2017/06/05

F1チーム、新エンジンには迫力エクゾーストノート期待

GP Image (C)Ferrari S.p.A
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は2020年末で満了となる現行エンジン規定終了後の新仕様について、各F1チームからヒアリングを行うなど要望を収集しているが、多くのチームで再び迫力あるエクゾーストノートの復活を望んでいることが明らかとなった。

現行エンジンはターボターボチャージャー付きのV6、そして熱エネルギー回生システムを採用していることもあり、排気音に繋がるエネルギーが減少していることがかねて指摘されている。
またパワーユニット全体が複雑化したこともあり、巨大自動車メーカーだけが参入、以前のような独立系エンジンサプライヤーは撤退したままの状態が続いているのが実情。
そのためにはV8自然吸気への復帰や関連装置の簡略化も指摘されている。

一方で、F1はあくまでも最新テクノロジーを競う場という主張も強く、各チームの意見が収束し今後の方針が定まるにはまだ時間が掛かりそうだ。

| | トラックバック (0)

2017/05/14

『大型カーナンバー』に歓迎の声

New Caul (C)Mercedes Motorsports
拡大します
『リバティ・メディア』がF1の新オーナーになったことを機に各部に改革の動きが始まっているが、カーナンバーの大型化もその一つ。

今回のスペインGPから、マシンに表示されたカーナンバーのサイズを大型で視認しやすいものに変更すると共に、国際映像等で使われているドライバーの3文字表記を新たに表記する試みが始められたもの。

これについては各方面から歓迎の声が聞かれ、このまま定着する方向だ。
あるFIA(国際自動車連盟)の関係者は、「これまでは実車でもテレビ画面でもカーナンバーなんて判別することができなかった。
こんな簡単なことで改善ができたのはまさに目から鱗(うろこ)だ」と、自讃した。

| | トラックバック (0)

2017/04/27

シャークフィン&Tウィングは今季限りで禁止へ

Image (C)Mercedes Motorsports
拡大します
今年シーズン前テストから登場し、各所で不評が聞かれた『シャークフィン』と『Tウィング』だが、これらがいずれも今シーズン限りで全面的に禁止されることになった。

これはこのほど開かれたFIA(国際自動車連盟)のテクニカル・ワーキング・グループで話し合われた結果決まったもの。

今年の新しいレギュレーションにより派生的に産まれたもので、当初はルックスが悪いなど視覚的な不評だったが、一部チームで強度的な欠陥がみつかり、走行中にTウィングが脱落して他車を損傷させるなどしたことが廃止を決定づけた形となった。

| | トラックバック (0)

2017/04/26

FIA、検討の結果DRSシステムは「変更なし」に

DRS Image (C)Sauber Motorsport
拡大します
2017年のF1はタイヤの大型化やマシン・レギュレーションの見直し等からエアロダイナミックスへの影響が危惧されてきたことから、FIA(国際自動車連盟)は開幕2戦を終えた時点でのDRS(ドラッグ・リダクション・システム)の検討を行ってきたが、現時点で見直しの必要はないことを決定、各チームに通知したことがわかった。
またチーム側もこれに同意しているということだ。

開幕戦オーストラリアGPではオーバーテイクシーンが減少したことからDRS見直し論が優勢とみられたが、続く中国GPでは一転して増加、見直し派を黙らせる結果となっていた。

| | トラックバック (0)

2017/04/25

苦闘のホンダに救済策?

Powered by Honda (C)Honda Racing
拡大します
F1を盛り上げるべく改訂が行われているレギュレーションだが、今シーズンもここまでパワーユニットによる勢力図の違いが表面化している。
現在4つのエンジン・メーカーがF1に供給しているが、まだ1勝もしていないのはホンダだけ。

こうした状況を受け、ホンダが信頼性確保への比重を減らし、開発が戦闘力アップに資するよう救済の必要があるのではないか、というものだ。

これについて唯一ホンダからエンジン供給を受けるマクラーレン・チームのエリック・ブイユ/レーシング・ディレクターは、「われわれは直ちにトップ争いができるよう援助して欲しいと言っている訳ではない。
希望しているのはトップから0.3秒以内程度のパフォーマンス。
それがF1全体にとってよりフェアでシリーズ全体を盛り上げることに繋がる筈。
当然のことながら他に参入するメーカーがあるならば、同じ措置を採って欲しいと考えているよ」と、説明した。

具体的には規定数以上の新規投入に対するペナルティを回避することなどが考えられているとみられる。

| | トラックバック (0)

2017/04/19

FIA、今週にも『シャークフィン&Tウィング』禁止結論か

Mercedes AMG 『W08』 (C)Mercedes Motorsports
拡大します
今年、F1レギュレーションが変更されたのに伴い現れたのが、リヤカウル部の『シャークフィン』と『Tウィング』だ。
登場当初からデザイン的に見苦しいとの評価が目立ったが、ここに来てさらに問題化しているのが強度不足による脱落事故。

とりわけメルセデスAMGチームのバルテリ・ボタスはこれまで2度に渡ってTウィングが脱落、バーレーンGPでは後方を走っていたフェルスタッペン(レッドブル)がこれを踏んでしまい修理作業のため貴重な走行時間と巨額の金銭損失とを被ったとされる。

これを重視したFIA(国際自動車連盟)は、今週の21日(金)にもF1テクニカル・ワーキング・グループの会議を開き、技術的な観点から検討を行うことを明らかにした。
直ちに禁止となれば、各チームはエアロダイナミックスの見直しに奔走することになりそうだ。

| | トラックバック (0)

2017/04/02

『F1エンジン会議』、「迫力あるF1」目指すことで合意

 FIA
FIA(国際自動車連盟)はF1エンジン・サプライヤーらとの『F1エンジン会議』をパリで開催、2021年以降のF1エンジンについて検討した結果、「よりシンプルで低コスト、パワフルで大音響」といったモータースポーツの基本に戻った形態を目指すことで合意したことを明らかにした。

参加したとみられるのは全部で8社で、現在のエンジン・サプライヤーであるメルセデス、フェラーリ、ルノー、ホンダの4社に加え、VW(フォルクスワーゲン)グループのアウディ、ランボルギーニ、そして独立企業であるイルモア(ただしメルセデスと近いとも)、そしてもう1社は日本の自動車メーカーであるとの噂だが、FIAはその名前を明確にしていない。

なお1.6リッターV型6気筒ターボ・ハイブリッド方式の現行エンジンは2020年まで継続されることが決まっている。

| | トラックバック (0)

2017/04/01

『F1エンジン会議』に新たな日本メーカーも参加か

FIA
2014年に導入された現在の1.6リッターV型6気筒ターボというF1の体制は2020年まで継続されることが決まっているが、FIA(国際自動車連盟)はすでに2021年以降の体制についてこれを検討する動きを開始している。

ドイツ・メディアが報じるところによれば、その中にホンダではない日本の自動車メーカーがあるということで注目を集めている。

会議に参加するとみられるのは全部で8社と目されているが、現在のエンジン・サプライヤーはメルセデス、フェラーリ、ルノー、ホンダの4社。
これに加えて名前が挙げられているのはアウディ、ランボルギーニ、イルモア、そしてもう1社は日本の自動車メーカーであるとのこと。
ただその名前が明確にされていない。

もちろん会議に参加したからといってこれが直ちにF1参入を意味するものはないがも日本のファンには興味深いところである。

| | トラックバック (0)

2017/03/30

『オーバーテイク困難』で、ドライバーらの意見が一致

Australia GP Scene (C)Renault F1 Team
拡大します
シーズン事前に懸念された『オーバーテイクの難しさ』について、アルバートパーク特設コースでの開幕戦を終えたドライバーらはいずれもこの見解に同意しているようだ。

2017のF1は、昨年と比べてタイヤのワイド化やエアロダイナミックスの見直し等により、空力パフォーマンスが大幅に向上してダウンフォースが強大に、またタイヤのグリップ力も増していて、ラップタイムは短縮されるもののコース上でのオーバーテイクは困難になるとみられていた。

これについて、多くのドライバーが「今年のマシンは後方気流の乱れが大きく、位置取りが難しくてオーバーテイクは現実的なことではない」と、指摘。
実際、オーストラリアGPで勝利の決め手となったのはピットストップのタイミングであり、コース上でのバトルには残念ながらならなかった。

| | トラックバック (0)

2017/03/24

FIA、メルセデスとレッドブルのサスペンション違法指摘

Daniel Ricciardo (C)Redbull Racing
拡大します
2017年シーズンの開幕にあたり、FIA(国際自動車連盟)はメルセデスAMGチームとレッドブル・レーシングが採用しているとされるいわゆるトリック・サスペンションについてこれを違法であると指摘した。

これは、マシンが縁石に乗り上げた際等にもライドハイトがコントロールされるというもので、フェラーリからはレギュレーションで禁止されているアクティブ・サスペンションに類するものではないか、と疑義が出されていたもの。

これについてチャーリー・ホワイティング/レースディレクターは「サスペンションがマシンのエアロダイナミックス等に影響を与えることはレギュレーションで禁止されている。
もしそうした事実があればわれわれは決してそれを許すことはない」と、説明した。

これにより、もし両チームがこのまま予選やレースを迎えた場合、結果の剥奪や最悪失格になる可能性も考えられ、早急な対応が迫られたと言える。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク | A1グランプリ | BMW | BMWザウバー | DRS | DTM | F1 | F1テスト | F2 | F3 | FIA | FOM | FOTA | GP2 | GP3 | GPDA | INDY | ING | IRL | KERS | NASCAR | US-GP | USF1 | VW | WEC | WRC | WTCC | アイルトン・セナ | アウディ | アストンマーティン | アゼルバイジャン | アダム・パール | アブダビGP | アメリカGP | アラン・プロスト | アルガルブ | アルガルブ・サーキット | アルド・コスタ | アルバートパーク | アルファロメオ | アルフォンソ・セリス | アレクサンダー・ロッシ | アレクサンドル・ブルツ | アレックス・リン | アンソニー・デビッドソン | アンディ・ソウセック | アントニオ・ジョビナッツィ | アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ | アンドレアス・ツバー | アンドレ・ロッテラー | イギリスGP | イタリアGP | イモラ | イルモア | インテルラゴス | インディアナポリス | インドGP | ウィリアムズ | ウィリ・ウェバー | ウィリー・ランプ | ウィル・スティーブンス | エイドリアン・カンポス | エイドリアン・スーティル | エイドリアン・ニューイ | エイボン | エステバン・オコン | エステバン・グティエレス | エディ・ジョーダン | エリック・ブイユ | エンジン | エンツォ・フィティパルディ | オースティン | オーストラリアGP | オーストリアGP | カタール | カナダGP | カルロス・ゴーン | カルロス・サインツJr. | カルン・チャンドク | カート | キミ・ライコネン | キャノピー | キャラミ・サーキット | ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ギュンター・シュタイナー | クムホ | クリスチャン・クリエン | クリスチャン・ホーナー | クレア・ウィリアムズ | グッドウッド | グレーム・ロードン | ケビン・マグヌッセン | ケータハムF1 | ゲイリー・パフェット | ゲルハルト・ベルガー | コスワース | コリン・コレス | コンコルド協定 | サム・マイケル | ザウバー | ザク・ブロウン | シャルル・ピック | シャルル・ルクレール | シリル・アビテブール | シルバーストーン | シンガポールGP | ジェラール・ロペス | ジェローム・ダンブロシオ | ジェンソン・バトン | ジェームス・アリソン | ジェームス・カラド | ジェームス・ロシター | ジェームズ・キー | ジャガー | ジャッキー・スチュワート | ジャック・ビルニューブ | ジャンカルロ・フィジケーラ | ジャン・アレジ | ジャン・エリック・ベルニュ | ジャン・トッド | ジュリアーノ・アレジ | ジュール・ビアンキ | ジョナサン・ニール | ジョニー・ハーバート | ジョリオン・パーマー | ジョルジョ・パンターノ | ジョン・サーティーズ | ジョン・ハウェット | ジョン・ブース | ジョーダン | ジョーダン・キング | ジーン・ハース | ステファンGP | ステファーノ・ドメニカリ | ストッフェル・バンドーン | スパイカーF1 | スパフランコルシャン | スペインGP | スポンサー | スージー・ウォルフ | スーパーライセンス | スーパー・アグリ | スーパー・フォーミュラ | セバスチャン・ブエミ | セバスチャン・ベッテル | セバスチャン・ボーデ | セバスチャン・ロウブ | セパン・サーキット | セルゲイ・シロトキン | セルジオ・ペレス | セルジオ・マルキオンネ | ソチ | タイGP | タイヤ | ダカールラリー | ダニエル・ジュンカデラ | ダニエル・リカルド | ダニカ・パトリック | ダニール・クビアト | ダビデ・バルセッキ | チェイス・キャリー | チェコ | チャンプカー | チャーリー・ホワイティング | ティモ・グロック | テレビ | ディートリッヒ・マテシス | デイモン・ヒル | デビッド・クルサード | デビッド・リチャーズ | デモラン | デュランゴ | トト・ウォルフ | トニー・フェルナンデス | トヨタ | トルコGP | トロ・ロッソ | ドイツGP | ドニントンパーク | ナイジェル・マンセル | ナイトレース | ナレイン・カーティケヤン | ニキ・ラウダ | ニコラス・トッド | ニコ・ヒュルケンバーグ | ニコ・ロズベルグ | ニック・ハイドフェルド | ニック・フライ | ニュルブルクリンク | ニュージャージー | ネルソン・アンジェロ・ピケ | ネルソン・ピケ | ノルベルト・ハウグ | ハイメ・アルグエルスアリ | ハインツ・ハラルド・フレンツェン | ハロー | ハンガリーGP | ハンコック | ハースF1 | バルセロナ | バルテリ・ボタス | バレンシア | バレンシアGP | バレンティーノ・ロッシ | バーニー・エクレストン | バーレーンGP | バーレーン国際サーキット | パスカル・ウェーレイン | パストール・マルドナド | パット・シモンズ | パット・フライ | パディ・ロウ | パトリック・ヘッド | ヒスパニア・レーシング | ビタントニオ・リウッツィ | ピエール・ガスリー | ピットストップ | ピレリ | ファン・モントーヤ | フェラーリ | フェリッペ・ナスル | フェリッペ・マッサ | フェルナンド・アロンソ | フォース・インディア | フォード | フォーミュラE | フラビオ・ブリアトーレ | フランク・ウィリアムズ | フランク・ダーニー | フランスGP | フランツ・トスト | フレデリック・ヴァスール | ブラウンGP | ブラジルGP | ブラバム | ブランズハッチ | ブリヂストン | ブルガリア | ブルーノ・セナ | ブレンドン・ハートリー | プロドライブ | ヘイキ・コバライネン | ヘルマン・ティルケ | ヘルムート・マルコ | ヘレス | ベトナム | ベルギーGP | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ペーター・ザウバー | ホセ・マリア・ロペス | ホッケンハイム | ホンダ | ホー・ピン・トゥン | ボブ・ベル | ポルシェ | ポルトガル | ポールリカール | ポール・ストゥダート | ポール・ディ・レスタ | マイク・ガスコイン | マイク・コフラン | マウリツィオ・アリバベーネ | マクラーレン | マックス・チルトン | マックス・フェルスタッペン | マックス・モズレー | マニクール | マノー・マルシア | マリオ・アンドレッティ | マリオ・タイセン | マルク・ジェネ | マルコ・アスマー | マルコ・アンドレッティ | マルコ・マッティアッチ | マルシア | マレーシアGP | マ・キンファ | マーカス・アームストロング | マーカス・エリクソン | マーク・ウェバー | マーク・スミス | マーチ | マーティン・ウィットマーシュ | マーティン・ドネリー | マーティン・ブランドル | ミカ・サロ | ミカ・ハッキネン | ミシュラン | ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ | ミルコ・ボルトロッティ | ムジェロ | メカクローム | メキシコGP | メルセデス | モトGP | モナコGP | モニシャ・カルテンボーン | モンツァ | ヤス・マリーナ・サーキット | ヤルノ・トゥルーリ | ユナイテッドステーツGP | ヨンナム・サーキット | ヨースト・カピート | ヨーロッパGP | ラスベガス | ラファエル・マルシエロ | ラルフ・シューマッハ | ランス・ストロール | ランボルギーニ | リオ・ハリアント | リザーブドライバー | リバティ・メディア | ルイス・ハミルトン | ルイス・ペレス・サラ | ルイス・レイジァ | ルカ・バドエル | ルカ・フィリッピ | ルカ・モンテツェモロ | ルノー | ルマン24時間レース | ルーカス・ディ・グラッシ | ルーベンス・バリチェッロ | レギュレーション | レッドブル | レッドブルリンク | レース・オブ・チャンピオンズ | ロシアGP | ロス・ブラウン | ロドルフォ・ゴンザレス | ロバート・クビサ | ロバート・ドーンボス | ロビン・フラインス | ロブ・スメドリー | ロブ・ホワイト | ロベルト・メルヒ | ロマン・グロージャン | ロリー・バーン | ロルダン・ロドリゲス | ロングビーチ | ロンドンGP | ロン・デニス | ロータス | ローマ | ローラ | ワールドシリーズbyルノー | ヴィジャイ・マルヤ | ヴィタリー・ペトロフ | 上海サーキット | 中国GP | 中嶋一貴 | 中嶋大祐 | 人事 | 佐藤万璃音 | 佐藤公哉 | 佐藤琢磨 | 八郷隆弘 | 南アフリカ | 国本京佑 | 富士スピードウェイ | 小暮卓史 | 小松礼雄 | 小林可夢偉 | 山本左近 | 新井康久 | 新型車発表 | 日本GP | 松下信治 | 武藤英紀 | 浜島裕英 | 片山右京 | 鈴木亜久里 | 鈴鹿サーキット | 長谷川祐介 | 韓国GP