2024/03/14

ルクレール(フェラーリ)、「ハミルトン受けて立つ」

Charles Leclerc
C_sainz_ferrari_cockpit_l2_202403131028012025年シーズン、メルセデスAMGチームから元チャンピオンのルイス・ハミルトンをン迎え入れることが確定しているフェラーリ・チームのシャルル・ルクレールだが、史上最も輝かしい戦績を残した偉大な選手にも臆することはないと断言している。

「チームメイトがこのスポーツ史上最も成功したドライバーだなんて、願ってもないことじゃないか。
僕は競争が心底好きだし、それは相手がチームメイトであっても変わらない。
きっと緊張感のあるバトルになるだろうね。
そしてそれがひいてはチームのためになるんだ」と、跳ね馬チームでは先輩のルクレール。

それでも「偉大なチャンピオンからは吸収するものも多い筈さ」と、殊勝な姿勢もみせた。

|

2024/02/18

ルクレール、「ハミルトンとの契約無関係」

Charles Leclerc
C_leclerc_padock_m_202402171240012025年シーズン、史上最強のチームメイトとも言えるルイス・ハミルトン(メルセデス)とのラインナップが決まったシャルル・ルクレール(フェラーリ)だが、これについて本人は「誰が同僚になっても無関係」と鷹揚なところをみせている。

これに先駈け1月末、フェラーリはルクレールとの契約延長を正式発表しているが、その時点ではまだハミルトンとの交渉はまとまっていなかったという。
これについてルクレールは「僕はチームメイトがハミルトンであれ、サインツであれ何も問題はない。
チームのために自分が果たすべき仕事をするだけだからね。
今はとにかくサインツと共にチームをまたトップ・コンテンダーに引き上げること、それだけだよ」と、明言。
ちなみにルクレールの通算5勝は全てフェラーリで記録したものだ。

|

2024/01/26

フェラーリ、シャルル・ルクレールとの契約延長

C_leclerc_padock_m1月25日(木)、スクーデリア・フェラーリは同チームのシャルル・ルクレール(26歳:モナコ)との契約を延長したことを正式発表した。

現行の契約は2024年までで、新しいものは最低2年以上の長期とされるが明確にされていない。

|

2023/09/26

「3位だと思った」、ルクレール(フェラーリ)

Charles Leclerc (C)Ferrari S.p.A
拡大します
日本GP決勝レースを4位で終えたフェラーリ・チームのシャルル・ルクレールだが、一時自分が3位だと勘違いしていたことを明かした。

それによればレース終盤、スローダウンしたレッドブル・レーシングのマシンをオーバーテイクした際にこれが首位にいたフェルスタッペンのものだと勘違い、当時4位走行中だった自分も3位表彰台圏内に上がったと錯覚したのだという。

当時ペレス(レッドブル)が一旦リタイヤした後、ペナルティ消化のため1周だけガレージを出て再走していたことが思わぬ誤解を生んでしまったようだ。

|

2023/08/19

ルクレール(フェラーリ)、不仲説を否定

Ferrari Duo (C)Ferrari S.p.A
拡大します
得意のお家芸とはいうものの、名門フェラーリ・チームで再びドライバー間の不仲説が流れている。

これについてチームとしては、二人は対等の存在であり両者の扱いに差はないとしているが、どちらか選択を止むなくされる場合も考えられる。
こうした時にサインツのほうを優先したケースが続いたため、『先輩格』であるシャルル・ルクレールが不満を持っているというものだ。

ただルクレールは「噂は興味本位のもので、面白おかしく書き立てられている」と不仲説を否定しているが、跳ね馬チームの騒動だけに、これが100%信じられている訳でもないようだ。

|

2023/08/12

ルクレール(フェラーリ)、「来季契約は白紙」

Charles Leclerc (C)Ferrari S.p.A
拡大します
今年でフェラーリ・チーム5年目のシーズンを戦っているシャルル・ルクレールに、早くも契約延長の話題が報じられている。

同選手との現在の契約は2024年末までとされるが、これをさらに2年間延長し、加えて1年のオブションを加えるという大型のもの。
他チームに奪われたくない」という跳ね馬チームの強い意思が感じられる。

これについて当のルクレールは「契約交渉なんてまだ始まってもいない」と、白紙であることを強調しているが、チームの本音はチームメイトであるカルロス・サインツへの牽制であると受け止める向きも少なくない。

|

2023/08/01

「これがベスト」と、ルクレール(フェラーリ)

Podium (C)Redbull Racing
拡大します
ベルギーGP決勝レースで絶好調レッドブル・レーシング勢の二人に次ぐ3位表彰台を得たフェラーリ・チームのシャルル・ルクレールだが、「現状、これがベスト」と訴えた。

「今日持ち帰ったこのレッドブルに次ぐ3位というのは、今の段階では僕たちにで望み得る最高のものだよ。
今のパッケージでこれ以上の結果は望めないからね」と語り、チームの成し得た仕事振りを讃えた。

ルクレールの今季の目標は、明らかにドライバーズ・チャンピオンシップ3位の確保にある。

|

2023/07/08

ルクレール(フェラーリ)のトラブルは電気系

Charles Leclerc (C)Ferrari S.p.A
拡大します
7日(金)に行われたイギリスGPのフリー走行2回目セッションを、マシントラブルのため1周も走れずに終えたフェラーリ・チームのルクレールは、走行機会が丸1時間失われたこと悔やんだ。

チームによればトラブルは電気系のものだったということだが、ルクレールにはヘルメットを被るチャンスすら廻ってこなかった。
土曜日のフリー走行3回目セッションに復帰する予定というが、大きなハンディキャップになるのは必至のようだ。

|

2023/07/01

「思ったより肉薄」と、フェラーリ・デュオ

Ferrari Duo (C)Redbull Racing
拡大します
今回のオーストリアGP予選も危なげなくポールポジションの指定席を射止めたのはフェルスタッペン(レッドブル)だった。
しかし王者を追い詰めた形のフェラーリ・デュオは決勝レースに向け手応えをつかみ取っているようだ。

同チームのルクレールは、「ポジションは前と同じかも知れないけれど、タイムがこれほど接近したのは初めてなんじゃないかな。
それにレッドブルは一台だけだけど、こっちは2台だ。
良いレース戦略を立てて、日曜日にはなんとか一矢を報いたいものだね」と、意欲をみせている。
ルクレールとフェルスタッペンとのタイム差はわずか0.048秒というものだった。

|

2023/06/13

ルクレール、フェラーリのルマン制覇に刺激受ける

Charles Leclerc (C)Ferrari S.p.A
拡大します
先週末、フランスで行われたスポーツカーレース伝統のルマン24時間レースで、今季WEC(世界耐久選手権)の最高峰クラスに復帰したばかりのフェラーリ・チームがみごと100周年の記念大会を制してみせた。

この快挙を現地で見届けたというフェラーリF1チームのシャルル・ルクレール(25歳:モナコ)は、同じ跳ね馬チームのドライバーとして大いなる刺激を受けたようだ。

ルクレールは「同じフェラーリのレーシングチームとしてF1でもできない筈がない。
全員がこの素晴らしいモチベーションを持って戦えばきっとF1でも成し遂げられる」と、陣営を鼓舞しているという。
復活の狼煙、その緒戦は今週の第9戦カナダGPだ。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

70thアニバーサリーGP A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP VW WEC WRC WTCC アイフェルGP アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アニバーサリーGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルベ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルピーヌ アルファタウリ アルファロメオ アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・パロウ アレックス・リン アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル アンドレア・キミ・アントネッリ アンドレア・ステラ アンドレッティ イギリスGP イゴラ・ドライブ イタリアGP イモラ インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オスカー・ピアストリ オトマー・サフナウアー オランダ オランダGP オリバー・ベアマン オリバー・ミンツラフ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP オーラ・ケレニウス カタールGP カナダGP カラム・アイロット カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コルトン・ハータ コロンビア コンコルド協定 サウジアラビアGP サクヒールGP サンパウロGP ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームス・ボウルズ ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ドゥーハン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・サーティーズ ジョージ・ラッセル ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ステークF1 ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スプリントレース スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダビデ・ブリビオ ダン・ティクタム チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テオ・プルシェール テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デンマークGP トスカーナGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・デ・フリース ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ビザ・キャッシュアップRB ピエトロ・フィッティパルディ ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベトナムGP ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガルGP ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミGP マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マイケル・マシ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マドリッドGP マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モハメド・ベン・スレイエム モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラスベガスGP ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リアム・ローソン リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ブルズ レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロイ・ニッサニー ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・シュワルツマン ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロマーニャGP ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ローガン・サージェント ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 周冠宇 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 岩佐歩夢 平川亮 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介 WTCC