2017/09/26

マクラーレン首脳、「アロンソとの契約更新間近」

McLaren Duo (C)McLaren Group
拡大します
来季ルノー製パワーユニット搭載を正式発表したマクラーレン・チームだが、同チームのエースドライバーであるフェルナンド・アロンソ(36歳:スペイン)との契約についてはいまだに不明確なままだ。
これについて同チームのエリック・ブイユ/レーシング・ディレクターが言及、「契約更新は間近である」と、主張した。

「アロンソの関心は、彼自身が常々言っているようにマシンの戦闘力だ。
F1で勝利が狙えるような競争力のあるマシンが欲しい、それだけだ。
われわれはそれに応えるだけのマシンを持っていることはここ数戦で確認出来ている。
ルノー・エンジンを搭載することで、さらに戦力はアップできると確信している。
近いうちに良いニュースが届けられるだろう」と、ブイユ氏。

ストッフェル・バンドーンのほうはすでに残留契約が結ばれているが、まだ経験が浅いことを考えるとマクラーレン・チームにとってアロンソは手放せないとろだ。

| | トラックバック (0)

2017/09/22

ザク・ブロウン氏(マクラーレン)、「ルノーで損失を取り戻す」

Zak Brown (C)McLaren Group
拡大します
マクラーレンとホンダとの3年間にわたるパートナーシップは、あと6戦を残すのみとなったが依然として優勝ばかりかまだ一度の表彰台経験もない。
こうした状況は、マクラーレン・グループが繰り広げるグローバルなコマーシャル活動にも大きな影響を及ぼしているとされる。

これについてマクラーレン・チームのザク・ブロウン/エクゼクティブ・ディレクターは、「チームが活動するには資金が必要。
そして活動を継続されていくには成績が必要なんだ。
好成績がなければスポンサーは離れていく。
この3年間、われわれが逸した利益は想像がつかないほどのものだ。
ルノーという新たなパートナーを得たいま、われわれはこの3年間の損失を取り戻していかなければならない。
少なくとも来年は表彰台の常連に、そして再来年にはチャンピオンシップを争う立場に戻りたいね」と語るが、同時にプロジェクトのスタートが遅れたことも気に掛けていた。

また同チームのエースドライバーであるアロンソも「ルノーというパワーを得ればマクラーレンのほんとうの実力がわかる」としているが、その意気込みが果たして吉と出るか凶と出るのかはまだ誰にもわからない。

| | トラックバック (0)

2017/09/20

マクラーレン、「2019年にはルノー陣営のナンバーワン」

McLaren Honda (C)McLaren Group
拡大します
3年間に渡るホンダとのパートナーシップを解消したマクラーレン・チームは、2018年から新たにルノー・エンジンを搭載することが決まったが、同チームのエリック・ブイユ/レーシング・ディレクターは「2019年にはわれわれがルノー陣営のナンバーワンになる」と、豪語した。

現在ルノー製パワーユニットを搭載しているのはルノー・チーム、レッドブル・レーシング、そしてトロ・ロッソの3チームだが形の上では本家ルノー・チームがワークスチーム。
ただ実力の上ではレッドブル・レーシングが事実上のワークス待遇となっている。

ブイユ氏のコメントはそのルノーやレッドブルをわずか1年で凌駕することを意味するが、その裏には2019年にレッドブルがルノーからホンダにスイッチするという噂を前提としたように思えるものだ。
これを実現させるためにも、来シーズンの『トロ・ロッソ・ホンダ』の活躍に注目が集まるところだ。

| | トラックバック (0)

2017/09/17

マクラーレン、まだアロンソとの残留契約発表はなく

Fernando Alonso (C)McLaren Group
拡大します
かねてフェルナンド・アロンソが主張していたとされるエンジン・サプライヤーの変更が正式に決まったものの、まだマクラーレン・チームは同選手の来季契約について発表がないままだ。

アロンソとマクラーレン・チームとの契約は今年末までとされているがこれまでの3年間、両者が期待した結果は得られずにいる。
チームはさらなる残留を希望しているが、エンジン問題が解決されたいまなおネックになっているのはその巨額な契約金とされているようだ。
アロンソが4千万ドル(約44億円)とも言われる現在のF1ドライバーの中でも最高クラスの高給を得ているのは衆知のことだが、これには相当額(半分?)ホンダが負担していた部分があるとみられている。
ただこれについてチームもアロンソも「契約金が問題ではない」と否定するが、まだ残留合意の報道はないまま。

なおストッフェル・バンドーンのほうはすでに来季残留契約が発表されている。

| | トラックバック (0)

2017/09/16

ザク・ブロウンE/D(マクラーレン)、「ホンダとは良きライバルに」

Zak Brown (C)McLaren Group
拡大します
3年間に渡るパートナーシップを解消することとなったマクラーレン・チームのザク・ブロウン/エクゼクティブ・ディレクターは、次のようにホンダにエールを贈った。

「この3年間、われわれが共に全力で戦ってきたことに疑いはない。
お互いが望むような結果は出せなかったが、(一部で言われたような)ホンダが全力でなかったなどということは決してない。
成果が得られなかった裏にはいろいろな理由があっただろうが、われわれはお互いが最後までパートナーを信頼してきた。
ただ、いま両者はそれぞれの道を歩む時が来たということだ。
来シーズンからはお互いにライバルということになるが、ホンダがF1にチャレンジし続け、いつの日かこの世界で頂点に絶つことを信じている」

かつてマクラーレン・ホンダはF1史上最強のコンビとして16戦15勝を記録するなどF1を席巻したが、今回の提携ではここまで一度の表彰台すら獲得できなかった。

| | トラックバック (0)

2017/09/15

マクラーレン、2018年ルノー・エンジン搭載契約正式発表

Renault V6 Turbo Engine (C)Renault Sport
拡大します
15日(金)、シンガポールGPの会場でマクラーレン・チームは2018年からルノー製パワーユニットを搭載することを正式発表した。
3年間続いたホンダとのパートナーシップはこれでここまで一度の表彰台も獲得することなく終了することとなった。

これについてルノー・スポールのジェローム・ストール代表は、「この決定はルノー・スポールにとってまさに戦略的なものになった。
われわれがF1で長い歴史を持つマクラーレン・チームと共に仕事をするのはこれが初めてのことになるが、単に技術的な分野だけで無く広く商業的なものについてもパートナーシップを展開していきたい。
共にチャンピオンシップを獲得するため新たなここでスタートを切る」と語った。

| | トラックバック (0)

2017/09/13

ヒルトン、皮肉な『特別仕様スィートルーム』お披露目

Hilton/McLaren (C)McLaren Group
拡大します
マクラーレン・ホンダ・チームのスポンサーであるホテル・チェーン大手『ヒルトン』が、今週ヒルトン東京お台場において『マクラーレン・ホンダ特別仕様のスィートルーム』をお披露目した。

『お金で買えない経験』をテーマとして1室限定。
期間は2017年9月16日から10月18日までの約1か月間。
宿泊価格は日々変動制となっていて、1室7万円(1泊2名の場合)からとなっている。

ただパドックではもうマクラーレン&ホンダの訣別が確実視されていて、皮肉にもこの期間内にも発表があるのではと推測されている。

| | トラックバック (0)

マクラーレン、アロンソの来季去就なお不透明か

Fernando Alonso (C)McLaren Group
拡大します
まだ正式発表はないものの、英誌らが報じたことで確実視されるマクラーレン・チームのホンダとの訣別、そして来季ルノー・エンジンの搭載だが、その一方でまだフェルナンド・アロンソの去就については不透明という。

2013年、当時在籍したフェラーリで記録して以来、勝利のない元チャンピオンだが、アロンソは現在もF1トップクラスの報酬を得ているとされる。
しかしマクラーレンはホンダから巨額資金を受け取っているとされ、訣別することになればもちろんこの分の収入を失うことになる。
そのためマクラーレン・チームはアロンソに対し残留した場合支払われる来季報酬の減額を申し入れているものの、まだ結論が得られていないということだ。

過去2回のタイトルに輝くアロンソだが、不名誉な要求を受け入れるのか、その去就にいま注目が集まっている。

| | トラックバック (0)

英誌、「マクラーレンとルノーのエンジン供給契約合意」と報じる

McLaren 『MCL32』 (C)McLaren Group
拡大します
イギリスの専門誌『オートスポーツ』が、「マクラーレン・チームがホンダとの契約を解消し、2018年シーズンからルノー・スポールからエンジン供給を受けることで合意に達した」と報じた。
それによれば契約は3年間とのこと。
まだ正式発表はない。

またこれに伴い現在トロ・ロッソのカルロス・サインツが2018年はルノー・チームに移籍、さらに早ければ次々戦マレーシアGPからにも出走という話も伝えられているが、こちらもまだ発表はない。

| | トラックバック (0)

2017/09/10

業を煮やすマクラーレン、エンジン自社開発も

McLaren ECU (C)McLaren Group
拡大します
エンジン問題でこの数年すっかり苦戦を強いられているマクラーレン・チームだが、将来的にはエンジンの自社開発もあり得ると啖呵を切った。
これは同チームのザク・ブロウン/エクゼクティブ・ディレクターが語ったもの。

それによれば2021年に予定されるエンジン規定の改訂内容によってはマクラーレン・グループ自らが総力を挙げての自社開発も厭わないとした。

FIA(国際自動車連盟)はいま各チームと共に2021年からの新しいエンジン規格の検討を進めているが、場合によってはコスト削減のため昔のようなV8エンジンに戻そうていう動きもあるためだ。
現行のようにハイテクノロジーを駆使したハイブリッド車では大手自動車メーカーか専門のレーシングエンジン会社しか手を出せないが、「簡易な」エンジンに戻ればマクラーレンにも製作は可能という。

ただ現実問題わずか数年で戦闘力あるF1エンジンをゼロから開発するというのはマクラーレンといえどもかなりの難事業。
過去の推移に業を煮やした首脳による、エンジン・サプライヤーに対するプレッシャーとも受け取れそうだ。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク | A1グランプリ | BMW | BMWザウバー | DRS | DTM | F1 | F1テスト | F2 | F3 | FIA | FOM | FOTA | GP2 | GP3 | GPDA | INDY | ING | IRL | KERS | NASCAR | US-GP | USF1 | VW | WEC | WRC | WTCC | アイルトン・セナ | アウディ | アストンマーティン | アゼルバイジャン | アダム・パール | アブダビGP | アメリカGP | アラン・プロスト | アルガルブ | アルガルブ・サーキット | アルゼンチンGP | アルド・コスタ | アルバートパーク | アルファロメオ | アルフォンソ・セリス | アレクサンダー・ロッシ | アレクサンドル・ブルツ | アレックス・リン | アンソニー・デビッドソン | アンディ・ソウセック | アントニオ・ジョビナッツィ | アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ | アンドレアス・ツバー | アンドレ・ロッテラー | イギリスGP | イタリアGP | イモラ | イルモア | インテルラゴス | インディアナポリス | インドGP | ウィリアムズ | ウィリ・ウェバー | ウィリー・ランプ | ウィル・スティーブンス | エイドリアン・カンポス | エイドリアン・スーティル | エイドリアン・ニューイ | エイボン | エステバン・オコン | エステバン・グティエレス | エディ・ジョーダン | エリック・ブイユ | エンジン | エンツォ・フィティパルディ | オースティン | オーストラリアGP | オーストリアGP | カタール | カナダGP | カルロス・ゴーン | カルロス・サインツJr. | カルン・チャンドク | カート | キミ・ライコネン | キャノピー | キャラミ・サーキット | ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ギュンター・シュタイナー | クムホ | クリスチャン・クリエン | クリスチャン・ホーナー | クレア・ウィリアムズ | グッドウッド | グレーム・ロードン | ケビン・マグヌッセン | ケータハムF1 | ゲイリー・パフェット | ゲルハルト・ベルガー | コスワース | コリン・コレス | コンコルド協定 | サム・マイケル | ザウバー | ザク・ブロウン | シャルル・ピック | シャルル・ルクレール | ショーン・ゲラエル | ショーン・ジェラエル | シリル・アビテブール | シルバーストーン | シンガポールGP | ジェラール・ロペス | ジェローム・ダンブロシオ | ジェンソン・バトン | ジェームス・アリソン | ジェームス・カラド | ジェームス・ロシター | ジェームズ・キー | ジャガー | ジャッキー・スチュワート | ジャック・ビルニューブ | ジャンカルロ・フィジケーラ | ジャン・アレジ | ジャン・エリック・ベルニュ | ジャン・トッド | ジュリアーノ・アレジ | ジュール・ビアンキ | ジョナサン・ニール | ジョニー・ハーバート | ジョリオン・パーマー | ジョルジョ・パンターノ | ジョン・サーティーズ | ジョン・ハウェット | ジョン・ブース | ジョージ・ラッセル | ジョーダン | ジョーダン・キング | ジーン・ハース | スティーブ・ニールセン | ステファンGP | ステファーノ・ドメニカリ | ストッフェル・バンドーン | スパイカーF1 | スパフランコルシャン | スペインGP | スポンサー | スージー・ウォルフ | スーパーライセンス | スーパー・アグリ | スーパー・フォーミュラ | セバスチャン・ブエミ | セバスチャン・ベッテル | セバスチャン・ボーデ | セバスチャン・ロウブ | セパン・サーキット | セルゲイ・シロトキン | セルジオ・ペレス | セルジオ・マルキオンネ | ソチ | タイGP | タイヤ | ダカールラリー | ダニエル・ジュンカデラ | ダニエル・リカルド | ダニカ・パトリック | ダニール・クビアト | ダビデ・バルセッキ | チェイス・キャリー | チェコ | チャンプカー | チャーリー・ホワイティング | ティモ・グロック | テレビ | ディートリッヒ・マテシス | デイモン・ヒル | デビッド・クルサード | デビッド・リチャーズ | デモラン | デュランゴ | トト・ウォルフ | トニー・フェルナンデス | トヨタ | トルコGP | トロ・ロッソ | ドイツGP | ドニントンパーク | ナイジェル・マンセル | ナイトレース | ナレイン・カーティケヤン | ニキ・ラウダ | ニコラス・トッド | ニコ・ヒュルケンバーグ | ニコ・ロズベルグ | ニック・ハイドフェルド | ニック・フライ | ニュルブルクリンク | ニュージャージー | ネルソン・アンジェロ・ピケ | ネルソン・ピケ | ノルベルト・ハウグ | ハイメ・アルグエルスアリ | ハインツ・ハラルド・フレンツェン | ハロー | ハンガリーGP | ハンガロリンク | ハンコック | ハースF1 | バルセロナ | バルテリ・ボタス | バレンシア | バレンシアGP | バレンティーノ・ロッシ | バーニー・エクレストン | バーレーンGP | バーレーン国際サーキット | パスカル・ウェーレイン | パストール・マルドナド | パット・シモンズ | パット・フライ | パディ・ロウ | パトリック・ヘッド | ヒスパニア・レーシング | ビタントニオ・リウッツィ | ピエール・ガスリー | ピットストップ | ピレリ | ファン・モントーヤ | フェラーリ | フェリッペ・ナスル | フェリッペ・マッサ | フェルナンド・アロンソ | フォース・インディア | フォード | フォーミュラE | フラビオ・ブリアトーレ | フランク・ウィリアムズ | フランク・ダーニー | フランスGP | フランツ・トスト | フレデリック・バッサー | フレデリック・ヴァスール | ブラウンGP | ブラジルGP | ブラバム | ブランズハッチ | ブリヂストン | ブルガリア | ブルーノ・セナ | ブレンドン・ハートリー | プロドライブ | ヘイキ・コバライネン | ヘルマン・ティルケ | ヘルムート・マルコ | ヘレス | ベトナム | ベルギーGP | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ペーター・ザウバー | ホセ・マリア・ロペス | ホッケンハイム | ホンダ | ホー・ピン・トゥン | ボブ・ベル | ポルシェ | ポルトガル | ポールリカール | ポール・ストゥダート | ポール・ディ・レスタ | マイク・ガスコイン | マイク・コフラン | マウリツィオ・アリバベーネ | マクラーレン | マックス・チルトン | マックス・フェルスタッペン | マックス・モズレー | マニクール | マノー・マルシア | マリオ・アンドレッティ | マリオ・タイセン | マルク・ジェネ | マルコ・アスマー | マルコ・アンドレッティ | マルコ・マッティアッチ | マルシア | マレーシアGP | マ・キンファ | マーカス・アームストロング | マーカス・エリクソン | マーク・ウェバー | マーク・スミス | マーチ | マーティン・ウィットマーシュ | マーティン・ドネリー | マーティン・ブランドル | ミカ・サロ | ミカ・ハッキネン | ミシュラン | ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ | ミルコ・ボルトロッティ | ムジェロ | メカクローム | メキシコGP | メルセデス | モトGP | モナコGP | モニシャ・カルテンボーン | モンツァ | ヤス・マリーナ・サーキット | ヤルノ・トゥルーリ | ユナイテッドステーツGP | ヨンナム・サーキット | ヨースト・カピート | ヨーロッパGP | ラスベガス | ラファエル・マルシエロ | ラルフ・シューマッハ | ランス・ストロール | ランド・ノリス | ランボルギーニ | リオ・ハリアント | リザーブドライバー | リバティ・メディア | ルイス・ハミルトン | ルイス・ペレス・サラ | ルイス・レイジァ | ルカ・バドエル | ルカ・フィリッピ | ルカ・モンテツェモロ | ルノー | ルマン24時間レース | ルーカス・ディ・グラッシ | ルーベンス・バリチェッロ | レギュレーション | レッドブル | レッドブルリンク | レース・オブ・チャンピオンズ | ロシアGP | ロス・ブラウン | ロドルフォ・ゴンザレス | ロバート・クビサ | ロバート・ドーンボス | ロビン・フラインス | ロブ・スメドリー | ロブ・ホワイト | ロベルト・メルヒ | ロマン・グロージャン | ロリー・バーン | ロルダン・ロドリゲス | ロングビーチ | ロンドンGP | ロン・デニス | ロータス | ローマ | ローラ | ワールドシリーズbyルノー | ヴィジャイ・マルヤ | ヴィタリー・ペトロフ | 上海サーキット | 中国GP | 中嶋一貴 | 中嶋大祐 | 人事 | 佐藤万璃音 | 佐藤公哉 | 佐藤琢磨 | 八郷隆弘 | 南アフリカ | 国本京佑 | 富士スピードウェイ | 小暮卓史 | 小松礼雄 | 小林可夢偉 | 山本左近 | 新井康久 | 新型車発表 | 日本GP | 松下信治 | 武藤英紀 | 浜島裕英 | 片山右京 | 鈴木亜久里 | 鈴鹿サーキット | 長谷川祐介 | 韓国GP