2022/06/26

アルファロメオ、設立112周年記念デモ

Alfaromeo 112th (C)Alfaromeo Racing
拡大します
アルファロメオの設立112周年を祝い、アルファロメオF1チームのバルテリ・ボタスがイタリア・ミラノで記念のデモンストレーションランを敢行した。

1910年に設立されたアルファロメオは今年で実に112年。
イタリアのスポーツカー・ブランドとしての感謝の気持ちをデモランで表したもの。
ボタスは赤と白にペイントされたF1マシンにより世界的に有名なドゥオーモ広場をスタート、サンバビラ広場、ヌオーヴァ門など歴史的な名所を廻り、最後はガッタメラタからアルファロメオの新しいフラッグシップ店iに到着し走行を終えた。

|

2022/05/02

アルファロメオ代表、「今さら最低重量引き上げは不公平」

Frederic Vasseur (C)Alfaromeo Racing
拡大します
F1は、今シーズン大幅変更されたレギュレーションに伴い、マシンの最低重量をこれまでの752キロから795キロまで引き上げた。
ところが多くのチームからこの最低重量では達成できないとしてさらなる引き上げを求める動きが広まっている。

しかしこれについてアルファロメオF1チームのフレデリック・バッサー代表が異論を呈している。
「規則は何年も前から決まっていたのだから、いまさら出来ないので変更してくれというのは身勝手な言い分。
なぜならわれわれはちゃんとそれに合わせて減量し、実際に達成しているんだからね。
いまさらオジャンじゃあ、何の為に身を削る努力をしてきたか、意味がなくなるというものだ」と、不満顔。

ちなみにこれまでは最低重量を下回った分だけ、チームは好みの位置にその分のバラストを積んで全体のバランスを取ってきたが、重量オーバーではもちろんこの作戦は使えない。

|

2022/04/29

アルファロメオ&ザウバー、7月に交渉結論を明らかに

Alfaromeo Racing (C)Sauber Motorsport AG
拡大します
アルファロメオF1チームは、同チームのF1活動を実質的に支えているザウバー・モータースポーツとの2023年以降のパートナーシップ契約について、来たる7月に結論を出す方向であることを明かした。

両者の提携はこれまでコンストラクターズ・ランキングで8位-8位-9位となっていて今年が4年目。
しかしこれまでの4戦を終えた時点でランキング5位とこれまでにない健闘をみせていることから関係継続との見方が強まっている。

プライベーターながらザウバー・モータースポーツの持つリソースや人材には外部からは魅力的なものになっており、アンドレッティなど実際にコンタクトを採ったケースも伝えられている。
場合によっては買収ということも考えられないことではないようだ。

|

2022/04/24

周冠宇(アルファロメオ)、作業違反でピットレーンスタートに

 FIA
ロマーニャGPのレーススチュワード(審査委員)は、23日(土)行われたスプリントレースセッション中、アルファロメオF1チームが周冠宇のマシンに対し規定違反の作業を行ったとして、24日(日)の決勝レースをピットレーンスタートとしたことを明らかにした。

それによれば周冠宇のマシンはスプリントレースで他車との接触事故に遭ったため、ガレージで作業を行ったが、規定でパルクフェルメ状態にあるためFIAの監察が必要なところ、これを怠ったというもの。
審査の結果、ピットレーンからのスタートというペナルティを科すことで結着した。

|

作業はシャシー交換だったボタス(アルファロメオ)

Valterri Bottas (C)Alfaromeo Racing
23日(土)行われたロマーニャGPのフリー走行2回目セッションをガレージでの作業で結局まったく走れずに終えたアルファロメオF1チームのバルテリ・ボタスの作業は、シャシー交換という大掛かりなものだったことがわかった。

それによればボタスのマシンは22日(金)の予選Q3でエクゾースト系のトラブルから火災に見舞われたが、その際にワイヤーハーネス等の損傷が見つかり、交換を決めたものという。
それでもボタスは最終的に日曜日の決勝レースで7番グリッドを獲得するなど健闘。
古巣のメルセデスAMG勢が不振で11-14番手に沈むのを尻目にパフォーマンスの高さをみせた。

|

2022/03/22

ルーキー周冠宇(アルファロメオ)、初戦で10位入賞

Bahrain GP Image (C)Pirelli Motorsport
拡大します
F1デビュー戦となったバーレーンGP決勝レースで、いきなり10位入賞・初ポイント獲得を果たしたアルファロメオの周冠宇(22歳:中国)が、その喜びを表した。

「もううれしくて最高の気分だよ。
レースが荒れたこともあったけれど、開幕戦でいきなりポイント獲得が果たせるとは正直予想していなかったからね。
僕の夢は、まずF1のグリッドに着くこと、そして次は完走してポイントを獲得することだったから、いきなり二つが叶ってしまったことになるよ」と、喜びを隠せない。

昨季のアルファロメオは元チャンピオンのライコネンを以ってしてもポイント獲得まで開幕から6戦を要したことを考えると上出来だ。
さらに今回はチームメイトのボタスも6位とW入賞を果たしている。

|

2022/03/09

アルファロメオ代表、「今年のボタスは生まれ変わる」

Frederic Vasseur (C)Alfa Romeo F1 Team
拡大します
今シーズン、F1参戦10年目のベテラン、バルテリ・ボタス(32歳:フィンランド)とF1ルーキーである周冠宇(22歳:中国)という新旧ドライバーの組み合わせとなるアルファロメオF1チームだが、同チームのフレデリック・バッサー代表は「二人のドライバーは対等のポジションになる」と、説明している。

「これまでボタスはメルセデスAMGというハミルトン中心のチームにあって、強いプレッシャーを受けながらの戦いを強いられてきた。
しかしアルファロメオというこのチームでは二人のドライバーは対等で、そんな余分な圧力を考える必要もない。
そしてそれにより、ボタスは昔のようなのびのびとした状況の中、本来のスビードを取り戻すことだろう。
彼は再び生まれ変わるよ」

一方で、新人である周冠宇のほうは中国人初のF1ドライバーということで、こちらは別の意味で母国からの重圧に耐えていかなければならないようだ。

|

2022/02/28

アルファロメオ、2022年新型車『C42』を正式発表

Alfaromeo Ferrari 『C42』 (C)Alfaromeo Racing
拡大します
アルファロメオF1チームは、2022年シーズンを戦う新型車『C42』をオンラインで正式発表した。

シーズン前テストの前半が終了したという異例の時期だが、これは当初から予定されていたもの。
テストではカモフラージュされたカラーリングに覆われていたが、おそらくスポンサー関連の交渉が結着していなかったためとみられる。

アルファロメオはレースドライバーが二人とも変更となる唯一のチームで。2022年はメルセデスAMGチームから移籍のバルテリ・ボタスと新人である周冠宇(中国)という組み合わせとなる。

|

2022/02/16

アルファロメオの新型車テスト画像が流出

 Image
2022年新型車の発表がまだ行われていないアルファロメオF1チームだが、公開前に行ったシェイクダウン・テストの画像が流出していることがわかった。

それによれば場所はフェラーリの本拠地フィオラノ・サーキット。
マシンは正式カラーリングではなく白黒の迷彩スターティンググリッド模様になっていて、ステアリングを握っているのはメルセデスAMGチームから移籍したバルテリ・ボタスとみられる。

同チームの新型車発表は最も遅い2月27日(日)を予定。
唯一レースドライバーが二人とも変更となる同チームは、上記ボタスと新人の周冠宇(前アルピーヌF1テストドライバー)という組み合わせになる。
これまで非フェラーリ系だった二人にとっていずれもフェラーリ製パワーユニットは初体験ということだ。

|

2022/02/03

アルファロメオF1チームの新型車は2月27(日)に発表へ

Alfaromeo f1 logo (C)Alfaromeo F1 Team

アルファロメオF1チーム・オーレンは2022年仕様の新型車『C42』(仮称)を来たる2月27日(日)にオンラインで発表することを明らかにした。

これはこれまで明らかになった発表スケジュールでは最も遅いもので、最初のバルセロナでのシーズン前テストには暫定カラーリングで参加、テスト翌日に発表した後、バーレーンでの2回目のシーズン前テストでは本番用の正式カラーリングをお披露目するということだ。

なお旧型車ザウバー・チームがサポートするアルファロメオF1は、唯一ドライバー・ラインナップが一新されて臨むチームで、今季はメルセデスから移籍のバルテリ・ボタスと、ルーキーの周冠宇という組み合わせになる。

【2022年新型車発表予定】

日時 チーム マシン名 場所
2月10日(木) アストンマーティン 『AMR21』 ゲイドン本社
2月11日(金) マクラーレン・レーシング 『MCL36M』 テクノロジー・センター
2月14日(月) スクーデリア・アルファタウリ 『AT03』 ファエンツァ(?)
2月17日(木) フェラーリ 『SF22』 マラネロ本社
2月18日(金) メルセデス 『W13』 オンライン(?)
2月21日(月) アルピーヌF1 『A522』 バルセロナ(?)
2月27日(日) アルファロメオF1 『C42』 オンライン
*マシン名等は非公式です。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

70thアニバーサリーGP A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイフェルGP アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルベ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルピーヌ アルファタウリ アルファロメオ アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル アンドレッティ イギリスGP イゴラ・ドライブ イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オスカー・ピアストリ オトマー・サフナウアー オランダ オランダGP オースティン オーストラリアGP オーストリアGP オーラ・ケレニウス カタール カタールGP カナダGP カラム・アイロット カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コルトン・ハータ コンコルド協定 サウジアラビアGP サクヒールGP サンパウロGP ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シュタイヤーマルクGP シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スプリントレース スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダビデ・ブリビオ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デンマークGP トスカーナGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・デ・フリース ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエトロ・フィッティパルディ ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベトナムGP ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガルGP ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイアミGP マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マイケル・マシ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モハメド・ベン・スレイエム モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロイ・ニッサニー ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・シュワルツマン ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロマーニャGP ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 周冠宇 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 岩佐歩夢 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介