2024/04/16

シュタイナー代表(前ハース)、狙いはチームオーナー

Gunther Steiner
G_steiner_l22024年シーズン開幕を(木)目前にハースF1チーム代表の座から更迭されたギュンター・シュタイナー氏(58歳:イタリア)だが、その後もグランプリの現場に欠かさず登場、表彰台獲得選手へのインタビューを行うなどしているが、真の目的は別にあるとの見方が伝えられて関心を呼んでいる。

それによればチーム代表のポジションを失ったシュタイナー氏の次の目標は、なんと自身がオーナーになってF1チームを運営するという仰天なもの。
もちろんこれにはとんでもない巨額資金が必要とされるが、同氏に近い筋のリークとしてすでに具体的な投資家の名前を挙げているのだという。

アンドレッティの例をみてもF1新規参戦の門は極めて狭いため、既存チームの買収のほうが現実的とみられるが、それでも必要な資金はいち投資家のレベルを越えたものになる筈だ。

|

2024/03/29

シュタイナー前ハース代表、引く手あまたに

Gunther Steiner
G_steiner_l_20240329074601成績不振により昨季限りで2014年以来務めてきたハースF1チーム代表のポジションを失ったギュンター・シュタイナー氏(58歳:イタリア)だが、現場引退後も多忙な生活が続いているという。

前戦オーストラリアGPでは表彰式を前にトップ3選手へのインタビューアとして国際映像に登場、ファンを驚かせた。
今回さらに伝えられたのは来たる5月5日に予定される第6戦マイアミGPのスペシャル・アンバサダーに就任するというもの。

「マイアミはこれまでもユニークな観点からアメリカらしい独自のグランプリとして成功してきた。
いまアメリカでは驚異的なスピードでF1が成長を遂げているのでこれに貢献したい」と、語っている。

|

2024/02/26

シュタイナー氏(前ハース代表)、TV解説者に

Gunther Steiner
G_steiner_l前ハースF1チーム代表のギュンター・シュタイナー氏(58歳:イタリア)が、F1のテレビ解説者に転身することかわかった。

2024年シーズン開幕を前に突然ハースF1チーム代表の職を解かれたシュタイナー氏についてはその人事異動の経緯もあり、事変後の去就に関心が集まっていた。

伝えられるところによれば同氏はドイツに本拠を置く民放の『RTLテレビ』のF1番組『チャンネル10』の解説者としてとりあえずシーズン序盤の7つのグランプリに出演する予定になっているとのことだ。

なお既報のように後任のチーム代表には日本の小松礼雄チーフ・エンジニアの昇格が決まっている。

|

2023/10/10

ヒュルケンバーグのペナルティにハース幹部お冠

Gunther Steiner (C)Haas F1 Team
拡大します
カタールGP決勝レースを16位という不本意な結果で終えたハースF1チームのヒュルケンバーグが、チーム幹部から厳しい叱責を受けているという。

これは、フェラーリ・チームが、レース前に発覚した燃料系のトラブルによりサインツ(フェラーリ)のスタート前欠場を届け出たためサインツのグリッドが空席になったことによる。
フォーメーションラップを終えたヒュルケンバーグは自分の前のグリッドが空いたことを失念し、前に詰めてしまったとみられる。
これによりヒュルケンバーグはスチュワードから10秒のタイム・ペナルティを受けたが、同チームのギュンター・シュタイナー代表は、「こんなにタイムが接近した状況で10秒のペナルティは命取りだ」と、イージーミスにすっかりお冠という。

|

2023/08/14

「決勝タイヤがカギ」と、ハースF1代表

Pirelli Tyre (C)Pirelli Motorsport 拡大します 今シーズン、カナダGPでフロントロウを勝ち取るなど予選パフォーマンスの改善が著しいハースF1チームだが、いずれもレース結果に結び付かないなど期待に応えられていないのが現状だ。
実際、グリッド好位置からスタートしても、スタート後周回を重ねると共にズルズル順位を落とすレースが多く、今年最も良いフィニッシュでも7位でしかない。

 

これについて同チームのギュンター・シュタイナー代表は「タイヤのデグラデーション(性能劣化)に問題がある」と指摘している。
このため予選のアタックラップではパフォーマンスを発揮できてもレースのロングランになるとタイヤのグリップ不足でペースが上げられないという。

 

同代表は、「症状はマシンの根幹に関わるもので、簡単な特効薬はない」と、頭を抱えているという。

|

2023/06/21

ハースF1、マグヌッセン&ヒュルケンバーグの残留有力に

Gunther Steiner (C)Haas F1 Team
拡大します
このところ進境著しい活躍をみせるハースF1チームでは、早くもマグヌッセン&ヒュルケンバーグ両ドライバーの残留が確実になっているとの見方が強まっているようだ。

同チームにとって大きな誤算になったのは2021年にシューマッハ&マゼピンというフレッシュな若手ドライバーどうしの組み合わせを選択したこと。
残念ながらマシン開発が思うように進めることができず、戦績も低迷した。

一方、現在のベテランコンビに切り換えてからは戦績も好転、首脳陣を満足させているものだ。
ギュンター・シュタイナー代表は「ドライバーを変更する理由が見つからない」として残留を示唆している。

|

2023/06/14

フェラーリがシュタイナー代表に高い評価

A.Komatsu & G.Steiner (C)Haas F1 Team
拡大します
2016年の初挑戦以来、苦戦が続いてきたハースF1チームだが、マグヌッセン&ヒュルケンバーグのベテランコンビで戦う今シーズン、しばしば変身の兆しを感じさせている。

これについて同チームとの深い技術関係を維持し続けてきたフェラーリ・グループの幹部からハースを率いるギュンター・シュタイナー代表(58歳:イタリア)に高い評価を与えていることが報じられている。

一方、本家であるフェラーリ・チームのほうは今シーズン期待された戦績を残しておらず、早くもフレデリック・バッサー代表への風当たりがきつくなっているようだ。
果たして跳ね馬チーム得意のお家騒動がまた勃発しないか懸念されるところだ。

|

2023/06/07

ハースF1チーム代表に譴責処分

Gunther Steiner (C)Haas F1 Team
拡大します
ハースF1チームの代表であるギュンター・シュタイナー(58歳:イタリア)がFIA(国際自動車連盟)から譴責処分を受けたことがわかった。

それによれば同代表は先のモナコGPの際、オープニングラップで起きた接触事故について同チームのニコ・ヒュルケンバーグだけがペナルティを科せられたことに不満を吐露。
判断を下した同レースのスチュワードについて『素人』と表現して侮辱したことが処分の対象になったというもの。

シュタイナー代表は「侮蔑する意図はなかった」と釈明したものの、誤解を招いた責任を認めていることを表明している。

|

2022/11/15

ハースF1代表、「来季ドライバーは決定済み」

Gunther Steiner (C)Haas F1 Team
拡大します
すでにほとんどのチームが来季のドライバー・ラインナップを発表している中で、ハースF1チームはまだケビン・マグヌッセンのチームメイトについて公表していない。

これについて同チームのギュンター・シュタイナー代表はすでにドライバーは決定していることを明かしている。
それによれば予定より時期は遅れたものの、すでにジーン・ハース代表の承認を受けたということだ。
まだ正式発表されていないものの、おそらく今週行われる今季最終戦アブダビGPの会場で発表されることを示唆した。

伝えられるところでは、ミック・シューマッハの残留か、ベテランのニコ・ヒュルケンバーグの獲得の二つに絞られたとの見方が強い。

|

2022/09/08

シュタイナー代表(ハースF1)、「来季ドライバー急がない」

Gunther Steiner (C)Haas F1 Team
拡大します
今シーズン、昨季とは打って変わって高いパフォーマンスをみせるハースF1チームだが、来季のドライバー・ラインナップについてはマグヌッセンの残留は発表されたもののシューマッハの去就についてはまだ伝えられていない。

というのもこれまで密接なサポートを続けてきたシューマッハとフェラーリの関係が、解消されると噂になっているからだ。
あたかもジュニア・チームのごとくフェラーリのサポーを受けてきたハースF1も、解消となればシューマッハの起用という制約を考慮しないで済むことになる。

そうした背景を受け、同チームのギュンター・シュタイナー代表は「マグヌッセンの来季チームメイトはまったく白紙」と強調したもの。
その場合の後任候補には、フェラーリとの関係が深く、昨季までアルファロメオをドライブしたアントニオ・ジョビナッツィ(29歳:イタリア)の名前が挙がっている。
そのジョビナッツィは今週のイタリアと10月のアメリカGPのフリー走行でハースF1のマシンを走らせる見込みだ。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

70thアニバーサリーGP A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP VW WEC WRC WTCC アイフェルGP アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アニバーサリーGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルベ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルピーヌ アルファタウリ アルファロメオ アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・パロウ アレックス・リン アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル アンドレア・キミ・アントネッリ アンドレア・ステラ アンドレッティ イギリスGP イゴラ・ドライブ イタリアGP イモラ インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オスカー・ピアストリ オトマー・サフナウアー オランダ オランダGP オリバー・ベアマン オリバー・ミンツラフ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP オーラ・ケレニウス カタールGP カナダGP カラム・アイロット カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コルトン・ハータ コロンビア コンコルド協定 サウジアラビアGP サクヒールGP サンパウロGP ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームス・ボウルズ ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ドゥーハン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・サーティーズ ジョージ・ラッセル ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ステークF1 ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スプリントレース スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダビデ・ブリビオ ダン・ティクタム チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テオ・プルシェール テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デンマークGP トスカーナGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・デ・フリース ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ビザ・キャッシュアップRB ピエトロ・フィッティパルディ ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベトナムGP ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガルGP ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミGP マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マイケル・マシ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マドリッドGP マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モハメド・ベン・スレイエム モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラスベガスGP ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リアム・ローソン リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ブルズ レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロイ・ニッサニー ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・シュワルツマン ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロマーニャGP ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ローガン・サージェント ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 周冠宇 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 岩佐歩夢 平川亮 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介 WTCC