2020/03/06

ハースF1チーム、今シーズン限りでのF1撤退も選択肢

Haas 『VF-20』(C)Haas F1 Team
拡大します
今年F1参戦5年目を迎えるハースF1チームだが、2021年シーズンの参戦についてまだ結論を出していない。
2021年からF1はレギュレーションなど大幅な変化が予定されていて、これに伴い新しいコンコルド協定が結ばれることになっているが、同チームはまだこれにサインしていないとのこと。

同チームのオーナーで、アメリカの成功した実業家でもあるジーン・ハース氏は、「これまでF1をやってきて、ほんとうに苛酷なスポーツであると実感している。
それにとてつもない資金が掛かることにも呆れた。
それでも上位チームとの差は縮まることがなく、後方で続けるのは実につらいものだ。
今年、どのようなスタートが切れるかということで、われわれは自分の将来を判断することになるだろう」と、語る。

この4年間を通じハースF1は2018年のランキング5位が最上位。
昨年は10チーム中9位の最低成績に留まった。

|

2020/01/10

ハースF1チーム代表、「2021年も小規模チームに勝ち目ない」

Gunther Steiner (C)Haas F1 Team
拡大します
F1は2021年シーズンからレギュレーションの変更やコスト削減のためバジェットキャップ(予算制限)の導入を図ってきたが、一部チームの反対により骨抜きになったとみられている。
このままでは「20212年になっても小チームに勝ち目はない」と、ハースF1チームのギュンター・シュタイナー代表はイギリスの専門誌『オートスポーツ』で主張している。

「いま計画されている改革で、2021年に小さなチームにも勝機が訪れると考えるのは早計立だ。
いやおそらくそんなことは訪れないだろう。
われわれのチームで言えば、この状況で私がオーナー(ジーン・ハース氏)を説得するのは困難ということ。
オーナーに引き続き巨額資金の出資をさせるには、それに見合う見返りがあるのか、彼自身が自分で納得するしかない」と、悲観的。

それでもF1チームにはまだ残された時間で効果ある改革を目指す義務があるとも訴えた。

|

2019/11/11

ハースF1チーム、オーナーによる『重大訪問』受ける

Gene Haas (C)Haas Formula LLC
拡大します
先のアメリカGPで、ハースF1チームはジーン・ハース/オーナーによる訪問を受けていたことがわかった。
元々ハースはアメリカのチームでアメリカ人オーナーによるアメリカGP訪問は特筆すべきことではない筈だが、同チームではF1では珍しくオーナー時効く時期の現場訪問は稀なことという。

そしてチームのギュンター・シュタイナー代表によれば、そこではチーム運営の基本部分での重要な話し合いが行われたとのことだ。
近視眼的にはこのところの著しいパフォーマンス不足やスポンサー離脱による資金面の問題、また長期的視野では2021年に予定されるF1改革におけるハースF1チームとしての将来についての見通しなど直面する課題について説明が行われたとみられる。

ルノー・チームのF1撤退も噂にあがる中、いくつかのチームの存続について関係者は神経を尖らせている状態だ。

|

2019/08/25

ハースF1、2021年グリッド不在の可能性示唆

 Haas F1 Logo (C)Haas F1 Team
F1は2021年シーズンからの大幅ルール改定を予定しているが、今季苦戦を強いられているハースF1チームは、プライベートチームへの配慮がなければF1撤退も辞さない構えをみせた。

これはチームの設立者でチームオーナーであるジーン・ハース氏自らが示唆したもの。
それによれば現在検討されているルールでは相変わらず巨額予算が必要で、大きなチームだけに勝つチャンスがあり、結果としてハースF1のようなプライベートチームは立ち行かないと警告。
ハースF1はこれまでも不当な扱いを受けていると主張するケースが繰り返されてきた。

自動車メーカーの後押しを受けたワークスチーム以外では、マクラーレンやレッドブルらがなんとか活動を続けているものの、ウィリアムズやザウバー、フォース・インディアなど多くも深刻な運営状態と伝えられている。

|

2019/02/28

合同テスト後半2日目、ベッテル(フェラーリ)クラッシュ

Carlos Sainz (C)McLaren Group
拡大します
2月27日(水)、バルセロナ・サーキットを舞台に行われているシーズン前テスト後半は第2日目を迎えた。

トップタイムはこの日もマクラーレンでカルロス・サインツの記録した1'17.144、これは今年のテストでは全体のベストになるものだ。
130ラップの多きを数えたが、コース入口でストップ、赤旗中断の原因も作っている。

2番手はペレス(レーシング・ポイント)、3番手はベッテル(フェラーリ)。
この日のビッグニュースはなんといってもこのベッテルのクラッシュだろう。
新しい僚友であるルクレールとこの日もマシンをシェアしたベッテルは午前のセッションで40周を周回、この日の3番手となる1'18.193のベストタイムを記録したもののその後3コーナーでコースアウト・クラッシュ。
セッションは赤旗中断、ドライバーは直ちにメディカルセンターに運ばれて検査を受けたが幸い身体に問題ないとして解放された。
マシンは修復に当てられたもののルクレールのほうは結局インストレーションラップだけに留まりノータイムで終えている。

4番手ライコネン(アルファロメオ)、5番手グロージャン(ハース)、6-7番手には共にホンダ・パワーのフェルスタッペン(レッドブル)とクビアト(トロ・ロッソ)が並び合わせて229周を走り込んだ。
前日ハイドロリック系のトラブルに見舞われたメルセデスは遅れを取り戻すべくボタス&ハミルトン合わせて176周を周回した。
シーズン前テストで出遅れたウィリアムズは、クビサが最多の130周を周回、初めて本格的なテスト・プログラムを消化して追い上げの姿勢をみせた。

| | トラックバック (0)

2018/02/16

ジーン・ハース氏、アメリカ人ドライバーについて言及

Gene Haas (C)Haas Formula LLC
拡大します
2018年の新型車を一早く発表したハースF1チームだが、先にギュンター・シュタイナー代表が発言して物議を呼んだアメリカ人ドライバーの起用について、オーナーであるジーン・ハース氏自身が説明した。

「残念なことに、シュタイナーの会見が言葉足らずで誤解を招いてしまったようだ。
われわれはインディカー・ドライバーなどアメリカ人ドライバーがF1のレベルに達していないと考えている訳ではなく、チームのほうがまだドライバーを受け入れる状況にないということなんだ。
それはドライバーの立場からも言えることだと思う。
まだ初心者レベルのチームで走ったのでは、ドライバー自身の評価にも悪影響を与えてしまうだろうからね」

アメリカのF1チームとして期待が掛かったハートスだが、これまでのところそうしたカラーは出してない。
それでも同チームは開発ドライバーとしてアメリカの若手であるサンティノ・フェルッチ(19歳)を据え、育成に励んでいるのだが。

| | トラックバック (0)

2017/07/24

「ドライバー変更よりもマシン熟成が課題」と、ハースF1

Gene Haas (C)Haas Formula LLC
拡大します
2016年、念願のF1新規参戦を果たしたハースF1チームは、昨年1年間で5回だった入賞を、今年はシーズン半ばにしてすでに7回と成績を伸ばしている。
マクラーレン・チームが今季まだ1回しか入賞していないのに比べれば、これは一プライベートチームとして称賛されるべきものだ。

これを受け、同チームのジーン・ハース代表は、「今われわれがやるべきことはマシンをさらに熟成させること」と、明言した。

「われわれのドライバーはとても良くやっていると思う。
グロージャンは昨年以上の働きをしているし、新加入のマグヌッセンも期待に応える活躍をみせている。
従ってわれわれは現状、ドライバーの変更など考えていない。
その必要がないし、継続性が重要だからね」と、高い評価。

ただフェラーリのジュニア・チームとも揶揄されるハースF1のこと、「本家」からドライバー起用についても影響力が加わる可能性はありそうだ。

| | トラックバック (0)

2016/08/08

ジーン・ハース代表、「フェラーリとの技術提携不十分」

Gene Haas (C)Haas Formula LLC
拡大します
今季アメリカを本拠としてF1に新規参戦を果たしたハースF1チームだが、パワーユニットや関連コンポーネンツの供給を受けるフェラーリ・チームに対し、技術協力が不十分であると指摘している。

今シーズン、ハースF1はここまでの12戦で早くも4回の入賞を果たしているが、このうち3回は序盤の4戦で記録したもの。
その後は当初の勢いが衰えた感があるが、それを誰より感じているのはジーン・ハース代表そのものだろう。

「われわれとフェラーリ・チームとのパートナーシップは良好なものだと受け止めている。
しかしながら、すべてが予定通りかといえば、正直不満な部分もあるのが実情だ。
F1には複雑なルールがあるため提携は慎重にならざるを得ないが、しかしそれにしてもフェラーリの側は臆病に過ぎると思っている。
もっと技術提携を進めれば、F1はさらに面白いのになる筈だよ」

F1チームは自らコンストラクター(マシン製造者)でなければならないが、エンジンやギヤボックス等の供給は許されていて、その解釈はアメリカのチームとって理解しにくいものとなっている。
なお、ハースの場合はシャシーもダラーラ社に製造を委託とされる。

| | トラックバック (0)

2016/04/27

ハースF1、「グロージャン栄転ならサポート惜しまない」

Romain Grosjean (C)Haas F1 Team
拡大します
ロータス・チームからルノー・チームへの移行が遅れ、止むなく新規参戦ハースF1チームへの移籍を余儀なくされたロマン・グロージャンだったが、第3戦こそ接触事故に遭ったものの、開幕2戦では連続入賞を果たすなど、チーム・ドライバー共に満足な結果が得られている。
しかし同チームのジーン・ハース代表は、「グロージャンがさらに上のチームに行くチャンスがあるならば、われわれは彼の支援を惜しまない」と、エールを贈っている。

その裏には、来季ライコネンの契約が終了するフェラーリ・チームのシート候補にグロージャンの名前が上がっているからだ。
「グロージャンにタイトル争いするチャンスが来るのだとしたら、それを妨げるようなことのはフェアじゃない。全力で応援すべきだろう」と語るハース氏だが、もしステップアップとなれば、さらにフェラーリとの関係が蜜になるだけでなくハースF1チームのほうにも経済的なメリットが期待できる筈だ。

| | トラックバック (0)

2016/03/21

ジーン・ハース代表、「入賞、アメリカの誇り」

Romain Grosjean (C)Haas F1 Team
拡大します
F1新規参戦の初戦でいきなり6位入賞を果たしたハースF1チームでは、ジーン・ハース代表が感謝の意を表した。

「F1参戦の初戦で入賞できるなんて思っていなかった。
これはアメリカの誇り。
まさに『アメリカのF1が帰ってきた』と言える。
これまで尽力してくれたすべての関係者に感謝したい。
とりわけフェラーリ・チームの助けがなかったら、このリザルトを得ることはなかっただろう。
赤旗中断などわれわれにラッキーな展開もあったが、それもモーターレーシング。
グロージャンは新規参戦チームの初戦だからといって臆することなく、終始アグレッシブにこのレースを戦ってくれた。
大きな事故があったことだけが残念だが、今日は素晴らしいグランプリだった」

F1新規参戦の初レースでいきなり入賞したのは、2002年のトヨタ・チームに遡る。
この時のドライバーはミカ・サロだった。

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファタウリ アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オランダGP オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 サウジアラビア ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベトナムGP ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介