)】(予選6位)

「今日はクリーンラップが取れず、いくつかミスもしてしまったので残念です。
それがなければ、フェラーリと4番手か5番手を争えていたと思います。
悪くないポジションですが、もっといいラップタイムを出せました。
明日はミディアムタイヤでスタートします。
全開でプッシュし、戦略を工夫してポジションを上げていきたいと思います。
マックスのポールポジション獲得には、心から祝福の言葉をかけたいです。
すばらしい結果で、チーム全体にとっていいことです。
ここはオーバーテイクが難しいサーキットで、いい予選ポジションを得られていますし、僕らには力強いマシンがあるので、アドバンテージはあると思います。
フリー走行では、誰もドライの状況下でのロングランをしていないので、70周のレースの中でタイヤがどうなるかによっては、おもしろい展開が訪れると思います」

【ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)】(予選13位)

「最後のアタックでチームとコミュニケーションミスがあり、間違ったセッティングで出てしまいましたが、悪くない予選だったと思います。
マシンからはまだ力を引き出せる筈で、あと0.1秒くらいは向上していた筈ですから、僕らの本当の立ち位置はその辺りです。
明日は13番手からのバトルですが、ここはオーバーテイクが難しくて電車のように各車が連なって走行することになるでしょう。
しかし、レースは長いですし、ライバルと異なる戦略を採用すればうまくいく可能性があると思います。
また、スタートもかなり重要なので、きちんと準備し、なるべくいいレースを展開したいです」

【アレクサンダー・アルボン(トロ・ロッソ)】(予選12位)

「FP2でのクラッシュから挽回回し、12番手という結果を得たことに満足しています。
マシンにはQ3へ進出できるだけのポテンシャルがありましたが、いつもわずかに届かないことにはフラストレーションがたまります。
FP3ではマシンの接地感が得られずに苦戦したのですが、予選ではリズムを取り戻したのでよかったです。
Q3へ進出できればよかったのですが、0.2秒届かず、マシンのバランスも、いいコーナー、悪いコーナーが分かれています。
このサーキットではオーバーテイク可能な場所が少なく、コース上でのポジションが重要になりますし、いい戦略も必要です。
タイヤを選べる中では上位につけていますし、明日はタイヤのデグラデーションも大きくなると思うので、何台かオーバーテイクできることを願っています」

【田辺 豊治(テクニカルディレクター)】

「今日の予選ではAston Martin Red Bull Racingのフェルスタッペン選手がすばらしい走りを見せ、自身のキャリア初となるポールポジションを獲得してくれました。
フェルスタッペン選手にはおめでとうと言いたいです。

また、Red Bull RacingのシャシーとHondaのPUでそれを成し遂げられたことを非常にうれしく思っています。
オーバーテイクが非常に難しいハンガロリンクでのポールポジションを、明日のレース結果に結びつけたいと思います。

その他のマシンも、ガスリー選手が6番手、Red Bull Toro Rosso Hondaの2台が大混戦の中で12番手、13番手と、4台すべてがポイント獲得可能なポジションにつけることができました。
明日もチームとともにベストを尽くします」

提供:本田技研工業(株)

|

2019/07/23

F1、レース中の燃料給油復活の動きみせる

Fernando Alonso (C)Renault F1 UK
拡大します
かつてF1で行われていたレース中の燃料給油について、これを復活させる動きが出て来た。
これは以前フェラーリ・チームを率いた経験を持つFIA(国際自動車連盟)のジャン・トッドFIA会長自らが示唆したもの。

F1の燃料給油はこれに関わる設備や人員のコスト、そして付きものの事故を巡る安全性確保のため2009年シーズンを最後に中止された。
しかし燃料補給がないと、マシンは軽量化のためレースを走り切るぎりぎりの燃料しか搭載せず、レース終盤になるとドライバーは燃料セーブのためペースを落とさざるを得ないケースがみられ、不興を買っていたもの。

トッド会長は、「安全性についてはその後研究が進んでより進化しているのは間違いない。
また燃料補給があればドライバーは最後までフル・パフォーマンスで戦うことができ、F1の魅力をまた引き出すことができる」と、自身のアイデアを自讃した。

実際のルール変更には今後F1ストラテジーグループでの検討や各チームの賛同、WMSC(世界モータースポーツ評議会)での評決など、待ち受ける途は長い。

|

2019/07/19

2021年F1新レギュレーション、概要が公表される

FIA
F1はFIA(国際自動車連盟)、各チームと共に2021年から導入される新しいレギュレーションの策定を進めてきたが、予定より遅れたもののその概要がやっと公表された。

それによれば18インチ径タイヤへの変更やグランドエフェクト(床底面の気流)などの導入、ウィングの小型化等エアロダイナミックスの見直しによりオーバーテイクの増加を目論む。
またコスト削減を目標に向けPU(パワーユニット)コンポーネンツの一部やブレーキ、ギヤボックス、さらに車からピットへのテレメトリーも共通化を図るとのこと。

当初、6月に発表される予定だったものがやっと今回概要が公開、さらに10月を最終期限として詳細を詰めるということだがなかなか合意には障害が多いようだ。

|

2019/06/16

来季から金曜フリー出走にもスーパーライセンスポイント

FIA
14日(金)、パリのFIA(国際自動車連盟)本部で行われたWMSC(世界モータースポーツ評議会)の会合で、新たなスーパーライセンス獲得の要項を変更することで合意されたことがわかった。

それによればこれまで下位の各選手権でのみ認められていたスーパーライセンスポイントについて、グランプリウィーク金曜日のフリー走行出走に対してもこれが認められることになった。
これによるポイントは一グランプリについて1点。
ただしそれには「100キロ以上の距離を走行すること」、「この走行でペナルティ・ポイントを科せられなかったこと」が条件で、これによるポイント獲得は「最大3年間で10ポイントまで」とされている。

なお、F1レースに出走するめたには40点のスーパーライセンスポイントが必要だが、フリー走行のみであれば25点で出走可能となった。

|

2019/06/14

F1、2021年のルール改正の決定を10月まで延期

FIA
F1は、今月が期限となっていた2021年シーズンからのレギュレーション改正の最終決定を、今年の10月末まで延期することで合意した。
これは13日(木)にパリのFIA(国際自動車連盟)本部で行われた関係者の会議で合意されたもの。

会議にはFIA、F1、全10チームの代表とテクニカル・ディレクター、またタイヤの独占サプライヤーであるピレリ、ドライバーとしてハミルトン(メルセデス)、ヒュルケンバーグ(ルノー)の二人、そしてF1ドライバーの集まりであるGPDA(グランプリ・ドライバーズ・アソシエーション)代表のアレクサンダー・ブルツ氏らが参加して行われた。

F1の将来を決めるルール改訂には、関係者による十分な審議と合意が必要であるとし、今回はいったん延期するものの、今後追加の会議を集中させるとしている。

|

2019/05/22

F1、2021年から燃料システムも標準化へ

Renault V6 Turbo Engine (C)Renault Sport
拡大します
コスト削減を目標に、F1の各重要コンポーネンツの標準化を進めているFIA(国際自動車連盟)は、新たにエンジンの燃料システムについても追加することを明らかにした。
これに伴いシステムの入札を6月15日(土)から開始、7月15日に締め切って応札内容を公表するとしている。

PU(パワーユニット)の出力や燃費に密接な関係がある燃料システムについてはこれまでもグレーな部分が囁かれてきたもので、FIAはこの際一気にその疑いを解消したい意向のようだがエンジン・サプライヤーからは疑問の声も聞かれる。

なおF1ではすでにタイヤやECU(エンジン・コントロール・ユニット)などが標準化されていて、さらに2021年のレギュレーション改訂ではギヤボックス、ディスクホイール、ブレーキシステムも追加されることが決まっている。

こうした性急な動きには「コンストラクターズ・チャンピオンシップとしてのF1が存在意義を失う」との懸念も関係者からは示されている。

|

2019/05/09

「山を越した」、2021年のF1ルール改定案

Image (C)Redbull Racing
拡大します
まだ正式発表はないものの、FIA(国際自動車連盟)が進めている2021年に向けての大規模ルール改定が大枠で合意に達したということだ。

これはF1の長年の懸念であるコスト削減、また人気の回復や長期に渡る安定した継続性等を求め、F1オーナーであるリバティ・メディアも含め、各チームと共にFIAがかねて協議を重ねてきたもの。

F1のチェイス・キャリー/CEOは「ここまでの道のりは長かった。
まだすべての課題が解決した訳ではないが、大きな山は越したと言えるのではないか。
われわれにはもう出口が見えているよ」と、前向きな見解。

あと最終部分を詰め、今年半ば(6月?)には合意内容が示されるというのが現段階の希望的観測だが、この世界では最後まで油断はできない。

|

2019/05/04

2020年、『予選Q4案』の導入は断念へ

Image (C)Ferrari S.p.A
拡大します
リバティ・メディアが導入に積極姿勢をみせていた、いわゆる『予選Q4案』だが、予定した2020年シーズンからの導入は結局間に合わないこととなった。

ドイツの専門誌『アウトモーター・ウント・スポルト』らが伝えたところによれば、これは現行の予選のようにQ1で20台から15台に、Q2でさらに10台に絞り込まれるまでは変わらないが、Q3では10台から8台になり、この8台によりさらに新設されたQ4でトップ8グリッドが決定されるというもの。

リバティ・メディアはこれにより予選の緊迫感がさらに増すと説明していたが、タイヤを用意するビレリ側の事情、またチーム側の負担が増大することから、ルール改定に必要な全チームの同意が得られなかったということだ。
これにより来シーズンも予選はQ1からQ3まで、これまでと変更なく行われることになった。

|

2019/05/03

F1、2021年から「ブレーキ」と「ホイール」も標準化へ

Brake Image (C)Renault F1 UK
拡大します
F1では長年の課題であるコスト削減を目標に、いくつかのパーツやコンポーネンツについて標準化を図っているが、このほどそのリストに「ブレーキ」や「ホイール」も挙がっていることがわかった。

これは2021年を目途に進められているもので、これまで報じられたところでは「ステアリングホイール」や「ドライブシャフト」、「ペダル」などがある。
また別途、重要部品であるギヤボックスについてはすでに入札が行われたことがわかっている。

一方、コスト削減に関してはすでに「Bチーム」という形の回答が示されているが、こうした部品共通化が進められればウィリアムズやレーシング・ポイントなどの独立系チームには朗報になるかも知れない。
ただ、ドライバーだけでなく、コンストラクターズ・チャンピオンシップを戦うという意味でのF1の存在価値から疑問を投げ掛ける向きもあるのは事実だ。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介