2020/04/10

リバティ・メディア、「最低でも今季8戦の開催が必須」

Image (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
現在のところ、2020年のF1は新型コロナウイルスの影響で開幕から8戦がすでに中止ないし延期となっていて、新しい開幕戦は早くても6月のフランスGPとなっているが、これにもヨーロッパ地域の感染状況から懐疑的な見方をする向きが多い。
そうした中、F1のオーナーであるリバティ・メディアでは、たとえ開幕が今年終盤からまで遅れたとしても、最低年間8戦の開催が必須であると訴えた。

それによれば新型コロナウイルスの収束に時間が掛かって開幕が10月あたりにずれ込んだ場合でも、最悪8戦が開催できれば世界選手権として成立するとのこと。
伝統のF1を守るためにもこのラインはなんとしても死守したい考えであることを明かしたもの。

現在のカレンダーでは10月から閉幕まで日本GPを含む5戦がノミネートされているが、ここに8戦を組み込むためには11月末の最終戦をさらに遅らせる必要もありそうだ。

|

2020/04/04

F1、ムーディーズの格付けで『ネガティブ』に

Liberty Media F1
アメリカの屋大手格付け会社『ムーディーズ』は、F1の格付けをこれまでの『ポジティブ』から投資不適格の『ネガティブ』へと変更したことを明らかにした。。

衆知の通り今シーズンのF1は他の多くのスポーツ競技らと同様、新型コロナウイルスの影響で次々と開催断念に追い込まれており、今後の見通しも悲観的なものになっている。
そしてこれはF1の収益に巨大な損失を与える原因になっているからだ。
ムーディーズの評価はさらに今シーズンの残りの日程に関しても疑問符を突きつけるものとなった。

ただこれについてF1を運営するリバティ・メディアは、「われわれには4億ドル(約432億円)の現金と総額5億ドル(約540億円)もの承認された信用枠があり、ムーディーズもこれを理解している」と主張している。

しかしそうだとしても今後の展開はまだ収束が見通せず、不安定な状況はさらに続きそうだ。

|

2020/03/30

2020年シーズンのF1、すべて2日間日程に変更も

Image (C)Mercedes Motorsports
拡大します
新型コロナウイルスの影響で2020年のF1はすでに開幕の7戦を中止ないし延期にされているが、残ったグランプリの中にも開催困難が予想されるものがあり、残り期間での開催スケジュール消化はタイトになる一方だ。

このためF1を運営するリバティ・メディアでは、今年行うグランプリをすべて2日間の日程に変更して行うことを検討し始めているという。
しかしそれができたとしても当初のスケジュール通り12月始めまでにシーズンを消化するのは困難で、最悪2021年の1月まで食い込むことも覚悟しているとのことだ。

その場合、非常事態として全チームの同意という条項はクリアしたとしても、開催日時の変更には各国の感染事情や規制などの見通しが現状では立たないため、調整が困難を極めるのは必至とみられている。

|

2020/03/28

独誌、「今年のF1、11戦できれば上々」

Image (C)Mercedes Motorsports
拡大します
開幕戦のオーストラリアGPを皮切りに、次々とレースが中止ないし延期に。
現在すでに開幕の7戦がその餌食になっているが、まだその勢いは収まりをみせていない。
それでもF1のチェイス・キャリー/CEOは今年後半のスケジュールを見直し、なんとか15-18戦は開催したいと意欲をみせた。

しかしこの見通しについてドイツの専門誌『スピード・ウィーク』は1980年代にアロウズ等で走った元F1ドライバーのマルク・スレール氏による悲観的な判断を報じている。
「今年のF1は元々22戦が予定されていたが、今はもう望むべくもない。
それでもリバティ・メディアが15戦だの18戦言う根拠がわからないよ。
自分の感触では半分の11戦もできれば上々なのではないか」

28歳が初レースという遅咲きのスレールは全82戦を戦い、エンサインとブラバムによる2回の4位が最高位となっている。

|

2020/03/27

F1の危機はリバティ・メディア自身の命取りにも

Liberty Media F1
アジアからヨーロッパ、さらにアメリカへと拡大の一途を辿る新型コロナウイルスの影響は、F1の収益を直撃している。
自動車メーカーによる後ろ盾があるワークスチームはともかく、弱小プライベートチームの一部は資金難から存続の危機が伝えられる有り様だからだ。
レース数の減少は直接チームの収入減少を意味するものとなっている。
名前を挙げられているのはウィリアムズやレーシング・ポイントなど。

そんな中、F1存続そのものについても危機感を伝える声が出て来た。
というのも、現在F1を運営するリバティ・メディア自体が苦境に揺らぎ始めたとみられるからだ。
著名なF1写真家であるダレン・ヒース氏は自身のツイッターで「近くわれわれは新しいF1オーナーの名前を聞かされるかも知れない」と、意味ありげな言葉を書き込んでいる。

|

F1のバジェットキャップ(予算制限)さらに減額の動き

F1は2021年からの導入を予定していた大幅なレギュレーション変更について、新型コロナウイルス騒動による今シーズンの混乱を受け、2022年まで1年先送りすることを決めている。
しかしこれは技術的なもので、同時に行われる計画だった各チームの予算削減のための『バジェットキャップ』(予算制限)は予定通り2021年から導入されることになっており、その金額は1億7500万ドル(約194億円)とされている。

しかしこれについてドイツの専門誌『アウトモーター・ウント・スポルト』誌はある憶測を報じている。
それによればFIA(国際自動車連盟)のジャン・トッド会長とF1のチェイス・キャリー/CEOの両者は、今シーズンの散々な状態を踏まえ、この機会に更に限度を引き下げるべく画策しているというもの。

実のところ今年は各チーム共に大幅な減収を余儀なくされていて小規模なチームでは財政難からF1撤退も懸念されているところではあるが、これまでもメルセデスやフェラーリなど潤沢な資金を持つチームからの反対で減額は難航してきた経緯がある。

|

2020/03/01

F1、リバティ・メディアになって初黒字計上

Liberty Media F1
2019年のF1は約1700万ドル(約18億円)の黒字になったことが伝えられた。
これは2017年に現在のリバティ・メディア体制になって以来、初の黒字ということになる。
2017年は3700万ドル(約40億円)、また2018年も63800万ドル(約73億円)の赤字だった。

それによれば収益の約3割を占めるグランプリ開催権料は減少したものの、これを上廻るテレビの放映権料が増加したことが大きな理由だという。
日本GPで言えば、開む催権料は鈴鹿サーキットのモビリティランド、放映権料はフジテレビということになる。

収益にはもうひとつF1自身が持つスポンサーけいやくがあり、最近では『ドバイ・エクスポ』などがこれにあたる。
ただリバティ・メディアの担当者によればグローバル活動であるF1においては為替レートによる数字の変動も大きいと釈明している。

|

2020/01/30

シーズン前テスト初日のマシン集合写真をチーム側が拒否

2019 Drivers (C)Redbull Racing
拡大します
F1では毎年、シーズン幕開けに先駈け開幕戦の地で全ドライバーの集合写真を撮影するのが慣例となっているが、これとは別にシーズン前テストが行われるバルセロナ・サーキットで、全マシンと全ドライバーによる集合写真の撮影をリバティ・メディアが提案したところ、チーム側から拒否されたことがわかった。

反対を表明したチーム側によれば、今季のシーズン前テストはそもそも昨年の「4日間×2回」に比べて「3日間×2回」と2日間も短くスケジュールがタイトな上に、初日には複数のチームの新型車お披露目が予定されていてこれ以上走行時間を割かれたくないのが本音という。

ちょうど10年前には同じくシーズン前テストが行われたバーレーン国際サーキットで撮影があった前例はあるがこのところは皆無。
シーズンが始まる前からリバティ・メディアとチーム側との軋轢が表面化した様相だ。

|

2020/01/21

リバティ・メディア、ブラッチス氏の離脱を正式発表

Liberty Media F1
F1オーナーであるリバティ・メディアは先に報じられた通り、ビジネス部門の責任者を務めていたアメリカ生まれのビジネスマンであるショーン・ブラッチス氏が1月末で離脱することを正式発表した。

ロス・ブラウン/モータースポーツ・ディレクターと並んでチェイス・キャリー/CEOを支えてきたブラッチス氏は、2017年から現在の職務に就き、グランプリの開催交渉やスポンサー契約、そして放送契約の交渉などで貢献してきたが、妻や4人の息子の家族との時間を過ごすためアメリカに戻ることを希望したということだ。

ブラッチス氏は「F1に携わったこの3年間は信じられない体験だった。
この世界で働く人たちの並々ならぬ努力と献身に感謝の気持ちで一杯だ」と、振り返った。

|

2020/01/19

リバティ・メディアのキーパーソンが離脱へ

Liberty Media F1

F1オーナーであるリバティ・メディアでチェイス・キャリー/CEOの右腕として運営の重要な部分に携わっていたショーン・ブラッチス氏が離脱すると報じられている。

リバティ・メディアは長年続いたバーニー・エクレストン氏による運営から2017年に株式を購入してF1を引き継いだが、現場の責任者であるロス・ブラウン/モータースポーツ・ディレクターと並んで、ビジネス部門の責任者を務めていたのがアメリカ生まれのビジネスマンであるブラッチス氏だった。

しかし最近はロンドンにあるリバティ・メディアのオフィスに顔を見せないことから離脱するのでは、との噂が広まっていたもの。
イギリス・メディアによれば近く体制変更が正式発表される見通しとのことだ。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファタウリ アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オランダGP オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 サウジアラビア ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベトナムGP ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介