2024/02/21

ウィリアムズ、『FW46』シェイクダウン実施

Williams 『FW46』
Williams_fw46_test_m2月20日(火)、ウィリアムズ・レーシングは2024年シーズンを戦う新型車『FW46』のシェイクダウン・テストをシーズン前テストに先駈け現地バーレーン・サーキットで行った。

同チームではすでニューヨークで新型車を公開しているが、実際のマシンを公開したのはこれが初めてということになる。
英国に本拠を置くチームの多くがシルバーストーン・サーキットでシェイクダウンを行っているが、ウィリアムズこの時期の英国の天候を考慮してバーレーンを選択したとのことだ。

なお実際にステアリングを握ったのは2年目となるローガン・サージェントだったと伝えられている。

|

2024/02/10

アルボン(ウィリアムズ)、「本物の『FW46』は違う」

Williams 『FW46』
Williams_fw46_m_202402100731012月5日(月)、例年より早いペースで新型車発表を行ったウィリアムズ・レーシングだが、ご多分に漏れず本物の2024年マシン『FW46』はまだ覆ったベールを外してはいないようだ。

これはドイツの専門誌である『アウトモーター・ウント・スポルト』らが報じたもので、それによればお披露目したマシンは実質昨シーズンのもので、とりわけリヤサスペンションは今季の型式とは大きな違いがあるのだという。

これについては同チームのアレクサンダー・アルボンも認めていて、「2023年の物とは挙動に大きな変化があった」と、シミュレーターでの印象を語っている。

|

2024/02/06

ウィリアムズ、NYで2024年新型車『FW46』正式発表

Williams 『FW46』
Williams_fw46_m2月5日(月)、ウィリアムズ・レーシングは2024年シーズンを戦う新型車『FW46』を米国ニューヨークで正式発表した。

場所は新しくスポンサーに就いたスポーツ用品大手の『プーマ』の旗艦ショップ。
マシンだけでなく関連グッズ等も数多く展示されるという。
新しいカラーリングにはウィリアムズの旧き良き時代をイメージさせるオマージュのピンストライプが配された。

こちらもアルボン&サージェントというドライバー・ラインナップに変更はないが2025年のアルボンは変更必須のようだ。
なお新たな主要スポンサーとして日本の重機メーカーである『コマツ』が復帰している。

|

2024/01/15

ウィリアムズの新型車発表はニューヨークで

Wiliams 2023『FW45』 (C)Williams Racing
拡大します
ウィリアムズ・レーシングは2024年シーズンを戦う新型車『FW46』(仮称)を全チームの先陣を切って来たる2月5日(月)に発表する予定だが、その場所が明らかとなった。

それによれば発表会場は米国ニューヨークの『プーマ・フラッグシップストア』で行われるとのこと。
有名な5番街に構える同店は文字通りスポーツ用品大手『プーマ』の旗艦店。
このことから同社は2024年のウィリアムズ・レーシングのスポンサーとしてかなり重要なポジションということになりそうだ。

|

2024/01/10

ウィリアムズ、メルセデス製パワーの継続正式発表

Williams 2023『FW45』 (C)Williams Racing
拡大します
ウィリアムズ・レーシングは、メルセデス製パワーユニット供給契約についてこれまでの2025年末からさらに、大幅に仕様が変更となる2026年以降も継続することで合意したことを正式発表した。
両者の供給関係は2014年からスタートしていてこれによりさらなる異例の長期のものとった。

なおメルセデス製パワーユニットは本家のメルセデスAMGチームのみでなく、すでにマクラーレン・レーシングへの供給も決まっていて、着々と新世代F1制覇への途を踏み出しているようだ。

|

2023/12/24

ウィリアムズ・レーシングの新型車は2月5日に発表へ

Wiliams 『FW45』 (C)Williams Racing
拡大します
今シーズン、目覚ましい挽回を見せたウィリアムズ・レーシングがさらなる復活が期待される2024年新型車の発表を来たる2月5日(月)に行うことを明らかにした。
順当であればマシン名は『FW46』になる見込みだ。
*『FW』はチームの設立者であるフランク・ウィリアムズ氏の頭文字

ドライバーは今季と同じアレクサンダー・アルボンとローガン・サージェントという顔ぶれが継続される。

|

2023/12/02

ローガン・サージェント、ウィリアムズ残留決定

Logan Sargeant (C)Williams Racing
拡大します
2023年のレースドライバーであるローガン・サージェント(22歳:アメリカ)について、ウィリアムズ・レーシングは1日、2024年シーズン残留を決定、正式発表した。
チームメイトは複数年契約によりやはり残留したアレクサンダー・アルボンということになる。

他チームのシートがすべて確定する中、ウィリアムズ・レーシングはルーキードライバーであるサージェントについて慎重な戦績評価を行っているとされていた。

|

2023/12/01

ウィリアムズ、サージェントの来季去就はまもなく

Logan Sargeant (C)Williams Racing
拡大します
今シーズン、ルーキードライバーの一人としてウィリアムズ・レーシングからF1参戦を果たしたローガン・サージェント(22歳:アメリカ)だが、唯一来季のシートがまだ確定していないとされる。

これについて同チームの広報担当は「現在この1年間のサージェントのパフォーマンスを精査中で、結論はここ数週間中に下されるだろう」との方針を説明した。

サージェントにとってはまさに『まな板の上の鯉』状態だが、アメリカ人である当人は、シーズン最終盤に行われたラスベガスGPでみせた予選7位というスピードを残留の拠り所にしているようだ。
なおオースティン・サーキットのアメリカGPでも初入賞でポイントを獲得しており、ホームに強いところを示している。

|

2023/10/31

ウィリアムズに危険作業で高額罰金

FIA メキシコGPのレーススチュワード(審査委員)は予選Q2中に危険な作業があったとしてウィリアムズ・レーシングに対し2万ユーロ(約312万円)の罰金を科したことを明らかにした。

 

それによれば同チームはメキシコGPの予選Q2セッション中タイヤ交換用のエアジャッキを作業エリアに準備したが、その場所が不適切だったため、隣のガレージから発進するマシン(角田裕毅)を危険な状態に陥れたというもの。

 

国際映像では角田裕毅のマシンのリヤタイヤがジャッキを跳ねとばすシーンが放映されて衝撃を与えたが、幸い負傷者等はなかったと報告されている。

 

スチュワードの説明によれば罰金のうち半額は執行猶予とのことで、今後1年間のあいだ同様のケースがなければ、返却されることになっているという。

 

 

|

2023/10/09

体調不良で離脱のサージェント、「ゴールできず申し訳ない」

Logan Sargeant (C)Williams Racing
拡大します
F1レースがドライバーにとって苛酷なものであるのは良く知られたものだが、今回ウィリアムズ・レーシングの新人ローガン・サージェント(22歳:アメリカ)はレース途中に体調不良で戦線離脱するという深刻さをみせた。

チームのスポークスパーソンによれば、サージェントはレース前からここ1週間ほど体調を崩していたということで、いま流行しているインフルエンザに感染の可能性があるとして病院で検査を受けているとのことだ。
サージェントは「マシンをゴールまで走らせることができず申し訳ない」とスタッフに詫びているという。

今回のカタールGPでは脱水症状が多く、表彰台に上がったウイナーたちも疲労困憊であることを隠せないでいた。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

70thアニバーサリーGP A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP VW WEC WRC WTCC アイフェルGP アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アニバーサリーGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルベ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルピーヌ アルファタウリ アルファロメオ アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・パロウ アレックス・リン アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル アンドレア・ステラ アンドレア・ステラアンドレア・ステラ アンドレッティ イギリスGP イゴラ・ドライブ イタリアGP イモラ インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オスカー・ピアストリ オトマー・サフナウアー オランダ オランダGP オリバー・ミンツラフ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP オーラ・ケレニウス カタールGP カナダGP カラム・アイロット カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コルトン・ハータ コロンビア コンコルド協定 サウジアラビアGP サクヒールGP サンパウロGP ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームス・ボウルズ ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ドゥーハン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・サーティーズ ジョージ・ラッセル ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ステークF1 ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スプリントレース スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダビデ・ブリビオ ダン・ティクタム チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テオ・プルシェール テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デンマークGP トスカーナGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・デ・フリース ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ビザ・キャッシュアップRB ピエトロ・フィッティパルディ ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベトナムGP ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガルGP ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミGP マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マイケル・マシ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マドリッドGP マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モハメド・ベン・スレイエム モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラスベガスGP ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リアム・ローソン リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロイ・ニッサニー ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・シュワルツマン ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロマーニャGP ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ローガン・サージェント ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 周冠宇 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 岩佐歩夢 平川亮 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介 WTCC