2019/02/28

合同テスト後半2日目、ベッテル(フェラーリ)クラッシュ

Carlos Sainz (C)McLaren Group
拡大します
2月27日(水)、バルセロナ・サーキットを舞台に行われているシーズン前テスト後半は第2日目を迎えた。

トップタイムはこの日もマクラーレンでカルロス・サインツの記録した1'17.144、これは今年のテストでは全体のベストになるものだ。
130ラップの多きを数えたが、コース入口でストップ、赤旗中断の原因も作っている。

2番手はペレス(レーシング・ポイント)、3番手はベッテル(フェラーリ)。
この日のビッグニュースはなんといってもこのベッテルのクラッシュだろう。
新しい僚友であるルクレールとこの日もマシンをシェアしたベッテルは午前のセッションで40周を周回、この日の3番手となる1'18.193のベストタイムを記録したもののその後3コーナーでコースアウト・クラッシュ。
セッションは赤旗中断、ドライバーは直ちにメディカルセンターに運ばれて検査を受けたが幸い身体に問題ないとして解放された。
マシンは修復に当てられたもののルクレールのほうは結局インストレーションラップだけに留まりノータイムで終えている。

4番手ライコネン(アルファロメオ)、5番手グロージャン(ハース)、6-7番手には共にホンダ・パワーのフェルスタッペン(レッドブル)とクビアト(トロ・ロッソ)が並び合わせて229周を走り込んだ。
前日ハイドロリック系のトラブルに見舞われたメルセデスは遅れを取り戻すべくボタス&ハミルトン合わせて176周を周回した。
シーズン前テストで出遅れたウィリアムズは、クビサが最多の130周を周回、初めて本格的なテスト・プログラムを消化して追い上げの姿勢をみせた。

| | トラックバック (0)

2018/12/10

FIA(国際自動車連盟)、ハロー・システムの効果自讃

FIA Shield Cockpit (C)Ferrari S.p.A
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は、F1に導入されたハロー・システム(頭部保護装置)の効果について、あらためて有効であるところを強調した。

これは今年のベルギーGPで起きたシャルル・ルクレール(ザウバー)のアクシデントについて検証した結果を報告したもの。
それによればもしハローがなかった場合、事故で乗り上げたアロンソ(マクラーレン)のマシンのフロントノーズの一部がルクレールのバイザー部分に接触した可能性があり、結果的にハローが事故被害の防止に大きく寄与したと分析した。
そしてもし保護装置がハローでなく、対案として検討されているエアロスクリーンのようなものだった場合、防御効果は10分の一程度だったとも示した。

これによりFIAはハロー・システムの効果に自信をみせており、今後F2など他のカテゴリーでも採用を拡大していきたいとしている。

| | トラックバック (0)

2018/05/13

FIA、一転フェラーリのサイドミラーを禁止へ

Ferrari SF71H (C)Ferrari S.p.A
拡大します
FIA(国際自動車連盟)はフェラーリ・チームが採用したハローへの装着型サイドミラーについて、一転禁止する方針を決めた。

それによればフェラーリのものは空気抵抗を考慮して小さなウイングレットが取り付けられていて、これが空気抵抗の低減に使われていると、他チームから指摘が相次いだためだ。

FIAは取り外しをさせる時期については明言しておらず、土曜日の公式予選時にはまだフェラーリはミラーを装着したままだった。
構造上の問題もあり、今回については容認するのではないかとみられているようだ。
なお当然のことながら、今回のマシンは車検をクリアしていた。

| | トラックバック (0)

2018/04/27

FIA、ハローへのサイドミラー取付を容認

Mirror Image (C)Renault F1 UK
拡大します
今シーズンからF1に義務付けられたハロー(頭部保護装置)について、関連するレギュレーションをクリアしていればここにサイドミラーを取り付けることが許されることになった。
ただミラーの取り付け部がハローとそれ以外の部分と跨がることは許されない。

これはFIA(国際自動車連盟)がこのほど示したもので、多くのチームはこれにより変更を検討することになりそうだ。
というのもボディから突き出したサイドミラーは空気抵抗が大きく、デザイナーはいずれもその処理に腐心しているものだからだ。

| | トラックバック (0)

2018/03/30

ライコネン(フェラーリ)、ハローの効果を称賛!?

FONT COLOR="#0066FF">Start Scene (C)Redbull Racing
拡大します
今シーズンから正式に導入されたハロー(頭部保護装置)だが、本来ドライバーから要望があったシステムにも関わらず、重量や視界、乗り降りの障害など不満の声が止まない始末。
そうした中、今回のレースで3位に入ったフェラーリ・チームのキミ・ライコネンがこのハースを讃えるコメントをして注目を集めた。

「僕は別に不満に思ってはいないよ。
(ハースを装着して)レースをしたのは初めてだけど、別にテストの時と感想は何も変わらない。
いや、むしろ良い方に新たな発見があったよ。
それはこのハローが日よけに役立つという利点を見つけたこと。
今日は夕方のレースだったから、これがちょうといい角度で太陽を遮ってくれたんだ」と、
ライコネンらしい斜に構えた感想。

ただ夕方に行われるレースは限られていて、もちろんすべてのレースでこの効果がある訳ではない。

| | トラックバック (0)

2018/03/22

ハロー(頭部保護装置)、今度は『逆視界』に難点

Halo system (C)Ferrari S.p.A
拡大します
今シーズンからF1に導入された『ハロー(頭部保護装置)』は、これまでいくつかの問題点が指摘され課題とされてきた。

その一つはドライバーからの『視界』の問題だったが、ここに来て指摘されているのが『逆視界』の問題。
つまりマシンの外から見た時にハローが障害となり、ドライバーのヘルメットをうまく識別できないというものだ。

近年のF1マシンはコマーシャル・スペースが拡大されてカーナンバーが読み取りにくくなったことが難点とされているが、ハローはこれをさらに助長する懸念がある。
ハロー部分をドライバーの国旗カラーに塗るなどの策も提案されているが、マクラーレンなどはすでにこの部分をスポンサーに提供、どうやら一筋縄ではいきそうにない。

| | トラックバック (0)

2018/03/18

マクラーレン、『ビーチサンダル』とのコラボ

Gandys (C)McLaren Group
マクラーレン・チームは、評判の良くない『ハロー(頭部保護装置)』のルックスを逆手に取り、サンダルメーカーとのコラボレーションを結んだことを明らかにした。

これはハローのY字部分がビーチサンダルのつっかけに似ていることから派生したもので、イギリスのサンダルメーカーである『ガンディーズ』との提携が実現したもの。
これによりマクラーレン・チームはハロー部分に同社のロゴを掲出、またガンディーズはパパイヤ・オレンジ・カラーの限定サンダルを販売、この収益を全額孤児に対する支援活動に寄付するという。

| | トラックバック (0)

2018/03/15

FIA、「ハロー・システム導入はドライバーのため」

Redbull Halo (C)RedBull Racing
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は、今シーズンからの導入が決まったF1の『ハロー(頭部保護装置)』について、ドライバーから異論が聞かれていることについて不快感を示した。

ハロー・システムはオープン・ホィールであるF1において、万一のアクシデントの際にドライバーの頭部を守ろうというものだが、これまでルックスや重量増加、コクピット出入りの問題や最近ではスパのオー・ルージュなどでの視界の問題など異論続きとなっている。

これについてFIAのジャン・トッド会長は、「いいかい、F1のコクピットに安全装備が必要だと要求したのはそもそもドライバーのほうだったんだからね。
2015年、私は当時のGPDA(グランプリ・ドライバーズ・アソシエーション)幹部だったバトンやベッテル、そしてブルツらの署名入りの要望書を受け取ったんだ。
われわれはそれを受けてこうして開発を進めてきたのに、今になってドライバーのほうから不平を聞かされるのは納得できないことだ。
ハローを導入しなかったら、それはわれわれの怠慢。
こっちはきちんと約束を果たしたのに、要望したほうはもうそれを忘れてしまっている。
それがいまの実情だよ」と、この間の背景を説明した。

| | トラックバック (0)

2018/03/07

『ハロー(頭部保護装置)』、視界に難点ありか

Halo Image (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は万一の場合の事故に備え、ドライバーの頭部を保護するため今シーズンから『ハロー(頭部保護装置)』の装着を義務づけたが、最初のシーズン前テストを終えたいま、なお否定的なコメントも聞かれるようだ。

それによればまずマシン面から重量増の問題。
2018年は昨季よりもマシンの最低重量が6キロ増加しているが、これは主にハローのためだ。
レーシングカーにとって重量増はコーナリングやブレーキングに悪影響を与えるだけでなく、とりわけハローの場合は位置が高いことが難点となっている。

またドライバーからは緊急時の脱出に時間が掛かることが訴えられている。
さらに多くのドライバーが口にしているのが視界の問題だ。
頭部を守るためには相当程度の強度が必要で、そのため改善されたとはいえまだその太さが気になる。
さらに平坦なコースではなくスパのオー・ルージュのような高低差があるコーナーの場合、ハローがドライバーの視界を一時的に遮る懸念があるという。

| | トラックバック (0)

2018/01/28

フォース・インディア、「ハロー導入は大きな負担」

Halo/Force India (C)Sahara Force India F1
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は2018年シーズンからドライバーの安全対策としてF1にハロー(頭部保護装置)装着を義務づけ、これにより各チームは新たな対応を迫られているが、その一つフォース・インディアのオトマー・サフナウアー/COO(最高執行責任者)は対応の困難さを訴えている。

「このオフシーズン、マシン開発においてもっとも手間取ったのがハロー・システムへの対応だった。
重量増にエアロダイナミックスへの影響、さらに新車のクラッシュテストの項目もこのせいでこれまでよりも難易度が増加したからね。
マシンを開発する立場からいえば、難しい要求ばかりが増えたと言えるだろう。
これはメルセデスやフェラーリ、るのーのようなワークスチームならともかく、われわれのような小規模なプライベートチームにとっては決して容易なことではないよ」と、うらみ節を展開した。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介