2024/04/19

ストロール、アストンマーティンF1と残留交渉

Lans Stroll
L_stroll_lエースのフェルナンド・アロンソとの残留契約を早々と正式発表したアストンマーティンF1チームが、今度はチームメイトであるランス・ストロールと交渉中であることを認めた。

二人は共に2024年末までで現契約は満了とされるが、アロンソのほうはホンダとのエンジン供給がスタートする2026年まで延長を果たしている。

一方ストロールもアストンマーティンの大株主でF1チームオーナーでもあるローレンス・ストロール氏が父親であることから絶対的有利ともみられるが、角田裕毅(現レーシング・ブルズ)の有力な移籍先ということもあって交渉の行方が注目される。

|

2023/11/19

ストロール(アストンマーティン)に、ペナルティ

FIA
ラスベガスGPのレーススチュワード(審査委員)は、アストンマーティンF1のランス・ストロールに対し、土曜日に行われる決勝レースで5グリッド降格のペナルティとペナルティ・ポイント3点を科すことを明らかにした。

これは、金曜日に行われたフリー走行3回目セッション中、Wイエローとなったにも関わらずサインツ(フェラーリ)のマシンをオーバーテイクしたためという。
これにより予選14番手だったストロールは19番グリッドからのスタートとなる。
なおそのサインツ(フェラーリ)はPU(パワーユニット)等の交換により最後尾スタートが決まっている。

|

2023/08/26

ランス・ストロールにテニス界転向の噂

Lance Stroll (C)Aston Martin F1 Team
拡大します
ウィリアムズ・レーシングからF1にデビューして7年目、常に父親の支援が陰で指摘されてきたランス・ストロール(24歳:カナダ)だが、現在のアストンマーティンF1においてもその実力に疑問符が投げ掛けられている。
事実、今季もここまでアロンソの149ポイントに対し、ストロールは47ポイントに留まっている。

そこで伝わってきたのがなんとモータースポーツから一転、実業家としてかテニス界への転身であるという。
こごでも親譲りの潤沢な資金は邪魔にはならないことだろう。

|

2023/08/04

ストロール(アストンマーティン)、F1からの離脱も

Lance Stroll (C)Aston Martin F1 Team
拡大します
現在アストンマーティンF1チームのランス・ストロール(24歳:カナダ)だが、将来的にF1を離脱する可能性が報じられている。

2017年、まだ18歳の時に当時のウィリアムズ・チームからF1デビューしたストロールだが、チームメイトに後れを取ることがしばしばあることから「親の七光り」と揶揄されるなどその実力に疑問符が付けられることも多い。

そこで生まれているのがストロールの早期のF1離脱説。
後任にはアストンマーティンが将来ホンダとパートナーシップを組むことからニコ・ヒュルケンバーグ(ハース)や角田裕毅(アルファタウリ)らの名前が早くも取り沙汰されているという。

|

2023/06/24

ストロール(アストンマーティン)に掛かる重圧

Lance Stroll (C)Aston Martin F1 Team
拡大します
今シーズン、好調が続くアストンマーティンF1チームだが、アロンソが元チャンピオンらしく輝きをみせているのに比べ、ストロールのほうには逆にそのプレッシャーが増大しつつあるようだ。

今季、同チームは6回の表彰台をゲットしているが、これらはすべてアロンソが獲得したもの。
一方のストロールはオーストラリアの4位が最高で一度も表彰台に上がっていない。
これについて同チームのマイク・クラック代表は予選での改善があれば事態は改善すると擁護している。

なおストロールがチームオーナーで大富豪であるローレンス・ストロール氏の子息で強い庇護の元にあることは良く知られたところだ。

|

2023/03/10

足の指も骨折していたストロール(アストンマーティン)

Lance Stroll (C)Aston Martin F1 Team
拡大します
開幕間近の自主トレーニング中にスペインで自転車事故に見舞われたランス・ストロール(アストンマーティン)だったが、伝えられた以上に怪我は大きいものだったことがわかってきた。
事故は自転車で頭から転倒したというもので、手首の骨折に気付いたストロールはマラガからバルセロナの2輪モトGPで著名な医師の元に急行、緊急手当を受けたということだ。

怪我は両手首の骨折だけでなく右足の親指まで折れていたということで、開幕戦に無事出走できたのが信じられないほどのダメージだった。
そのバーレーンGPでみごと6位入賞を遂げたストロールだったが、ゴール後はほとんど意識を失う状況だったということだ。

|

2023/03/05

右手首を痛めていたストロール(アストンマーティン)

Lance Stroll (C)Aston Martin F1 Team
拡大します
オフ・トレーニング中に見舞われたアクシデントより、一時はバーレーンGPの欠場も懸念されていたアストンマーティンのランス・ストロールだが、噂に上がった骨折などはなかったものの車載カメラにはコクピット内で苦戦する様子が確認された。

それによれば痛めたのは右手首ということで、右に大きくステアリングを切る際には左手で補うようにカバーするという変則的な切り方をしているところが国際映像で映し出された。

またマシンから降りる際にもクルーの補助が欠かせない様子もみられたのだが、厳密に言えば、自力でコクピットから脱出できなければならないことがレギュレーションで規定されているため、その点いささか気掛かりではある。

|

2023/03/03

ストロール(アストンマーティン)のバーレーンGP出走が確定

Lance Stroll (C)Aston Martin F1 Team
拡大します
アストンマーティンF1チームは、今週行われるF1開幕戦バーレーンGPに同チームのレースドライバーであるランス・ストロールが予定通り出走することを発表した。

ストロールはマウンテンバイクを使ったシーズンオフの自主トレーニング中、アクシデントに見舞われ負傷が伝えられていた。
しかし怪我の詳細が明らかにされなかったため、両手首骨折など憶測が一人歩きしていたもの。

欠場した場合の代役に引退表明したばかりのセバスチャン・ベッテルの名前が挙げられるなどパドックを賑わせていたがこれで結着がついたことになる。

|

2023/02/21

ストロール(アストンマーティン)、シーズン前テストを欠場

Lance Stroll (C)Aston Martin F1 Team
拡大します
アストンマーティンF1チームは同チームのレースドライバーであるランス・ストロールが今週行われるシーズン前テストを欠場することを明らかにした。
それによればストロールは自転車を使ったトレーニング中に軽い事故に遭った模様だ。

テストはチームメイトであるフェルナンド・アロンソが3日間とも走るか、リザーブドライバーに登録されているストッフェル・バンドーンやフェリペ・ドラゴビッチを招集するか今のところ明確にしていない。
なおチームでは来週末に迫った今季開幕戦バーレーンGPまでには回復が見込まれるとしている。

|

2022/11/13

ストロール(アストンマーティン)にペナルティ・ポイント

FIA
ブラジルGPのレーススチュワード(審査委員)は、12日(土)に行われたスプリントレース中に起きたベッテル(アストンマーティン)とのコース上のバトルについて、ランス・ストロール(アストンマーティン)の側に危険走行の責任があったとしてペナルティ・ポイント3点を科したことを明らかにした。

それによれば2台は3コーナーでポジションを争っていた状況で、あわや大事故になりかねない状況を作ったというもの。
なおストロールにはレース中すでに10秒のタイム・ペナルティが別途科せられている。

ペナルティ・ポイントは連続する12か月で累積12点に達した場合、当該ドライバーのスーパーライセンスが次戦まで停止されるため次のレースに出場できないことになるが、ストロールはこの3点を加え通算8点目となった。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

70thアニバーサリーGP A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP VW WEC WRC WTCC アイフェルGP アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アニバーサリーGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルベ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルピーヌ アルファタウリ アルファロメオ アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・パロウ アレックス・リン アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル アンドレア・キミ・アントネッリ アンドレア・ステラ アンドレッティ イギリスGP イゴラ・ドライブ イタリアGP イモラ インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オスカー・ピアストリ オトマー・サフナウアー オランダ オランダGP オリバー・ベアマン オリバー・ミンツラフ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP オーラ・ケレニウス カタールGP カナダGP カラム・アイロット カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コルトン・ハータ コロンビア コンコルド協定 サウジアラビアGP サクヒールGP サンパウロGP ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームス・ボウルズ ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ドゥーハン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・サーティーズ ジョージ・ラッセル ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ステークF1 ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スプリントレース スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダビデ・ブリビオ ダン・ティクタム チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テオ・プルシェール テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デンマークGP トスカーナGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・デ・フリース ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ビザ・キャッシュアップRB ピエトロ・フィッティパルディ ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベトナムGP ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガルGP ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミGP マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マイケル・マシ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マドリッドGP マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モハメド・ベン・スレイエム モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラスベガスGP ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リアム・ローソン リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ブルズ レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロイ・ニッサニー ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・シュワルツマン ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロマーニャGP ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ローガン・サージェント ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 周冠宇 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 岩佐歩夢 平川亮 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介 WTCC