2016/12/30

フェリッペ・ナスル、厳しい来季の状況認める

Felipe Nasr (C)Sauber Motorsport
拡大します
2015-16年とザウバー・チームで2年間F1を戦ったフェリッペ・ナスル(24歳:ブラジル)だが、来季の契約については白紙。
チームメイトだったマーカス・エリクソンのほうが早々と残留を正式発表したのに対し、スポンサー問題もあり今季限りでの放出が確実とみられる。
こうした現在の状況についてナスルは母国ブラジルで大きなシェアを持つ『グローボ・ニュース』に次のように語っている。

「もちろん僕は来シーズンもF1の舞台にいたいと思うし、その資格があると思っているよ。
ただ、正直言って現在の状況には厳しいものがあるね。
でももしも僕がシートを見い出すことができないのであれば、来年このF1にはブラジル人ドライバーが一人もいなくなることになるんだ。
ブラジルにはF1で長い歴史があるのだし、常に人気もある。
そのF1にブラジル人ドライバーがいなくなることのないよう、頑張らなくては」

F1の歴史でブラジル人ドライバーは累計31人。
これはアメリカ&イギリスの157人、さらにイタリア(98人)、フランス(70人)、ドイツ(57人)に次ぐ6番目。
ちなみに日本はトータル20人で10番目にランクされている。

| | トラックバック (0)

2016/11/18

ナスル(ザウバー)の初ポイント獲得で情勢に変化

Felipe Nasr (C)Sauber Motorsport
拡大します
2016年シーズンも残りあとわずか1戦、来シーズンの残りシートもほとんど埋まっているが最後の状況に微妙な変化が訪れたかも知れない。

現在まだ未確定とみられるのはザウバー・チームとマノー・レーシングの2チーム。
このうちザウバーのエリクソンはチームの新オーナーである『ロングボウ・ファイナンス』との有効な関係から残留の可能性が高いとみられている。

一方のナスルは放出になるとみられていて、その後任にはマノーのウェーレインらの名前が有力候補として挙げられていた。
しかし今回のブラジルGPでナスルがコンストラクターズ・ランキングを覆す貴重な2ポイントを獲得した貢献で残留の気運が高まったというものだ。
一方、逆に資金面の充実がナスルには裏目に出る可能性も。

残された最終戦アブダビGPでは当然のことタイトル争いが大きな話題だが、こちらの残りシート争いからも目が離せない。

| | トラックバック (0)

2016/11/14

ザウバー・チーム、うれしい今季初ポイント

Felipe Nasr (C)Sauber Motorsport
拡大します
ザウバー・チームはブラジルGPでフェリッペ・ナスルが9位入賞したことにより、うれしい今季初ポイント獲得を果たした。

それまでのスポーツカーレース・チームから、1993年にJJ.レートとカール・ベンドリンガーによりF1新規参戦したプライベートのザウバー・チームだが、これまでノーポイントのまま終わった年はない。
しかしながら今シーズンはチームの財政難もあって大苦戦。
信じられないことにここまで18戦、すべてのレースでポイント圏外だった。

今回エリクソンのほうは早い段階でリタイヤしたが、ピットストップの妙もあってナスルは上位に躍進。
一時は6位も狙えるポジションにあったがその後戦闘力に勝る他車に抜かれたもののなんとか9位に踏み留まり貴重な2点を得たもの。

ライバルだったマノーがポイント圏外に去ったこともあり、これでコンストラクターズ・ランキング10位に。
次戦もこれを維持すればFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)から大きな賞金が得られるだけでなくマシン輸送など大きなメリットを掌中にできる筈だ。

| | トラックバック (0)

2016/11/11

ナスル(ザウバー)はスポンサー問題で契約更新難航

Felipe Nasr (C)Sauber Motorsport
拡大します
ザウバー・チームではマーカス・エリクソンの残留が有力とみられる一方、フェリッペ・ナスル(24歳:ブラジル)のほうの交渉が難航しているようだ。
というのも、折りしもナスルの主要パーソナル・スポンサーである母国ブラジルのその名も『ブラジル銀行』(バンク・ド・ブラジル)の経営陣が一新されたためだ。

このためザウバー・チームとのスポンサー交渉が遅れているということで、これにはナスル本人のみならずザウバー・チームも焦燥感を隠していない。

2015年にやはりザウバー・チームからF1デビューを果たしたナスルはこれまで6位の入賞でチームにポイントをもたらせている。

| | トラックバック (0)

2016/10/27

ナスル(ザウバー)、母国のF・インディア入り報道もチーム否定

Robert Fearnley (C)Sahara Force India F1
拡大します
2015年から2シーズンに渡りザウバー・チームで戦ったフェリッペ・ナスル(24歳:ブラジル)について来季はフォース・インディア・チーム移籍が決まったのではないか、との報道が流れた。
これはナスルの母国ブラジルのテレビ『グローボ』が報じたものだが、しかしチーム側はこれを否定した。

同チームのロバート・ファーンリー副代表は、これについて次のように語っている。
「われわれは来季のドライバー決定について何も急いでない。
今は戦いに忙しいのだから、検討するのは11月になってからで十分だ。
誰が候補になっているかについても今はまだ言えないな」と、余裕の構え。

とはいえ残留確実とみられたニコ・ヒュルケンバーグの突然のルノー・チーム移籍もあり、同チームのドライバー・ラインナップ計画が狂ったのは間違いない。
逆にいまや多くのドライバーから注目を集めているのもまた事実だ。

| | トラックバック (0)

2016/10/19

フェリッペ・ナスル、ザウバー残留に前向き

Felipe Nasr (C)Sauber Motorsport
拡大します
チームメイトであるマーカス・エリクソンと共に今年ここまでノーポイントという苦しい戦いを続けているザウバー・チームのフェリッペ・ナスル(24歳:ブラジル)だが、どうやら来季も同チームに残留することになりそうだ。

ザウバー・チームは今季半ばまで、チーム存続の危機とも言える財政難に陥っていたが、『ロングボウ・ファイナンス』の出資によりとりあえずは参戦継続が決まっている。
しかし戦闘力不足は否めず、今季はチーム設立以来ともいえるノーポイント状態が続いているもの。

スポンサーである『ブラジル銀行』の意向もあってかこの状況にナスルは移籍の可能性も示唆、一時ウィリアムズやルノーらの名前も挙げられていたが、ブラジルの『グローボ・ニュース』によれば結局残留の方針を決めたとみられる。

| | トラックバック (0)

2016/09/05

ナスル(ザウバー)にペナルティ・ポイント

Felipe Nasr (C)Sauber Motorsport
拡大します
イタリアGPのレーススチュワード(競技委員)は、ザウバー・チームのフェリッペ・ナスルに対しペナルティ・ポイントを科したことを明らかにした。

それによればナスルは、4日(日)に行われたイタリアGP決勝レース中、ルノー・チームのジョリオン・パーマーと接触するアクシデントの原因を作ったというもの。
これによりナスルにはすでに10秒のタイムペナルティが通知されていたが、スチュワードはさらに2点のペナルティ・ポイントも科した。

ドライバーのスーパーライセンスに対して科されるペナルティポイントは12か月有効。
ナスルはこれでトータル6点ということになった。
累積で12点に達すると当該ドライバーのスーパーライセンスが次戦まで停止されるため、実質的に次のレースに出場できないことになる。

| | トラックバック (0)

2016/08/27

ナスル(ザウバー)、ピットレーン速度違反で罰金

Felipe Nasr (C)Sauber Motorsport
拡大します
ベルギーGPのレーススチュワード(競技委員)は、26日(金)行われたフリー走行1回目セッション開始直後、ザウバー・チームのフェリッペ・ナスルがピットレーン速度違反をしたとして同チームに1,000ユーロ(約11万3千円)の罰金を科したことを明らかにした。

それによればナスルは、制限80キロのところを25キロ以上オーバーする95.1キロで走行したとのことだ。

| | トラックバック (0)

2016/08/23

ナスル(ザウバー)、来季移籍にブラジルの政治力期待か

Felipe Nasr (C)Sauber Motorsport
拡大します
昨季からザウバー・チームで走っているフェリッペ・ナスル(23歳:ブラジル)だが、今季限りでの放出が確実のようだ。

来季の移籍候補にはハースF1ないし、ルノー・チームとみられているが、このほどそのナスルが現在ブラジルの大統領職を代行するテメル副大統領を表敬訪問したことを地元サンパウロの『オ・エスタド・デ・サンパウロ』紙が報じ、注目を集めている。

ブラジルには現地生産をするルノー社の工場があり、そうしたことから移籍に鑑みブラジル政府の政治力を期待しているのではないか、との観測が広まったもの。
当然のことながら本人はこれを否定しているが、憶測は静まりそうもない。

7歳の時にゴーカートを始めたナスルは16歳(2008年)で本格フォーミュラ・デビュー。
2011年にはイギリスF3選手権で7勝を挙げてチャンピオンに。
2013年はF1登竜門とされるGP2に参戦してシリーズ4位になっている。
F1ではデビュー戦となった2015年オーストラリアGPの5位が最高。

| | トラックバック (0)

2016/08/15

ハースF1、イタリアGP後にもナスル移籍発表か

Felipe Nasr (C)Sauber Motorsport
拡大します
昨季からザウバー・チームで走っているフェリッペ・ナスル(23歳:ブラジル)だが、チームメイトであるマーカス・エリクソンとの確執もあり今季限りで放出は確実とみられている。
そのナスルの移籍候補とされているのが同じフェラーリ・エンジンを搭載するハースF1チームだ。

ハースF1のギュンター・シュタイナー代表は、「われわれはドライバーの決定をいつまでも遅らせたくない。
来季のマシン開発はもう始まっているし、こちらに精力を注がなければならないからね。モンツァ(イタリアGP:9月4日決勝)後にも来季の体制を発表したいと思っている」としている。

ハースF1ではグロージャンの残留は有力だが、グティエレスは放出の可能性が高い。
ちなみにもしグティエレスの後任にナスルが就けば、2015年のザウバーと同じ繰り返しということになる。

7歳の時にゴーカートを始めたナスルは16歳(2008年)で本格フォーミュラ・デビュー。
2011年にはイギリスF3選手権で7勝を挙げてチャンピオンに。
2013年はF1登竜門とされるGP2に参戦してシリーズ4位になっている。
F1ではデビュー戦となった2015年オーストラリアGPの5位が最高。

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介