2021/09/19

メルセデス代表、スプリント予選に懐疑的見解

Toto Wolff (C)Mercedes Motorsports
拡大します
今年のイギリスGPでF1史上初として導入、先のイタリアGPで2度目の試みが行われた『スプリントレース予選方式』だが、メルセデスAMGチームのトト・ウォルフ/エクゼクティブ・ディレクターはこれに懐疑的な見解を示している。

ウォルフ氏は「グランプリの週末に変化をもたらすという意味ではスプリント予選は有効だと思うが、全体としてメリットがあるかについはまだみんなが混乱している状況なのではないか。
もしここで無理をしてクラッシュしたり順位を落としてしまえば、それが直ちに決勝レースのグリッド、ひいてはレース結果に直結することになる。
しかしそれに対して得られるポイントは上位3台だけ、しかも最大でも3ポイントに過ぎないからね。
残念ながらこれではみんな慎重になってリスクを冒せないだろう。
つまりつまらない100キロということになる」と語り、今後検討の余地があることを訴えた。

今年は最後にサンパウロでもスプリント予選が行われることになっている。

|

2021/08/18

スプリント予選方式、導入3戦目はブラジルGPに

Image (C)Honda Racing
拡大します
すでに予想されていたものだが、今年試験的に導入されているスプリント予選3戦目のグランプリは、第20戦のブラジルGPになることが確実となった。

これはF1の責任者であるステファーノ・ドメニカリ/CEOが明らかにしたもの。
なおイギリスGPに続く導入2戦目は第14戦のイタリアGPで、こちらはすでに正式なタイムスケジュールが公表されている。

ドメニカリ/CEOはイギリスGPでの反響が好意的だったことに自信をみせていて、来シーズンはさらに拡大させたい意向だが、全戦がスプリント予選方式になることはないとも明言している。

|

2021/07/28

S.ドメニカリ/CEO、「来季は全戦でスプリント予選も」

Image (C)Honda Racing
拡大します
今年のイギリスGPでF1史上初めて導入されたスプリントレースによる予選について、来季は全戦で導入する可能性が浮上してきた。

これはF1のステファーノ・ドメニカリ/CEOが示唆したもので、同氏は「細部にまだ詰めなければならない部分はあるが、全体として全戦で導入という方向に向かっているのは間違いない」と、否定していない。

スプリント予選はグランプリウィークにおける金曜日・土曜日のスケジュールが大きく変更されることになるが、同氏は(これまで通りのスケジュールの金曜日について)「ハンガリーでは、なんて退屈なんだとみんなが感じるだろう」と指摘した。

初導入されたイギリスGPでは金曜日からスタンドを埋め尽くす観客に世界が驚かされた。

|

2021/07/27

スプリント予選でのポールシッターに疑問の声

Image (C)Honda Racing
拡大します
今年のイギリスGPでF1史上初めて導入されたスプリントレースによる予選について、概ね好評ではあるもののポールシッターの意義については多くのファンや関係者から疑問の声が投げ掛けられていることがわかった。

スプリント予選でのポールシッターではこれまでのような1周だけのラップタイムによるものではなく、スプリント予選という名の『レースの勝者』がその栄誉に預かることになる。
これについてポールポジションの名前にふさわしくないと批判されているものだ。
実際、イギリスGP金曜日の予選で最速タイムを記録したのはハミルトン(メルセデス)だったが記録上のポールシッターは予選レースを制したフェルスタッペン(レッドブル)ということになっている。

ただF1のロス・ブラウン/モータースポーツ・ディレクターは、具体的な項目は避けたもののスプリント予選システムの改善に柔軟な姿勢を否定してはいない。

|

2021/07/24

イタリアGPでのスプリント予選導入が正式決定に

Tifosi (C)Pirelli Motorsport
拡大します
イギリスGPでF1に初めて導入されたスプリント予選方式が、9月に行われる第14戦のイタリアGP(モンツァ・サーキット)でも行われることが正式に明らかにされた。

公開されたタイムスケジュールでは、イギリスGPの時と同様、金曜日にフリー走行と翌日行われるスプリントレースのグリッドを決める公式予選が、また土曜日にはフリー走行と日曜日のグリッドを決めるスプリント予選レース(18周)、そして日曜日にはこれまで通りの決勝レースが53周で行われる。

なお今シーズン3回目となるスプリント予選が予定されていたブラジルGPは、ここに来て新型コロナウイルスの影響で中止になる可能性が高まってきている。

|

2021/07/23

F1首脳、英GPのスプリント予選成功を自賛

Image (C)Honda Racing
拡大します
F1でモータースポーツ担当取締役を務めるロス・ブラウン氏が、先のイギリスGPで初めて導入されたスプリント予選について、大成功だった自画自賛している。

「金曜日、そして土曜日の盛り上がりをみればスプリント予選方式は明らかに成功したと言えるだろう。
ファンは熱狂したし、ドライバーからのフィードバックも前向きなものばかりだった」

その上で同氏はさらに「スプリントレースは単なるトレイン(列車行列)になるなんて言ってたのは誰だい。
F1にいるのは全員が真のレーシングドライバーたち。
レーシングドライバーというのは決して楽なんかしない。
戦う場があれば黙ってはいられない人種なんだ」と、持ち上げた。

スプリント予選は今シーズンあと2戦、イタリアGPとサンパウロGP(ブラジル)が予定されている。

|

2021/07/12

ウィリアムズ、スプリントレースの予選を警戒

George Russell (C)Williams F1
拡大します
今週末のイギリスGP(シルバーストーン)からいよいよ初導入されるスプリントレース形式の予選については、逆に不利になることを警戒する向きもあるがウィリアムズ・レーシングもその一つのようだ。

これについて同チームのジョージ・ラッセルは次のように語っている。
「この方式が、果たして僕らに有利に働くものかはまだわからないね。
僕らはおおむね決勝レースのペースより予選のほうが速くてこれまで利益を得ているから、それがなくなってしまうかも知れないよ。
そうならこれまでの予選のほうがいい。
果たしてどうなるのか、僕自身も当日を注目しているんだ」と、23歳のイギリス人。

非力なウィリアムズにおいて、ラッセルは今季これまでの9戦すべてでQ2に進出する好パフォーマンスを発揮している。

|

2021/07/09

ハミルトン(メルセデス)、「スプリントレースは列車行列」

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsport
拡大します
F1は次戦イギリスGPからいよいよスプリントレースによる公式予選が導入されるが、これについてルイス・ハミルトン(メルセデス)は冷ややかだ。

「スプリントレースに期待する向きもあるようだけど、実際どうなのかな。
僕がイメージできるのは、ただ一列に連なって走るシーン。
オーバーテイクが見られればいいけどね。
きっと、退屈な列車の行列みたいになるだけなんじゃないのかな。
おそらくたいしてエキサイティングなものにはならないよ」と、現役チャンピオン

スプリントレースは土曜日の午後に行われ、その順位が日曜日の決勝レースのスターティンググリッドとなる。
他のカテゴリーでは導入例があるが、F1では初の試みとなる。

|

2021/06/01

スプリントレース導入で『グランドスラム』ポイント案が浮上

Image (C)Ferrari S.p.A
拡大します
今シーズンからイギリスGPなど3戦で初めて導入されることが決まっている『スプリントレース』だが、そのポイント・システムにさらなる提案がなされている。

これを提唱するのはF1でCEO(最高経営責任者)を務めるステファーノ・ドメニカリ氏で、それによれば「公式予選、スプリントレース、さらに決勝レースのすべてを制したグランドスラムのドライバーに、スペシャルのボーナス・ポイントを与える」というもの。
同氏は「若いファンが増える新しい時代に合わせ、F1もさらに魅力あるものにしなければならない」としている。

なおこれはすでに決まっているスプリントレースでの1位3点、2位2点、3位1点とは別のものになる。
ただ導入するとしても今シーズンには間に合わず、来年以降からになるとみられる。

|

2021/05/16

スプリントレース導入のグランプリ、金曜日に予選

Image (C)Pirelli Motorsport
拡大します
今季、F1は新しい試みとして一部のグランプリへの『スプリントレース』の導入を決めたが、その最初のイベントになるイギリスGP(シルバーストーン・サーキット)のタイムスケジュール案が明らかにされた。

それによれば金曜日にフリー走行1回目セッションと公式予選が、続く土曜日にはフリー走行2回目セッションとスプリントレース(予選)が行われ、日曜日の決勝レースのスターティンググリッドが決められることになる。
なお日曜日は通常通りのスケジュールで行われる。

金曜日セッション 現地時間
フリー走行1回目 14:30 - 15:30
公式予選 18:00 - 19:00

土曜日セッション 現地時間
フリー走行2回目 12:00 - 13:00
スプリントレース 16:30 - 17:00

日曜日セッション 現地時間
決勝レース 15:00 -

スプリントレースは、土曜日に約100kmもしくは30分程度の短距離レースを行い、その結果で日曜日のスターティンググリッドを決めるというもの。
このレースでのポイント1位:3ポイント、2位:2ポイント、3位:1ポイント。
今季はイギリスGP、イタリアGP、そしてサンパウロGP(ブラジル)の3レースが予定されている。

|

その他のカテゴリー

70thアニバーサリーGP A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイフェルGP アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルベ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルピーヌ アルファタウリ アルファロメオ アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル イギリスGP イゴラ・ドライブ イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オランダGP オースティン オーストラリアGP オーストリアGP オーラ・ケレニウス カタール カナダGP カラム・アイロット カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コンコルド協定 サウジアラビアGP サクヒールGP サンパウロGP ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シュタイヤーマルクGP シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スプリントレース スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダビデ・ブリビオ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デンマークGP トスカーナGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエトロ・フィッティパルディ ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベトナムGP ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガルGP ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マイケル・マシ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロイ・ニッサニー ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・シュワルツマン ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロマーニャGP ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 周冠宇 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 岩佐歩夢 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介