2017/11/19

G.シュタイナー代表(ハースF1)、「もっと既存チームの充実を」

Gunther Steiner (C)Haas F1 Team
拡大します
2016年にF1新加入、今年で2年目のシーズンを終えるハースF1チームだが、同チームのギュンター・シュタイナー代表はFIA(国際自動車連盟)がさらなる新規参戦チームの募集の動きをみせていることに反発の姿勢をみせた。

「F1はいま岐路に立っていると思う。
F1レースに掛かる費用は増大する一方で、現実問題F1は大規模なチームとそれとは対照的な小規模チームとの二つのグループに分かれつつある。
居間必要なことは小規模チームのかさ上げにより全体のバランスを図ること。
それをしないうちに新規参戦チームを迎え入れたら、また新たに異なるレベルのグループを造り出してしまうことになる。
われわれは実際にそれを体験してきたのだから良くわかるんだ」

近年、参入しては消滅を繰り返した急造チームが多い中で、ハースF1は間違いなくハイレベルな活動を続けていると言えるだろう。

| | トラックバック (0)

2017/11/15

G.シュタイナー氏(ハースF1)、「一貫しないスチュワード裁定」に不満

Gunther Steiner (C)Haas F1 Team
拡大します
ハースF1チームのギュンター・シュタイナー代表が、FIA(国際自動車連盟)のレーススチュワード(審査委員)の裁定が不公平であると異議を唱えた。

ドライバーやチームに対するペナルティ等の判定は、各グランプリ毎にFIAから選出された3人の関係者によって行われる。
各国のACN(モータースポーツ権能団体)代表等モータースポーツ活動のベテランに加え、各回必ず一人はドライバー出身者を選出することが慣例となっていて、今回は元F1やルマン24時間レース等で活躍したデレック・ワーウィック氏が参画していた。

しかしシュタイナー代表は、ブラジルGPで同チームのロマン・グロージャンが受けたペナルティを引き合いに、「レーススチュワードの裁定が一関していない」として、レーススチュワードの固定化を主張した。

「実質的なダメージはなかったとはいえ、われわれに下されたペナルティは決して納得のいくものではない。
例えばまったく同じようなケースであるにもかかわらず、アメリカGPの時グロージャンの走行を阻害したストロール(ウィリアムズ)についてはずっと軽かった。
今回だって他にも接触事故は起きていたのにそっちはお咎めなしだという。
われわれはペナルティに不満を言ってるのではなく、その基準を明確にして欲しいと言ってるんだ」と、持論を展開した。

| | トラックバック (0)

2017/11/04

G.シュタイナー代表(ハース)、レーススチュワードに一貫性求む

Gunther Steiner (C)RedBull Racing
拡大します
ハースF1チームのギュンター・シュタイナー代表が、毎回変わるレーススチュワード(審査委員)の判定基準に異を唱えた。

「私は常々レーススチュワードの判定基準が一定していないことに疑問を持っている。
彼らは安易にペナルティを出すが、その裏にどういうことがあるのか我々にはまったく知らされない。
何が正しくて何が悪かったのか、理解できないことが多いんだ。
だから、ほんとうならスチュワードには常任の人物を据え、判定の基準がブレることのないようにすべきだと思っている。
ただこれについてはチャーリー(ホワイティング:FIAレースディレクターと話をして、ある程度理解はしたがね」

さらにシュタイナー氏は「ビッグなチームと弱小チームでは扱いが違う」として「グロージャンはコーナーをカットしたというだけで5秒加算のペナルティを受けたが、アロンソは無理なラインで他車に衝突し、レースを台無しにしたのにノーペナルティなんて理解できない」と、その一例を挙げた。

| | トラックバック (0)

2017/10/15

「フェラーリのセカンド・チームじゃない」と、ハースF1首脳

Gunther Steiner (C)RedBull Racing
拡大します
フェラーリ製パワーユニットを搭載するだけでなく、ギヤボックスや関連コンポーネンツの供給を受けるなど密接な関係が窺われたハースF1チームだが、それでも「フェラーリのセカンド・チームではない」と、骨のあるところをみせている。

そう語るのは同チームでチーム代表を務めるギュンター・シュタイナー氏。
「われわれは知られているようにフェラーリとは密接な関係を以ってレース活動を展開している。
しかし両者はお互いに独立したF1チームであり、その点に冠してはフェラーリも理解を示してくれている。
だがわれわれのドライバーにフェラーリが関与することなどないし、あってはならないと思っている」

伝えられるところでは、2018年のレースドライバーの一人についてフェラーリ側から打診があったということだが、ハースF1はこれを拒否したとのこと。
同チームでは来季もグロージャン&マグヌッセンというドライバー・ラインナップの継続を表明している。

| | トラックバック (0)

2017/10/04

グロージャン(ハース)のマシン修復代負担に同情の声も

Romain Grosjean (C)Haas F1 Team
拡大します
マレーシアGP初日、コースサイドにある排水口の蓋が原因でマシンを大破させたグロージャン(ハース)のマシンは、その修復に約75万ドル(約8,500万円)もの費用が掛かったと伝えられた。
しかしこれについて費用が全額チームの負担になることに他チームの間でも疑問の声が挙がっているようだ。

というのもその晩行われたマレーシアGPのドライバーズ・ブリーフィングで、ハミルトン(メルセデス)から「ドライバー自身にもチームにもクラッシュの原因がない場合、費用は誰の負担になるのか?」との質問が投げ掛けられたとのこと。

現状ではこうした場合の修理費用負担について明確でないとのことだが、ハースF1もチームとしての立場からFIA(国際自動車連盟)に可能性を打診していることをギュンター・シュタイナー代表は明らかにしている。

| | トラックバック (0)

2017/09/10

G.シュタイナー代表(ハース)、「F1はコストだけじゃない」

Gunther Steiner (C)Haas F1 Team
拡大します
2016年シーズンから新規参入、現在参戦するF1チームの中では最も若いハースF1チームだが、昨季はコンストラクターズ・ランキング全11チーム中の8位、今季も全10チーム中の7位と、新しいプライベートチームとしては十分な戦績を残している。
そのチームを率いるギュンター・シュタイナー代表は、「将来のF1はコスト削減だけでなくF1としての優れた技術レベルが必要」との持論をみせた。

「衆知のように今のF1はエンジン性能によってチーム間に大きな格差が生じている。
公正なスポーツとしては、こうした格差はなくすべきだしまた何よりコストの削減は喫緊の重要課題だろう。
とはいえ一部のチームが主張するような昔のV8エンジンに戻すなんていうのはナンセンスなことでF1の価値が下がる」と、元レッドブル・レーシング・ディレクターは指摘。

またそれとは別に、同氏はまず解決はなければならないこととして同チーム、とりわけグロージャンのブレーキ問題を挙げた。

| | トラックバック (0)

2017/08/16

ハースF1、「ザウバー&フェラーリの契約による影響ない」

Haas Motorhome(C)Haas F1 Team
拡大します
これまでフェラーリとの深い関係が伝えられてきたハースF1チームだが、今回ザウバー・チームが同じフェラーリとこれまでよりさらに緊密な内容で契約更新したと伝えられ、その立場に微妙な変化が起こることになりそうだ。

2016年のF1新規参入に伴いフェラーリからエンジン供給を受けるだけでなく、ギヤボックスや関連技術など多くの分野で深いパートナーシップを築いたハースF1は、事実上フェラーリのジュニア・チームと目されてきた。
しかし同チームは先にフェラーリからのドライバー供給を断り、自前のドライバー・ラインナップに固執したことから両者の関係が冷え込んでしまったとも伝えられている。

しかしこれについ同チームのギュンター・シュタイナー代表は、「フェラーリがザウバーと契約するかどうかに関わらず、われわれの関係に何ら影響はない。
両者のパートナーシップは長期に渡り強力なものただ」と、表向き明言。

ハースF1は今季ここまでルノーやマクラーレンらをも凌ぐポイントを獲得しているグロージャン&マグヌッセンというドライバー・ラインナップを来季も継続する方針を明らかにしている。

| | トラックバック (0)

2017/05/27

思わぬ不評、ハースF1『VF-17』の新カラーリング

Haas 『VF-17』(C)Haas F1 Team
拡大します
ハースF1チームはモナコGPを前にして『VF-17』の新カラーリング採用を明らかにしたが、実物が披露されたフリー走行初日ではあまり評判が良くなかったようだ。

今回『VF-17』は全体のグレーの基調は変わらないが、レッドの部分がホワイトに変更されるなど全体に地味になった印象。

これについて同チームのギュンター・シュタイナー代表は、「今回の変更はFIAから指示があったカーナンバーとドライバー略称の大型化をきっかけにして行われたもの。
全体に、テレビに映ったときハースのロゴを際立たせたかった」と説明したが、思わぬ『逆風』については「ジーン・ハース(オーナー)が複数の案から採用したもの」と、釈明した。

| | トラックバック (0)

F4での事故を受け、F1マシンのジャッキアップポイントを修正

Haas 『VF-17』(C)Haas F1 Team
拡大します
今週のモナコGPを前に、FIA(国際自動車連盟)はF1マシンのジャッキアップポイントの修正を各チームに命じていたことを明らかにした。

それによればイギリスのF4レースで起きた事故では追突したマシンのノーズが先行マシンに突き刺さった形になったためドライバーの救出に想定外の時間が掛かったという。
若手ドライバーのビリー・モンガーはこのため両足切断という深刻な結果になったため、F1でもこれを繰り返すことがないよう緊急指示が行われたもの。

すべてのチームがこれに該当する訳ではないというが、ハースF1チームのギュンター・シュタイナー代表は、「われわれのマシンはこの必要性を感じたので緊急に対処する作業を強いられた。
しかしこの件でのFIAの対応はモーターレーシングにおいて正しいものだ」として、前向きに受け入れたことを明らかにした。

| | トラックバック (0)

2017/05/12

ハースF1チームはコイントスでアップデートを決定

Kevin Magnussen (C)Haas F1 Team
拡大します
ヨーロッパ・ラウンドの幕開けとなるスペインGPでは、多くのチームがシーズン最初のアップデートを投入するが、ハースF1チームねその例外ではない。
ただ用意された改良版フロアパネルは1台分で、ロマン・グロージャン&ケビン・マグヌッセンのいずれかは今回アップデートの恩恵を受けられないことになる。

同チームでは相談の結果、コイントスで優先順位を決めることとなった。
その結果、アップデートの権利を獲得したのはマグヌッセンのほうだった。

これについて同チームのギュンター・シュタイナー代表は「最も公平な方法」と自讃したが、残念ながら後回しとなったグロージャンは、「昔からコイントスで勝ったことがない」と、ため息をついた。

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

A-1リンク | A1グランプリ | BMW | BMWザウバー | DRS | DTM | F1 | F1テスト | F2 | F3 | FIA | FOM | FOTA | GP2 | GP3 | GPDA | INDY | ING | IRL | KERS | NASCAR | US-GP | USF1 | VW | WEC | WRC | WTCC | アイルトン・セナ | アウディ | アストンマーティン | アゼルバイジャン | アダム・パール | アブダビGP | アメリカGP | アラン・プロスト | アルガルブ | アルガルブ・サーキット | アルゼンチンGP | アルド・コスタ | アルバートパーク | アルファロメオ | アルフォンソ・セリス | アレクサンダー・ロッシ | アレクサンドル・ブルツ | アレックス・リン | アンソニー・デビッドソン | アンディ・ソウセック | アントニオ・ジョビナッツィ | アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ | アンドレアス・ツバー | アンドレ・ロッテラー | イギリスGP | イタリアGP | イモラ | イルモア | インテルラゴス | インディアナポリス | インドGP | ウィリアムズ | ウィリ・ウェバー | ウィリー・ランプ | ウィル・スティーブンス | エイドリアン・カンポス | エイドリアン・スーティル | エイドリアン・ニューイ | エイボン | エステバン・オコン | エステバン・グティエレス | エディ・ジョーダン | エリック・ブイユ | エンジン | エンツォ・フィティパルディ | オースティン | オーストラリアGP | オーストリアGP | カタール | カナダGP | カルロス・ゴーン | カルロス・サインツJr. | カルン・チャンドク | カート | キミ・ライコネン | キャノピー | キャラミ・サーキット | ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ギュンター・シュタイナー | クムホ | クリスチャン・クリエン | クリスチャン・ホーナー | クレア・ウィリアムズ | グッドウッド | グレーム・ロードン | ケビン・マグヌッセン | ケータハムF1 | ゲイリー・パフェット | ゲルハルト・ベルガー | コスワース | コリン・コレス | コンコルド協定 | サム・マイケル | ザウバー | ザク・ブロウン | シャルル・ピック | シャルル・ルクレール | ショーン・ゲラエル | ショーン・ジェラエル | シリル・アビテブール | シルバーストーン | シンガポールGP | ジェラール・ロペス | ジェローム・ダンブロシオ | ジェンソン・バトン | ジェームス・アリソン | ジェームス・カラド | ジェームス・ロシター | ジェームズ・キー | ジャガー | ジャッキー・スチュワート | ジャック・ビルニューブ | ジャンカルロ・フィジケーラ | ジャン・アレジ | ジャン・エリック・ベルニュ | ジャン・トッド | ジュリアーノ・アレジ | ジュール・ビアンキ | ジョナサン・ニール | ジョニー・ハーバート | ジョリオン・パーマー | ジョルジョ・パンターノ | ジョン・サーティーズ | ジョン・ハウェット | ジョン・ブース | ジョージ・ラッセル | ジョーダン | ジョーダン・キング | ジーン・ハース | スティーブ・ニールセン | ステファンGP | ステファーノ・ドメニカリ | ストッフェル・バンドーン | スパイカーF1 | スパフランコルシャン | スペインGP | スポンサー | スージー・ウォルフ | スーパーライセンス | スーパー・アグリ | スーパー・フォーミュラ | セバスチャン・ブエミ | セバスチャン・ベッテル | セバスチャン・ボーデ | セバスチャン・ロウブ | セパン・サーキット | セルゲイ・シロトキン | セルジオ・ペレス | セルジオ・マルキオンネ | ソチ | タイGP | タイヤ | ダカールラリー | ダニエル・ジュンカデラ | ダニエル・リカルド | ダニカ・パトリック | ダニール・クビアト | ダビデ・バルセッキ | チェイス・キャリー | チェコ | チャンプカー | チャーリー・ホワイティング | ティモ・グロック | テレビ | ディートリッヒ・マテシス | デイモン・ヒル | デビッド・クルサード | デビッド・リチャーズ | デモラン | デュランゴ | トト・ウォルフ | トニー・フェルナンデス | トヨタ | トルコGP | トロ・ロッソ | ドイツGP | ドニントンパーク | ナイジェル・マンセル | ナイトレース | ナレイン・カーティケヤン | ニキ・ラウダ | ニコラス・トッド | ニコ・ヒュルケンバーグ | ニコ・ロズベルグ | ニック・ハイドフェルド | ニック・フライ | ニュルブルクリンク | ニュージャージー | ネルソン・アンジェロ・ピケ | ネルソン・ピケ | ノルベルト・ハウグ | ハイメ・アルグエルスアリ | ハインツ・ハラルド・フレンツェン | ハロー | ハンガリーGP | ハンガロリンク | ハンコック | ハースF1 | バルセロナ | バルテリ・ボタス | バレンシア | バレンシアGP | バレンティーノ・ロッシ | バーニー・エクレストン | バーレーンGP | バーレーン国際サーキット | パスカル・ウェーレイン | パストール・マルドナド | パット・シモンズ | パット・フライ | パディ・ロウ | パトリック・ヘッド | ヒスパニア・レーシング | ビタントニオ・リウッツィ | ピエール・ガスリー | ピットストップ | ピレリ | ファン・モントーヤ | フェラーリ | フェリッペ・ナスル | フェリッペ・マッサ | フェルナンド・アロンソ | フォース・インディア | フォード | フォーミュラE | フラビオ・ブリアトーレ | フランク・ウィリアムズ | フランク・ダーニー | フランスGP | フランツ・トスト | フレデリック・バッサー | フレデリック・ヴァスール | ブラウンGP | ブラジルGP | ブラバム | ブランズハッチ | ブリヂストン | ブルガリア | ブルーノ・セナ | ブレンドン・ハートリー | プロドライブ | ヘイキ・コバライネン | ヘルマン・ティルケ | ヘルムート・マルコ | ヘレス | ベトナム | ベルギーGP | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ペーター・ザウバー | ホセ・マリア・ロペス | ホッケンハイム | ホンダ | ホー・ピン・トゥン | ボブ・ベル | ポルシェ | ポルトガル | ポールリカール | ポール・ストゥダート | ポール・ディ・レスタ | マイク・ガスコイン | マイク・コフラン | マウリツィオ・アリバベーネ | マクラーレン | マックス・チルトン | マックス・フェルスタッペン | マックス・モズレー | マニクール | マノー・マルシア | マリオ・アンドレッティ | マリオ・タイセン | マルク・ジェネ | マルコ・アスマー | マルコ・アンドレッティ | マルコ・マッティアッチ | マルシア | マレーシアGP | マ・キンファ | マーカス・アームストロング | マーカス・エリクソン | マーク・ウェバー | マーク・スミス | マーチ | マーティン・ウィットマーシュ | マーティン・ドネリー | マーティン・ブランドル | ミカ・サロ | ミカ・ハッキネン | ミシュラン | ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ | ミルコ・ボルトロッティ | ムジェロ | メカクローム | メキシコGP | メルセデス | モトGP | モナコGP | モニシャ・カルテンボーン | モンツァ | ヤス・マリーナ・サーキット | ヤルノ・トゥルーリ | ユナイテッドステーツGP | ヨンナム・サーキット | ヨースト・カピート | ヨーロッパGP | ラスベガス | ラファエル・マルシエロ | ラルフ・シューマッハ | ランス・ストロール | ランド・ノリス | ランボルギーニ | リオ・ハリアント | リザーブドライバー | リバティ・メディア | ルイス・ハミルトン | ルイス・ペレス・サラ | ルイス・レイジァ | ルカ・バドエル | ルカ・フィリッピ | ルカ・モンテツェモロ | ルノー | ルマン24時間レース | ルーカス・ディ・グラッシ | ルーベンス・バリチェッロ | レギュレーション | レッドブル | レッドブルリンク | レース・オブ・チャンピオンズ | ロシアGP | ロス・ブラウン | ロドルフォ・ゴンザレス | ロバート・クビサ | ロバート・ドーンボス | ロビン・フラインス | ロブ・スメドリー | ロブ・ホワイト | ロベルト・メルヒ | ロマン・グロージャン | ロリー・バーン | ロルダン・ロドリゲス | ロングビーチ | ロンドンGP | ロン・デニス | ロータス | ローマ | ローラ | ワールドシリーズbyルノー | ヴィジャイ・マルヤ | ヴィタリー・ペトロフ | 上海サーキット | 中国GP | 中嶋一貴 | 中嶋大祐 | 人事 | 佐藤万璃音 | 佐藤公哉 | 佐藤琢磨 | 八郷隆弘 | 南アフリカ | 国本京佑 | 富士スピードウェイ | 小暮卓史 | 小松礼雄 | 小林可夢偉 | 山本左近 | 新井康久 | 新型車発表 | 日本GP | 松下信治 | 武藤英紀 | 浜島裕英 | 片山右京 | 鈴木亜久里 | 鈴鹿サーキット | 長谷川祐介 | 韓国GP