2019/07/15

危険だったアルボン(トロ・ロッソ・ホンダ)のトラブル

Alexander Albon (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
イギリスGP決勝レース終盤、ポイント圏内の10位を走りながらもファイナルラップに12位まで順位を落としたトロ・ロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンだったが、スローダウンの原因は推察されたタイヤが原因ではなく、PU(パワーユニット)の電気系のトラブルだったことがわかった。

これはホンダF1の田辺豊治/テクニカルディレクターが明らかにしたもので、トラブルがハイブリッド仕様の高圧電力系だったため、安全面のリスクを考慮して2度目のピットストップが行えなかったとのこと。
そのためアルボンは痛んだタイヤのままで孤独の走りを続けざるを得なかったようだ。

予選9位からのスタートということでポイント獲得が期待されたアルボンだったが、残念ながら今季4回目の入賞はならなかった。

|

2019/07/14

ホンダ系チーム、公式予選コメント(7/13)

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
マシンバランスの最適化に苦戦したRed Bull Toro Rosso Hondaのクビアト選手は、惜しくも0.072秒足りずQ1にて敗退。17番グリッドという結果となりました。
一方、チームメートのアルボン選手とAston Martin Red Bull Racingのフェルスタッペン選手、ガスリー選手はQ2でもすばらしいパフォーマンスを発揮し、トップ10を決めるQ3へと進出。
フェルスタッペン選手はQ3でポールポジションに迫る速さをみせ、トップとわずか0.179秒差のタイムをマークしチェッカーを受けました。
激しい接戦となった予選でフェルスタッペン選手は決勝4番グリッドを獲得し、すべてのセッションにおいてフェルスタッペン選手に迫る勢いを見せたガスリー選手が5番グリッドに続く結果となりました。

Aston Martin Red Bull Racingの両選手は、ベストタイムを出したQ2で使用したミディアムタイヤで明日の決勝レースをスタートすることになります。

アルボン選手はQ3の2回目のアタックで、すべてのセクターで自己ベストタイムを0.15秒ずつ更新する走りを見せ、ルノーのヒュルケンベルグ選手を抑えて9番グリッドを獲得しました。

【マックス・フェルスタッペン(レッドブル)】(予選4位)

「明日の決勝は2列目グリッドからスタートとなり、満足しています。
予選の前はあまり納得がいかず、いいマシンのバランスを探していました。
高速コーナーが続くこのサーキットでは、いいラップタイムを出すにはマシンに十分な自信が必要です。
予選までにすばらしい改善を見せ、いいセットアップを見つけることができました。
残念なことに、ラグの問題があり低速コーナーでタイムロスをしてしまいましたが、ポールポジションとのタイム差は本当にわずかだったので、『すべてパーフェクトだったらポールポジション争いもできたかもしれない』と思うと歯がゆい結果ではあります。
このコースのストレートに最適なウイング角を見つけられていると思います。
今日の予選でのマシンのバランスには手応えを感じているので、普段からよりよいパフォーマンスを発揮できている決勝レースには自信があります。
タイヤへの負担が大きいコースのため、戦略が重要となりますが、決勝でいい戦いができるよう全力を尽くします」

【ピエール・ガスリー(レッドブル)】(予選5位)

「いいグリッドポジションを予選で獲得できましたし、チームとして大きく前進することができたのではないでしょうか。
フリー走行での感触はよく、レースウイークを通してチーム一丸となって改善に努めたおかげで、予選には万全な体制で臨めたと思います。
Q3では完ぺきなラップとはなりませんでしたが、ミディアムタイヤで5番グリッドから決勝をスタートできることに満足しています。
このレースウイークを通してポジティブな結果を出せていますし、これまでより大きく改善できている手応えもあるので、あとは明日の決勝に集中するだけです。
金曜日でのレースペースの手応えはよく、マシンの仕上がりにも十分自信があるので、明日のレースがとても楽しみです」

【ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)】(予選17位)

「マシンのバランスにあまり納得がいかず、正しい方向性を見出せなかったように感じました。
この週末で自分のリズムがつかめずにいるので、明日の決勝でなにができるか十分に解析する必要があると思います。
P3では著しい改善が見られたのですが、予選では思ったようなマシンのパフォーマンスは発揮されませんでした。
今日のように中団が僅差であると、たった0.1、2秒でもQ2進出を逃す大きな差となってしまうようです」

【アレクサンダー・アルボン(トロ・ロッソ)】(予選9位)

「今日の結果にとても満足しています。
このレースウイークではどのセッションでもトップ10入りすることができましたが、他のどのチームも予選では手強い相手になると予想していました。
しかし走れば走るほどマシンのバランスもよくなり、予選をうまくまとめることができたのではないかと思います。
タフなレースが続きましたが、再びQ3に進出することができました。
マシンの仕上がりにはとても満足していますし、このサーキットが大好きです。
レースウイークを通してマシンの感触はよく、路面が次第にグリップし始めると、さらにマシンのパフォーマンスを引き出して走行することができました。
P2の結果からレースでのペースはよかったですし、タイヤとの相性もよさそうなので、明日はどんなレースを見せることができるかとても楽しみです」

【田辺 豊治(テクニカルディレクター)】

「今日の予選では、3台のマシンがQ3に進出することができました。
Aston Martin Red Bull Racingの2台はフェルスタッペン選手が4番手、ガスリー選手が5番手といいポジションですので、明日のレースで表彰台争いに絡めるよう、きっちりと準備を進めます。

Red Bull Toro Rosso Hondaのアルボン選手もモナコ以来のQ3進出を果たし9番手ですので、明日は確実にポイント獲得につなげたいと思います。
クビアト選手については0.07秒という非常に僅差でQ2進出を逃したことは残念でしたが、ロングランペースは悪くありませんので、ポイント圏内を目指してチャレンジを続けていければと考えています」

提供:本田技研工業(株)

|

2019/07/13

ホンダ系チーム、フリー走行コメント(7/12)

Honda F1 Staff (C)Honda Racing
拡大します
先日のオーストリアGPでのRed Bullのマックス・フェルスタッペンの優勝に続くかたちで、今日はピエール・ガスリーがFP1で後続と約0.5秒もの差をつけてトップタイムをマーク。
フェルスタッペンも3番手となりましたが、セッション自体は何人かのドライバーがコースオフのために赤旗中断となるなど、難しい状況でした。

Toro Rossoのアレクサンダー・アルボンも芝生を横切りコースオフしてしまった選手の一人ではありましたが、FP1をチームメートのダニール・クビアトより4つ上の9番手で終え、力強さをみせました。

午後のセッションもHonda勢4台中3台がトップ10入りを決めるポジティブな結果となりました。
ガスリーがトップとわずか0.5秒差で5番手となり、風によるマシンのバランスに苦戦したフェルスタッペンが7番手に続きました。
アルボンはFP2も9番手のタイムをマークし、クビアトはわずか0.011秒差の11番手。

Toro RossoとしてはFP1よりもいいかたちでFP2を終えました

【マックス・フェルスタッペン(レッドブル)】(3-7番手)

「FP1・FP2ともいいバランスを見つけだすことができず、今日は僕にとってあまり満足のいく日ではありませんでした。
風の影響でスライドし、リアタイヤがうまくグリップしなかったので、改善の策を見つけなければなりません。
とても満足しているとは言えないですが、タイム間はとても僅差なのでポジティブにとらえています。
新しい路面はとてもグリップするので、どのドライバーも気に入っていると思います。
舗装自体はいいのですが、特にコース上のターン6とターン9の進入部分に、バンプのある部分があります。
高速コーナーのあるこのサーキットはタイヤに厳しいコースなので、明日と決勝でみんながどのタイヤを使うのかがおもしろいポイントとなりそうです。
メルセデスとフェラーリとの差は僅差なので、このレースウイークに期待できるポテンシャルは僕たちも持ち合わせていると感じています」

【ピエール・ガスリー(レッドブル)】(1-5番手)

「今シーズン一番のレースウイーク初日の金曜日となり、とてもうれしいです。
オーストリアGPのあとにいくつか変更を行い、どう改善していけるか計画を立ててきました。
改善できる点はまだあると思いますし、FP2は完ぺきな走りをした上でのベストタイムではなかったですが、総合的には満足しています。
まだ初日なので喜ぶのには早いかもしれませんが、今の方向性で進歩を続けていく必要があると思います。
明日は重要なときにミスをせず、パフォーマンスをみせることが大切ですが、今日の感触としては以前より大きく改善されていると感じました。
ここは高速サーキットですし、今日のような風ではマシンのバランスが逐一変わり、難しいコンディションですが、それは全員にとって同じです」

【ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)】(13-11番手)

「セッション開始直後は、路面が汚れていたため、ターマックの感触が違うように感じましたが、周を重ねるごとにコンディションは改善していきました。
今日は多くの周回を走行したおかげでマシンへの理解も深めることができたので、さらに先へ進むためにベストを尽くすだけです。
中団のタイムはいつも通り僅差なので、マシンのポテンシャルをすべて引き出せるよう努力し、明日の予選を戦います」

【アレクサンダー・アルボン(トロ・ロッソ)】(9-9番手)

「今日は僕たちにとってとてもいい結果で終えられた一日となりました。
直近の2戦ではなかなかつかめなかったマシンのバランスも見つけることができ、正しい方向性に進んでいると感じています。
中団ポジションでの結果となりましたが、ロングランとショートランのどちらでも安定した走りをすることができました。
まだ改善できる点はあるので、明日はQ3への進出を果たすために万全に準備をして挑みたいと思います」

【田辺 豊治(テクニカルディレクター)】

「今日のイギリスGP初日は、新しいトラック舗装や、強い風の影響などを少々受けましたが、大きなトラブルなく順調な一日となりました。
特にここ数戦やや苦しんでいたRed Bull Toro Rosso Hondaの2台がまずまずのポジションにいることは、ポジティブだと思っています。

先日、シルバーストーンサーキットでのグランプリ開催について、新たに5年契約の締結が発表されましたが、ここはHondaにとって数々のすばらしい思い出があるサーキットですし、喜ばしいことだと感じています」

提供:本田技研工業(株)

|

2019/07/01

ホンダ系チーム、決勝レースコメント(6/30)

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
2番グリッドからスタートしたフェルスタッペンでしたが、スタートでチームメートのピエール・ガスリーの前方となる7番手まで順位を落とします。
そこから追い上げを見せ、ランド・ノリス(マクラーレン)、キミ・ライコネン(アルファロメオ)を早々にオーバーテイク。
5番手までポジションを戻しました。

ミディアムタイヤでスタートしたフェルスタッペンは、第1スティントを長く走る戦略を採り、31周目にピットインしてハードタイヤに交換。
4番手となってコースへ復帰し、ルイス・ハミルトン(メルセデス)の前方に出ました。
ここから、前を行くセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、バルテリ・ボッタス(メルセデス)、シャルル・ルクレール(フェラーリ)をとらえるべく、猛チャージをかけます。

フェルスタッペンは、見事なバトルを見せ、前方の3台をコース上で次々とオーバーテイク。
残り3周で首位に躍り出ると、チェッカーまでリードを保ち、Honda にとってはF1復帰後初、さらにRed Bullとの提携後の初優勝を果たしました。

ガスリーは、ソフトタイヤでのスタートとなり、レース前半の25周目にピットイン。
この戦略では、なかなかポジションを上げられない状態が続きます。
ライコネンの前には出られたものの、2台のマクラーレンに挟まれた状態でペースを上げられず、7位でフィニッシュ。
6ポイントを獲得しました。

レースは出走した全20台が完走し、Red Bull Toro Rosso Hondaの2台は中団の混戦の中で苦戦を強いられます。
アレクサンダー・アルボンは、ミディアムタイヤでスタートし、35周目にタイヤ交換を行うと、その後はチェッカーまでランス・ストロール(レーシングポイント)の追い上げに費やし、15位となりました。

ダニール・クビアトは、ダウンフォースを増したマシンセットアップだったにもかかわらず、前日の予選でアタックを妨害されて後方からのスタートとなったことが影響し、苦しいレースとなりました。
アルボンと似たような戦略で32周目にピットインしてハードタイヤに交換しましたが、17位でのフィニッシュとなりました。

Toro Rosso勢は、前戦でクビアトが、今回アルボンがスペック3のPUを投入したことで、それぞれグリッドペナルティーを受けて厳しい戦いとなりました。
2週間後のイギリスGPでは、ペナルティーなしでのレースになるため、中団での戦いで優位に立つべく準備を進めていきます。

【マックス・フェルスタッペン(レッドブル)】(1位)

「最高のレースができましたし、チームに2度目のホームGP優勝を届けられてうれしいです。

スタートではアンチストールを作動させてしまい、7番手までポジションを落とすという残念な形になりました。
ただ、そこからのペースは本当によくて、冷静になるよう努めながらプッシュし続けました。
第2スティントでは、マシンが素晴らしい力を発揮し、これが勝利の決め手になりました。
そうは見えなかったと思いますが、バルテリをパスしてから、かなり力強いペースがあるので勝てるかもしれないと思うようになりました。
とにかくプッシュして全力で走り、決してあきらめませんでした。
残り数周でシャルルをパスしたときは、最高にハッピーな気分でした。
かなりの接近戦になりましたが、もしあのようなバトルができないのなら、家にいた方がましだと思います。

Aston Martin Red Bull Racingのみんなに大きな感謝を伝えたいです。
どんな週末でもみんな本当によくやってくれましたし、アップグレードもうまく機能したと思います。
ここにいるクルーやファクトリーのスタッフ、そしてもちろんHondaのみんなにも感謝しています。
彼らにとっては、ここまでの間、簡単な道のりではなかったと思います。
彼らのためにも、今日勝利できたことは本当に最高だったと思います」

【ピエール・ガスリー(レッドブル)】(7位)

「今日は厳しく、難しいレースでした。
第1スティントではソフトタイヤで思うようなペースがなく、前のマシンにも引っかかってしまいました。
第2スティントでは序盤にプッシュしすぎて、ピットアウト後の2周を終えた時点でタイヤを傷めて大きなブリスターができてしまいました。
そこからはペースを上げられず、ランド(ノリス)を捕らえることができませんでした。

新たなアップグレードによりマックスがうまくいってよかったです。
素晴らしい仕事を成し遂げてくれたことがポジティブですし、次のシルバーストーンが楽しみです。
僕自身については、パフォーマンスに満足できていませんし、もっとレースをうまく進められればと思っています。
僕には競争力がありますが、まだやるべきことが残っています。
マシンから何を引き出せるのかをきちんと見つけられていないので、プッシュし続けていかなければなりませんが、マシンがうまく機能しているのは分かりましたし、今後のレースに向けて、僕らの方向性は正しいと思います。
もっとたくさんのことを学ばなければなりませんし、チームメートのマックスからも得ることがある筈です。
もっと結果を出したいですし、僕にはそれができる筈ですから、取り組み続けていきます」

【クリスチャン・ホーナー(レッドブル・レーシング代表)】

「今日のマックスのパフォーマンスは驚異的でした。
ここオーストリアで勝てて、HondaにF1復帰後初の勝利をプレゼントできて、信じられない気分です。
ホームレースでの優勝は、Red Bullファミリーの全員にとってすごく大きな意味があります。
(Red Bull創業者の一人である)マテシッツ氏は、Aston Martin Red Bull RacingとToro Rossoを通じて、F1というスポーツへ多くのリソースを投じてくれていますから、ホームグランプリ2年連続優勝には大きな意味があると思います。

レース後、正式に勝利が決まるまで少し待たなければなりませんでしたが、スチュワードは正しい判断をしてくれました。
シャルルとマックスの間に起こったのは、激しいレースであり、2人の若いドライバーのバトルは、F1というスポーツを象徴するような場面だったと思います。
F1は、近年さまざまな批判にさらされていますが、今日のレースはオーバーテイクやタイヤのデグラデーションによるドラマが起こり、とてもエキサイティングで、これぞ求められている姿だったのではないでしょうか。

オーストリアに来た時点では優勝候補ではなかったのに、ここで勝てるなんて夢が叶ったような気分ですし、今日はマックスの勝利の中でも最高の形だと思います。
ピエールにとっては厳しいレースでしたが、少しでも順位を上げようとして、ライコネンをパスすることもできました。
ベンチマークとなるチームメートがこのパフォーマンスをすると、目標がものすごく高くなってしまいますが、時間が経って彼に自信が着いてくれば、その差は縮められる筈です。
われわれのコンストラクターズ選手権での目標はフェラーリなので、2台のマシンができるだけ多くのポイントを獲得していかなければなりません」

【ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)】(17位)

「昨日の予選後にこうなることが分かっていたとはいえ、今日は楽しめるレースではなかったことは確かです。
ダウンフォースを増やしていたので、レースではなす術なしの状態でした。
今日は僕らの日ではなく、すべてがうまくいかないレースウイークとなってしまいました。
ただ、これが真の実力でないことは分かっていますから、リセットして前へ進まなければなりません。
この2戦のことは忘れて、次戦からまたマシンのすべての力を引き出せるように取り組んでいきます」

【アレクサンダー・アルボン(トロ・ロッソ)】(15位)

「残念ながら、今日の僕らには十分なペースがなく、特に第1スティントでは厳しかったです。
レース後半は悪くなかったのですが、第1スティントでかなりの差ができてしまっていました。
金曜日の段階では、ロングランはかなりいい手応えがあったので、この結果には納得がいっていません。
この2戦ともにマシンバランスに苦しんでおり、どこが改善できるかを見つけて向上させていく必要があります」

【フランツ・トスト(トロ・ロッソ代表)】

「まず初めに、HondaとRed Bull Racingを祝福します。
マックス・フェルスタッペンは最高の走りを見せ、ここレッドブルリンクで素晴らしい勝利をつかみ取りました。
Hondaの仲間たちは、この結果を出すために、さくらで驚異的な仕事を続けてくれていましたし、チームの働きぶりも最高でした。
Toro Rossoについては、今日はあまり言うことがありません。
いいパフォーマンスができませんでした」

【田辺 豊治(テクニカルディレクター)】

「まず最初に、昼夜を問わず懸命にPU開発を続けてくれた、HRD-Sakura、HRD-MKの仲間たち、そしてそれを支えてくれた家族に、『やったよ!ありがとう!』と伝えたいです。

今日の力強い走りで我々に優勝をもたらしてくれたフェルスタッペン選手、素晴らしいマシンを作ってくれたAston Martin Red Bull Racing、そしてここまで一緒に一歩ずつ前進を続けてきたRed Bull Toro Ross Hondaの仲間たちにも感謝の言葉を送ります。
これまで色々と応援、サポートいただいたHondaの同僚、サプライヤーの皆様にも御礼申し上げます。
そしてなにより、ここまでどんなときでも温かく応援していただいた世界中のHondaファンの皆様、本当にありがとうございました!
今日の優勝により、2015年の復帰以来、ようやく本当の意味での一歩を踏み出すことができました。
まだまだここから、さらに戦闘力を上げて戦っていきます」

【八郷 隆弘(本田技研工業 社長)】

― 勝利を支えて下さった皆様に感謝を
「ついにF1での優勝を果たすことができました。
2015年の復帰以降の道のりを考えると、大変感慨深く、また心からの喜びを感じています。
まず、勝利を勝ち取ったマックス・フェルスタッペン選手とAston Martin Red Bull Racingに感謝いたします。
また、これまでHondaのF1プロジェクトに対し多大なるサポートを頂いた各ドライバーやScudeiria Toro Rossoは言うまでもなく、サプライヤー様や関係者の皆様も含め、支えてくださったすべての方々に、御礼を申し上げます」

― 夢に向かって、これからもファンの皆様とともに
「そして、どんなときも熱い応援を送ってくださるファンの皆様へ、心からの感謝をお伝えしたいです。
皆様の応援は、夢に向かって走る私たちを力強く後押ししてくれるエネルギーです。
これからも皆様とともに挑戦し、喜びを共有したい、そう考えています」」

― 走り続けることでしか、叶えられないことがある
「HondaにとってF1は創業者の夢であり、大切なDNAの一つです。
この5年間、開発やレースの現場では、数多くの困難に直面してきました。
自分たちの力を信じ、諦めずに走り続けてきた従業員たちの努力がこうして実を結んだことを考えると、万感の想いです。
私たちHondaの”The Power of Dreams”を一つ、体現することができました。

今日の勝利を第一歩として、最終目標であるシリーズチャンピオンを目指し、私たちはさらに一丸となってチャレンジを続けていきます。
これからも引き続きご声援のほど、よろしくお願いいたします」

提供:本田技研工業(株)

|

2019/06/30

ホンダ系チーム、公式予選コメント(6/29)

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
フェルスタッペンは予選後に他車のペナルティーにより決勝を2番グリッドからスタートすることが確定しました。
Honda F1としては2006年以来のフロントローになります。
一方、残りの3台は思うような結果を残した1日にはなりませんでした。

Q1の最終アタックでRed Bull Toro Rosso Hondaのクビアトはトラフィックに阻まれ、避けるためにコーナーでワイドに膨らんだ結果、18番手でフィニッシュしました。
セッション後に審議があり、該当のマシンはペナルティーを受けましたが、クビアトの順位が変わることはありませんでした。

同じくRed Bull Toro Rosso HondaのアルボンはQ2に進出し、13番手タイムを記録しました。
PU交換のペナルティーにより、決勝では同じくペナルティーを受けたサインツ選手の前方からスタートします。

フェルスタッペンとガスリーはともにいいラップタイムを出しQ3に進出。フェルスタッペンはハミルトン選手に次ぐ3番手でフィニッシュしました。
ハミルトン選手はレース後に審議の対象になり、その後グリッドダウンの裁定が確定。
フェルスタッペンは2番グリッドからのスタートになります。

ガスリーはQ3最終ラップのターン1でミスをし、タイムを伸ばすことができず、9番手で終わりました。
先行する選手のペナルティーで、決勝は8番グリッドからスタートします。

【マックス・フェルスタッペン(レッドブル)】(予選3位→2位)

「予選の結果に満足しています。
週末をとおしてマシンに競争力を感じていますし、HondaのPUからできる限りのパワーを引き出すためにHondaと一緒に懸命に作業をしています。
3番手という素晴らしい結果を出せて、笑顔でフィニッシュラインを通過できました。
今日は力を出し切ることができ、コーナーでは特に速かったです。
トップとの差を縮められたのは大きな前進です。
マシンを止めてエンジンを切るとファンの声援が聞こえました。
オランダやオーストリアのRed Bullファンの応援が大きな力になっています。
あまりロングランはできていませんが、いつも予選より決勝のほうがいい走りができているので問題ありません。
優勝への道のりは簡単ではないと思っていますがいいスタートを切ることができましたし、明日は全力を出し切ります」

※ ハミルトン選手のペナルティーにより、フェルスタッペンは2番グリッドから決勝をスタートします。

【ピエール・ガスリー(レッドブル)】(予選9位→8位)

「肝心なところでいいラップタイムを出すことができず、自分自身にがっかりしています。
Q3でやるべきことができませんでした。
全体的にはいいペースを出せていて、進歩していると思います。
フリー走行ではいい走りができていましたし、Q1からQ2にかけてもいい点がたくさんありました。
Q3の2回目と最後のアタックは悪くなかったのですが、ターン1とターン3でミスをして0.3~0.4秒をロスしました。
あれがなければ5番手になれていたと思います。
今は明日の決勝に集中する必要があります。決勝でできるだけのことをやれば、挽回できると思います。
マシンは競争力があるので、効果的な戦略をとる必要があります」

※ マグヌッセン選手のペナルティーにより、ガスリーは8番グリッドから決勝をスタートします。

【ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)】(予選18位→16位)

「最後から2番目のコーナーでトラフィックに行く手を阻まれ、予選は残念な結果になってしまいました。
とてもフラストレーションが溜まる結果です。
セッションをとおしてマシンのフィーリングはよかったですし、Q2に進出できるだけのラップタイムを出せていました。
自分ではどうにもできないことですが、マシンの実力をみせられなかったのは残念です。
挽回を目指しますが、難しいレースになるでしょう。
Q3進出に近い走りができていたので、決勝のグリッドは不本意ですがベストを尽くします」

【アレクサンダー・アルボン(トロ・ロッソ)】(予選13位→19位)

「PU交換によるペナルティーを考えて、できるだけのことはしたので、満足しています。
決勝は後方からのスタートになりますが、この週末でロングランをこなしペースもいいので、ポイント獲得を目指します。
オーバーテイクのしやすいサーキットなので挑戦したいです。
ここ数レースで予選の走りがよくなっていると思います。
うまくいかない時期もありましたが、今はリズムを取り戻しています」

【田辺 豊治(テクニカルディレクター)】

「今日はこれまでの2レースと同様に、気温が上がった中での予選になりました。
そのようなコンディションの中、フェルスタッペン選手が素晴らしいパフォーマンスでモナコと並ぶ今期ベストリザルトとなる3番グリッドを獲得しました。
明日の決勝に向けていいポジションだと思っています。

Red Bull Toro Rosso Hondaについてはクビアト選手が不運な形でQ2進出を逃したことは残念です。
スペック3投入のペナルティーでグリッド後方からのスタートになるアルボン選手と揃って、確実にポジションを上げていくレース展開になることを期待します。
明日はさらに気温が上がりドライバーにとってもタフなコンディションになりますが、Red Bullのホームグランプリでいい結果を得られるよう準備を続けます」

提供:本田技研工業(株)

|

2019/06/29

ホンダ系チーム、フリー走行コメント(6/28)

Honda F1 Staff (C)Honda Racing
拡大します
FP1ではAston Martin Red Bull Racingの2台がそろってトップ6に入り、マックス・フェルスタッペンはトップから0.5秒以内に迫るタイムで5番手、ピエール・ガスリーはフェルスタッペンと0.118秒差の6番手につけます。

Red Bull Toro Rosso Hondaの2台のタイムはさらに接近したものとなり、12番手のダニール・クビアトと13番手のアレクサンダー・アルボンのタイム差は0.013秒でした。

FP2ではクラッシュが多発し、2度の赤旗が出されました。
1度目の赤旗の原因となってしまったのはフェルスタッペンでした。
最終コーナーでスピンすると、タイヤバリアに向かってクラッシュ。
マシンの後部にダメージを負ってしまいます。
GPの初日をスペック2のPUで走行し、その後スペック3のPUに交換する予定だったため、レースウイークには影響がないものでした。
しかし、今後PUが使用できなくなるような損傷があるかどうか、解析を進める予定です。

フェルスタッペンはこのトラブルに見舞われたため9番手となりましたが、ガスリーは2番手のバルテッリ・ボッタスと0.07秒差の3番手。Red Bullのマシンにも慣れ、トップ集団の中で力強い走りをみせました。

アルボンは、今回のレースからスペック3のPUを投入しますが、PU交換のペナルティーにより、グリッド後方からの戦いとなります。
それでも粘り強く走行を重ね、トップとのタイム差は1秒以内となる13番手でFP2を終えました。
クビアトはここでもアルボンに迫るタイムで走行。
アルボンと0.1秒差の15番手となりました。

【マックス・フェルスタッペン(レッドブル)】(5-9番手)

「マシンのフィーリングはよく、それなりに競争力があると思います。
もちろん、もっといい走りがしたいですし、クラッシュする前まではよかったと思います。
トラフィックの中でベストタイムを記録できたので、ラップタイム以上に上位に近づけると思います。
マシンはよかったですが、コーナーとストレートのどちらにフォーカスしていくか、もう少しバランスを考える必要があるので、今晩分析していきます。
最終コーナーでクラッシュしたときは、非常に風が強く、風向きも不安定なところに巻き込まれる形になってしまいました。
そこでリアのグリップを失い、バリアに当たってしまいました。
幸いなことに、クラッシュしたのは修理ができる箇所で、金曜日だったのでレース用のパーツばかりという状況でもありませんでした。
ただ、チームにとってはこの後の仕事がたくさんあるので、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
メルセデスが全開アタックをしていなかったので、僕らのパフォーマンスがどれほどのものか、端的に言うのは難しいですし、僕自身も慎重になっています。
ただ、今日はマシン全体がうまく機能していて、これはポジティブな点だったと言えるでしょう」

【ピエール・ガスリー(レッドブル)】(6-3番手)

「FP1からマシンのフィーリングがよく、プッシュすることができてよかったです。
フランスGPの時よりかなりマシンがよくなっているように思います。
FP2ではいろいろありましたが、僕らとしてはやりたかったテストをすべてできました。
今日は本当に暑く、風が強かったのでトリッキーなコンディションでした。
決勝で上位に進出するにはこの暑さへの対応が最も重要だと思います。
縁石では多くのマシンが壊れたので、ライン取り次第では大きな代償を払うことになると思います。
タイムでは3番手とかなりよさそうに見えますが、トップのフェラーリからは0.4秒離されているので、明日も集中を続けてもっとペースを上げなくてはなりません。
ロングランではコースがクリーンなところで走れなかったので、今日の結果を分析して、決勝に向けて最適な戦略を決めていきたいです」

【ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)】(12-15番手)

「今日のマシンは少し走らせづらかったので、明日に向けて改善をしていこうと思います。
マシンをよりよくするために、今晩多くの作業が必要になります。
今日はエンジニアと協力していくつか異なる種類のセットアップを試しました。
うまくいったものとそうでないものとがあったので、今日の走行で学んだすべてを明日以降に活かしたいと思います」

【アレクサンダー・アルボン(トロ・ロッソ)】(13-13番手)

「後方からのスタートになることが分かっているので、通常と考え方を変えて週末を戦っています。
ポール・リカールの結果を受けて、マシンの方向性を決めるためのテストを続けています。
改善されたところもありますが、まだまだ上位進出には足りていないところもあると思います。
一方で、(ペナルティーのために)いま僕がフォーカスしなければいけないロングランのペースは非常に力強いものがありました。
マシンにはまずまず満足していますが、さらに習熟を深めて、ショートランでも上位に行けるよう、可能性を切り開きたいです」

【田辺 豊治(テクニカルディレクター)】

「今日は風の影響によりコースオフしてマシンにダメージを受けるマシンが多くありました。
Aston Martin Red Bull Racingのフェルスタッペン選手も不運にもFP2でダメージを負ってしまいました。
なお、本日は金曜日用のPUを使用していたので、当初の予定通り今晩の作業でフランスGPにて投入したスペック3への交換を行います。
クラッシュの影響を受けたPUについては早急にさくらに送り返し、ダメージ度合いを確認します。
今回から4台全てのマシンにスペック3を適用することになりましたが、フェルスタッペン選手以外の3台についてはロングランも含めてセッティングの確認を進めることができました。
明日も予選と決勝に向けて最適化を継続していきます」

提供:本田技研工業(株)

|

2019/06/27

ホンダ、アルボン(トロ・ロッソ)にも『スペック3』投入

Powered by Honda (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
ホンダF1は、今週行われるオーストリアGPで、トロ・ロッソのアレクサンダー・アルボンのマシンにも『スペック3』と呼ばれるバージョンアップされたPU(パワーユニット)を投入することを明らかにした。

ホンダ・パワー勢では前戦フランスGPで一斉に『スペック3』を投入したが、トロ・ロッソではクビアトが規定数以上に達してグリッド降格ペナルティを受けることが決まったため、同時ペナルティのリスクを避ける為ためアルボンだけ投入を見送っていたもの。

残念ながら今回アルボンは入れ替わってグリッド降格ペナルティを受けることになる。

|

2019/06/24

ホンダ系チーム、決勝レースコメント(6/23)

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
今日もポール・リカール・サーキットは気温が上がり、暑い一日になりました。
フェルスタッペンはスタートですばらしい動きを見せ、3番手のシャルル・ルクレール(フェラーリ)に迫ります。
4番手を走行中の20周目にこの日唯一のピットストップを行いましたが、フェラーリをアンダーカットするには至りませんでした。

背後にセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が迫る中、ペースを守りきったフェルスタッペンは、接近を許さずにフィニッシュ。
4位入賞で今季の獲得ポイントを100まで伸ばしました。

チームメートのピエール・ガスリーは、9番グリッドからソフトタイヤでスタート。
タイヤに厳しいコンディションの中で奮闘を見せると、17周目にピットインしてハードタイヤに交換。
そのままフィニッシュまで走行しました。
ハードタイヤで走行した第2スティント目のペースが上がらず、後でピットインしたマシンに先行を許すなど、11位でフィニッシュとなりました。
(レース後の裁定により公式結果は10位)

Toro Rossoも、難しい戦いを強いられます。
11番グリッドのアレクサンダー・アルボンは、スタートで16番手までポジションダウン。
タイヤを労わって走行せざるを得ず、順位の回復が難しいままレースが進行します。
それでも、25周目のピットストップまでに多くのオーバーテイクを披露しました。

ダニール・クビアトは、アルボンと反対の戦略で、ハードタイヤでスタートして残り21周までピットストップを引っ張ります。
最後列からのスタートにもかかわらず、残り5周でアルボンをパスし、クビアトが14位、アルボンが15位でレースを終えました。

次戦は2週連戦となるオーストリアGP。
今回アップデートを投入したPUから得られたデータを分析し、Red Bullのホームレースへと挑みます。

※ガスリーは、レース後の他車のペナルティー裁定により10位へ繰り上がりました

【マックス・フェルスタッペン(レッドブル)】(4位)

「レースは一人旅が続きましたが、退屈することはなく、ルクレール選手がいつも視界に入っていたので、彼のラップタイムに合わせながらモチベーションを上げて走行できました。
レースではたとえバトルをするマシンがいないときでも、プッシュし続けなければなりません。
僕はいつでも自分がどれだけの速さで走れるのか知りたいので、限界までプッシュして走行しています。
第2スティントでいい感触だったのですが、残り6~7周でリアのグリップが無くなり、リアタイヤに頼ることができなくなってしまいました。
レース前半でルクレール選手についていこうとしたことにより、タイヤを少し使いすぎたのかもしれません。
しかし僕たちにとって相性のいいコースではなかったにもかかわらず、フェラーリの1台より前の4位でレースを終えることができ、満足のいく結果となりました。
目指しているのはいつも勝つことに変わりありません。
ただ、今日のレースでそれを叶えるのは難しかったのですが、マシンパッケージからできる限りの力を引き出して戦いました。
このレースウイークで少し前進はできましたが、勝つためにはすべての面でまだやるべきことがあります」

【ピエール・ガスリー(レッドブル)】(11位→10位)

「地元フランスでの一戦でもあり、長く困難な一日になりました。
とても残念に思っています。
予選からグリップをつかむのに苦戦しましたが、それは決勝でも同じでした。
現時点で明確な答えは見つかっていませんが、なぜペースが不足していたのか理解するためにすべてを解析していく予定です。
コックピットの中からできることはすべて試しましたが、マシンがスライドしてしまい、思ったようにプッシュすることができませんでした。
このようなマシンの感覚は初めてだったので、チームと共に早急に解決策を見つけ出し、次戦のオーストリアGPまでにまとめ上げなくてはなりません。
Hondaは懸命にプッシュしてくれて進化を感じたので、その点はポジティブに捉えています」

【ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)】(14位)

「今日のレースはそんなに悪くなかったと思っています。
できる限りのことはしましたし、コース上でいくつかいいバトルも繰り広げることができました。
特にグロージャン選手とのバトルではアウト側から上手くオーバーテイクすることができたし、レース終盤のアレックス(アルボン)とのバトルはとても楽しかったです!
ペナルティーがなく、もう少し上位のグリッドからスタートしていたらどの位置で終われたかは分かりませんが、ポイント獲得圏内に食い込むのは少し難しかったかもしれません。
ここから、オーストリアGPへさらに強いチームとして戻ってこられるよう、チーム一丸となって取り組んでいきます」

【アレクサンダー・アルボン(トロ・ロッソ)】(15位)

「残念なことに僕たちのこのレースウイークでの決勝は、1周目のターン2でコースアウトしたことにより、妥協せざるを得ない一戦となってしまいました。
アウト側がどれだけグリップするのか分かっていなかったため、ポジションをいくつか下げてしまうことになりました。
前方にいるマシンよりも速さはあったのですが、DRS圏内でマシンが連なり、隊列状態になっている集団を抜くのに苦戦してしまい、レース中のほとんどの時間を誰かの後ろで走っていました。
今日は少しペースが足りておらず、その原因の追究と改善をしていかなければなりません。
ダニー(クビアト)とのバトルはとても楽しかったのですが、ポイント圏外のポジション争いは、僕たちが本来望んでいた位置ではなかった筈です」

【田辺 豊治(テクニカルディレクター)】

「今日はわれわれにとって苦しい戦いになりましたが、そんな中でもフェルスタッペン選手が力強い走りを見せ、予選で得た4位のポジションを守ってくれました。
残りの3台も完走は果たしたものの、ガスリー選手、アルボン選手、クビアト選手はポイント圏外と残念な結果に終わりました。
今回投入したスペック3のPUについては週末を通して問題なく機能していました。
しかし、今日の結果を受け一段と強力に開発を進める必要性を感じています。
来週末には次のオーストリアGPが控えています、今回のデータの見直しを行い、早急に準備を進めます」

提供:本田技研工業(株)

|

2019/06/23

ホンダ系チーム、公式予選コメント(6/22)

Max Verstappen (C)Honda Racing
拡大します
Red Bull Toro Rosso Hondaのダニール・クビアトは、スペック3のPU投入によるペナルティーのために最後尾スタートが事前に決まっていたこともあり、Honda勢で唯一Q1敗退となりましたが、残り3選手はQ2への進出を決めています。

また、将来的なペナルティーを最小限に抑える目的で、クビアトについては本日新たに2つのPUコンポーネントを戦略的に投入しています。

続くQ2では、アレックス・アルボンがわずか0.04秒差でトップ10に入ることができず、11番手で予選を終了。Q3進出を逃す形になりました。
ただし、Q2で予選を終えているために決勝のスタートタイヤを自由に選択した上でレースを開始することとなります。

Q3へ進出したAston Martin Red Bull Racingの2台は、Q2で使用したタイヤをスタート時に履くことになりました。
明日はフェルスタッペンがミディアムタイヤ、ピエール・ガスリーがソフトタイヤで決勝レースをスタートすることとなります。

予選Q3では激しい僅差の争いを見せ、フェルスタッペンは後方との差わずか0.009秒差で4番グリッドを獲得。
ガスリーは9番グリッドとなりました。

【マックス・フェルスタッペン(レッドブル)】(予選4位)

「FPと比べてマシンを改善することができ、予選でいい結果を出すことができました。
Q3ではもっとフェラーリとの差を縮めることができたはずでしたが、最後の周は十分にアタックすることができませんでした。
最後のいくつかのコーナーで“なにか”が起こり、マシンの挙動が乱れたのを感じたので、なにが原因だったかを調べなければなりませんが、それが起こらなければもっとフェラーリに近づくことができたと思います。
現状、マクラーレンが僅差で迫ってきているようですが、0.3~4秒ほど僕たちのほうがリードしているようです。
今日のこの予選結果もこれまでと同じく、できる限りのグリッドポジションだったと思いますし、ミディアムタイヤで2列目からレースをスタートできることはいいことです。
表彰台に上がるには、昨年のように、少しの運を味方につけなければならなそうです。
このサーキットは僕たちにとって最適のコースとはいえないレイアウトですが、明日のキーはタイヤマネージメントだと思います。
メルセデスと戦えるかは疑問ですが、フェラーリといい争いができることを願っています。
最善を尽くし、どれだけいい結果につなげられるかが楽しみです」

【ピエール・ガスリー(レッドブル)】(予選9位)

「今日の予選は難しいセッションでした。
FP3では6番手ともっと速さを見せていたのですが、いくつかセットアップを変更して臨んだ予選ではグリップを得るのに苦戦してしまいました。
もっとポテンシャルがあったはずなので、9番手という結果はとても悔しいです。
しかしこれが今の僕たちの現状であり、明日の決勝はできる限りの力を発揮して戦わなくてはなりません。
決勝はソフトタイヤでのスタートなので簡単にはいかない一戦となりそうですが、プラクティスでのロングランでのペースは悪くはなかったので、タイヤをできるだけ保たせるためにできることを含め作戦を練り、ポジションを上げていい争いができるよう準備しなければなりません。
明日は最大限までプッシュして戦います」

【ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)】(予選16位)

「今日の予選の運びには満足しています。
Q1でうまくまとめられた周回は、走っていてとても楽しかったです。
ペナルティーのためこのレースウイークは妥協しなければいけないことが分かっていたので、レースのセットアップを重視して走行し、日曜のレースを準備万端で迎えられるよう走行をしました。
これをいい機会と捉え、このレースに向けて行った数々の作業がいつか報われると信じています。
後方グリッドからスタートしいいレースができたことも過去にはあるので、明日も同じくいい結果で終えられるよう最後まで走ります!」

【アレクサンダー・アルボン(トロ・ロッソ)】(予選11位)

「予選の序盤はうまくペースがつかめず、Q1を15番手で終えることとなりました。
マシンにはもっとポテンシャルがあることは分かっていましたし、風の影響を受けわずかな差でQ3への進出を逃してしまいましたが、Q2ではQ1よりもいい走りをすることができました。
今日のマシンの調子はとてもよく、トップ10入りも叶うほどの改善を見せてくれました。
もちろんQ3へ進出を決めたかったのですが、レースのスタートタイヤを自由に選択できるので、11番手からのスタートはいい結果だと思います。
金曜のFP1の結果から、ショートランよりロングランでのペースのほうが調子がよさそうなので、明日のレースでポイントを獲得するチャンスは十分にあると信じています」

【田辺 豊治(テクニカルディレクター)】

「金曜から今日に向けてパッケージとしてのセットアップを進め、予選ではフェルスタッペン選手が4番手という、いいグリッドを獲得できました。
Red Bull Toro Rosso Hondaについては、アルボン選手が僅差でQ3進出を逃しましたが、明日のスタート時にタイヤを選択できる11番手は悪くないポジションだと思います。
今回から投入した3台のスペック3のPUは、問題なくスムーズに機能しています。
明日に向けてさらにデータの分析を進め、レースに臨みたいと思います」

提供:本田技研工業(株)

|

2019/06/22

クビアト(トロ・ロッソ)はグリッド最後尾に

FIA
フランスGPのレーススチュワード(審査委員)は、トロ・ロッソのダニール・クビアトについて複数のエンジン・コンポーネンツの交換により日曜日の決勝レースのグリッドが最後尾になることを明らかにした。

それによればクビアトは金曜日のフリー走行を前に、4基目のICE(エンジン)、3基目のMGU-K(運動エネルギー回生システム)、3基目のES(エネルギー・ストア)、そして同じく3基目のCE(コントロール・エレクトロニクス)を投入したというもの。
(ICE、MGU-Kは年間4基以上、またES、CEは年間3基以上に達すると10ないし5グリッド降格となるが、合わせて計15グリッド以上になる場合にはグリッド最後尾となる)

ホンダ・パワー勢はレッドブル・レーシングでも今回『スペック3』と呼ばれるバージョンアップしたものを投入と伝えられている。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介