2017/02/06

フェラーリ社長、リバティにF1長期ビジョンの呈示求める

Sergio Marchionne (C)Ferrari S.p.A
拡大します
F1は当面2020年までは現在の形態が継続されることが決まっているが、新しいオーナーに就いたリバティ・メディアはF1の改革を明言していて、2021年以降については不明確だ。
中でも現行の分配金システムで特別な計らいを受けているとされるフェラーリ・チームは、とりわけ、改革の方向に敏感になっているようだ。

これについてFCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)のCEO(最高経営責任者)で、フェラーリ・チームの代表でもあるセルジオ・マルキオンネ会長は次のように語っている。

「リバティ・メディア側が2021年以降のF1についてどういう考え方で臨むのかがまだ不明確だ。
彼らはチームに株式を購入するよう求めているらしいが、将来のビジョンが示されないままでは対応のしようがない」と、積極的な投資に慎重であることを示した。

万一フェラーリにとって著しく不利益になるものであればF1撤退も辞さないとしているが、これはこれまでも繰り返されてきた跳ね馬チームの常套文句でもある。

| | トラックバック (0)

2017/01/14

セルジオ・マルキオンネ会長(フェラーリ)、2019年の引退示唆

Sergio Marchionne (C)Ferrari S.p.A
拡大します
フェラーリ・チームの母体であるFCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)のセルジオ・マルキオンネ/CEO(最高経営責任者)が、2019年の引退を示唆したことがわかった。

それによれば同会長は2013年にスタートしたフィアット/クライスラー・グループの5か年に渡るビジネス・プランが2018年末までで終了することから、これを機に現職から身を引く考えを示したもの。

「いつまでもこの職に留まるつもりはない。
あとは若い人が引き継いでくれるだろう。
それまでにフェラーリ・チームをまたF1に君臨する存在に引き上げたいね」と、この64歳になるイタリア人はいつものセーター姿でビジネス週刊誌の取材に語ったという。

| | トラックバック (0)

2016/12/23

フェラーリ社長、なおもアルファロメオF1参戦に期待

Sergio Marchionne (C)Ferrari S.p.A
拡大します
フィアット/クライスラー・グループ総帥でフェラーリ代表も務めるセルジオ・マルキオンネ会長は、依然として『アルファロメオ』のF1復帰に期待していることを強調した。

これまではブランドイメージの向上効果を強調していたが、今回はイタリア人ドライバーの助けになるとの見解を示している。

「F1はイタリア人の血でもあるが、いまいったい何人のイタリア人F1ドライバーがいると思う?
ゼロだよ。
イタリア人ドライバーがF1を走ったのはもう5年も前が最後なんだ。
フェラーリはいつの時代もF1制覇を目指さなければならないが、アルファロメオが参戦ということになったらフェラーリとは異なる観点で戦うことができると思う。
つまり、イタリア人のためのF1チームだ。
アルファロメオがF1参戦する意義はそこにあると私は考えている」

同会長が語る通り、意外にもイタリア人のF1チャンピオンはアスカリ(2回)、そしてファリーナ(1回)の二人だけ。
アスカリはフェラーリのマシンだったが、ファリーナはアルファロメオによるものだ。

| | トラックバック (0)

2016/05/12

セルジオ・マルキオンネ会長、アルファロメオ復帰期待

Sergio Marchionne (C)Ferrari S.p.A
拡大します
フィアット/クライスラー・グループ総帥でフェラーリ代表も務めるセルジオ・マルキオンネ会長が、あらためて『アルファロメオ』のF1復帰について言及、期待の思いをメディア相手に展開した。

「確かに私はアルファロメオのF1復帰について真剣に考えている。
アルファロメオはわれわれフィアット/クライスラー・グループの一員でもあるが、フェラーリよりはもっと親しみのあるブランド・イメージだろう。
しかしそこには伝統のもと培ったスポーツカーとしての確固たる存在がある。
昨年、レッドブルと話をしたときには彼らの求めるものとの乖離があってうまくいかなかったが、アルファロメオが復帰するなら単なるエンジン・サプライヤーとしてのバッジではなく、自らワークスチームとしての参戦を私は希望してるよ。
われわれはホンダの考えとは違うんだ」

アルファロメオはグループの身内。
F1で活躍するということはそれはすなわちフェラーリにとっての苦戦を意味することになるが、それでもF1全体がこのまま衰退するよりはプラスになるとの判断か。

| | トラックバック (0)

2016/04/21

フェラーリ会長、「レッドブル・デュオの活躍は脅威」

Sergio Marchionne (C)Ferrari S.p.A
拡大します
メルセデスAMGチームの一角、ハミルトンが最後尾スタートとなった中国GP、当然のことながらフェラーリ・チームは打倒ロズベルグ(メルセデス)のレースを意図していたことだろう。
しかし実際のレースではレッドブル・レーシングの2台(クビアト&リカルド)がフェラーリ勢に割って入る結果となった。

これについてフェラーリ陣営のセルジオ・マルキオンネ会長は、シーズン前のエンジン供給契約についてまで言及した。
「レッドブルのマシンがこれだけ高い戦闘力をみせるとは思わなかった。
(ルノー・エンジンの)彼らがこんなにスピードをみせるとはね。
これは脅威だ。
シーズン前に、われわれのエンジンを供給する契約を結ばなくて良かったよ」

今季「タグホイヤー」のバッジを付けるものの実態はルノー製パワーユニット。
同じエンジンを搭載する本家ルノー・チームは今回予選はQ1で敗退、レースでもいいところなくノーポイントに終わっている。

| | トラックバック (0)

2016/04/19

ザウバー資金難で『アルファロメオ』の名前再浮上

 Alfa Romeo F1
中国GPこそ無事参加したものの、依然として絶えないのがザウバー・チームの深刻な資金難だ。
これにより、再び浮上しているのがイタリアの名門スポーツカー・メーカー『アルファロメオ』。

イタリアの専門誌『アウトスプリント』らが報じるところによれば、現在フィアット/クライスラー・グループを率いるセルジオ・マルキオンネ会長は、ザウバー・チームが持つ負債の詳細について自社の法人監査役に調査を指示しているとのこと。

ただアルファロメオのF1参戦が実現すれば、現在でもハースF1がフェラーリのジュニア・チームと目されるのに、さらに同系列のチームが増えることには批判的な見解を示す向きも多いとされ、先行きは不透明だ。

| | トラックバック (0)

2016/02/14

フィアット会長、アルファロメオF1復帰なお諦めず

Alfa Romeo182(#22) (C)Ferrari S.p.A
拡大します
フィアット/クライスラー・グループ総帥で昨年からフェラーリの会長も兼任しているセルジオ・マルキオンネ/CEO(最高経営責任者)は、なお『アルファロメオ』ブランドのF1復帰を諦めていないようだ。

アルファロメオは同グループにとって重要なスポーツカー部門。
しかしモーターレーシング、とりわけF1の世界でその存在感はフェラーリとは比べものにならない。
これを跳ね馬に匹敵する一流ブランドに育て上げようというのがマルキオンネ氏の思惑のようだ。

以前は他チームで搭載するエンジンにバッジを付ける形を模索していたようだが、思惑とされたレッドブルらとの話は破談。
そこで今度はアルファロメオ自身がコンストラクターとなって自らF1参戦するという野望を考えているとされる。
そこには当然のことながらフェラーリとの密接なパートナーシップが予想されるが、前途は決して容易なものではないだろう。

| | トラックバック (0)

2016/01/08

尻叩かれるフェラーリ、しかし開発に遅れも

Ferrari Factory Image (C)Ferrari S.p.A
拡大します
フェラーリ・グループを率いるセルジオ・マルキオンネ会長から「開幕戦から優勝」と尻を叩かれる同チームだが、英専門紙『オートスポーツ』によれば2016年新型車の開発が予定より遅れているとの見方が伝えられている。
それによれば昨年『SF15-T』の開発をシーズン終盤まで続けたため、その影響で2016年マシンの開発に遅れが生じているというもの。

これについて同会長は次のように語っている。
「われわれの新型車開発への着手が遅れている、との指摘があることは理解している。
マウリツィオ(アリバベーネ/チーム代表)からもそうした報告があるだろうと理解しているよ。
2015年マシン熟成のため、例年よりいささかスタートが遅れたのは事実だ。
しかしそれでも今季十分な戦闘力を発揮できるよう、このオフにすべてのものを投入したつもりで、今年のマシンには自信がある」と、心配する報道をかわした。

| | トラックバック (0)

2016/01/07

「開幕戦から勝利は当然」とフェラーリ会長

Sergio Marchionne (C)Ferrari S.p.A
拡大します
フェラーリ会長のセルジオ・マルキオンネ氏が2016年シーズンの見通しについて言及、「開幕戦から勝利を目指すのは当然」と、意欲をみせた。

「ここ数年苦しんだことは事実だが、フェラーリは歴史上最もF1で成功したチームであり、明らかに再度戦闘力を取り戻しつつある。
われわれは他を狙うチームではなく、他から狙われるチームであって当然なのだ。
フェラーリとしてできる投資と尽力はすべて行った。
あとはチームのスタッフとマウリツィオ・アリバベーネ(代表)がこれに応えて成績を挙げるだけだ。
当然のこと、メルボルン(開幕戦オーストラリアGP)でわれわれは勝利を狙っていく」

跳ね馬・総帥のこの力強い鼓舞、チームの負担にならないことが願われる。

| | トラックバック (0)

2016/01/01

フェラーリはレッドブルの競争力を警戒してた

Ferrari V6 Engine (C)Ferrari S.p.A
拡大します
一時は有力とみられていたフェラーリ・チームによるレッドブル・レーシングへのエンジン供給だが、レッドブル側が最新スペックの供給にこだわったため最終的に破談になったと伝えられている。
これについてフィアット/フェラーリ・グループの総帥セルジオ・マルキオンネ会長は、次のようにその舞台裏を明らかにした。

「F1におけるフェラーリの目標は言うまでもなくわれわれフェラーリ・チームの手でタイトルを獲得することにある。
しかしもしもシャシー面でわれわれより優位に立つようなチームに同じエンジンを供給するとなれば、われわれ自身が脅かされることになるではないか。
それはわれわれにとって脅威であって、供給にメリットはない。
彼らがメルセデスを打ち破ろうとするのは勝手だが、共同でそれに当たろうとは思わない」

2015年、フェラーリはザウバーとマノー・マルシアにエンジンを供給したが、いずれもレッドブル・レーシングとは比べものにならない戦力だった。

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

A-1リンク | A1グランプリ | BMW | BMWザウバー | DRS | DTM | F1 | F1テスト | F2 | F3 | FIA | FOM | FOTA | GP2 | GP3 | GPDA | INDY | ING | IRL | KERS | NASCAR | US-GP | USF1 | VW | WEC | WRC | WTCC | アイルトン・セナ | アウディ | アストンマーティン | アゼルバイジャン | アダム・パール | アブダビGP | アメリカGP | アラン・プロスト | アルガルブ | アルガルブ・サーキット | アルド・コスタ | アルバートパーク | アルファロメオ | アルフォンソ・セリス | アレクサンダー・ロッシ | アレクサンドル・ブルツ | アレックス・リン | アンソニー・デビッドソン | アンディ・ソウセック | アントニオ・ジョビナッツィ | アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ | アンドレアス・ツバー | アンドレ・ロッテラー | イギリスGP | イタリアGP | イモラ | イルモア | インテルラゴス | インディアナポリス | インドGP | ウィリアムズ | ウィリ・ウェバー | ウィリー・ランプ | ウィル・スティーブンス | エイドリアン・カンポス | エイドリアン・スーティル | エイドリアン・ニューイ | エイボン | エステバン・オコン | エステバン・グティエレス | エディ・ジョーダン | エリック・ブイユ | エンジン | エンツォ・フィティパルディ | オースティン | オーストラリアGP | オーストリアGP | カタール | カナダGP | カルロス・ゴーン | カルロス・サインツJr. | カルン・チャンドク | カート | キミ・ライコネン | キャノピー | キャラミ・サーキット | ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ギュンター・シュタイナー | クムホ | クリスチャン・クリエン | クリスチャン・ホーナー | クレア・ウィリアムズ | グッドウッド | グレーム・ロードン | ケビン・マグヌッセン | ケータハムF1 | ゲイリー・パフェット | ゲルハルト・ベルガー | コスワース | コリン・コレス | コンコルド協定 | サム・マイケル | ザウバー | ザク・ブロウン | シャルル・ピック | シャルル・ルクレール | シリル・アビテブール | シルバーストーン | シンガポールGP | ジェラール・ロペス | ジェローム・ダンブロシオ | ジェンソン・バトン | ジェームス・アリソン | ジェームス・カラド | ジェームス・ロシター | ジェームズ・キー | ジャガー | ジャッキー・スチュワート | ジャック・ビルニューブ | ジャンカルロ・フィジケーラ | ジャン・アレジ | ジャン・エリック・ベルニュ | ジャン・トッド | ジュリアーノ・アレジ | ジュール・ビアンキ | ジョナサン・ニール | ジョニー・ハーバート | ジョリオン・パーマー | ジョルジョ・パンターノ | ジョン・サーティーズ | ジョン・ハウェット | ジョン・ブース | ジョーダン | ジョーダン・キング | ジーン・ハース | ステファンGP | ステファーノ・ドメニカリ | ストッフェル・バンドーン | スパイカーF1 | スパフランコルシャン | スペインGP | スポンサー | スージー・ウォルフ | スーパーライセンス | スーパー・アグリ | スーパー・フォーミュラ | セバスチャン・ブエミ | セバスチャン・ベッテル | セバスチャン・ボーデ | セバスチャン・ロウブ | セパン・サーキット | セルゲイ・シロトキン | セルジオ・ペレス | セルジオ・マルキオンネ | ソチ | タイGP | タイヤ | ダカールラリー | ダニエル・ジュンカデラ | ダニエル・リカルド | ダニカ・パトリック | ダニール・クビアト | ダビデ・バルセッキ | チェイス・キャリー | チェコ | チャンプカー | チャーリー・ホワイティング | ティモ・グロック | テレビ | ディートリッヒ・マテシス | デイモン・ヒル | デビッド・クルサード | デビッド・リチャーズ | デモラン | デュランゴ | トト・ウォルフ | トニー・フェルナンデス | トヨタ | トルコGP | トロ・ロッソ | ドイツGP | ドニントンパーク | ナイジェル・マンセル | ナイトレース | ナレイン・カーティケヤン | ニキ・ラウダ | ニコラス・トッド | ニコ・ヒュルケンバーグ | ニコ・ロズベルグ | ニック・ハイドフェルド | ニック・フライ | ニュルブルクリンク | ニュージャージー | ネルソン・アンジェロ・ピケ | ネルソン・ピケ | ノルベルト・ハウグ | ハイメ・アルグエルスアリ | ハインツ・ハラルド・フレンツェン | ハロー | ハンガリーGP | ハンコック | ハースF1 | バルセロナ | バルテリ・ボタス | バレンシア | バレンシアGP | バレンティーノ・ロッシ | バーニー・エクレストン | バーレーンGP | バーレーン国際サーキット | パスカル・ウェーレイン | パストール・マルドナド | パット・シモンズ | パット・フライ | パディ・ロウ | パトリック・ヘッド | ヒスパニア・レーシング | ビタントニオ・リウッツィ | ピエール・ガスリー | ピットストップ | ピレリ | ファン・モントーヤ | フェラーリ | フェリッペ・ナスル | フェリッペ・マッサ | フェルナンド・アロンソ | フォース・インディア | フォード | フォーミュラE | フラビオ・ブリアトーレ | フランク・ウィリアムズ | フランク・ダーニー | フランスGP | フランツ・トスト | フレデリック・ヴァスール | ブラウンGP | ブラジルGP | ブラバム | ブランズハッチ | ブリヂストン | ブルガリア | ブルーノ・セナ | ブレンドン・ハートリー | プロドライブ | ヘイキ・コバライネン | ヘルマン・ティルケ | ヘルムート・マルコ | ヘレス | ベトナム | ベルギーGP | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ペーター・ザウバー | ホセ・マリア・ロペス | ホッケンハイム | ホンダ | ホー・ピン・トゥン | ボブ・ベル | ポルシェ | ポルトガル | ポールリカール | ポール・ストゥダート | ポール・ディ・レスタ | マイク・ガスコイン | マイク・コフラン | マウリツィオ・アリバベーネ | マクラーレン | マックス・チルトン | マックス・フェルスタッペン | マックス・モズレー | マニクール | マノー・マルシア | マリオ・アンドレッティ | マリオ・タイセン | マルク・ジェネ | マルコ・アスマー | マルコ・アンドレッティ | マルコ・マッティアッチ | マルシア | マレーシアGP | マ・キンファ | マーカス・アームストロング | マーカス・エリクソン | マーク・ウェバー | マーク・スミス | マーチ | マーティン・ウィットマーシュ | マーティン・ドネリー | マーティン・ブランドル | ミカ・サロ | ミカ・ハッキネン | ミシュラン | ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ | ミルコ・ボルトロッティ | ムジェロ | メカクローム | メキシコGP | メルセデス | モトGP | モナコGP | モニシャ・カルテンボーン | モンツァ | ヤス・マリーナ・サーキット | ヤルノ・トゥルーリ | ユナイテッドステーツGP | ヨンナム・サーキット | ヨースト・カピート | ヨーロッパGP | ラスベガス | ラファエル・マルシエロ | ラルフ・シューマッハ | ランス・ストロール | ランボルギーニ | リオ・ハリアント | リザーブドライバー | リバティ・メディア | ルイス・ハミルトン | ルイス・ペレス・サラ | ルイス・レイジァ | ルカ・バドエル | ルカ・フィリッピ | ルカ・モンテツェモロ | ルノー | ルマン24時間レース | ルーカス・ディ・グラッシ | ルーベンス・バリチェッロ | レギュレーション | レッドブル | レッドブルリンク | レース・オブ・チャンピオンズ | ロシアGP | ロス・ブラウン | ロドルフォ・ゴンザレス | ロバート・クビサ | ロバート・ドーンボス | ロビン・フラインス | ロブ・スメドリー | ロブ・ホワイト | ロベルト・メルヒ | ロマン・グロージャン | ロリー・バーン | ロルダン・ロドリゲス | ロングビーチ | ロンドンGP | ロン・デニス | ロータス | ローマ | ローラ | ワールドシリーズbyルノー | ヴィジャイ・マルヤ | ヴィタリー・ペトロフ | 上海サーキット | 中国GP | 中嶋一貴 | 中嶋大祐 | 人事 | 佐藤公哉 | 佐藤琢磨 | 八郷隆弘 | 南アフリカ | 国本京佑 | 富士スピードウェイ | 小暮卓史 | 小松礼雄 | 小林可夢偉 | 山本左近 | 新井康久 | 新型車発表 | 日本GP | 松下信治 | 武藤英紀 | 浜島裕英 | 片山右京 | 鈴木亜久里 | 鈴鹿サーキット | 長谷川祐介 | 韓国GP