2022/10/04

ガスリー(アルファタウリ)のアルピーヌF1移籍が合意か

Pierre Gasly (C)Redbull Racing
拡大します
かねて噂が囁かれていたピエール・ガスリー(アルファタウリ)の移籍が今週にも発表される見込みと伝えられている。
それによれば移籍先はアルピーヌF1で、オコンのチームメイトとして、すでに離脱が確定しているアロンソの後任となる。

実現すれば空いたアルファタウリのレースシートにはいま話題のニック・デ・フリース(27歳:オランダ)が抜擢されるということで、角田裕毅とのフレッシュなコンビということになるという。

|

2022/09/22

ジャック・ドゥーハン、F1昇格のチャンス

Jack Doohan (C)Alpine F1 Team
アルピーヌF1チームの育成ドライバーであるジャック・ドゥーハン(19歳:オーストラリア)にF1昇格のチャンスが巡ってきたかも知れない。

2輪モトGPのレジェンドであるミック・ドゥーハンの子息であるジャックは、昨季FIA・F3選手権でランキング2位に、そしてF2にステップアップした今季は現在ランキング4位で、残りのレース次第でスーパーライセンス発給の可能性も持っている。

アロンソの突然の移籍表明により空席となったアルピーヌのシートには当初オスカー・ピアストリが、これが破談になるとピエール・ガスリーやコルトン・ハータらの名前が挙がっているもののまだ決定していない。
いきなりドゥーハンが昇格となればまだ10代選手の大抜擢といういうことになる。

|

2022/09/20

アルピーヌF1、次戦シンガポールで大幅アップデート

Alpine 『A521』 (C)Alpine F1 Team
拡大します
アロンソのチーム離脱を受け、後任のドライバー選定で混乱が続くアルピーヌF1チームだが、マシンのアップデートのほうは予定通り進捗をみせている。

それによれば同チームの『A521』は次戦シンガポールGPで新設計のフロアパネルをメインとするエアロダイナミックス面で大幅な新パーツの投入が予定されているものという。
目下、コンストラクターズ・チャンピオンシップでアルピーヌF1はマクラーレン・レーシングとの激しいバトルを演じていて、今回のバージョンアップは重要な転機になるかも知れない。

|

2022/09/16

アルピーヌF1、ジョビナッツィをプライベートテストに

Antonio Giovinazzi (C)Haas F1 Team
アルピーヌF1チームは、今月後半に予定されているプライベートテストに昨年までアルファロメオで戦ってきたアントニオ・ジョビナッツィ(28歳:イタリア)を起用する方針を明らかにした。
場所はハンガリーGPのハンガロリンクになる。

ジョビナッツィは先のイタリアGPでハースF1から金曜日のフリー走行1回目セッションに参加したばかり。
本来はフェラーリ系のドライバーだが、オスカー・ピアストリのマクラーレン・レーシング移籍により空席となったテストにレンタルの形での参加が実現したもの。
場合によっては来季のレースシートに繋がるかも知れない。

|

2022/09/15

コルトン・ハータ、アルピーヌF1テストの計画

Colton Herta (C)McLaren Racing
拡大します
現在参戦するインディカー・シリーズから、早ければ2023年にもF1への転向が期待されるコルトン・ハータ(22歳:アメリカ)だが、ハータを擁するアンドレッティ・オートスポーツによれば、F1参戦に必要なスーパーライセンス獲得の資格を得るのに必要な40ポイントに達することができず、FIA(国際自動車連盟)に特例措置を求めてるものの、今のところ見通しは立っていないという。

それでもハータ陣営は、すでに行われたマクラーレンだけでなく、今度はアルピーヌF1のマシンをテストする計画を明らかにするなど着々とF1転向への準備を進めているようだ。
レギュレーションによりプライベートテストに使われるのは旧型のマシンということになる見込み。

なおチームによればこれはあくまでもプライベートテストで、即来季の契約交渉に繋がるものではないと牽制している。

|

2022/09/06

ジャック・ビルニューブ氏、16年ぶりのF1ドライブへ

Jacques Villeneuve (C)Williams F1
拡大します
元F1チャンピオン(1997年:ウィリアムズ・ルノー)で現役引退後もメディアを通じて影響力を発信しているジャック・ビルニューブ氏(51歳:カナダ)が、16年ぶりとなる現代型F1マシンをドライブすることがわかった。

それによれば今週水曜日、場所は週末にイタリアGPが行われるモンツァ・サーキットで、マシンはアルピーヌF1(前ルノー)の昨年型『A521』になるということでルノーサイドの尽力が窺われる。
昨年の現役だったこのマシンは、現在若手ドライバーのテストに供されているものという。

|

2022/09/04

不備だらけだった、アルピーヌF1の契約文書

FIA
FIA(国際自動車連盟)のCRB(契約承認委員会)はアルピーヌF1チームとオスカー・ピアストリ(21歳:オーストラリア)との契約騒動に結着を付けたが、そこで露呈したのはアルピーヌ側の不備だった。

アルピーヌ側が主張した内容によれば、ピアストリに2023年自身のレースシートを与えることができなくなったチームは止むなくウィリアムズ・レーシング入りさせて戦うこと。
また2024年も同チームに留まること、さらにアルピーヌFで走らせることなどで、トータル4年間アルピーヌの支配下に置くというものだが委員会は有効なサインは交わされていないと判断、ピアストリがマクラーレン・レーシングと契約を結ぶのは可能だったと判定した。

アルピーヌはせっかく育成ドライバーとして成長させてきた逸材を失うことになったうえ、1億円近い訴訟費用も負担となった訳で、残留さらに離脱とチームを振り回したアロンソに泣き言の一つも言いたいところだろう。

|

2022/09/01

レッドブル、ガスリーのアルピーヌ移籍容認も

Pierre Gasly (C)Redbull Racing
拡大します
すでにアルファタウリと2023年の契約を更新したと伝えられるピエール・ガスリーについて、レッドブル・レーシングのクリスチャン・ホーナー代表は「本人が希望するなら移籍を容認する」との姿勢を明らかにした。

これはアルピーヌF1のフェルナンド・アロンソが、来季アストンマーティンへの移籍が明らかになったため空席になったそのシートに、アルピーヌF1はルノー・チーム時代からの育成ドライバーである新人のオスカー・ピアストリを起用する方針を明らかにしたものの、本人が否定するというカオスな状態。
この件は現在FIA(国際自動車連盟)のCRB(契約承認委員会)の判断に委ねられている。

そこで浮上したのがそのシートに現アルファタウリのピエール・ガスリーを据えるというプランだ。
ただアルファタウリでは一定の評価を得ているガスリーだが、本人はレッドブル・レーシングへの復帰を切望していることを隠していない。
ホーナー代表はそうしたケースも考慮して「本人がアルピーヌF1への移籍を希望するならわれわれは尊重したい」との姿勢をみせている。

|

2022/08/31

ガスリー(アルファタウリ)にアルピーヌF1の噂も

Pierre Gasly (C)Scuderia Alphatauri
拡大します
2023年までスクーデリア・アルファタウリとの契約があるとされるピエール・ガスリー(26歳:フランス)だが、ここに来てアルピーヌF1へ移籍の噂が出て注目されている。

2017年のマレーシアGPで当時のトロ・ロッソからF1デビュー、チーム名がアルファタウリとなった2020年のイタリアGPではみごと初優勝を飾るなどその才能をみせたが、悲願であることを隠さないレッドブル・レーシング昇格の目途は立っていない。

そうした折り、同チームのアロンソがアストンマーティンへの移籍が明らかとなったため、ガスリーのアルピーヌ移籍は流れたもののようだが、その場合にチームメイトとなるエステバン・オコンとガスリーとはカート時代から犬猿の仲とされるため、否定的な見方をする向きもある。
ただ当人たちはいずれも不仲を否定、大人の対応をみせてはいる。

|

2022/08/19

アルピーヌvsピアストリ、関係修復は絶望的

Oscar Piastri (C)Australia motorsport.org
拡大します
互いに食い違う言い分で揉めているアルピーヌF1チームとその育成ドライバーだったオスカー・ピアストリ(21歳:オーストラリア)とのバトルは抜き差しならぬ泥沼の様相をみせている。

全F2チャンピオンで、将来を嘱望された逸材であるピアストリは、本来2023年アルピーヌからF1デビューを果たす予定だったものの、アロンソが残留の方針に転じたためシートがなくなり、他チームにレンタル移籍を図るなど模索していた。

しかしベッテルがF1引退を表明したことからアロンソがその後任にアストンマーティンに電撃移籍を表明、直ちにアルピーヌはアロンソの後任としてピアストリ起用を発表した。
ところがピアストリ本人がこれを否定する異例な展開になった。

両者の関係は訴訟問題にまで発展していて、すでに関係修復は絶望と伝えられているもの。

今後カギを握っているのはマクラーレンのリカルドのシートとみられ。ピアストリが移籍する可能性が高まっている。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

70thアニバーサリーGP A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイフェルGP アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルベ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルピーヌ アルファタウリ アルファロメオ アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・パロウ アレックス・リン アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル アンドレッティ イギリスGP イゴラ・ドライブ イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オスカー・ピアストリ オトマー・サフナウアー オランダ オランダGP オースティン オーストラリアGP オーストリアGP オーラ・ケレニウス カタール カタールGP カナダGP カラム・アイロット カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コルトン・ハータ コロンビア コンコルド協定 サウジアラビアGP サクヒールGP サンパウロGP ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シュタイヤーマルクGP シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スプリントレース スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダビデ・ブリビオ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デンマークGP トスカーナGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・デ・フリース ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエトロ・フィッティパルディ ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベトナムGP ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガルGP ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイアミGP マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マイケル・マシ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モハメド・ベン・スレイエム モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リアム・ローソン リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロイ・ニッサニー ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・シュワルツマン ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロマーニャGP ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 周冠宇 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 岩佐歩夢 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介 WTCC