2018/09/20

ホンダ、「スペック3仕様」をロシアで投入の噂

Powered by Honda (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
シンガポールGPでは事前の予想を覆すパフォーマンス不足に泣いたトロ・ロッソだが、ホンダの地元である日本GP(鈴鹿サーキット)を前に「スペック3」とされる新仕様のパワーユニットを持ち込むとの噂が流れている。

本来は10月の第18戦アメリカGP(US-GP)に投入と言われたが、2戦前倒しということになる。
これは、当然のことながらホームグランプリである日本GPを視野に入れたものとみられるが、日本GPで投入した場合、レギュレーションでグリッド降格処分を受けるため、その前のロシアGPでペナルティを消化してしまおうというものだ。

「スペック3」は現行のものより数10馬力のアップが見込まれているとのことで、期待通り日本のファンにその雄姿が披露できるか注目される。

| | トラックバック (0)

ダニール・クビアト、次戦ロシアでトロ・ロッソ復帰発表か

Daniil Kvyat (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
まだ2019年のレースシートが確定していないトロ・ロッソ・ホンダだが、有力候補として名前が挙げられているダニール・クビアト(24歳:ロシア)との契約について、ホームグランプリとなる次戦ロシアGPの週末に正式発表されるとの見通しが報じられた。

これについてレッドブル・グループのドライバー起用に影響力を持つヘルムート・マルコ博士は、「いろいろ名前がささやかれているようだが、そのうちの一人について、ソチで何らかの発表があることだろう」と、気を引く発言。

2014年にトロ・ロッソ・ルノーから19歳の若さでF1デビューを果たしたクビアトは、ロシア出身ということもあって母国からのスポンサー支援も厚く、一時はレッドブル・レーシング昇格もあったもののパフォーマンスの不安定さを指摘され、2017年のアメリカGPを最後に出走機会を失っていた。
他にもここに来てパスカル・ウェーレイン(23歳:ドイツ)らが候補として浮上している。

| | トラックバック (0)

2018/09/18

来季トロ・ロッソの候補にパスカル・ウェーレイン浮上

Pascal Wehrlein (C)Mercedes Motorsports
拡大します
ピエール・ガスリーのレッドブル・レーシング昇格やブレンドン・ハートリーのパフォーマンス不足もあり、まだ来季のドライバー・ラインナップが見通せないトロ・ロッソ・ホンダだが、ここに来てパスカル・ウェーレイン(23歳:ドイツ)に白羽の矢が立ったと報じられて話題になっている。

これを報じたのはイギリスのスポーツ・チャンネル『スカイ・スポーツ』で、それによればトロ・ロッソの代表であるフランツ・トスト氏が同選手のドライビング能力を高く評価しているのだという。
ただ、レッドブル・グループのドライバー起用ではレーシング・アドバイザーであるヘルムート・マルコ博士の意向が強く働くため、同代表の一存では決定できないとみられる。

元々メルセデスの育成ドライバーだったウェーレインは2015年のDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)チャンピオン。
その関係で2016年に当時のマノー・メルセデスからF1デビュー。
2017年にはザウバー・チームから出走、最高位はスペインGPの8位というものだった。
なお現在はメルセデスの支配下から外れているという。

| | トラックバック (0)

2018/09/17

トロ・ロッソ・ホンダ、「不本意な週末だった」

Powered by Honda (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
事前に相性が良いのでは、と期待されたシンガポールGPだったが、終わってみればガスリー&ハートリー共に周回遅れの13位・17位と不満の残るレース結果となった。

これについてホンダF1の現場責任者である田辺豊治/テクニカルディレクターは、「金曜日の最初のフリー走行から、あまり良くない形で始まった週末だった。
さらにそこから予選までにパッケージとして大きな改善を図ることもできなかった。
今日のレースペースには多少改善が見られたが、所詮後方グリッドからのスタートではオーバーテイクが難しいこのトラックでポイント圏内まで順位を上げるには至らず、非常に厳しい週末となってしまった。
残念だが、次のレースまで時間もないし、ここから切り替えて次のロシアに向けた準備を進めなければならない」と、振り返った。

またフランツ・トスト代表も「ここシンガポールは過去数年、好成績を挙げているサーキットだったので期待していたのだが、残念ながら今回はうまくいかなかった。
トップ10入りを果たせるほどのペースが掴めなかったので、なぜ期待していたパフォーマンスが引き出せなかったのか、そして今後のレースのためにどう改善していけば良いのか分析する必要がある」と、説明した。

| | トラックバック (0)

2018/09/16

ガスリー&ハートリー(トロ・ロッソ)、「期待した展開じゃない」

Pierre Gasly (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
15日(土)行われたシンガポールGP予選で、トロ・ロッソ・ホンダはピエール・ガスリーはQ2進出したものの15番手、ハートリーのほうはQ1敗退で17番手という不本意な結果に留まった。

これについてガスリーは、「昨日からなかなか期待していたような結果にはなっていない。
今日は幾分改善されたとはいえ、他チームと戦えるほど何かできた訳じゃない。
マシンのバランスとグリップに苦戦し改善するためにいくつかのことを試したけれど、思ったようにはいかず、マシンのポテンシャルを最大限に引き出すことができなかった。
明日も簡単なレースにならないと予想しているが、ハイパーソフトタイヤを磨耗させずうまくマネージできることは強みなので、そこに重点をおいて少しでもポジションをあげたいと思っている」と、弱気なコメント。

またハートリーのほうも、「このコースはドライバーにとって一度しかアタックのチャンスがない、難しいコースだと感じている。
今朝のP3はなかなかうまくいかなかったが、少しだけれど予選までにマシンを改善することができた。
予選もあと少しでQ2進出と言うところだったが、最初のアタックではトラフィックに引っ掛かり、2周目はクリアラップを取れたものの中盤セクターで少しミスしてしまいタイムを落としてしまった。
タイヤに関しては昨日から感触はいいので、明日はポイントを獲得するために何か作戦を立てられるだろうと思っている。
もっといい週末にできると思っていたが、ともかく明日のレースに期待するしかない」と、語っている。

| | トラックバック (0)

2018/09/15

セバスチャン・ブエミ、トロ・ロッソ・ホンダとの契約を否定

Sebastien Buemi (C)RedBull Racing
拡大します
まだ2019年のレースシートが確定していないトロ・ロッソ・ホンダだが、元同チームのドライバーであるセバスチャン・ブエミ(29歳:スイス)は、来季の契約をしたとの報道についてこれを否定した。

同チームではすでにピエール・ガスリーがレッドブル・レーシングに昇格、ブレンドン・ハートリーのほうもパフォーマンス不足を指摘されていてまだ来季の去就は不明。
そこでかつて2009年から2011年にかけて同チームで走ったセバスチャン・ブエミの名前が浮上、すでにシート合わせを済ませたというニュースもあり、今回も同チームのガレージに姿を見せるなど噂が高まっていたもの。

本人は「自分はレッドブル・レーシングとトロ・ロッソ両チームのリザーブドライバーであり、そのためにシート合わせをしただけ」と、噂を否定しているが、今後事態が変わる可能性も十分にありそうだ。

| | トラックバック (0)

2018/09/13

ミック・シューマッハがトロ・ロッソ・ホンダの候補に

N.Rosberg & Mick Schumacher (C)Mercedes Motorsports
拡大します
F1レジェンドであるミハエル・シューマッハの子息であるミック・シューマッハ(19歳:ドイツ)について、イギリス・メデイアが注目の報道をして話題になっている。
これは同国の専門誌『オートスポーツ』が報じたもの。

それによれば現在ヨーロッパF3選手権に参戦中であるミックに対し、レッドブル・グループがトロ・ロッソ・ホンダのレースドライバー候補としてオファーを出したというもの。
これまで父も活躍したフェラーリやメルセデスらと育成ドライバー契約を結んだ過去はあるが、現在はフリーとみられる。

またF1参戦に必要なスーパーライセンスについても、現在2位につけているヨーロッパF3でランキング3位以内に入ればトータルで必要な40ポイントに達する計算。
ただ来季は『ARTグランプリ』からF2に参戦が予定されていて、直ちにF1ステップアップとは考えにくく、実現するとしても2020年以降になる見通し。

もしもF1親子チャンピオンとなれば、ニコ・ロズベルグ氏以来の歴史的快挙ということになる。

| | トラックバック (0)

2018/09/05

トロ・ロッソに再びダニール・クビアトの名前

Daniil Kvyat (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
ピエール・ガスリーのレッドブル・レーシング昇格により、2019年のレースシートが少なくとも一つ空くことが確定しているトロ・ロッソ・ホンダについて、再びダニール・クビアト(24歳:ロシア)の名前が浮上しているようだ。

2014年にトロ・ロッソ・ルノーから19歳の若さでF1デビューを果たしたクビアトは、ロシア出身ということもあって母国からのスポンサー支援も厚く、一時はレッドブル・レーシング昇格もあったもののパフォーマンスの不安定さを指摘され、2017年のアメリカGPを最後に出走機会を失っていた。

その後クビアトはフェラーリ・チームで開発ドライバーを務めるなどしたが、現在はフリー。
なお一連の騒動でとりわけメンタル面での成長が期待されている。

| | トラックバック (0)

2018/09/02

「うれしい予選結果」と、ガスリー(トロ・ロッソ)

Pierre Gasly (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
マシン特性から不利が予想されたイタリアGP予選だったが、望外のQ3進出と共に9番手というシングルグリッドを得たトロ・ロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは「うれしい予選結果」と喜びを表した。

「信じられないぐらいうれしい予選だったよ。
予選前はQ2までも行けるかどうかと思っていたのに、Q3に進むことができたんだから。
ましてや9番手という好位置からからスタートできるなんて最高の気分だ。
今シーズン一番うまく走れたラップだったね。
この予選で狙えたベストの結果をトロ・ロッソのホームであるイタリアで見せることができて本当にうれしい。
今日の予選はまだ半分で、明日の決勝にこのレースウイークで成すべきことが残っている。
ここはグリッドから1コーナーまでの距離が長いので、いいスタートを決めることが不可欠だし、その後もタイトな争いになるので、ミスなくこなしていく必要がある。
スタートで順位を上げるのはリスクがありそうなので、クリーンなスタートを切り、それからできる限りプッシュして追い上げていきたいと思っている」

チームメイトのハートリーが18番手、また「ライバル」に挙げられるマクラーレンも13番手(アロンソ)&20番手(バンドーン)であることを考えるとガスリーの快挙が窺える。

| | トラックバック (0)

2018/08/27

ガスリー(トロ・ロッソ)、「ポイント獲得できてうれしい」

Pierre Gasly (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
トロ・ロッソ・ホンダのマシン特性から不利とみられていたスパフランコルシャンでのベルギーGPで、前戦ハンガリーGPに続く入賞を果たしたピエール・ガスリーは次のようにその喜びを語った。

「こうしてポイントが獲得できてほんとうにうれしい。
ここスパのようなサーキットでは僕たちにとって難しい週末になると覚悟していただけに、2ポイント獲得という結果で終われるのは非常にポジティブに感じている。
今日は淡々としたレースだったけれど、最終的に9位でフィニッシュできたことに満足している。
ホンダが素晴らしい仕事をしてくれたし、マシンには週末を通して終始良い感触があってマシンのパッケージを最大限に活かすことができたと思う。
来週のモンツァも、データ上は僕たちのマシンが苦戦を強いられそうなトラックだが、なんと言ってもチームのホームレースだし、少しでも上のリザルトを獲得できるよう、全力を尽くしたい」

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク | A1グランプリ | BMW | BMWザウバー | DRS | DTM | F1 | F1テスト | F2 | F3 | FIA | FOM | FOTA | GP2 | GP3 | GPDA | IMSA | INDY | ING | IRL | KERS | NASCAR | US-GP | USF1 | VW | WEC | WRC | WTCC | アイルトン・セナ | アウディ | アストンマーティン | アゼルバイジャン | アゼルバイジャンGP | アダム・パール | アブダビGP | アメリカGP | アラン・プロスト | アルガルブ | アルガルブ・サーキット | アルゼンチンGP | アルド・コスタ | アルバートパーク | アルファロメオ | アルフォンソ・セリス | アレクサンダー・ロッシ | アレクサンドル・ブルツ | アレックス・リン | アンソニー・デビッドソン | アンディ・ソウセック | アントニオ・ジョビナッツィ | アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ | アンドレアス・ツバー | アンドレ・ロッテラー | イギリスGP | イタリアGP | イモラ | イルモア | インテルラゴス | インディアナポリス | インドGP | ウィリアムズ | ウィリ・ウェバー | ウィリー・ランプ | ウィル・スティーブンス | エイドリアン・カンポス | エイドリアン・スーティル | エイドリアン・ニューイ | エイボン | エステバン・オコン | エステバン・グティエレス | エディ・ジョーダン | エリック・ブイユ | エンジン | エンツォ・フィティパルディ | オトマー・サフナウアー | オースティン | オーストラリアGP | オーストリアGP | カタール | カナダGP | カルロス・ゴーン | カルロス・サインツJr. | カルン・チャンドク | カート | キミ・ライコネン | キャノピー | キャラミ・サーキット | ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ギュンター・シュタイナー | クムホ | クリスチャン・クリエン | クリスチャン・ホーナー | クレア・ウィリアムズ | グッドウッド | グレーム・ロードン | ケビン・マグヌッセン | ケータハムF1 | ゲイリー・パフェット | ゲルハルト・ベルガー | コスワース | コリン・コレス | コンコルド協定 | サム・マイケル | ザウバー | ザク・ブロウン | シャルル・ピック | シャルル・ルクレール | ショーン・ゲラエル | ショーン・ジェラエル | シリル・アビテブール | シルバーストーン | シンガポールGP | ジェラール・ロペス | ジェローム・ダンブロシオ | ジェンソン・バトン | ジェームス・アリソン | ジェームス・カラド | ジェームス・ロシター | ジェームズ・キー | ジャガー | ジャッキー・スチュワート | ジャック・エイトケン | ジャック・ビルニューブ | ジャンカルロ・フィジケーラ | ジャン・アレジ | ジャン・エリック・ベルニュ | ジャン・トッド | ジュリアーノ・アレジ | ジュール・ビアンキ | ジョナサン・ニール | ジョニー・ハーバート | ジョリオン・パーマー | ジョルジョ・パンターノ | ジョン・エルカン | ジョン・サーティーズ | ジョン・ハウェット | ジョン・ブース | ジョージ・ラッセル | ジョーダン | ジョーダン・キング | ジーン・ハース | スティーブ・ニールセン | ステファンGP | ステファーノ・ドメニカリ | ストッフェル・バンドーン | スパイカーF1 | スパフランコルシャン | スペインGP | スポンサー | スージー・ウォルフ | スーパーライセンス | スーパー・アグリ | スーパー・フォーミュラ | セバスチャン・ブエミ | セバスチャン・ベッテル | セバスチャン・ボーデ | セバスチャン・ロウブ | セパン・サーキット | セルゲイ・シロトキン | セルジオ・ペレス | セルジオ・マルキオンネ | ソチ | タイGP | タイヤ | ダカールラリー | ダニエル・ジュンカデラ | ダニエル・リカルド | ダニカ・パトリック | ダニール・クビアト | ダビデ・バルセッキ | ダン・ティクタム | チェイス・キャリー | チェコ | チャンプカー | チャーリー・ホワイティング | ティモ・グロック | テレビ | ディーター・ツェッチェ | ディートリッヒ・マテシス | デイトナ | デイモン・ヒル | デビッド・クルサード | デビッド・シューマッハ | デビッド・リチャーズ | デモラン | デュランゴ | デンマークGP | トト・ウォルフ | トニー・フェルナンデス | トヨタ | トルコGP | トロ・ロッソ | ドイツGP | ドニントンパーク | ナイジェル・マンセル | ナイトレース | ナレイン・カーティケヤン | ニキ・ラウダ | ニコラス・トッド | ニコラス・ラティフィ | ニコ・ヒュルケンバーグ | ニコ・ロズベルグ | ニック・ハイドフェルド | ニック・フライ | ニュルブルクリンク | ニュージャージー | ネルソン・アンジェロ・ピケ | ネルソン・ピケ | ノルベルト・ハウグ | ハイメ・アルグエルスアリ | ハインツ・ハラルド・フレンツェン | ハロー | ハンガリーGP | ハンガロリンク | ハンコック | ハースF1 | バルセロナ | バルテリ・ボタス | バレンシア | バレンシアGP | バレンティーノ・ロッシ | バーニー・エクレストン | バーレーンGP | バーレーン国際サーキット | パスカル・ウェーレイン | パストール・マルドナド | パット・シモンズ | パット・フライ | パディ・ロウ | パトリック・ヘッド | ヒスパニア・レーシング | ビタントニオ・リウッツィ | ピエール・ガスリー | ピットストップ | ピレリ | ファン・モントーヤ | フェラーリ | フェリッペ・ナスル | フェリッペ・マッサ | フェルナンド・アロンソ | フォース・インディア | フォード | フォーミュラE | フラビオ・ブリアトーレ | フランク・ウィリアムズ | フランク・ダーニー | フランスGP | フランツ・トスト | フレデリック・バッサー | ブラウンGP | ブラジルGP | ブラバム | ブランズハッチ | ブリヂストン | ブルガリア | ブルーノ・セナ | ブレンドン・ハートリー | プロドライブ | ヘイキ・コバライネン | ヘルマン・ティルケ | ヘルムート・マルコ | ヘレス | ベトナム | ベルギーGP | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ペーター・ザウバー | ホセ・マリア・ロペス | ホッケンハイム | ホンダ | ホー・ピン・トゥン | ボブ・ベル | ポルシェ | ポルトガル | ポールリカール | ポール・ストゥダート | ポール・ディ・レスタ | マイアミ | マイク・ガスコイン | マイク・コフラン | マイケル・アンドレッティ | マウリツィオ・アリバベーネ | マクラーレン | マセラティ | マックス・チルトン | マックス・フェルスタッペン | マックス・モズレー | マニクール | マノー・マルシア | マリオ・アンドレッティ | マリオ・タイセン | マルク・ジェネ | マルコ・アスマー | マルコ・アンドレッティ | マルコ・マッティアッチ | マルシア | マレーシアGP | マ・キンファ | マーカス・アームストロング | マーカス・エリクソン | マーク・ウェバー | マーク・スミス | マーチ | マーティン・ウィットマーシュ | マーティン・ドネリー | マーティン・ブランドル | ミカ・サロ | ミカ・ハッキネン | ミシュラン | ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ | ミルコ・ボルトロッティ | ムジェロ | メカクローム | メキシコGP | メルセデス | モトGP | モナコGP | モニシャ・カルテンボーン | モンツァ | ヤス・マリーナ・サーキット | ヤルノ・トゥルーリ | ユナイテッドステーツGP | ヨンナム・サーキット | ヨースト・カピート | ヨーロッパGP | ラスベガス | ラファエル・マルシエロ | ラルフ・シューマッハ | ランス・ストロール | ランド・ノリス | ランボルギーニ | リオ・ハリアント | リザーブドライバー | リバティ・メディア | ルイス・ハミルトン | ルイス・ペレス・サラ | ルイス・レイジァ | ルカ・バドエル | ルカ・フィリッピ | ルカ・モンテツェモロ | ルノー | ルマン24時間レース | ルーカス・ディ・グラッシ | ルーベンス・バリチェッロ | レギュレーション | レッドブル | レッドブルリンク | レース・オブ・チャンピオンズ | ロシアGP | ロス・ブラウン | ロドルフォ・ゴンザレス | ロバート・クビサ | ロバート・ドーンボス | ロビン・フラインス | ロブ・スメドリー | ロブ・ホワイト | ロベルト・メルヒ | ロマン・グロージャン | ロリー・バーン | ロルダン・ロドリゲス | ロングビーチ | ロンドンGP | ロン・デニス | ロータス | ローマ | ローラ | ワールドシリーズbyルノー | ヴィジャイ・マルヤ | ヴィタリー・ペトロフ | 上海サーキット | 中国GP | 中嶋一貴 | 中嶋大祐 | 人事 | 佐藤万璃音 | 佐藤公哉 | 佐藤琢磨 | 八郷隆弘 | 南アフリカ | 国本京佑 | 富士スピードウェイ | 小暮卓史 | 小松礼雄 | 小林可夢偉 | 山本左近 | 新井康久 | 新型車発表 | 日本GP | 松下信治 | 武藤英紀 | 浜島裕英 | 片山右京 | 牧野任祐 | 田辺豊治 | 福住仁嶺 | 鈴木亜久里 | 鈴鹿サーキット | 長谷川祐介 | 韓国GP