2019/05/14

初ノーポイントのアルファロメオに試練

Kimi Raikkonen (C)Alfaromeo Racing
拡大します
14番手という位置からいつものようにポイント獲得を狙ったキミ・ライコネン(アルファロメオ)だったが、残念ながら今回は10位以内の完走が果たせず、スタート・ポジションと同じ14位でフィニッシュ、ノーポイントに終わった。
フェラーリから技術供与を受けるアルファロメオ・レーシングは開幕戦からここまで4戦連続で入賞してきたが、今回初めて無得点ということになる。

これについてキミ・ライコネンは、「見ての通りだよ。
他チームのような進化に僕達は取り残されているようだ。
終盤はライバルと同じペースで走れたとはいえ、オーバーテイクできるほどの力はなかった。
それにそもそもオープニングラップで飛び出しちゃったからね。
あんなことしていては入賞なんか覚束ないということ」と、自嘲気味。

ライコネンはさらに「今週同サーキットで行われるテストが重要」とし、他チームと比べて開発ペースが劣っていると指摘される不安を吐露した。

|

2019/05/01

中小チームの悲哀に直面するライコネン(アルファロメオ)

Kimi Raikkonen (C)Alfaromeo Racing
拡大します
フェラーリというトップチームから、今季はアルファロメオ・レーシング(前ザウバー)という中小チームに逆戻りしたキミ・ライコネンが、さっそくその悲哀に直面しているようだ。

ライコネンは今回のレースでも完走・入賞。
これでトップ3チーム以外のドライバーでは唯一開幕から全戦ポイント獲得しているベテランだが、今回ペナルティでピットレーンスタートとならなければさらに良い成績を挙げていたかも知れない。

ペナルティの原因となったのはフロントウィングのたわみ。
ただライコネンによれば、この件は中国GPの時点ですでにチームは把握していたのだという。
しかし遠征が続くチームは、フロントウィングのような重要部品をわずか2週間というインターバルでは新規製作することができなかったようだ。

相変わらずクールなライコネンは、「問題があることはわかっていたが、次のレースまでに完全な対策を打つことはできなかったと聞いている。
ただ、この違反によって僕らに何かメリットがあった訳じゃない。
願わくは、すべてのチームにとって規則が公平であるよう希望するよ」と、意味深なコメントで締め括った。

|

2019/04/28

ライコネン(アルファロメオ)、ウィングが規定違反で予選失格

FIA アゼルバイジャンGPのレーススチュワード(審査委員)は、公式予選終了後の車両検査で違反があったとしてキミ・ライコネン(アルファロメオ)の予選結果から除外することを発表した。 それによればライコネンのマシンは、フロントウィングのたわみが規定よりも5ミリ多かったとのこと。 これによりライコネンは日曜日の決勝レースをガスリー(レッドブル)らと同じくピットレーンスタートになるとみられる。

|

2019/02/28

合同テスト後半2日目、ベッテル(フェラーリ)クラッシュ

Carlos Sainz (C)McLaren Group
拡大します
2月27日(水)、バルセロナ・サーキットを舞台に行われているシーズン前テスト後半は第2日目を迎えた。

トップタイムはこの日もマクラーレンでカルロス・サインツの記録した1'17.144、これは今年のテストでは全体のベストになるものだ。
130ラップの多きを数えたが、コース入口でストップ、赤旗中断の原因も作っている。

2番手はペレス(レーシング・ポイント)、3番手はベッテル(フェラーリ)。
この日のビッグニュースはなんといってもこのベッテルのクラッシュだろう。
新しい僚友であるルクレールとこの日もマシンをシェアしたベッテルは午前のセッションで40周を周回、この日の3番手となる1'18.193のベストタイムを記録したもののその後3コーナーでコースアウト・クラッシュ。
セッションは赤旗中断、ドライバーは直ちにメディカルセンターに運ばれて検査を受けたが幸い身体に問題ないとして解放された。
マシンは修復に当てられたもののルクレールのほうは結局インストレーションラップだけに留まりノータイムで終えている。

4番手ライコネン(アルファロメオ)、5番手グロージャン(ハース)、6-7番手には共にホンダ・パワーのフェルスタッペン(レッドブル)とクビアト(トロ・ロッソ)が並び合わせて229周を走り込んだ。
前日ハイドロリック系のトラブルに見舞われたメルセデスは遅れを取り戻すべくボタス&ハミルトン合わせて176周を周回した。
シーズン前テストで出遅れたウィリアムズは、クビサが最多の130周を周回、初めて本格的なテスト・プログラムを消化して追い上げの姿勢をみせた。

| | トラックバック (0)

2019/02/15

ライコネン、アルファロメオ新型車シェイクダウン

今シーズン、ザウバーの名前が消え新たなスタートを切った『アルファロメオ・レーシング』が、14日(木)2019年シーズンを戦う新型車(名称未定)の初シェイクダウン・テストを行った。

場所はフェラーリのホームコースであるフィオラノ・サーキットで、ステアリングを握ったのは今季18年ぶりに復帰したキミ・ライコネン。
プライベート・テストとしては異例だが、フィルミングデーということで一般の観客も入れるという「大盤振る舞い」のテストになった。

目を引くパープルのカラーリングは本番仕様とは異なるが、チームによれば「バレンタインの特別仕様」ということで、こちらにも余裕が感じられる。
21歳でF1デビューを果たした2001年以来となった古巣での初仕事に、ライコネンは新車が好感触だったと感想を語ったということだ。

新型車の正式発表はシーズン前テストがスタートする18日(月)に行われる。

| | トラックバック (0)

2019/01/29

ライコネンのザウバー移籍は「自らの意志」

Sauber 『C37』 (C)Sauber Motorsport
拡大します
2014年から5シーズンに渡って在籍したフェラーリ・チームを離れ、2019年はザウバー・チームへ移ることとなったキミ・ライコネン(39歳:フィンランド)だが、移籍は純粋に自らの意志であるとされている。

これはライコネンの長年のパートナーで、個人マネージャーを務めるスティーブ・ロバートソン氏がF1公式サイトで述べたもの。

「長年親しんだフェラーリから離れるのも、また古巣であるザウバーへの移籍を決めたのも、すべてライコネン本人の意思によるもの。
いずれもチーム側から働き掛けられたものなんかじゃないんだ。
フェラーリの自分への関心が薄れたことを感じたライコネンは、自らザウバーにコンタクトを持ち掛けた。
その後両者による会談で、ザウバーはライコネンの強い現役続行の意思を感じ取ったんだね。
彼がここでチャンピオンシップを獲得するのは難しいことかも知れないが、しかしこれまでより充実したF1キャリアを重ねることになる筈だ」

ザウバーはライコネンがF1デビューした2001年に在籍した想い出のチームだ。

| | トラックバック (0)

2019/01/06

ライコネン、「ザウバーなら純粋なレースが出来る」

Kimi Raikkonen (C)Sauber Motorsport AG
拡大します
F1デビューの年である2001年以来となるザウバー・チームで今シーズンを戦うことが決まった前フェラーリのキミ・ライコネン(39歳:フィンランド)。
フェラーリと比べ当然戦闘力は落ちるとみられるが、本人は「ザウバーなら純粋なレースが出来る」と至って前向きな姿勢だ。

「F1レースを戦うというそのものは同じだよ。
ただチームもマシンも、そしてチームメイトも違う。
もちろんフェラーリ時代とはあらゆる面で大きな変化が起きるだろうね。
それにチームの置かれた事情・目的が違うから、当然のこと戦い方もこれまでとは異なるだろう。
僕はその環境の違いを楽しみたいんだ。
きっと良いレースが出来ることだろう」

想い出のチームであるザウバーで、ライコネンは将来的に運営にも携わるのではないか、という見方が根強く囁かれている。
過去には自身のF3チームを運営した経験がある。

| | トラックバック (0)

2018/12/17

A.ジョビナッツィ(ザウバー)、ライコネンとの新コンビに期待感

Antonio Giovinazzi (C)Ferrari S.p.A
拡大します
2019年シーズン、ザウバー・チームからの本格F1デビューが決まっているアントニオ・ジョビナッツィ(25歳:イタリア)が、チームメイトとなるキミ・ライコネン(39歳:フィンランド)について次のように歓迎するコメントを母国イタリアの『アウトスプリント』誌に語った。

「ライコネンと一緒に仕事をしたことはないけれど、僕は長くフェラーリ・チームで開発の仕事をしてきたから彼のことは良く知っているよ。
彼はF1だけでない豊富な経験があるし、今もなおトップレベルのスピードを持ち続け、そして何より常に冷静なんだ。
僕はきっといろいろなことが彼から学べる筈さ。
チームメイトとしてこれほど素晴らしい存在はないよ」と、ジョビナッツィ。

ジョビナッツィは2017年の開幕2戦、負傷したパスカル・ウェーレインの代役としてザウバー・チームから出走の経験がある。

| | トラックバック (0)

2018/11/25

ライコネン(フェラーリ)も白線カットで戒告ペナルティ

FIA
アブダビGPのレーススチュワード(審査委員)は、24日(土)行われたフリー走行3回目セッションでフェラーリ・チームのキミ・ライコネンがピット入り口の走行ラインを示す白線をカットしたとして戒告ペナルティを科したことを明らかにした。

それによればスチュワードはビデオ映像とテレメトリー等を確認した結果、ライコネンがピット入り口で突然進路を変更、ラインをカットしたことが確認されたという。

ライコネンへの戒告ペナルティは今シーズン、これが初めてということになる。

| | トラックバック (0)

2018/10/23

ライコネン(フェラーリ)、「周囲にとっては大きな出来事」

Kimi Raikkonen (C)Ferrari S.p.A
拡大します
自身にとっても5年ぶり、フェラーリ・チームに復帰してからでも4年余りの在籍で初となる記念すべき優勝を遂げたキミ・ライコネン(38歳:フィンランド)だが、アイスマンの愛称通りそのコメントも独特のクールなものだった。

「確かにトップでチェッカーフラッグを受けたことは良かったけれど、別に大きなことじゃない。
これで何か人生が変わる訳じゃないしね。
ただ僕自身にとってはたいしたことじゃないけれど、周囲の人にとっては一大事だったかも知れない。
なぜなら、これまで僕を批判してきた人たちが、間違っていたことを証明できたから。
僕自身は変わらないけれど、これから人々が僕を見る眼は変わるかも」

すでに今季限りでの跳ね馬チーム離脱が決まっているライコネンだが、残りのレースでも勝つチャンスは十分にあると前向きな姿勢をみせた。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介