2019/02/28

合同テスト後半2日目、ベッテル(フェラーリ)クラッシュ

Carlos Sainz (C)McLaren Group
拡大します
2月27日(水)、バルセロナ・サーキットを舞台に行われているシーズン前テスト後半は第2日目を迎えた。

トップタイムはこの日もマクラーレンでカルロス・サインツの記録した1'17.144、これは今年のテストでは全体のベストになるものだ。
130ラップの多きを数えたが、コース入口でストップ、赤旗中断の原因も作っている。

2番手はペレス(レーシング・ポイント)、3番手はベッテル(フェラーリ)。
この日のビッグニュースはなんといってもこのベッテルのクラッシュだろう。
新しい僚友であるルクレールとこの日もマシンをシェアしたベッテルは午前のセッションで40周を周回、この日の3番手となる1'18.193のベストタイムを記録したもののその後3コーナーでコースアウト・クラッシュ。
セッションは赤旗中断、ドライバーは直ちにメディカルセンターに運ばれて検査を受けたが幸い身体に問題ないとして解放された。
マシンは修復に当てられたもののルクレールのほうは結局インストレーションラップだけに留まりノータイムで終えている。

4番手ライコネン(アルファロメオ)、5番手グロージャン(ハース)、6-7番手には共にホンダ・パワーのフェルスタッペン(レッドブル)とクビアト(トロ・ロッソ)が並び合わせて229周を走り込んだ。
前日ハイドロリック系のトラブルに見舞われたメルセデスは遅れを取り戻すべくボタス&ハミルトン合わせて176周を周回した。
シーズン前テストで出遅れたウィリアムズは、クビサが最多の130周を周回、初めて本格的なテスト・プログラムを消化して追い上げの姿勢をみせた。

| | トラックバック (0)

2018/12/04

アストンマーティン、2021年のルール変更に「失望」

Aston Martin/Redbull (C)RedBull Racing
拡大します
一時はコスワースやイルモア、VW(フォルクスワーゲン)、ポルシェ、アストンマーティンなど多くの2021年シーズン新規参戦が期待されたF1だったが、いずれもすっかり鳴りを潜めた形だ。

これについてアストンマーティン社のアンディ・パーマー/CEO(最高経営責任者)は英『ロイター』で次のように語っている。

「F1レギュレーションを変更するという最初の計画を聞いた時、われわれも参入すべく詳細な検討を始めたのは確かだ。
しかし、現行のものよりもシンプルで安価なPU(パワーユニット)を導入するというリバティ・メディアの計画は水泡に帰したのが現実。
これではわれわれも計画を見直さざるを得ないというものだ。
彼らはこれまで通りのエンジンで戦えばいいんじゃないか」と、突き放した。

来季レッドブル・レーシングはこれまでのルノーからホンダにパワーユニットを変更するが、それでもアストンマーティンはタイトル・スポンサーという同チームへの支援を継続するということだ。

| | トラックバック (0)

2018/10/13

アストンマーティン、F1よりDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)

Aston Martin/Redbull (C)RedBull Racing
拡大します
これまでしばしばF1参戦が噂され、現在レッドブル・レーシングの冠スポンサーを務めるスポーツカーの名門『アストンマーティン』だが、2019年シーズンから人気のツーリングカー・レースであるDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)に本格参戦することがわかった。

DTMでは現在のチャンピオンであるメルセデスAMGチームが今季限りで撤退を表明していて、それに代わる新たなコンテンダーの参戦が期待されていた。
マシンはアストンマーティンのハイパフォーマンス・モデルであるヴァンテージを基本としたもので、実際にはこれまでも提携関係にある『Rモータースポーツ』とのパートナーシップで参戦することになるという。

なお他にはアウディやBMWという、いずれもドイツ系メーカーの参戦が予定されている。

| | トラックバック (0)

2018/06/27

ホンダ・エンジンにタグホイヤー・バッジは付けずとレッドブル

Astonmartin Aoyama (C)Astonmartin Tokyo
ここ数年、搭載するルノー・エンジンにスイスの高級時計ブランドである『タグホイヤー』の名前を冠してきたレッドブル・レーシングだが、来季からのエンジン・サプライヤー契約を結んだホンダ・エンジンについては同社のバッジを付ける予定はないことを明らかにした。

これによりかねて伝えられているように来季の登録チーム名は『アストンマーティン・レッドブル・レーシング・ホンダ』になる模様。
同じ自動車メーカーであるアストンマーティンの名前は残されるが、これについて同社はすでに「アストンマーティンとホンダとでは顧客層が重複することはない」と、これを容認構えをみせている。

これについて聞かれたホンダF1の責任者である山本雅史モータースポーツ担当部長は、「最近、ホンダ本社の向かいに新しいアストンマーティンのディーラーができました」と、取材陣を煙に巻いた。
事実、青山通りを挟んだホンダ本社の対面にはアストンマーティンの新グローバル・ブランドセンター『ハウス・オブ・アストンマーティン青山』が昨年暮れオープンしている。

| | トラックバック (0)

2018/06/22

ホンダ・エンジンになってもアストンマーティンは残留

Aston Martin/Redbull (C)RedBull Racing
拡大します
既報のようにレッドブル・レーシングは来季からホンダ製パワーユニットを搭載することが正式に発表された。
概念的にはこれまでのレッドブル・ルノーからレッドブル・ホンダということになるが、同チームのタイトル・スポンサーで今季のチーム名にも冠されているアストンマーティンはそのまま残留するようだ。

これは同社のアンディ・パーマー/CEO(最高経営責任者)が明らかにしたもの。
それによればアストンマーティンとホンダとでは同じ自動車メーカーでも対象とする顧客の層が異なるため、レッドブル・レーシングにおいてネーミングが重複しても問題は無いとしている。
(逆にいえば、例えばフェラーリでは都合が悪いことになる)

これにより来季のチーム名は『アストンマーティン・レッドブル・レーシング・ホンダ』という少々わかりにくいものになるとみられる。

| | トラックバック (0)

2018/01/28

アストンマーティン&コスワースの提携話に進捗の動き

 Aston Martin Logo
2021年シーズンからのF1レギュレーション変更を見据え、F1復帰へ意欲をみせるコスワース社が同じく関心をみせているアストンマーティン社へ送ったラブコールに進捗の動きがみられているようだ。

これはコスワース側からの呼び掛けに対し、アストンマーティン側の責任者であるアンディ・パーマー/CEO(最高経営責任者)が前向きな姿勢であることを明らかにしたもの。
両者はすでにレッドブル・グループが開発する市販車を通じて共同作業の実績も持つ。
F1パワーユニットについても共同であればコストの負担が減るだけでなく過大なリスクも回避が見込めそうだ。

コスワースはかつてフォードDFVエンジン等の開発でF1を席巻した歴史を持つ名門。
またアストンマーティンも1950年代に自身コンストラクターとしてF1に参戦した経験がある他、今季はレッドブル・レーシングのタイトル・スポンサーにも就くなどF1に関わりをみせている。

| | トラックバック (0)

2018/01/20

コスワース、アストンマーティンとの提携に意欲

Cosworth Factory (C)Cosworth Engineering
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は現行のF1エンジン・レギュレーションを2020年で終了、2021年シーズンからは新しい規則のもとで新たなスタートをする方針だが、これに合わせいくつかの新顔が参入に意欲をみせている。

その一つであるコスワース・レーシングは、同じくF1参入に関心を持つとされるアストンマーティンと提携すべく議論を進めていることを明らかにした。
ただまだ細部に至るレギュレーションが確定しておらず、結論には至っていないという。

コスワースはかつてフォードDFVエンジン等の開発でF1を席巻した歴史を持つ名門。
またアストンマーティンも1950年代に自身コンストラクターとしてF1に参戦した経験がある。
また今季はレッドブル・レーシングのタイトル・スポンサーにも就いている。

| | トラックバック (0)

2017/12/02

『アストンマーティン』、2021年からのF1参戦に積極姿勢

Aston Martin Redbull (C)RedBull Racing
拡大します
2018年シーズンからレッドブル・レーシングと提携、チーム名を『アストンマーティン・レッドブル・レーシング』として参戦することを明らかにしているイギリスの高級自動車メーカー『アストンマーティン』(アストンマーティン・ラゴンダ社)が、スポンサーとしてだけでなくさらに本格エンジン・サプライヤーとしてのF1復帰に意欲をみせている。

今回はタイトル・スポンサーという形での参画に留まるが、FIA(国際自動車連盟)が進めている2021年以降の新レギュレーションによるF1についてテクニカル・ワーキング・グループにも同社はオブザーバーとして参加、高い関心を示してきている。
これについて同社のアンディ・パーマー/CEO(最高経営責任者)は「前向きに検討しているが、現行のF1より大幅にコスト削減が果たされることが前提」と、予防線を張っている。

ただFIAが示した2021年の改革素案に対しては、フェラーリやメルセデスなど既存のマニュファクチャラーズから早くも反発の声が聞かれていて予断を許さない状況だ。
イギリスの名門自動車メーカーであるアストンマーティンは1959年から1960年に掛けて自身でF1に参戦(最高位6位)した経緯を持つ。

| | トラックバック (0)

2017/09/26

『アストンマーティン・レッドブル・レーシング』誕生

Astonmartin Redbull Racing (C)RedBull Racing
拡大します

レッドブル・レーシングは、2018年シーズンからチーム名を『アストンマーティン・レッドブル・レーシング』として参戦することを正式発表した。

アストンマーティンはイギリスの名門自動車メーカーで、1959年から1960年に掛けて自身がF1に参戦(最高位6位)した経緯を持つ。

今回はとりあえずタイトル・スポンサーという形の参画だが、将来的にはレッドブル・レーシングへのエンジンサプライヤーとしてF1に参入することにも関心を持っていると説明された。

現行エンジン規則のF1は2020年末までとされていることからアストンマーティンは2021年以降のエンジン・サプライヤーを窺っているものとみられる。

| | トラックバック (0)

2017/07/26

名門『アストンマーティン』、F1復帰の可能性高まる

 Aston Martin Logo
イギリスの高級自動車メーカー『アストンマーティン』(アストンマーティン・ラゴンダ社)が、F1復帰の意志をみせている。

かつて1959年から1960年に掛けてF1参戦の歴史があるアストンマーティンは当時わずか数回の参戦に留まり成績は予選2位決勝6位というものだったが、それなりの存在感を示した。

今回、FIA(国際自動車連盟)が主導した2021年以降の新レギュレーションによるF1についてテクニカル・ワーキング・グループに同社はコスワースらと共にオブザーバーとして参加、高い関心を示していたもの。

なお同社のF1参戦が実現した場合、コストの面から今度はコンストラクターとしではなくコスワースと協力したエンジン・サプライヤーと言う説が有力とされ、その場合のパートナーにはレッドブル・レーシングの名前が有力候補として挙げられている。

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファタウリ アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介