2020/11/04

ガスリー(アルファタウリ)のリタイヤ原因はラジエター

Pierre Gasly (C)Scuderia Alfatauri
拡大します
この週末、予選で4番グリッドを獲得するなどスピードをみせていたアルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーだったが、決勝レースではわずか9周目、スタート時の遅れを5位まで挽回していた時に突然ガレージに戻ってリタイヤ第一号となった。
ガスリーによればピットからの無線でマシンがオーバーヒートしていること、修復の手段はないためレース続行は不可能であることを伝えられたという。

チームの説明によれば、ガスリーのマシンにはスタート前に水漏れがあるのを発見、グリッド上で応急措置を施して送り出したとのこと。
しかしレース中に再び漏れが発生、ピットからは為す術なくリタイヤを指示したものという。
なお根本の原因は、ラジエター製作時の溶接ミスが考えられるとのことだ。
オーバーヒートがなければ表彰台もあり得たとのことで悔やまれるトラブルとなった。

|

凡ミスに反省しきりのラッセル(ウィリアムズ)

George Russell (C)Williams F1
拡大します
ロマーニャGP決勝レース終盤、セーフティカー先導によるペースラップ中、突然の単独スピンで一人芝居のクラッシュ劇を演じたウィリアムズ・チームのジョージ・ラッセルは、「完全な自分のコントロールミス」と反省しきりだった。

「F1ドライバーとは思えないまるで素人レーサーのような凡ミス。
おそらくこれまで自分が犯したミスの中でも最も恥ずべきものだろう。
チームのみんながとてもいい仕事をしてくれたというのに、僕がすべてをブチ壊してしまったんだ。
ほんとうに悔やんでいるよ」と、今年22歳のイギリス人。

その失意ぶりにハミルトンら先輩ドライバーからは「誰でも通る道。
この反省を将来に活かせばいい」と、慰め(?)の声が聞かれているという。

|

2020/11/03

冷えたブレーキ、ピット事故を招く

Pitstop Scene (C)Racing Point
拡大します
ロマーニャGP決勝レース終盤、フェルスタッペン(レッドブル)のアクシデントを原因に導入されたセーフティカー先導走行の際、タイヤ交換のためピットインしたレーシング・ポイントのランス・ストロールが所定位置に停止しきれず、ジャッキを構えていたピットクルーを跳ねるという事故を起こしてしまった。
幸い、ピット作業自体は僚友のカバーにより大きな混乱もなく終え、また倒れたクルーも軽い打撲を負っただけで大きな怪我はなかったと伝えられている。

ステアリングを握っていたストロールは「スロー走行が続いたのでブレーキが冷えてしまい思ったより効かなかった」と、釈明している。

なお同様なケースでは2007年のブラジルGP、当時ウィリアムズ・チームからデビューしたばかりの中嶋一貴がやはり止まりきれずにクルーを跳ねて日本のファンを驚かせたことがある。

|

「戦力は上向き」と、ライコネン(アルファロメオ)

Alfaromeo Duo (C)Alfaromeo Racing
拡大します
ロマーニャGPを前に、来季もライコネン&ジョビナッツィというドライバー・ラインナップを継続させるこを発表したアルファロメオ・レーシングは、これを祝福するかのごとく決勝レースでみごとW入賞を果たした。
これは今シーズンここまで全部合わせても3回の入賞しかなかった同チームにとって初となるうれしい快挙だ。

これについて同チームのキミ・ライコネンは、「これはチームにとって間違いなく良い結果だ。
なんたって2台がポイント圏内でフィニッシュしたのだから、自分たちのレースに満足してもいい筈だ。
(戦闘力で劣る)われわれが互角に戦えるカギはタイヤ戦略にあると考えたのでできるだけタイヤをもたせることに傾注した。
結論として今日のレースではこれがポイントに繋がったと言えるね」と、語っている。

|

2020/11/02

ハミルトン、終盤にセーフティーカーが導入されたイモラでのレースを2ストップ戦略で制す (ピレリ)

(C)Pirelli Motorspotrs
拡大します
2020 エミリア・ロマーニャグランプリ 決勝
2020 年 11 月 1 日、イモラ


キーポイント

• メルセデスのルイス・ハミルトンが 2 ストップ戦略でエミリア・ロマーニャグランプリを制し、
7 度目のドライバーズタイトル獲得に一歩近づきました。チームメイトのバルテリ・ボッタ
スが 2 位に入り、両ドライバーが表彰台に上ったことで、メルセデスは 2020 年のコンス
トラクターズタイトル獲得を決定付けました。ボッタスは、計算上、現時点でハミルトンの
ドライバーズタイトルを阻止できる唯一のドライバーです。終盤にセーフティーカーが導
入されたレースで、両ドライバーともに全 3 種類のコンパウンドを使用しました。
• オーバーカット戦略によって勝利を確実にしたハミルトンは、P Zero イエロー・ミディアム
タイヤでライバルたちよりも長いオープニングスティントを走行しながらも、ピットストップ
前には自身のラップを更新していました。バーチャルセーフティーカーの機会を活かし、
ハミルトンは、トップを譲ることなく P Zero ホワイト・ハードタイヤへ交換しました。
• フィニッシュまで 10 周を残すセーフティーカー導入周回中、ハミルトンやボッタスを含む
大半のドライバーが、ファイナルスティントへ向けて P Zero レッド・ソフトタイヤへ交換し
ました。
• セーフティーカーの導入が、1 ストップ戦略を採っていた大半のドライバーを 2 ストッパ
ーへと促しました。ソフトタイヤでスタートしたドライバー中の最上位は、3 位を獲得した
ルノーのダニエル・リカルドでした。
• スタート時の気温は21℃、路面温度は24℃で、レース中も同様のコンディションが継続
しました。

各コンパウンドのパフォーマンス
• ハード C2: マクラーレンとアルファロメオの両ドライバーを除く全ドライバーがハードを
使用しました。リカルドとフェラーリのシャルル・ルクレールは、ハードタイヤで長いステ
ィントを走行し、1 ストップで完走しました。ハードタイヤは、期待通りの優れた一貫性を
示しました。
• ミディアム C3: フロントローの両メルセデスを含む半数以上のドライバーがミディアム
でスタートしました。30 周を走行したハミルトンなど、いくつかの長いオープニングスティ
ントが見られました。アルファロメオのキミ・ライコネンは、ミディアムで 49 周を走行し、
残り 14 周時点で 4 位に位置していました。また、チームメイトのジョヴィナッツィは、ミデ
ィアムで 53 周を走行しました。ポルトガルグランプリ同様、ミディアムタイヤは、優れた
性能と一貫性を示しました。
• ソフト C4: リカルドやルクレールなど、ソフトタイヤでスタートしたドライバーたちは、その
スピードを活かしてオープニングスティントで上位を走行しました。アルファタウリのダニ
ール・クビアトは、ソフト – ハード – ソフトと繋ぐ戦略で 4 位を獲得しました。序盤にはグ
レイニングの発生が見られましたが、レースの進行に伴ってタイヤの状態は改善してい
きました。

ピレリ カーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント
「終盤のセーフティーカー導入が戦略に大きな影響を及ぼしました。それまでは、イモラでのピ
ットストップロスタイムが大きいこともあり、1 ストップ戦略が主流のレース展開でした。ソフトタイ
ヤにグレイニングが発生したことで、当初思い描いたソフトを使用した戦略は、ミディアムやハ
ードを主体とするものに変化しました。フロントローの両ドライバーがスタート時に装着したミデ
ィアムタイヤのデグラデーションは、長いスティントにおいても最小限でした。また、多くのドライ
バーがハードタイヤで 40 周以上を走行しました。もちろん、32 周を走行していたレッドブルのマ
ックス・フェルスタッペンのハードタイヤに何が起こったのか、調査する必要があります。現時点
では、デブリによってパンクが発生した可能性があります。7 年連続でコンストラクターズタイト
ルを獲得したメルセデスを祝福します。ハミルトンがバーチャルセーフティーカーのアドバンテ
ージを完璧に活かすなど、今回も非常に戦略的なレースでした」

ピレリジャパンプレスリリース

続きを読む "ハミルトン、終盤にセーフティーカーが導入されたイモラでのレースを2ストップ戦略で制す (ピレリ)"

|

ホンダ系チーム、決勝レースコメント(11/01)

Daniil Kvyat (C)Scuderia Alfatauri
拡大します
イタリアのイモラ・サーキットで行われたエミリア・ロマーニャGPの決勝は、Scuderia AlphaTauri Hondaのダニール・クビアトが4位入賞を果たしました。
一方、マックス・フェルスタッペンが2位走行中にリタイアを喫するなど、その他のHondaパワーユニット勢にとっては残念な結果となりました。

予選では4台全車がトップ8に入ったHondaパワーユニット勢は、3番グリッドのフェルスタッペンが好スタートを決め、ルイス・ハミルトン(メルセデス)をかわしてバルテリ・ボッタス(メルセデス)に次ぐ2番手につけます。
4番手からスタートしたピエール・ガスリーもハミルトンに並びかけましたが、前をふさがれる形となってポジションを下げ、ダニエル・リカルド(ルノー)に次ぐ5番手でレースを進めました。
しかし、ガスリーはマシンに発生したラジエターのトラブルにより、レースを8周で終えることになりました。

6番手スタートのアレクサンダー・アルボンは、スタートで7番手にポジションを落としたものの、ガスリーのリタイアによって再び6番手に復帰。
前を行くシャルル・ルクレール(フェラーリ)がアンダーカットを狙って早めのピットインを行い、これに反応する形で14周目にピットへ。
アルボンの直後を走っていたクビアトも同様にピットインし、2人は実質6番手と7番手でコースへ復帰します。

イモラはオーバーテイクが難しいことで知られていますが、その中でもフェルスタッペンはボッタスへプレッシャーをかけ続けます。
すると、43周目にボッタスがわずかにコースオフして体勢を崩し、その隙を逃さずにタンブレロで仕掛けたフェルスタッペンは、2番手にポジションアップします。

オーバーテイク後、フェルスタッペンはハミルトンに匹敵するペースを見せますが、ボッタスに前をふさがれていた間に10秒以上のリードを築かれており、ゴールまで2番手をキープするかに見えましたが、突如右リアタイヤがバーストしてリタイアとなりました。
これによってセーフティカーが出動。
アルボンはコース上に留まることを選択しますが、クビアトはピットインしてソフトタイヤに履き替えます。

残り6周でのリスタートとなりましたが、クビアトはソフトタイヤの利を活かして、セルジオ・ペレス(レーシングポイント)とアルボンをオーバーテイク。
5番手にポジションを上げます。
アルボンはセーフティカー走行中にタイヤが冷えていた中で、ペレスのアタックを防ごうとしましたが、不運にもスピンを喫し、最後尾の15番手にポジションを落としてしまいます。

次戦は2週間後の11月15日(日)決勝のトルコGPが、イスタンブール・パークで開催されます。

【マックス・フェルスタッペン(レッドブル)】(決勝 リタイヤ)

「スタートがよく、メルセデスの2台とのバトルを楽しむことができました。
ルイス(ハミルトン)をスタートでかわし、早めにピットインしましたが、それにバルテリ(ボッタス)も反応してきました。
彼はマシンにダメージを負っており、ピット後に前を抑えられる形となって、クリーンエアで走っていたルイスに差を広げられてしまいました。
バルテリをパスしてからは、ペースがあってマシンの感触もよかったです。
とても楽しく走れていたのですが、ストレートでタイヤに問題が発生し、コントロールを失いました。
あのままいけば2位に入ってまた表彰台に上がれていたので、本当に残念です。
こうしたことは起こるものですし、0ポイントは全く望んでいたものではないのですが、レース自体はとてもポジティブでした」

【アレクサンダー・アルボン(レッドブル)】(決勝15位)

「最後尾でのフィニッシュとなりましたが、これが今日の実力を表したものではありません。
トリッキーなレースで、またもトレイン状態の中で走行する展開となってしまいました。
リスタートで何が起きたのか、まだきちんと把握していません。
タイヤが冷えていて、セーフティカー走行中にピットインしたマシンを抑えるためにハードにプッシュする必要があったのですが、そこでスピンを喫してしまいました。
だれかと接触したのかもしれませんが、はっきりしたことはわかっていません。
わずかな間で起こったことでした。
結果論になりますが、違うやり方もあったのではないかと思います。
最終的に上位でフィニッシュしたマシンのように、あのときピットインしてソフトに交換しておけば、よい結果が得られた可能性もあります。
これは明らかに望んでいた結果ではありませんが、次のトルコに切り替えていきます。
マシンの感触はよかったですし、土曜日の走行が改善できたので、いい結果を目指したいです」

【ダニール・クビアト(アルファタウリ)】(決勝 4位)

「とても楽しく実りあるレースでした。
マシンの感触は素晴らしく、大いに走りを楽しみました!
セーフティカーからのリスタートがとても重要で、そのラップでいくつもオーバーテイクを決めました。
最後までダニエル(リカルド)をパスしようとかなりハードにプッシュしましたが、彼はタイヤをうまく温めていたので、残念ながら表彰台には届きませんでした。
ただ、今日のドライビングには満足していますし、チームの仕事ぶりにもハッピーです。コンストラクターズランキングでフェラーリとの差が少しだけ縮まっているので、最後まで戦えればと思います」

【ピエール・ガスリー(アルファタウリ)】(決勝 リタイヤ)

「この結果は受け止めるのがなかなか難しいです。
スタートは素晴らしく、ルイス(ハミルトン)に並びかけたのですが、彼はスペースを厳しく閉じてきたので、スピードを落とさざるを得ず、ダニエル(リカルド)の後ろにつく形となりました。
ただ、その後マシンの感触は本当によく、5番手につけていました。
レース前のレコノサンスラップで水圧低下が見つかり、チームは解決するために全力を尽くしてくれましたが、序盤の数周でリタイアすることになりました。
今日の僕らには大きなチャンスがあったので、とても悲しいです。
レースウイークを通じて調子がよく、フリー走行でも予選でもベストリザルトを記録しており、マシンは最初からとても力強く感じられました。
いつでもリタイアはいいものではありませんが、特にここイモラはホームレースでしたし、トップ5に入れるポテンシャルがあっただけになおさらです」

【田辺 豊治(テクニカルディレクター)】

「今日のレースは、全体としてわれわれにとって大変フラストレーションの溜まる結果となりました。
唯一、Scuderia AlphaTauri Hondaのクビアト選手が、レース終盤にセーフティカーで得たチャンスを逃さず、力強い走りによりホームレースでの4位入賞を果たしてくれたことがポジティブな結果です。
昨日の予選まで両チームともに速さを見せられていただけに、2位を走行していたAston Martin Red Bull Racingのフェルスタッペン選手と、4番グリッドからスタートしたScuderia AlphaTauriのガスリー選手がリタイアによりレースを終えたことは非常に残念に思っています。
フェルスタッペン選手についてはタイヤのトラブル、ガスリー選手についてはラジエターの破損がリタイアの原因です。
最後に、今シーズンのコンストラクターズタイトルを獲得したメルセデスに祝福の言葉を贈りたいと思います。
本当に強いチームですが、われわれも彼らに追いつき、追い越すためにこれからもプッシュを続けます。
気持ちを入れ替えて、次戦の行われるイスタンブールに向かいたいと思います」

提供:本田技研工業(株)

|

2020/11/01

波乱のロマーニャGPもハミルトン(メルセデス)が制覇

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
11月01日(日)14時10分(日本時間:21時10分)から今季F1第13戦ロマーニャGPの決勝レースがイタリア・イモラ・サーキットを舞台に全63周で行われた。
ピレリは今回5種類用意されたコンパウンドのうち、ホワイトのハードにC2、ミディアムのイエローにC3、そしてレッドのソフトにC4という中間の部類に位置する3種のタイヤを選択・持ち込んでいる。
またスタート時の天候は曇り、気温は18度、路面温度25度、路面はドライコンディションでレース中に雨が降る心配はないと報告されている。

オープニングラップでフェルスタッペンが2番手に上がる。
後方ではハースF1のマグヌッセンがコースオフして最後尾に落ちる。
またストロールはフロントノーズを破損してピットイン。
9周目、5番手を走っていたガスリー(アルファタウリ)にマシントラブルの無線があり惜しくもリタイヤに。
19周目にボタスとフェルスタッペンは共にハードタイヤへの交換を行ったが、ハミルトンはそのまま走り続けてギャップを詰め、さらに拡大へ。
29周目、オコン(ルノー)がクラッチトラブルでストップ、バーチャル・セーフティカーになりその間にハミルトンがピットストップ、首位を確実にする。
40周目、ベッテルのピットストップは大幅にタイムロス。
43周目、フェルスタッペンがボタスを交わして2位にアップ。
しかし51周目、フェルスタッペンがコースアウト、クラッシュ、セーフティカーに。
タイヤかマシントラブルとみられるる
このセーフティカーラップの間にラッセル(ウィリアムズ)がクラッシュ。
こちらはドライバーミス(ウェービングか)の模様。
さらにレーシング・ポイントのストロールがピットストップの際にクルーを跳ねるアクシデントを起こす。
58周目にレース再開。
アルボンがスピンして大きく後退、ピットインして最後尾に。

63周をトップで走り切ったハミルトン(メルセデス)がポルトガルGPに続く連勝で今季10勝目、自身通算93勝目を記録、さらに最終ラップでファステストラップ・ポイントも獲得した。
2位にポールスタートのボタス(メルセデス)、3位にリカルド(ルノー)で先のアイフェルGP以来の表彰台獲得となった。
4位にクビアト(アルファタウリ)が入り、昨年のドイツGP以来となる表彰台を逸した。
以下、5位ルクレール(フェラーリ)、6位ペレス(レーシング・ポイント)、7位サインツ(マクラーレン)、8位ノリス(マクラーレン)、9位ライコネン、10位ジョビナッツィでアルファロメオはW入賞を果たした。
11位ラティフィ(ウィリアムズ)、12位グロージャン(ハース)、13位ベッテル(フェラーリ)、14位ストロール(レーシング・ポイント)、15位アルボン(レッドブル)までが完走。
リタイヤはラッセル(ウィリアムズ)、フェルスタッペン(レッドブル)、マグヌッセン(ハース)、オコン(ルノー)、そしてガスリー(アルファタウリ)の5台となった。

次戦のF1第14戦トルコGPは再来週の11月15(日)13時10分(日本時間:19時10分)からイスタンブール・パーク・サーキットを舞台に全58周で行われる。

ロマーニャGP決勝レースの結果はこちら
ロマーニャGPの画像はこちら

|

ホンダ系チーム、公式予選コメント(10/31)

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
イモラ・サーキットで開催されているエミリア・ロマーニャGPの初日の土曜日、Honda PUを搭載したAston Martin Red Bull RacingとScuderia AlphaTauri Hondaの4台は、1日を通して全てのセッションでトップ10入りを果たし、好調ぶりを見せました。

2日開催という変則的な開催形式のエミリア・ロマーニャGPは、予選前の唯一の走行機会となる90分間のFPからはじまり、チームは慌ただしく予選へ向けての準備を進めることになりました。
Scuderia AlphaTauriがいいペースを見せたFPでは、フェルスタッペンが2番手、ガスリーは4番手、続いてクビアトが8番手、アルボンは9番手となり、Honda PUを搭載した4台全てが9番手以内という結果を納めました。

金曜の走行がなかったため予選開始の路面はまだ十分にラバーがのっていなかったものの、4人のドライバーは無事にQ1を突破しQ2へと進出しました。
Q2ではフェルスタッペンが電装系パーツの交換が必要になるトラブルが発生。チームとHondaのメカニックによる素晴らしい働きにより、マシンをギリギリのところでコース上に復帰させることに成功しました。

アタックラップ1周のみのチャンスにも関わらず、フェルスタッペンはミディアムタイヤで素晴らしい走りを見せ、6番手をマークしQ3進出を叶えたと同時に、決勝はミディアムタイヤでのスタートとなりました。

スピンしてしまったアルボンは、最後に残された1周のチャンスをQ3へと繋げるため、ソフトタイヤを使用し4番手をマークしました。
アルボンの1つ前のポジションでQ2を突破したガスリーも力強さを見せたセッションとなり、チームメートのクビアトも8番手でQ3進出となりました。
Scuderia AlphaTauriの2台はソフトタイヤを使用していたため、決勝はソフトタイヤでのスタートとなります。
4台全てがトップ10入りすることができたのは、昨シーズンのメキシコGP以来となりました。

メルセデス勢に迫る勢いをみせたフェルスタッペンは、Q3の最後に大きくタイムアップをし、3番手グリッドを獲得しました。
同じく2列目からスタートするのはF1キャリアベストタイの素晴らしい予選結果だったガスリーで、決勝グリッド4番手を獲得することができました。
予選4番手は、Hondaが2018年にToro Rosso(現Scuderia AlphaTauri)とのパートナーシップ締結以降での予選最高位となります。

アルボンはグリッド6番手を獲得し、僅か0.2秒に満たない差で8番手となったクビアトは、今シーズンの予選ベストリザルトを納めることができました。

【マックス・フェルスタッペン(レッドブル)】(予選 3位)

「Q2で起きたトラブルでリズムが崩れ、若干慌ただしい予選でした。
いつもなら予選では、あとどれぐらいタイムアップができそうかが分かっていて、それに向けて徐々にペースを上げていけるのですが、今日はそうもいきませんでした。
なぜならQ2でミディアムタイヤを装着した状態で、Q3進出を賭けてたったの1周で決めなくてはならなかったのです。
そのあとのQ3では、ソフトタイヤでの情報が少なかったため前半は少し苦戦をしました。

3番手という結果は僕たちが叶えることができた最高位の結果だったと思います。
メルセデス勢に勝てるとは思ってはいませんでしたが、もしスムーズに予選を進められていれば、その差はもっと縮めることができたのではないかと思います。

セッション後にメカニックたちには感謝を伝えました。
再び彼らの素晴らしい作業に助けられ、無事にQ2に戻ることができました。
例え不可能な状況に見える時でも、彼らはいつもベストを尽くしてくれて、とても誇りに思います。
このサーキットは走るのがとても楽しいコースです。
F1マシンが走行するには狭いサーキットなのではと思いましたが、そんなことはなかったようです。
明日はいいレースができるよう願っています」

【アレクサンダー・アルボン(レッドブル)】(予選 6位)

「とても僅差の予選で、僅か0.1秒の差で4番手を逃し、6番手という結果になりました。
総合的に悪くない予選セッションでしたし、6番手スタートからいいレースにしていけると思います。

予選は最初難しかったのですが、徐々にコンディションはよくなっていきました。
Q3でトラックリミットをオーバーし、タイムが抹消となってしまいました。
Q3のファイナルラップは常にリスクとチャンスと背中合わせです。もしあの時タイムをすでに出せていたら、リスクを負ってさらにプッシュをしていたと思いますが、そこまでタイムを伸ばすことができませんでした。
狭いコース幅とタイヤのデグラデーションによって、明日の決勝でのオーバーテイクは難しいかもしれません。
しかし、皆にとって新しいサーキットであり、誰にとっても未知数なことばかりだと思うので、明日の決勝がどうなるか楽しみです」

【ダニール・クビアト(アルファタウリ)】(予選 8位)

「予想していたとおり、今朝のFPはとても忙しい時間になりました。
リズムを掴むために、走行を重ね色々なことを試しました。

予選での自分のラップには満足しています。
とても僅差の戦いとなり、セッション終盤でのマージンはさほどありませんでした。
0.15秒ほどミスをしなければ、もっといい結果となったはずですが、それでもこの予選での自分の走行には文句はありません。
今日の走行から、トラックリミットには注意しなくてはならないと思いました。
グラベルまでワイドにはみ出してしまうとペナルティーとなるオールドスクールなサーキットは、僕自身好きなタイプのコースです。
Q3ではようやくリミットギリギリまで攻めることができました。
明日のスタートポジションはいいチャンスとなるので、最大に活かして結果に結びつけられるよう、明日の決勝ではベストを尽くして戦います」

【ピエール・ガスリー(アルファタウリ)】(予選 4位)

「今朝はとても忙しいセッションからスタートしました。
たった1時間30分という短いFPで、カバーしなくてはならないことがとても多かったのですが、走り出し1周目からマシンのバランスや感触はとてもよかったです。
日曜日の決勝中のタイヤの摩耗具合を予測するため、何周かロングランを走行しました。
終盤にはソフトタイヤでいいパフォーマンスを見つけ出すことができました。
十分に戦える感触があったので、予選には自信を持って挑むことができました。

ここに来る前にも言いましたが、このサーキットはとても素晴らしいサーキットです。
予選で少ない燃料搭載量で走った時の感覚は、本当に素晴らしかったですし、僕のF1キャリアで一番の予選アタックをすることができました。
僕のキャリア最高位となる決勝スタートグリッド4番手を、このイモラ・サーキットで獲得することができとてもうれしいです。
チームはここイタリアで速さをみせることができています!

決勝レースでの課題は多くありますが、メルセデス勢とマックス(フェルスタッペン)の背後というとてもいいポジションからのスタートとなるので、まずはスタートでポジションをキープし決勝を進めていきたいと思います。
セッションのタイムシートを見ると決勝は僅差の争いとなりそうなので、今からとても楽しみです」

【田辺 豊治(テクニカルディレクター)】

「2日間開催となったエミリア・ロマーニャGP初日は、午前中のフリープラクティス90分でマシンとPUの最適化を行い、午後には予選を戦うという忙しい一日になりました。
短時間でセットアップを煮詰めなければならず、車体・PUともに事前の準備も含めて簡単ではありませんでした。

そのような中でも、午後の予選ではホームグランプリとなったScuderia AlphaTauri Hondaの2台がそろって今季ベストリザルトを獲得し、Hondaとしても昨年のメキシコGPの以来の4台揃ってQ3進出と、いい結果を残すことができました。

Aston Martin Red Bull Racingのフェルスタッペン選手は、Q2で電装系のトラブルにより部品交換を余儀なくされ1度のみのタイムアタックになりましたが、きっちりQ3進出を果たして3番グリッドを獲得。
作業に当たったチームとHondaのメカニックがいい仕事をしてくれました。
Scuderia AlphaTauriのガスリー選手はここのところの好調を維持し自身のキャリア最高に並ぶ4番手獲得と、素晴らしい走りでした。

明日、Honda PUを搭載した2台のマシンが2列目のグリッドからレースをスタートすることを楽しみにしています。

また、Red Bull Racingのアルボン選手が6番手、Scuderia AlphaTauriのクビアト選手が今年初のQ3進出で8番手と、それぞれ明日に向けて期待を持てる結果になりました。

4台入賞が可能なポジションですので、きっちりとレースを走り切り、2チームともにポジティブな結果で終われるようにここからも最大限プッシュを続けていきます」

提供:本田技研工業(株)

|

ペレス(レーシング・ポイント)、ピットレーン速度違反で罰金

 FIA
ロマーニャGPのレーススチュワード(審査委員)は、31日(土)行われたフリー走行1回目セッション中、セルジオ・ペレスにピットレーン速度違反があったとして、レーシング・ポイント・チームに対し1,000ユーロ(約12万2千円)の罰金を科したことを明らかにした。

それによればペレスは制限80キロのところを89.5キロで走行したとのこと。
レギュレーションでは1,000ユーロを上限として制限を超えたキロ数に100ユーロを乗じた金額の罰金が科せられることが決まっている。

|

2020/10/31

ロマーニャGP予選、ホンダ・パワーが3-4-6-8番手占める

Imola Circuit (C)Pirelli Motorsport
拡大します
10月31日(土)15時(日本時間:22時)からイモラ・サーキットを舞台に2020年F1第13戦ロマーニャGPの公式予選が行われた。
18分間で争われるQ1では全20台中、下位の5台がノックアウト、15台によるQ2でも下位の5台がノックアウト、そして10台12分間で行われるQ3では決勝レースのトップ10グリッドが決定する。

ホンダ・パワー勢の4台揃って進出したQ3、一時はメルセデスAMG勢の2台に続いてホンダ勢すべてが4台続いて並ぶという圧巻ぶりを演出するシーンもみられた。
最終的なアタックを終え、ポールポジションはボタス(メルセデス)の手に。
ポールタイムは1'13.609、アイフェルGP以来になるもので今季4回目、自身通算15回目の快挙となった。
2番手ハミルトン(メルセデス)でこちらは1'13.706だった。
3番手フェルスタッペン(レッドブル)、4番手ガスリー(アルファタウリ)、5番手リカルド(ルノー)、6番手アルボン(レッドブル)、7番手ルクレール(フェラーリ)、8番手クビアト(アルファタウリ)、9番手ノリス(マクラーレン)、そして10番手がサインツ(マクラーレン)となった。
ホンダ・パワー勢は4台すべてが上位8番手までに入り、8台中半分の4台を占めるという好パフォーマンスをみせた。

ロマーニャGP決勝レースは1日(日)14時10分(日本時間:21時10分)から全63周で行われる。

ロマーニャGP公式予選の結果はこちら
ロマーニャGPの画像はこちら

|

その他のカテゴリー

70thアニバーサリーGP A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイフェルGP アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルピーヌ アルファタウリ アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オランダGP オースティン オーストラリアGP オーストリアGP オーラ・ケレニウス カタール カナダGP カラム・アイロット カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 サウジアラビアGP サクヒールGP サンパウロGP ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シュタイヤーマルクGP シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダビデ・ブリビオ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トスカーナGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベトナムGP ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガルGP ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロイ・ニッサニー ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・シュワルツマン ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロマーニャGP ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介