2020/02/21

ホンダ系チーム、バルセロナ合同テスト2日目コメント(2/20)

Alexander Albon (C)Honda Racing
拡大します

今日のバルセロナテスト2日目は、Aston Martin Red Bull Racingがアレクサンダー・アルボン、Scuderia AlphaTauri Hondaはピエール・ガスリーがドライブを担当し、昨日同様にRed Bull Racingが4番手、Scuderia AlphaTauriが5番手タイムにつける形でセッションを終えました。

テスト前に行われたシェイクダウンと昨日の初日はチームメイトのフェルスタッペンが担当したため、アルボンにとっては初めてのRB16のドライブになりましたが、アルボンはすぐにペースをつかむと134周を周回。ポジティブな感触とともに初走行を終えました。

ガスリーは路面温度が低かった最初の周回の9コーナーでスピンを喫しましたが、特にマシンにダメージを受けることなくその後も走行を続けました。
最終的には全ドライバー中2番目に多い147周を走行。Red Bull Racingのアルボンから0.2秒差の5番手タイムを記録しました。

第1回テストの最終日となる明日は、両チームともに2名のドライバーがマシンをシェアする形でテストを行う予定です。

【アレクサンダー・アルボン(レッドブル)】(4番手)

「RB16での初めての走行となった今日は、いい一日になりました。
昨日のマックス(・フェルスタッペン)の走行から得たフィードバックを反映して、作業を継続しました。
マシンについてはマックスと同じく、おおむねポジティブな感触を得ています。
ランチタイム前後にPUに関する確認を行っていたためいくらかの時間を失いましたが、それを除けばスムーズな一日になりました。
チームは冬の開発期間の間に、昨年問題だと感じていたエリアの修正を図りましたが、マシンに乗ってすぐに改善されていることを感じました。
いつのときもサーキットに戻って来た初日はうれしいものですが、今日はさらにマシンの力強さを感じられたことをうれしく思っています」

【ピエール・ガスリー(アルファタウリ)】(5番手)

「(オフシーズンで)走行がなくてさみしい思いをしていたので、今日はうれしかったです。
今年はプレシーズンテストが例年より2日少ないので、できる限り多くの周回を重ねることが目標で、効率よくさまざまな項目をこなしていく必要がありました。
予定していたプログラムを完了できて、満足していますし、マシンに乗ってすぐ快適な走行ができました。
昨年に比べてテスト項目は増えており、僕のドライビングに関してもすべてを引き出すにはどうしたらいいか理解を深める必要がありましたが、どちらもいい結果が得られたと思います。
新しいマシンで新パーツも試しているので、まだ伸ばしていかなければいけない部分は多くありますし、解析が必要な領域もあります。
残りのテストに向けていい方向性を見つけられたので、今日はかなり習熟が深まったと思います」

【田辺 豊治(テクニカルディレクター)】

「バルセロナテスト2日目となる今日も、昨日同様に基本的な機能確認のプログラムを進めるとともに、昨晩の走行データを解析した結果をフィードバックしてパワーユニット(PU)のセッティングの最適化を進めました。
なお、ランチタイム前にSakuraのベンチテストにてPUに関する懸念点が発生したことから、万全を期す目的でアルボン選手のPUをマシンから切り離し、別のPUに乗せ換えました。
確認の結果、特に問題は見られなかったため、今日の午前に使用したPUは明日のセッションから使用を再開します。
この作業によりいくらかの走行時間を失ったものの、最終的にはアルボン選手が134周、ガスリー選手が147周を走行し、今日も多くのデータを得られた一日になりました」

提供:本田技研工業(株)

|

2020/02/20

ホンダ系チーム、バルセロナ合同テスト1日目コメント(2/19)

Max Verstappen (C)RedBull Racing
拡大します
3月15日のオーストラリアでのF1開幕戦に向け、唯一の走行機会となるF1プレシーズンテストがスペイン・バルセロナで開始しました。
Hondaのパワーユニット(PU)を搭載するAston Martin Red Bull Racing、Scuderia AlphaTauri Hondaは、2チーム合計で284周を走行し、大きなトラブルなく初日を終えました。

Red BullのRB16をドライブしたマックス・フェルスタッペンは、この日全ドライバーの中で最多となる168周を走行。
およそ2.5回分のレースに相当する距離をドライブしました。

今年最初の本格的な走行となりましたが、パワーユニットに問題は起こらず、システムチェックを終えたフェルスタッペンは4番手タイムをマークしました。

Toro Rossoから名称を変更して初の走行を迎えたAlphaTauriは、ダニール・クビアトがフェルスタッペンと0.182秒差の5番手タイム。
セットアップ変更を行いながら、116周を走行しました。

明日、Red Bull Racingがアレクサンダー・アルボン、Scuderia AlphaTauriはピエール・ガスリーが走行し、さらなる走行距離を重ねてプログラムを進めていく予定です。

【マックス・フェルスタッペン(レッドブル)】(4番手)

「今日はいい一日になりました。
できる限り多くの周回を走行することはとても大切なことですし、今日はそれができたのでとても満足しています。
冬の間にマシンの課題だと感じていた部分を改善し、今日はサーキットのどこでもスピードを感じることができました。
今のところ信頼性には問題ありませんし、新しいパーツをテストしながらさらなる周回を重ね、どの部分を改善していけるかを探っていくことになります。
明日以降も満足のいくテストを継続できればと考えています」

【ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)】(5番手)

「テスト初日の今日は大きな問題が起こらずに走行を重ねられて、なかなかいい一日でした。
初めてのドライブでしたが、まるで乗りなれたマシンのような感覚でした。
朝はルーティンのチェックをこなしていたので、作業に少し時間がかかっているように見えたかもしれませんが、最初のテストなのでチームにとっては必要な時間でした。

(午後に)本格的な走行を開始してからは順調に周回を重ねることができ、新型マシンの理解を少しずつ深めていきました。
また、いくつかのセットアップも試し、なかにはレースウイークで使わない可能性のあるアイテムもあったと思います。
まだ初日を終えただけなので、オフシーズンでどのくらい進化できたかを語るのは難しいですし、マシンのベストなバランスを見つけるためにはもう少し時間が必要です」

【田辺 豊治(テクニカルディレクター)】

「われわれのパートナーである2つのチームと一緒に今シーズンを戦うマシンを作り上げ、ここバルセロナでウィンターテスト初日を問題なく走行できたことをうれしく思っています。
ここからシーズンに向けた準備が大詰めとなる中、Toro Rossoから名前を変え新たなスタートを切ったScuderia AlphaTauri Hondaの新しいカラーリングを施したマシンが走行しているのを見るのは、とても新鮮な気持ちでした。
また、Aston Martin Red Bull Racingのフェルスタッペン選手については、全ドライバー中最多の168周を周回し、初日から力強い走りを見せてくれました。

どのチームにとっても同じですが、今年のテストの日数は例年の8日間から6日間に減少したため、一日のプログラムはこれまで以上に濃密なものとなり、その重要性も増しています。
今日のセッションについては例年のテスト初日と同様に、両チームともマシンと、われわれのPUであるRA620Hの機能確認に取り組みました。
それぞれほぼ予定通りにスケジュールを消化し、実りある初日になりました。
テストでは普通のことですが、いくつかの改善点も見つかっていますので、今晩トラックサイドのナイトシフトチームとSakuraのファクトリーとでデータの分析を行い、明日以降に向けて準備を進めます。
この後も多くのテスト項目が予定されていますので、明日以降も精力的に走行に臨みます」

提供:本田技研工業(株)

|

2020/02/19

『カシオ』、アルファタウリとのスポンサー契約更新

Alfatauri Honda 『AT01』 (C)Scuderia Alfa Tauri
拡大します
日本のカシオ計算機は、トロ・ロッソ時代から続く新生アルファタウリとのオフィシャル・パートナーシップ契約を2021年までさらに2年間更新したことを明らかにした。
これにより『CASIO』と同社の腕時計ブランドである『EDIFICE』のロゴがマシン『AT01』のフロントノーズとドライバーのスーツに掲出される。

これについて同社は「アルファタウリF1の持つ若くて勢いのあるイメージはカシオの先進製品と重なるもの。
カシオのチャレンジング精神を以って同チームの活動を支援していきたい」とした。

|

2020/02/16

レッドブル首脳、「アルファタウリはジュニアから姉妹チームに」

Alfatauri Honda 『AT01』 (C)Scuderia Alfa Tauri
拡大します

レッドブル・グループのレーシング・アドバイザーであるヘルムート・マルコ博士は、今シーズン「トロ・ロッソ」から名称変更した「アルファタウリ」について、「これまでのジュニア・チームから姉妹チームという立場になった」と、レッドブル・レーシングとの関係性を表した。

それによればアルファタウリはマシンの多くのコンポーネンツをレッドブルの昨年マシンである『RB15』から流用されただけでなく、サーキット内外における今後のプロモーション活動についてもレッドブルから密接な援助が行われるとのこと。
マルコ博士は「レギュレーションが許す範囲でわれわれは『姉妹チーム』への援助を惜しまない」と、保証した。

アルファタウリというブランド自体、レッドブルが展開する新しいファッション・ブランドで、レッドブルにとってアルファタウリというチームの活躍イコール自社のプロモーション活動にも直接繋がるということになる。

|

アルファタウリ、ミサノで『AT01』をシェイクダウン

Test Scene (C)Scuderia Alfa Tauri
拡大します
2月15日(土)、スクーデリア・アルファタウリは。前日に正式発表した2020年シーズンを戦う新型車『AT01』のシェイクダウン・テストを敢行した。
場所はイタリアのミサノ・サーキット。
最初に『AT01』のコクピットに収まったのはダニール・クビアトだったとのこと。

これは例によってプロモーション活動用に許されている『フィルミングデー』を利用したもので、本格テストとは異なりプロモーション用のタイヤの装着が義務付けられると共に走行距離も100キロ以内に制限されているもの。
今回はシステムチェックだけだが、19日(水)からはバルセロナ合同テストで本格テストに持ち込まれることになる。

|

2020/02/15

アルファタウリ、2020年新型車『AT01』を正式発表

Alfatauri Honda 『AT01』 (C)Scuderia Alfa Tauri
拡大します
2月14日(金)、スクーデリア・トロ・ロッソから名称変更された新生スクーデリア・アルファタウリが、2020年シーズンを戦う新型車『AT01』をレッドブル・グループの本拠オーストリアのザルツブルク空港内に作られたレッドブル・ハンガー7でお披露目した。

ホンダ製パワーユニットが搭載された『AT01』の名称はAlfa Tauriの頭文字と第1号車であることを意味するもので、カラーリングもこれまでとは一新された。
ドライバー・ラインナップは昨年と同じダニール・クビアトとピエール・ガスリーの二人が継続される。

新型車の画像はこちら

|

2020/02/13

アルファタウリ・ホンダの新型車・型式名は『AT01』に

『Alpha Tauri』 (C)Scuderia Toro Rosso

アルファタウリ・ホンダの2020年マシンは2月14日(金)にレッドブル・グループの本拠オーストリアのザルツブルグで正式発表される予定だが、その型式名が『AT01』になることがわかった。

2006年初参戦時の『STR1』以来、これまでスクーデリア・トロ・ロッソの頭文字である『STR』を踏襲、昨年のマシンも『STR14』としてきた同チームだが、今シーズン開幕を前にチーム名を『アルファタウリ』(正式名はScuderia Alfa Tauri Hoonda)としたことから型式名もアルファタウリの頭文字である『AT』と命名されたようだ。

なおアルファタウリはレッドブルのプレミアムファッションブランドで、今後F1を通じて認知度を上げ世界的な展開を目論んでいるようだ。

|

2020/02/10

アルファタウリ・ホンダ、2020年エンジン始動

『Alpha Tauri』 (C)Scuderia Toro Rosso

今季もホンダ製パワーユニットを搭載して戦うアルファタウリ(前トロ・ロッソ)が、2020年仕様のエンジン『RA620H』のファイヤアップ(エンジン火入れ)を行ったことを明らかにした。
2020年マシンは昨シーズン3勝を記録した兄貴分チームであるレッドブル・レーシングの『RB15』から多くのコンポーネンツを流用するとして関係を一層密なものとする予定だ。

ホンダ製パワーユニットを搭載して3シーズン目、今季から正式チーム名もスクーデリア・アルファタウリ・ホンダに変更してさらなる戦績を窺う同チーム。
引き続きダニール・クビアト&ピエール・ガスリーというドライバー・ラインナップで戦う。

|

2020/02/04

新生『アルファタウリ』、課題は新名称の定着

『Alpha Tauri』 (C)Scuderia Toro Rosso
2006年からトロ・ロッソの名前で親しまれたイタリア系のプライベートチームは、今季『アルファタウリ』に登録名を変更してF1に参戦するが、あまり馴染みのないこの名前にファンからは戸惑いの声も聞かれているようだ。

『アルファタウリ』は「牡牛座」(おうしざ)のアルファ星である『アルデバラン』の学名ということで、意味としてはこれまでのトロ・ロッソと同じに『雄牛』のこと。
チームの2020年正式登録名は『スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ』ということになる。
同チームのフランツ・トスト代表は、「われわれがしなくてはならない最初の仕事はアルファタウリという名前に親しんでもらうこと」と、開き直っているようだ。

同チームの新型車『STR15』(仮称)は2月14日(金)、レッドブル・グループの本拠オーストリアのザルツブルグにある『レッドブル格納庫7』で、グループによるアルファタウリお披露目イベントの一環として行われる予定になっている。

|

2020/01/18

アルファタウリの新型車、クラッシュテスト合格

2019 Image (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
アルファタウリ(前トロ・ロッソ)は2020年シーズンを戦う新型車がFIA(国際自動車連盟)によるクラッシュテストをクリアしたことを明らかにした。

クラッシュテストについては全チームが公開するものではないが、2020年についてはすでにフェラーリ・チームがクリアしたことを公表、一方アルファロメオ・レーシングは非公表であるものの最初のテストで失敗した伝えられている。

今季、アルファタウリのマシンは同じホンダ製パワーユニットを搭載するレッドブル『RB15』の前年のパーツを多く流用するとしており、いち早いクラッシュテスト・クリアとなった。

新型車は2月14日(金)にオーストリアのザルツブルグで正式発表される予定。
同チームは来季もクビアト&ガスリーというドライバー・ラインナップでいくものとみられ、すでにクビアトがシート合わせを完了したとも伝えられている。

|

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファタウリ アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 サウジアラビア ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベトナムGP ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介