2018/05/22

トロ・ロッソ、「日本人ドライバー起用も選択肢」

Honda Hybrid (C)Honda Racing
拡大します
今シーズン、ホンダとのパートナーシップでF1を戦って入るトロ・ロッソでは、将来的に日本人ドライバーの起用も選択肢の中にあることを示唆した。
これは同チームのフランツ・トスト代表が明らかにしたもの。

「われわれがレッドブル傘下にあることから、ドライバー起用についてもレッドブルの意向が働くのは当然のことだ。
しかし同時に今はホンダとの関係も深い。
もしもホンダから有能な逸材の提供があれば、もちろん日本人ドライバーを起用するのにやぶさかではない」と、トスト代表。

現在のトロ・ロッソのドライバーであるガスリー&ハートリーはいずれもレッドブル育成ドライバーの一員。
またその一方でホンダもF1参戦に必要なスーパーライセンスを獲得すべく、福住仁嶺&牧野任祐という若手ドライバーをF1に最も近いF2シリーズで走らせている。
F2では年間3位以内に入るとF1に必要なスーパーライセンスの対象となる。

| | トラックバック (0)

2018/05/17

トロ・ロッソ・ホンダ、2日目は順調にプログラム消化

STR Honda 『STR13』 (C)Honda Racing
拡大します
16日(水)、バルセロナ合同テスト2日目に臨んだトロ・ロッソ・ホンダは、午前中にショーン・ゲラエルが83ラップ、午後はレースドライバーであるピエール・ガスリーが39ラップを周回し、それぞれ12番手&9番手というタイムを記録した。

これについてホンダF1の本橋正充/副テクニカルディレクターは「今季初めてとなった今回のシーズン中テストでは、普段のレース週末のような大きなプレッシャーが掛からない環境で、ここまでに見えてきた課題や、今後に向けたアイデアを試すことができた。
PU(パワーユニット)としては、各コンポーネント間でどのようにエネルギーを効率的に使用できるかなど、特にPU全体のエネルギー配分に主眼を置いてテストをしてきた。
この2日間で得たことを今後のレースに活かすことができると感じている」と手応え。

またトロ・ロッソのジョナサン・エドルズ/チーフ・レースエンジニアは「バルセロナテストは、初日で困難なスタートを切った後、チームはプランを再構築し2日目を良い出だしで迎えることができた。
ゲラエルにとってSTR13できちんと走るのは初めてだったが、とても早く順応してくれ、昨日は予定していた周回数を走行できなかった分、今朝のセッションではゲラエルに優先順位の高いテスト項目をこなしてもらい、空力テストと特性評価、冷却装置の評価、そしてタイヤテストといくつかのメカニカルセットアップを試した。
午後はガスリーが担当。エアロレイクを装着して何周か走行し始めたが、ステアリングに問題を発見し、それを修復するために時間を要し、午後4時までちゃんと走行することができなかった。
小さな問題はあったが、この2日間で予定していたすべての主要テスト項目をこなすことができた」と、締め括った。

| | トラックバック (0)

2018/05/16

トロ・ロッソ・ホンダ、シャシー側の原因でPU交換

STR Honda 『STR13』 (C)Honda Racing
拡大します
15日(火)、まだスペインGPの余韻が残るバルセロナ合同テスト1日目に臨んだトロ・ロッソ・ホンダだったが、マシントラブルにより全チームの中で最少のわずか50ラップ。
ベストタイムも元も遅い最下位ポジションに留まった。

これについてホンダF1の本橋正充/副テクニカルディレクターは「今回のテストの目的は今後に向けてPU(パワーユニット)関連のいくつかの新しいアイデアを試すことだった。
しかし残念ながら今日は午前中の最後にシャシー側で発生した問題の影響により、PUの一部がダメージを受けた可能性があったためPU交換を決断、そのせいで午後はほとんど走行が出来なかった。
今日の走行から得られたデータを活かしつつ、明日のセッションで少しでもプログラムの遅れを取り戻せるよう、チームと一緒に夜を徹した作業を続けたい」と、語っている。


またトロ・ロッソのジョナサン・エドルズ/チーフ・レースエンジニアは、「今回のテストにはかなり多くのプログラムを詰め込む形で臨んでいる。
午前中はいいスタートを切り、空力やタイヤへの理解を深めるためのプログラム、セッティングのテストなどを行ったが、午前のセッションの終盤にラジエーターの不具合から大きなオイル漏れが起こりました。その影響によりPUへのダメージの可能性があったためPUを交換することにした。
ゲラエルは午後のセッションの終盤で20分だけ走ることができたが、些細なトラブルの解決のために半日を費やし、やりたかったプログラムをこなせなかったのは残念。
明日どのプログラムを優先して行なうべきか、今晩プランを練り直さなければならない」と、語っている。

| | トラックバック (0)

2018/05/13

トロ・ロッソ&ホンダ、「ハートリー無事幸い」

Brendon Hartley (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
スペインGP予選で、ピエール・ガスリーが12番手になったものの、ハートリーが直前のフリー走行でクラッシュするという事態に見舞われたトロ・ロッソ&ホンダだがいずれもハートリー本人の無事を幸いであるとコメントした。

ホンダF1の田辺豊治/テクニカルディレクターは「今日は、ハートレーがFP3でのアクシデントにより予選を走れなかったことは残念だったが、激しいクラッシュにもかかわらず彼が無事で明日のレースにも出場できることは幸いだった。
彼のPU(パワーユニット)についてはダメージが激しいこともあり、レースに向けて交換する。
ガスリーについてはうまく予選のセッションをまとめてくれた。
明日は12番手スタートからいいレースができることを期待している」と、コメント。

またトロ・ロッソのジェームズ・キー/テクニカル・ディレクターも「今日は不運な出来事が続いた。
ハートリーはFP3で大きなアクシデントを起こし、マシンのダメージがかなりひどかったので予選までに修復が間に合わなかった。
このようなときは、時間をかけて詳細にわたってチェックし、負荷のかかるパーツに問題がないことを確認しなければならない。
何よりも大切なのはドライバーが無事だったことで、ハートリーは明日のレースに向けて回復できるだろう」と、説明した。

| | トラックバック (0)

2018/05/12

田辺豊治T/D(ホンダ)、「我々のパッケージは徐々に機能」

STR 『STR13』 (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
ヨーロッパ・ラウンドの幕開けとなったスペインGPのフリー走行初日。
トロ・ロッソ・ホンダは14-18番手と中団グループに埋もれる結果となった。
これについてホンダF1の田辺豊治/テクニカルディレクターは次のように語っている。

「難しい週末になった過去2戦からのフィードバックもあり、我々のパッケージはここスペインで徐々に機能してきたように感じている。
マシンのダメージにより、やや長いピットストップはあったし、風が強く難しいコンディションではあったものの、おおむね問題なくプログラムを消化できた一日となった。
ただ、午後のセッションではトラフィックの影響により、クリーンな状況下でタイムアタックができなかったことは残念。
このサーキットではオーバーテイクが難しく、予選が重要になるので、パワーユニット側も明日の予選を重視したセッティングで挑むことになると考えている」

またトロ・ロッソのジョナサン・エドルズ/チーフ・エンジニアは、「ガスリー&ハートリーいずれもフロア交換などの作業に追われ、時間的な余裕がなかった」と、釈明。
「スーパーソフトを使っての予選シミュレーションは満足に行うことができておらず、現在のタイムはマシンの実力を正確に反映できていない可能性がある」と、説明した。

| | トラックバック (0)

2018/05/02

ホンダ、レッドブルとの間でエンジン供給について協議

Honda Hybrid (C)Honda Racing
拡大します
かねて2019年以降のホンダ・エンジン供給について噂に上がっていたレッドブル・レーシングとの話し合いが、アゼルバイジャンGPの週末に行われていたことがわかった。

というのもFIA(国際自動車連盟)は5月15日までに来季のエンジン供給体制の申告を済ませるよう通達していて、その期限が迫っているからだ。
レッドブルは現行のルノー・スポールとの契約を延長するか、ホンダ・エンジンにスイッチするか、まもなく決定しなければならない。

なおホンダはその結論の如何にかかわらず、トロ・ロッソへの供給は継続することが確実。
またF1は2021年に大幅なレギュレーション改訂が行われることから、レッドブルとの契約は2020年までの2年間が想定されている。
契約が成立した場合、レッドブルがワークス体制ということになる見込み。

| | トラックバック (0)

2018/04/28

ホンダ責任者、「予定通りにプログラムを消化」

Baku Circuit (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
アゼルバイジャンGPのフリー走行1日目セッションを終えたホンダF1の田辺豊治/テクニカルディレクターは、「予定通りに金曜日のプログラムは消化できた」と、初日を振り返った。

「今回のアゼルバイジャンGPは、市街地コース(ストリートサーキット)で行われているというのが特徴。
そのため、今日のセッションは埃っぽい路面から始まり、走行を重ねるたびに徐々にトラックコンディションが改善されていくという状況だった。
午前の1回目セッション開始直後に、ガスリーのPU(パワーユニット)調整のために少しだけマシンを止めることはあったが、全体としては予定していたPUのプログラムをほぼすべて消化でき、スムーズな一日になった」

またトロ・ロッソのジョナサン・エドルズ/チーフ・エンジニアは次のように語っている。

「バクーは今までのサーキットとはかなり違ったことを求められるコース。
特に2キロのストレートにおける空力面での調整がカギとなるため、このコースに特化した空力コンポーネントを持ち込んだ。
もっとタイムアップができる筈なので、今夜の作業で明日に向けて改善するべき所を見つけたいと思っている。
今夜はやるべきことが沢山あるので、チーム一丸となって取り組みたい」

| | トラックバック (0)

2018/04/20

ホンダ、6月のカナダGPにもバージョンアップ投入か

Honda Hybrid (C)Honda Racing
拡大します
現在F1にエンジン供給する4メーカー(メルセデス、フェラーリ、ルノー、ホンダ)の中でまだパワーで劣っているとされるホンダだが、第7戦のカナダ(6月10日)ないし第8戦のフランス(6月24日)にもパワーアップした新バージョンのパワーユニットを投入する見込みであるという。

これを報じたのはスペイン・マドリードに拠点を置く日刊スポーツ紙『AS』。
それによれば今回のバージョンアップでホンダは約40馬力の増加が見込まれるとのこと。
これによりまだメルセデスやフェラーリのレベルには至らないものの、おそらくルノーとは同程度になるとみられる。
ただ、他陣営も同じくパワーアップを図っているのは当然のことではある。

また重要なのは、この時期にレッドブル・レーシングが来季のエンジンを決定すると予想されること。
ホンダにとって早くも正念場が迫っているようだ。

| | トラックバック (0)

2018/04/17

ホンダ、「残念な結果。次戦に向け分析進める」

STR Honda 『STR13』 (C)Honda Racing
拡大します
予選、決勝レースとも良いところなく終わってしまった中国GPの結果について、ホンダF1の田辺豊治/テクニカルディレクターは次のように振り返った。

「先週のバーレーンで見せた力強いレースから一転、今週は苦しい週末になった。
PU(パワーユニット)自体については週末を通じて順調だったが、レースペースが上がらない中、チームメート同士の接触もあって残念な結果になってしまった。
今後のシーズンで競争力のある走りを見せるため、ファクトリーに戻りここまでの3レースで得たデータの分析を進めなければならない」

またスクーデリア・トロ・ロッソのフランツ・トスト代表も、「リカルドとレッドブル・レーシングが素晴らしいレースをみせてくれたが、その一方でわれわれは残念な結果になってしまった。
今週は最初から苦戦が続き、グリッド後方からのスタートを余儀なくされたうえ、レース中も思ったようなペースをつかむことができなかった。
さらにコミュニケーションの失敗からチームメイトどうしの接触まで起こってしまい残念だ。
さらにレース終盤にはハートレーのマシンのギアボックスにトラブルを発見し、リタイアに追い込まれることとなった。
次戦までに問題の解決策を見出し、バクーでは戦えるように取り組んでいきたい」と、語った。

| | トラックバック (0)

2018/04/15

トロ・ロッソ首脳、「サーキットとの相性良くない」

Brendon Hartley (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
バーレーンGPでの予選6-11番手という好成績のあと臨んだ中国GP予選だったが、共にQ1で敗退、予選15-17番手という結果に、トロ・ロッソのジェームズ・キー/テクニカル・ディレクターは「サーキットとの相性が良くないようだ」と、振り返った。

「明らかにこの予選結果は想定していたよりも厳しいものだ。
このサーキットとわれわれのマシンとの相性があまり良くないのかも知れない。
寒さと風はマイナスのようで、マシンのセットアップに苦戦しているが、このコンディションはどのチームにとっても同じ条件。
昨日の方がマシンのバランスがよく、競争力があったと感じているが、これからデータの分析を行い、今日の予選で不振だっさた原因を突き止めなければならない。
今日の結果を受け止めて、気温が上がる明日はもっといい結果を出せればと思っている」

またホンダF1の田辺豊治/テクニカルディレクターは、「ハートレーがQ2まで進出したものの、チームとしては残念な予選結果になった。
一方で、PU(パワーユニット)についてはここまで全く問題なく、順調にセッションを終えられている。
今夜改めてデータの分析を行い、明日の決勝でいいレースができるように準備を進めたい」と、述べた。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク | A1グランプリ | BMW | BMWザウバー | DRS | DTM | F1 | F1テスト | F2 | F3 | FIA | FOM | FOTA | GP2 | GP3 | GPDA | IMSA | INDY | ING | IRL | KERS | NASCAR | US-GP | USF1 | VW | WEC | WRC | WTCC | アイルトン・セナ | アウディ | アストンマーティン | アゼルバイジャン | アゼルバイジャンGP | アダム・パール | アブダビGP | アメリカGP | アラン・プロスト | アルガルブ | アルガルブ・サーキット | アルゼンチンGP | アルド・コスタ | アルバートパーク | アルファロメオ | アルフォンソ・セリス | アレクサンダー・ロッシ | アレクサンドル・ブルツ | アレックス・リン | アンソニー・デビッドソン | アンディ・ソウセック | アントニオ・ジョビナッツィ | アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ | アンドレアス・ツバー | アンドレ・ロッテラー | イギリスGP | イタリアGP | イモラ | イルモア | インテルラゴス | インディアナポリス | インドGP | ウィリアムズ | ウィリ・ウェバー | ウィリー・ランプ | ウィル・スティーブンス | エイドリアン・カンポス | エイドリアン・スーティル | エイドリアン・ニューイ | エイボン | エステバン・オコン | エステバン・グティエレス | エディ・ジョーダン | エリック・ブイユ | エンジン | エンツォ・フィティパルディ | オトマー・サフナウアー | オースティン | オーストラリアGP | オーストリアGP | カタール | カナダGP | カルロス・ゴーン | カルロス・サインツJr. | カルン・チャンドク | カート | キミ・ライコネン | キャノピー | キャラミ・サーキット | ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ギュンター・シュタイナー | クムホ | クリスチャン・クリエン | クリスチャン・ホーナー | クレア・ウィリアムズ | グッドウッド | グレーム・ロードン | ケビン・マグヌッセン | ケータハムF1 | ゲイリー・パフェット | ゲルハルト・ベルガー | コスワース | コリン・コレス | コンコルド協定 | サム・マイケル | ザウバー | ザク・ブロウン | シャルル・ピック | シャルル・ルクレール | ショーン・ゲラエル | ショーン・ジェラエル | シリル・アビテブール | シルバーストーン | シンガポールGP | ジェラール・ロペス | ジェローム・ダンブロシオ | ジェンソン・バトン | ジェームス・アリソン | ジェームス・カラド | ジェームス・ロシター | ジェームズ・キー | ジャガー | ジャッキー・スチュワート | ジャック・エイトケン | ジャック・ビルニューブ | ジャンカルロ・フィジケーラ | ジャン・アレジ | ジャン・エリック・ベルニュ | ジャン・トッド | ジュリアーノ・アレジ | ジュール・ビアンキ | ジョナサン・ニール | ジョニー・ハーバート | ジョリオン・パーマー | ジョルジョ・パンターノ | ジョン・サーティーズ | ジョン・ハウェット | ジョン・ブース | ジョージ・ラッセル | ジョーダン | ジョーダン・キング | ジーン・ハース | スティーブ・ニールセン | ステファンGP | ステファーノ・ドメニカリ | ストッフェル・バンドーン | スパイカーF1 | スパフランコルシャン | スペインGP | スポンサー | スージー・ウォルフ | スーパーライセンス | スーパー・アグリ | スーパー・フォーミュラ | セバスチャン・ブエミ | セバスチャン・ベッテル | セバスチャン・ボーデ | セバスチャン・ロウブ | セパン・サーキット | セルゲイ・シロトキン | セルジオ・ペレス | セルジオ・マルキオンネ | ソチ | タイGP | タイヤ | ダカールラリー | ダニエル・ジュンカデラ | ダニエル・リカルド | ダニカ・パトリック | ダニール・クビアト | ダビデ・バルセッキ | ダン・ティクタム | チェイス・キャリー | チェコ | チャンプカー | チャーリー・ホワイティング | ティモ・グロック | テレビ | ディーター・ツェッチェ | ディートリッヒ・マテシス | デイトナ | デイモン・ヒル | デビッド・クルサード | デビッド・シューマッハ | デビッド・リチャーズ | デモラン | デュランゴ | デンマークGP | トト・ウォルフ | トニー・フェルナンデス | トヨタ | トルコGP | トロ・ロッソ | ドイツGP | ドニントンパーク | ナイジェル・マンセル | ナイトレース | ナレイン・カーティケヤン | ニキ・ラウダ | ニコラス・トッド | ニコラス・ラティフィ | ニコ・ヒュルケンバーグ | ニコ・ロズベルグ | ニック・ハイドフェルド | ニック・フライ | ニュルブルクリンク | ニュージャージー | ネルソン・アンジェロ・ピケ | ネルソン・ピケ | ノルベルト・ハウグ | ハイメ・アルグエルスアリ | ハインツ・ハラルド・フレンツェン | ハロー | ハンガリーGP | ハンガロリンク | ハンコック | ハースF1 | バルセロナ | バルテリ・ボタス | バレンシア | バレンシアGP | バレンティーノ・ロッシ | バーニー・エクレストン | バーレーンGP | バーレーン国際サーキット | パスカル・ウェーレイン | パストール・マルドナド | パット・シモンズ | パット・フライ | パディ・ロウ | パトリック・ヘッド | ヒスパニア・レーシング | ビタントニオ・リウッツィ | ピエール・ガスリー | ピットストップ | ピレリ | ファン・モントーヤ | フェラーリ | フェリッペ・ナスル | フェリッペ・マッサ | フェルナンド・アロンソ | フォース・インディア | フォード | フォーミュラE | フラビオ・ブリアトーレ | フランク・ウィリアムズ | フランク・ダーニー | フランスGP | フランツ・トスト | フレデリック・バッサー | ブラウンGP | ブラジルGP | ブラバム | ブランズハッチ | ブリヂストン | ブルガリア | ブルーノ・セナ | ブレンドン・ハートリー | プロドライブ | ヘイキ・コバライネン | ヘルマン・ティルケ | ヘルムート・マルコ | ヘレス | ベトナム | ベルギーGP | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ペーター・ザウバー | ホセ・マリア・ロペス | ホッケンハイム | ホンダ | ホー・ピン・トゥン | ボブ・ベル | ポルシェ | ポルトガル | ポールリカール | ポール・ストゥダート | ポール・ディ・レスタ | マイク・ガスコイン | マイク・コフラン | マウリツィオ・アリバベーネ | マクラーレン | マセラティ | マックス・チルトン | マックス・フェルスタッペン | マックス・モズレー | マニクール | マノー・マルシア | マリオ・アンドレッティ | マリオ・タイセン | マルク・ジェネ | マルコ・アスマー | マルコ・アンドレッティ | マルコ・マッティアッチ | マルシア | マレーシアGP | マ・キンファ | マーカス・アームストロング | マーカス・エリクソン | マーク・ウェバー | マーク・スミス | マーチ | マーティン・ウィットマーシュ | マーティン・ドネリー | マーティン・ブランドル | ミカ・サロ | ミカ・ハッキネン | ミシュラン | ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ | ミルコ・ボルトロッティ | ムジェロ | メカクローム | メキシコGP | メルセデス | モトGP | モナコGP | モニシャ・カルテンボーン | モンツァ | ヤス・マリーナ・サーキット | ヤルノ・トゥルーリ | ユナイテッドステーツGP | ヨンナム・サーキット | ヨースト・カピート | ヨーロッパGP | ラスベガス | ラファエル・マルシエロ | ラルフ・シューマッハ | ランス・ストロール | ランド・ノリス | ランボルギーニ | リオ・ハリアント | リザーブドライバー | リバティ・メディア | ルイス・ハミルトン | ルイス・ペレス・サラ | ルイス・レイジァ | ルカ・バドエル | ルカ・フィリッピ | ルカ・モンテツェモロ | ルノー | ルマン24時間レース | ルーカス・ディ・グラッシ | ルーベンス・バリチェッロ | レギュレーション | レッドブル | レッドブルリンク | レース・オブ・チャンピオンズ | ロシアGP | ロス・ブラウン | ロドルフォ・ゴンザレス | ロバート・クビサ | ロバート・ドーンボス | ロビン・フラインス | ロブ・スメドリー | ロブ・ホワイト | ロベルト・メルヒ | ロマン・グロージャン | ロリー・バーン | ロルダン・ロドリゲス | ロングビーチ | ロンドンGP | ロン・デニス | ロータス | ローマ | ローラ | ワールドシリーズbyルノー | ヴィジャイ・マルヤ | ヴィタリー・ペトロフ | 上海サーキット | 中国GP | 中嶋一貴 | 中嶋大祐 | 人事 | 佐藤万璃音 | 佐藤公哉 | 佐藤琢磨 | 八郷隆弘 | 南アフリカ | 国本京佑 | 富士スピードウェイ | 小暮卓史 | 小松礼雄 | 小林可夢偉 | 山本左近 | 新井康久 | 新型車発表 | 日本GP | 松下信治 | 武藤英紀 | 浜島裕英 | 片山右京 | 牧野任祐 | 田辺豊治 | 福住仁嶺 | 鈴木亜久里 | 鈴鹿サーキット | 長谷川祐介 | 韓国GP