2019/01/13

アリバベーネ前代表(フェラーリ)、ザウバー入りの噂

Sauber 『C37』 (C)Sauber Motorsport
拡大します
フェラーリ・チームの再建を託され、2014年末に異業種であるフィリップモリス社から送り込まれたマウリツィオ・アリバベーネ氏だったが、悲願を果たすことなく今年初めその職を解任された。
後任にはこれまで技術職の責任者だったマッティア・ビノット氏の就任がすでに決まっている。

ところがここに来てドイツの自動車情報誌『アウト・ビルト』が報じたところによれば、フェラーリを離脱したアリバベーネ氏が、近年関係を深めているザウバー・チームに横滑りするのではないか、というもの。
このところ急速にその戦闘力を上げているザウバー・チーム、今季はキミ・ライコネンの加入もあり実現すれば一躍警戒すべき存在になりそうだ。

| | トラックバック (0)

2019/01/08

フェラーリ、新年早々にも首脳陣交代の噂

Maurizio Arrivabene (C)Ferrari S.p.A
拡大します
2014年以来、跳ね馬チームの指揮を執ってきたマウリツィオ・アリバベーネ代表だが、2019年シーズン開幕を前にして首脳陣の交代があるのでは、とみられている。
これはイタリアの専門紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』らが報じたもの。

それによれば、ライバルと目されるマッティア・ビノット氏(49歳:スイス)との駆け引きが激化、フェラーリはアリバベーネの続投かビノットへの交代かいずれかを選択せざるを得ない状況に追い込まれているという。

元々フェラーリの主要スポンサーでもある『フィリップモリス社』の重役から転身したアリバベーネ氏は営業畑のエキスパートでF1で現場の指揮を任せることにはこれまでも疑問の声が聞かれていたもの。
一方昨季までとされていたビノットはチームを去って、メルセデスAMGかルノーへの移籍の可能性まで伝えられていた。
ところが同氏の契約が2019年以降も延長されたとみられることから一気に交代説が浮上していた。
まだこれについてフェラーリは沈黙を守っている。

| | トラックバック (0)

2019/01/04

L.ブルティ、フェラーリのリーダーシップに懸念

Ferrari Motorhome (C)Ferrari S.p.A
拡大します
かつて2000年代に当時のジャガー&プロスト・チームからF1参戦、現在は母国ブラジルでテレビ解説者を務めるルチアーノ・ブルティ氏(43歳:ブラジル)が、フェラーリ・チームの現状について次のように言及して注目されている。

「今シーズン前半、フェラーリとセバスチャン・ベッテルには明らかに勢いがあった。
あのまま進めば久々のタイトル獲得も夢ではないと思わせたんだけどね。
ところがいつものように失速。
またしてもメルセデスAMGチームの前に完敗することになってしまった。
僕はその背景にはチームのリーダーシップがあるのではないかと思うんだ。
僕が知る限り、今のチーム代表(アリバベーネ)はモーターレーシング界の人間ではなく優秀なビジネスマンだよね。、
かつてフェラーリが常勝だった頃の代表であるジャン・トッドだったら、違うアプローチをしていたんじゃないか。
そしてそれこそチームが成功する秘訣なんだと思うんだ」

マウリツィオ・アリバベーネ代表の前職はフェラーリのスポンサーでもあるフィリップモリス社の重役だった。

| | トラックバック (0)

2019/01/03

「タイトル獲得には意識改革必要」と、フェラーリ代表

Maurizio Arrivabene (C)Ferrari S.p.A
拡大します
2018年シーズンも念願のタイトル獲得を果たすことなくメルセデスAMGの後塵を拝したフェラーリ・チームでは、「タイトル獲得には意識改革が必要」としている。
これは同チームで指揮を執るマウリツィオ・アリバベーネ代表が主張したもので次のように語ったもの。

「われわれがチャンピオンシップを勝ち取るには、強いマシンを作ることはもちろんだが、チームのメンタリティを根本から変えることが必要だ。
年間タイトル獲得を果たすためには、シーズンを通して『勝つ』という意識が肝心で、そうした上でこそ勝ち続けることができるようになる。
とにかく勝ち癖をつけることが必要なんだ」と、61歳になるイタリア人。

フェラーリは今季最速のマシンと評価されながらも、いくつかのレースで取りこぼし、結果的に勢いを失うこととなった。

| | トラックバック (0)

2018/10/12

フェラーリ・チーム代表、「まだ闘いは終わってない」

Maurizio Arrivabene (C)Ferrari S.p.A
拡大します
日本GPを終え、ドライバーズ・ランキング同様にコンストラクターズ・ランキングでもライバルとの差を拡大させたフェラーリ・チームだが、同チームを率いるマウリツィオ・アリバベーネ代表はタイトル奪還を諦めていないことを強調した。

「この展開を見て悲観的になるのは簡単なことだ。
しかしわれわれはそうではないよ。
今回はレース以前に予選で失敗してしまった。
それでも最低、表彰台に上がる程度までの挽回は可能な筈だったが、それもならなかった。
これにより、状況がますます厳しくなったことは認めるが、しかしまだチャンスが以上、最後まで諦めることはしない。
残りの4レースで奇跡を起こすよ」

フェラーリ・チームが最後にコンストラクターズ・タイトルを獲得したのは2008年のこと。
実にそれから10年も遠ざかっていることになる。

| | トラックバック (0)

2018/10/06

フェラーリ・チーム代表、退任の報道を全面否定

Maurizio Arrivabene (C)Ferrari S.p.A
拡大します
フェラーリ・チームのマウリツィオ・アリバベーネ代表は、日本GPを前にイタリア・メディアが伝えた退任の噂を全面否定した。

「残念ながら、2019年も私はここにいるよ。
伝えられたようにユベントスの重役会議に出席しているのは事実だが、それは今に始まったことではなく何年も前から続けられてきたこと。
以前からユベントスの仕事もしていて、それはこれからも変わらないだろう。
今はこのチームの再生に全力を傾注していく」

報道では、フェラーリ・チーム代表のポジションからこんきかぎりで離脱、その後はイタリアのプロサッカー・リーグであるセリエAの強豪ユペントスのCEO(最高経営責任者)に就くというもので、早ければこの鈴鹿でも明らかにされると言われていた。

| | トラックバック (0)

2018/10/03

フェラーリ・チーム代表、F1からサッカー界に転身か

Maurizio Arrivabene (C)Ferrari S.p.A
拡大します
今シーズンもタイトル奪還の夢が遠のいた感のあるフェラーリ・チームだが、これに追い討ちを掛けるようなニュースが足元のイタリア・メディアから伝えられている。

それによれば、フェラーリ・チームの代表であるマウリツィオ・アリバベーネ氏が、F1から離れ、イタリアのプロサッカー・リーグであるセリエAの強豪であるユベントスのCEO(最高経営責任者)になるというもの。
無関係のように見える両者だが、フィアットの創業家であるアニェッリ家の持ち株会社であるエクソール者を通じて接点を持つことがわかっている。

アリバベーネ氏はチーム代表のポジションに就いてからすでに4シーズンを戦っていて、その力量に疑問符が投げ掛けられているのは事実だ。

| | トラックバック (0)

2018/09/23

ミック・シューマッハ、F1ステップアップに向け存在感増す

N.Rosberg & Mick Schumacher (C)Mercedes Motorsports
拡大します
ミック・シューマッハ(19歳:ドイツ)といえば、言わずと知れた稀代のF1ドライバー、ミハエル・シューマッハ氏の子息だが、ここに来てその実力に注目が集まっているようだ。

これまではむしろその偉大な名前が先行していたものの、現在参戦中のヨーロッパF3選手権でシリーズ・ランキング首位に躍り出る活躍をみせ、評価が急速に高まっているもの。
シューマッハはこの週末行われたニュルブルクリンク戦で3戦3勝と圧倒。
ランキングでレッドブルが目を掛けるダニエル・ティクトゥム(19歳:イギリス)を逆転してみせた。

これについてフェラーリ・チームのマウリツィオ・アリバベーネ代表は、「もちろんわれわれはミハエル・シューマッハの名前を忘れていない。
その子息であるミックがF1で戦うレベルにあるのなら、われわれがそれを拒否する理由はないよ」と、歓迎する意向を隠さない。

ただF1レギュレーションではスーパーライセンス獲得ポイント40点が必要だが、現在ヨーロッパF3選手権ではタイトルを獲得しても30点となっているためこれだけで直接F1にステップアップはできないことになる。

| | トラックバック (0)

2018/09/21

フェラーリ・チーム首脳、「まだ諦める時期じゃない」

Maurizio Arrivabene (C)Ferrari S.p.A
拡大します
先のシンガポールGPでライバルであるルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)にポールTOウィンを許した結果、大量40点ものポイント差を築き上げられたフェラーリ・チームだが、同チームのマウリツィオ・アリバベーネ代表は「まだ(タイトル獲得を)諦める時期じゃない」と、意気軒昂なところを示した。

「まだチャンピオンシップは続いているんだ。
タイトル争いは続いているんだし、われわれが何かを失った訳じゃないよ。
われわれには優れたクルマがあるし、チーム内にモチベーションを失った者など誰もいない」と、強気なコメント。

しかし残りもう6戦。
2台で37ポイント差のコンストラクターズ・チャンピオンシップはともかく、40ポイント差に開いたドライバーズ・チャンピオンシップのほうはかなり挽回が厳しいのが現実だ。

| | トラックバック (0)

2018/09/16

ルクレールのフェラーリとの契約は少なくとも2022年まで

Charles Leclerc (C)Ferrari S.p.A
拡大します
2019年、ザウバー・チームからフェラーリ・チームへの移籍が発表されたシャルル・ルクレール(20歳:モナコ)だが、契約年数については明らかにされていなかった。
しかしこれについて同チームのマウリツィオ・アリバベーネ代表は、2022年末までと、長期なものであることを明らかにした。

それによれば、ルクレールとの契約は長期的ビジョンに則ったもので、少なくとも2022年、場合によってはさらに延長される可能性をも示唆した。
公式発表がないのにチーム代表が契約期間を明かすのは異例のことだ。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA FOM FOTA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY ING IRL KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アダム・パール アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ツバー アンドレ・ロッテラー イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィリー・ランプ ウィル・スティーブンス エイドリアン・カンポス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エステバン・オコン エステバン・グティエレス エディ・ジョーダン エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲイリー・パフェット ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 サム・マイケル ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール ショーン・ゲラエル ショーン・ジェラエル シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームス・カラド ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャンカルロ・フィジケーラ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョルジョ・パンターノ ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ハウェット ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャンプカー チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ネルソン・ピケ ノルベルト・ハウグ ハイメ・アルグエルスアリ ハインツ・ハラルド・フレンツェン ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ パトリック・ヘッド ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピットストップ ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランク・ダーニー フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラウンGP ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ボブ・ベル ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート ポール・ディ・レスタ マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マックス・モズレー マッティア・ビノット マニクール マノー・マルシア マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アスマー マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーチ マーティン・ウィットマーシュ マーティン・ドネリー マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ミルコ・ボルトロッティ ムジェロ メカクローム メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨンナム・サーキット ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルイス・レイジァ ルカ・バドエル ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーカス・ディ・グラッシ ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロドルフォ・ゴンザレス ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロビン・フラインス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ ヴィタリー・ペトロフ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 新井康久 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介 韓国GP