2017/03/26

失速レッドブル、トリック・サスペンションの影響否定

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
シーズン前テストでは一時トップタイムを記録するなど戦闘力の高さを窺わせメルセデスAMG、フェラーリらと共に3強と目されたレッドブル・レーシングだったが、25日(土)行われたオーストラリアGP公式予選ではフェルスタッペンが5番手、リカルドに至ってはクラッシュで10番手と地元の期待も裏切る結果となった。

これについてパドックでは開幕前にFIA(国際自動車連盟)から禁止通達を受けたいわゆる『トリック・サスペンション』の影響では、とささやかれた。

しかしこの予選結果についてフェルスタッペンは、「この結果は順当なものだと受け止めているよ。
メディアの予想は別として、僕らは最初からこの程度の差はあると思っていたので幻想など抱いていなかったからね。
もちろんサスペンションの変更が影響したとも考えていない。
このギャップはこれからシーズンが進むにつれて解消されていくものと考えている」と、冷静に分析した。

昨シーズン、メルセデスAMG勢以外に表彰台の最上位に上がったのはレッドブル・レーシングの二人だけだ。

| | トラックバック (0)

2017/03/21

フェルスタッペン(レッドブル)、「まだライバルには水」

2016 Scene (C)Mercedes Motorsports
拡大します
メルセデスAMGチームの二人が圧倒した2016年シーズンだったが、唯一土を付けたのがレッドブル・レーシングだった。
しかし今週開幕戦を迎えるにあたり、同チームのマックス・フェルスタッペン(レッドブル)は、まだ同チームの『RB13』は勝つレベルにはなっていないとの見解を示している。

これは地元オランダの『テレグラフ』紙に語ったもの。

「テストでは真の戦力はわからないから、ほんとうのレベルというのは開幕戦のスターティンググリッドを見るまで判断できないと思う。
でも、まだレッドブルはライバルに水を開けられていると個人的には思っている。
メルボルンで上位を争うのは、今年もメルセデス、そしてフェラーリ。
それからウィリアムズもかなりいいところまで来ていそうだ。
僕らはまだせいぜいその後になるのではないか」

なお昨季途中にトロ・ロッソから移籍したフェルスタッペンにとって、レッドブルのマシンでアルバートパークのコースを走るのは今回が初めてということになる。

| | トラックバック (0)

2017/03/09

テスト2日目、赤旗中断が相次ぐ

Kimi Raikkonen (C)Ferrari S.p.A
拡大します
シーズン前テスト第2ラウンドとなったバルセロナ合同テスト後半の2日目。
この日は各チームのテストプログラムを妨げる赤旗中断が目立った。

まず関係者を驚かせたのはこれので順調な仕上がりをみせてきたフェラーリ・チームで、この日『SF70H』を走らせたキミ・ライコネンは、午前のセッションでハイドロリック系のトラブルに見舞われてストップ。
そのあせりがあったのか、修復なって再走行した午後のセッションで今度は3コーナーでマシンコントロールを失い、コースアウト・クラッシュ。
セッションを赤旗中断に追い込むと共に、自身は『SF70H』のフロント&左サイド部を痛めてこの日の走行を2時間も早く打ち切ることとなった。

さらにレース・シミュレーションを行っていたレッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンも、マシントラブルのためか12コーナーでストップ。
セッションは赤旗中断となり他チームのテストを阻害した。

2017年シーズンを前にしたバルセロナ合同テストは、残りあと2日間予定されている。

| | トラックバック (0)

2017/03/03

フェルスタッペン(レッドブル)、晴れて略称を『VER』に

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
F1グランプリ放映の際、画面に表示されるドライバーの略称が、今シーズンから一部変更されることがわかった。

変更されるのはレッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペン(Max Verstappen)で、2015年トロ・ロッソでのF1デビュー以来『VES』と表記されていたものが今季から『VER』になるもの。

これは、2013年から2015年までトロ・ロッソから参戦、その後はフェラーリ・チームのリザーブドライバーとして登録されていたジャン・エリック・ベルニュ(Jean-Eric Vergne)の表記にすでに『VER』が使われていたためだ。
しかしベルニュが昨季でその任務を終了したため、チームの申請によりFIA(国際自動車連盟)がこれを認めたもの。

当のフェルスタッペンは「父親(ヨス氏)も『VER』を使っていたので、これでやっと自分の存在が認められた感じだよ」と、この変更を歓迎した。

| | トラックバック (0)

2016/12/09

「今季最高のオーバーテイク」にフェルスタッペン(レッドブル)

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
先にオーストリアのウィーンで行われたFIA(国際自動車連盟)の年間表彰式で、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)が全カテゴリーを通じ今年最高のオーバーテイクだったとして選出された。

これは『FIAアクション・オブ・ザ・イヤー』というもので、大雨による悪コンディションに見舞われたブラジルGPで、ニコ・ロズベルグ(メルセデス)を相手に果敢なオーバーテイクをみせたことが評価されたもの。

実はフェルスタッペンがこの賞を受賞するのはこれが3回目で、2015年はベルギーGPでのオーバーテイク、2014年はまだF3時代にイモラでのオーバーテイクが受賞対象になっている。
さらにフェルスタッペンはメディア投票による『FIAパーソナル・オブ・ザ・イヤー』でも2度目の受賞を果たすなど、すっかりF1の顔として年間表彰式の常連となっている。

| | トラックバック (0)

2016/11/27

フェルスタッペン(レッドブル)、痛恨のブレーキミス

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
決勝レースのスタートタイヤが決まる予選Q2で、他の全車がウルトラソフトタイヤだった中、唯一(遅いが持ちの良い)スーパーソフトタイヤによってクリアしたのがレッドブル・レーシングの2台だった。
そのうちリカルドが首尾よくQ3で3番手に食い込んだのに対し、フェルスタッペンのほうは最後のアタックに失敗、不本意な6番手に沈むこととなった。

これについてこの18歳の若者は、「最後のアタックまで予選はうまくいっていたのに、この結果はほんとうに残念だ。
マシンの感触は悪くなかったのに、なぜか11コーナーの進入でブレーキがロックアップしてしまったんだ。
もちろんもっと上のポジションからスタートするつもりだったからほんと悔しい」と、無念を滲ませた。

スタートタイヤの違いから、日曜日の決勝レースでは序盤にリカルドがトップに躍り出る可能性がある。

| | トラックバック (0)

2016/10/31

フェルスタッペン(レッドブル)もペナルティ・ポイント

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
メキシコGPのレーススチュワード(競技委員)は30日(日)行われた決勝レース中、ベッテル(フェラーリ)とのバトルの際、1コーナーでコース外を走行し利益を得たとして、レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンに対しペナルティ・ポイント1点を科したことを明らかにした。

ドライバーのスーパーライセンスに対して科されるペナルティポイントは12か月有効。
フェルスタッペンはこれにより通算4点ということになった。
累積で12点に達した場合、当該ドライバーのスーパーライセンスが次戦まで停止されるため、次のレースに出場できないことになる。

なおクビアトにはレース中すでに5秒のタイムペナルティが科せられている。

| | トラックバック (0)

2016/10/14

最年少フェルスタッペン、「チャンピオン相手、上等」

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
日本GP決勝レース終盤に行われたハミルトン(メルセデス)とフェルスタッペン(レッドブル)の壮絶バトルは世界中の観客を魅了。
メルセデスAMGチームが「進路妨害をした」として、一時はFIA(国際自動車連盟)に正式抗議を提出したほどだった。

先に行われたハンガリーGPでは、やはり元チャンピオンであるフェラーリのライコネンに対しても壮絶なバトルを演じたまだ19歳のこの若者は、「相手がチャンピオンだとしても僕には関係ない。
コースに出ればみんな対等のF1ドライバーなんだからね」と、一向に臆するところがない。

さらに同選手を早期に抜擢したレーシング・アドバイザーのヘルムート・マルコ博士も、「ハミルトンというチャンピオンを相手に争っていたとき、フェルスタッペンのタイヤはすでに5周も余計に走ったものだったんだ。
それを考えれば彼のポテンシャルはまさに群を抜いたものじゃないか」と、「自讃」している。

日本GPを終えてポイントはすでに165、これはベッテル(フェラーリ)と並ぶものだ。

| | トラックバック (0)

2016/10/09

FIA、日本GPでの「進路妨害問題」結論を次戦に先送り

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
日本GPのレーススチュワード(競技審査委員)は、9日(日)行われた日本GP決勝レースでの「進路妨害」問題について、結論を次戦アメリカGP(10月23日決勝)の審査委員会での審議に先送りすることを明らかにした。

これは、レース終盤争われたフェルスタッペン(レッドブル)とハミルトン(メルセデス)との2位争いの際、フェルスタッペンがレギュレーションに反して複数回進路を変更しハミルトンのオーバーテイクを阻止したというもの。

日本GPのスチュワードはレース後両チームの関係者を呼んで聴聞会を開いたが、結論に達せず延期することで両チームが合意したという。

| | トラックバック (0)

2016/10/01

ケーキ食べたフェルスタッペン、「暑いから問題ない」

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
マレーシアGPフリー走行が行われた30日(金)、満19歳の誕生日を迎えたレッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペン(オランダ)が、その感慨を次のように語った。

「F1ドライバーになってから、誕生日をグランプリの週末で迎えるのは初めてだからうれしいよ。
パドックでチームのみんなに囲まれて祝ってもらえるのは格別なこと。
もちろんバースデーケーキも食べたよ。
みんなは太るって言うけれど、ここは暑いから大丈夫。
食べたり飲んだりした分くらいすぐに汗になって減量してしまうさ」と、屈託ない。

初日はメルセデス&フェラーリ勢に続く5番手で終えたフェルスタッペン、マレーシアは昨年F1で初入賞を果たした験のいい所だ。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク | A1グランプリ | BMW | BMWザウバー | DRS | DTM | F1 | F1テスト | F2 | F3 | FIA | FOM | FOTA | GP2 | GP3 | GPDA | INDY | ING | IRL | KERS | NASCAR | US-GP | USF1 | VW | WEC | WRC | WTCC | アイルトン・セナ | アウディ | アストンマーティン | アゼルバイジャン | アダム・パール | アブダビGP | アメリカGP | アラン・プロスト | アルガルブ | アルガルブ・サーキット | アルド・コスタ | アルバートパーク | アルファロメオ | アルフォンソ・セリス | アレクサンダー・ロッシ | アレクサンドル・ブルツ | アレックス・リン | アンソニー・デビッドソン | アンディ・ソウセック | アントニオ・ジョビナッツィ | アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ | アンドレアス・ツバー | アンドレ・ロッテラー | イギリスGP | イタリアGP | イモラ | イルモア | インテルラゴス | インディアナポリス | インドGP | ウィリアムズ | ウィリ・ウェバー | ウィリー・ランプ | ウィル・スティーブンス | エイドリアン・カンポス | エイドリアン・スーティル | エイドリアン・ニューイ | エイボン | エステバン・オコン | エステバン・グティエレス | エディ・ジョーダン | エリック・ブイユ | エンジン | エンツォ・フィティパルディ | オースティン | オーストラリアGP | オーストリアGP | カタール | カナダGP | カルロス・ゴーン | カルロス・サインツJr. | カルン・チャンドク | カート | キミ・ライコネン | キャノピー | キャラミ・サーキット | ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ギュンター・シュタイナー | クムホ | クリスチャン・クリエン | クリスチャン・ホーナー | クレア・ウィリアムズ | グッドウッド | グレーム・ロードン | ケビン・マグヌッセン | ケータハムF1 | ゲイリー・パフェット | ゲルハルト・ベルガー | コスワース | コリン・コレス | コンコルド協定 | サム・マイケル | ザウバー | ザク・ブロウン | シャルル・ピック | シャルル・ルクレール | シリル・アビテブール | シルバーストーン | シンガポールGP | ジェラール・ロペス | ジェローム・ダンブロシオ | ジェンソン・バトン | ジェームス・アリソン | ジェームス・カラド | ジェームス・ロシター | ジェームズ・キー | ジャガー | ジャッキー・スチュワート | ジャック・ビルニューブ | ジャンカルロ・フィジケーラ | ジャン・アレジ | ジャン・エリック・ベルニュ | ジャン・トッド | ジュリアーノ・アレジ | ジュール・ビアンキ | ジョナサン・ニール | ジョニー・ハーバート | ジョリオン・パーマー | ジョルジョ・パンターノ | ジョン・サーティーズ | ジョン・ハウェット | ジョン・ブース | ジョーダン | ジョーダン・キング | ジーン・ハース | ステファンGP | ステファーノ・ドメニカリ | ストッフェル・バンドーン | スパイカーF1 | スパフランコルシャン | スペインGP | スポンサー | スージー・ウォルフ | スーパーライセンス | スーパー・アグリ | スーパー・フォーミュラ | セバスチャン・ブエミ | セバスチャン・ベッテル | セバスチャン・ボーデ | セバスチャン・ロウブ | セパン・サーキット | セルゲイ・シロトキン | セルジオ・ペレス | セルジオ・マルキオンネ | ソチ | タイGP | タイヤ | ダカールラリー | ダニエル・ジュンカデラ | ダニエル・リカルド | ダニカ・パトリック | ダニール・クビアト | ダビデ・バルセッキ | チェイス・キャリー | チェコ | チャンプカー | チャーリー・ホワイティング | ティモ・グロック | テレビ | ディートリッヒ・マテシス | デイモン・ヒル | デビッド・クルサード | デビッド・リチャーズ | デモラン | デュランゴ | トト・ウォルフ | トニー・フェルナンデス | トヨタ | トルコGP | トロ・ロッソ | ドイツGP | ドニントンパーク | ナイジェル・マンセル | ナイトレース | ナレイン・カーティケヤン | ニキ・ラウダ | ニコラス・トッド | ニコ・ヒュルケンバーグ | ニコ・ロズベルグ | ニック・ハイドフェルド | ニック・フライ | ニュルブルクリンク | ニュージャージー | ネルソン・アンジェロ・ピケ | ネルソン・ピケ | ノルベルト・ハウグ | ハイメ・アルグエルスアリ | ハインツ・ハラルド・フレンツェン | ハロー | ハンガリーGP | ハンコック | ハースF1 | バルセロナ | バルテリ・ボタス | バレンシア | バレンシアGP | バレンティーノ・ロッシ | バーニー・エクレストン | バーレーンGP | バーレーン国際サーキット | パスカル・ウェーレイン | パストール・マルドナド | パット・シモンズ | パット・フライ | パディ・ロウ | パトリック・ヘッド | ヒスパニア・レーシング | ビタントニオ・リウッツィ | ピエール・ガスリー | ピットストップ | ピレリ | ファン・モントーヤ | フェラーリ | フェリッペ・ナスル | フェリッペ・マッサ | フェルナンド・アロンソ | フォース・インディア | フォード | フォーミュラE | フラビオ・ブリアトーレ | フランク・ウィリアムズ | フランク・ダーニー | フランスGP | フランツ・トスト | フレデリック・ヴァスール | ブラウンGP | ブラジルGP | ブラバム | ブランズハッチ | ブリヂストン | ブルガリア | ブルーノ・セナ | ブレンドン・ハートリー | プロドライブ | ヘイキ・コバライネン | ヘルマン・ティルケ | ヘルムート・マルコ | ヘレス | ベトナム | ベルギーGP | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ペーター・ザウバー | ホセ・マリア・ロペス | ホッケンハイム | ホンダ | ホー・ピン・トゥン | ボブ・ベル | ポルシェ | ポルトガル | ポールリカール | ポール・ストゥダート | ポール・ディ・レスタ | マイク・ガスコイン | マイク・コフラン | マウリツィオ・アリバベーネ | マクラーレン | マックス・チルトン | マックス・フェルスタッペン | マックス・モズレー | マニクール | マノー・マルシア | マリオ・アンドレッティ | マリオ・タイセン | マルク・ジェネ | マルコ・アスマー | マルコ・アンドレッティ | マルコ・マッティアッチ | マルシア | マレーシアGP | マ・キンファ | マーカス・アームストロング | マーカス・エリクソン | マーク・ウェバー | マーク・スミス | マーチ | マーティン・ウィットマーシュ | マーティン・ドネリー | マーティン・ブランドル | ミカ・サロ | ミカ・ハッキネン | ミシュラン | ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ | ミルコ・ボルトロッティ | ムジェロ | メカクローム | メキシコGP | メルセデス | モトGP | モナコGP | モニシャ・カルテンボーン | モンツァ | ヤス・マリーナ・サーキット | ヤルノ・トゥルーリ | ユナイテッドステーツGP | ヨンナム・サーキット | ヨースト・カピート | ヨーロッパGP | ラスベガス | ラファエル・マルシエロ | ラルフ・シューマッハ | ランス・ストロール | ランボルギーニ | リオ・ハリアント | リザーブドライバー | リバティ・メディア | ルイス・ハミルトン | ルイス・ペレス・サラ | ルイス・レイジァ | ルカ・バドエル | ルカ・フィリッピ | ルカ・モンテツェモロ | ルノー | ルマン24時間レース | ルーカス・ディ・グラッシ | ルーベンス・バリチェッロ | レギュレーション | レッドブル | レッドブルリンク | レース・オブ・チャンピオンズ | ロシアGP | ロス・ブラウン | ロドルフォ・ゴンザレス | ロバート・クビサ | ロバート・ドーンボス | ロビン・フラインス | ロブ・スメドリー | ロブ・ホワイト | ロベルト・メルヒ | ロマン・グロージャン | ロリー・バーン | ロルダン・ロドリゲス | ロングビーチ | ロンドンGP | ロン・デニス | ロータス | ローマ | ローラ | ワールドシリーズbyルノー | ヴィジャイ・マルヤ | ヴィタリー・ペトロフ | 上海サーキット | 中国GP | 中嶋一貴 | 中嶋大祐 | 人事 | 佐藤万璃音 | 佐藤公哉 | 佐藤琢磨 | 八郷隆弘 | 南アフリカ | 国本京佑 | 富士スピードウェイ | 小暮卓史 | 小松礼雄 | 小林可夢偉 | 山本左近 | 新井康久 | 新型車発表 | 日本GP | 松下信治 | 武藤英紀 | 浜島裕英 | 片山右京 | 鈴木亜久里 | 鈴鹿サーキット | 長谷川祐介 | 韓国GP