2018/07/18

キミ・ライコネン(フェラーリ)にザウバー復帰説

Kimi Raikkonen (C)Sauber Motorsport AG
拡大します
フェラーリ・チームとの契約が1年契約であることから毎年のように移籍の話題が浮上するキミ・ライコネン(38歳:フィンランド)だが、今度は古巣ザウバー・チームへ復帰するのでは、という仰天プランが報じられた。

これはザウバー・チームの地元スイスのドイツ語新聞『ブリック』紙が報じたもの。
それによれば来季若手有望株である新鋭のシャルル・ルクレール(20歳:モナコ)を起用したいフェラーリとベテランの力を借りたいザウバーとの双方の意向を実現しようとセルジオ・マルキオンネ会長(フェラーリ)が画策しているというもの。

ライコネンは2001年に当時のザウバー・ペトロナス・チームからF1デビュー(当時21歳)を果たしているがペトロナス・エンジンは実質フェラーリのものだった。
ただフェラーリ関係者の中には現在のベッテル&ライコネンというコンビを最良のものとして継続を主張する向きも多いという。

| | トラックバック (0)

2018/07/09

ライコネン(フェラーリ)、ピットレーン速度違反で罰金

FIA
イギリスGPのレーススチュワード(審査委員)は、8日(日)に行われた決勝レース中、フェラーリ・チームのキミ・ライコネンについてピットレーン速度違反があったとして同チームに罰金1,000ユーロ(約13万円)を科したことを明らかにした。

それによればライコネンは、制限80キロのところを114.8キロで走行したとのこと。

| | トラックバック (0)

ライコネン(フェラーリ)にペナルティ・ポイント

FIA
イギリスGPのレーススチュワード(審査委員)は、8日(日)に行われた決勝レース中に起きたハミルトン(メルセデス)とのアクシデントについて、ライコネン(フェラーリ)の側に責任があったとして、ペナルティ・ポイント2点を科したことを明らかにした。

ペナルティ・ポイントは1年間の累計で12点に達した場合、スーパーライセンスが停止され出場停止となるが、ライコネン昨年のベルギーGP(3点)以来となりトータル5点。
なお同選手にはすでにレース中、10秒のタイム・ペナルティが科せられている。

| | トラックバック (0)

2018/07/04

新鋭ルクレール(ザウバー)にライコネンとシート交換の噂

Charles Leclerc (C)Ferrari S.p.A
拡大します
今季ザウバー・チームからF1デビュー、ここまで9戦で5回の入賞と目覚ましい活躍をみせているシャルル・ルクレール(20歳:モナコ)について、早ければ今シーズン中にもフェラーリ・チームに抜擢されるのでは、と一部メディアから報じられた。
その場合、キミ・ライコネンとの間でシート交換になるという衝撃のもの。

ルクレールが9位入賞を果たしたオーストリアGPの週末には観戦したセルジオ・マルキオンネ会長が決断したとまことしやかに伝えられたが、しかしザウバー・チーム側の責任者であるフレデリック・バッサー代表は「そんな話は初めて聞いた」と、煙に巻いている。

あるいはライコネンへのショック療法だとしても、このレースで2位表彰台を獲得した元チャンピオンとの間で交換話が出るのは、ルクレールへの期待の高さが窺い知れそうだ。

| | トラックバック (0)

2018/07/01

ベッテル(フェラーリ)にグリッド降格とペナルティ・ポイント

Sebastian Vettel (C)Ferrari S.p.A
拡大します
オーストリアGPのレーススチュワード(審査委員)は、30日(土)行われた公式予選セッションで、フェラーリ・チームのセバスチャン・ベッテルに対し妨害行為があったとして3グリッド降格とペナルティ・ポイント1点を科したことを明らかにした。
ベッテルは予選で3番手タイムをマークしているが、このペナルティによって6番手スタートに変更となる。

それによればベッテルは予選Q2の中盤、自身のアタックを終えてスローダウンしていた際に、後方から接近したマシンに気づかずサインツ(ルノー)のアタックを妨害したというもの。
本来後方からの接近についてはチームが無線で伝えるが、今回は連絡が不十分だったということだ。

ペナルティ・ポイントは連続する12か月で累積12点に達した場合、当該ドライバーのスーパーライセンスが次戦まで停止されるため次のレースに出場できないことになるが、ベッテルはこれでトータル6点ということになる。

| | トラックバック (0)

2018/06/30

ついにフェラーリがルクレール(ザウバー)にオファーか

Charles Leclerc (C)Ferrari S.p.A
拡大します
本来フェラーリ・チームのジュニア育成ドライバーの一員で、今シーズンはエンジン供給先であると同時に強いパートナーシップを結ぶザウバー・チームへ貸し出されているシャルル・ルクレール(20歳:モナコ)について、本家フェラーリが自チームとの正式オファーを出したとの報道が流れた。

これわ報じたのはイタリアの専門紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』で、それによれば契約は2年間、契約金は総額500万ユーロ(約6億5千万円)を提示しているとのこと。
同チームではセバスチャン・ベッテルが2020年末まで契約があるのに対し、1年契約が続くキミ・ライコネンの後任に据えたい模様。

今季ザウバー・チームからF1デビューを果たしたルクレール(ザウバー)は、8戦中すでに4回の入賞。
これはチームメイトで先輩てせもあるエリクソンの1回をはるかに凌ぐものだ。

| | トラックバック (0)

2018/06/25

ベッテル(フェラーリ)にもペナルティ・ポイント

FIA
フランスGPのレーススチュワード(審査委員)は、24日(日)に行われた決勝レースオープニングラップ時に起きたボタス(メルセデス)とのアクシデントについて、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)に責任があったとしてペナルティ・ポイント2点を科したことを明らかにした。

ペナルティ・ポイントは1年間の累計で12点に達した場合、スーパーライセンスが停止され出場停止となるが、ベッテルの場合これでトータル5点となった。
なおこの件についてはすでにレース中、5秒のタイムペナルティが科せられている。

| | トラックバック (0)

2018/06/24

ベッテル(フェラーリ)も、ピットレーン速度違反で罰金

FIA
フランスGPのレーススチュワード(審査委員)は、23日(土)に行われた公式予選セッションでセバスチャン・ベッテルにピットレーン速度違反があったとして、所属するフェラーリ・チームに対し罰金200ユーロ(約2万6千円)を科したことを明らかにした。

それによればベッテルは、制限60キロのところを61.7キロで走行したとのこと。
なお今回のフランスGPではフリー走行2回目以降、80キロから60キロに制限速度が変更されている。

| | トラックバック (0)

2018/06/16

マルク・ジェネ、「フェラーリのタイトル獲得」を予想

Kimi Raikkonen (C)Ferrari S.p.A
拡大します
元ミナルディ等のF1ドライバーで、長くフェラーリ・チームのテストドライバーを務めたマルク・ジェネ氏(44歳:スペイン)が、今年のタイトル争いについて言及、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)の王座を予想した。
これはジェネ氏がバルセロナのスポーツ紙『エル・ムンド・デポルティボ』の取材に答えたもので、次のように語っている。

「再編成によって生まれ変わった新生フェラーリ・チームはうまく機能しているよ。
みんな若いし、お互いに協力しあってそれぞれを高めている。
学んでいくのは難しいことだけど、成長しているのは間違いない。
マシンも有力だし、すべてがちゃんと機能すれば今年はベッテルの年になるんじゃないか。
つまり、今年の王座はフェラーリということだよ」と、ジェネ。

フェラーリが最後に栄冠に輝いたのは2008年(キミ・ライコネン)まで遡る。

| | トラックバック (0)

2018/06/14

「退屈なレース」の声にベッテル(フェラーリ)反論

Sebastian Vettel (C)Ferrari S.p.A
拡大します
「退屈なレースだった」との指摘があったモナコGPに続き、期待されたオーバーテイクシーンがほとんどなかったカナダGPについての不評に、優勝したセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が反論している。

「カナダが退屈だったという指摘があることは知っているよ。
でもすべてのレースがいつも同じように面白いという訳じゃない。
今年はここまで7戦しているけれど、その中には面白いレースもあれば退屈なレースもある。
それは別にF1レースに限ったことじゃなくて、ちょうど始まったW杯(サッカー)だって同じだろう。
エキサイティングな試合もあればつまらない時だってあるよ。
そうしたことはどんなスポーツでもあるということさ」

ただオーバーテイクが少ないのはドライバーやコースだけが問題なのではなく、マシンやレギュレーションにも原因があるとこちらも矢面に立たされている。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク | A1グランプリ | BMW | BMWザウバー | DRS | DTM | F1 | F1テスト | F2 | F3 | FIA | FOM | FOTA | GP2 | GP3 | GPDA | IMSA | INDY | ING | IRL | KERS | NASCAR | US-GP | USF1 | VW | WEC | WRC | WTCC | アイルトン・セナ | アウディ | アストンマーティン | アゼルバイジャン | アゼルバイジャンGP | アダム・パール | アブダビGP | アメリカGP | アラン・プロスト | アルガルブ | アルガルブ・サーキット | アルゼンチンGP | アルド・コスタ | アルバートパーク | アルファロメオ | アルフォンソ・セリス | アレクサンダー・ロッシ | アレクサンドル・ブルツ | アレックス・リン | アンソニー・デビッドソン | アンディ・ソウセック | アントニオ・ジョビナッツィ | アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ | アンドレアス・ツバー | アンドレ・ロッテラー | イギリスGP | イタリアGP | イモラ | イルモア | インテルラゴス | インディアナポリス | インドGP | ウィリアムズ | ウィリ・ウェバー | ウィリー・ランプ | ウィル・スティーブンス | エイドリアン・カンポス | エイドリアン・スーティル | エイドリアン・ニューイ | エイボン | エステバン・オコン | エステバン・グティエレス | エディ・ジョーダン | エリック・ブイユ | エンジン | エンツォ・フィティパルディ | オトマー・サフナウアー | オースティン | オーストラリアGP | オーストリアGP | カタール | カナダGP | カルロス・ゴーン | カルロス・サインツJr. | カルン・チャンドク | カート | キミ・ライコネン | キャノピー | キャラミ・サーキット | ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ギュンター・シュタイナー | クムホ | クリスチャン・クリエン | クリスチャン・ホーナー | クレア・ウィリアムズ | グッドウッド | グレーム・ロードン | ケビン・マグヌッセン | ケータハムF1 | ゲイリー・パフェット | ゲルハルト・ベルガー | コスワース | コリン・コレス | コンコルド協定 | サム・マイケル | ザウバー | ザク・ブロウン | シャルル・ピック | シャルル・ルクレール | ショーン・ゲラエル | ショーン・ジェラエル | シリル・アビテブール | シルバーストーン | シンガポールGP | ジェラール・ロペス | ジェローム・ダンブロシオ | ジェンソン・バトン | ジェームス・アリソン | ジェームス・カラド | ジェームス・ロシター | ジェームズ・キー | ジャガー | ジャッキー・スチュワート | ジャック・エイトケン | ジャック・ビルニューブ | ジャンカルロ・フィジケーラ | ジャン・アレジ | ジャン・エリック・ベルニュ | ジャン・トッド | ジュリアーノ・アレジ | ジュール・ビアンキ | ジョナサン・ニール | ジョニー・ハーバート | ジョリオン・パーマー | ジョルジョ・パンターノ | ジョン・サーティーズ | ジョン・ハウェット | ジョン・ブース | ジョージ・ラッセル | ジョーダン | ジョーダン・キング | ジーン・ハース | スティーブ・ニールセン | ステファンGP | ステファーノ・ドメニカリ | ストッフェル・バンドーン | スパイカーF1 | スパフランコルシャン | スペインGP | スポンサー | スージー・ウォルフ | スーパーライセンス | スーパー・アグリ | スーパー・フォーミュラ | セバスチャン・ブエミ | セバスチャン・ベッテル | セバスチャン・ボーデ | セバスチャン・ロウブ | セパン・サーキット | セルゲイ・シロトキン | セルジオ・ペレス | セルジオ・マルキオンネ | ソチ | タイGP | タイヤ | ダカールラリー | ダニエル・ジュンカデラ | ダニエル・リカルド | ダニカ・パトリック | ダニール・クビアト | ダビデ・バルセッキ | ダン・ティクタム | チェイス・キャリー | チェコ | チャンプカー | チャーリー・ホワイティング | ティモ・グロック | テレビ | ディーター・ツェッチェ | ディートリッヒ・マテシス | デイトナ | デイモン・ヒル | デビッド・クルサード | デビッド・シューマッハ | デビッド・リチャーズ | デモラン | デュランゴ | デンマークGP | トト・ウォルフ | トニー・フェルナンデス | トヨタ | トルコGP | トロ・ロッソ | ドイツGP | ドニントンパーク | ナイジェル・マンセル | ナイトレース | ナレイン・カーティケヤン | ニキ・ラウダ | ニコラス・トッド | ニコラス・ラティフィ | ニコ・ヒュルケンバーグ | ニコ・ロズベルグ | ニック・ハイドフェルド | ニック・フライ | ニュルブルクリンク | ニュージャージー | ネルソン・アンジェロ・ピケ | ネルソン・ピケ | ノルベルト・ハウグ | ハイメ・アルグエルスアリ | ハインツ・ハラルド・フレンツェン | ハロー | ハンガリーGP | ハンガロリンク | ハンコック | ハースF1 | バルセロナ | バルテリ・ボタス | バレンシア | バレンシアGP | バレンティーノ・ロッシ | バーニー・エクレストン | バーレーンGP | バーレーン国際サーキット | パスカル・ウェーレイン | パストール・マルドナド | パット・シモンズ | パット・フライ | パディ・ロウ | パトリック・ヘッド | ヒスパニア・レーシング | ビタントニオ・リウッツィ | ピエール・ガスリー | ピットストップ | ピレリ | ファン・モントーヤ | フェラーリ | フェリッペ・ナスル | フェリッペ・マッサ | フェルナンド・アロンソ | フォース・インディア | フォード | フォーミュラE | フラビオ・ブリアトーレ | フランク・ウィリアムズ | フランク・ダーニー | フランスGP | フランツ・トスト | フレデリック・バッサー | ブラウンGP | ブラジルGP | ブラバム | ブランズハッチ | ブリヂストン | ブルガリア | ブルーノ・セナ | ブレンドン・ハートリー | プロドライブ | ヘイキ・コバライネン | ヘルマン・ティルケ | ヘルムート・マルコ | ヘレス | ベトナム | ベルギーGP | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ペーター・ザウバー | ホセ・マリア・ロペス | ホッケンハイム | ホンダ | ホー・ピン・トゥン | ボブ・ベル | ポルシェ | ポルトガル | ポールリカール | ポール・ストゥダート | ポール・ディ・レスタ | マイアミ | マイク・ガスコイン | マイク・コフラン | マウリツィオ・アリバベーネ | マクラーレン | マセラティ | マックス・チルトン | マックス・フェルスタッペン | マックス・モズレー | マニクール | マノー・マルシア | マリオ・アンドレッティ | マリオ・タイセン | マルク・ジェネ | マルコ・アスマー | マルコ・アンドレッティ | マルコ・マッティアッチ | マルシア | マレーシアGP | マ・キンファ | マーカス・アームストロング | マーカス・エリクソン | マーク・ウェバー | マーク・スミス | マーチ | マーティン・ウィットマーシュ | マーティン・ドネリー | マーティン・ブランドル | ミカ・サロ | ミカ・ハッキネン | ミシュラン | ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ | ミルコ・ボルトロッティ | ムジェロ | メカクローム | メキシコGP | メルセデス | モトGP | モナコGP | モニシャ・カルテンボーン | モンツァ | ヤス・マリーナ・サーキット | ヤルノ・トゥルーリ | ユナイテッドステーツGP | ヨンナム・サーキット | ヨースト・カピート | ヨーロッパGP | ラスベガス | ラファエル・マルシエロ | ラルフ・シューマッハ | ランス・ストロール | ランド・ノリス | ランボルギーニ | リオ・ハリアント | リザーブドライバー | リバティ・メディア | ルイス・ハミルトン | ルイス・ペレス・サラ | ルイス・レイジァ | ルカ・バドエル | ルカ・フィリッピ | ルカ・モンテツェモロ | ルノー | ルマン24時間レース | ルーカス・ディ・グラッシ | ルーベンス・バリチェッロ | レギュレーション | レッドブル | レッドブルリンク | レース・オブ・チャンピオンズ | ロシアGP | ロス・ブラウン | ロドルフォ・ゴンザレス | ロバート・クビサ | ロバート・ドーンボス | ロビン・フラインス | ロブ・スメドリー | ロブ・ホワイト | ロベルト・メルヒ | ロマン・グロージャン | ロリー・バーン | ロルダン・ロドリゲス | ロングビーチ | ロンドンGP | ロン・デニス | ロータス | ローマ | ローラ | ワールドシリーズbyルノー | ヴィジャイ・マルヤ | ヴィタリー・ペトロフ | 上海サーキット | 中国GP | 中嶋一貴 | 中嶋大祐 | 人事 | 佐藤万璃音 | 佐藤公哉 | 佐藤琢磨 | 八郷隆弘 | 南アフリカ | 国本京佑 | 富士スピードウェイ | 小暮卓史 | 小松礼雄 | 小林可夢偉 | 山本左近 | 新井康久 | 新型車発表 | 日本GP | 松下信治 | 武藤英紀 | 浜島裕英 | 片山右京 | 牧野任祐 | 田辺豊治 | 福住仁嶺 | 鈴木亜久里 | 鈴鹿サーキット | 長谷川祐介 | 韓国GP