2017/11/03

フェラーリ、2021年からの新エンジン規定に『拒否権行使』も

Maurizio Arrivabene (C)Ferrari S.p.A
拡大します
このほどFIA(国際自動車連盟)とF1オーナーであるリバティ・メディアが示した2021年シーズンからの新F1エンジン規定に対し、現在の中心サプライヤーであるメルセデスやフェラーリ、そしてルノーらが異を唱えているようだ。
とりわけフェラーリは早くも『拒否権行使』も辞さないとの強い姿勢をみせている。

これについて同陣営のマウリツィオ・アリバベーネ代表は、「メルセデスやわれわれは、F1チームである同時にエンジン・サプライヤーでもある。
そこには企業として当然ビジネスという重要な要素が絡んで来る。
正当なF1活動のため、また継続性を維持する意味でもわれわれには不当な改変を拒否する権利を持っている。
ただみんなが正しい方向を向いて進んでいるのなら、もちろんそんな必要性はないがね」と、牽制。

FIAは新しいレギュレーションの元に新たな複数のマニュファクチャラー参戦を誘導しているが、これが現在の主要チームとは必ずしも相容れないもののようだ。

| | トラックバック (0)

2017/09/21

M.アリバベーネ代表(フェラーリ)、「誰もタイトル諦めてない」

Sebastian Vettel (C)Ferrari S.p.A
拡大します
一時はセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がリードしていたドライバーズ・チャンピオンシップだったが、シンガポールGPでの痛恨のリタイヤにより一気にルイス・ハミルトン(メルセデス)との差は28ポイントまで拡大した。
しかしこれについてフェラーリ・チームのマウリツィオ・アリバベーネ代表は、「まだタイトル獲得を諦めたものなど一人もいない」と、強弁した。

「シンガポールの結果はわれわれにとって残念なものになったが、だからといってチーム内には誰一人として希望を失ったものはいない。
戦いは終わったのではなく、少しだけ困難なものになっただけ。
世界のファンには申し訳ないレースになってしまったが、われわれには逆転できる戦闘力を持ったクルマと優れたドライバーがいる。
ほんとうの戦いはこれからだ」

とはいえ跳ね馬チームの2台がいずれも戦線離脱となったのは、2015年メキシコGP以来という不名誉なもの。

| | トラックバック (0)

2017/09/05

ホームで不振のフェラーリ、代表が戦闘力不足嘆く

Maurizio Arrivabene (C)Ferrari S.p.A
拡大します
跳ね馬チームにとってシーズンで最も重要だったホームグランプリのモンツァで、ライバルであるメルセデスAMGチームから後れを取る形となったフェラーリ・チームでは、露呈した戦闘力不足に首脳陣が肩を落とした。

レースを終え、地元メディアから取材を受けた同チームのマウリツィオ・アリバベーネ代表は、次のように悔やんだ。

「残念ながらまだわれわれとライバルとの間には明確な差があることが表れたレースになった。
ここモンツァは高速コースなのでエアロダイナミックスのセットアップということも関係したとは思うが、ここで大事なのはやはりエンジンパワーで、その点メルセデスはまだわれわれより先を行っているということだ」

ドライバーズ・チャンピオンシップでは今シーズンあと7戦というところで逆転を許したが、残りのサーキットもフェラーリ優位とは言えないようだ。

| | トラックバック (0)

2017/05/30

フェラーリ首脳、「二人の順位入れ替えにチーム関与せず」

Ferrari Duo (C)Ferrari S.p.A
拡大します
元々1-2体制でスタートしたモナコGP決勝レースはチェッカー時にも1-2。
ただ結果的にはタイトル争いの筆頭で、ライバル(ハミルトン)不振の中、少しでも多くのポイント獲得が必要だったセバスチャン・ベッテルのほうが優勝と同じ1-2フィニッシュでもフェラーリ・チームにとっては理想的なリザルトとなった。

これについてフェラーリのマウリツィオ・アリバベーネ代表は、「チームとして意図的な展開をしたものではなかった」と、計画的な順位入れ替えではなかったことを強調した。

「レースはどこのチームもワンストップ作戦が予想されたが、決勝レースでスーパーソフトタイヤがどの程度の速さをみせるかは不確実だった。
結果的にタイヤ交換を遅らせたベッテルのほうがギリギリの周回を続けてアドバンテージを得ることとなったが、あの時点ではどちらのタイヤが適していたか、誰にもわかりはしなかったんだ。
チームが特定の目的を持ってタイヤ戦略を謀ったなんてあり得ないことだ」

ただ、2位でフィニッシュしたキミ・ライコネンのレース後の表情は、この結果に全然納得していないことを如実に語っていた。

| | トラックバック (0)

2016/10/11

ベッテル(フェラーリ)、首脳陣との間にすきま風

Maurizio Arrivabene (C)Ferrari S.p.A
拡大します
2015年のフェラーリ加入以来、20回もの表彰台を獲得してきたセバスチャン・ベッテル(29歳:ドイツ)だが、最後の優勝は昨年のシンガポールGPのことで、以来1年以上勝利の美酒から遠ざかっている。
これまでは不動のエースと讃えられてきたが、このところは予選でもしばしばライコネンに先行を許していることが気掛かりだ。

そんな中、またぞろ浮上してきたのが首脳陣との不仲説。
跳ね馬チームのお家芸とはいえ、決してチームに良い影響を与えないこの騒動はチームの雰囲気を再び損なうことだろう。

同チームのマウリツィオ・アリバベーネ代表はこれについて、「ベッテルとは2017年末まで契約もあり、何の問題もない。
彼も我々も目標とするところは一つで、チーム全員がそれに向かって努力を続けている。
コースの性格や時の戦略で多少波があったとしても、そんなことは問題ではない」と、英スポーツ・チャンネル『スカイスポーツ』に明言した。

| | トラックバック (0)

2016/09/09

フェラーリ代表、「ライコネンはベッテルに追い付いた」

Kimi Raikkonen (C)Ferrari S.p.A
拡大します
フェラーリ・チームのマウリツィオ・アリバベーネ代表が、「ライコネンはチームのエースであるベッテルに追い付いた」との高評価を与えた。

「2014年や2015年のマシンは、回頭性などの面からライコネンのドライビング・スタイルには合っていなかった。
そのため彼は自身の能力に自信を無くしていたようだ。
しかし私はマシンの性格を彼に合わせるよう指示し、それがやっと実ってきたようだ。
細かい部分でまだ改善の余地はあるようだが、彼のドライビングはかなり鋭いものに戻ってきたと言える。
彼には豊富な経験があるし、良いマシンを手にすればまだまだタイトル争いの筆頭に躍り出ることができる。
もちろん私は大いに期待しているよ」

いっぽう、その裏でベッテルのほうが不調になりつつあるという気掛かりな指摘もあるようだ。

| | トラックバック (0)

2016/08/25

フェラーリ、改良エンジン用意も投入に慎重姿勢

Maurizio Arrivabene (C)Ferrari S.p.A
拡大します
F1は今週のベルギーGP(スパフランコルシャン)、そして翌週のイタリアGP(モンツァ)と高速サーキットが続くこともあり、タイトル奪還を狙うフェラーリ・チームはさらにバージョンアップされた改良型エンジンを用意したと伝えられる。
しかしこれについて同チームのマウリツィオ・アリバベーネ代表は、この重要な時期にまだ投入しない可能性を示唆して注目を集めている。

「われわれは現況を冷静に捉えている。
残念ながらメルセデスAMGとの隔たりは大きいし、2番手の座もレッドブルに持って行かれているのが実情だ。
正直言ってわれわれのマシンには弱点があるが、それはメカニカルグリップと、そしてエアロダイナミックスの二つと言える。
これらを解決しなければ、いくらエンジンパワーを上げても戦闘力のアップにはならないよ」と、冷静。

とはいえ、イタリアの熱狂的なファンと支援者を前にしてフェラーリがモンツァで最新エンジンを投入しないことは考えにくい。

| | トラックバック (0)

2016/07/29

M.アリバベーネ代表(フェラーリ)の主張、覆る

Ferrari Prancing Horse (C)Ferrari S.p.A
拡大します
今シーズン、メルセデスAMGチーム最大のライバルと目されながら、ここまでまだ1勝もできず。
王者に太刀打ちできないばかりかランキング2位の座もレッドブル・レーシングに脅かされるフェラーリ・チームだが、マウリツィオ・アリバベーネ代表はこれまで体制変更の噂を頑なに否定してきた。
ところが今回、技術部門の責任者であるジェームズ・アリソン/テクニカル・ディレクターが噂通り離脱したことで残念ながらその主張は覆された感じだ。

以下は、離脱発表直前までアリバベーネ代表が語っていた言葉。
「フェラーリはF1でも特別な存在で、勝っても負けてもニュースにされる。
それは光栄なことだが、無責任な批判や憶測は迷惑なこだ。
マシンが思うように走らなければ、責任者(テクニカル・ディレクター)が追求されるし、放出と噂されたライコネンの残留を決めれば今度はベッテルがチームに馴染んでない、などとまた新たな噂が出る。
頼むからわれわれに穏やかに仕事をさせて欲しいものだ」

そのアリバベーネ代表が今のポジションに就いたのもアリソン氏と同じく2014年のことだ。

| | トラックバック (0)

2016/07/18

早くもフェラーリ・チームに代表更迭の噂

Maurizio Arrivabene (C)Ferrari S.p.A
拡大します
今シーズンもここまで思うような活躍ができていないフェラーリ・チーム。
名門故に早くもまた「お家騒動」の噂が聞こえているようだ。

それによれば、「今年はメルセデスAMGチームからF1タイトルを取り戻す」との号令のもとスタートしたものの、これまでのところ大苦戦。
まだ1勝もできないだけでなく、最近はすっかりレッドブルの後方グリッドに甘んじている始末。

そうしたことから口さがないイタリア・メディアからはマウリツィオ・アリバベーネ代表の更迭が書き立てられているが、跳ね馬陣営を率いるセルジオ・マルキオンネ会長は、こうした噂を「あり得ない。
いまわれわれはそんなことをしている時期ではなく、ライバルに立ち向かうべく一丸とならなければならない」と一笑、正論を主張している。

| | トラックバック (0)

2016/07/05

M.アリバベーネ氏(フェラーリ)、メルセデス同士の接触に冷ややか

Maurizio Arrivabene (C)Ferrari S.p.A
拡大します
オーストリアGP最終ラップで起きたメルセデスAMGチーム同士の接触事故は、世界のF1ファンを驚かせたが、ライバルの筆頭フェラーリ・チームのマウリツィオ・アリバベーネ代表はこれに呆れているようだ。

「まったくのこと、驚いたね。
彼らはチームに最大のポイントをもたらすために走っているんだろう。
F1ドライバーの性を見た感じで呆れたけれど、しかしわれわれのチームではそんなことは起きないと断言できる。
私はベッテル&ライコネンという素晴らしいコンビネーションに100%満足しているんだ。
この二人がメルセデスのようなことを起こすなんて考えられないよ。
ほんとウォルフ(メルセデス/エクゼクティブ・ディレクター)には同情する」と、今年59歳にになるイタリア人は冷ややか。

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

A-1リンク | A1グランプリ | BMW | BMWザウバー | DRS | DTM | F1 | F1テスト | F2 | F3 | FIA | FOM | FOTA | GP2 | GP3 | GPDA | INDY | ING | IRL | KERS | NASCAR | US-GP | USF1 | VW | WEC | WRC | WTCC | アイルトン・セナ | アウディ | アストンマーティン | アゼルバイジャン | アダム・パール | アブダビGP | アメリカGP | アラン・プロスト | アルガルブ | アルガルブ・サーキット | アルゼンチンGP | アルド・コスタ | アルバートパーク | アルファロメオ | アルフォンソ・セリス | アレクサンダー・ロッシ | アレクサンドル・ブルツ | アレックス・リン | アンソニー・デビッドソン | アンディ・ソウセック | アントニオ・ジョビナッツィ | アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ | アンドレアス・ツバー | アンドレ・ロッテラー | イギリスGP | イタリアGP | イモラ | イルモア | インテルラゴス | インディアナポリス | インドGP | ウィリアムズ | ウィリ・ウェバー | ウィリー・ランプ | ウィル・スティーブンス | エイドリアン・カンポス | エイドリアン・スーティル | エイドリアン・ニューイ | エイボン | エステバン・オコン | エステバン・グティエレス | エディ・ジョーダン | エリック・ブイユ | エンジン | エンツォ・フィティパルディ | オースティン | オーストラリアGP | オーストリアGP | カタール | カナダGP | カルロス・ゴーン | カルロス・サインツJr. | カルン・チャンドク | カート | キミ・ライコネン | キャノピー | キャラミ・サーキット | ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ギュンター・シュタイナー | クムホ | クリスチャン・クリエン | クリスチャン・ホーナー | クレア・ウィリアムズ | グッドウッド | グレーム・ロードン | ケビン・マグヌッセン | ケータハムF1 | ゲイリー・パフェット | ゲルハルト・ベルガー | コスワース | コリン・コレス | コンコルド協定 | サム・マイケル | ザウバー | ザク・ブロウン | シャルル・ピック | シャルル・ルクレール | ショーン・ゲラエル | ショーン・ジェラエル | シリル・アビテブール | シルバーストーン | シンガポールGP | ジェラール・ロペス | ジェローム・ダンブロシオ | ジェンソン・バトン | ジェームス・アリソン | ジェームス・カラド | ジェームス・ロシター | ジェームズ・キー | ジャガー | ジャッキー・スチュワート | ジャック・ビルニューブ | ジャンカルロ・フィジケーラ | ジャン・アレジ | ジャン・エリック・ベルニュ | ジャン・トッド | ジュリアーノ・アレジ | ジュール・ビアンキ | ジョナサン・ニール | ジョニー・ハーバート | ジョリオン・パーマー | ジョルジョ・パンターノ | ジョン・サーティーズ | ジョン・ハウェット | ジョン・ブース | ジョージ・ラッセル | ジョーダン | ジョーダン・キング | ジーン・ハース | スティーブ・ニールセン | ステファンGP | ステファーノ・ドメニカリ | ストッフェル・バンドーン | スパイカーF1 | スパフランコルシャン | スペインGP | スポンサー | スージー・ウォルフ | スーパーライセンス | スーパー・アグリ | スーパー・フォーミュラ | セバスチャン・ブエミ | セバスチャン・ベッテル | セバスチャン・ボーデ | セバスチャン・ロウブ | セパン・サーキット | セルゲイ・シロトキン | セルジオ・ペレス | セルジオ・マルキオンネ | ソチ | タイGP | タイヤ | ダカールラリー | ダニエル・ジュンカデラ | ダニエル・リカルド | ダニカ・パトリック | ダニール・クビアト | ダビデ・バルセッキ | チェイス・キャリー | チェコ | チャンプカー | チャーリー・ホワイティング | ティモ・グロック | テレビ | ディートリッヒ・マテシス | デイモン・ヒル | デビッド・クルサード | デビッド・リチャーズ | デモラン | デュランゴ | トト・ウォルフ | トニー・フェルナンデス | トヨタ | トルコGP | トロ・ロッソ | ドイツGP | ドニントンパーク | ナイジェル・マンセル | ナイトレース | ナレイン・カーティケヤン | ニキ・ラウダ | ニコラス・トッド | ニコ・ヒュルケンバーグ | ニコ・ロズベルグ | ニック・ハイドフェルド | ニック・フライ | ニュルブルクリンク | ニュージャージー | ネルソン・アンジェロ・ピケ | ネルソン・ピケ | ノルベルト・ハウグ | ハイメ・アルグエルスアリ | ハインツ・ハラルド・フレンツェン | ハロー | ハンガリーGP | ハンガロリンク | ハンコック | ハースF1 | バルセロナ | バルテリ・ボタス | バレンシア | バレンシアGP | バレンティーノ・ロッシ | バーニー・エクレストン | バーレーンGP | バーレーン国際サーキット | パスカル・ウェーレイン | パストール・マルドナド | パット・シモンズ | パット・フライ | パディ・ロウ | パトリック・ヘッド | ヒスパニア・レーシング | ビタントニオ・リウッツィ | ピエール・ガスリー | ピットストップ | ピレリ | ファン・モントーヤ | フェラーリ | フェリッペ・ナスル | フェリッペ・マッサ | フェルナンド・アロンソ | フォース・インディア | フォード | フォーミュラE | フラビオ・ブリアトーレ | フランク・ウィリアムズ | フランク・ダーニー | フランスGP | フランツ・トスト | フレデリック・バッサー | フレデリック・ヴァスール | ブラウンGP | ブラジルGP | ブラバム | ブランズハッチ | ブリヂストン | ブルガリア | ブルーノ・セナ | ブレンドン・ハートリー | プロドライブ | ヘイキ・コバライネン | ヘルマン・ティルケ | ヘルムート・マルコ | ヘレス | ベトナム | ベルギーGP | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ペーター・ザウバー | ホセ・マリア・ロペス | ホッケンハイム | ホンダ | ホー・ピン・トゥン | ボブ・ベル | ポルシェ | ポルトガル | ポールリカール | ポール・ストゥダート | ポール・ディ・レスタ | マイク・ガスコイン | マイク・コフラン | マウリツィオ・アリバベーネ | マクラーレン | マックス・チルトン | マックス・フェルスタッペン | マックス・モズレー | マニクール | マノー・マルシア | マリオ・アンドレッティ | マリオ・タイセン | マルク・ジェネ | マルコ・アスマー | マルコ・アンドレッティ | マルコ・マッティアッチ | マルシア | マレーシアGP | マ・キンファ | マーカス・アームストロング | マーカス・エリクソン | マーク・ウェバー | マーク・スミス | マーチ | マーティン・ウィットマーシュ | マーティン・ドネリー | マーティン・ブランドル | ミカ・サロ | ミカ・ハッキネン | ミシュラン | ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ | ミルコ・ボルトロッティ | ムジェロ | メカクローム | メキシコGP | メルセデス | モトGP | モナコGP | モニシャ・カルテンボーン | モンツァ | ヤス・マリーナ・サーキット | ヤルノ・トゥルーリ | ユナイテッドステーツGP | ヨンナム・サーキット | ヨースト・カピート | ヨーロッパGP | ラスベガス | ラファエル・マルシエロ | ラルフ・シューマッハ | ランス・ストロール | ランド・ノリス | ランボルギーニ | リオ・ハリアント | リザーブドライバー | リバティ・メディア | ルイス・ハミルトン | ルイス・ペレス・サラ | ルイス・レイジァ | ルカ・バドエル | ルカ・フィリッピ | ルカ・モンテツェモロ | ルノー | ルマン24時間レース | ルーカス・ディ・グラッシ | ルーベンス・バリチェッロ | レギュレーション | レッドブル | レッドブルリンク | レース・オブ・チャンピオンズ | ロシアGP | ロス・ブラウン | ロドルフォ・ゴンザレス | ロバート・クビサ | ロバート・ドーンボス | ロビン・フラインス | ロブ・スメドリー | ロブ・ホワイト | ロベルト・メルヒ | ロマン・グロージャン | ロリー・バーン | ロルダン・ロドリゲス | ロングビーチ | ロンドンGP | ロン・デニス | ロータス | ローマ | ローラ | ワールドシリーズbyルノー | ヴィジャイ・マルヤ | ヴィタリー・ペトロフ | 上海サーキット | 中国GP | 中嶋一貴 | 中嶋大祐 | 人事 | 佐藤万璃音 | 佐藤公哉 | 佐藤琢磨 | 八郷隆弘 | 南アフリカ | 国本京佑 | 富士スピードウェイ | 小暮卓史 | 小松礼雄 | 小林可夢偉 | 山本左近 | 新井康久 | 新型車発表 | 日本GP | 松下信治 | 武藤英紀 | 浜島裕英 | 片山右京 | 鈴木亜久里 | 鈴鹿サーキット | 長谷川祐介 | 韓国GP