2022/12/07

周冠宇(アルファロメオ)、英誌『ルーキー・オブ・ザ・イヤー』に

周 冠宇 (C)Alfaromeo Racing
拡大します
マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が『インターナショナル・ドライバー・オブ・ザ・イヤー』を受賞したイギリスの専門誌『オートスポーツ』の読者投票で、『ルーキー・オブ・ザ・イヤー』に周冠宇(アルファロメオ)が選ばれた。

周は中国人初のフルタイムF1ドライバーとして活躍、ルーキーイヤーを大きなミスもなく乗り切り、WEC(世界耐久選手権)の平川亮、インディカーのクリスチャン・ルンガー、F2シリーズのローガン・サージェント(ウィリアムズ)らを抑えてみごと受賞にこぎ着けたもの。

|

2022/10/22

ペレスと周冠宇、エンジン交換でグリッド降格ペナルティ

FIA
アメリカGPのレーススチュワード(審査委員)は、セルジオ・ペレス(レッドブル)と周冠宇(アルファロメオ)に対し、日曜日の決勝レースで共に5グリッド降格のペナルティを科すことを明らかにした。

それによれば2台はいずれもフリー走行を前にPU(パワーユニット)を交換、これがシーズン5基目となるため規定によりペナルティを受けるもの。

目下わずか1点差でドライバーズ・ランキング2位の座をルクレール(フェラーリ)と争っているペレスには痛手だが、ホームグランプリとなる次戦メキシコGPをも見据えた作戦とみられる。

|

2022/10/13

周冠宇(アルファロメオ)、ファステストラップの快挙

周 冠宇 (C)Alfaromeo Racing
拡大します
今年デビューを果たしたばかりのF1ルーキー・周冠宇(アルファロメオ)が、多くの猛者を差し置いて日本GPのファステストラップを記録した。
路面コンディションの状態などからレース最終盤に記録されることが多いファステストラップだが、周冠宇にとっては条件が恵まれた獲得だった。

周は「路面コンディションが改善されたことと、行列の水しぶきから離れて走っていたことが良かったと思う。
チームが日本GPに持ち込んだアップデートも功を奏したと思うよ」と喜びを表した。

周が記録した最速タイムは1'44.411、2位となったアロンソ(アルピーヌ)が1'44.412で、その差はわずか0.001秒という劇的なものだった。

|

2022/09/28

アルファロメオ、周冠宇との来季契約延長

周 冠宇 (C)Alfaromeo Racing
拡大します
アルファロメオF1チームは、同チームのレースドライバーである周冠宇(23歳:中国)との契約を延長、2023年末までとしたことを正式発表した。

今シーズンがデビューとなる中国人初のF1ドライバー周冠宇は、バルテリ・ボタスのチームメイトとしてこれまで16戦に出場。
計3回ポイント獲得を果たし、最高位はカナダGPの8位というもの。

イギリスGPでは大きなクラッシュを演じたが、みごと復帰している。
なおボタスのほうは複数年契約を結んでいるので来季も同じドライバー・ラインナップになることが確定した。

|

2022/08/13

アルファロメオの来季候補にF2ドライバー浮上

Theo Pourchaire (C)Sauber Motorsport
2023年シーズンのアルファロメオF1のレースドライバー候補にまだ18歳、気鋭の若手F2ドライバーが急上昇して話題を呼んでいるようだ。

同チームではエースであるバルテリ・ボタスの残留は確定しているものの、周冠宇のほうは2022年だけのの単年契約とされ、来季シートはまだ決まっていないという。
本人はデビュシーズンですでにポイント獲得を果たしたこともあり残留に自信を持っているが、ここに来て他の名前も聞こえてきたもの。

名前が挙がっているのはアルファロメオF1とパートナーシップ関係にあるザウバー・モータースポーツのジュニア育成ドライバーである18歳のテオ・プルシェール(フランス)。
今シーズンはFIA(国際自動車連盟)のF2シリーズに参戦中で、目下ランキング3位を走っている逸材。
フレデリック・バッサー代表もその能力を高く買っており、今シーズン中に金曜日のフリー走行1回目セッションか合同テストにも起用したいと語っている。

|

2022/08/07

アルファロメオ、周冠宇の契約は未定

周 冠宇 (C)Alfaromeo Racing
拡大します
アルファロメオF1チームは、2023年のレースドライバーについて、バルテリ・ボタスは複数年契約であることから残留が確定しているものの、新人の周冠宇についてはまだ契約は結ばれていないことが伝えられている。

2019年にルノー・チーム(現アルピーヌF1)に育成ドライバーとして加入、その後は開発ドライバーとして貢献したが、2022年のF1デビューはアルファロメオF1チームからだった。
周は史上初の中国人F1ドライバーでもあることから中国資本のスポンサー獲得が期待されたが、その意味では残念ながらチームの期待を裏切ったとフレデリック・バッサー代表は明かしている。

いまだに周の契約が終了していないのには、大型新人とされるオスカー・ピアストリ(21歳:オーストラリア)の去就も関係しているようだ。

|

2022/07/08

大クラッシュの周冠宇(アルファロメオ)、「体調は万全」

Image
イギリスGP決勝レースのオープニングラップで大クラッシュに見舞われた周冠宇(アルファロメオ)だが、連続開催となる今週のオーストリアGPについて、体調に問題ないと強調している。

このアクシデントではその後続報が出るまでに時間が掛かり、多くの関係者が不安な数分間を強いられた、
これについてイギリスGPのレーススチュワードは「場所が極めて不安定なバリア外に上下転覆したままということもあり、救出に時間を要した」と説明している。

ただ「自分のことより周冠宇の状態が心配で救出に駆け付けたんだ」と語るなど事故に巻き込まれた当事者の一人であるアルボン(ウィリアムズ)でさえ、自らがヘリコプターで搬送されひと晩を過ごすことになるほどだったが、驚いたことに周冠宇はメディカルセンターから早々と『帰還』を果たしている。

|

2022/07/04

奇跡的に無事だった、大クラッシュの周冠宇

Image
イギリスGP決勝レースのオープニングラップで起きた大きなアクシデントで、一時は容態が危惧されたアルファロメオF1チームの周冠宇だったが、しかし特筆するような怪我を負うことなく奇跡的に無事な姿が確認された。

アクシデントはラッセル(メルセデス)、アルボン(ウィリアムズ)、オコン(アルピーヌ)、そして角田裕毅(アルファタウリ)らが関係する複合事故で、とりわけ周冠宇のマシンはいきなり転覆したままランオフエリアを滑走、ほとんどスピードを落とすことなくバリアにクラッシュするとさらにマシンごとフェンスを飛び越えるという壮絶なものでコントロールタワーは直ちにレースを止めた。

ドライバーが自力では脱出できないことはわかったが、その後の情報がないまま時間が経過したため、関係者の間には重苦しい空気が漂った。
救出後、サーキット内のメディカルセンターに搬送された周冠宇は、奇跡的に検査で問題のないことが確認されると本人が自ら姿を現してアピール、観客から大きな声援を浴びた。

|

2022/04/24

周冠宇(アルファロメオ)、作業違反でピットレーンスタートに

 FIA
ロマーニャGPのレーススチュワード(審査委員)は、23日(土)行われたスプリントレースセッション中、アルファロメオF1チームが周冠宇のマシンに対し規定違反の作業を行ったとして、24日(日)の決勝レースをピットレーンスタートとしたことを明らかにした。

それによれば周冠宇のマシンはスプリントレースで他車との接触事故に遭ったため、ガレージで作業を行ったが、規定でパルクフェルメ状態にあるためFIAの監察が必要なところ、これを怠ったというもの。
審査の結果、ピットレーンからのスタートというペナルティを科すことで結着した。

|

2022/03/22

ルーキー周冠宇(アルファロメオ)、初戦で10位入賞

Bahrain GP Image (C)Pirelli Motorsport
拡大します
F1デビュー戦となったバーレーンGP決勝レースで、いきなり10位入賞・初ポイント獲得を果たしたアルファロメオの周冠宇(22歳:中国)が、その喜びを表した。

「もううれしくて最高の気分だよ。
レースが荒れたこともあったけれど、開幕戦でいきなりポイント獲得が果たせるとは正直予想していなかったからね。
僕の夢は、まずF1のグリッドに着くこと、そして次は完走してポイントを獲得することだったから、いきなり二つが叶ってしまったことになるよ」と、喜びを隠せない。

昨季のアルファロメオは元チャンピオンのライコネンを以ってしてもポイント獲得まで開幕から6戦を要したことを考えると上出来だ。
さらに今回はチームメイトのボタスも6位とW入賞を果たしている。

|

その他のカテゴリー

70thアニバーサリーGP A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイフェルGP アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルベ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルピーヌ アルファタウリ アルファロメオ アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・パロウ アレックス・リン アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル アンドレッティ イギリスGP イゴラ・ドライブ イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オスカー・ピアストリ オトマー・サフナウアー オランダ オランダGP オースティン オーストラリアGP オーストリアGP オーラ・ケレニウス カタール カタールGP カナダGP カラム・アイロット カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コルトン・ハータ コロンビア コンコルド協定 サウジアラビアGP サクヒールGP サンパウロGP ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シュタイヤーマルクGP シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ドゥーハン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スプリントレース スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダビデ・ブリビオ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テオ・プルシェール テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デンマークGP トスカーナGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・デ・フリース ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエトロ・フィッティパルディ ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベトナムGP ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガルGP ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイアミGP マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マイケル・マシ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モハメド・ベン・スレイエム モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リアム・ローソン リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロイ・ニッサニー ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・シュワルツマン ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロマーニャGP ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ローガン・サージェント ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 周冠宇 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 岩佐歩夢 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介 WTCC