2019/02/28

合同テスト後半2日目、ベッテル(フェラーリ)クラッシュ

Carlos Sainz (C)McLaren Group
拡大します
2月27日(水)、バルセロナ・サーキットを舞台に行われているシーズン前テスト後半は第2日目を迎えた。

トップタイムはこの日もマクラーレンでカルロス・サインツの記録した1'17.144、これは今年のテストでは全体のベストになるものだ。
130ラップの多きを数えたが、コース入口でストップ、赤旗中断の原因も作っている。

2番手はペレス(レーシング・ポイント)、3番手はベッテル(フェラーリ)。
この日のビッグニュースはなんといってもこのベッテルのクラッシュだろう。
新しい僚友であるルクレールとこの日もマシンをシェアしたベッテルは午前のセッションで40周を周回、この日の3番手となる1'18.193のベストタイムを記録したもののその後3コーナーでコースアウト・クラッシュ。
セッションは赤旗中断、ドライバーは直ちにメディカルセンターに運ばれて検査を受けたが幸い身体に問題ないとして解放された。
マシンは修復に当てられたもののルクレールのほうは結局インストレーションラップだけに留まりノータイムで終えている。

4番手ライコネン(アルファロメオ)、5番手グロージャン(ハース)、6-7番手には共にホンダ・パワーのフェルスタッペン(レッドブル)とクビアト(トロ・ロッソ)が並び合わせて229周を走り込んだ。
前日ハイドロリック系のトラブルに見舞われたメルセデスは遅れを取り戻すべくボタス&ハミルトン合わせて176周を周回した。
シーズン前テストで出遅れたウィリアムズは、クビサが最多の130周を周回、初めて本格的なテスト・プログラムを消化して追い上げの姿勢をみせた。

| | トラックバック (0)

2018/10/11

ロス・ブラウン氏、フェラーリ前会長の影響に言及

Ros Brawn (C)Ferrari S.p.A
拡大します
ファンの期待を裏切るフェラーリ・チームの失速だが、元同チームで数々の栄冠を獲得したロス・ブラウン氏(現F1モータースポーツ・ディレクター)は、前フェラーリ会長であるセルジオ・マルキオンネ氏死去による影響に言及した。

「いま考えるに、マルキオンネ会長の死去はフェラーリに大きなインパクトを残した。
しかしそれは残念ながらマイナスな意味でだ。
彼を失ったことで明らかにフェラーリはモチベーションと戦力のダウンに繋がったんだ。
F1で成功を収めるためには組織が一体となって機能することが不可欠。
しかしそこが今のフェラーリには欠けているということなんだ」

ブラウン氏は明言しなかったが、跳ね馬チームでは昔から派閥によるお家騒動が名物。
マルキオンネ会長の時代はそれがうまく治められていたと理解されている。

| | トラックバック (0)

2018/07/26

セルジオ・マルキオンネ会長(フェラーリ)、死去

Sergio Marchionne (C)Ferrari S.p.A
拡大します

フェラーリ及びフィアット/クライスラー・グループの会長/CEO(最高経営責任者)だったセルジオ・マルキオンネ氏が、7月25日(水)死去したことが報じられた。
享年66歳。

医療休暇を取り肩の手術を受けていたマルキオンネ氏だが、今週になって合併症(塞栓症)を発症、昏睡状態に陥っていたという。
容態が思わしくないことから経営魔一戦を離れることがすでに明らかにされていた。

2014年に当時のルカ・モンテツェモロ氏(70歳:イタリア)からフェラーリらの経営を引き継ぎ、業績拡大や戦績アップに功績を挙げていた。

現在F1の会長を務めるチェイス・ケアリー氏は「マルキオンネ氏はF1と自動車業界だけでなく、ビジネス界全体の偉大なリーダーでした。
私たちは彼の訃報を受け深い悲みに落ちています。
残されたご家族に深い弔意を表したい」と、悼んだ。

| | トラックバック (0)

2018/07/24

「マルキオンネ会長(フェラーリ)生命の危機」との報道流れる

Sergio Marchionne (C)Ferrari S.p.A
拡大します
先にF1フェラーリ・チームやフィアット/クライスラー・グループのCEO(最高経営責任者)でもあるセルジオ・マルキオンネ氏が健康障害を理由に退任することが突然伝えられた。
これについて、報じられたのがドイツGPの真っ只中であったことから実際の容態はかなり悪いのでは、との憶測が広がっているという。
地元イタリアの『ANSA通信』が報じたところによれば、マルキオンネ氏の容態は深刻で、昏睡状態にあるばかりでなく生命の危機に晒されているとしている。

これについてメルセデスのトト・ウォルフ/エクゼクティブ・ディレクターは、「マルキオンネ会長が重篤な病状にあると聞いて驚いている。
関係者、とりわけご家族の心労について心を痛めている」と、F1のライバルをに思いやりをみせた。

世界有数の企業グループの指導者の病状に高い関心が集まっている。

| | トラックバック (0)

2018/07/22

セルジオ・マルキオンネ会長(フェラーリ)、健康障害で退任へ

Sergio Marchionne (C)Ferrari S.p.A
拡大します
F1フェラーリ・チームを擁するフェラーリの会長で、フィアット/クライスラー・グループのCEO(最高経営責任者)でもあるセルジオ・マルキオンネ氏が、健康障害を理由に退任することがわかった。

マルキオンネ氏は2014年に退任した前任者であるルカ・モンテツェモロ氏の後を継いで就任、グループ全体の業績を改善すると共にF1チームの戦績も栄光を取り戻しつつあった。
肩に痛みがあるということで現在医療休暇を取って入院、外科手術を受けたということだが復帰後の激務に耐えられないと判断したようだ。
なお後任にはマルボロ・ブランド等で知られるフィリップ・モリス社元会長であるルイス・カミレリ氏がフェラーリ会長の職を引き継ぐ予定という。

| | トラックバック (0)

2018/05/08

「F1撤退」を警告したフェラーリ、「歩み寄り可能」

Ferrari Prancing Horse (C)Ferrari S.p.A
拡大します
先にFIA(国際自動車連盟)やリバティ・メディアが示した2021年以降のF1エンジン・レギュレーションについて、「F1からの撤退も辞せず」との強い姿勢をみせていた名門フェラーリ・チームだが、ここに来て態度が軟化したようだ。

フェラーリ・グループを率いるセルジオ・マルキオンネ会長は、「良い方向性に進めば、フェラーリは長期的にF1に留まることができるかも知れない」と、余裕の表情をみせている。

「彼ら(リバティ・メディア)の言うコストを抑えたF1パワーユニットの導入という取り組み方は理解できる。
しかしそれが行き過ぎて技術的に後退するようならわれわれの考えとはそぐわない。
なぜならF1は常に最高峰のテクノロジーの戦いの場であるのだから」と、英『ロイター』に。

ただしばしばF1撤退をほのめかすフェラーリだが、他チームからは「交渉の手段で本気ではない」と手の内を見透かされてもいるようだ。

| | トラックバック (0)

2018/01/19

S.マルキオンネ会長(フェラーリ)、「2018年新型車は怪物かゴミ」

Ferrari Prancing Horse (C)Ferrari S.p.A
拡大します
今シーズンこそ念願のF1タイトル奪還を期すフェラーリ・チームだが、来たる2月22日(木)に予定される新型車発表を前に、同陣営のセルジオ・マルキオンネ会長がその期待をイタリアの専門誌『アウトスプリント』に語った。

「今年こそ打倒メルセデスAMGを果たすべく、いまファクトリーでは全力を挙げてその準備を整えているところだ。
私も視察行って来たが、全員高いモチベーションで仕事に取り組んでいたよ。
新型車への感想は、それがものすごい怪物なのか、もしくはトンでもないゴミなのかということだ。
それが果たしてどちらなのか、残念ながら今の段階ではわからないがね」と、笑い飛ばした。

F1グランプリの代名詞とも言われる跳ね馬チームだが、最後にコンストラクターズ・タイトルを獲得したのは2008年(ライコネン&マッサ)まで遡る。

| | トラックバック (0)

2017/12/21

キミ・ライコネンにフェラーリから『最後通牒』

Kimi Raikkonen (C)Ferrari S.p.A
拡大します
2014年、古巣フェラーリ・チームに戻ってきた2007年のチャンピオンであるキミ・ライコネンだが、復帰後は最高でもランキング4位、いずれのシーズンもチームメイト(アロンソ、ベッテル)に後れを取るもので、チーム首脳は満足していないようだ。

これについて同チームのセルジオ・マルキオンネ会長は、「ライコネンは確かにスピードを持ったドライバーだ。
好調な時にはクールで神のような素晴らしい走りをみせてくれる。
しかしそのパフォーマンスは安定しているとはいえないもの。
乗らない時の彼は、まるで休んでいるように思えるよ。
彼がそうした部分を修正し、常に高い水準で上位争いをするようにならなければ、ウチで走り続けることは困難だ。
このままでは残念ながら2018年が最後の年ということにならざるを得ない」と、引き締めた。

そうした理由もあってか、このところのライコネンの契約更新は1年毎に繰り返されている。

| | トラックバック (0)

2017/12/20

S.マルキオンネ会長(フェラーリ)、再びF1に警告

Ferrari Prancing Horse (C)Ferrari S.p.A
拡大します
リバティ・メディアとF1が明らかにした2020-21年シーズンに向けてのF1改革案に不満を示したフェラーリ・チームだが、「どうせ脅しだけ」との周囲の見解が広まる中、「F1撤退の意思」が本気であることを再度強調した。

この会見はメディアとの間で行われた恒例の『クリスマス・ランチ』でのもので、フェラーリ陣営を率いるセルジオ・マルキオンネ会長がとりわけ強調したもの。

「われわれは本気だ。
しかしこの世界にはこの警告を真に受けていない者がいるようだ。
そんな安易な立場にいる者は、やがて手痛いしっぺ返しを喰らうことになるだろう。
確かにこれまでフェラーリはしばしば必要以上の警告を繰り返してきたと言われるが、それは昔のことだ。
私がこの立場に立った2015年以降、われわれは警告したことを実際に実行してきている。
それは誰もが認めることだろう。
今回リバティ・メディアが示したF1の方向性は、われわれが求めるものとは明らかに異なったものだ。
いまわれわれは真剣に別のシリーズを立ち上げることも検討しているんだ」

とはいえフェラーリがF1で特別な扱いを受けていることに、他チームからは冷たい視線が投げ掛けられているのも事実だ。

| | トラックバック (0)

2017/12/05

S.マルキオンネ会長(フェラーリ)、「撤退宣言は脅しでなく本気」

Sergio Marchionne (C)Ferrari S.p.A
拡大します
2021年からのF1エンジンについて、先にFIA(国際自動車連盟)とリバティ・メディアが示した改革素案に否定的な立場をみせたフェラーリのセルジオ・マルキオンネ会長は、その後の周囲の反応にさらに反発する姿勢をみせている。

「彼らの言う改革は、F1本来の魅力を損なうものだ。
改革の精神がF1のDNAと合致しないものであれば、われわれはもうそこで競技をしようとは思わない。
もっとわれわれの活動の場にふさわしいカテゴリーを選んでそちらに移動するだけのこと。
これまでの私の言葉は決して脅しなんかではない」

当初の自分の反応が関係者から無視されたため頑なになったようだが、それ以外にもこれまでF1で特別な存在とされてきたフェラーリ・チームにとって、その特典が脅かされる懸念を感じているのかも知れない。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファタウリ アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介