2018/01/20

マクラーレン・チームの新型車は2月23日(金)に発表

McLaren 『MCL32』 (C)McLaren Group
拡大します
今季からルノー製パワーユニットに変更して戦うことが決まっているマクラーレン・チームは、2018年シーズンを戦う新型車『MCL33』(仮称)を来たる2月23日(金)に発表することを明らかにした。
場所は公表されていないが例年通りインターネットでのオンラインになるとみられる。

1998年以来、コンストラクターズ・タイトルから遠ざかっている名門チームが初となるフランス・ルノーとのパートナーシップでどれだけの戦闘力を発揮するのか注目される。

| | トラックバック (0)

2018/01/13

マクラーレン、『自社F1エンジン開発』を否定せず

Mclaren 『MCL32』(C)McLaren Group
拡大します
ホンダとの3年間に渡るパートナーシップを終えたマクラーレン・チームは、今季からルノー製パワーユニットにスイッチすることが決まっているが、一部にささやかれる自社製F1エンジンの開発について、その可能性を否定しなかった。

これを明らかにしたのはマクラーレン・グループのジョナサン・ニール/COO(チーフ・オペレーション・オフィサー)で、次のように説明したもの。

「いますぐわれわれが自前のエンジンを用意するするということはない。
そんな準備はしていないし、今はルノーとのパートナーシップに全力を傾注しているところだからね。
しかし将来的にはその可能性は十分にあると思っている。
2021年からはエンジン・レギュレーションも変更され、おそらくそのハードルは今よりも低くなる筈だ。
ただわれわれはフェラーリのように多くのクルマを作っている訳ではないのでコストを考えるなど商業的な面から慎重に検討する必要はある」

これまで幾多の成功を収めたマクラーレン・チームだが、これまでまだ自前のエンジンでF1を戦ったことはない。

| | トラックバック (0)

2018/01/07

アロンソ(マクラーレン)、デイトナ初走行果たす

Fernando Alonso (C)McLaren Group

5日(金)、今年の『デイトナ24時間レース』出場を予定するマクラーレン・チームのフェルナンド・アロンソ(36歳:スペイン)が初めてその舞台であるデイトナ・インターナショナル・スピードウェイでのテスト走行を行った。

トラブルでわずかな周回しか出来なかったアロンソだが、「今朝のセッションではたった3周しかできなかったけれど、マシンやコースの特徴を掴むには十分だった。
フラットなインフィールド部分とまるで壁のように切り立ったバンク部分とが組み合わさったコースは特別でこれまで僕が経験したことがないものだったよ」と、その初印象を語った。

アロンソは今回F1チームの上司でもあるザク・ブロウン/エクゼクティブ・ディレクターが率いるスポーツカーの『ユナイテッド・オートスポーツ』から参戦する。

| | トラックバック (0)

ネルソン・ピケ氏、アロンソ(マクラーレン)の姿勢批判

N.Piquet & A.Piquet (C)Renault F1 UK
拡大します
ブラジルの英雄であるネルソン・ピケ氏(65歳:ブラジル)が、このところタイトル争いに加われないでいるフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)について言及している。

これはメキシコの『ラ・セスタ・テレビ』に語ったもの。
その中でこの元3回のF1チャンピオンは、次のように指摘した。

「F1ドライバーとしての能力自体はフロンソもハミルトン(メルセデス)とさして変わらないと思うよ。
でも、レースに対する姿勢が二人は違う。
アロンソは素晴らしいドライバーだが、あまりに政治的であるために同時に多くの問題を生み出すドライバーでもある。
その結果、周囲のメンバーがチームを離れることになってしまう。
順当なら彼はチャンピオンを5回は獲得できていただろう。
成功するためにはもっと辛抱することを学ぶべきだね」

ただピケ氏の子息であるネルソン・アンジェロ・ピケとアロンソとはルノー時代に深刻な確執があったことを忘れてはならないだろう。

| | トラックバック (0)

2018/01/05

2018年マクラーレン、チーム名に「ルノー」含まれず

Mclaren F1 logo (C)McLaren Group

今シーズン、ルノー製パワーユニットを搭載して戦うことが決まっているマクラーレン・チームは、正式チーム名が『マクラーレンF1チーム』となることを明らかにした。
またこれと同時にチーム・ロゴもグループとしての赤ではなく黒一色のシンプルなものになる。

ホンダとのパートナーシップを結んでいたこれまでの3年間は『マクラーレン・ホンダ』というものだったが、『ルノー』の名称は含まれないことになる。

| | トラックバック (0)

2018/01/03

マクラーレンの2018年新型車は現行車の正常進化型

McLaren 『MCL32』 (C)McLaren Group
拡大します
2015年に続きコンストラクターズ・ランキング9位という歴史的不振で終わったマクラーレン・チームだが、2018年も引き続き現在の『MCL32』のコンセプトを踏襲した正常進化がのものになるということだ。
これは同チームのエリック・ブイユ/レーシング・ディレクターが語ったもの。

「今季不振だった原因の多くはパワーユニット関連のトラブルにあった。
一方、マシン側の戦闘力は他と比べても決して劣るものではなかったと考えている。
また2018年搭載するルノーのパワーユニットに必要な冷却装置はホンダのものよりもコンパクトになるのでフィッティングに障害もない。
したがって2018年の新型車は現行の『MCL32』を踏襲したもので大きく変更の予定はない」

一方、このところ噂になっているパパイヤ・オレンジ(コーポレイテッドカラー)への変更という件にについては「カラーリングについては今は何も言えない。見てのお楽しみだ」と、以前同様にはぐらかした。

| | トラックバック (0)

ジェンソン・バトン、「楽しかったのはハミルトンとのバトル」

Jenson Button (C)McLaren Group
拡大します
2017年シーズンを以って計18年にも及ぶF1キャリアを終えたジェンソン・バトン(37歳:イギリス)は、この中で最も楽しかったのはルイス・ハミルトンをチームメイトとして戦ったマクラーレン・チーム時代だったと明かした。
これはバトン自身がイギリスのスポーツ専門チャンネル『スカイスポーツ』に語ったもの。

「ハミルトンとは2010年から2012年までの3年間マクラーレンでチームメイトだったんたけど、彼は2008年にこのチームでチャンピオン、そして僕は前年の2009年にブラウン・グランプリでチャンピオンを獲得して新たに加入という互いに微妙な関係だった。
その時感じたのはハミルトンは予選の一発がとても速いドライバーで、かつまたレースでも勝負強い、倒すにはとても難しい相手だったということ。
でも挑戦するには十分な手応えがあって、互いにとても楽しい関係だったよ。
いま振り返ればこの頃が僕のF1キャリアにおいて一番楽しい時期だったんじゃないかな」

この3年間でバトンは計8勝、ハミルトンは10勝を積み上げている。

| | トラックバック (0)

2018/01/01

ハミルトン、「2018年のバトル相手はベッテル&アロンソ」

S.Vettel & L.Hamilton (C)Mercedes Motorsport
拡大します
2017年シーズン、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)との間で激しいチャンピオンシップ争いを演じたメルセデスAMGチームのルイス・ハミルトンだが、来季はさらにマクラーレン・チームのフェルナンド・アロンソを加えた3人のバトルになると予想している。

「来季もフェラーリのベッテルが強力なライバルになるのは確実なところだろう。
僕が思うには、さらにもう一人競争者が現れる。
それはマクラーレン・ルノーのアロンソだ。
もしも今年搭載するルノー・エンジンに信頼性があり、マシンに競争力があったなら彼もタイトル争いに加わって来るのは間違いないところだよ。
そしてダークホースはフェルスタッペン。
彼がいずれチャンピオン候補になるのは誰もが認めるところだけれど、でもそれはチーム次第、彼がタイトル争いに加わるのはもう少し先のことじゃないか」

候補に挙げられたハミルトン、ベッテル、そしてアロンソのタイトルを合わせると実にこの3人だけでトータル10回という圧倒的なものになる。

| | トラックバック (0)

2017/12/30

マクラーレン、パパイヤ・オレンジ・カラーの復活を検討

Indycar (C)Indycar Media
拡大します
今シーズン、カラーリングを一新したマクラーレン・チームが、2018年再びその変更を検討していることがわかった。
成績不振にあえいだ同チームでは、これまでのグレーを基調としたものから伝統のオレンジへの変更を明らかにしたが、実際には渋いオレンジと黒の組み合わせというものになり、期待したコアなフアンを失望させた。

今回は本来のコーポレイテッドカラーである鮮やかなオレンジ一色にするというもので、いみじくも今年フェルナンド・アロンソがインディ500レースに挑戦した時のものがお手本になりそうだ。

同チームのエリック・ブイユ代表によれば、カラーリング変更はまだ検討段階で決定したものではないとされるが、その可能性は高そうだ。

| | トラックバック (0)

2017/12/26

マクラーレン、2018年のインディ500参戦は時期尚早

Indy 500 Race Image (C)Indycar Media
拡大します
2017年、ホンダとアンドレッティ・オートスポーツの支援により念願のインディ500レース参戦を果たしたマクラーレン・チームのフェルナンド・アロンソ(36歳:スペイン)は、今年の参戦についても強い意欲をみせているとみられるが、一部で噂になったマクラーレン・チーム自身による参戦の可能性はないとされる。

これは同チームのザク・ブロウン/エクゼクティブ・ディレクターがアメリカの『レーサー』による取材に答えたもの。
その中でこの新指導者は次のようにその事情を語っている。

「今年のアロンソのインディ500参戦はある意味特殊な、異常な事態の中で行われたもの。
今年われわれが正式に参戦するとしたら、それまでに準備しなければならないことは山ほどある。
われわれが出るからにはただ参加すればいいというものではないし、一度限りになるようなものであってはならないからね。
そしてそれはすなわち、残念ながら今年は実現しないということだ」

それでもアロンソは1月のデイトナ24時間レース、さらに6月のルマン24時間レース参戦の可能性も窺っているとみられる。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク | A1グランプリ | BMW | BMWザウバー | DRS | DTM | F1 | F1テスト | F2 | F3 | FIA | FOM | FOTA | GP2 | GP3 | GPDA | IMSA | INDY | ING | IRL | KERS | NASCAR | US-GP | USF1 | VW | WEC | WRC | WTCC | アイルトン・セナ | アウディ | アストンマーティン | アゼルバイジャン | アダム・パール | アブダビGP | アメリカGP | アラン・プロスト | アルガルブ | アルガルブ・サーキット | アルゼンチンGP | アルド・コスタ | アルバートパーク | アルファロメオ | アルフォンソ・セリス | アレクサンダー・ロッシ | アレクサンドル・ブルツ | アレックス・リン | アンソニー・デビッドソン | アンディ・ソウセック | アントニオ・ジョビナッツィ | アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ | アンドレアス・ツバー | アンドレ・ロッテラー | イギリスGP | イタリアGP | イモラ | イルモア | インテルラゴス | インディアナポリス | インドGP | ウィリアムズ | ウィリ・ウェバー | ウィリー・ランプ | ウィル・スティーブンス | エイドリアン・カンポス | エイドリアン・スーティル | エイドリアン・ニューイ | エイボン | エステバン・オコン | エステバン・グティエレス | エディ・ジョーダン | エリック・ブイユ | エンジン | エンツォ・フィティパルディ | オースティン | オーストラリアGP | オーストリアGP | カタール | カナダGP | カルロス・ゴーン | カルロス・サインツJr. | カルン・チャンドク | カート | キミ・ライコネン | キャノピー | キャラミ・サーキット | ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ギュンター・シュタイナー | クムホ | クリスチャン・クリエン | クリスチャン・ホーナー | クレア・ウィリアムズ | グッドウッド | グレーム・ロードン | ケビン・マグヌッセン | ケータハムF1 | ゲイリー・パフェット | ゲルハルト・ベルガー | コスワース | コリン・コレス | コンコルド協定 | サム・マイケル | ザウバー | ザク・ブロウン | シャルル・ピック | シャルル・ルクレール | ショーン・ゲラエル | ショーン・ジェラエル | シリル・アビテブール | シルバーストーン | シンガポールGP | ジェラール・ロペス | ジェローム・ダンブロシオ | ジェンソン・バトン | ジェームス・アリソン | ジェームス・カラド | ジェームス・ロシター | ジェームズ・キー | ジャガー | ジャッキー・スチュワート | ジャック・ビルニューブ | ジャンカルロ・フィジケーラ | ジャン・アレジ | ジャン・エリック・ベルニュ | ジャン・トッド | ジュリアーノ・アレジ | ジュール・ビアンキ | ジョナサン・ニール | ジョニー・ハーバート | ジョリオン・パーマー | ジョルジョ・パンターノ | ジョン・サーティーズ | ジョン・ハウェット | ジョン・ブース | ジョージ・ラッセル | ジョーダン | ジョーダン・キング | ジーン・ハース | スティーブ・ニールセン | ステファンGP | ステファーノ・ドメニカリ | ストッフェル・バンドーン | スパイカーF1 | スパフランコルシャン | スペインGP | スポンサー | スージー・ウォルフ | スーパーライセンス | スーパー・アグリ | スーパー・フォーミュラ | セバスチャン・ブエミ | セバスチャン・ベッテル | セバスチャン・ボーデ | セバスチャン・ロウブ | セパン・サーキット | セルゲイ・シロトキン | セルジオ・ペレス | セルジオ・マルキオンネ | ソチ | タイGP | タイヤ | ダカールラリー | ダニエル・ジュンカデラ | ダニエル・リカルド | ダニカ・パトリック | ダニール・クビアト | ダビデ・バルセッキ | ダン・ティクタム | チェイス・キャリー | チェコ | チャンプカー | チャーリー・ホワイティング | ティモ・グロック | テレビ | ディートリッヒ・マテシス | デイトナ | デイモン・ヒル | デビッド・クルサード | デビッド・リチャーズ | デモラン | デュランゴ | デンマークGP | トト・ウォルフ | トニー・フェルナンデス | トヨタ | トルコGP | トロ・ロッソ | ドイツGP | ドニントンパーク | ナイジェル・マンセル | ナイトレース | ナレイン・カーティケヤン | ニキ・ラウダ | ニコラス・トッド | ニコラス・ラティフィ | ニコ・ヒュルケンバーグ | ニコ・ロズベルグ | ニック・ハイドフェルド | ニック・フライ | ニュルブルクリンク | ニュージャージー | ネルソン・アンジェロ・ピケ | ネルソン・ピケ | ノルベルト・ハウグ | ハイメ・アルグエルスアリ | ハインツ・ハラルド・フレンツェン | ハロー | ハンガリーGP | ハンガロリンク | ハンコック | ハースF1 | バルセロナ | バルテリ・ボタス | バレンシア | バレンシアGP | バレンティーノ・ロッシ | バーニー・エクレストン | バーレーンGP | バーレーン国際サーキット | パスカル・ウェーレイン | パストール・マルドナド | パット・シモンズ | パット・フライ | パディ・ロウ | パトリック・ヘッド | ヒスパニア・レーシング | ビタントニオ・リウッツィ | ピエール・ガスリー | ピットストップ | ピレリ | ファン・モントーヤ | フェラーリ | フェリッペ・ナスル | フェリッペ・マッサ | フェルナンド・アロンソ | フォース・インディア | フォード | フォーミュラE | フラビオ・ブリアトーレ | フランク・ウィリアムズ | フランク・ダーニー | フランスGP | フランツ・トスト | フレデリック・バッサー | ブラウンGP | ブラジルGP | ブラバム | ブランズハッチ | ブリヂストン | ブルガリア | ブルーノ・セナ | ブレンドン・ハートリー | プロドライブ | ヘイキ・コバライネン | ヘルマン・ティルケ | ヘルムート・マルコ | ヘレス | ベトナム | ベルギーGP | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ペーター・ザウバー | ホセ・マリア・ロペス | ホッケンハイム | ホンダ | ホー・ピン・トゥン | ボブ・ベル | ポルシェ | ポルトガル | ポールリカール | ポール・ストゥダート | ポール・ディ・レスタ | マイク・ガスコイン | マイク・コフラン | マウリツィオ・アリバベーネ | マクラーレン | マセラティ | マックス・チルトン | マックス・フェルスタッペン | マックス・モズレー | マニクール | マノー・マルシア | マリオ・アンドレッティ | マリオ・タイセン | マルク・ジェネ | マルコ・アスマー | マルコ・アンドレッティ | マルコ・マッティアッチ | マルシア | マレーシアGP | マ・キンファ | マーカス・アームストロング | マーカス・エリクソン | マーク・ウェバー | マーク・スミス | マーチ | マーティン・ウィットマーシュ | マーティン・ドネリー | マーティン・ブランドル | ミカ・サロ | ミカ・ハッキネン | ミシュラン | ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ | ミルコ・ボルトロッティ | ムジェロ | メカクローム | メキシコGP | メルセデス | モトGP | モナコGP | モニシャ・カルテンボーン | モンツァ | ヤス・マリーナ・サーキット | ヤルノ・トゥルーリ | ユナイテッドステーツGP | ヨンナム・サーキット | ヨースト・カピート | ヨーロッパGP | ラスベガス | ラファエル・マルシエロ | ラルフ・シューマッハ | ランス・ストロール | ランド・ノリス | ランボルギーニ | リオ・ハリアント | リザーブドライバー | リバティ・メディア | ルイス・ハミルトン | ルイス・ペレス・サラ | ルイス・レイジァ | ルカ・バドエル | ルカ・フィリッピ | ルカ・モンテツェモロ | ルノー | ルマン24時間レース | ルーカス・ディ・グラッシ | ルーベンス・バリチェッロ | レギュレーション | レッドブル | レッドブルリンク | レース・オブ・チャンピオンズ | ロシアGP | ロス・ブラウン | ロドルフォ・ゴンザレス | ロバート・クビサ | ロバート・ドーンボス | ロビン・フラインス | ロブ・スメドリー | ロブ・ホワイト | ロベルト・メルヒ | ロマン・グロージャン | ロリー・バーン | ロルダン・ロドリゲス | ロングビーチ | ロンドンGP | ロン・デニス | ロータス | ローマ | ローラ | ワールドシリーズbyルノー | ヴィジャイ・マルヤ | ヴィタリー・ペトロフ | 上海サーキット | 中国GP | 中嶋一貴 | 中嶋大祐 | 人事 | 佐藤万璃音 | 佐藤公哉 | 佐藤琢磨 | 八郷隆弘 | 南アフリカ | 国本京佑 | 富士スピードウェイ | 小暮卓史 | 小松礼雄 | 小林可夢偉 | 山本左近 | 新井康久 | 新型車発表 | 日本GP | 松下信治 | 武藤英紀 | 浜島裕英 | 片山右京 | 田辺豊治 | 福住仁嶺 | 鈴木亜久里 | 鈴鹿サーキット | 長谷川祐介 | 韓国GP