2018/05/13

トロ・ロッソ&ホンダ、「ハートリー無事幸い」

Brendon Hartley (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
スペインGP予選で、ピエール・ガスリーが12番手になったものの、ハートリーが直前のフリー走行でクラッシュするという事態に見舞われたトロ・ロッソ&ホンダだがいずれもハートリー本人の無事を幸いであるとコメントした。

ホンダF1の田辺豊治/テクニカルディレクターは「今日は、ハートレーがFP3でのアクシデントにより予選を走れなかったことは残念だったが、激しいクラッシュにもかかわらず彼が無事で明日のレースにも出場できることは幸いだった。
彼のPU(パワーユニット)についてはダメージが激しいこともあり、レースに向けて交換する。
ガスリーについてはうまく予選のセッションをまとめてくれた。
明日は12番手スタートからいいレースができることを期待している」と、コメント。

またトロ・ロッソのジェームズ・キー/テクニカル・ディレクターも「今日は不運な出来事が続いた。
ハートリーはFP3で大きなアクシデントを起こし、マシンのダメージがかなりひどかったので予選までに修復が間に合わなかった。
このようなときは、時間をかけて詳細にわたってチェックし、負荷のかかるパーツに問題がないことを確認しなければならない。
何よりも大切なのはドライバーが無事だったことで、ハートリーは明日のレースに向けて回復できるだろう」と、説明した。

| | トラックバック (0)

2018/05/12

田辺豊治T/D(ホンダ)、「我々のパッケージは徐々に機能」

STR 『STR13』 (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
ヨーロッパ・ラウンドの幕開けとなったスペインGPのフリー走行初日。
トロ・ロッソ・ホンダは14-18番手と中団グループに埋もれる結果となった。
これについてホンダF1の田辺豊治/テクニカルディレクターは次のように語っている。

「難しい週末になった過去2戦からのフィードバックもあり、我々のパッケージはここスペインで徐々に機能してきたように感じている。
マシンのダメージにより、やや長いピットストップはあったし、風が強く難しいコンディションではあったものの、おおむね問題なくプログラムを消化できた一日となった。
ただ、午後のセッションではトラフィックの影響により、クリーンな状況下でタイムアタックができなかったことは残念。
このサーキットではオーバーテイクが難しく、予選が重要になるので、パワーユニット側も明日の予選を重視したセッティングで挑むことになると考えている」

またトロ・ロッソのジョナサン・エドルズ/チーフ・エンジニアは、「ガスリー&ハートリーいずれもフロア交換などの作業に追われ、時間的な余裕がなかった」と、釈明。
「スーパーソフトを使っての予選シミュレーションは満足に行うことができておらず、現在のタイムはマシンの実力を正確に反映できていない可能性がある」と、説明した。

| | トラックバック (0)

2018/04/28

ホンダ責任者、「予定通りにプログラムを消化」

Baku Circuit (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
アゼルバイジャンGPのフリー走行1日目セッションを終えたホンダF1の田辺豊治/テクニカルディレクターは、「予定通りに金曜日のプログラムは消化できた」と、初日を振り返った。

「今回のアゼルバイジャンGPは、市街地コース(ストリートサーキット)で行われているというのが特徴。
そのため、今日のセッションは埃っぽい路面から始まり、走行を重ねるたびに徐々にトラックコンディションが改善されていくという状況だった。
午前の1回目セッション開始直後に、ガスリーのPU(パワーユニット)調整のために少しだけマシンを止めることはあったが、全体としては予定していたPUのプログラムをほぼすべて消化でき、スムーズな一日になった」

またトロ・ロッソのジョナサン・エドルズ/チーフ・エンジニアは次のように語っている。

「バクーは今までのサーキットとはかなり違ったことを求められるコース。
特に2キロのストレートにおける空力面での調整がカギとなるため、このコースに特化した空力コンポーネントを持ち込んだ。
もっとタイムアップができる筈なので、今夜の作業で明日に向けて改善するべき所を見つけたいと思っている。
今夜はやるべきことが沢山あるので、チーム一丸となって取り組みたい」

| | トラックバック (0)

2018/04/17

ホンダ、「残念な結果。次戦に向け分析進める」

STR Honda 『STR13』 (C)Honda Racing
拡大します
予選、決勝レースとも良いところなく終わってしまった中国GPの結果について、ホンダF1の田辺豊治/テクニカルディレクターは次のように振り返った。

「先週のバーレーンで見せた力強いレースから一転、今週は苦しい週末になった。
PU(パワーユニット)自体については週末を通じて順調だったが、レースペースが上がらない中、チームメート同士の接触もあって残念な結果になってしまった。
今後のシーズンで競争力のある走りを見せるため、ファクトリーに戻りここまでの3レースで得たデータの分析を進めなければならない」

またスクーデリア・トロ・ロッソのフランツ・トスト代表も、「リカルドとレッドブル・レーシングが素晴らしいレースをみせてくれたが、その一方でわれわれは残念な結果になってしまった。
今週は最初から苦戦が続き、グリッド後方からのスタートを余儀なくされたうえ、レース中も思ったようなペースをつかむことができなかった。
さらにコミュニケーションの失敗からチームメイトどうしの接触まで起こってしまい残念だ。
さらにレース終盤にはハートレーのマシンのギアボックスにトラブルを発見し、リタイアに追い込まれることとなった。
次戦までに問題の解決策を見出し、バクーでは戦えるように取り組んでいきたい」と、語った。

| | トラックバック (0)

2018/04/08

田辺豊治T/D(ホンダ)、「万全の準備で明日に臨む」

STR Honda 『STR13』 (C)Honda Racing
拡大します
まだ予選とはいえ、トロ・ロッソ・チームとパートナーシップを組んで2戦目にして早くも予選6位という『結果』を出したホンダF1の田辺豊治/テクニカルディレクターは次のようなコメントを明らかにした。

「ガスリーがQ3に進出、ハートリーのほうはわずかな差でQ3進出を逃したものの、2人とも非常に力強いパフォーマンスを見せてくれた。
開幕戦のメルボルンと比較して、このサーキットがわれわれのマシンの特性に合っているという部分は大きいと思うが、ともかくチームにとっては非常に前向きな一日になった。
またチームが今回のために用意した空力パッケージがとてもよく機能したと思うし、今日一日問題なくセッションを終えられたことも良かったと感じている。
今日はチーム全員がいい仕事をしてくれたので、この結果で得た勢いを活かし、万全の準備で明日に臨みたいと思っている」

対照的に、ホンダと訣別する道を選んだマクラーレン・チームのほうは今回予選13-14位に沈んだ。

| | トラックバック (0)

2018/03/28

「信頼性重視」のホンダにショック

STR Honda 『STR13』 (C)Honda Racing
拡大します
昨シーズンの轍を踏まないよう、「信頼性重視」で開幕戦オーストラリアGPに臨んだホンダにとって、ガスリーのマシンに発生したMGU-H(熱エネルギー回生システム)のトラブルは衝撃だったようだ。

最後尾の20番手からスタートしたガスリーだったが6周目には16位までアップ。
さらに順位を上げようとしていたがマシンは突然パワーユニットの電源が落ち、ストップ。
リセットして再走は果たしたものの、結局わずか13周で戦線離脱を余儀なくされたもの。

これについてホンダの田辺豊治/テクニカルディレクターは、「トラブルはこれまでのテストで一度も起きたことのないもので、まったく予兆なく発生した」と説明した。
パワーユニットは日本に戻されて詳細な解明を行うということだが、ハードウェアに損傷があるのは確実とみられ、ガスリーには早くも痛恨のペナルティが予想される。

| | トラックバック (0)

2018/03/25

田辺豊治T/D(ホンダ)、「Q1敗退は無念もライバルとは僅差」

STR Honda 『STR13』 (C)Honda Racing
拡大します
トロ・ロッソ・ホンダとなって初めて迎えた公式予選で、2台共に無念の敗退となったことを受け、ホンダF1の田辺豊治/テクニカルディレクターは次のように語った。

「予選をドライコンディションで迎えられたことは良かったが、2台共にQ1でセッションを終えたことは残念です。
しかしわれわれより前に位置したライバルとの差は僅差。
マシンに対するドライバーの感触も悪くないとのこと。
ここアルバートパークではあらゆることが起き得るのでチャンスを逃がすことがないよう、チームと力を合わせ万全の準備で決勝レースに臨みます」

またトロ・ロッソ・チームのジェームズ・キー/テクニカル・ディレクターは、「中団の争いは激しいと思っていたが、Q2に進出することなく終わってしまったことは残念。
わずかコンマ数秒の差で結果が大きく変わってしまった。
これは今後行われるレースでも同じだと思う。
ベストを尽くせるように戦略を練まりたい。
今年は体制づくりの年なので、確かなレベルでスタートを切り、成長してシーズンを終えるつもり。
まだ年間21戦の1戦目、しかるべきポジションに行くためにやるべきことは数多くある。
これはこれから続く道のりの最初の1歩なのだ」と、鼓舞した。

| | トラックバック (0)

2018/03/11

ホンダF1責任者、「開幕戦を楽しみにしている」

STR Honda 『STR13』 (C)Honda Racing
拡大します
延べ8日間に渡るシーズン前テストを終えたトロ・ロッソ・チームのパートナー、ホンダは、昨シーズンと異なり順調だったテスト結果に満足の表情を窺わせた。

ホンダ陣営の指揮を執る田辺豊治/テクニカルディレクターは、「最終日は昨日のガスリー選手とほぼ同じプログラムでハートリー選手がトータル156ラップを周回して終えた。
今回二人のドライバーがそれぞれレース・シミュレーションを完遂できたのはとても大きな成果だと言える。
テスト2(後半の4日間)では同じ1台のパワーユニットを使い続けたので最後は悲鳴を上げてしまったが、テスト全体としてみれば多くのデータを収集することができ満足している。
またまだシーズン前テストを終えただけの段階だが、トロ・ロッソとはとてもいい形でコミュニケーションが取れている。
この陣容でメルボルン(オーストラリアGP)を迎えるのを心から楽しみにしている」と、意気込みを述べた。

2018年開幕戦オーストラリアGPはいよいよ2週間後に迫った。

| | トラックバック (0)

2018/03/09

ガスリー(トロ・ロッソ・ホンダ)、ノートラブルで3番手タイム

Pierre Gasly (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
シーズン前合同テスト後半3日目を担当したトロ・ロッソ・ホンダのピエール・ガスリー(21歳:フランス)、これまでよりもさらに飛躍、ベストタイムが全体で3番目、周回数も全体の3番手となるこの日トータル169ラップもの周回を重ねてプログラムをさらに進捗させた。

満足いくテストを終えたガスリーは「今日は予定していたすべての作業を完了できた。
僕自身にとっても、またチームにとっても実にプロダクティブな一日になったと思うな。
今日の目標は155周だったんだけど、169周も周回できたしね。
とても忙しい一日だったけど、ベストタイムも良かったので報われたよ。
自分自身の最後のテストを3番手で締めくくれたことには本当に満足している。
もちろん今はタイムがそれほど重要じゃないのはわかっているしメルボルンのグリッドはまた別のものだけど、励みにはなったからね」

またホンダの田辺豊治/テクニカルディレクターも「今日もコンディションに恵まれ、とてもプロダクティブなテストができた一日になった。
午前中は公式予選のシミュレーションに取り組み、午後にはピットストップなどオペレーション作業も含めたレースシミュレーションに励んだ。
今日はガスリーがトラブルに見舞われることなく169周を走破し、貴重なフィードバックをもたらせてくれた。
これまでののところ、われわれのパワーユニットには信頼性があるし、レースセッティングの点でも熟成が進んでいる」と、自信をみせた。

| | トラックバック (0)

2018/03/08

ハートリー(トロ・ロッソ・ホンダ)、119周を走破

Brendon Hartley (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
シーズン前合同テスト後半の2日目を担当したトロ・ロッソ・ホンダのブレンドン・ハートリー(27歳:ニュージーランド)は、前日のガスリーに続いて全体で5番目のベストタイム、そして小さなトラブルはあったもののこちらは全体の4番手となるこの日トータル119ラップもの周回を重ねてプログラムを進捗させた。

ハートリーは「午後にちょっとしたマシントラブルはあったけれどたいしたことじゃない。
その後は燃料を積んでレース・シミュレーションを行うこともできたしとてもプロダクティブな一日になったよ。
セットアップによってはドライブが難しい時もあったけれど、タイムは出ているので楽しいね」と、良好な反応。

またホンダの田辺豊治/テクニカルディレクターも「今日も暖かくて素晴らしいコンディションのもとテストを行うことができたので良かった。
ハートリーは前回のテストでは悪天候の関係もあって多くの距離が走れなかったが、今回はマシンへの理解を相当進めることができたと思う。
トロ・ロッソとの共同作業もうまくいっていて仕事は捗っている。
あと2日間もこのペースで進めたいね」と、満足気だった。

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

A-1リンク | A1グランプリ | BMW | BMWザウバー | DRS | DTM | F1 | F1テスト | F2 | F3 | FIA | FOM | FOTA | GP2 | GP3 | GPDA | IMSA | INDY | ING | IRL | KERS | NASCAR | US-GP | USF1 | VW | WEC | WRC | WTCC | アイルトン・セナ | アウディ | アストンマーティン | アゼルバイジャン | アゼルバイジャンGP | アダム・パール | アブダビGP | アメリカGP | アラン・プロスト | アルガルブ | アルガルブ・サーキット | アルゼンチンGP | アルド・コスタ | アルバートパーク | アルファロメオ | アルフォンソ・セリス | アレクサンダー・ロッシ | アレクサンドル・ブルツ | アレックス・リン | アンソニー・デビッドソン | アンディ・ソウセック | アントニオ・ジョビナッツィ | アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ | アンドレアス・ツバー | アンドレ・ロッテラー | イギリスGP | イタリアGP | イモラ | イルモア | インテルラゴス | インディアナポリス | インドGP | ウィリアムズ | ウィリ・ウェバー | ウィリー・ランプ | ウィル・スティーブンス | エイドリアン・カンポス | エイドリアン・スーティル | エイドリアン・ニューイ | エイボン | エステバン・オコン | エステバン・グティエレス | エディ・ジョーダン | エリック・ブイユ | エンジン | エンツォ・フィティパルディ | オトマー・サフナウアー | オースティン | オーストラリアGP | オーストリアGP | カタール | カナダGP | カルロス・ゴーン | カルロス・サインツJr. | カルン・チャンドク | カート | キミ・ライコネン | キャノピー | キャラミ・サーキット | ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ギュンター・シュタイナー | クムホ | クリスチャン・クリエン | クリスチャン・ホーナー | クレア・ウィリアムズ | グッドウッド | グレーム・ロードン | ケビン・マグヌッセン | ケータハムF1 | ゲイリー・パフェット | ゲルハルト・ベルガー | コスワース | コリン・コレス | コンコルド協定 | サム・マイケル | ザウバー | ザク・ブロウン | シャルル・ピック | シャルル・ルクレール | ショーン・ゲラエル | ショーン・ジェラエル | シリル・アビテブール | シルバーストーン | シンガポールGP | ジェラール・ロペス | ジェローム・ダンブロシオ | ジェンソン・バトン | ジェームス・アリソン | ジェームス・カラド | ジェームス・ロシター | ジェームズ・キー | ジャガー | ジャッキー・スチュワート | ジャック・エイトケン | ジャック・ビルニューブ | ジャンカルロ・フィジケーラ | ジャン・アレジ | ジャン・エリック・ベルニュ | ジャン・トッド | ジュリアーノ・アレジ | ジュール・ビアンキ | ジョナサン・ニール | ジョニー・ハーバート | ジョリオン・パーマー | ジョルジョ・パンターノ | ジョン・サーティーズ | ジョン・ハウェット | ジョン・ブース | ジョージ・ラッセル | ジョーダン | ジョーダン・キング | ジーン・ハース | スティーブ・ニールセン | ステファンGP | ステファーノ・ドメニカリ | ストッフェル・バンドーン | スパイカーF1 | スパフランコルシャン | スペインGP | スポンサー | スージー・ウォルフ | スーパーライセンス | スーパー・アグリ | スーパー・フォーミュラ | セバスチャン・ブエミ | セバスチャン・ベッテル | セバスチャン・ボーデ | セバスチャン・ロウブ | セパン・サーキット | セルゲイ・シロトキン | セルジオ・ペレス | セルジオ・マルキオンネ | ソチ | タイGP | タイヤ | ダカールラリー | ダニエル・ジュンカデラ | ダニエル・リカルド | ダニカ・パトリック | ダニール・クビアト | ダビデ・バルセッキ | ダン・ティクタム | チェイス・キャリー | チェコ | チャンプカー | チャーリー・ホワイティング | ティモ・グロック | テレビ | ディーター・ツェッチェ | ディートリッヒ・マテシス | デイトナ | デイモン・ヒル | デビッド・クルサード | デビッド・シューマッハ | デビッド・リチャーズ | デモラン | デュランゴ | デンマークGP | トト・ウォルフ | トニー・フェルナンデス | トヨタ | トルコGP | トロ・ロッソ | ドイツGP | ドニントンパーク | ナイジェル・マンセル | ナイトレース | ナレイン・カーティケヤン | ニキ・ラウダ | ニコラス・トッド | ニコラス・ラティフィ | ニコ・ヒュルケンバーグ | ニコ・ロズベルグ | ニック・ハイドフェルド | ニック・フライ | ニュルブルクリンク | ニュージャージー | ネルソン・アンジェロ・ピケ | ネルソン・ピケ | ノルベルト・ハウグ | ハイメ・アルグエルスアリ | ハインツ・ハラルド・フレンツェン | ハロー | ハンガリーGP | ハンガロリンク | ハンコック | ハースF1 | バルセロナ | バルテリ・ボタス | バレンシア | バレンシアGP | バレンティーノ・ロッシ | バーニー・エクレストン | バーレーンGP | バーレーン国際サーキット | パスカル・ウェーレイン | パストール・マルドナド | パット・シモンズ | パット・フライ | パディ・ロウ | パトリック・ヘッド | ヒスパニア・レーシング | ビタントニオ・リウッツィ | ピエール・ガスリー | ピットストップ | ピレリ | ファン・モントーヤ | フェラーリ | フェリッペ・ナスル | フェリッペ・マッサ | フェルナンド・アロンソ | フォース・インディア | フォード | フォーミュラE | フラビオ・ブリアトーレ | フランク・ウィリアムズ | フランク・ダーニー | フランスGP | フランツ・トスト | フレデリック・バッサー | ブラウンGP | ブラジルGP | ブラバム | ブランズハッチ | ブリヂストン | ブルガリア | ブルーノ・セナ | ブレンドン・ハートリー | プロドライブ | ヘイキ・コバライネン | ヘルマン・ティルケ | ヘルムート・マルコ | ヘレス | ベトナム | ベルギーGP | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ペーター・ザウバー | ホセ・マリア・ロペス | ホッケンハイム | ホンダ | ホー・ピン・トゥン | ボブ・ベル | ポルシェ | ポルトガル | ポールリカール | ポール・ストゥダート | ポール・ディ・レスタ | マイク・ガスコイン | マイク・コフラン | マウリツィオ・アリバベーネ | マクラーレン | マセラティ | マックス・チルトン | マックス・フェルスタッペン | マックス・モズレー | マニクール | マノー・マルシア | マリオ・アンドレッティ | マリオ・タイセン | マルク・ジェネ | マルコ・アスマー | マルコ・アンドレッティ | マルコ・マッティアッチ | マルシア | マレーシアGP | マ・キンファ | マーカス・アームストロング | マーカス・エリクソン | マーク・ウェバー | マーク・スミス | マーチ | マーティン・ウィットマーシュ | マーティン・ドネリー | マーティン・ブランドル | ミカ・サロ | ミカ・ハッキネン | ミシュラン | ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ | ミルコ・ボルトロッティ | ムジェロ | メカクローム | メキシコGP | メルセデス | モトGP | モナコGP | モニシャ・カルテンボーン | モンツァ | ヤス・マリーナ・サーキット | ヤルノ・トゥルーリ | ユナイテッドステーツGP | ヨンナム・サーキット | ヨースト・カピート | ヨーロッパGP | ラスベガス | ラファエル・マルシエロ | ラルフ・シューマッハ | ランス・ストロール | ランド・ノリス | ランボルギーニ | リオ・ハリアント | リザーブドライバー | リバティ・メディア | ルイス・ハミルトン | ルイス・ペレス・サラ | ルイス・レイジァ | ルカ・バドエル | ルカ・フィリッピ | ルカ・モンテツェモロ | ルノー | ルマン24時間レース | ルーカス・ディ・グラッシ | ルーベンス・バリチェッロ | レギュレーション | レッドブル | レッドブルリンク | レース・オブ・チャンピオンズ | ロシアGP | ロス・ブラウン | ロドルフォ・ゴンザレス | ロバート・クビサ | ロバート・ドーンボス | ロビン・フラインス | ロブ・スメドリー | ロブ・ホワイト | ロベルト・メルヒ | ロマン・グロージャン | ロリー・バーン | ロルダン・ロドリゲス | ロングビーチ | ロンドンGP | ロン・デニス | ロータス | ローマ | ローラ | ワールドシリーズbyルノー | ヴィジャイ・マルヤ | ヴィタリー・ペトロフ | 上海サーキット | 中国GP | 中嶋一貴 | 中嶋大祐 | 人事 | 佐藤万璃音 | 佐藤公哉 | 佐藤琢磨 | 八郷隆弘 | 南アフリカ | 国本京佑 | 富士スピードウェイ | 小暮卓史 | 小松礼雄 | 小林可夢偉 | 山本左近 | 新井康久 | 新型車発表 | 日本GP | 松下信治 | 武藤英紀 | 浜島裕英 | 片山右京 | 牧野任祐 | 田辺豊治 | 福住仁嶺 | 鈴木亜久里 | 鈴鹿サーキット | 長谷川祐介 | 韓国GP