2017/03/18

リバティ・メディア、「F1に貢献しないGP」を糾弾

Azerbaijan Image (C)Redbull Racing
拡大します
F1の新しいオーナーとなったリバティ・メディアが、「現行グランプリの中にはF1に貢献しないものがある」と指摘、話題を呼んでいる。

これは同社のグレッグ・マッフェイ/CEO(最高経営責任者)が語ったもので、真っ先にその槍玉に挙げられたのが昨年始まったばかりのアゼルバイジャンGP。

アゼルバイジャンGPは同国の首都バクーを舞台に行われているが、同氏は「F1の文化も人気もないところでの開催であり、F1の将来にも寄与していない」と切って捨てた。
さらにこの開催契約を決めたバーニー・エクレストン氏について、「彼には開催権料が一番大事な課題だった」とまで断じたもの。

当然のことながらこの指摘にアゼルバイジャンGP当局は強く反発、同グランプリのスポークスマンは次のように反論した。
「われわれはエクレストンと共に開催まで3年以上の年月を掛けてこのプロジェクトに取り組んできた。
F1に参入してたかだか半年のリバティ・メディアに何がわかるというのか。
実際問題、アゼルバイジャンGPは興行的にも成功しているではないか」

確かに同GPは成功を収めたことで名称が「ヨーロッパGP」から「アゼルバイジャンGP」への変更が認められていて、これを評価する向きも多い。

| | トラックバック (0)

2017/02/10

アゼルバイジャンGP、チケット売れ行き好調

2016 Scene (C)Mercedes Motorsports
拡大します
2017年F1第8戦として開催が予定されているアゼルバイジャンGPのチケット前売り販売が好調であると報じられている。

2016年、バクー市街地を舞台に初開催となった同グランプリはヨーロッパGPの名称だったが、今年は晴れてアゼルバイジャンGPとして行われる。
さらに今回は伝統のスポーツカーレース『ルマン24時間レース』とのスケジュール・パッティングが避けられたため、昨年より盛り上がりをみせているとのこと。

昨年の決勝レースはポールポジションからスタートしたニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)がスーパーソフト、ソフトと繋ぐ 1ストップ戦略でみごと初開催のグランプリを制している。

| | トラックバック (0)

2016/12/04

「ヨーロッパ国としての誇りだ」アゼルバイジャンGP

Baku City Circuit (C)Mercedes Motorsports
拡大します
今年6月、今季第8戦としてアゼルバイジャンの首都バクーで初開催された「ヨーロッパGP」だが、先にWMSC(世界モータースポーツ評議会)を経て正式発表された2017年のカレンダーでは「アゼルバイジャンGP」と名称が変更された。
これについて主催者であるバクー市街地特設コースのアリフ・ラヒモブ/エクゼクティブ・ディレクターは、その背景を次のように説明している。

「アゼルバイジャンにとって初めての体験となった今年のグランプリでは、まずわれわれの国がヨーロッパの一角にあるということを示す必要があった。
そのため名称をヨーロッパGPとした訳で、その意味では大きな成功を収めたものと自負している。
次のステップでは、このアゼルバイジャンという正直まだあまり世界の人に知られていないわれわれの国名を定着させたいと考えている。
そのために来年はアゼルバイジャンGPという名称に変更となったのは有り難い」

残念ながら今年のスタンドは空席が目立ったが、来年追い風となるのは強敵・ルマン24時間レースとの日程バッティングが避けられたことだろう。

| | トラックバック (0)

2016/10/06

ヨーロッパGP、来季は「アゼルバイジャンGP」に改称も

Baku Circuit (C)Redbull Racing
拡大します
2016年、6月19日に「ヨーロッパGP」として初開催されたバクー市街地特設コースでのグランプリだが、アゼルバイジャンの主催者はその名称について2017年は新たに「アゼルバイジャンGP」の名称に変更する意向を明らかにした。

これはアゼルバイジャンの通信社『トレンド』が報じたもので、それによればすでにFIA(国際自動車連盟)に打診したところ、前向きの反応を受けているとのことだ。

同グランプリの主催者は「今年、ヨーロッパGPの名称を受け入れたのは、われわれアゼルバイジャンがヨーロッパの開かれた国であることを世界中に知らしめたかったから。
幸いその目的は果たせたので、来シーズンはこの国名を前面に押し出したい」と、説明した。

来年の同グランプリは、6月18日に全21戦中の第8戦として日程が組まれている。

| | トラックバック (0)

2016/06/20

ニコ・ロズベルグ、スーパーソフト – ソフトと繋ぐ 1 ストップ戦略で、 バクーでの初開催グランプリを制す

(C)Pirelli Motorsport
拡大します
2016 ヨーロッパグランプリ 決勝
・予想よりも高くなった気温によって、1 ストップから 2 ストップへの変更を余儀なくされたチームもあった
・50℃を超える路面温度がレース中もさほど低下しなかった状況にも関わらず、 デグラデーションは低いレベルに

2016年6月19日、バクー
メルセデスのニコ・ロズベルグが、アゼルバイジャンで初開催となるグランプリを制しました。ポールポジション からスタートしたロズベルグは、スーパーソフトからソフトへと繋ぐ 1 ストップ戦略を採り、一度もトップを譲ること はありませんでした。

1 ストップ戦略を採った上位 6 名は、いずれもスーパーソフトでスタートし、8 周目から 21 周目の間にソフトへと 交換しました。8 周目でピットストップを行ったフェラーリのキミ・ライコネンの場合、ソフトタイヤで 43 周のスティ ントを走行したことになります。フリー走行や予選時よりも高温になったことで摩耗率が高くなりましたが、多くの 1 ストッパーが見られました。

ソフトタイヤでスタートした 3 名中の最上位ドライバーは、12 番グリッドからスタートして 9 位を獲得したフォー ス・インディアのニコ・ヒュルケンベルグでした。ヒュルケンベルグも 1 ストッパーでしたが、2 ストッパー中の最上 位ドライバーは、レッドブルのダニエル・リカルドでした。リカルドは、アゼルバイジャン用に選択された全 3 種類 のスリックコンパウンド(スーパーソフト、ソフト、ミディアム)を使用しました。チームメイトのマックス・フェルスタッ ペンも同じ戦略を採用しました。

マノーのパスカル・ウェーレインは、ソフトタイヤで 29 周の長い第 1 スティントを走行後ミディアムへ交換する戦略を採りましたが、リタイヤに終わりました。対照的に、ルノーのケビン・マグヌッセンは、ソフトタイヤで 46 周の長い最終スティントを走行しました。マノーのリオ・ハリアントは、これを上回る 48 周の最終スティントを走行しま した。

ピレリジャパン・プレスリリース

続きを読む "ニコ・ロズベルグ、スーパーソフト – ソフトと繋ぐ 1 ストップ戦略で、 バクーでの初開催グランプリを制す"

| | トラックバック (0)

2016/06/16

ハミルトン(メルセデス)、「バクーは高速道路」

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
今回がF1初開催となる今年のヨーロッパGPの舞台、アゼルバイジャンの首都バクーに作られた市街地特設コースについて、前戦の覇者ルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)は「まるで高速道路」と、辛辣とも思える厳しい感想を語っている。

「市街地特設コースといってもいろいろある。
でもモナコのようなスリリングなコースはもう作られなくなってしまったね。
ここもそう。
コース幅は広いし、ストレートはやたら長い。
こんなのはもう高速道路だよ。
それでもまあグランプリはグランプリ。
F1ドライバーというのはどんなコースでも限界まで攻めるから、それを見て欲しいね」

一時は43点もあったチームメイトとのポイント差を、現在9点まで詰め寄った前年の王者にとって初コースはまさに正念場だ。

| | トラックバック (0)

2016/06/15

初体験バクー市街地コース、主流はスーパーソフト

Baku Image (C)Baku City Circuit
2017年のヨーロッパGPとして初開催となるアゼルバイジャンのバクー市街地特設コースにF1タイヤを独占供給するピレリでは、ミディアム(白)、ソフト(黄)、スーパーソフト(赤)の3種類を用意したことを明らかにしている。

各チーム・ドライバーはこの中から全13セットについて選択ができるが、メインになるとみられる今回最も柔らかいスーパーソフトタイヤについてほとんどのドライバーが7セットから8セット選択したのに対し、ザウバー・チームのエリクソン&ナスルの二人は6セットずつに留めていることがわかった。

今季不振を続ける同チームでは、このコースでタイヤ交換の回数を少なくする戦略を考えているものとみられる。

| | トラックバック (0)

2016/05/13

FIAディレクター、バクーのコースにお墨付き

Fernando Alonso (C)Baku City Circuit
拡大します
東ヨーロッパ南コーカサスに位置する共和制国家であるアゼルバイジャンで今季初めて行われる『ヨーロッパGP』について、その舞台となる首都バクーの市街地特設コースをこのほど視察したFIA(国際自動車連盟)のチャーリー・ホワイティング/レースディレクターは、6月のグランプリ開催に向けて準備に問題がないことを確認したとのコメントを明らかにした。

バクーのコースは市街地特設コースの中でもこれまでで最速のものになると、設計者であるサーキット・デザイナーのヘルマン・ティルケは自信をみせている。
まもちろんまだここでレースが行われたことはないが、先にいち早く現地を視察したマクラーレン・チームのフェルナンド・アロンソは「とてもエキサイティングなコース」と、その魅力を明らかにしていた。

ヨーロッパGPの名称ではこれまでブランズハッチ、ドニントンパーク(いずれもイギリス)やニュルブルクリンク(ドイツ)、そしてヘレスやバレンシア(いずれもスペイン)で開催。
今年のヨーロッパGPは第8戦として6月19日(日)に決勝レースが行われる予定。

| | トラックバック (0)

2016/03/09

アロンソ(マクラーレン)、バクーのコースに好印象

Fernando Alonso (C)Baku City Circuit
拡大します
F1ドライバーの中で初めてアゼルバイジャンの首都バクーの市街地特設コースを視察したマクラーレン・チームのフェルナンド・アロンソ(34歳:スペイン)は、「とても印象的なコースだった」と、その感想を自身のサイトで明らかにした。

アゼルバイジャンでは今年ヨーロッパGPとして初めてのF1グランプリが開催されることが決まっていて、そのコースはバクーの旧市街地を巡るもので、F1サーキット・デザイナーのヘルマン・ティルケ氏(61歳:ドイツ)のアドバイスのもの設計されたとされる。

同グランプリの公式親善大使に指名されているアロンソは、「起伏やコーナーがチャレンジで、とてもエキサイティングなレイアウトになっている。
古い町並みの景観も素晴らしいし、間違いなく今年のグランプリで最高クラスになるものだ」と、太鼓判。

ヨーロッパGP(アゼルバイジャン)は6月19日(日)に今季第8戦として行われる。

| | トラックバック (0)

2016/03/08

ピレリ、アゼルバイジャン用のタイヤを発表

Baku Image (C)Baku City Circuit

ピレリタイヤは今季初開催となる第8戦ヨーロッパGP(6月19日決勝)について、早くも使用するタイヤコンパウンドを発表した。
(アゼルバイジャンの首都バクー市街地特設コースを使用)

今季はレギュレーションの変更により新たにウルトラソフトタイヤが投入され、全部で5種類になりこのうちレース毎にピレリが3種類を用意する。
チーム側にその中から選択権が与えられるが、ヨーロッパ・ラウンドでは8週間前、その他のレースでは14週間前までに選択したタイヤをFIA(国際自動車連盟)に届け出なければならない。

Rd. グランプリ Uソフト Sソフト ソフト ミディアム ハード
第 8戦 ヨーロッパGP    

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

A-1リンク | A1グランプリ | BMW | BMWザウバー | DRS | DTM | F1 | F1テスト | F2 | F3 | FIA | FOM | FOTA | GP2 | GP3 | GPDA | INDY | ING | IRL | KERS | NASCAR | US-GP | USF1 | VW | WEC | WRC | WTCC | アイルトン・セナ | アウディ | アストンマーティン | アゼルバイジャン | アダム・パール | アブダビGP | アメリカGP | アラン・プロスト | アルガルブ | アルガルブ・サーキット | アルド・コスタ | アルバートパーク | アルファロメオ | アルフォンソ・セリス | アレクサンダー・ロッシ | アレクサンドル・ブルツ | アレックス・リン | アンソニー・デビッドソン | アンディ・ソウセック | アントニオ・ジョビナッツィ | アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ | アンドレアス・ツバー | アンドレ・ロッテラー | イギリスGP | イタリアGP | イモラ | イルモア | インテルラゴス | インディアナポリス | インドGP | ウィリアムズ | ウィリ・ウェバー | ウィリー・ランプ | ウィル・スティーブンス | エイドリアン・カンポス | エイドリアン・スーティル | エイドリアン・ニューイ | エイボン | エステバン・オコン | エステバン・グティエレス | エディ・ジョーダン | エリック・ブイユ | エンジン | エンツォ・フィティパルディ | オースティン | オーストラリアGP | オーストリアGP | カタール | カナダGP | カルロス・ゴーン | カルロス・サインツJr. | カルン・チャンドク | カート | キミ・ライコネン | キャノピー | キャラミ・サーキット | ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ギュンター・シュタイナー | クムホ | クリスチャン・クリエン | クリスチャン・ホーナー | クレア・ウィリアムズ | グッドウッド | グレーム・ロードン | ケビン・マグヌッセン | ケータハムF1 | ゲイリー・パフェット | ゲルハルト・ベルガー | コスワース | コリン・コレス | コンコルド協定 | サム・マイケル | ザウバー | ザク・ブロウン | シャルル・ピック | シャルル・ルクレール | シリル・アビテブール | シルバーストーン | シンガポールGP | ジェラール・ロペス | ジェローム・ダンブロシオ | ジェンソン・バトン | ジェームス・アリソン | ジェームス・カラド | ジェームス・ロシター | ジェームズ・キー | ジャガー | ジャッキー・スチュワート | ジャック・ビルニューブ | ジャンカルロ・フィジケーラ | ジャン・アレジ | ジャン・エリック・ベルニュ | ジャン・トッド | ジュリアーノ・アレジ | ジュール・ビアンキ | ジョナサン・ニール | ジョニー・ハーバート | ジョリオン・パーマー | ジョルジョ・パンターノ | ジョン・サーティーズ | ジョン・ハウェット | ジョン・ブース | ジョーダン | ジョーダン・キング | ジーン・ハース | ステファンGP | ステファーノ・ドメニカリ | ストッフェル・バンドーン | スパイカーF1 | スパフランコルシャン | スペインGP | スポンサー | スージー・ウォルフ | スーパーライセンス | スーパー・アグリ | スーパー・フォーミュラ | セバスチャン・ブエミ | セバスチャン・ベッテル | セバスチャン・ボーデ | セバスチャン・ロウブ | セパン・サーキット | セルゲイ・シロトキン | セルジオ・ペレス | セルジオ・マルキオンネ | ソチ | タイGP | タイヤ | ダカールラリー | ダニエル・ジュンカデラ | ダニエル・リカルド | ダニカ・パトリック | ダニール・クビアト | ダビデ・バルセッキ | チェイス・キャリー | チェコ | チャンプカー | チャーリー・ホワイティング | ティモ・グロック | テレビ | ディートリッヒ・マテシス | デイモン・ヒル | デビッド・クルサード | デビッド・リチャーズ | デモラン | デュランゴ | トト・ウォルフ | トニー・フェルナンデス | トヨタ | トルコGP | トロ・ロッソ | ドイツGP | ドニントンパーク | ナイジェル・マンセル | ナイトレース | ナレイン・カーティケヤン | ニキ・ラウダ | ニコラス・トッド | ニコ・ヒュルケンバーグ | ニコ・ロズベルグ | ニック・ハイドフェルド | ニック・フライ | ニュルブルクリンク | ニュージャージー | ネルソン・アンジェロ・ピケ | ネルソン・ピケ | ノルベルト・ハウグ | ハイメ・アルグエルスアリ | ハインツ・ハラルド・フレンツェン | ハロー | ハンガリーGP | ハンコック | ハースF1 | バルセロナ | バルテリ・ボタス | バレンシア | バレンシアGP | バレンティーノ・ロッシ | バーニー・エクレストン | バーレーンGP | バーレーン国際サーキット | パスカル・ウェーレイン | パストール・マルドナド | パット・シモンズ | パット・フライ | パディ・ロウ | パトリック・ヘッド | ヒスパニア・レーシング | ビタントニオ・リウッツィ | ピエール・ガスリー | ピットストップ | ピレリ | ファン・モントーヤ | フェラーリ | フェリッペ・ナスル | フェリッペ・マッサ | フェルナンド・アロンソ | フォース・インディア | フォード | フォーミュラE | フラビオ・ブリアトーレ | フランク・ウィリアムズ | フランク・ダーニー | フランスGP | フランツ・トスト | フレデリック・ヴァスール | ブラウンGP | ブラジルGP | ブラバム | ブランズハッチ | ブリヂストン | ブルガリア | ブルーノ・セナ | ブレンドン・ハートリー | プロドライブ | ヘイキ・コバライネン | ヘルマン・ティルケ | ヘルムート・マルコ | ヘレス | ベトナム | ベルギーGP | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ペーター・ザウバー | ホセ・マリア・ロペス | ホッケンハイム | ホンダ | ホー・ピン・トゥン | ボブ・ベル | ポルシェ | ポルトガル | ポールリカール | ポール・ストゥダート | ポール・ディ・レスタ | マイク・ガスコイン | マイク・コフラン | マウリツィオ・アリバベーネ | マクラーレン | マックス・チルトン | マックス・フェルスタッペン | マックス・モズレー | マニクール | マノー・マルシア | マリオ・アンドレッティ | マリオ・タイセン | マルク・ジェネ | マルコ・アスマー | マルコ・アンドレッティ | マルコ・マッティアッチ | マルシア | マレーシアGP | マ・キンファ | マーカス・アームストロング | マーカス・エリクソン | マーク・ウェバー | マーク・スミス | マーチ | マーティン・ウィットマーシュ | マーティン・ドネリー | マーティン・ブランドル | ミカ・サロ | ミカ・ハッキネン | ミシュラン | ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ | ミルコ・ボルトロッティ | ムジェロ | メカクローム | メキシコGP | メルセデス | モトGP | モナコGP | モニシャ・カルテンボーン | モンツァ | ヤス・マリーナ・サーキット | ヤルノ・トゥルーリ | ユナイテッドステーツGP | ヨンナム・サーキット | ヨースト・カピート | ヨーロッパGP | ラスベガス | ラファエル・マルシエロ | ラルフ・シューマッハ | ランス・ストロール | ランボルギーニ | リオ・ハリアント | リザーブドライバー | リバティ・メディア | ルイス・ハミルトン | ルイス・ペレス・サラ | ルイス・レイジァ | ルカ・バドエル | ルカ・フィリッピ | ルカ・モンテツェモロ | ルノー | ルマン24時間レース | ルーカス・ディ・グラッシ | ルーベンス・バリチェッロ | レギュレーション | レッドブル | レッドブルリンク | レース・オブ・チャンピオンズ | ロシアGP | ロス・ブラウン | ロドルフォ・ゴンザレス | ロバート・クビサ | ロバート・ドーンボス | ロビン・フラインス | ロブ・スメドリー | ロブ・ホワイト | ロベルト・メルヒ | ロマン・グロージャン | ロリー・バーン | ロルダン・ロドリゲス | ロングビーチ | ロンドンGP | ロン・デニス | ロータス | ローマ | ローラ | ワールドシリーズbyルノー | ヴィジャイ・マルヤ | ヴィタリー・ペトロフ | 上海サーキット | 中国GP | 中嶋一貴 | 中嶋大祐 | 人事 | 佐藤万璃音 | 佐藤公哉 | 佐藤琢磨 | 八郷隆弘 | 南アフリカ | 国本京佑 | 富士スピードウェイ | 小暮卓史 | 小松礼雄 | 小林可夢偉 | 山本左近 | 新井康久 | 新型車発表 | 日本GP | 松下信治 | 武藤英紀 | 浜島裕英 | 片山右京 | 鈴木亜久里 | 鈴鹿サーキット | 長谷川祐介 | 韓国GP