2018/01/28

アストンマーティン&コスワースの提携話に進捗の動き

 Aston Martin Logo
2021年シーズンからのF1レギュレーション変更を見据え、F1復帰へ意欲をみせるコスワース社が同じく関心をみせているアストンマーティン社へ送ったラブコールに進捗の動きがみられているようだ。

これはコスワース側からの呼び掛けに対し、アストンマーティン側の責任者であるアンディ・パーマー/CEO(最高経営責任者)が前向きな姿勢であることを明らかにしたもの。
両者はすでにレッドブル・グループが開発する市販車を通じて共同作業の実績も持つ。
F1パワーユニットについても共同であればコストの負担が減るだけでなく過大なリスクも回避が見込めそうだ。

コスワースはかつてフォードDFVエンジン等の開発でF1を席巻した歴史を持つ名門。
またアストンマーティンも1950年代に自身コンストラクターとしてF1に参戦した経験がある他、今季はレッドブル・レーシングのタイトル・スポンサーにも就くなどF1に関わりをみせている。

| | トラックバック (0)

2018/01/20

コスワース、アストンマーティンとの提携に意欲

Cosworth Factory (C)Cosworth Engineering
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は現行のF1エンジン・レギュレーションを2020年で終了、2021年シーズンからは新しい規則のもとで新たなスタートをする方針だが、これに合わせいくつかの新顔が参入に意欲をみせている。

その一つであるコスワース・レーシングは、同じくF1参入に関心を持つとされるアストンマーティンと提携すべく議論を進めていることを明らかにした。
ただまだ細部に至るレギュレーションが確定しておらず、結論には至っていないという。

コスワースはかつてフォードDFVエンジン等の開発でF1を席巻した歴史を持つ名門。
またアストンマーティンも1950年代に自身コンストラクターとしてF1に参戦した経験がある。
また今季はレッドブル・レーシングのタイトル・スポンサーにも就いている。

| | トラックバック (0)

2017/12/02

『アストンマーティン』、2021年からのF1参戦に積極姿勢

Aston Martin Redbull (C)RedBull Racing
拡大します
2018年シーズンからレッドブル・レーシングと提携、チーム名を『アストンマーティン・レッドブル・レーシング』として参戦することを明らかにしているイギリスの高級自動車メーカー『アストンマーティン』(アストンマーティン・ラゴンダ社)が、スポンサーとしてだけでなくさらに本格エンジン・サプライヤーとしてのF1復帰に意欲をみせている。

今回はタイトル・スポンサーという形での参画に留まるが、FIA(国際自動車連盟)が進めている2021年以降の新レギュレーションによるF1についてテクニカル・ワーキング・グループにも同社はオブザーバーとして参加、高い関心を示してきている。
これについて同社のアンディ・パーマー/CEO(最高経営責任者)は「前向きに検討しているが、現行のF1より大幅にコスト削減が果たされることが前提」と、予防線を張っている。

ただFIAが示した2021年の改革素案に対しては、フェラーリやメルセデスなど既存のマニュファクチャラーズから早くも反発の声が聞かれていて予断を許さない状況だ。
イギリスの名門自動車メーカーであるアストンマーティンは1959年から1960年に掛けて自身でF1に参戦(最高位6位)した経緯を持つ。

| | トラックバック (0)

2017/09/26

『アストンマーティン・レッドブル・レーシング』誕生

Astonmartin Redbull Racing (C)RedBull Racing
拡大します

レッドブル・レーシングは、2018年シーズンからチーム名を『アストンマーティン・レッドブル・レーシング』として参戦することを正式発表した。

アストンマーティンはイギリスの名門自動車メーカーで、1959年から1960年に掛けて自身がF1に参戦(最高位6位)した経緯を持つ。

今回はとりあえずタイトル・スポンサーという形の参画だが、将来的にはレッドブル・レーシングへのエンジンサプライヤーとしてF1に参入することにも関心を持っていると説明された。

現行エンジン規則のF1は2020年末までとされていることからアストンマーティンは2021年以降のエンジン・サプライヤーを窺っているものとみられる。

| | トラックバック (0)

2017/07/26

名門『アストンマーティン』、F1復帰の可能性高まる

 Aston Martin Logo
イギリスの高級自動車メーカー『アストンマーティン』(アストンマーティン・ラゴンダ社)が、F1復帰の意志をみせている。

かつて1959年から1960年に掛けてF1参戦の歴史があるアストンマーティンは当時わずか数回の参戦に留まり成績は予選2位決勝6位というものだったが、それなりの存在感を示した。

今回、FIA(国際自動車連盟)が主導した2021年以降の新レギュレーションによるF1についてテクニカル・ワーキング・グループに同社はコスワースらと共にオブザーバーとして参加、高い関心を示していたもの。

なお同社のF1参戦が実現した場合、コストの面から今度はコンストラクターとしではなくコスワースと協力したエンジン・サプライヤーと言う説が有力とされ、その場合のパートナーにはレッドブル・レーシングの名前が有力候補として挙げられている。

| | トラックバック (0)

2017/07/07

コスワースとアストンマーティンらがF1新規参戦に関心か

Cosworth Factory (C)Cosworth Engineering
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は3日(月)、パリの本部でF1ワーキング・グループ会議を行ったが、これにオブザーバーとして共にイギリスのコスワースやアストンマーティンの関係者が参加していたことがわかった。

これは近い将来のF1エンジンのありかたを検討するもので、参加したからといって直ちにF1参戦に結びつくものではないが、関心がなければそもそも会議に参加する必要もないと言える。

言うまでもなくコスワースはフォード・コスワースとして一時は完全にF1を席巻、いまだにその最多勝記録は破られていない。
また1959年から1960年に掛けコンストラクターとして参戦したアストンマーティンは当時予選2位、決勝6位の記録を残している。

| | トラックバック (0)

2016/12/07

レッドブル、「アストンマーティン」との契約延長で合意

Marek Reichman & Adrian Newey (C)RedBull Racing
拡大します
今シーズン開幕前に結ばれたレッドブル・レーシングとイギリスの名門スポーツカー・メーカーである「アストンマーティン社」とのパートナーシップ契約について、さらに2017年も継続していくことが明らかにされた。

この契約では、コードネーム『AM-RB 001』と名付けられた高性能ロードカーを開発する事業がスタートしているが、まだ実走行には至ってない。
開発にはアストンマーティン側からクリエイティブ・オフィサー&デザイン・ディレクターであるマレック・レイヒマン氏、そしてレッドブル・レーシング側からは同チームのチーフ・デザイナーであるエイドリアン・ニューイ氏が担当として抜擢されている。

| | トラックバック (0)

2016/03/18

アストンマーティンとの提携に他陣営冷ややか

Redbull Duo (C)RedBull Racing
拡大します
2016年シーズンの開幕直前というタイミングで突然発表されたレッドブルとアストンマーティンとのパートナーシップ契約だが、他陣営からは冷ややかな目で受け止められているようだ。

というのも、アストンマーティンについてはこれまで再三自身のブランドによるF1参入が噂されていたこと。
しかしながら今回の提携内容は少なくとも現時点でF1活動に直接寄与するものではないものとみられている。

また今回の発表会はあまりに慌ただしく、F1関係者の中にも知らずにいた者が多い上に、レッドブル・デュオこそ同席したものの通常こうした発表会の会場には展示されるであろう現物F1マシンの姿もみられなかく、急ごしらえの感は否めない。
当然のことながらアストンマーティンがF1に使えるV型6気筒ターボのハイブリッドF1パワーユニットを作っているという話もまったくないのが実情だ。

| | トラックバック (0)

レッドブル、アストンマーティンとパートナーシップ

Marek Reichman & Adrian Newey (C)RedBull Racing
拡大します
レッドブルがイギリスの名門スポーツカー・メーカーであるアストンマーティン社とパートナーシップを組むことが明らかにされた。
ただこれは子れまで再三流されたアストンマーティンによるF1参入というものではなく、両者で力を合わせ高性能ロードカーである『ハンパーカー』を開発しようとするもの。

コードネームを『AM-RB 001』と名付けられたこのクルマは、レッドブルの頭脳とも言える名デザイナー、エイドリアン・ニューイ氏が関与するとみられる。
なおアストンマーティン側からはクリエイティブ・オフィサー&デザイン・ディレクターであるマレック・レイヒマン氏が共同開発にあたるとのことだ。

なおこれにより今季のF1マシンである『RB12』にはアストンマーティン社のブランド名が掲示されるという。

| | トラックバック (0)

2016/03/12

F・インディア、「アストンマーティンの復帰は消滅」

 Aston Martin Logo
一時スポーツカーの名門「アストンマーティン社」が既存のチームを買収してF1に参戦するのでは、との噂が流れたが、これについて買収候補の一つとされたフォース・インディア・チームでは話が将来的にも立ち消えになったことを明らかにした。

説明したのは同チームのオトマー・サフナウアー/COO(最高執行責任者)で、それによれば破談の最大の原因はF1レギュレーションが不安定なことにあったという。
「アストンマーティン参入の話はわれわれと、そして『ジョニー・ウォーカー』(ディアジオ:酒造会社)との間でかなり具体的なところまで進展していた。
しかし最終的に障害となったのはF1レギュレーションが安定していないこと。
いまだに2017年にどうなるのかわからなかったんだからね。
これではメーカーが長期視野で参入できる筈がない。
彼らも支援者を理解させることができなかったんだ」

なおイギリスの著名スポーツカー・メーカーである「アストンマーティン」は、1959年と1960年の2シーズンに掛けて6戦だけF1参戦、1959年ホームグランプリとなるイギリスで予選2位を記録したものの、決勝レースでの最高位は6位。
他にもウィリアムズ・チームらと交渉をしたとみられている。

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

A-1リンク | A1グランプリ | BMW | BMWザウバー | DRS | DTM | F1 | F1テスト | F2 | F3 | FIA | FOM | FOTA | GP2 | GP3 | GPDA | IMSA | INDY | ING | IRL | KERS | NASCAR | US-GP | USF1 | VW | WEC | WRC | WTCC | アイルトン・セナ | アウディ | アストンマーティン | アゼルバイジャン | アダム・パール | アブダビGP | アメリカGP | アラン・プロスト | アルガルブ | アルガルブ・サーキット | アルゼンチンGP | アルド・コスタ | アルバートパーク | アルファロメオ | アルフォンソ・セリス | アレクサンダー・ロッシ | アレクサンドル・ブルツ | アレックス・リン | アンソニー・デビッドソン | アンディ・ソウセック | アントニオ・ジョビナッツィ | アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ | アンドレアス・ツバー | アンドレ・ロッテラー | イギリスGP | イタリアGP | イモラ | イルモア | インテルラゴス | インディアナポリス | インドGP | ウィリアムズ | ウィリ・ウェバー | ウィリー・ランプ | ウィル・スティーブンス | エイドリアン・カンポス | エイドリアン・スーティル | エイドリアン・ニューイ | エイボン | エステバン・オコン | エステバン・グティエレス | エディ・ジョーダン | エリック・ブイユ | エンジン | エンツォ・フィティパルディ | オトマー・サフナウアー | オースティン | オーストラリアGP | オーストリアGP | カタール | カナダGP | カルロス・ゴーン | カルロス・サインツJr. | カルン・チャンドク | カート | キミ・ライコネン | キャノピー | キャラミ・サーキット | ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ギュンター・シュタイナー | クムホ | クリスチャン・クリエン | クリスチャン・ホーナー | クレア・ウィリアムズ | グッドウッド | グレーム・ロードン | ケビン・マグヌッセン | ケータハムF1 | ゲイリー・パフェット | ゲルハルト・ベルガー | コスワース | コリン・コレス | コンコルド協定 | サム・マイケル | ザウバー | ザク・ブロウン | シャルル・ピック | シャルル・ルクレール | ショーン・ゲラエル | ショーン・ジェラエル | シリル・アビテブール | シルバーストーン | シンガポールGP | ジェラール・ロペス | ジェローム・ダンブロシオ | ジェンソン・バトン | ジェームス・アリソン | ジェームス・カラド | ジェームス・ロシター | ジェームズ・キー | ジャガー | ジャッキー・スチュワート | ジャック・ビルニューブ | ジャンカルロ・フィジケーラ | ジャン・アレジ | ジャン・エリック・ベルニュ | ジャン・トッド | ジュリアーノ・アレジ | ジュール・ビアンキ | ジョナサン・ニール | ジョニー・ハーバート | ジョリオン・パーマー | ジョルジョ・パンターノ | ジョン・サーティーズ | ジョン・ハウェット | ジョン・ブース | ジョージ・ラッセル | ジョーダン | ジョーダン・キング | ジーン・ハース | スティーブ・ニールセン | ステファンGP | ステファーノ・ドメニカリ | ストッフェル・バンドーン | スパイカーF1 | スパフランコルシャン | スペインGP | スポンサー | スージー・ウォルフ | スーパーライセンス | スーパー・アグリ | スーパー・フォーミュラ | セバスチャン・ブエミ | セバスチャン・ベッテル | セバスチャン・ボーデ | セバスチャン・ロウブ | セパン・サーキット | セルゲイ・シロトキン | セルジオ・ペレス | セルジオ・マルキオンネ | ソチ | タイGP | タイヤ | ダカールラリー | ダニエル・ジュンカデラ | ダニエル・リカルド | ダニカ・パトリック | ダニール・クビアト | ダビデ・バルセッキ | ダン・ティクタム | チェイス・キャリー | チェコ | チャンプカー | チャーリー・ホワイティング | ティモ・グロック | テレビ | ディーター・ツェッチェ | ディートリッヒ・マテシス | デイトナ | デイモン・ヒル | デビッド・クルサード | デビッド・シューマッハ | デビッド・リチャーズ | デモラン | デュランゴ | デンマークGP | トト・ウォルフ | トニー・フェルナンデス | トヨタ | トルコGP | トロ・ロッソ | ドイツGP | ドニントンパーク | ナイジェル・マンセル | ナイトレース | ナレイン・カーティケヤン | ニキ・ラウダ | ニコラス・トッド | ニコラス・ラティフィ | ニコ・ヒュルケンバーグ | ニコ・ロズベルグ | ニック・ハイドフェルド | ニック・フライ | ニュルブルクリンク | ニュージャージー | ネルソン・アンジェロ・ピケ | ネルソン・ピケ | ノルベルト・ハウグ | ハイメ・アルグエルスアリ | ハインツ・ハラルド・フレンツェン | ハロー | ハンガリーGP | ハンガロリンク | ハンコック | ハースF1 | バルセロナ | バルテリ・ボタス | バレンシア | バレンシアGP | バレンティーノ・ロッシ | バーニー・エクレストン | バーレーンGP | バーレーン国際サーキット | パスカル・ウェーレイン | パストール・マルドナド | パット・シモンズ | パット・フライ | パディ・ロウ | パトリック・ヘッド | ヒスパニア・レーシング | ビタントニオ・リウッツィ | ピエール・ガスリー | ピットストップ | ピレリ | ファン・モントーヤ | フェラーリ | フェリッペ・ナスル | フェリッペ・マッサ | フェルナンド・アロンソ | フォース・インディア | フォード | フォーミュラE | フラビオ・ブリアトーレ | フランク・ウィリアムズ | フランク・ダーニー | フランスGP | フランツ・トスト | フレデリック・バッサー | ブラウンGP | ブラジルGP | ブラバム | ブランズハッチ | ブリヂストン | ブルガリア | ブルーノ・セナ | ブレンドン・ハートリー | プロドライブ | ヘイキ・コバライネン | ヘルマン・ティルケ | ヘルムート・マルコ | ヘレス | ベトナム | ベルギーGP | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ペーター・ザウバー | ホセ・マリア・ロペス | ホッケンハイム | ホンダ | ホー・ピン・トゥン | ボブ・ベル | ポルシェ | ポルトガル | ポールリカール | ポール・ストゥダート | ポール・ディ・レスタ | マイク・ガスコイン | マイク・コフラン | マウリツィオ・アリバベーネ | マクラーレン | マセラティ | マックス・チルトン | マックス・フェルスタッペン | マックス・モズレー | マニクール | マノー・マルシア | マリオ・アンドレッティ | マリオ・タイセン | マルク・ジェネ | マルコ・アスマー | マルコ・アンドレッティ | マルコ・マッティアッチ | マルシア | マレーシアGP | マ・キンファ | マーカス・アームストロング | マーカス・エリクソン | マーク・ウェバー | マーク・スミス | マーチ | マーティン・ウィットマーシュ | マーティン・ドネリー | マーティン・ブランドル | ミカ・サロ | ミカ・ハッキネン | ミシュラン | ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ | ミルコ・ボルトロッティ | ムジェロ | メカクローム | メキシコGP | メルセデス | モトGP | モナコGP | モニシャ・カルテンボーン | モンツァ | ヤス・マリーナ・サーキット | ヤルノ・トゥルーリ | ユナイテッドステーツGP | ヨンナム・サーキット | ヨースト・カピート | ヨーロッパGP | ラスベガス | ラファエル・マルシエロ | ラルフ・シューマッハ | ランス・ストロール | ランド・ノリス | ランボルギーニ | リオ・ハリアント | リザーブドライバー | リバティ・メディア | ルイス・ハミルトン | ルイス・ペレス・サラ | ルイス・レイジァ | ルカ・バドエル | ルカ・フィリッピ | ルカ・モンテツェモロ | ルノー | ルマン24時間レース | ルーカス・ディ・グラッシ | ルーベンス・バリチェッロ | レギュレーション | レッドブル | レッドブルリンク | レース・オブ・チャンピオンズ | ロシアGP | ロス・ブラウン | ロドルフォ・ゴンザレス | ロバート・クビサ | ロバート・ドーンボス | ロビン・フラインス | ロブ・スメドリー | ロブ・ホワイト | ロベルト・メルヒ | ロマン・グロージャン | ロリー・バーン | ロルダン・ロドリゲス | ロングビーチ | ロンドンGP | ロン・デニス | ロータス | ローマ | ローラ | ワールドシリーズbyルノー | ヴィジャイ・マルヤ | ヴィタリー・ペトロフ | 上海サーキット | 中国GP | 中嶋一貴 | 中嶋大祐 | 人事 | 佐藤万璃音 | 佐藤公哉 | 佐藤琢磨 | 八郷隆弘 | 南アフリカ | 国本京佑 | 富士スピードウェイ | 小暮卓史 | 小松礼雄 | 小林可夢偉 | 山本左近 | 新井康久 | 新型車発表 | 日本GP | 松下信治 | 武藤英紀 | 浜島裕英 | 片山右京 | 田辺豊治 | 福住仁嶺 | 鈴木亜久里 | 鈴鹿サーキット | 長谷川祐介 | 韓国GP