2024/05/07

初優勝ノリス(マクラーレン)、「夢が叶った」

Lando Norris
Miagp_201実にトータル15回という表彰台を経験しながらもこれまでどうしても届かなかった一番高いところに上がって夢を叶えたマクラーレン・レーシングのランド・ノリス(24歳:イギリス)が次のように喜びを表した。

「ここまで道のりは長かったのでみんなから『やっと』って言われるけれど、自分自身は『時間の問題』だと思っていたので特にあせりはなかった。
今回もチームは大規模なアップデートを投入してくれたし、全員が勝つ気十分だったもの。
これまでのハードワークが報われたということだね。
これをきっかけに勝利を重ねていきたい」

マクラーレンはコンストラクターズ・ランキングでもメルセデスAMGを圧倒、2位のフェラーリに迫る勢いだ。

| | コメント (0)

2024/04/30

ノリス(マクラーレン)、大事に至らず

Lando Norris
Chigp_103_20240430051201顔を負傷したとの写真がSNS上で拡散、その真偽が話題を呼んでいたマクラーレン・レーシングのランド・ノリス(24歳:イギリス)だが、顔面を負傷したのは事実だが大事には至らず今週末アメリカで行われるマイアミGPへの出走も問題ないことが確認された。

それによれば事故はオランダ国王の誕生日を祝う『キングス・デイ』のイベントに参加した際に船上パーティで起きたという。
その際に割れたグラスで鼻などを負傷してしまったとのことだ。

先の中国GPでは2位表彰台を獲得するなどノリスは絶好調なだけにチームも胸をなで下ろしていることだろう。

|

2024/04/29

ノリス(マクラーレン)、顔を負傷か

Lando Norris
Chigp_306_20240429074001先の中国GPで2位表彰台を獲得したばかり絶好調のランド・ノリス(マクラーレン)だが、顔を負傷したとの写真がSNS上で拡散、その真偽が話題を呼んでいる。

それによれば「事故」はオランダ国王の誕生日を祝う『キングス・デイ』に参加した際に船上パーティで起きたとされるが、チームからも本人からも公式コメントはなく実態は不明のまま。
今週末には第6戦マイアミGPが迫っている。

|

2024/01/28

マクラーレン、ランド・ノリスの契約長期延長で合意

2018 Image
L_norris_mclaren_m1月27日(土)、マクラーレン・レーシングは同チームのレースドライバーであるランド・ノリス(24歳:イギリス)との契約をさらに複数年延長することで合意に達したことを明らかにした。

現在の契約は2025年末までとされているのでマクラーレン・チームとしてはかつてのルイス・ハミルトンを彷彿とさせる若手ドライバーとして異例の長期契約という大抜擢と言えそうだ。

なお昨シーズン、チャンピオンシップ争い復活の兆しをみせた名門は、引き続きさらに若いオスカー・ピアストリ(22歳:オーストラリア)とのコンビで2024年シーズンを戦うことが決まっている。

|

2023/11/20

クラッシュのノリス(マクラーレン)、身体は無事

Lando Norris (C)McLaren Racing
拡大します
ラスベガスGP決勝レース序盤、単独ながら大きなクラッシュを演じリタイヤを余儀なくされたマクラーレン・レーシングのランド・ノリスについて、幸い身体に問題はないことが報告された。

それによればノリスは事故後自力でコクピットから脱出、直ちにサーキット内のメディカルセンターに搬送され簡易診察を受けた後、さらにラスベガス市内の大学病院に移送され精密検査を受け、問題がないとの結論に至ったという。

ノリスは再びチームに戻り、連続して開催される最終戦アブダビGPに備えるとのことだ。

|

2023/10/01

マルコ博士(レッドブル)、「ノリスの長期契約は残念」

Lando Norris (C)McLaren Group
拡大します
レッドブル・グループでドライバー起用に大きな影響力を持つヘルムート・マルコ/レーシング・アドバイザーが、マクラーレン・レーシングで表彰台に上がる活躍をみせているランド・ノリス(23歳:イギリス)に秋波を送っている。

これは、オーストリアのテレビ『サーヴァスTV』の番組で語ったもの。
その中で同氏は「ノリスは特筆すべき才能を持っていると確信している。
ぜひともウチのクルマで走らせたいと思っているが残念なことに彼はマクラーレンとの間で長期の契約を結んでいる。
フェルスタッペンと同じ土俵で戦わせてみたいのだがね」と、無念さを語っている。
ノリスの契約は2026年末までという長期のものと伝えられている。

|

2023/09/13

「F1マシンは堅すぎる」と、ノリス(マクラーレン)

Lando Norris (C)McLaren Group
拡大します
マクラーレン・レーシングをリードする立場となったランド・ノリス(23歳:イギリス)が、「F1マンのサスペンションは堅すぎる」と、訴えていることがわかった。

それによれば現行のF1マシンはレギュレーションによってグランドエフェクトカーとなっている。
そしてその最大の効果を得るため通常のサスペンションに比べ極端に堅いサスペンションが採用されているのが普通になっている。
しかしそれは同時にマシンをドライブするドライバーの身体に苛酷な負担を強いるものとなっているのが実状だ。

これについてノリスは、「スピードはもちろん大事だけれど、ドライバーの負担にも配慮して欲しい」と提言している。

|

2023/07/18

ノリス(マクラーレン)、ハンガリーでは慎重な構え

Lando Norris (C)McLaren Group
拡大します
自身だけでなくチームの母国グランプリでもあるイギリスで予選・決勝レース共に2位という好成績を残したランド・ノリス(マクラーレン)だが、今週行われるハンガリーGPには慎重な姿勢を崩していない。

「幸いシルバーストーンではうまくいったけれど、アップデートの評価をするにはまだ早いよ。
もっと多くのコースで確かめなくてはね。
その意味では今週のハンガロリンクというのは先週とは対照的で、比較確認するのに良いサーキットかも知れないな。
だから、早く走りたくて仕方がなんだ。
ここでもうまくいけば、今度の『MCL60』はきっと本物さ」

かつてはミッキーマウス・サーキットと揶揄されたハンガロリンクだが、近年はかなりのスピードが要求されるものになっている。

|

2023/06/23

ノリス(マクラーレン)、ペナルティに不満示す

Lando Norris (C)McLaren Group
拡大します
マクラーレン・レーシングのランド・ノリスは、カナダGP決勝レース中、スポーツマンシップに反する行為を行ったとして5秒のタイム・ペナルティが科せられた。
しかし本人はこの裁定に納得していないところを主張している。

それによればノリスは、12周目に起きたラッセル(メルセデス)クラッシュでセーフティカーが導入された際、不必要なブレーキングを行い、他車を危険なシーンに追い込む行動があったとされる。
しかしノリスは「誰もが同様なことをしている」とし、これを全面否定しているものだ。

|

2023/05/28

進路妨害でルクレールにグリッド降格ペナルティ

Charles Leclerc (C)Ferrari S.p.A
拡大します
モナコGPのレーススチュワード(審査委員)は、27日(土)に行われた予選中、フェラーリ・チームのシャルル・ルクレールに進路妨害の違反があったとして3グリッド降格のペナルティを科したことを明らかにした。

それによれば予選Q3終盤、クールダウンしていたルクレールのマシンにアタックラップ中だったノリス(マクラーレン)がトンネル内で追い付いたもののほぼ中央にいたルクレールを交わすことができずに急減速、予選をフイにしたというもの。

関連映像やデータ等を検証した結果、主な原因は状況を適切に無線連絡しなかったチーム側(フェラーリ)にあり、ドライバーにはないと判断したがペナルティは避けられないとした。
これにより予選3番手だったルクレールは6番手に後退、代わってオコン(アルピーヌ)、サインツ(フェラーリ)、そしてハミルトン(メルセデス)らがそれぞれ繰り上がる。
なお被害者であるノリスは10番手のままに据え置かれ、無関係の3人だけがメリットを享受するという皮肉な裁定となった。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

70thアニバーサリーGP A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP VW WEC WRC WTCC アイフェルGP アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アニバーサリーGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルベ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルピーヌ アルファタウリ アルファロメオ アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・パロウ アレックス・リン アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル アンドレア・キミ・アントネッリ アンドレア・ステラ アンドレッティ イギリスGP イゴラ・ドライブ イタリアGP イモラ インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オスカー・ピアストリ オトマー・サフナウアー オランダ オランダGP オリバー・ベアマン オリバー・ミンツラフ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP オーラ・ケレニウス カタールGP カナダGP カラム・アイロット カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コルトン・ハータ コロンビア コンコルド協定 サウジアラビアGP サクヒールGP サンパウロGP ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームス・ボウルズ ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ドゥーハン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・サーティーズ ジョージ・ラッセル ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ステークF1 ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スプリントレース スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダビデ・ブリビオ ダン・ティクタム チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テオ・プルシェール テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デンマークGP トスカーナGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・デ・フリース ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ビザ・キャッシュアップRB ピエトロ・フィッティパルディ ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベトナムGP ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガルGP ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミGP マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マイケル・マシ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マドリッドGP マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モハメド・ベン・スレイエム モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラスベガスGP ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リアム・ローソン リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ブルズ レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロイ・ニッサニー ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・シュワルツマン ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロマーニャGP ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ローガン・サージェント ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 周冠宇 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 岩佐歩夢 平川亮 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介 WTCC