2023/11/03

アラン・プロスト氏、フェルスタッペンを祝福へ

Alain Prost (C)Williams F1
拡大します
元4回のF1チャンピオンであるアラン・プロスト氏(64歳:フランス)が、現在のF1を牽引する通算51勝目をメキシコGPで記録したマックス・フェルスタッペン(レッドブル)に対し、祝意を表している。

プロスト氏も生涯通算51勝という大記録を持っていたが、まだ26歳の若者に並ばれたことには格別な思いがあることだろう。
なお同氏は現在の南米遠征にはF1サーカスに帯同しておらず、訪問予定の今季最終戦アブダビGPの場で直接フェルスタッペンに祝意を示したいとコメントしている。

|

2023/08/26

予選Q1、角田裕毅(アルファタウリ)突破

8月26日(土)15時(日本時間:22時)からザンドフールト・サーキットを舞台に2023年F1第14戦ハンガリーGP公式予選が始められた。
ここQ1では全20台中、下位5台がノックアウトとなる。
天候は曇り 、セッション開始時の気温は17度、路面温度22度、コースはまだウェットコンディションとなっている。

トップはアルボン(ウィリアムズ)。
以下、フェルスタッペン(レッドブル)、ピアストリ(マクラーレン)、ノリス(マクラーレン)、サインツ(フェラーリ)、ラッセル(ウィリアムズ)、ストロール(アストンマーティン)、ガスリー(アルピーヌ)、角田裕毅(アルファタウリ)、アロンソ(アストンマーティン)というトップ10。

ここでの敗退は周冠宇(アルファロメオ)、オコン(アルピーヌ)、マグヌッセン(ハース)、ボタス(アルファロメオ)、そしてローソン(アルファタウリ)の5台となった。

|

2022/01/19

アラン・プロスト氏、アルピーヌF1からの離脱を認める

Alain Prost (C)Renault Sport F1
拡大します
アルピーヌF1チーム(前ルノー)でエクゼクティブ・ディレクターを務めていた同チームのOBでもあるアラン・プロスト氏(66歳:フランス)が、2021年限りでそのポジションから離脱したことがわかった。

これは同氏が、自身のSNSの中で自らの意志により契約延長を断ったと認めたとされるものだが、しかし情報が正式発表の前に一部F1メディアで報じられたことに不快感を示しているという。
過去4回のF1チャンピオンに輝くプロスト氏は、現役引退後も母国フランスのチームであるルノーとは密接な関係を続けてきた。

なお伝えられるところでは、先にアストンマーティンF1を離脱したばかりのオットマー・サフナウアー氏がアルピーヌF1に加入するとの情報が広まっている。

|

2021/04/10

アルピーヌF1、アロンソ&オコンの関係性に懸念示す

Alpine Renault 『A521』 (C)Alpine F1
拡大します
元4回のF1チャンピオンで、前身であるルノー・チーム時代からアルピーヌF1チームと密接な関係にあるアラン・プロスト氏(66歳:フランス)が、今シーズンの同チーム・ドライバーであるフェルナンド・アロンソとエステバン・オコンとの関係性について仏『フィガロ』紙で懸念を示し注目されている。

同氏によればアロンソ、オコン共にかつてチームメイトの関係が悪化してチームを混乱させた過去があると指摘している。
「チームメイトのライバル関係が悪化すると、しばしば危険なゲームに結び付くことがある」ということで、二人の心理をチームがうまくコントロールすることが求められると主張している。

アロンソがタイトル2回、優勝32回を数える39歳のベテランであるのに対し、オコンは昨年参戦4年目にして初めて表彰台に上がったまだ24歳の若者だ。

|

2020/12/29

「ルノー、F1撤退の危機にあった」とアラン・プロスト氏

Renault 『RS11』&『R25』 (C)Renault F1 UK
拡大します
かつてルノー・チームのエースとして幾多の勝利を飾ってきた元4回のチャンピオン、アラン・プロスト氏は、ホンダだけでなくルノーもF1撤退の危機にあったことを明かした。

それによれば新型コロナウイルスの影響による財政危機はルノー・チームも例外ではなく、同社上層部の大勢はF1からの撤退を考えていたのだという。
しかし新しいリーダーに就くことになったルカ・デメオ/CEOは、F1でのブランドを同車のハイパフォーマンス部門である『アルピーヌ』に変更することで参戦継続するという方針を示した。
プロスト氏はこの決断がなければルノーのF1参戦は再び途絶えていた筈とその背景を説明した。

ルノーは自身のチームでは2005年と2006年の2回、エンジン供給元としてもウィリアムズやレッドブルと共に合わせて9回ものタイトルを獲得した名門だ。

|

2020/05/12

プロスト氏(ルノー)もリカルドの確保に懸念示す

Alain Prost (C)Renault Sport F1
拡大します
期待された2019年シーズンを不振に終えたばかりでなく、挽回すべく臨んだ2020年シーズンは新型コロナウイルスの影響でまだ1戦もできない現況に、ルノー・チームはエースであるダニエル・リカルドのキープに苦慮しているようだ。

これについてはすでに同チームのシリル・アビテブール/マネージング・ディレクターが懸念をみせていたが、今度は同陣営でエクゼクティブ・ディレクターを務めるアラン・プロスト氏(65歳:フランス)も同様の心配をしていることを『キャナル・プリュス・テレビ』で明かしたもの。
その中でこの元4回のF1チャンピオンは、「今シーズンの混乱はドライバー契約だけでなくF1におけるすべての交渉の足を引っ張っている」と、嘆いた。

ルノーとリカルドとの契約は今シーズン末までの2年間とされ、早ければもう来季に向かって水面下での更改交渉が行われる時期だが、ルノーに限らずどのチームも今年は「ドライバー市場は膠着したままで動きようがない」とお手上げ状態を訴えている。

すでに7勝、ルノーでも優勝争いが期待されたリカルドだったが、昨年は一度の表彰台すらなく不本意のままシーズンを終えた。

|

2020/02/18

ルノー・チーム、リカルドのキープは「背水の陣」

Daniel Ricciardo (C)Renault Sport F1
拡大します
2019年シーズンを前に、5年間在籍したレッドブル・レーシングを離れ、ルノー・チームに電撃移籍を果たしたダニエル・リカルド(30歳:オーストラリア)だが、誰の目からもマシンがドライバーの期待に応えていないという評価が専らだ。

こうした状況に、同チームで非常勤取締役を務める元4回のチャンピオンであるアラン・プロスト氏(64歳:フランス)は次のように危機感を顕わにした。
「残念なことだが、現在のルノー・チームは明らかにリカルドの期待に応えていない。
彼自身もこんな状況は予想していなかったことだろう。
こうした現状を打開しなければ、われわれは彼をキープし続けることはできない」と、背水の陣であることを訴えた。

一時はワークス活動の終了も話題になったルノー・チームだが、このところ噂は沈静化しつつあるようだ。
ただレッドブル時代には通算7勝を挙げたリカルド、ルノーに移ってからは4位が最高で表彰台にも上がれておらず期待を裏切っているのが事実だ。

|

2019/12/19

ルノー・チーム、「2020年より2021年の開発に主眼」

Renault R.S.19 (C)Renault Sport F1
拡大します
2019年シーズンも終わり、各チーム共に来シーズンに向けての開発に力を注いでいる時期だが、今季ランキング5位になったルノー・チームでは「2020年より2021年の開発が重要」としている。

同チームのシリル・アビテブール/マネージング・ディレクターは、「現在のF1ではメルセデス、フェラーリ、そしてレッドブルの3強チームが抜けていて勝利を独占している。
その他のチームはわれわれも含めてこれを追撃する形だ。
その中で今年、まず抜け出してランキング4位にアップしたのはマクラーレンで、彼らはわれわれより1年早くチームの再編を成し遂げてみせた。
次はわれわれが改革を果たすべきで、そのチャンスは来年よりむしろ2021年にあると考えている。
なぜならすでに決定的な差がついた現在のルールでの戦いに挑むより、皆が同じスタートとなる新しいルールの2021年のほうが有利だからだ。
限られた予算とリソースは効果的に使われなければならない」とした。

ルノーはワークス体制の中では最も低予算とされており、こうした方針には同チームにマネージング・ディレクターとして携わるアラン・プロスト氏も同意しているという。

|

2019/09/15

プロスト氏(ルノー)、「オコン起用の理由は前向きだから」

Esteban Ocon (C)Renault Sport
拡大します
元4回のチャンピオンで現在ルノー・スポールの非常勤取締役に就くアラン・プロスト氏が、ニコ・ヒュルケンバーグに替わり来季ルノー・チームのドライバーとして契約を結んだエステバン・オコン(元フォース・インディア)について、イタリアの『スカイ・イタリア』でレースに対する姿勢の違いを理由のひとつに挙げた。

「ヒュルケンバーグは能力もまた実籍もあるドライバーだが、しばしば悲観的でマイナス思考な部分がある。
レーシング・チームはどこも悲観的なドライバーなど望んではいない。
それじゃ勝てるものも勝てないし、何よりチームの雰囲気が暗くなってしまうからね。
その点、オコンは素晴らしく前向きだ。
残念なことにこの1年走れずにいたことが彼をそうさせているんだろう。
われわれはシャシーの面でもまたPU(パワーユニット)の面でも大きく進化しているが、彼はそれを十分に引き出してくれることだろう」

オコンがメルセデスの開発ドライバーとして経験を積んだことも新天地ルノーで役立つに違いない。

|

2019/07/30

アラン・プロスト氏、ルノー・スポールの非常勤取締役に

Alain Prost (C)Williams F1
拡大します
フランス人ドライバーとして、過去4回のチャンピオンに輝くアラン・プロスト氏(64歳)が今回新たにルノー・スポールの非常勤取締役の職に就くことがわかった。
同氏はこれまでもルノーF1チームのアンバサダー、アドバイザーなどを務めてきているが、これによりさらに本格的な活動に徹することになりそうだ。

ルノー・スポールの非常勤取締役はこれまでルノー社重役のティエリー・ボロレ氏が務めていたものだが、カルロス・ゴーン/CEO失脚のあと同氏が後任のCEO(最高経営責任者)に就いたため空席となっていたもの。

なおルノー色の強いプロスト氏だが、4回のタイトル獲得のうちマクラーレン・ポルシェが2回、マクラーレン・ホンダとウィリアムズ・ルノーがそれぞれ1回ずつでルノー・チーム・ドライバーとしての獲得はない。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

70thアニバーサリーGP A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP VW WEC WRC WTCC アイフェルGP アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アニバーサリーGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルベ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルピーヌ アルファタウリ アルファロメオ アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・パロウ アレックス・リン アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル アンドレア・キミ・アントネッリ アンドレア・ステラ アンドレッティ アンドレッティ・グローバル イギリスGP イゴラ・ドライブ イタリアGP イモラ インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オスカー・ピアストリ オトマー・サフナウアー オランダ オランダGP オリバー・ベアマン オリバー・ミンツラフ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP オーラ・ケレニウス カタールGP カナダGP カラム・アイロット カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コルトン・ハータ コロンビア コンコルド協定 サウジアラビアGP サクヒールGP サンパウロGP ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームス・ボウルズ ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ドゥーハン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・サーティーズ ジョージ・ラッセル ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ステークF1 ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スプリントレース スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダビデ・ブリビオ ダン・ティクタム チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テオ・プルシェール テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デンマークGP トスカーナGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・デ・フリース ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ビザ・キャッシュアップRB ピエトロ・フィッティパルディ ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベトナムGP ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガルGP ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミGP マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マイケル・マシ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マドリッドGP マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モハメド・ベン・スレイエム モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラスベガスGP ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リアム・ローソン リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ブルズ レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロイ・ニッサニー ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・シュワルツマン ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロマーニャGP ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ローガン・サージェント ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 周冠宇 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 岩佐歩夢 平川亮 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介 WTCC