2018/11/05

ベッテル、『ROC(レース・オブ・チャンピオンズ)』参戦確定

2012 Race of Champions (C)Race of Champions
拡大します
モーターレーシング界の異種格闘競技とも言われる『ROC(レース・オブ・チャンピオンズ)』に、今年(来年)もF1を代表するセバスチャン・ベッテル(31歳:ドイツ)が参加することが決まったことを主催者が明らかにした。

ベッテルはこの大会の常連で、ドイツ代表として長く活躍、ミハエル・シューマッハと組んだ時には6連覇を記録した強豪だが、2018年大会は欠場したので2年ぶり。
この時のネーションズカップはドイツ、個人はデビッド・クルサードがラリードライバーのペーター・ソルベルグを破って優勝している。

次期大会は各選手権のシーズンオフにあたる2019年の1月19日(土)・20日(日)に掛け、メキシコGPの開催地であるロドリゲス・サーキットのスタジアム・セクションに設置される特設コースで行われる予定。

| | トラックバック (0)

2017/01/23

パスカル・ウェーレイン、ROCで大クラッシュ演じる

Pascal Wehrlein (C)Mercedes Motorsports
拡大します
この週末、アメリカのマイアミで行われたモータースポーツの無差別級祭典『ROC(レース・オブ・チャンピオンズ)』で、パスカル・ウェーレイン(22歳:ドイツ)が大クラッシュを演じて関係者をひやりとさせた。

ドイツ・チームのメンバーとしてこの競技に出走したウェーレインは、ゴールの際にマシンのコントロールを失ってクラッシュ。
併走していたフェリッペ・マッサ(ブラジル・チーム)のマシンに激突するなどしたもの。
幸いいずれのドライバーにも怪我はなかったとされる。

元々メルセデス・モータースポーツの育成ドライバーで、昨年はマノー・レーシングで走ったウェーレイン、今季はすでにザウバー・チームから参戦することが決まっている。

ROCの結果はこちら

| | トラックバック (0)

2015/11/22

セバスチャン・ベッテル、「2015年ROC王者」に

Sebastian Vettel (C)Ferrari S.p.A
拡大します
先週末、イギリス・ロンドンの元オリンピック・スタジアムを舞台に行われた2015年の『ROC(レース・オブ・チャンピオンズ)』個人戦で、みごとセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が初の総合チャンピオンに輝いた。

決勝の相手はこれまで4度ルマン24時間レースを制すなどしたスポーツカーレースの王者、デンマークの英雄トム・クリステンセン。
ベッテルはこれまでミハエル・シューマッハ選手と組んだ『ネーションズカップ』で6連覇を果たすなどすっかりROCの顔というイメージだが、意外にも個人で決勝進出を果たしたのはこれが初めてのこと。

念願の優勝トロフィーを手にしたベッテルは、「ここまで時間は掛かったけど、やっとチャンピオンになれてうれしいよ。
これまでこの栄冠に輝いたのはみな素晴らしい世界クラスのトップドライバーだったから、僕もその仲間入りが出来たのかと思うと感慨はひとしおさ。
あらゆるカテゴリーを網羅したこのレース・オブ・チャンピオンズという競技はモーターレーシングの精神を表していると思う」と、その感激を表した。

これまでROCの個人タイトルは多くラリー・ドライバーが占めてきた。

| | トラックバック (0)

2015/06/14

今年のROCはロンドン五輪のスタジアムで

Image
拡大します
毎年末恒例となっている『ROC(レース・オブ・チャンピオンズ)』だが、今年はロンドン五輪の舞台となったオリンピック・スタジアムを会場に行われることが明らかにされた。

F1だけでなく、WRC(世界ラリー選手権)やDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)等のチャンピオンが一堂に会し、モーターレーシング界の真の総合チャンピオンを決めようとして1988年に初開催されたROCはまさに自動車を使った異種格闘協議。
最も注目が集まる「ネーションズカップ」ではシューマッハ&ベッテルによるドイツ・チームの活躍が印象深い。

なおイギリスでは2007-8年のウェンブリー・パーク以来3回目の開催となる。

| | トラックバック (0)

2014/10/22

女性初 S.ウォルフ、ROC(レース・オブ・チャンピオンズ)参戦へ

Susie Wolff (C)Williams F1
拡大します
ウィリアムズ・チームで開発ドライバーを務めるであるスージー・ウォルフ(31歳:イギリス)が、今年の『ROC(レース・オブ・チャンピオンズ)』に出場することがわかった。
実現すれば史上初の女性ドライバー参戦ということになる。

今年のイギリスGPで初めてF1フリー走行セッションで走行した経験を持つ同嬢は、「世界の強者ドライバーらと戦うのは容易なことではないが、できるだけの走りをして最高峰に挑みたい」と、意欲をみせた、
これまでミハエル・シューマッハやセバスチャン・ベッテルなどの参戦で話題を呼んだROC、今年はすでにロマン・グロージャン(ロータス)らの参加が予定されている。

なおスージー・ウォルフの夫君はメルセデス・モータースポーツのトト・ウォルフ/エクゼクティブ・ディレクター。

| | トラックバック (0)

2014/05/23

延期の『ROC(レース・オブ・チャンピオンズ)』、中止に

Romain Grosjean (C)Race of Champions
拡大します
タイのスポーツ省は、本来昨年の12月に予定されながら今年に延期となっていた「2013年『ROC(レース・オブ・チャンピオンズ)』」について、諸般の事情から中止することを正式発表した。
また今年の同イベントについては追って明らかにすることも会わせて発表された。

タイでは与野党の深刻な対立を巡る政情不安から国軍による戒厳令が宣言されるなどクーデターが起きていて、モータースポーツに限らず各イベントに大きな影響が出始めている。

最後となった2012年のROC第25回目のイベントでは個人ではロマン・グロージャンが、ネーションズカップではミハエル・シューマッハ&セバスチャン・ベッテルというドイツ・チームが優勝している。

| | トラックバック (0)

2013/12/03

2013年のROC/タイ、政情不安で中止に

2012 Race of Champions (C)Race of Champions
拡大します
毎年シーズンオフに行われる「クルマの格闘競技」、『ROC(レース・オブ・チャンピオンズ)』が、今年は中止されることがわかった。

今年のROCは昨年と同じタイ・バンコクのラジャマンガラ・スタジアムを舞台に今月14日(土)から拓かれる予定だったが、いまバンコクは国情を二分する政治対立が続いていて、安全確保に不安があると結論されたもの。

タイでは別途F1グランプリの開催も目されているが、今回の決定はこちらにも大きなダメージになるのは必至だ。

| | トラックバック (1)

2012/12/18

グロージャン、ROC優勝でロータス残留にアピール

Romain Grosjean (C)Race of Champions
拡大します
2012年の『ROC(レース・オブ・チャンピオンズ)』は最終日・個人戦が行われ、ロータス・チームのロマン・グロージャン(26歳:フランス)がネーションズ・カップで優勝したドイツ・チームのベッテル、シューマッハらを破り、決勝戦ではトム・クリステンセンを下して初のチャンピオンを獲得、いまだ決まらないロータス・チーム残留に向けて大きくアピールした。

ROCの結果はこちら

| | トラックバック (0)

2012/11/14

シューマッハ、「レース・オブ・チャンピオンズ引退しない」

Race of Champions Image (C)Citroen Sport
拡大します
今季限りで2度目のF1引退を表明したメルセデスAMGチームのミハエル・シューマッハ(43歳:ドイツ)だが、すべてのモータースポーツから引退という訳ではないようだ。
これは、かねて積極的に参加して好成績を残してきたいわゆるモータースポーツ異種格闘競技『ROC(レース・オブ・チャンピオンズ)』参加への強い意欲をみせたもの。

「レース・オブ・チャンピオンズというのはモータースポーツの中でもまさに特別な競技なんだ。
これはとんでもなく面白いイベントで、世界中の人々にぜひ見て欲しいと願っている。
僕は今年もベッテルと組んで、母国ドイツのために頑張りたいと思っているよ」

シューマッハがベッテルと組んでとりわけ力を入れているネーション・カップでは、2007年から実に5連覇という偉業を続けている。

| | トラックバック (0)

2011/12/05

レース・オブ・チャンピオンズ、今年もドイツ・チーム優勝

Team Germany (C)Race of Champions
拡大します
12月3日(土)、ドイツ・デュッセルドルフで今年も行われた異種モータースポーツ競技『ROC(レース・オブ・チャンピオンズ)』の国別対抗競技は、今年もセバスチャン・ベッテル&ミハエル・シューマッハという協力コンビで臨んだドイツ・チームが優勝を果たした。

レース・オブ・チャンピオンズのニュースはこちら

| | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介