2021/05/06

FIA、ノリス(マクラーレン)のマシンを技術チェック

Lando Norris (C)McLaren Group
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は、年々複雑化するF1マシンの技術面を公正に評価するため、今シーズンから新たな技術チェックを導入する方針を示したが、
今回のポルトガルGPではトップ10でフィニッシュした中からランド・ノリス(マクラーレン)のマシンが抽出されていたことを明らかにした。

FIAの技術担当者によれば、リヤウィングなどエアロダイナミックス構造物の正確な寸法、DRSのハイドロリック・システム、接続されているセンサー類の確認、その他細部に渡ったとのこと。
結果、当然のことながら検査されたすべてのコンポーネンツは2021年のテクニカル・レギュレーションに合致してることが判明したという。

|

ポルトガルGPの最速ピットストップはレッドブル

Redbull/Pitstop (C)RedBull Racing
拡大します
先に行われた2021年第3戦ポルトガルGP決勝レースで最速のピットストップタイム(DHLファステスト・ピットストップ・アワード)を記録したのは、今回もまた常連であるレッドブル・レーシングのクルーだった。

これはレース最終盤の64周目にファステストラップを記録すべくタイヤ交換にピットインしたマックス・フェルスタッペンに対してのもので、全チーム中唯一2秒を切る1.98秒を記録してみせたもの。
全体の2番手はストロール(アストンマーティン)の2.08秒、3番手はサインツ(フェラーリ)の2.26秒だった。
レッドブルは開幕戦でも同じく1.93秒を記録していて今季2回目、他ではメルセデスAMGチームが1回となっている。

なおこのレースの『ドライバー・オブ・ザ・デー』には、タイヤを労り多くの周でリードラップを走った4位のペレス(レッドブル)が選ばれている。

|

2021/05/04

ボタス(メルセデス)、「3位は目指した結果じゃない」

Valterri Bottas (C)Mercedes Motorsports
拡大します
ポルトガルGP決勝レースをポールポジションからスタートしながら、結果は3位表彰台というものになったメルセデスAMGチームのバルテリ・ボタスは、レース後「目指した結果じゃない」と悔やんだ。

「ポールポジションからスタートしたレースだもの、もちろん勝利を狙っていたよ。
だから、これが満足できる結果である筈がない。
順位を守れなかった一番の原因は最初のスティントでペースが上がらなかったこと。
でも原因はいまのところ掴めていないんだ。
ピットインしてハードタイヤに換えてからはタイヤの温度が上がらず、その間にフェルスタッペンに抜かれてしまった。
さらにエクゾーストのセンサー異常にも見舞われたしね。
とにかく今回はついていなかった」

それでも続く今週のスペインGPでは「十分なデータがある」として巻き返しに意欲をみせた。

|

2021/05/03

ハミルトン、ミディアム – ハードの1ストップ戦略で優勝 (ピレリ)

(C)Pirelli Motorsport
拡大します

2021 ポルトガルグランプリ 決勝
2021 年 5 月 2 日、ポルティマン

キーポイント
• メルセデスのルイス・ハミルトンが、2 位に約 30 秒の差をつけてポルトガルグランプリを制しました。2 番グリッドからスタートしたハミルトンは、37 周目に P Zero イエロー・ミディアムから P Zero ホワイト・ハードへ交換する 1 ストップ戦略を採りました。
• 2 位を獲得したレッドブルのマックス・フェルスタッペンと、3 位でフィニッシュしたメルセデスのバルテリ・ボッタスは、ハミルトンと同様の戦略で走行していましたが、レース終盤にファステストラップポイントを狙って P Zero レッド・ソフトへ交換しました。結果的には、トラックリミット違反によってフェルスタッペンのファイナルラップの記録が削除されたため、ボッタスがファステストラップポイントを獲得しました。
• もう一人の 2 ストッパーは、ハースのニキータ・マゼピンでした。マゼピンも全 3 種類のコンパウンドを使用しました。
• 4 番グリッドからスタートしたレッドブルのセルジオ・ペレスは、ラスト 15 周時点でミディアムからソフトへ交換する戦略で 4 位を獲得しました。
• ソフトでスタートしたドライバー中の最上位ドライバーは、マクラーレンのランド・ノリスでした。7 番グリッドからスタートしたノリスは、ソフト – ミディアムと繋ぐ戦略で 5 位フィニッシュしました。
• 昨日までよりも温暖な天候となり、最高気温 22℃、最高路面温度 40℃のコンディションでした。

各コンパウンドのパフォーマンス
• ハード C1 : 多くのドライバーが第 2 スティントでハードを使用し、レースでの成功への鍵のひとつになりました。コンディションが温暖になったことで、ハードタイヤは、性能を損なうことなく、トラックの厳しさに対してより完璧に適応していました。
• ミディアム C2: 表彰台に上ったドライバーを含む大半のドライバーがミディアムでスタートしました。ハミルトンがピットストップ直前にファステストラップを記録するなど、ミディアムは優れたスピードと耐久性を示しました。16 番グリッドからスタートしたマクラーレンのダニエル・リカルドは、ミディアムで長いオープニングスティントを走行し、ポイント圏内でフィニッシュしました。レッドブルのセルジオ・ペレスもミディアムで長いオープニングスティントを走行し、51 周目時点でトップを走行していました。ペレスが使用したミディアムタイヤは、予選で 6 周を走行済みのものでした。
• ソフト C3: トップ 10 グリッド中の 5 名を含む 7 名のドライバーがソフトでスタートしました。高い気温によって、より硬いコンパウンドの使用が多くなる中、アストン・マーティンのランス・ストロールは、ソフトでレースの 3 分の 2 近くを走行しました。レース終盤、ボ
ッタスがソフトタイヤでファステストラップを記録しました。

ピレリ F1 およびカーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント
「昨日までよりも暖かい天候が軟らかいコンパウンドの摩耗を加速させたことで、ドライバーたちは、タイヤマネジメントにより注力する必要がありました。また、路面の改善によってグリップが増したこともあり、ハードコンパウンドの使用が促進されました。全 3 種類のコンパウンドは、それぞれ異なる理由で際立っていました。ハードタイヤは、今日のコンディション下、完璧なレースで優勝したルイス・ハミルトンを含む多くのドライバーがファイナルスティントで使用し、レースの鍵となりました。ソフトタイヤは、予測通り主に短いオープニングスティントでの使用に限定されましたが、ランス・ストロールは 40 周近くをソフトで走行しました。また、セルジオ・ペレスは、非常に長いスティントをミディアムで走行し、独自の効果的な戦略を実行しました」

ピレリジャパンプレスリリース

続きを読む "ハミルトン、ミディアム – ハードの1ストップ戦略で優勝 (ピレリ)"

|

ニキータ・マゼピン(ハース)にペナルティ・ポイント

FIA
ポルトガルGPのレーススチュワード(審査委員)は、ハースF1のニキータ・マゼピンに対し、ペナルティ・ポイント1点を科したことを明らかにした。

それによればマゼピンは日曜日に行われた決勝レース中、3コーナー部分で背後からペレス(レッドブル)が追い付いた際、周回遅れにも関わらず青旗を無視して後続車のオーバーテイクを妨げたというもの。

ペナルティ・ポイントは連続する12か月で累積12点に達した場合、当該ドライバーのスーパーライセンスが次戦まで停止されるため次のレースに出場できないことになるが、新人のマゼピンはこれが初となる。
なおマゼピンにはレース中すでに5秒のタイムペナルティが科せられている。

|

ポルトガルGPはハミルトン(メルセデス)が今季2勝目飾る

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
5月02(日)15時(日本時間:23時)から今季F1第3戦ポルトガルGPの決勝レースがアルガルベ・サーキットを舞台に全66周で行われた。
スタート時の天候は曇り、気温は20度、路面温度40度まで上昇、路面はドライコンディションとなっている。

1周目が終わったところでライコネン(アルファロメオ)のマシンがフロントウィングを破損させてストップ、いきなりセーフティカーとなった。
デブリ(破片)回収のためストレートはピットロードを通過している。
この゛たかいでボタス(メルセデス)、ハミルトン(メルセデス)、フェルスタッペン(レッドブル)、サインツ(フェラーリ)、ペレス(レッドブル)、ノリス(マクラーレン)、オコン(アルピーヌ)、ルクレール(フェラーリ)、ガスリー(アルファタウリ)、ベッテル(アストンマーティン)の順。
角田裕毅(アルファタウリ)は15位に順位を落としている。

7周目にレース再開。
再スタートでフェルスタッペンがハミルトンを抜いて2位に上がるが、その後抜き返される。
20周目にはボタスも抜いてハミルトンが首位に立つ。
タイヤ交換のためのピットストップ直後、フェルスタッペンがボタスを抜いて2位にアップ。
マゼピン(ハース)が青旗無視で5秒のタイム・ペナルティに。

レースは2位スタートのハミルトン(メルセデス)がバーレーンGP以来の今季2勝目、自身通算97勝目を飾った。
2位にフェルスタッペン(レッドブル)、ピットストップしてソフトタイヤに履き替え最終ラップにファステストラップ・ポイントを獲得したが、その後トラックリミット違反で取り消された模様。
3位は同様にその1周前にファステストラップ・ポイントを獲りに行ったポールスタートのボタス(メルセデス)。
以下、4位ペレス(レッドブル)、5位ノリス(マクラーレン)、6位ルクレール(フェラーリ)、7位オコン(アルピーヌ)、8位アロンソ(アルピーヌ)、9位リカルド(マクラーレン)、10位ガスリー(アルファタウリ)までが入賞。
11位サインツ(フェラーリ)、12位ジョビナッツィ(アルファロメオ)、13位ベッテル(アストンマーティン)、14位ストロール(アストンマーティン)、15位角田裕毅(アルファタウリ)、16位ラッセル(ウィリアムズ)、17位シューマッハ(ハース)、18位ラティフィ(ウィリアムズ)、19位マゼピン(ハース)までが完走。
リタイヤとなったのはライコネン(アルファロメオ)のみだった。
F1次戦はバルセロナ・サーキットで行われるスペインGP(5月09日決勝)になる。

ポルトガルGP決勝レースの結果はこちら
ポルトガルGPの画像はこちら

|

2021/05/02

ポルトガルGP予選、ボタス(メルセデス)が今季初ポール

Valterri Bottas (C)Mercedes Motorsports
拡大します
5月01日(土)15時(日本時間:23時)からアルガルベ・サーキットを舞台に2021年F1第3戦ポルトガルGPの公式予選が始められた。
18分間で争われるQ1では全20台中、下位の5台がノックアウト、15台によるQ2でも下位の5台がノックアウト、そして10台12分間で行われるQ3では決勝レースのトップ10グリッドが決定する。

『Q3』の最初のアタックで今度はフェルスタッペン(レッドブル)がコースリミットを越えベストタイムが取り消され、10台中唯一ノータイムに。
2度目のアタックで上位はタイム更新ならず、ボタス(メルセデス)が最初のタイムで今季初となるポールポジション獲得。
昨シーズンのサクヒールGP以来で、自身通算17回目の快挙となった。
またチームメイトであるハミルトンの通算100回目のポール獲得を阻止することとなった。

2番手は0.007秒の僅差でそのハミルトン(メルセデス)。
3番手フェルスタッペン(レッドブル)、4番手ペレス(レッドブル)、5番手サインツ(フェラーリ)、6番手オコン(アルピーヌ)、7番手ノリス(マクラーレン)、8番手ルクレール(フェラーリ)、9番手ガスリー(アルファタウリ)、10番手がベッテル(アストンマーティン)というトップ10グリッドになった。
ポルトガルGP決勝レースは2日(日)15時(日本時間:23時)から全66周で行われる。

ポルトガルGP公式予選の結果はこちら
ポルトガルGPの画像はこちら

|

2021/05/01

予選Q2、角田裕毅(アルファタウリ)惜しくも敗退

引き続きポルトガルGP予選は15分間のQ2が行われた。
ここでも15台中、Q1と同じく下位の5台がノックアウトとなる。
また上位10台はここでベストタイムを記録したタイヤが明日・決勝レースのスタートタイヤとなる。

1回目の走行ではハミルトン(メルセデス)がただ一人1分17秒台でトップに立つ。
角田裕毅(アルファタウリ)は12番手。
2度目のアタックを終え、トップは最初のタイムでハミルトン(メルセデス)、?番手ボタス(メルセデス)、3番手ノリス(マクラーレン)、4番手オコン(アルピーヌ)、5番手フェルスタッペン(レッドブル)、6番手ルクレール(フェラーリ)、7番手サインツ(フェラーリ)、8番手ペレス(レッドブル)、9番手ベッテル(アストンマーティン)、10番手ガスリー(アルファタウリ)までがQ3進出。
ただ上位はタイヤがミディアムとソフトタイヤが入り乱れている。

ここでの敗退はラッセル(ウィリアムズ)、ジョビナッツィ(アルファロメオ)、アロンソ(アルピーヌ)、角田裕毅(アルファタウリ)、そしてライコネン(アルファロメオ)の5台となった。

|

予選Q1、角田裕毅(アルファタウリ)は12番でクリア

5月01日(土)15時(日本時間:23時)からアルガルベ・サーキットを舞台に2021年F1第3戦ポルトガルGPの公式予選Q1が始められた。
18分間で行われるここでは全20台中、下位5台がノックアウトとなる。
天候は曇り、セッション開始時の気温は18度、路面温度は37度、コースはドライコンディションとなっている。

最初のアタックで1分18秒台を出してトップに立ったハミルトン(メルセデス)だが、直後にコースリミットでタイム削除に。
このセッションのトップはボタス(メルセデス)。
続いてノリス(マクラーレン)、ハミルトン(メルセデス)、オコン(アルピーヌ)、サインツ(フェラーリ)、ペレス(レッドブル)、ルクレール(フェラーリ)、ベッテル(アストンマーティン)、ジョビナッツィ(アルファロメオ)、ガスリー(アルファタウリ)、フェルスタッペン(レッドブル)、角田裕毅(アルファタウリ)、アロンソ(アルピーヌ)、ライコネン(アルファロメオ)、ラッセル(ウィリアムズ)ま゛てがQ2進出。

ここでの敗退はリカルド(マクラーレン)、ストロール(アストンマーティン)、ラティフィ(ウィリアムズ)、シューマッハ(ハース)、そしてマゼピン(ハース)の5台となった。

|

フリー3回目、フェルスタッペン(レッドブル)最速

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
5月01日(土)12時(日本時間:20時)からアルガルベ・サーキットを舞台に2021年F1第3戦ポルトガルGPのフリー走行3回目セッションが1時間に渡り行われた。
天候は曇り、セッション開始時の気温は17度、路面温度28度、コースはドライコンディション。
ピレリは今回5種類用意されたコンパウンドのうち、ホワイトのハードにC1、ミディアムのイエローにC2、そしてレッドのソフトにC3という堅い部類に位置する3種のタイヤを選択・持ち込んでいる。

34分過ぎ、部品脱落対応のため一時バーチャル・セーフティカーに。
このセッションで最速だったのはフェルスタッペン(レッドブル)で、この週末では初めてのトップタイム。
以下、ハミルトン(メルセデス)、ボタス(メルセデス)、ペレス(レッドブル)、オコン(アルピーヌ)、ルクレール(フェラーリ)、サインツ(フェラーリ)、ノリス(マクラーレン)、ガスリー(アルファタウリ)、ライコネン(アルファロメオ)の順。
角田裕毅(アルファタウリ)は11番手、アロンソ(アルピーヌ)は14番手、ベッテル(アストンマーティン)は18番手と苦戦。
この後注目の公式予選が行われる。

ポルトガルGPフリー走行3回目の結果はこちら
ポルトガルGPの画像はこちら

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

70thアニバーサリーGP A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイフェルGP アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルベ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルピーヌ アルファタウリ アルファロメオ アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル イギリスGP イゴラ・ドライブ イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オスカー・ピアストリ オトマー・サフナウアー オランダ オランダGP オースティン オーストラリアGP オーストリアGP オーラ・ケレニウス カタール カタールGP カナダGP カラム・アイロット カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コンコルド協定 サウジアラビアGP サクヒールGP サンパウロGP ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シュタイヤーマルクGP シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スプリントレース スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダビデ・ブリビオ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デンマークGP トスカーナGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエトロ・フィッティパルディ ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベトナムGP ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガルGP ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マイケル・マシ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロイ・ニッサニー ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・シュワルツマン ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロマーニャGP ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 周冠宇 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 岩佐歩夢 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介