2017/10/15

ルノー・エンジン、来季『予選モード』投入に手応え

Cyril Abiteboul (C)Renault Sport F1
拡大します
ルノー・エンジンの供給元であるルノー・スポールでは、来シーズン『予選モード』の投入に手応えを持っていることを明らかにした。

これは同陣営のシリル・アビテブール/マネージング・ディレクターが語ったもので、現在すでにメルセデスとフェラーリが公式予選時に特別のパワーを生み出す予選モードを持っていて、これによりルノーはグリッド獲得で後れを取っているのだという。
そのためルノーもこの分野の開発に尽力していて、来シーズンからの導入に目途がついたことを示唆したもの。

「これによる予選時のパワーアップ、そして決勝レースでの信頼性の確保が進めば、これまで取りこぼした多くのポイントを手にすることができるだろう」と自信をみせるアビテブール氏。

かつて黄金時代には予選で1000馬力を発揮したとされるホンダ・ターボエンジンも、早急の対応が求められることになる。

| | トラックバック (0)

2017/08/13

ルノー・スポール首脳、パーマー残留に復調を期待

Cyril Abiteboul (C)Renault Sport F1
拡大します
今季再びワークスとして戦っているルノー・チームはここまで26ポイントを獲得しているが、そのすべてがニコ・ヒュルケンバーグが記録したものでジョリオン・パーマーのほうは1ポイントも寄与していない。
そのためパーマーにはシーズン半ばの放出もあるのでは、との噂まで伝えられている。

こうした状況を受けルノー・エンジンの供給元であるルノー・スポールのシリル・アビテブール/マネージング・ディレクターは次のように語っている。

「ルノー・チームとパーマーとの契約は今シーズン末まであって、パーマーのポジションは確立されている筈だ。
しかし今のままでは来年以降の更新はないのではないか。
2018年も彼がルノー・チームで走りたいというのであれば、これからのシーズン後半劇的に状況を改善しなくてはならないよ。
ただチャンピオンシップを戦っていく上でチームの安定性は重要だから、個人的には来季も同じドライバー・ラインナップが続くことを願っているがね」

しかし先のハンガロリンク合同テストでロバート・クビサが好走をみせたことから依然としてドライバー交代の噂はくすぶったままだ。

| | トラックバック (0)

2017/06/15

ルノー首脳、アゼルバイジャンでの大幅バージョンアップ否定

Cyril Abiteboul (C)Renault Sport F1
拡大します
一部に流れたルノー製パワーユニットの次戦アゼルバイジャンGPでの大幅バージョンアップの噂について、当事者であるルノー・スポールのシリル・アビテブール/マネージング・ディレクターがこれを否定した。
それによれば少なくとも当分、ルノー製パワーユニットの大きなバージョンアップの計画は有していないとのこと。

「ウチのエンジンに限らず、アップデートというのは常に図られている。
そうした意味で言えば次戦アゼルバイジャンGPにおいても多少の改良点はあるだろう。
しかしここで大幅なバージョンアップがあると言ったのはレッドブルのほうであってわれわれではない。
残念ながら近々にそうした計画をわれわれは持ち合わせていない。
というか、大幅という意味でいえば今シーズン中はもうないかも知れない。
2018年の新しいコンセプトのパワーユニットに精力を注いだ方が賢明ということだ」

アビテブール氏は控え目な言い方に留めたが、今回のカナダGPでもレッドブルは大健闘、リカルドが3戦連続となる表彰台獲得をみせている。

| | トラックバック (0)

2017/05/24

ルノー・チーム、ジョリオン・パーマーの不調を懸念

Jolyon Palmer (C)Renault F1 Team
拡大します
再びワークス体制となって2年目、ルノー・チームはここまでの5戦で3回の入賞を果たし、すでに昨季21戦の結果に並ぶパフォーマンスをみせている。

しかし3回はいずれも今季フォース・インディアから迎え入れたニコ・ヒュルケンバーグによるもので、残留したジョリオン・パーマーのほうはまだ1度もポイント圏内でのフィニッシュがない。

これについて同チームのシリル・アビテブール/マネージング・ディレクターは次のような懸念をみせている。

「パーマーが苦戦している理由はわからない。
全体に金曜日の段階では調子が良くても、土曜日になるとうまくいかない気がする。
マシンは何も変わっていないにも関わらずだ。
土曜日がうまくいかないと、それを日曜日まで引きずってしまうケースが多い。
ただ昨年も彼はスロースターターで、シーズン後半のほうが成績は良かった。
だからシーズンが進むに従って彼は調子を取り戻してくれるだろう。
そう期待しているよ」

そうした中、注目される次戦モナコGPだが、昨年は予選18位、決勝もスタート直後にクラッシュとほろ苦いものだった。

| | トラックバック (0)

2017/05/19

ルノー・チーム、来季アロンソ復帰の噂に「聞いてない」

Fernando Alonso (C)McLaren Group
拡大します
F1伝統のモナコGPを欠場してまで参戦を明らかにしたインディ500レースだが、いまプラクティスに臨んでいるフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)の表情は生き生きしているようにみえる。

こうした状況を受け、以前から移籍の噂話が伝えられているルノー・サイドでの反応もいささか変化しつつあるようだ。
同陣営のシリル・アビテブール/マネージング・ディレクターはアロンソについて次のように語っている。ように語っている。

「われわれのチームとアロンソについて、みんなが知りたがっているのは承知している。
彼がタイトルを獲得したのはいずれもルノー時代のことだったし、間違いなく関係は深い。
しかし大事なことは彼がいま何をしようとしているか、だ。
ほんとうに彼はまだF1で成功したいと望んでいるのかい。
ただ、チャンピオンだったというだけではこの世界は制覇できるものではないからね」

逆に、もしアロンソが今回のインディ500挑戦で成功すれば、新たなフィールドが拓けて来ることになるかも知れない。

| | トラックバック (0)

2017/05/06

ルノー・スポール、アップグレードの投入計画を延期

Cyril Abiteboul (C)Renault Sport F1
拡大します
現在自身のワークスチームとレッドブル・レーシング、そしてトロ・ロッソにエンジンを供給するルノー・スポールは、当初第5戦のスペインGP(5月14日決勝)にも投入するとされたアップグレード版の投入を延期することを明らかにした。

これは同陣営のシリル・アビテブール/マネージング・ディレクターが語ったもので、それによればこれまでのベンチによる開発段階でいささかの懸念事項がみられたこと。
そして現行のバージョンが期待以上のパフォーマンスをみせていて、新型の投入を遅らせても大丈夫との判断になったようだ。
同氏は夏休み(第11戦ハンガリーGP:7月30日決勝)までには投入したいとしている。

今季4戦を終え、ルノー・チームは予選で3回のQ3進出、2回の入賞と昨年の同時期を確実に凌駕している。

| | トラックバック (0)

2017/04/05

ルノー、ヨーロッパ・ラウンドから大幅バージョンアップ

Cyril Abiteboul (C)Renault Sport F1
拡大します
今シーズン、本家ルノー・チーム以外にもレッドブル・レーシング&トロ・ロッソの計3チームにエンジンを供給するルノー・スポールだが、開幕戦では最高位が11位とこの両者にまだ後れを取っていることが明白となった。

これを受け、同陣営のシリル・アビテブール/マネージング・ディレクターは次のように英専門誌『オートスポーツ』に語っている。

「ワークス体制となって2年目のシーズンを迎えるが、われわれはまだ成長段階にある幼いチームだ。
まだまだ成長しなければならないが、そのための要素は多く抱えている。
最初のバージョンアップは遠征になる開幕3戦が終わったあと、第4戦のスペインGPからになるだろう。
ここでは広い部分でポテンシャルアップが図られる予定になっている」と、期待をみせた。

第4戦スペインGPはシーズン前テストが行われたバルセロナ・サーキットということで、進化が果たされたどうかその真価がいきなり試されることになる。

| | トラックバック (0)

2017/03/23

ルノー・スポール、「ERSのトラブルは解決」と説明

Cyril Abiteboul (C)Renault Sport F1
拡大します
シーズン前テストで、ERS(エネルギー回生システム)のトラブルという思わぬ伏兵に足を救われた感じのルノー製パワーユニットだったが、これについてルノー側はこの問題についてすでに修正ができたと説明した。

これは同パワーユニットの供給元であるルノー・スポールのシリル・アビテブール/マネージング・ディレクターがメディアに語ったもの。

その中でこのフランス人エンジニアは、「バルセロナでの合同テストはわれわれにとってとても生産的なものではあったが、しかし万全という訳ではなかった。
それはすでに報じられているようにERSにいくつかのトラブルが発生したからだ。
そのためわれわれのパワーユニットが持っているパフォーマンスを最大限示すことができなかったが、これについてはすでに解決が図られた。
したがって開幕戦の地メルボルンでルノー・チームをはじめ、カスタマー・チームであるレッドブル・レーシングやトロ・ロッソももうこのトラブルに直面することはないだろう」と、明言した。

ここまではフェラーリ、メルセデスに水を開けられているとみられたレッドブル・レーシングだが、これによりまた3強復活に躍り出るかも知れない。

| | トラックバック (0)

2017/02/13

2017年のパワーユニットはすでに1000馬力越えか

McLaren Honda MP4/4 (C)McLaren Group
拡大します
一部イタリア・メディアが、今季仕様のフェラーリ製パワーユニットがすでに1000馬力を越えたと報じて注目されている。
これについて当のフェラーリ・チームはコメントを避けているが、しかしライバルであるメルセデスやルノーらはいずれも「1000馬力到達説」を否定している。

ルノー・スポールでF1エンジン開発責任者に就いているシリル・アビテブール/マネージング・ディレクターは、次のようにドイツの専門誌『アウトモーター・ウント・スポルト』に語っている。

「昨年の段階で各エンジンとも900馬力台であったと思う。
当然今年のものはさらにパワーアップしているとみられるが、それでもまだ950馬力程度だろう。
今の段階ですでに1000馬力に達しているというのはちょっと信じがたい数字だ。
しかし今シーズン中には開発が進んで大台に達することは考えられるね。
ただ勝利を掴むためにはシャシーのほうのレベルアップが不可欠だよ」と、エンジン専門家らしい見解を明らかにした。

かつてターボ・エンジン全盛の頃、マクラーレンに搭載されたホンダ製エンジンはすでに1000馬力を越えていたとみられている。

| | トラックバック (0)

2016/12/13

ルノー・スポール、「2018年にはF1最強エンジンに」

Cyril Abiteboul (C)Renault Sport F1
拡大します
2016年シーズン、自身のチームは低迷を余儀なくされたものの、供給先であるレッドブル・レーシングは今シーズン2位とそのパフォーマンスを示したルノー・スポールは、「2018年シーズンにはF1最強になる」と、豪語した。

そう語ったのは同陣営でマネージング・ディレクターを務めるフランス人エンジニアのシリル・アビテブール氏。

「2015年シーズンには確かにわれわれのパワーユニットにパフォーマンス不足や信頼性の問題もあり、カスタマー・チームに迷惑を掛けたが、今年は2度の優勝やトータル14回にものぼる表彰台獲得など、大きな改善を世界に示せたと思っている。
最大パワーではまだメルセデスに劣っているにせよ、とりわけ信頼性の面ではF1最高レベルにあると自負してるよ。
来年はまたレギュレーションが変更されるが、2018年には最強と言われるレベルに達したい。
そしてその時にはわがルノー・チームがその栄冠に預かりたいものだね」

シリル・アビテブール氏はのまだ39歳と若いが、ケータハムF1チームでも(代)を務めるなど経験豊富なベテランだ。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク | A1グランプリ | BMW | BMWザウバー | DRS | DTM | F1 | F1テスト | F2 | F3 | FIA | FOM | FOTA | GP2 | GP3 | GPDA | INDY | ING | IRL | KERS | NASCAR | US-GP | USF1 | VW | WEC | WRC | WTCC | アイルトン・セナ | アウディ | アストンマーティン | アゼルバイジャン | アダム・パール | アブダビGP | アメリカGP | アラン・プロスト | アルガルブ | アルガルブ・サーキット | アルゼンチンGP | アルド・コスタ | アルバートパーク | アルファロメオ | アルフォンソ・セリス | アレクサンダー・ロッシ | アレクサンドル・ブルツ | アレックス・リン | アンソニー・デビッドソン | アンディ・ソウセック | アントニオ・ジョビナッツィ | アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ | アンドレアス・ツバー | アンドレ・ロッテラー | イギリスGP | イタリアGP | イモラ | イルモア | インテルラゴス | インディアナポリス | インドGP | ウィリアムズ | ウィリ・ウェバー | ウィリー・ランプ | ウィル・スティーブンス | エイドリアン・カンポス | エイドリアン・スーティル | エイドリアン・ニューイ | エイボン | エステバン・オコン | エステバン・グティエレス | エディ・ジョーダン | エリック・ブイユ | エンジン | エンツォ・フィティパルディ | オースティン | オーストラリアGP | オーストリアGP | カタール | カナダGP | カルロス・ゴーン | カルロス・サインツJr. | カルン・チャンドク | カート | キミ・ライコネン | キャノピー | キャラミ・サーキット | ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ギュンター・シュタイナー | クムホ | クリスチャン・クリエン | クリスチャン・ホーナー | クレア・ウィリアムズ | グッドウッド | グレーム・ロードン | ケビン・マグヌッセン | ケータハムF1 | ゲイリー・パフェット | ゲルハルト・ベルガー | コスワース | コリン・コレス | コンコルド協定 | サム・マイケル | ザウバー | ザク・ブロウン | シャルル・ピック | シャルル・ルクレール | ショーン・ゲラエル | ショーン・ジェラエル | シリル・アビテブール | シルバーストーン | シンガポールGP | ジェラール・ロペス | ジェローム・ダンブロシオ | ジェンソン・バトン | ジェームス・アリソン | ジェームス・カラド | ジェームス・ロシター | ジェームズ・キー | ジャガー | ジャッキー・スチュワート | ジャック・ビルニューブ | ジャンカルロ・フィジケーラ | ジャン・アレジ | ジャン・エリック・ベルニュ | ジャン・トッド | ジュリアーノ・アレジ | ジュール・ビアンキ | ジョナサン・ニール | ジョニー・ハーバート | ジョリオン・パーマー | ジョルジョ・パンターノ | ジョン・サーティーズ | ジョン・ハウェット | ジョン・ブース | ジョージ・ラッセル | ジョーダン | ジョーダン・キング | ジーン・ハース | スティーブ・ニールセン | ステファンGP | ステファーノ・ドメニカリ | ストッフェル・バンドーン | スパイカーF1 | スパフランコルシャン | スペインGP | スポンサー | スージー・ウォルフ | スーパーライセンス | スーパー・アグリ | スーパー・フォーミュラ | セバスチャン・ブエミ | セバスチャン・ベッテル | セバスチャン・ボーデ | セバスチャン・ロウブ | セパン・サーキット | セルゲイ・シロトキン | セルジオ・ペレス | セルジオ・マルキオンネ | ソチ | タイGP | タイヤ | ダカールラリー | ダニエル・ジュンカデラ | ダニエル・リカルド | ダニカ・パトリック | ダニール・クビアト | ダビデ・バルセッキ | チェイス・キャリー | チェコ | チャンプカー | チャーリー・ホワイティング | ティモ・グロック | テレビ | ディートリッヒ・マテシス | デイモン・ヒル | デビッド・クルサード | デビッド・リチャーズ | デモラン | デュランゴ | トト・ウォルフ | トニー・フェルナンデス | トヨタ | トルコGP | トロ・ロッソ | ドイツGP | ドニントンパーク | ナイジェル・マンセル | ナイトレース | ナレイン・カーティケヤン | ニキ・ラウダ | ニコラス・トッド | ニコ・ヒュルケンバーグ | ニコ・ロズベルグ | ニック・ハイドフェルド | ニック・フライ | ニュルブルクリンク | ニュージャージー | ネルソン・アンジェロ・ピケ | ネルソン・ピケ | ノルベルト・ハウグ | ハイメ・アルグエルスアリ | ハインツ・ハラルド・フレンツェン | ハロー | ハンガリーGP | ハンガロリンク | ハンコック | ハースF1 | バルセロナ | バルテリ・ボタス | バレンシア | バレンシアGP | バレンティーノ・ロッシ | バーニー・エクレストン | バーレーンGP | バーレーン国際サーキット | パスカル・ウェーレイン | パストール・マルドナド | パット・シモンズ | パット・フライ | パディ・ロウ | パトリック・ヘッド | ヒスパニア・レーシング | ビタントニオ・リウッツィ | ピエール・ガスリー | ピットストップ | ピレリ | ファン・モントーヤ | フェラーリ | フェリッペ・ナスル | フェリッペ・マッサ | フェルナンド・アロンソ | フォース・インディア | フォード | フォーミュラE | フラビオ・ブリアトーレ | フランク・ウィリアムズ | フランク・ダーニー | フランスGP | フランツ・トスト | フレデリック・バッサー | フレデリック・ヴァスール | ブラウンGP | ブラジルGP | ブラバム | ブランズハッチ | ブリヂストン | ブルガリア | ブルーノ・セナ | ブレンドン・ハートリー | プロドライブ | ヘイキ・コバライネン | ヘルマン・ティルケ | ヘルムート・マルコ | ヘレス | ベトナム | ベルギーGP | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ペーター・ザウバー | ホセ・マリア・ロペス | ホッケンハイム | ホンダ | ホー・ピン・トゥン | ボブ・ベル | ポルシェ | ポルトガル | ポールリカール | ポール・ストゥダート | ポール・ディ・レスタ | マイク・ガスコイン | マイク・コフラン | マウリツィオ・アリバベーネ | マクラーレン | マックス・チルトン | マックス・フェルスタッペン | マックス・モズレー | マニクール | マノー・マルシア | マリオ・アンドレッティ | マリオ・タイセン | マルク・ジェネ | マルコ・アスマー | マルコ・アンドレッティ | マルコ・マッティアッチ | マルシア | マレーシアGP | マ・キンファ | マーカス・アームストロング | マーカス・エリクソン | マーク・ウェバー | マーク・スミス | マーチ | マーティン・ウィットマーシュ | マーティン・ドネリー | マーティン・ブランドル | ミカ・サロ | ミカ・ハッキネン | ミシュラン | ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ | ミルコ・ボルトロッティ | ムジェロ | メカクローム | メキシコGP | メルセデス | モトGP | モナコGP | モニシャ・カルテンボーン | モンツァ | ヤス・マリーナ・サーキット | ヤルノ・トゥルーリ | ユナイテッドステーツGP | ヨンナム・サーキット | ヨースト・カピート | ヨーロッパGP | ラスベガス | ラファエル・マルシエロ | ラルフ・シューマッハ | ランス・ストロール | ランド・ノリス | ランボルギーニ | リオ・ハリアント | リザーブドライバー | リバティ・メディア | ルイス・ハミルトン | ルイス・ペレス・サラ | ルイス・レイジァ | ルカ・バドエル | ルカ・フィリッピ | ルカ・モンテツェモロ | ルノー | ルマン24時間レース | ルーカス・ディ・グラッシ | ルーベンス・バリチェッロ | レギュレーション | レッドブル | レッドブルリンク | レース・オブ・チャンピオンズ | ロシアGP | ロス・ブラウン | ロドルフォ・ゴンザレス | ロバート・クビサ | ロバート・ドーンボス | ロビン・フラインス | ロブ・スメドリー | ロブ・ホワイト | ロベルト・メルヒ | ロマン・グロージャン | ロリー・バーン | ロルダン・ロドリゲス | ロングビーチ | ロンドンGP | ロン・デニス | ロータス | ローマ | ローラ | ワールドシリーズbyルノー | ヴィジャイ・マルヤ | ヴィタリー・ペトロフ | 上海サーキット | 中国GP | 中嶋一貴 | 中嶋大祐 | 人事 | 佐藤万璃音 | 佐藤公哉 | 佐藤琢磨 | 八郷隆弘 | 南アフリカ | 国本京佑 | 富士スピードウェイ | 小暮卓史 | 小松礼雄 | 小林可夢偉 | 山本左近 | 新井康久 | 新型車発表 | 日本GP | 松下信治 | 武藤英紀 | 浜島裕英 | 片山右京 | 鈴木亜久里 | 鈴鹿サーキット | 長谷川祐介 | 韓国GP