2017/07/20

コスワース、2021年F1復帰に向け始動を認める

Cosworth DFV Engine
拡大します
かつて常勝のパワーユニットとしてF1を席巻したフォードの流れを汲むコスワースが、再びF1フィールドに戻ってくることを事実上認めた。

これはコスワース・レーシングのハル・レイシガー/CEO(最高経営責任者)がイギリスの専門誌『オートスポーツ』に語ったもの。

「2021年からの新しいエンジン・レギュレーションについてはまだ確定されたものではない。
しかしFIA(国際自動車連盟)が示すその方向性は『よりシンプルでより低価格なもの』という、われわれのコンセプトに合致したものだ。
したがってわれわれはこれに合わせて復帰することを前提にいま様々な調整を行っているところ。
幸いすでに複数のチームから前向きなオファーを受けており、状況は歓迎すべきものとなっている」と、超・前向きなもの。

一時ワンメイク状態だったとはいえ、コスワースのF1通算176勝は歴史に残る金字塔だ。

| | トラックバック (0)

2017/07/18

アロンソ(マクラーレン)、来季パッケージ決定遅れに苦言

Powered by Honda (C)Honda Racing
拡大します
まだトラブル原因は明らかでないものの、今回のイギリスGPでもマクラーレン・チームのアロンソはリタイヤでノーポイント。
せっかくの(チームの)ホームグランプリで良いところなくレースを終えた。

同チームは表向き来季もホンダ・エンジン搭載とされてるものの、いまだにメディアからはメルセデスやフェラーリらの名前が挙げられるなど喧しい。

そうした状況についてアロンソは、「早く来季のパッケージを確定させる必要がある」と、苦言を呈した。
「もちろんそうした体制はチームが決めるもの、僕らドライバーはその決定に従うだけでそれを受け入れる。
しかしどういう形になるにせよ、少しでも早く決めることが重要だ。
まだそんな噂が出るなんて信じられないよ」
そう語るアロンソは、「現実問題、もうホンダ以外に考えられないだろう」と、駄目を押した。

そのホンダは来季ザウバー・チームにもエンジン供給が決まっている。

| | トラックバック (0)

2017/07/17

サインツ(トロ・ロッソ)、ルノー・チームへの移籍が浮上

Carlos Sainz (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
2015年シーズンにスクーデリア・トロ・ロッソからF1デビュー。
しかし当時のチームメイトだったマックス・フェルスタッペンがレッドブル・レーシングに昇格してすでに念願のF1勝利を挙げているのに対し、カルロス・サインツは6位が最高でいまだ表彰台に上がることもなく推移している。

さらに不振の原因がトロ・ロッソのマシンの戦闘力不足であるとしたサインツがメディアに移籍の意思を示したことが、逆に今度はレッドブル・グループ上層部の不興を買っていると伝えられた。

そこで急浮上したのがルノー・チーム。
同チームでは今季加入したヒュルケンバーグに比べ、パーマーのパフォーマンス不足が指摘されていることからその後釜にサインツの名前が浮上しているというもの。

ただサインツには来シーズン末までレッドブルとの契約があるため、シーズン中の移籍には巨額の違約金が発生するともみられている。
なおルノーとレッドブルとはエンジン供給という関係でもある。

| | トラックバック (0)

今度はトロ・ロッソにホンダ・エンジン搭載の噂

『STR12』Cockpit (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
現在マクラーレン・チームにパワーユニットを独占供給するホンダは、来シーズンから新たにザウバー・チームへも供給することが決まっているが、同チームの運営体制が変更されたことにより契約解消の噂が広がっている。
その一方で、今度は来季からスクーデリア・トロ・ロッソに供給するとの報道が流れて注目を集めている。

これを報じたのはドイツの専門誌『アウトモーター・ウント・スポルト』で、順調にいけばこの夏にも契約がまとまる可能性があるとしている。

トロ・ロッソは現在Bチームとしてレッドブルの傘下にあるが、搭載するルノー・エンジンは本家のルノー・チームやレッドブル・レーシングらに比べスペックが劣っているとの不満が絶えない。
もしホンダ・エンジン搭載となれば、これまでよりレッドブルとの距離を置く運営になる可能性がある。

| | トラックバック (0)

2017/07/13

仰天、マクラーレンがフェラーリにエンジン供給打診の報

Ferrari Prancing Horse (C)Ferrari S.p.A
拡大します
タイトル奪還を期して結ばれたかつての名コンビ、マクラーレン・チームとホンダとのパートナーシップ契約だが、結果が出せないまま3シーズン目も半ばを迎え、来季の契約について様々な憶測が流れている。
一説には以前のパートナーであるメルセデスAMGにエンジン供給を打診したものの断られたということで、ホンダとの契約延長が確実とみられていた。

ところがここに来てイタリア国内でフェラーリにエンジン供給を持ち掛けたと報じられ、大きな注目を集めているもの。
これを報じたのはイタリアの専門紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』だが、しかし関係者はいずれも「根も葉もない内容で、実現性はほぼゼロ」と、一様に否定している。

フェラーリ、マクラーレン共にF1で長い歴史を持つ名門だが、かつてこの両者がタッグを組んで戦ったことは一度もない。

| | トラックバック (0)

2017/07/12

混迷ホンダ、ザウバー・チームとの供給契約を解消か

Monisha Kaltenborn (C)Sauber Motorsport
拡大します
ここまで3年間マクラーレン・チームへのパワーユニット独占供給を続けてきたホンダは、2018年から新たにザウバー・チームへも供給することを正式発表した。
しかしここに来てそれが解消されるのではないか、との報道が流れ関係者に衝撃を与えている。

これはドイツの有力紙『ビルト』が報じたもの。
それによれば破綻の原因はザウバー・チーム内でモニシャ・カルテンボーン/CEOが更迭されたことにあるのではないかという。

ホンダとザウバー・チームにおけるモニシャ・カルテンボーン/CEOの実績と指導力により今回の契約を結んだものの、同氏が更迭されたことで信頼関係が築けなくなったとしているという。

ただこの契約が破綻した場合、同チームでは再びフェラーリに供給を依頼するしかなく、極めて厳しい状況になるとみられる。

| | トラックバック (0)

2017/07/07

コスワースとアストンマーティンらがF1新規参戦に関心か

Cosworth Factory (C)Cosworth Engineering
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は3日(月)、パリの本部でF1ワーキング・グループ会議を行ったが、これにオブザーバーとして共にイギリスのコスワースやアストンマーティンの関係者が参加していたことがわかった。

これは近い将来のF1エンジンのありかたを検討するもので、参加したからといって直ちにF1参戦に結びつくものではないが、関心がなければそもそも会議に参加する必要もないと言える。

言うまでもなくコスワースはフォード・コスワースとして一時は完全にF1を席巻、いまだにその最多勝記録は破られていない。
また1959年から1960年に掛けコンストラクターとして参戦したアストンマーティンは当時予選2位、決勝6位の記録を残している。

| | トラックバック (0)

2017/07/06

ロス・ブラウン氏、新規参戦エンジンへの対応見直しを示唆

Powered by Honda (C)Honda Racing
拡大します
リバティ・メディアがオーナーという新体制に伴い、F1でモータースポーツ担当のマネージング・ディレクターに就いたロス・ブラウン氏がF1新規参戦エンジンへの対応見直しに意欲をみせている。

これは英『BBCスポーツ』に語ったもので、参戦3年目を経てなお苦戦するホンダを念頭に置いたもの。
同エンジンの苦戦がマクラーレンという有力チームをも追い詰めているからだ。

「ホンダがわれわれにサポートを求めてくるならば、真摯に対応したいと思っている。
ただ、技術的な個別の条件については考えていない。
しかしF1では基本的に新しいマニュファクチャラーの参入を求めているのだから、それらがホンダの二の舞になることのないよう考えるべきということ」と、前向き。

とはいえこの厳しい競争の世界。
新規参入エンジンを有利に扱えば既存のチームから当然不満が出るわけで、解決は容易でない。

| | トラックバック (0)

2017/07/05

ホンダ、今週のオーストリアGPで2台共『スペック3』投入へ

Powered by Honda (C)Honda Racing
拡大します
ホンダは、今週末行われるオーストリアGPに、アロンソ&バンドーン双方のマシンに『スペック3』と呼ばれるアップグレード仕様のICE(エンジン本体)を投入することを明らかにした。

これは先のアゼルバイジャンGPでアロンソのマシンに先行投入、金曜日のフリー走行で手応えを報告していたものだが、パワーユニット交換で15グリッド降格のペナルティを受けるため土曜日の走行を前に以前のものに戻し、大事な『スペック3』を温存していたもの。

なお今回はバンドーンのほうも同型のものにバージョンアップされるということでそのパフォーマンスに期待が掛かる。

| | トラックバック (0)

2017/07/02

メルセデス首脳、来季マクラーレン・チームとの契約を否定

Mercedes V6 F1 Engine (C)Mercedes Motorsport
拡大します
マクラーレン・チームがホンダとのパートナーシップを打ち切り、来季は目下F1最強であるメルセデス製パワーユニットに変更するのではないか、との噂が先行することについてメルセデス陣営ではこれを強く否定している。

これはメルセデス・モータースポーツのニキ・ラウダ/CEOがイギリスのスポーツ専門チャンネル『スカイスポーツ』で語ったもの。
その中でこの3回のチャンピオンに輝くF1レジェンドは、次のように説明した。

「残念だがわれわれがすでにマクラーレン・チームとの間に2018年について何らかの合意に至ったという事実はない。
私が承知しているところでは、彼らは来年もまだホンダで走るということだ。
F1の将来を考えるなら、ルノー・エンジンを搭載するレッドブル・レーシングがうまくいっているように、マクラーレン・ホンダにも活躍して欲しいとわれわれは願っているよ」と、余裕の表情。

2016年まで4チームに供給していたメルセデスはマノーが撤退したことにより今年は3チームだけ。
キャパシティの上では新たな供給にもまだ余裕があると言えるのだが。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク | A1グランプリ | BMW | BMWザウバー | DRS | DTM | F1 | F1テスト | F2 | F3 | FIA | FOM | FOTA | GP2 | GP3 | GPDA | INDY | ING | IRL | KERS | NASCAR | US-GP | USF1 | VW | WEC | WRC | WTCC | アイルトン・セナ | アウディ | アストンマーティン | アゼルバイジャン | アダム・パール | アブダビGP | アメリカGP | アラン・プロスト | アルガルブ | アルガルブ・サーキット | アルド・コスタ | アルバートパーク | アルファロメオ | アルフォンソ・セリス | アレクサンダー・ロッシ | アレクサンドル・ブルツ | アレックス・リン | アンソニー・デビッドソン | アンディ・ソウセック | アントニオ・ジョビナッツィ | アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ | アンドレアス・ツバー | アンドレ・ロッテラー | イギリスGP | イタリアGP | イモラ | イルモア | インテルラゴス | インディアナポリス | インドGP | ウィリアムズ | ウィリ・ウェバー | ウィリー・ランプ | ウィル・スティーブンス | エイドリアン・カンポス | エイドリアン・スーティル | エイドリアン・ニューイ | エイボン | エステバン・オコン | エステバン・グティエレス | エディ・ジョーダン | エリック・ブイユ | エンジン | エンツォ・フィティパルディ | オースティン | オーストラリアGP | オーストリアGP | カタール | カナダGP | カルロス・ゴーン | カルロス・サインツJr. | カルン・チャンドク | カート | キミ・ライコネン | キャノピー | キャラミ・サーキット | ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ギュンター・シュタイナー | クムホ | クリスチャン・クリエン | クリスチャン・ホーナー | クレア・ウィリアムズ | グッドウッド | グレーム・ロードン | ケビン・マグヌッセン | ケータハムF1 | ゲイリー・パフェット | ゲルハルト・ベルガー | コスワース | コリン・コレス | コンコルド協定 | サム・マイケル | ザウバー | ザク・ブロウン | シャルル・ピック | シャルル・ルクレール | シリル・アビテブール | シルバーストーン | シンガポールGP | ジェラール・ロペス | ジェローム・ダンブロシオ | ジェンソン・バトン | ジェームス・アリソン | ジェームス・カラド | ジェームス・ロシター | ジェームズ・キー | ジャガー | ジャッキー・スチュワート | ジャック・ビルニューブ | ジャンカルロ・フィジケーラ | ジャン・アレジ | ジャン・エリック・ベルニュ | ジャン・トッド | ジュリアーノ・アレジ | ジュール・ビアンキ | ジョナサン・ニール | ジョニー・ハーバート | ジョリオン・パーマー | ジョルジョ・パンターノ | ジョン・サーティーズ | ジョン・ハウェット | ジョン・ブース | ジョージ・ラッセル | ジョーダン | ジョーダン・キング | ジーン・ハース | ステファンGP | ステファーノ・ドメニカリ | ストッフェル・バンドーン | スパイカーF1 | スパフランコルシャン | スペインGP | スポンサー | スージー・ウォルフ | スーパーライセンス | スーパー・アグリ | スーパー・フォーミュラ | セバスチャン・ブエミ | セバスチャン・ベッテル | セバスチャン・ボーデ | セバスチャン・ロウブ | セパン・サーキット | セルゲイ・シロトキン | セルジオ・ペレス | セルジオ・マルキオンネ | ソチ | タイGP | タイヤ | ダカールラリー | ダニエル・ジュンカデラ | ダニエル・リカルド | ダニカ・パトリック | ダニール・クビアト | ダビデ・バルセッキ | チェイス・キャリー | チェコ | チャンプカー | チャーリー・ホワイティング | ティモ・グロック | テレビ | ディートリッヒ・マテシス | デイモン・ヒル | デビッド・クルサード | デビッド・リチャーズ | デモラン | デュランゴ | トト・ウォルフ | トニー・フェルナンデス | トヨタ | トルコGP | トロ・ロッソ | ドイツGP | ドニントンパーク | ナイジェル・マンセル | ナイトレース | ナレイン・カーティケヤン | ニキ・ラウダ | ニコラス・トッド | ニコ・ヒュルケンバーグ | ニコ・ロズベルグ | ニック・ハイドフェルド | ニック・フライ | ニュルブルクリンク | ニュージャージー | ネルソン・アンジェロ・ピケ | ネルソン・ピケ | ノルベルト・ハウグ | ハイメ・アルグエルスアリ | ハインツ・ハラルド・フレンツェン | ハロー | ハンガリーGP | ハンコック | ハースF1 | バルセロナ | バルテリ・ボタス | バレンシア | バレンシアGP | バレンティーノ・ロッシ | バーニー・エクレストン | バーレーンGP | バーレーン国際サーキット | パスカル・ウェーレイン | パストール・マルドナド | パット・シモンズ | パット・フライ | パディ・ロウ | パトリック・ヘッド | ヒスパニア・レーシング | ビタントニオ・リウッツィ | ピエール・ガスリー | ピットストップ | ピレリ | ファン・モントーヤ | フェラーリ | フェリッペ・ナスル | フェリッペ・マッサ | フェルナンド・アロンソ | フォース・インディア | フォード | フォーミュラE | フラビオ・ブリアトーレ | フランク・ウィリアムズ | フランク・ダーニー | フランスGP | フランツ・トスト | フレデリック・ヴァスール | ブラウンGP | ブラジルGP | ブラバム | ブランズハッチ | ブリヂストン | ブルガリア | ブルーノ・セナ | ブレンドン・ハートリー | プロドライブ | ヘイキ・コバライネン | ヘルマン・ティルケ | ヘルムート・マルコ | ヘレス | ベトナム | ベルギーGP | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ペーター・ザウバー | ホセ・マリア・ロペス | ホッケンハイム | ホンダ | ホー・ピン・トゥン | ボブ・ベル | ポルシェ | ポルトガル | ポールリカール | ポール・ストゥダート | ポール・ディ・レスタ | マイク・ガスコイン | マイク・コフラン | マウリツィオ・アリバベーネ | マクラーレン | マックス・チルトン | マックス・フェルスタッペン | マックス・モズレー | マニクール | マノー・マルシア | マリオ・アンドレッティ | マリオ・タイセン | マルク・ジェネ | マルコ・アスマー | マルコ・アンドレッティ | マルコ・マッティアッチ | マルシア | マレーシアGP | マ・キンファ | マーカス・アームストロング | マーカス・エリクソン | マーク・ウェバー | マーク・スミス | マーチ | マーティン・ウィットマーシュ | マーティン・ドネリー | マーティン・ブランドル | ミカ・サロ | ミカ・ハッキネン | ミシュラン | ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ | ミルコ・ボルトロッティ | ムジェロ | メカクローム | メキシコGP | メルセデス | モトGP | モナコGP | モニシャ・カルテンボーン | モンツァ | ヤス・マリーナ・サーキット | ヤルノ・トゥルーリ | ユナイテッドステーツGP | ヨンナム・サーキット | ヨースト・カピート | ヨーロッパGP | ラスベガス | ラファエル・マルシエロ | ラルフ・シューマッハ | ランス・ストロール | ランボルギーニ | リオ・ハリアント | リザーブドライバー | リバティ・メディア | ルイス・ハミルトン | ルイス・ペレス・サラ | ルイス・レイジァ | ルカ・バドエル | ルカ・フィリッピ | ルカ・モンテツェモロ | ルノー | ルマン24時間レース | ルーカス・ディ・グラッシ | ルーベンス・バリチェッロ | レギュレーション | レッドブル | レッドブルリンク | レース・オブ・チャンピオンズ | ロシアGP | ロス・ブラウン | ロドルフォ・ゴンザレス | ロバート・クビサ | ロバート・ドーンボス | ロビン・フラインス | ロブ・スメドリー | ロブ・ホワイト | ロベルト・メルヒ | ロマン・グロージャン | ロリー・バーン | ロルダン・ロドリゲス | ロングビーチ | ロンドンGP | ロン・デニス | ロータス | ローマ | ローラ | ワールドシリーズbyルノー | ヴィジャイ・マルヤ | ヴィタリー・ペトロフ | 上海サーキット | 中国GP | 中嶋一貴 | 中嶋大祐 | 人事 | 佐藤万璃音 | 佐藤公哉 | 佐藤琢磨 | 八郷隆弘 | 南アフリカ | 国本京佑 | 富士スピードウェイ | 小暮卓史 | 小松礼雄 | 小林可夢偉 | 山本左近 | 新井康久 | 新型車発表 | 日本GP | 松下信治 | 武藤英紀 | 浜島裕英 | 片山右京 | 鈴木亜久里 | 鈴鹿サーキット | 長谷川祐介 | 韓国GP