2017/06/06

クレア・ウィリアムズ副代表、苦戦のストロールを擁護

Williams Duo (C)Williams F1
拡大します
開幕から6戦を終え、チームメイト(マッサ)が全レースで完走、4回のポイント獲得を果たしているのに対し、ウィリアムズ・チームの新人ランス・ストロール(18歳:カナダ)は3戦リタイヤ、まだ一度のポイント圏内フィニッシュも成し得ていない。

同チームのクレア・ウィリアムズ副代表は、「新人のストロールにとって、今はまだF1に慣れるための期間です。
しかもここまでの6レースはすべて彼が走ったことのないサーキットでした。
それを考えれば彼はよくやっていると思います」と、擁護。
しかしここまで無得点のストロールに対し、マッサのほうはすでに20ポイントを稼いでいる。

父親が潤沢な資産を誇るカナダの実業家であるため、契約時から父親の強力な後押しによる『ペイ・ドライバー』との指摘が絶えなかったストロールにとって、早い時期に実力を見せつけることは必須だ。

| | トラックバック (0)

2017/01/21

ウィリアムズ側も、「最大の難関はマッサの復帰説得」

Claire Williams (C)Williams F1
拡大します
すでにウィリアムズ残留が決まっていたバルテリ・ボタスの獲得に成功したメルセデスAMGチームでは、「交渉成否の焦点はフェリッペ・マッサの引退撤回にあった」と説明したが、ウィリアムズ・チームのクレア・ウィリアムズ副代表もこれに同調している。

「すでにF1引退を決意していたマッサに、再び走ってくれるよう連絡するのは気が引けました。
昨シーズンの不振でもフラストレーションを溜めることなく真剣に取り組んでくれた彼ですが、いったんは完全に引退を決めたのですから。
ですから彼が最終的に周囲の要望に応えてくれたことに感謝しています。
彼のモチベーションを再び高めるためにも、私たちは今年十分戦闘力のあるマシンを用意しなければならないと思っています」

マッサは若いランス・ストロール(16歳:カナダ)起用というチーム側の事情のため昨季限りでの放出を告げられていた。

| | トラックバック (0)

2017/01/16

ウィリアムズ、今週にも新たな2017年ドライバー発表の構え

Claire Williams (C)Williams F1
拡大します
一旦は残留したF1で5年目のベテラン、バルテリ・ボタス(27歳:フィンランド)と、期待の新人であるランス・ストロール(16歳:カナダ)というドライバー・ラインナップを発表したウィリアムズ・チームだが、メルセデスAMGチームの混乱もあり変更がありそうだ。
注目されるその2017年ドライバーについて、チームは今週にも新たな発表をするのではないか、と報じられている。

これはイギリスのスポーツ専門チャンネル『スカイスポーツ』が報じたもので、次のようにこのF1関心事についてクレア・ウィリアムズ副代表(40歳:イギリス)の言葉を伝えている。

「ここまで時間が掛かってしまい、皆さんが心配されていることと思います。
もっとも、多くのかたはウィリアムズのドライバーよりもメルセデスAMGでのハミルトンのチームメイトのほうに関心があるのかも知れませんが。
伝えられているようにボタスには新しいチャンスが巡ってきました。
彼にとっても、またチームにとっても最善の結果が得られるようこの6週間話し合ってきたのです。
私たちは彼の将来を邪魔するつもりはありませんし、最大限協力したいと思っています」

また噂されるフェリッペ・マッサの現役復帰についても、「引退が彼の本心ではなかったと思います」と、新たな裏事情の暴露をみせた。

| | トラックバック (0)

2016/11/05

F.ウィリアムズ氏退院、クレアさんも現場復帰へ

Claire Williams & Frank Williams (C)Williams F1
拡大します
ウィリアムズ・チーム創始者であるフランク・ウィリアムズ氏の娘で、同チームの副代表を務めるクレア・ウィリアムズさんが、父親の退院を明らかにした。
これは同チームの2017年ドライバー・ラインナップ発表の席で語ったもの。

それによれば肺炎とみられる体調不良で9月から入院を余儀なくされていたフランク・ウィリアムズ氏は、幸い体調が好転したとして今週の月曜日に退院が許されたとのこと。
現在は自宅で療養しているということだ。

またこれにより看病のため父親に付き添っていたクレアさんも通常生活に戻り、欠場していたグランプリの現場に戻りたいとして、遅くとも今季最終戦であるアブダビGP(11月27日)には復帰の予定という。

| | トラックバック (0)

2016/08/30

ウィリアムズ首脳、「5位転落看過できない」

Claire Williams & Frank Williams (C)Williams F1
拡大します
開幕時はコンストラクターズ・ランキング3位、その後もいわゆる3強に次ぐランキング4位の座を守ってきたウィリアムズ・チームだが、今回同じプライベートチームのライバルであるフォース・インディアに逆転を許し、5位に転落となった。
これについて同チームのクレア・ウィリアムズ副代表は米・スポーツ専用チャンネル『ESPN』に対し、次のように語っている。

「われわれが問題点を解決できずにいる間に、ライバルは確実に台頭しつつあります。
もしもランキング5位ということになれば、予定していた賞金が入らずチームの予算に重大な支障を来すことになります。
早急に問題点の解消に取り組み、残りのグランプリでは確実にポイント獲得を重ねる必要があります」と、フランク・ウィリアムズ氏の令嬢。

同氏はその同チームが抱える問題点について、「エアロダイナミックスの改善」、「タイヤ・マネージメント」等を挙げた。

2014年、15年とランキング3位だったウィリアムズ・チーム。
獲得ポイント等にもよるが、ランキング3位と5位とでは軽く10億円以上賞金が違うとみられている。

| | トラックバック (0)

2016/08/19

ウィリアムズ副代表、ボタスの残留に期待感

Valterri Bottas (C)Williams F1
拡大します
2017年シーズンに向け、他チームへの移籍が取り沙汰されていたウィリアムズ・チームのバルテリ・ボタス(26歳:フィンランド)だが、どうやら残留の可能性が高まっているようだ。

これは同チームのクレア・ウィリアムズ副代表が明らかにしたもので、まだ契約は交渉中であるものの、十分な手応えを感じ取っているという。
「シーズン途中、フェラーリ・チームへの移籍などの噂があったので、確かに彼も動揺した時期がありました。
でも、今は落ち着いてきたので冷静に将来への判断が下せる状況だと思っています。
われわれのチームには彼のためのチームがあって、それは彼にとって大きな財産になる筈です」

今季のウィリアムズ・チームは表彰台が1回(カナダGP)しかないが、それはボタスが勝ち取ったもの。
ただ、上位チームのシートは確定しつつあり、移籍となると選択肢は限られてきているのが実情だ。

| | トラックバック (0)

2016/08/10

ウィリアムズ首脳、バトンの噂に「高給取りは無理」

Claire Williams (C)Williams F1
拡大します
来シーズン、古巣ウィリアムズ・チームへの移籍の可能性が取り沙汰されるマクラーレン・チームのジェンソン・バトン(36歳:イギリス)だが、同チームのクレア・ウィリアムズ副代表はその「障害」について次のように語っている。

「バトンがわれわれのドライバーリストの有力な候補であることは否定しません。
彼の経験はウィリアムズ・チームにとって大きな財産になると確信しています。
商業的な面でもメリットが期待され、双方にとって良い方向に向かうと思っています。
ただウチにははマクラーレンのように潤沢な資金がある訳ではありません。
彼がもし現在のような(高額な)契約金を求めるのであれば、残念ながらウチは向いていません」

アロンソ&バトンといういずれも元チャンピオンを擁するマクラーレン・チームがドライバーに充てる契約金額はF1最高クラスとみられている。

| | トラックバック (0)

2016/06/11

クレア・ウィリアムズ副代表に大英帝国勲章(OBE)

Claire Williams & Frank Williams (C)Williams F1
拡大します
ウィリアムズ・チームで副代表を務めるクレア・ウィリアムズさん(37歳:イギリス)が、F1に対する長年の貢献が評価されエリザベス英国女王の誕生日に大英帝国勲章第4位にあたる(OBE)を受章したことが明らかにされた。

大英帝国勲章には「GBE:大十字騎士」、「KBE:司令官騎士」、上記「CBE:司令官」、さらに「OBE:将校」、「MBE:団員」等の序列があるが、クレアさんの父親で同チームの設立者であるフランク・ウィリアムズ氏は第3位である(CBE)を受賞している。

F1関連ではこれまで「CBE」にジョン・サーティーズ氏、「OBE」にエディ・ジョーダン氏やエイドリアン・ニューイ氏、トニー・フェルナンデス氏やクリスチャン・ホーナー氏らが輝いている。

| | トラックバック (0)

2016/04/14

クレア・ウィリアムズ、不公平なF1分配金に苦言呈す

Claire Williams (C)Williams F1
拡大します
ウィリアムズ・チームのクレア・ウィリアムズ副代表(37歳:イギリス)が現在の不公平なF1分配金に対して苦言を呈している。
こうしたF1の金銭にまつわる数字は通常表にされないが、先にイギリスの専門誌『オートスポーツ』がこれを暴露して話題になっていたもの。

それによれば昨年コンストラクターズ・ランキング2位(428ポイント)だったフェラーリは1億9千万ドル(約205億円)を手にしたとされるが、一方ランキング3位で257ポイントのウィリアムズは得点だけで計算すると少なくとも123億円という計算になるが、実際にはわずか94億円に留まっていると伝えられた。

「フェラーリが伝統と名声を持ったチームでF1では特別扱いされているのは理解できます。
でも現実にその金額を知って驚きましたけどね。
その金額は度を超えているのではと思えます」と、クレアさん。
しかしそれでも現行の契約が2020年までは有効とし、「どうにもならないことは心配しても仕方ありません」と、大人の対応(?)をしている。

そのウィリアムズでは、かつてトト・ウォルフ氏(現メルセデス)の持っていた株式を継承したブラッド・ホリンガー氏がウィリアムズ・グランプリ・ホールディングスの非常勤取締役に就任したことも報告された。

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

A-1リンク | A1グランプリ | BMW | BMWザウバー | DRS | DTM | F1 | F1テスト | F2 | F3 | FIA | FOM | FOTA | GP2 | GP3 | GPDA | INDY | ING | IRL | KERS | NASCAR | US-GP | USF1 | VW | WEC | WRC | WTCC | アイルトン・セナ | アウディ | アストンマーティン | アゼルバイジャン | アダム・パール | アブダビGP | アメリカGP | アラン・プロスト | アルガルブ | アルガルブ・サーキット | アルド・コスタ | アルバートパーク | アルファロメオ | アルフォンソ・セリス | アレクサンダー・ロッシ | アレクサンドル・ブルツ | アレックス・リン | アンソニー・デビッドソン | アンディ・ソウセック | アントニオ・ジョビナッツィ | アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ | アンドレアス・ツバー | アンドレ・ロッテラー | イギリスGP | イタリアGP | イモラ | イルモア | インテルラゴス | インディアナポリス | インドGP | ウィリアムズ | ウィリ・ウェバー | ウィリー・ランプ | ウィル・スティーブンス | エイドリアン・カンポス | エイドリアン・スーティル | エイドリアン・ニューイ | エイボン | エステバン・オコン | エステバン・グティエレス | エディ・ジョーダン | エリック・ブイユ | エンジン | エンツォ・フィティパルディ | オースティン | オーストラリアGP | オーストリアGP | カタール | カナダGP | カルロス・ゴーン | カルロス・サインツJr. | カルン・チャンドク | カート | キミ・ライコネン | キャノピー | キャラミ・サーキット | ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ギュンター・シュタイナー | クムホ | クリスチャン・クリエン | クリスチャン・ホーナー | クレア・ウィリアムズ | グッドウッド | グレーム・ロードン | ケビン・マグヌッセン | ケータハムF1 | ゲイリー・パフェット | ゲルハルト・ベルガー | コスワース | コリン・コレス | コンコルド協定 | サム・マイケル | ザウバー | ザク・ブロウン | シャルル・ピック | シャルル・ルクレール | ショーン・ジェラエル | シリル・アビテブール | シルバーストーン | シンガポールGP | ジェラール・ロペス | ジェローム・ダンブロシオ | ジェンソン・バトン | ジェームス・アリソン | ジェームス・カラド | ジェームス・ロシター | ジェームズ・キー | ジャガー | ジャッキー・スチュワート | ジャック・ビルニューブ | ジャンカルロ・フィジケーラ | ジャン・アレジ | ジャン・エリック・ベルニュ | ジャン・トッド | ジュリアーノ・アレジ | ジュール・ビアンキ | ジョナサン・ニール | ジョニー・ハーバート | ジョリオン・パーマー | ジョルジョ・パンターノ | ジョン・サーティーズ | ジョン・ハウェット | ジョン・ブース | ジョージ・ラッセル | ジョーダン | ジョーダン・キング | ジーン・ハース | スティーブ・ニールセン | ステファンGP | ステファーノ・ドメニカリ | ストッフェル・バンドーン | スパイカーF1 | スパフランコルシャン | スペインGP | スポンサー | スージー・ウォルフ | スーパーライセンス | スーパー・アグリ | スーパー・フォーミュラ | セバスチャン・ブエミ | セバスチャン・ベッテル | セバスチャン・ボーデ | セバスチャン・ロウブ | セパン・サーキット | セルゲイ・シロトキン | セルジオ・ペレス | セルジオ・マルキオンネ | ソチ | タイGP | タイヤ | ダカールラリー | ダニエル・ジュンカデラ | ダニエル・リカルド | ダニカ・パトリック | ダニール・クビアト | ダビデ・バルセッキ | チェイス・キャリー | チェコ | チャンプカー | チャーリー・ホワイティング | ティモ・グロック | テレビ | ディートリッヒ・マテシス | デイモン・ヒル | デビッド・クルサード | デビッド・リチャーズ | デモラン | デュランゴ | トト・ウォルフ | トニー・フェルナンデス | トヨタ | トルコGP | トロ・ロッソ | ドイツGP | ドニントンパーク | ナイジェル・マンセル | ナイトレース | ナレイン・カーティケヤン | ニキ・ラウダ | ニコラス・トッド | ニコ・ヒュルケンバーグ | ニコ・ロズベルグ | ニック・ハイドフェルド | ニック・フライ | ニュルブルクリンク | ニュージャージー | ネルソン・アンジェロ・ピケ | ネルソン・ピケ | ノルベルト・ハウグ | ハイメ・アルグエルスアリ | ハインツ・ハラルド・フレンツェン | ハロー | ハンガリーGP | ハンガロリンク | ハンコック | ハースF1 | バルセロナ | バルテリ・ボタス | バレンシア | バレンシアGP | バレンティーノ・ロッシ | バーニー・エクレストン | バーレーンGP | バーレーン国際サーキット | パスカル・ウェーレイン | パストール・マルドナド | パット・シモンズ | パット・フライ | パディ・ロウ | パトリック・ヘッド | ヒスパニア・レーシング | ビタントニオ・リウッツィ | ピエール・ガスリー | ピットストップ | ピレリ | ファン・モントーヤ | フェラーリ | フェリッペ・ナスル | フェリッペ・マッサ | フェルナンド・アロンソ | フォース・インディア | フォード | フォーミュラE | フラビオ・ブリアトーレ | フランク・ウィリアムズ | フランク・ダーニー | フランスGP | フランツ・トスト | フレデリック・ヴァスール | ブラウンGP | ブラジルGP | ブラバム | ブランズハッチ | ブリヂストン | ブルガリア | ブルーノ・セナ | ブレンドン・ハートリー | プロドライブ | ヘイキ・コバライネン | ヘルマン・ティルケ | ヘルムート・マルコ | ヘレス | ベトナム | ベルギーGP | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ペーター・ザウバー | ホセ・マリア・ロペス | ホッケンハイム | ホンダ | ホー・ピン・トゥン | ボブ・ベル | ポルシェ | ポルトガル | ポールリカール | ポール・ストゥダート | ポール・ディ・レスタ | マイク・ガスコイン | マイク・コフラン | マウリツィオ・アリバベーネ | マクラーレン | マックス・チルトン | マックス・フェルスタッペン | マックス・モズレー | マニクール | マノー・マルシア | マリオ・アンドレッティ | マリオ・タイセン | マルク・ジェネ | マルコ・アスマー | マルコ・アンドレッティ | マルコ・マッティアッチ | マルシア | マレーシアGP | マ・キンファ | マーカス・アームストロング | マーカス・エリクソン | マーク・ウェバー | マーク・スミス | マーチ | マーティン・ウィットマーシュ | マーティン・ドネリー | マーティン・ブランドル | ミカ・サロ | ミカ・ハッキネン | ミシュラン | ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ | ミルコ・ボルトロッティ | ムジェロ | メカクローム | メキシコGP | メルセデス | モトGP | モナコGP | モニシャ・カルテンボーン | モンツァ | ヤス・マリーナ・サーキット | ヤルノ・トゥルーリ | ユナイテッドステーツGP | ヨンナム・サーキット | ヨースト・カピート | ヨーロッパGP | ラスベガス | ラファエル・マルシエロ | ラルフ・シューマッハ | ランス・ストロール | ランド・ノリス | ランボルギーニ | リオ・ハリアント | リザーブドライバー | リバティ・メディア | ルイス・ハミルトン | ルイス・ペレス・サラ | ルイス・レイジァ | ルカ・バドエル | ルカ・フィリッピ | ルカ・モンテツェモロ | ルノー | ルマン24時間レース | ルーカス・ディ・グラッシ | ルーベンス・バリチェッロ | レギュレーション | レッドブル | レッドブルリンク | レース・オブ・チャンピオンズ | ロシアGP | ロス・ブラウン | ロドルフォ・ゴンザレス | ロバート・クビサ | ロバート・ドーンボス | ロビン・フラインス | ロブ・スメドリー | ロブ・ホワイト | ロベルト・メルヒ | ロマン・グロージャン | ロリー・バーン | ロルダン・ロドリゲス | ロングビーチ | ロンドンGP | ロン・デニス | ロータス | ローマ | ローラ | ワールドシリーズbyルノー | ヴィジャイ・マルヤ | ヴィタリー・ペトロフ | 上海サーキット | 中国GP | 中嶋一貴 | 中嶋大祐 | 人事 | 佐藤万璃音 | 佐藤公哉 | 佐藤琢磨 | 八郷隆弘 | 南アフリカ | 国本京佑 | 富士スピードウェイ | 小暮卓史 | 小松礼雄 | 小林可夢偉 | 山本左近 | 新井康久 | 新型車発表 | 日本GP | 松下信治 | 武藤英紀 | 浜島裕英 | 片山右京 | 鈴木亜久里 | 鈴鹿サーキット | 長谷川祐介 | 韓国GP