2022/12/03

アルボン(ウィリアムズ)、母国の孤児院にチャリティ収益寄付

Alexander Albon (C)Williams Racing
拡大します
ウィリアムズ・レーシングのアレクサンダー・アルボン(26歳)が、母国のタイの孤児院に8万4千ポンド(約1400万円)もの金額を寄付したことが伝えられた。

それによればこれは母国に近いシンガポールGPの際に用意した、子どもたちによるデザインのスペシャル・ヘルメットをレース後にチャリティ・オークションで落札した収益であるという。
アルボンは、「こうした活動ができるのも僕がF1ドライバーであることによるというのは理解している。
だから現役のうちに少しでもたくさん貢献したいと思っているよ」と、説明している。

ちなみに体育館の修繕費に使われたというこれ以前のアルボンの寄付では、その建物は『アレックス・アルボン・ホール』と命名されているという。

|

2022/12/01

アルボン(ウィリアムズ)、「過密日程で体調管理困難」

Alexander Albon (C)Williams Racing
拡大します
今年、イタリアGPの週末に体調を崩し、急きょ代役(ニック・デ・フリース)を立てざるを得なかったウィリアムズ・レーシングのアレクサンダー・アルボンは、F1の過密日程が体調の管理に支障をきたしていると語った。

当時、検査で急な虫垂炎と診断されたアルボンだが、さらに手術中の合併症を併発したことで入院生活を余儀なくされイタリアGPを欠場、次のシンガポールGPで復帰した。

しかしこれについてアルボンは「復帰はしたけれど、その後もフィジカル面ではなかなか元に戻らなかったんだ。
シンガポールでの僕の調子といえばせいぜい75%がいいところだったろう。
シーズン中に体調を万全にするにはこの過密スケジュールでは無理だ。
完全に治すには、シーズンオフまで待たなければならなかったんだから」と、訴えた。

ただし来年は今年よりさらにハードな日程が組まれている。

|

2022/09/15

アルボン(ウィリアムズ)、無事退院・帰国

Alexander Albon (C)Williams Racing
拡大します
イタリアGPの週末、虫垂炎発症より緊急入院して手術、その後さらに麻酔による合併症を起こして一時はICU(集中治療室)に入るなどして心配されたウィリアムズ・レーシングのアレクサンダー・アルボン(26歳:タイ)だが、無事回復して自宅のあるモナコに帰国したことがチームから伝えられた。

急きょ代役を務めた新人のニック・デ・フリースがいきなり入賞・ポイント獲得を果たすなど大活躍を演じていて、病床でゆっくり休んでもいられなかったとの穿った見方もあるようだが、医師によれば回復は順調であるとのことで、本人は母国に近い2週間後のシンガポールGP参戦に意欲をみせているという。
2019年、アルボンはこのシンガポールGPで6位入賞(レッドブル・ホンダ)を果たしている。

|

2022/09/14

深刻だった、アルボン(ウィリアムズ)の体調

Alexander Albon (C)Williams Racing
拡大します
ウィリアムズ・レーシングは先のイタリアGPを体調不良で欠場した同チームのレースドライバーであるアレクサンダー・アルボン(26歳:タイ)のその後の症状について次のように説明した。

それによれば土曜日になってアルボンは腹痛を訴え医師の診察を受けたところ虫垂炎であることが判明、入院先の地元病院で緊急の腹腔鏡手術を受けた。
しかし術後、麻酔の合併症に見舞われ呼吸不全に陥ったため、集中治療室に移され。アルボンは一時人工呼吸器が付けられるなど緊張する事態となったが、日曜日にはめざましい回復をみせたという。
幸い今週半ばには退院できるとの見通しが報告されていて、今のところ次戦シンガポールGP(10月2日:決勝)には無事復帰できるとのことだ。

|

2022/09/10

アルボン(ウィリアムズ)、体調不良で欠場へ

ウィリアムズ・レーシングはアレクサンダー・アルボンのイタリアGP欠場と、その代役としてニック・デ・フリース(27歳:オランダ)を起用することを発表した。

それによれば、二日目のセッション直前になってアルボン(ウィリアムズ)が体調不良(盲腸?)で欠場、急きょ代役に昨日フリー走行1回目セッションでアストンマーティンをドライブしたニック・デ・フリース(27歳:オランダ)がウィリアムズから起用されることが発表されたもの。

|

2022/08/04

ウィリアムズ、アレクサンダー・アルボンと複数年契約

Alexander Albon (C)Williams Racing
拡大します
ウィリアムズ・レーシングは、今季レースドライバーとして起用している元レッドブルのアレクサンダー・アルボン(26歳:タイ)について、複数年で契約更新したことを正式発表した。

アルボンは2019年に当時のトロ・ロッソからF1デビュー、その後本家レッドブルに昇格したものの、2020年にシートを失っていた。
2022年にウィリアムズで復帰したが、そこでの優れたパフォーマンスは関係者から高く評価されていた。
なおウィリアムズとの現行の契約は2022年限りの単年契約だったとのことだ。

|

2022/06/25

アルボン(ウィリアムズ)、アロンソに「嘆き節」

Fernando Alonso (C)Alpine F1 Team
拡大します
ウィリアムズのアレクサンダー・アルボンは、予選で故意にコースオフなどを行い、黄色信号や赤旗中断を誘発した者について、当該ドライバーのベストタイムを取り消すなど有効なペナルティを与えるべき、と主張した。
名指しこそ避けたものの、これはアゼルバイジャンGPでのアロンソ(アルピーヌ)を念頭に置いたものであるのは明白。

アゼルバイジャンでは予選Q1終了間際、各車が最後のアタックに出たタイミングでアロンソが15コーナーでコースアウト、セッションが黄色信号となったため多くがタイム更新できなかった一方で、黄旗の張本人であるアロンソ自身は直前に出したタイムでQ2進出に成功したもの。
アルボンは「こうしたやりかたは、このスポーツを台無しにするものだ」と厳しく糾弾した。

F1レギュレーションではこうしたケースでペナルティを科すような条項はあるが、適用されたのはモナコGPでの有名なミハエル・シューマッハ事件くらいのものとなっている。

|

2022/06/21

アルボン(ウィリアムズ)、カナダGPの最速ピットストップ

Tyre Work (C)Pirelli Motorsport
拡大します
19日(日)行われたカナダGP決勝レースで最速のピットストップタイム(DHLファステスト・ピットストップ・アワード)を記録したのは、伏兵ウィリアムズ・レーシングのクルーだった。

それによれば最速はアレクサンダー・アルボンを2.38秒の作業でコースに復帰させた際に記録されたのもの。
今回の2位は、アルファタウリで角田裕毅の2.39秒、3位はアストンマーティンF1のセバスチャン・ベッテルの2.46秒だった。

なおこのレースの『ドライバー・オブ・ザ・デー』に選ばれたのは、PU(パワーユニット)交換によるグリッド最後列から追い上げたルクレール(フェラーリ)。

またボーナスの1ポイントが与えられるこのレースの『ファステストラップ・アワード』は、レース終盤首位のフェルスタッペン(レッドブル)を激しく追い上げたフェラーリのサインツが63周目に記録した1'15.749で獲得した。
なお2番目はそのフェルスタッペン(レッドブル)の1'15.839だった。

|

2022/05/08

アルボン(ウィリアムズ)、ピットレーン速度違反

 FIA
マイアミGPのレーススチュワード(審査委員)は、フリー走行セッション中、アレクサンダー・アルボンにピットレーン速度違反があったとして、ウィリアムズ・レーシングに800ユーロ(約11万円)の罰金を科したことを明らかにした。

それによれば、ピットレーン速度は制限80キロのところ今回アルボンは87.6キロで走行したとのこと。
なおレギュレーションでは制限を超えたキロ数に100ユーロを乗じた金額の罰金が科せられることが決まっているが、最大1,000ユーロを上限としている。

|

2022/04/23

アルボン(ウィリアムズ)の火災は「スイッチの問題」

Image
ウィリアムズ・レーシングは、22日(金)行われたロマーニャGPの予選Q1で、同チームのアレクサンダー・アルボンのマシンに起きた火災について、詳しい状況については明かさなかったものの、タイヤを交換した際に操作するブレーキのスイッチに問題があったと説明した。

ウィリアムズ・レーシングでビークル・パフォーマンス責任者を務めるデイブ・ロブソン氏は、「ウェットタイヤからスリックタイヤに履き替えた際に操作するブレーキのコントロール・スイッチの位置が正しくなく、ブレーキに障害をもたらせた。
ブレーキ内部で出火し、最終的に爆発してパーツは全損した」と、説明している。

一歩間違えば大きな事故に繋がりかねないトラブルに、アルボンは胸をなで下ろしていた。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

70thアニバーサリーGP A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイフェルGP アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルベ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルピーヌ アルファタウリ アルファロメオ アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・パロウ アレックス・リン アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル アンドレッティ イギリスGP イゴラ・ドライブ イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オスカー・ピアストリ オトマー・サフナウアー オランダ オランダGP オースティン オーストラリアGP オーストリアGP オーラ・ケレニウス カタール カタールGP カナダGP カラム・アイロット カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コルトン・ハータ コロンビア コンコルド協定 サウジアラビアGP サクヒールGP サンパウロGP ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シュタイヤーマルクGP シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ドゥーハン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スプリントレース スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダビデ・ブリビオ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テオ・プルシェール テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デンマークGP トスカーナGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・デ・フリース ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエトロ・フィッティパルディ ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベトナムGP ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガルGP ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイアミGP マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マイケル・マシ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モハメド・ベン・スレイエム モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リアム・ローソン リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロイ・ニッサニー ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・シュワルツマン ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロマーニャGP ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ローガン・サージェント ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 周冠宇 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 岩佐歩夢 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介 WTCC