2021/04/03

リカルド(マクラーレン)、今年の約束はヒストリックカー試乗

Daniel Ricciardo (C)Redbull Racing
拡大します
現マクラーレン・レーシングのダニエル・リカルドは、これまで表彰台を獲得した時にする『お約束』が話題を呼んできた。
レッドブル時代には履いていた靴でシャンパンを飲む『シューイ』を、またルノー時代にはチーム代表とタトゥを入れる約束を公表させてきた。

そして今シーズンは、同じくチーム代表のザク・ブロウン氏との間でヒストリックカーを゛トライブするという約束を取り付けたことがわかった。
ブロウン氏は熱心なヒストリックカー・コレクターとして知られていて、今回はその中から1984年のNASCARチャンピオンカーである『シボレー・モンテカルロ』に白羽の矢が立てられたということだ。
遠からず、この約束は実現されるに違いない。

|

2021/04/01

フロア損傷していたリカルド(マクラーレン)のマシン

Daniel Ricciardo (C)McLaren Group
拡大します
マクラーレン・レーシングはバーレーンGP終了後に、同チームのダニエル・リカルドのマシンのフロアが損傷していたことを確認したという。

シーズン前テストからスピードをみせていた『MCL35M』は開幕戦でも好調で、土曜日の公式予選でもリカルドが6番手、ノリスが8番手。
しかしノリスが決勝レースで4位フィニッシュしたのに対し、リカルドのほうはいまいちレースでペースが上がらず結局7位に留まった。
同チームではオープニングラップでガスリー(アルファタウリ)に追突された際にフロアを損傷、ダウンフォースを失っていたものと説明している。

|

2021/03/24

第2のハミルトンか、マクラーレンが13歳の新人と契約

Ugo Ugochukwu (C)McLaren Group
拡大します
2021年シーズンの開幕を前に、マクラーレン・レーシングはまだ13歳の新人ウーゴ・ウゴチュクウ(アメリカ)とジュニア・ドライバー契約を結んだことを明らかにした。
契約年数は発表されていないが、将来F1やインディカーなどトップカテゴリーを見据えたということから長期のものであるのは明らかだ。

ナイジェリア系の血筋を持つウゴチュクウは、昨年のFIAヨーロッパ・カート選手権のチャンピオンで、将来を嘱望された逸材。
このマクラーレンでのシンデレラ・ストーリーはあたかもかつてのルイス・ハミルトンを彷彿とさせるが、今回抜擢したのはロン・デニス氏ではなくザク・ブロウン/エクゼクティブ・ディレクター。
今後の育成と成長が注目される。

|

2021/03/23

ノリス(マクラーレン)、「メルセデス・エンジンそれほどじゃない」

McLaren 『MCL35M』 (C)McLaren Group
拡大します
今シーズン、ルノーのものから目下7年連続王者に輝くメルセデス製パワーユニットに切り換えて注目が集まるマクラーレン・チームだが、今年も同チームでレースドライバーを務めるランド・ノリス(21歳:イギリス)は控え目な印象を英スポーツ・チャンネル『スカイスポーツ』で語っている。

「たしかにメルセデス・エンジンのフィーリングは良かったけれど、取り立てて口にするほど大きな違いがあったとは感じてないよ。
みんなはもっと過激なコメントを期待しているんだろうけれど、そんなことはない。
これまで通り着実に一歩ずつ進歩していく、それだけのことさ」

シーズン前テストでは初日いきなり全体の2番手に相当するタイムを記録して注目を集めたノリスだったが、3日間を通じては結局14番手(僚友リカルドは7番手)に留まった。

それでも関係者からはメルセデスAMG、レッドブルに続く候補筆頭としてマクラーレン・メルセデスのマシンが挙げられている。

|

2021/03/12

マクラーレンのテクノロジー・センター、売却間近

McLaren Technology Center (C)McLaren Group
拡大します
イギリスのウォーキングにあるマクラーレン・グループの本拠地『マクラーレン・テクノロジー・センター』の売却契約話が合意に近づいているようだ。

マクラーレン・グループはかねて経営不振により赤字決算に陥っていたが、さらに今回新型コロナウイルスの影響もあって事態は深刻化、資産の売却を迫られていたもの。

伝えられる計画ではテクノロジー・センター本体をアメリカの民間投資会社である『TRG』に総額約1億8000万ポンド(約274億円)で売却、そのうえで今度は賃料を支払って使用を続けるというもので、実現すればマクラーレン・グループの活動に影響は出ないとされている。

|

2021/02/18

マクラーレン、新型車『MCL35M』をシェイクダウン

Daniel Ricciardo (C)McLaren Group
拡大します
オンラインで2021年新型車『MCL35M』を発表したマクラーレン・チームは、その後同マシンのシェイクダウンとなる初プライベートテストを敢行したことを明らかにした。
場所はシルバーストーン・サーキットで、ランド・ノリスと新加入のダニエル・リカルドの二人が参加したという。

初めてマクラーレンのマシンを走らせたリカルドは「最も大きな変更を強いられたわれわれが、他チームに先駈けてシェイクダウン・テストにまでこぎ着けたのは勇気づけられることだ。
まだ今の段階でマシンの戦闘力を語るのは早期に失するけれど、この時期としては最高だ。
いまのところすべて順調で、チーム全員が高いモチベーションに溢れているよ」と、語った。
本格走行になるのは3月12日(土)、バーレーン・サーキットでのシーズン前テストになる。

|

2021/02/16

マクラーレン、全チームに先駈け新型車『MCL35M』発表

McLaren 『MCL35M』 (C)McLaren Group
拡大します
昨年のコンストラクターズ・ランキング3位から、今季はさらなる飛躍を狙うマクラーレン・チームでは、2021年シーズンを戦う新型車『MCL35M』を15日(月)正式発表した。

同陣営では搭載するPU(パワーユニット)を昨季までのルノーからメルセデスに変更するという大手術を行ったが、さすが名門らしく全チームに先駈け新型車を完成させる総合力をみせた。
メルセデスとのパートナーシップは2014年以来7年ぶり。
マシン名は基本的に昨年の『MCL35』を踏襲したということから『M』を加えた『MCL35M』というものになっている。

今シーズン、同チームはルノーから移籍したダニエル・リカルド(31歳:オーストラリア)と残留のランド・ノリス(21歳:イギリス)という組み合わせになる。

マクラーレン・チーム新型車の画像はこちら

|

2021/02/15

マクラーレン首脳、「今季は躍進か低迷どちらか」

Zak Brown (C)McLaren Group
拡大します
マクラーレン・チームのザク・ブロウン/エクゼクティブ・ディレクターは、今シーズンの同チームについて「さらに躍進するか、あるいは低迷してしまうかのいずれかだろう」との見解を示した。

これは中国の国営通信社である『新華社通信』の取材に答えたもので、名門マクラーレン・グループを今年も率いるリーダーは次のように語っている。

「2020年、われわれはメルセデス、レッドブルに次ぐコンストラクターズ・ランキング3位という現状で望み得る最高の成績でシーズンを終えた。
もちろんフェラーリの失速とか部外の事情もあったことは認めなければならないがね。
当然のことながら、今年のわわれわれの目標はさらに上位との差を詰めること。
メルセデス製パワーユニットを搭載するというのはそのための武器でもあるが、逆にこのエンジン変更が不安要素にならない保証もない。
中団グループの戦力は拮抗しているので、ひとつ間違えば再び下位に転落する懸念も考えねばならないのだ」

今シーズン、搭載パワーユニット変更という大改造が行われるのはマクラーレン・チームだけだ。

|

2021/02/05

ダニエル・リカルド、新加入マクラーレンでシート合わせ

Daniel Ricciardo (C)McLaren Group
拡大します
今シーズン、マクラーレン・チームに移籍したダニエル・リカルド(前ルノー)が、イギリス・ウォーキングにあるマクラーレンのファクトリーを訪問、新型車『MCL35M』(仮称)のコクピットでシート合わせを行ったことがわかった。

レッドブル・レーシング時代に通算7勝を記録したリカルドだが、2019年にルノー・チームに移籍してからは2度の3位表彰台止まり。
新天地となるマクラーレンでは自身の復活だけでなく名門ブランドの復興にも貢献する構えだ。

なおチームメイトは残留のランド・ノリス(21歳:イギリス)、新型車の発表は現在のところ全チーム中、最も早い2月15日(月)が予定されている。

|

2021/01/30

マクラーレン・メルセデス、2月15日(月)に2021年新型車発表へ

McLaren 『MCL35』 (C)McLaren Group
拡大します
今シーズン、メルセデス製パワーユニットを搭載して戦うマクラーレン・チームは、2021年シーズンの新型車『MCL35M』(仮称)を来たる2月15日(月)のGMT19時(日本時間:翌16日4時)にオンラインで発表することを明らかにした。

今シーズンはレギュレーションによりマシンの大幅変更はできないことになっているが、マクラーレン・チームだけはエンジン変更があったため大幅な換装作業を強いられたと伝えられている。

昨シーズン、コンストラクターズ・ランキング3位に躍進した同チームは、今季期待の若手ランド・ノリス(21歳:イギリス)に加え、優勝7回のベテラン、ダニエル・リカルド(31歳:オーストラリア)を迎え入れて戦うことになっている。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

70thアニバーサリーGP A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイフェルGP アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルベ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルピーヌ アルファタウリ アルファロメオ アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オランダGP オースティン オーストラリアGP オーストリアGP オーラ・ケレニウス カタール カナダGP カラム・アイロット カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コンコルド協定 サウジアラビアGP サクヒールGP サンパウロGP ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シュタイヤーマルクGP シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダビデ・ブリビオ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デンマークGP トスカーナGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエトロ・フィッティパルディ ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベトナムGP ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガルGP ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロイ・ニッサニー ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・シュワルツマン ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロマーニャGP ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 岩佐歩夢 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介