2017/10/05

フェラーリ、フェルスタッペン(レッドブル)に食指も

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
2016年のレッドブル移籍後、2勝目が遠かったマックス・フェルスタッペン(オランダ)だったが、二十歳の誕生日(9月30日)を自ら祝うかのようにマレーシアGPでみごと勝利を飾ってみせた。
そのレッドブルとの契約は来季末までとなっていて、2019年以降のフェルスタッペンの動向に早くも他チームから関心が高まっている。

関心を示す一つとされるフェラーリ・チームの場合、2020年まで契約を延長したセバスチャン・ベッテルとのラインナップになるとみられるが、そのベッテルは「基本的にグリッドの誰とでも一緒にやれるよ。それがフェルスタッペンであっても全然構わない。
彼はまだ若いのでこれからも成長することだろう。もちろん人間的にもね」と、受け入れを容認する構えをみせている。

現在ルノー・エンジンを搭載するレッドブル・レーシングだが、その供給は2018年までとなっていて、2019年以降はホンダ製パワーユニットにスイッチするとの見方が有力だ。
そのためフェルスタッペンが2019年に移籍を考えるかどうかは、来季トロ・ロッソにエンジンを供給するホンダのパフォーマンス次第と言えそうだ。

| | トラックバック (0)

2017/09/18

フェルスタッペン、ベッテルのドライビングを非難

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
今季最高位となる予選2番グリッドからスタートしたレッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンだったが、スタート直後のアクシデントにより1周もすることなく戦線離脱を余儀なくされた。
フェルスタッペン(レッドブル)のリタイヤは今季これで14戦中、7回という際立つ多さ。

「世界チャンピオンを争っているというなら、あんな(乱暴な)ドライビングはすべきじゃないね。
何もないところであんなに幅寄せするなんてあり得ないよ。
ベッテルが寄せて来るのがわかったので避けようとしたんだけれど左手にはライコネン(フェラーリ)のマシンがあって僕は真ん中に挟まれた状態。
避けるスペースなんかなかったんだから。
結局3台共が傷を負うことになったけれど、こんなの納得がいかないよ」と、憤懣やるかたない若者。

ただこのグランプリのレーススチュワード(審査委員)はこれがレーシング・インシデント(出来事)だとして、3人のいずれにもペナルティは科さなかった。

| | トラックバック (0)

2017/09/09

ルノー・スポール、「ワークスよりもレッドブル優先させる」

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
今シーズン、メルセデス&フェラーリという2強に水を開けられた感じで、ここまでわずか1勝に留まっているレッドブル・レーシングからは、パワーユニットの供給元であるルノー・スポールに厳しい注文が突きつけられているようだ。

とりわけ目立つのがフェルスタッペンを襲っているエンジントラブル。
同選手は今季ここまで6回のリタイヤを喫しているが、そのうち4回はルノー・エンジンに帰するものとされている。

こうしたことからルノー・スポールでは、次戦シンガポールGPからレッドブル・レーシングに専任のエンジン担当スタッフを送り込むなどワークスであるルノー・チームよりも優先させてバックアップ体制を取るとしている。

ここまで僚友リカルドの144ポイントに対しフェルスタッペンはわずかに68ポイント。
このまま不振が続けば史上最年少で偉業を成し遂げてきた逸材を失うことにもなりかねないレッドブル・レーシング&ルノー・スポールは真剣に対処する姿勢のようだ。

| | トラックバック (0)

2017/09/06

メルセデスAMGチーム、フェルスタッペン父と接触の噂

Jos Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
先に行われたイタリアGPの会場で、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)の父親であるヨス・フェルスタッペン氏がメルセデスAMGチームのモーターホームに入ったところが目撃され、話題を呼んでいる。
というのも、このところ相次ぐマシントラブルでリタイヤが続き、マックス自身が他チームへの移籍希望を口にしたと伝えられているからだ。

実際、今シーズンここまでチームメイトのリカルドがリタイヤ3回なのに対し、フェルスタッペンのほうは6回も起きている。
そこで父親であるヨス氏がメルセデスAMGチームに移籍の件でコンタクトを取ったのではないかというもの。

とはいえメルセデスAMGチームではハミルトンはともかく、ボタスのほうの契約は今年1年とされているが、これまでの健闘ぶりを考えると残留が濃厚。
一方でフェルスタッペン自身のレッドブルとの契約は2019年末までの長期のものとされていて、当面離脱は考えにくい状況にある。

それを裏付けるようにメルセデスのトト・ウォルフ/エクゼクティブ・ディレクターは「ヨス氏はF1の先輩だから世間話をしただけ。
勘ぐられるような来年の契約という意味では、マックスは残念ながらわれわれのリストにない」と、煙に巻いた。

| | トラックバック (0)

2017/08/30

フェルスタッペン(レッドブル)、「マシントラブル多過ぎる」

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
今回のベルギーGPでもわずか8周でマシントラブルによる戦線離脱を喫し、これでここまで全12戦中実に半分の6戦でリタイヤという結果に、さすがにマックス・フェルスタッペン(レッドブル)も不満を口にしている。

「またリタイヤだよ。
実に半分でリタイヤだなんて、まったく話にならない。
これがまだシーズン序盤というなら仕方ないけれど、もう後半戦なのにこなことが起きちゃいけないだろう。
無線でも散々チームに文句を言ったんだけどね、ほんとガッカリだ。
スタッフは全員が頑張っているんだけど、まだ話し合う必要がありそうだね」

チームメイトのリカルドのほうはここまでリタイヤは3回。
アゼルバイジャンの1勝を含む表彰台6回を数えているのに対し、フェルスタッペンは表彰台わずかに1回だけだ。
同チームのホーナー代表はフェルスタッペンの残留を断言しているが、これでまた同選手が移籍希望を広言することになるかも知れない。

| | トラックバック (0)

2017/08/23

フェルスタッペン(レッドブル)、「シーズン後半も3番手抜け出せない」

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
レッドブル・レーシング移籍初レースでいきなり優勝と世界に衝撃を与えた逸材マックス・フェルスタッペン(19歳:オランダ)だったが、今シーズンは一度3位表彰台に上がっただけで、マシントラブルによるリタイヤも多く苦戦が続いている。
これについて当のフェルスタッペンは、「後半もこの状況は変わらないだろう」と、苦しい胸の内を吐露した。

「メルセデスとフェラーリがタイトル争いを繰り広げる陰で、僕らはすっかり蚊帳の外に追いやられているよ。
今は予選でもこの上位の2チーム4人の後ろ、というのがすっかり僕らの定位置になってしまっているからね。
しかも上位とのタイム差はコンマ3秒は開いていて、とても決勝レースで挽回できるレベルじゃない。
なにしろ彼らがエンジンとシャシーの両面で開発が進められるのに比べ、僕らの場合関与できるのはシャシー部分だけだからね」と、こぼした。

パドックでは後半戦も戦闘力アップが果たせない場合、フェルスタッペンは移籍の道も探ることになるとみているようだ。

| | トラックバック (0)

2017/08/19

「フェルスタッペン(レッドブル)は動かない」と、レッドブル首脳

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
2015年シーズンの開幕戦、ここで共にトロ・ロッソでF1デビューを果たしたカルロス・サインツ(22歳:スペイン)とマックス・フェルスタッペン(19歳:オランダ)だったが、現在もなお同チームで走るサインツが一度の表彰台もないのに対し、翌年シーズン途中でレッドブル・レーシングに抜擢されたフェルスタッペンのほうはいきなりの優勝に加えここまで表彰台が7回と明らかな明暗を分けた。

それでも今シーズンは僚友リカルドが好成績を続けているのに比べ、フェルスタッペンのほうは一時の輝きを失ったようにみえる。
こうした状況に、サインツと同様フェルスタッペンのほうも移籍を考えているのではないか、との噂が広がっているようだ。

しかしこれについてレッドブル・レーシングのクリスチャン・ホーナー代表は、「残念ながら今年はなぜかフェルスタッペンのほうにマシントラブルが相次いでおり、それが彼の活躍を阻害してしまっているのが事実だ。
しかしこうした事情を彼はよく理解しており、不満を持っていることはないと思う。
彼はまだ若いが、冷静に物事を分析する能力があるから心配していないよ」と、説明している。

たまたま現状はドライバーの移籍が限られているが、この才能ある若手ドライバーに関心を持っているチームは間違いなく多い。

| | トラックバック (0)

2017/07/31

フェルスタッペン(レッドブル)にペナルティ・ポイント

FIA
ハンガリーGPのレーススチュワード(審査委員)は、30日(日)に行われた決勝レースのオープニングラップで、事故の原因を作ったとしてレッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンに対し、ペナルティ・ポイント2点を科したことを明らかにした。

それによればビデオ検証等の結果、フェルスタッペンが2コーナーでチームメイトであるリカルド(レッドブル)のマシンに衝突したのがアクシデントの原因であると判断したもの。

ペナルティ・ポイントは1年間の累計で12点に達した場合、スーパーライセンスが停止され出場停止となるが、フェルスタッペンはこれでトータル3点となった。
なお同選手にはすでにレース中、10秒のタイムペナルティが科せられている。

| | トラックバック (0)

レッドブル・レーシングにもチーム内バトル勃発

Daniel Ricciardo (C)Redbull Racing
拡大します
これまで比較的仲が良いとみられていたレッドブル・レーシングのデュオ、ダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペンだが、ハンガリーGP決勝レースでのアクシデントにより、一転険悪な空気が流れつつあるようだ。

これはオープニングラップでのポジション争いの中、並行してコーナーに入った形の2台が接触、リカルドは1周もすることなく戦線を離脱、レースを去る羽目になったもの。

これについてリカルドは、「フェルスタッペンの行為は全然理解できない。
あんな仕掛けがうまくいく筈がないよ。
彼の判断はまるでアマチュア・レーサーのようなものだった。
でもこれはF1なんだ。
チームメイトどうしでこんなことが起きるなんて、まったく理解できないよ」と、強引にイン側に飛び込んで曲がりきれなかったチームメイトのドライビングを非難した。

フェルスタッペンのドライビング・スタイルについてはこれまでも他のドライバーから荒すぎるとの指摘がされていたが、チームメイトからも、となると穏やかでない。

| | トラックバック (0)

2017/07/08

フェルスタッペン(レッドブル)、フェラーリ移籍を申し出か

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
トロ・ロッソからレッドブル・レーシングへ電撃移籍した2016年第5戦スペインGPで衝撃の初優勝を飾ったものの、その後はチームメイトであるリカルドが2勝を記録する一方で勝利から遠ざかったままのマックス・フェルスタッペン。
さらに今シーズンに入ってからは8戦中、リタイヤが4回とチェッカーフラッグすら受けられない状況となっている。

こうした現状を受けフェルスタッペンはチームに契約解除を申し入れていると、イギリスの『インディペンデント』紙により報じられた。

これについてレッドブル・グループで権限を持つレーシング・アドバイザーのヘルムート・マルコ博士は、「われわれとフェルスタッペンとの間には2018年末まで強固な契約がある。
それまではフェラーリに限らずどこのチームとも交渉することはできない」と、語った。

しかし同博士がつい最近フェラーリ・チームの幹部と会談の場を持ったことがわかり、関係者の注目を集めているものだ。
フェルスタッペンの意欲的なドライビング・スタイルは、フェラーリ幹部からも高い評価を受けているとされている。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク | A1グランプリ | BMW | BMWザウバー | DRS | DTM | F1 | F1テスト | F2 | F3 | FIA | FOM | FOTA | GP2 | GP3 | GPDA | INDY | ING | IRL | KERS | NASCAR | US-GP | USF1 | VW | WEC | WRC | WTCC | アイルトン・セナ | アウディ | アストンマーティン | アゼルバイジャン | アダム・パール | アブダビGP | アメリカGP | アラン・プロスト | アルガルブ | アルガルブ・サーキット | アルゼンチンGP | アルド・コスタ | アルバートパーク | アルファロメオ | アルフォンソ・セリス | アレクサンダー・ロッシ | アレクサンドル・ブルツ | アレックス・リン | アンソニー・デビッドソン | アンディ・ソウセック | アントニオ・ジョビナッツィ | アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ | アンドレアス・ツバー | アンドレ・ロッテラー | イギリスGP | イタリアGP | イモラ | イルモア | インテルラゴス | インディアナポリス | インドGP | ウィリアムズ | ウィリ・ウェバー | ウィリー・ランプ | ウィル・スティーブンス | エイドリアン・カンポス | エイドリアン・スーティル | エイドリアン・ニューイ | エイボン | エステバン・オコン | エステバン・グティエレス | エディ・ジョーダン | エリック・ブイユ | エンジン | エンツォ・フィティパルディ | オースティン | オーストラリアGP | オーストリアGP | カタール | カナダGP | カルロス・ゴーン | カルロス・サインツJr. | カルン・チャンドク | カート | キミ・ライコネン | キャノピー | キャラミ・サーキット | ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ギュンター・シュタイナー | クムホ | クリスチャン・クリエン | クリスチャン・ホーナー | クレア・ウィリアムズ | グッドウッド | グレーム・ロードン | ケビン・マグヌッセン | ケータハムF1 | ゲイリー・パフェット | ゲルハルト・ベルガー | コスワース | コリン・コレス | コンコルド協定 | サム・マイケル | ザウバー | ザク・ブロウン | シャルル・ピック | シャルル・ルクレール | ショーン・ゲラエル | ショーン・ジェラエル | シリル・アビテブール | シルバーストーン | シンガポールGP | ジェラール・ロペス | ジェローム・ダンブロシオ | ジェンソン・バトン | ジェームス・アリソン | ジェームス・カラド | ジェームス・ロシター | ジェームズ・キー | ジャガー | ジャッキー・スチュワート | ジャック・ビルニューブ | ジャンカルロ・フィジケーラ | ジャン・アレジ | ジャン・エリック・ベルニュ | ジャン・トッド | ジュリアーノ・アレジ | ジュール・ビアンキ | ジョナサン・ニール | ジョニー・ハーバート | ジョリオン・パーマー | ジョルジョ・パンターノ | ジョン・サーティーズ | ジョン・ハウェット | ジョン・ブース | ジョージ・ラッセル | ジョーダン | ジョーダン・キング | ジーン・ハース | スティーブ・ニールセン | ステファンGP | ステファーノ・ドメニカリ | ストッフェル・バンドーン | スパイカーF1 | スパフランコルシャン | スペインGP | スポンサー | スージー・ウォルフ | スーパーライセンス | スーパー・アグリ | スーパー・フォーミュラ | セバスチャン・ブエミ | セバスチャン・ベッテル | セバスチャン・ボーデ | セバスチャン・ロウブ | セパン・サーキット | セルゲイ・シロトキン | セルジオ・ペレス | セルジオ・マルキオンネ | ソチ | タイGP | タイヤ | ダカールラリー | ダニエル・ジュンカデラ | ダニエル・リカルド | ダニカ・パトリック | ダニール・クビアト | ダビデ・バルセッキ | チェイス・キャリー | チェコ | チャンプカー | チャーリー・ホワイティング | ティモ・グロック | テレビ | ディートリッヒ・マテシス | デイモン・ヒル | デビッド・クルサード | デビッド・リチャーズ | デモラン | デュランゴ | トト・ウォルフ | トニー・フェルナンデス | トヨタ | トルコGP | トロ・ロッソ | ドイツGP | ドニントンパーク | ナイジェル・マンセル | ナイトレース | ナレイン・カーティケヤン | ニキ・ラウダ | ニコラス・トッド | ニコ・ヒュルケンバーグ | ニコ・ロズベルグ | ニック・ハイドフェルド | ニック・フライ | ニュルブルクリンク | ニュージャージー | ネルソン・アンジェロ・ピケ | ネルソン・ピケ | ノルベルト・ハウグ | ハイメ・アルグエルスアリ | ハインツ・ハラルド・フレンツェン | ハロー | ハンガリーGP | ハンガロリンク | ハンコック | ハースF1 | バルセロナ | バルテリ・ボタス | バレンシア | バレンシアGP | バレンティーノ・ロッシ | バーニー・エクレストン | バーレーンGP | バーレーン国際サーキット | パスカル・ウェーレイン | パストール・マルドナド | パット・シモンズ | パット・フライ | パディ・ロウ | パトリック・ヘッド | ヒスパニア・レーシング | ビタントニオ・リウッツィ | ピエール・ガスリー | ピットストップ | ピレリ | ファン・モントーヤ | フェラーリ | フェリッペ・ナスル | フェリッペ・マッサ | フェルナンド・アロンソ | フォース・インディア | フォード | フォーミュラE | フラビオ・ブリアトーレ | フランク・ウィリアムズ | フランク・ダーニー | フランスGP | フランツ・トスト | フレデリック・バッサー | フレデリック・ヴァスール | ブラウンGP | ブラジルGP | ブラバム | ブランズハッチ | ブリヂストン | ブルガリア | ブルーノ・セナ | ブレンドン・ハートリー | プロドライブ | ヘイキ・コバライネン | ヘルマン・ティルケ | ヘルムート・マルコ | ヘレス | ベトナム | ベルギーGP | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ペーター・ザウバー | ホセ・マリア・ロペス | ホッケンハイム | ホンダ | ホー・ピン・トゥン | ボブ・ベル | ポルシェ | ポルトガル | ポールリカール | ポール・ストゥダート | ポール・ディ・レスタ | マイク・ガスコイン | マイク・コフラン | マウリツィオ・アリバベーネ | マクラーレン | マックス・チルトン | マックス・フェルスタッペン | マックス・モズレー | マニクール | マノー・マルシア | マリオ・アンドレッティ | マリオ・タイセン | マルク・ジェネ | マルコ・アスマー | マルコ・アンドレッティ | マルコ・マッティアッチ | マルシア | マレーシアGP | マ・キンファ | マーカス・アームストロング | マーカス・エリクソン | マーク・ウェバー | マーク・スミス | マーチ | マーティン・ウィットマーシュ | マーティン・ドネリー | マーティン・ブランドル | ミカ・サロ | ミカ・ハッキネン | ミシュラン | ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ | ミルコ・ボルトロッティ | ムジェロ | メカクローム | メキシコGP | メルセデス | モトGP | モナコGP | モニシャ・カルテンボーン | モンツァ | ヤス・マリーナ・サーキット | ヤルノ・トゥルーリ | ユナイテッドステーツGP | ヨンナム・サーキット | ヨースト・カピート | ヨーロッパGP | ラスベガス | ラファエル・マルシエロ | ラルフ・シューマッハ | ランス・ストロール | ランド・ノリス | ランボルギーニ | リオ・ハリアント | リザーブドライバー | リバティ・メディア | ルイス・ハミルトン | ルイス・ペレス・サラ | ルイス・レイジァ | ルカ・バドエル | ルカ・フィリッピ | ルカ・モンテツェモロ | ルノー | ルマン24時間レース | ルーカス・ディ・グラッシ | ルーベンス・バリチェッロ | レギュレーション | レッドブル | レッドブルリンク | レース・オブ・チャンピオンズ | ロシアGP | ロス・ブラウン | ロドルフォ・ゴンザレス | ロバート・クビサ | ロバート・ドーンボス | ロビン・フラインス | ロブ・スメドリー | ロブ・ホワイト | ロベルト・メルヒ | ロマン・グロージャン | ロリー・バーン | ロルダン・ロドリゲス | ロングビーチ | ロンドンGP | ロン・デニス | ロータス | ローマ | ローラ | ワールドシリーズbyルノー | ヴィジャイ・マルヤ | ヴィタリー・ペトロフ | 上海サーキット | 中国GP | 中嶋一貴 | 中嶋大祐 | 人事 | 佐藤万璃音 | 佐藤公哉 | 佐藤琢磨 | 八郷隆弘 | 南アフリカ | 国本京佑 | 富士スピードウェイ | 小暮卓史 | 小松礼雄 | 小林可夢偉 | 山本左近 | 新井康久 | 新型車発表 | 日本GP | 松下信治 | 武藤英紀 | 浜島裕英 | 片山右京 | 鈴木亜久里 | 鈴鹿サーキット | 長谷川祐介 | 韓国GP