2024/05/13

L.サージェント(ウィリアム)、シート喪失の噂否定

Logan Sargent
L_sargeant_cockpit_l2ウィリアムズ・レーシングで2年目のシーズンを戦っているローガン・サージェント(23歳:アメリカ)に、シーズン途中でのシート喪失の噂が聞かれている。

それによれば後任には同チームにエンジン供給するメルセデスAMGの意向で秘蔵っ子として知られるアンドレア・キミ・アントネッリ(17歳:イタリア)を抜擢するというもの。

アントネッリは今年『FIA・F2選手権』挑戦にステップアップしたばかりの気鋭の新人。
将来的には本家メルセデスAMGチームを背負って立つ逸材と期待されている。

一方、サージェントは昨シーズンこそホームのアメリカGPで1ポイントを稼いだものの今シーズンはまだ一度も入賞を果たしておらず、風当たりが強くなっている。
ただ本人はこうした交替の噂を全面否定しているということだ。

| | コメント (0)

2024/04/05

サージェント、マシンはアルボンのお下がり

Logan Sargeant
L_sargeant-_williams_l_20240405051201前戦オーストラリアGPでは、マシンをクラッシュさせたチームメイトのアレクサンダー・アルボンにマシンを召し上げられ欠場を余儀なくされたウィリアムズ・レーシングのローガン・サージェントだったが、今週の日本GPでもアルボンは引き続きサージェントから召し上げたマシンを使用、修復された元々アルボンの事故車をサージェントがドライブすることがわかった。

これについてサージェントは「これはF1だ。
統計学のような数字を持ち出しても話にならない。
チームを信頼して100%の走りをするだけ」と、言葉少なに意味深なコメントをするに留めた。

|

2024/03/30

ウィリアムズ、日本GPへの準備万端

Logan Sargeant
L_sargeant_cockpit_l前戦オーストラリアGPで、クラッシュしたアルボンのマシン修復を断念したウィリアムズ・レーシングだが、次戦日本GPには準備万端の状態で臨めるとしている。

これは同チームのジェームズ・ボウルズ代表が宣言したもの。
アルボンがクラッシュさせた『FW46』のダメージは想像以上に大きく、モノコック本体にまで及んでいたが、チームは序盤戦に備えスペアパーツ製作よりもレースカーのアップデートを優先するという戦略を採っていたため修復できなかったという。
これにより同チームのサージェントは自己の責任ではないにも関わらずマシンをチームメイトに提供、2日目以降のセッションをガレージ内で見学という浮き目に遭う結果となっていた。

2度目の体験となる鈴鹿サーキットでは存分に走ってもらいたいものだ。

|

2024/03/23

サージェント(ウィリアムズ)、「キャリアで最悪」

Logan Sargeant
L_sargeant-_williams_l初日限りで今回のオーストラリアGP参戦の機会を取り上げられたウィリアムズ・レーシングのローガン・サージェントは、自身のレーシングドライバー・キャリアの中で最悪の状態とぼやいた嘆いた。

「僕の記憶にある限りでは最悪のシチュエーションだよ。
レーシングドライバーが走るべき自分のマシンを取り上げられるなんて」と嘆く、アメリカ期待の星。

それでも「この世界はチームで戦うもの。
そのために僕はここにいるのだから。
アルボンのためにも自分ができることを精一杯やるよ」と、オトナの対応をみせた。

|

2023/12/15

「米国での認知度上げたい」、サージェント(ウィリアムズ)

Logan Sargeant (C)Williams Racing
拡大します
アメリカでも盛り上がるF1人気を背景にウィリアムズ・レーシングから現状アメリカ人唯一のF1ドライバーとしてデビューを果たしたローガン・サージェント(22歳:フロリダ)だが、ホームグランプリと言えるマイアミGPですら母国ファンの熱闘的な声援を受けたとは言い難い状況だった。

これについてサージェントは「ジュニア時代をヨーロッパ地域で過ごしたからアメリカの観客には馴染みがない」と、自らを分析してみせた。
事実、サージェントがF1スーパーライセンスを獲得したのはヨーロッパ地域を主な戦場とする『FIA・F2選手権』での戦績で、北米のレースによるものではなかった。

それでも本人は「来シーズン、僕が活躍すれば大丈夫」と、すこぶる楽観的だ。

|

2023/12/02

ローガン・サージェント、ウィリアムズ残留決定

Logan Sargeant (C)Williams Racing
拡大します
2023年のレースドライバーであるローガン・サージェント(22歳:アメリカ)について、ウィリアムズ・レーシングは1日、2024年シーズン残留を決定、正式発表した。
チームメイトは複数年契約によりやはり残留したアレクサンダー・アルボンということになる。

他チームのシートがすべて確定する中、ウィリアムズ・レーシングはルーキードライバーであるサージェントについて慎重な戦績評価を行っているとされていた。

|

2023/12/01

ウィリアムズ、サージェントの来季去就はまもなく

Logan Sargeant (C)Williams Racing
拡大します
今シーズン、ルーキードライバーの一人としてウィリアムズ・レーシングからF1参戦を果たしたローガン・サージェント(22歳:アメリカ)だが、唯一来季のシートがまだ確定していないとされる。

これについて同チームの広報担当は「現在この1年間のサージェントのパフォーマンスを精査中で、結論はここ数週間中に下されるだろう」との方針を説明した。

サージェントにとってはまさに『まな板の上の鯉』状態だが、アメリカ人である当人は、シーズン最終盤に行われたラスベガスGPでみせた予選7位というスピードを残留の拠り所にしているようだ。
なおオースティン・サーキットのアメリカGPでも初入賞でポイントを獲得しており、ホームに強いところを示している。

|

2023/09/29

サージェント(ウィリアムズ)、来季残留の芽

Logan Sargeant (C)Williams Racing
拡大します
今季ウィリアムズ・レーシングからF1デビュー、を果たしながらまだ無得点のローガン・サージェント(22歳:アメリカ)だが、チームの期待は高いようだ。

これはジェームズ・ボウルズ代表がスイスのメディアに語ったもの。
それによればルーキーであるサージェントは小さなミスによるクラッシュ等が多く、それらによって本来の優れた能力が覆い隠されているというもの。
さらに今シーズンの残り6戦でみせるパフォーマンス次第で来季残留の可能性も否定しないと語った。

今シーズン、チームメイトのアレクサンダー・アルボンがここまで5回の入賞でチームの全ポイントを稼いでるのに対し、残念ながらサージェントは無得点に留まっている。

|

2023/03/11

サージェント(ウィリアムズ)、初レースは「脱水症状」

Logan Sargeant (C)Williams Racing
拡大します
念願叶い、2023年開幕戦バーレーンGPでF1初レースを体験したウィリアムズ・レーシングのローガン・サージェントだが、フィジカル面ではかなりきつかったことを認めた。

「F1は首に負担が掛かるというのはわかっていたため事前にトレーニングを重ねていたのでなんとか大丈夫だった。
4コーナー先の高速コーナーでも耐えることができたよ。
でもコクピットの中は思ったより暑く、それが身体的には堪えたね。
それでもレースを戦っているうちはアドレナリンが出ているので持っていたけれど、フィニッシュたらもうガックリ。
完全な脱水症状に見舞われていたんだ」と、21歳のアメリカ人F1ドライバー。
F1がF2より格段にハードであることを痛感していた。

|

2023/02/09

ローガン・サージェントに掛かる米F1人気の期待

Logan Sargeant (C)Williams Racing
拡大します
近年急速にF1人気が盛り上がるアメリカだが、アンドレッティ・グローバルと共に新規参戦を窺うインディカー・ドライバーのコルトン・ハータ(22歳:アメリカ)のほうが難航している一方で、F2シリーズ上がりのローガン・サージェント(21歳:アメリカ)がウィリアムズ・レーシングのシートを獲得して夢を実現させて注目を集めている。
また同チームのスポンサーにアメリカを本拠とする『ガルフ石油』が就いたことも追い風になっている。

サージェントは最初から欧州を参戦の舞台に選んだことについて「最高レベルのモータースポーツはやはりヨーロッパだと思っていたから迷いはなかった。
F1はその頂点のものだから、実現して興奮しているよ。
アメリカでF1がもっと盛り上がるといいね」と説明、ウィリアムズの抜擢に感謝の言葉を表した。

|

その他のカテゴリー

70thアニバーサリーGP A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP VW WEC WRC WTCC アイフェルGP アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アニバーサリーGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルベ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルピーヌ アルファタウリ アルファロメオ アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・パロウ アレックス・リン アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル アンドレア・キミ・アントネッリ アンドレア・ステラ アンドレッティ イギリスGP イゴラ・ドライブ イタリアGP イモラ インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オスカー・ピアストリ オトマー・サフナウアー オランダ オランダGP オリバー・ベアマン オリバー・ミンツラフ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP オーラ・ケレニウス カタールGP カナダGP カラム・アイロット カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コルトン・ハータ コロンビア コンコルド協定 サウジアラビアGP サクヒールGP サンパウロGP ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームス・ボウルズ ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ドゥーハン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・サーティーズ ジョージ・ラッセル ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ステークF1 ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スプリントレース スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダビデ・ブリビオ ダン・ティクタム チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テオ・プルシェール テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デンマークGP トスカーナGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・デ・フリース ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ビザ・キャッシュアップRB ピエトロ・フィッティパルディ ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベトナムGP ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガルGP ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミGP マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マイケル・マシ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マドリッドGP マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モハメド・ベン・スレイエム モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラスベガスGP ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リアム・ローソン リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ブルズ レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロイ・ニッサニー ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・シュワルツマン ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロマーニャGP ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ローガン・サージェント ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 周冠宇 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 岩佐歩夢 平川亮 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介 WTCC