2018/08/13

確定しない「2021年エンジン規則」にメーカー側不満

Mercedes V6 F1 Engine (C)Mercedes Motorsport
拡大します
FIA(国際自動車連盟)はかねて現行のF1レギュレーションを2020年末までで終了させ、翌2021年シーズンからは大幅に改訂された規則を導入することを決めているが、肝心のエンジン規則について一向に確定しないまま時間が経過していることに不満の声も聞かれる。
また改定案には当初MGU-H(熱エネルギー回生システム)の廃止も謳われていたが、ここに来てこれも存続という観測が出ている。

これについてメルセデス・モータースポーツのトト・ウォルフ/エクゼクティブ・ディレクターは、「規則の改定の根本は増加したエンジン・コストの低減にあった筈だが、それも十分な準備時間と関係者の納得があってのこと。
こうして何も確定しないまま時間が過ぎていったのでは改定する意味もなくなる」と、警鐘を鳴らした。

なお改定規則が確定しない裏には、リバティ・メディアやFIAが2021年からの新規参戦メーカーをまだ模索していることがあるのでは、ともみられているようだ。

| | トラックバック (0)

2018/08/11

ロス・ブラウン氏、将来「F1電気自動車化の可能性」認める

Formula E (C)Formula E
拡大します
現在、F1モータースポーツ・ディレクターを務めるロス・ブラウン氏が、将来のF1電気自動車化について言及、その可能性を示唆した。

「F1は常に時代と共に進化を遂げてきた。
それは将来においても同様だ。
F1はいま一部ハイブリッドの状況だが、市販車では急速に電気自動車にシフトしようとしている。
現時点でモーターレーシングにおいてはフォーミュラEのみが完全電気自動車だが、F1だって永久に内燃エンジンにこだわるとは考えてない。
5年先、10年先についてはF1だってこの分野の最高峰として電気自動車になるかも知れない。
それを妨げるものは何もないということだよ」

| | トラックバック (0)

2018/07/21

FIA、2021年から扁平タイヤ導入や電熱毛布禁止の方向へ

Pirelli 18inch Tyre (C)Pirelli Motorsport
拡大します
F1は2021年シーズンを目途に大幅なレギュレーション変更を図っているが、その一環として扁平タイヤの導入や電熱毛布禁止とする方向であることがわかった。

それによれば現在13インチ径と、レーシングカーの中でも特異の存在となっているF1タイヤについて、径を18インチまで拡大。
これに伴い形状を現代の風潮であるロープロファイルのものにする。
なおリヤタイヤの幅は現行の405ミリを踏襲するものの、フロントタイヤは305ミリから270ミリに減少させてよりレーシングカーらしい迫力を増す狙い。

加えてタイヤウォーマー(電熱毛布)の禁止も合わせて明らかにされた。
これにはコスト削減の狙いが大きいとみられるが、コースイン直後など低温時のグリップ不足が懸念されるため、タイヤ自体の性能にも改善を要求している。

なお現行のピレリによるF1タイヤ独占供給契約は2019年まで。
新しい規格のタイヤは2021年からなのでもしも新規にピレリ以外のタイヤメーカーが受注した場合、新規メーカーは2020年の1年間だけ13インチタイヤを製作しなければならない。
こうしたことからピレリによるタイヤ供給の延長は事実上既定のもののようだ。

| | トラックバック (0)

2018/07/15

アロンソは『ポイント・システム改革案』に反対

Fernando Alonso (C)Renault F1 UK
拡大します
ドイツの専門誌らが報じた2020年からの新しいF1ポイント・システムは、現在の1位から10位までのドライバーにポイントが与えられているものから1位から15位までのドライバーに25、20、18、16、14、12、10、8、7、6、5、4、3、2、1ポイントが与えられることになると伝えている。

しかしこれに元2回のチャンピオンであるフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)が、ドライバーからレースへの達成感を奪うものだと反論した。

「このF1でポイントを獲得するというのは、とても難しいだった。
数十人ものドライバーがスタートした結果、ほんの一部のエリートだけが多くのポイントを獲得できた。
だから1ポイントや2ポイント程度の得点でも、大きな報酬のように感じられたんだ。
それが20人のうち15人が入賞だなんて……
そんな完走したドライバーがほとんどポイントを獲得できるようになったら、入賞という感動もなくなってしまうだろう。
残念ながらルールを決めるのは僕らじゃないけれど、F1というものはもっとステータスがあるものでなければいけないと思うよ」と、持論を展開。

アロンソ自身の初入賞は参戦2年目のオーストラリアGPで7位(ルノー)というもの。
当時は8位までが入賞だった。

| | トラックバック (0)

FIA、バックミラーの視認性について検討始める

Ferrari 『SF70H』 (C)Ferrari S.p.A
拡大します
FIA(国際自動車連盟)がF1マシンのバックミラーの視認性について、F1チームと共に検討を始めたことがわかった。

昔のマシンと異なり、現在のF1はドライバーが深くコクピットに潜った形のうえ、ハロー(頭部保護装置)の導入でさらにバックミラーの視認性が悪くなったとされる。
実際、コース上で起きた接触事故で多くの場合、相手の位置が良く確認できなかったことが指摘されている。
また予選セッションでもアタックラップに入ったマシンが後方から来るのが確認できなかったとするケースも多い。

こうしたこともあり、FIAはハローへのミラー取り付けを容認するなどしているが、これを採用したのはフェラーリなどまだ一部に留まってる。
今後エアロダイナミックス効果を生み出すことなく視認性を改善するという難題がうまく解決されるか注目だ。

| | トラックバック (0)

2018/07/14

既存メーカー、2021年レギュレーション改訂計画に反発

Mercedes V6 F1 Engine (C)Mercedes Motorsport
拡大します
F1のオーナーであるリバティ・メディアとFIA(国際自動車連盟)は、2021年に大幅なレギュレーションの改訂を計画しているが、現在のエンジン・サプライヤー側が反発していることがわかった。

リバティ・メディアらはF1エンジンのコスト削減を図り新規参入をより容易にするため、現行よりもPU(パワーユニット)の構成を簡易なものにすることを目的にMGU-H(熱エネルギー回生システム)の廃止等を提案しているが、6月末までとされたメーカー側との合意には至らなかったもの。

エンジン・サプライヤー側の代表格であるメルセデスによれば、MGU-H(熱エネルギー回生システム)の廃止はむしろコスト増を招くうえに、目標とした新規メーカーの参入も現在まで何ら目途が立っていないので計画は功を奏していないと指摘している。

これまで2021年からの新規参入にはポルシェやアストンマーティン、コスワースらの名前が浮上したが、決定したメーカーは一つもない。
ただこうした動きにドイツ・メディアらからは「新規参入を阻む事実上の事業者カルテルだ」という非難も起きている。

| | トラックバック (0)

2018/07/13

パット・シモンズ氏、「2台体制義務」の緩和を模索も

Pat Symonds (C)Ex.Marussia F1 Team
拡大します
現在のF1レギュレーションではいずれのチームも完全な「2台体制」が義務付けられているが、これを緩和しようとする動きが動き出している。

F1改革を進めるリバティ・メディアは、かつて自身もチーム代表としてF1タイトルを獲得したロス・ブラウン氏をモータースポーツ・ディレクターに任命しているが、これはそのグループに加入した元ルノー等多くのチームを率いたパット・シモンズ氏(65歳:イギリス)が提唱。

それによれば大きなチームは2台に留まらず3台目を、また小規模のチームは1台だけでも参戦できるようにし、もっとF1全体を盛り上げることを目的としたもの。
ただレギュレーションの変更にはF1全チームの同意が必要で、「そのルールがF1改革を妨げている」と、シモンズ氏自身、近い将来の実現には懐疑的のようだ。

| | トラックバック (0)

2018/07/12

F1のポイント・システム変更の可能性

Podium Scene (C)Mercedes Motorsports
拡大します
F1は1位から10位までが入賞となる現在のポイント・システムが定着しているが、これが大幅に拡大される可能性があることがわかった。
これはドイツの専門誌『アウトモーター・ウント・スポルト』が報じたもので、それによれば15位までが入賞対象になるというもので、2020年からの導入が予定されているという。

現在のF1ポイント・システムは1位から10位までのドライバーにそれぞれ25、18、15、12、10、8、6、4、2、1ポイントが与えられているが、改革案では1位から15位までのドライバーに25、20、18、16、14、12、10、8、7、6、5、4、3、2、1ポイントが与えられることになると伝えている。

その狙いは、入賞ギリギリの小規模チームを救済する狙いがあるとみられている。
現在のシステムは2010年から導入されたもので、それ以前は8位まで(2003年から)、さらにその前は点数こそ変動はあったものの6位までで、1960年から長く続くものだった。

| | トラックバック (0)

2018/06/18

2019年F1空力規則、いまだ収れんできず

Wind Tunnel Image (C)Sauber Motorsport AG
拡大します
F1ではレース中のオーバーテイクシーンを増加させるなどの目的から、2019年シーズンに向けてのエアロダイナミックスの変更点をすでに4月の段階で決めているが、いまだに各チームから不満の声があるなど収れんをみせていない。
これについてFIA(国際自動車連盟)のレースディレクターであるチャーリー・ホワイティング氏は苛立ちの姿勢を隠していない。

同氏によれば4月30日を期限とした全チームによる投票で変更点はすでに確定。
しかしその後の議論から矛盾点や抜け穴の存在が露呈、さらなる変更が求められているとのこと。
しかし再変更には再び全チームの同意が必要で、見解が異なっていることから現実的でない。
そこでFIAによる『技術指示書』による事実上の変更が求められることになるが、ホワイティング氏は「対応をFIAに丸投げするもので好ましくない」と、否定的だという。
来季マシンの開発に向け時間的な制約もあり、現場ではすでにあせりの色も見え隠れする。

| | トラックバック (0)

2018/06/07

FIA、来季義務の新規格安全ヘルメットを発表

FIA Safety Helmet (C)FIA
拡大します
かねてモータースポーツの安全性を追求するFIA(国際自動車連盟)では、来シーズンから義務付ける予定の新規格ヘルメットを正式発表した。

それによればこの新しいヘルメットは、かねてヘルメット・メーカーと共に研究開発を続けてきたもので、高度な耐衝撃性やエネルギー吸収の強化等により、ドライバーの保護範囲を高め、安全性を向上させたものとのこと。
具体的には破片からの衝撃に対し、高度な耐衝撃性を組み込むためバイザー開口部の上部を10mm下げ、また最新のシングルシーターヘッドレストとクローズドカーシートサイドヘッド保護システムとの互換性を提供するために側面を改善、高度なコンポジット材料を使用したシェル構造を採用し、強度だけでなく粉砕や浸透にも強くしたというもの。

2019年シーズンはまずF1で、その後他のカテゴリーにおいても逐次導入を義務付けていく予定という。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク | A1グランプリ | BMW | BMWザウバー | DRS | DTM | F1 | F1テスト | F2 | F3 | FIA | FOM | FOTA | GP2 | GP3 | GPDA | IMSA | INDY | ING | IRL | KERS | NASCAR | US-GP | USF1 | VW | WEC | WRC | WTCC | アイルトン・セナ | アウディ | アストンマーティン | アゼルバイジャン | アゼルバイジャンGP | アダム・パール | アブダビGP | アメリカGP | アラン・プロスト | アルガルブ | アルガルブ・サーキット | アルゼンチンGP | アルド・コスタ | アルバートパーク | アルファロメオ | アルフォンソ・セリス | アレクサンダー・ロッシ | アレクサンドル・ブルツ | アレックス・リン | アンソニー・デビッドソン | アンディ・ソウセック | アントニオ・ジョビナッツィ | アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ | アンドレアス・ツバー | アンドレ・ロッテラー | イギリスGP | イタリアGP | イモラ | イルモア | インテルラゴス | インディアナポリス | インドGP | ウィリアムズ | ウィリ・ウェバー | ウィリー・ランプ | ウィル・スティーブンス | エイドリアン・カンポス | エイドリアン・スーティル | エイドリアン・ニューイ | エイボン | エステバン・オコン | エステバン・グティエレス | エディ・ジョーダン | エリック・ブイユ | エンジン | エンツォ・フィティパルディ | オトマー・サフナウアー | オースティン | オーストラリアGP | オーストリアGP | カタール | カナダGP | カルロス・ゴーン | カルロス・サインツJr. | カルン・チャンドク | カート | キミ・ライコネン | キャノピー | キャラミ・サーキット | ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ギュンター・シュタイナー | クムホ | クリスチャン・クリエン | クリスチャン・ホーナー | クレア・ウィリアムズ | グッドウッド | グレーム・ロードン | ケビン・マグヌッセン | ケータハムF1 | ゲイリー・パフェット | ゲルハルト・ベルガー | コスワース | コリン・コレス | コンコルド協定 | サム・マイケル | ザウバー | ザク・ブロウン | シャルル・ピック | シャルル・ルクレール | ショーン・ゲラエル | ショーン・ジェラエル | シリル・アビテブール | シルバーストーン | シンガポールGP | ジェラール・ロペス | ジェローム・ダンブロシオ | ジェンソン・バトン | ジェームス・アリソン | ジェームス・カラド | ジェームス・ロシター | ジェームズ・キー | ジャガー | ジャッキー・スチュワート | ジャック・エイトケン | ジャック・ビルニューブ | ジャンカルロ・フィジケーラ | ジャン・アレジ | ジャン・エリック・ベルニュ | ジャン・トッド | ジュリアーノ・アレジ | ジュール・ビアンキ | ジョナサン・ニール | ジョニー・ハーバート | ジョリオン・パーマー | ジョルジョ・パンターノ | ジョン・サーティーズ | ジョン・ハウェット | ジョン・ブース | ジョージ・ラッセル | ジョーダン | ジョーダン・キング | ジーン・ハース | スティーブ・ニールセン | ステファンGP | ステファーノ・ドメニカリ | ストッフェル・バンドーン | スパイカーF1 | スパフランコルシャン | スペインGP | スポンサー | スージー・ウォルフ | スーパーライセンス | スーパー・アグリ | スーパー・フォーミュラ | セバスチャン・ブエミ | セバスチャン・ベッテル | セバスチャン・ボーデ | セバスチャン・ロウブ | セパン・サーキット | セルゲイ・シロトキン | セルジオ・ペレス | セルジオ・マルキオンネ | ソチ | タイGP | タイヤ | ダカールラリー | ダニエル・ジュンカデラ | ダニエル・リカルド | ダニカ・パトリック | ダニール・クビアト | ダビデ・バルセッキ | ダン・ティクタム | チェイス・キャリー | チェコ | チャンプカー | チャーリー・ホワイティング | ティモ・グロック | テレビ | ディーター・ツェッチェ | ディートリッヒ・マテシス | デイトナ | デイモン・ヒル | デビッド・クルサード | デビッド・シューマッハ | デビッド・リチャーズ | デモラン | デュランゴ | デンマークGP | トト・ウォルフ | トニー・フェルナンデス | トヨタ | トルコGP | トロ・ロッソ | ドイツGP | ドニントンパーク | ナイジェル・マンセル | ナイトレース | ナレイン・カーティケヤン | ニキ・ラウダ | ニコラス・トッド | ニコラス・ラティフィ | ニコ・ヒュルケンバーグ | ニコ・ロズベルグ | ニック・ハイドフェルド | ニック・フライ | ニュルブルクリンク | ニュージャージー | ネルソン・アンジェロ・ピケ | ネルソン・ピケ | ノルベルト・ハウグ | ハイメ・アルグエルスアリ | ハインツ・ハラルド・フレンツェン | ハロー | ハンガリーGP | ハンガロリンク | ハンコック | ハースF1 | バルセロナ | バルテリ・ボタス | バレンシア | バレンシアGP | バレンティーノ・ロッシ | バーニー・エクレストン | バーレーンGP | バーレーン国際サーキット | パスカル・ウェーレイン | パストール・マルドナド | パット・シモンズ | パット・フライ | パディ・ロウ | パトリック・ヘッド | ヒスパニア・レーシング | ビタントニオ・リウッツィ | ピエール・ガスリー | ピットストップ | ピレリ | ファン・モントーヤ | フェラーリ | フェリッペ・ナスル | フェリッペ・マッサ | フェルナンド・アロンソ | フォース・インディア | フォード | フォーミュラE | フラビオ・ブリアトーレ | フランク・ウィリアムズ | フランク・ダーニー | フランスGP | フランツ・トスト | フレデリック・バッサー | ブラウンGP | ブラジルGP | ブラバム | ブランズハッチ | ブリヂストン | ブルガリア | ブルーノ・セナ | ブレンドン・ハートリー | プロドライブ | ヘイキ・コバライネン | ヘルマン・ティルケ | ヘルムート・マルコ | ヘレス | ベトナム | ベルギーGP | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ペーター・ザウバー | ホセ・マリア・ロペス | ホッケンハイム | ホンダ | ホー・ピン・トゥン | ボブ・ベル | ポルシェ | ポルトガル | ポールリカール | ポール・ストゥダート | ポール・ディ・レスタ | マイアミ | マイク・ガスコイン | マイク・コフラン | マイケル・アンドレッティ | マウリツィオ・アリバベーネ | マクラーレン | マセラティ | マックス・チルトン | マックス・フェルスタッペン | マックス・モズレー | マニクール | マノー・マルシア | マリオ・アンドレッティ | マリオ・タイセン | マルク・ジェネ | マルコ・アスマー | マルコ・アンドレッティ | マルコ・マッティアッチ | マルシア | マレーシアGP | マ・キンファ | マーカス・アームストロング | マーカス・エリクソン | マーク・ウェバー | マーク・スミス | マーチ | マーティン・ウィットマーシュ | マーティン・ドネリー | マーティン・ブランドル | ミカ・サロ | ミカ・ハッキネン | ミシュラン | ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ | ミルコ・ボルトロッティ | ムジェロ | メカクローム | メキシコGP | メルセデス | モトGP | モナコGP | モニシャ・カルテンボーン | モンツァ | ヤス・マリーナ・サーキット | ヤルノ・トゥルーリ | ユナイテッドステーツGP | ヨンナム・サーキット | ヨースト・カピート | ヨーロッパGP | ラスベガス | ラファエル・マルシエロ | ラルフ・シューマッハ | ランス・ストロール | ランド・ノリス | ランボルギーニ | リオ・ハリアント | リザーブドライバー | リバティ・メディア | ルイス・ハミルトン | ルイス・ペレス・サラ | ルイス・レイジァ | ルカ・バドエル | ルカ・フィリッピ | ルカ・モンテツェモロ | ルノー | ルマン24時間レース | ルーカス・ディ・グラッシ | ルーベンス・バリチェッロ | レギュレーション | レッドブル | レッドブルリンク | レース・オブ・チャンピオンズ | ロシアGP | ロス・ブラウン | ロドルフォ・ゴンザレス | ロバート・クビサ | ロバート・ドーンボス | ロビン・フラインス | ロブ・スメドリー | ロブ・ホワイト | ロベルト・メルヒ | ロマン・グロージャン | ロリー・バーン | ロルダン・ロドリゲス | ロングビーチ | ロンドンGP | ロン・デニス | ロータス | ローマ | ローラ | ワールドシリーズbyルノー | ヴィジャイ・マルヤ | ヴィタリー・ペトロフ | 上海サーキット | 中国GP | 中嶋一貴 | 中嶋大祐 | 人事 | 佐藤万璃音 | 佐藤公哉 | 佐藤琢磨 | 八郷隆弘 | 南アフリカ | 国本京佑 | 富士スピードウェイ | 小暮卓史 | 小松礼雄 | 小林可夢偉 | 山本左近 | 新井康久 | 新型車発表 | 日本GP | 松下信治 | 武藤英紀 | 浜島裕英 | 片山右京 | 牧野任祐 | 田辺豊治 | 福住仁嶺 | 鈴木亜久里 | 鈴鹿サーキット | 長谷川祐介 | 韓国GP