2019/01/21

レッドブル首脳、「フォーミュラEには関心ない」

Formula E (C)Formula E
拡大します
年々盛り上がりをみせる電気自動車のレース『フォーミュラE』だが、有力F1チームであるレッドブルは、同レースへの参戦に関心がないことをあらためて主張した。
これは同陣営でレーシング・アドバイザーを務めるヘルムート・マルコ博士が次のようにイギリスの専門誌『オートスポーツ』に語ったもの。

「レッドブルとしてフォーミュラEへ参加する計画があるのかと聞かれればノーだ。
われわれは、あれは純粋な自動車レースだとは考えていない。
いま世界的な潮流として電気自動車に注目が集まっているのはデイーゼル・スキャンダルから目をそらせるのが目的なのではないか。
予算ばかり喰い、まるでF3カーに400キロもの重りを乗せたような鈍なマシンでは、誰がドライバーをやったって同じだよ」と、辛口。

それでも多くの自動車メーカーが参戦するのは、未来の自動車レースについて、まだ見極めが付いていないということかも知れない。

| | トラックバック (0)

2019/01/10

レッドブル首脳、「信頼性不足は戦略でカバー」

Helmut Marko (C)RedBull Racing
拡大します
今シーズン、これまで14年に渡ったルノーから、新たにホンダにスイッチして戦うことが決まっているレッドブル・レーシングだが、心配されるその信頼性について「戦略でカバーできる」ことを示した。

これは同陣営でレーシング・アドバイザーを務めるヘルムート・マルコ博士が次のように語ったもの。

「ホンダにとって、現状最も直面しているのが信頼性の問題だと思う。
だからおそらくわれわれはレギュレーション通りに3基のエンジンでシーズンを乗り切るというのは難しいことだろう。
ただそれはあくまでも戦略によってかなりカバーできるものだ。
ダメージの少ないコースを選択すれば、数周で遅れを取り戻すことだって可能な筈だ。
とはいえホンダにはなるべく早い段階で、われわれがこんな苦労をしないで済むよういいエンジンを準備して欲しいものだがね」

まずその初戦となる開幕オーストラリアGPは3月17日(金)にスタートする。

| | トラックバック (0)

2018/12/28

レッドブル、「2年で結果出なければF1撤退」も

Helmut Marko (C)RedBull Racing
拡大します
非ワークスチームながら三強の一角を占めるレッドブル・レーシングだが、ホンダとのパートナーシップで2020年までに結果が出せなければF1撤退もあり得るとの衝撃的なニュースが伝えられた。

これはレッドブル・グループで大きな影響力を持つレーシング・アドバイザーのヘルムート・マルコ博士が明かしたもので、次のように語っている。
「ホンダとの提携は2年間だし、われわれがF1参戦をコミットしているのも同じく2020年までだ。
2021年にはレギュレーションが改訂されることになっているが、依然としてその具体像は見えていない。
突然大幅なコスト削減が強いられるならば、われわれは人員削減もしなくてはならなくなる。
F1参戦がベストでないと判断すれば、撤退だってあり得ること。
その場合にはアストンマーティンと組んでWEC(世界耐久選手権)損戦に転向することも選択肢の一つだ」

飲料メーカーながら多岐に渡るスポーツを支援してきたレッドブルは、2005年に当時のジャガー・チームを引き継いでF1に参入。
ルノー・エンジンを搭載したマシンではセバスチャン・ベッテルを擁し、4回のタイトル獲得を果たすなど黄金期を形成した。

| | トラックバック (0)

2018/11/02

フェルスタッペン(レッドブル)、今度は「史上最年少王者」目標

Powered by Honda (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
メキシコGPではタッチの差で史上最年少ポールの記録達成を逃がしたレッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペン(21歳:オランダ)だが、今度は「史上最年少チャンピオン」に目標を切り換えて挑むことになるようだ。

現在の記録はセバスチャン・ベッテル(現フェラーリ)が2010年にレッドブル・ルノーで記録した23歳134日というもの。
先日21歳になったばかりのフェルスタッペンにとっては2019年と2020年の2度チャンスがあることになる。

レッドブル・グループのヘルムート・マルコ博士は、「チャンスは2020年までの2年あるが、われわれは2019年にも目標を達成するつもりだ」と、積極姿勢。
「新しいエンジンメーカーとの初年度が簡単ではないことはわかっているが、最初からタイトルを狙わなければならないというがわれわれの責務だ。
言い訳はできない」としている。

なちみにこの両年はいずれもホンダ製パワーユニットで戦うことになっていて、その意味でもホンダに課せられた責務は重要なものになる。

| | トラックバック (0)

2018/09/30

レッドブル首脳、ダニール・クビアトの成長を評価

Daniil Kvyat (C)Redbull Racing
拡大します
既報のようにホームグランプリとなるロシアGPの会場でトロ・ロッソはダニール・クビアト(24歳:ロシア)の来季レースドライバー復帰を正式発表した。

レッドブル・グループからの放出後、レースシートを失っていたクビアトの復帰について、同陣営でレーシング・アドバイザーを務めるヘルムート・マルコ博士は次のように説明した。

「これは単にクビアトの復帰劇というものではない。
なぜなら復帰するのは以前の彼とはまったく違う人間なのだから。
とりわけこの1年間、彼はとても苦労を重ねて人間的に成長した。
異なるチームで献身的に仕事をこなしてきたからね。
それにこの間もわれわれは彼と連絡を取り合ってきたし、突然の出来事という訳でもないよ。
今度こそ、彼はこのチャンスを活かしてくれることだろう」と、エール。

2015年のハンガリーGPでは2位入賞を果たしたクビアトのF1ドライブは2017年のアメリカGPが最後になる。

| | トラックバック (0)

2018/08/21

レッドブル首脳、スーパーライセンス制度に不満

F1 Superlicense
拡大します
ダニエル・リカルドのルノー移籍により、来季のレースドライバー・ラインナップに大きな動きがあるとみられるレッドブル・グループだが、事実上決定の責任者であるヘルムート・マルコ博士(レーシング・アドバイザー)は現行のスーパーライセンス制度に不満をみせている。

それによれば新人発掘で定評のあるトロ・ロッソでは、来季候補としてまだ19歳のダン・ティクトゥム(イギリス)抜擢の可能性が囁かれ始めているが、まだF1参戦に必要なスーパーライセンスが獲得できていない。

現在のスーパーライセンス制度ではF2シリーズなど10数種類のシリーズにポイントが振り分けられているが、F1出走に必要な40ポイントが得られるのはF2とインディカーの2シリーズのみ。
ティクトゥムが参戦するヨーロッパF3ではチャンピオンになったとしても30ポイントしか得られずスーパーライセンスは獲得できないことになる。

マルコ博士は「」こんな制度でどうやって有望な若手を発掘できるというんだ」と、憤懣やるかたない。
ティクトゥムは先に行われたハンガロリンク合同テストでFIA(国際自動車連盟)から参加が認められなかった経緯がある。

| | トラックバック (0)

2018/08/10

レッドブル、「フェルスタッペンのサインツ拒否説」否定

STR Duo (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
レッドブル・レーシングは、同チームのマックス・フェルスタッペンが現在ルノーのドライバーであるカルロス・サインツが復帰して来季のチームメイトになるのを拒否したとの報道についてこれを誤りだと主張した。

否定したのは同陣営でとりわけドライバー人事に影響力を持つレーシング・アドバイザーのヘルムート・マルコ博士で、次のように釈明している。

「フェルスタッペンがサインツを敬遠しているというのは誤った噂だ。
昔チームメイトだった時に多少確執はあったとしても、そんなのは過去の話。
二人とももう経験を積んだ大人だしね。
そもそもドライバーを決定するのはチームであってドライバー自身じゃないんだ。
可能性は広く門戸を拡げている」

二人はトロ・ロッソでチームメイトだった2015年から2016年に掛け、同士討ちを起こすなどしばしば鞘当てを演じた関係だった。

| | トラックバック (0)

2018/07/18

レッドブル、来季のホンダ製P/U搭載見込んだ動き

Helmut Marko (C)RedBull Racing
拡大します
長年ルノー・エンジンと共に多くのタイトル獲得を果たしたレッドブル・レーシングだが、すでに今季限りで訣別、来季はホンダ製パワーユニットにスイッチすることが決まっている。
これにより現在事実上のワークスチーム待遇であるトロ・ロッソ・チーム、来季は本家レッドブル・レーシングのサポートチームになる可能性がある。

これを裏付けるように、レッドブル・グループでレーシング・アドバイザーを務めるヘルムート・マルコ博士は、「今シーズン、トロ・ロッソはペナルティを怖れることなくホンダの新しい機軸を投入すべき」と、語っている。
これは当然のことながら来季ホンダ製パワーユニットを搭載するレッドブル・レーシングの助けになるからだ。

ただ同博士は「判断はあくまでもホンダ自身が下すべきものでわれわれが口を出すことはない」と、ドイツの専門誌『アウトモーター・ウント・スポルト』で釈明している。
今シーズン、トロ・ロッソ・ホンダの二人はすでに規定数以上の関連コンポーネンツを投入していて、ペナルティとは背中合わせの状況に迫られている。

| | トラックバック (0)

2018/06/19

レッドブル首脳、ハートリー(トロ・ロッソ)安泰を示唆

Brendon Hartley (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
一時はシーズン途中にも更迭かとみられたトロ・ロッソのブレンドン・ハートリーだが、パフォーマンスの改善もみられ、すっかり交代の動きは消滅したようだ。
これはトロ・ロッソを含むレッドブル・グループでドライバー起用等に大きな発言力を持つヘルムート・マルコ博士/レーシング・アドバイザーが明言したもの。

「われわれが一時そのような動きをみせたことは事実だよ。
ハートリーはチームメイト(ガスリー)に比べ、明らかに迷いをみせていた時期があったからね。
不幸なことに周囲の状況がうまく噛み合わず、迷っていたんだろう。
しかしその後彼は完全に立ち直ったと確信している。
だからもうわれわれは後任を探す必要もなくなったんだ」

一時有力な後任候補として名前が挙げられていたランド・ノリス(マクラーレン)の周辺もやっと静穏を取り戻したようだ。

| | トラックバック (0)

2018/06/15

ハートリー(トロ・ロッソ)、クラッシュは評価に影響せず

Brendon Hartley (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
その戦闘力に評価が分かれるブレンドン・ハートリー(トロ・ロッソ)、微妙な時期に起きてしまったカナダGP決勝レースでの大クラッシュだったが、親元であるレッドブルはこの件はハートリー自身の評価には影響しないとした。

そう明らかにしたのはレッドブル・グループでレーシング・アドバイザーを務め、レッドブル・レーシングやトロ・ロッソのドライバー起用に大きな影響力を持つヘルムート・マルコ博士。

カナダGPでは予選12位と十分入賞圏内フィニッシュが望めるポジションからスタートしたもののいきなりオープニングラップでストロール(ウィリアムズ)のマシンと接触し、ウォールにクラッシュ・リタイヤしたもの。
しかし同博士は、これがハートリーにとって避けられない不可抗力なアクシデントだったとした。

それでもここまでまだわずか1ポイントのハートリー、チームメイトであるガスリーがすでに18ポイントを獲得していることを考えると依然厳しい立場であることは間違いない。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク | A1グランプリ | BMW | BMWザウバー | DRS | DTM | F1 | F1テスト | F2 | F3 | FIA | FOM | FOTA | GP2 | GP3 | GPDA | IMSA | INDY | ING | IRL | KERS | NASCAR | US-GP | USF1 | VW | WEC | WRC | WTCC | アイルトン・セナ | アウディ | アストンマーティン | アゼルバイジャン | アゼルバイジャンGP | アダム・パール | アブダビGP | アメリカGP | アラン・プロスト | アルガルブ | アルガルブ・サーキット | アルゼンチンGP | アルド・コスタ | アルバートパーク | アルファロメオ | アルフォンソ・セリス | アレクサンダー・アルボン | アレクサンダー・ロッシ | アレクサンドル・ブルツ | アレックス・リン | アンソニー・デビッドソン | アンディ・ソウセック | アントニオ・ジョビナッツィ | アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ | アンドレアス・ツバー | アンドレ・ロッテラー | イギリスGP | イタリアGP | イモラ | イルモア | インテルラゴス | インディアナポリス | インドGP | ウィリアムズ | ウィリ・ウェバー | ウィリー・ランプ | ウィル・スティーブンス | エイドリアン・カンポス | エイドリアン・スーティル | エイドリアン・ニューイ | エイボン | エステバン・オコン | エステバン・グティエレス | エディ・ジョーダン | エマニュエル・ピロ | エリック・ブイユ | エンジン | エンツォ・フィティパルディ | オトマー・サフナウアー | オランダ | オースティン | オーストラリアGP | オーストリアGP | カタール | カナダGP | カルロス・ゴーン | カルロス・サインツJr. | カルン・チャンドク | カート | キミ・ライコネン | キャノピー | キャラミ・サーキット | ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ギュンター・シュタイナー | クムホ | クリスチャン・クリエン | クリスチャン・ホーナー | クレア・ウィリアムズ | グッドウッド | グレーム・ロードン | ケビン・マグヌッセン | ケータハムF1 | ゲイリー・パフェット | ゲルハルト・ベルガー | コスワース | コリン・コレス | コンコルド協定 | サム・マイケル | ザウバー | ザク・ブロウン | シャルル・ピック | シャルル・ルクレール | ショーン・ゲラエル | ショーン・ジェラエル | シリル・アビテブール | シルバーストーン | シンガポールGP | ジェラール・ロペス | ジェローム・ダンブロシオ | ジェンソン・バトン | ジェームス・アリソン | ジェームス・カラド | ジェームス・ロシター | ジェームズ・キー | ジャガー | ジャッキー・スチュワート | ジャック・エイトケン | ジャック・ビルニューブ | ジャンカルロ・フィジケーラ | ジャン・アレジ | ジャン・エリック・ベルニュ | ジャン・トッド | ジュリアーノ・アレジ | ジュール・ビアンキ | ジョナサン・ニール | ジョニー・ハーバート | ジョリオン・パーマー | ジョルジョ・パンターノ | ジョン・エルカン | ジョン・サーティーズ | ジョン・ハウェット | ジョン・ブース | ジョージ・ラッセル | ジョーダン | ジョーダン・キング | ジーン・ハース | スティーブ・ニールセン | ステファンGP | ステファーノ・ドメニカリ | ストッフェル・バンドーン | スパイカーF1 | スパフランコルシャン | スペインGP | スポンサー | スージー・ウォルフ | スーパーライセンス | スーパー・アグリ | スーパー・フォーミュラ | セバスチャン・ブエミ | セバスチャン・ベッテル | セバスチャン・ボーデ | セバスチャン・ロウブ | セパン・サーキット | セルゲイ・シロトキン | セルジオ・ペレス | セルジオ・マルキオンネ | ソチ | タイGP | タイヤ | ダカールラリー | ダニエル・ジュンカデラ | ダニエル・ティクトゥム | ダニエル・リカルド | ダニカ・パトリック | ダニール・クビアト | ダビデ・バルセッキ | ダン・ティクタム | チェイス・キャリー | チェコ | チャンプカー | チャーリー・ホワイティング | ティモ・グロック | テレビ | ディーター・ツェッチェ | ディートリッヒ・マテシス | デイトナ | デイモン・ヒル | デビッド・クルサード | デビッド・シューマッハ | デビッド・リチャーズ | デモラン | デュランゴ | デンマークGP | トト・ウォルフ | トニー・フェルナンデス | トヨタ | トルコGP | トロ・ロッソ | ドイツGP | ドニントンパーク | ナイジェル・マンセル | ナイトレース | ナレイン・カーティケヤン | ニキ・ラウダ | ニコラス・トッド | ニコラス・ラティフィ | ニコ・ヒュルケンバーグ | ニコ・ロズベルグ | ニック・ハイドフェルド | ニック・フライ | ニュルブルクリンク | ニュージャージー | ネルソン・アンジェロ・ピケ | ネルソン・ピケ | ノルベルト・ハウグ | ハイメ・アルグエルスアリ | ハインツ・ハラルド・フレンツェン | ハロー | ハンガリーGP | ハンガロリンク | ハンコック | ハースF1 | バルセロナ | バルテリ・ボタス | バレンシア | バレンシアGP | バレンティーノ・ロッシ | バーニー・エクレストン | バーレーンGP | バーレーン国際サーキット | パスカル・ウェーレイン | パストール・マルドナド | パット・シモンズ | パット・フライ | パディ・ロウ | パトリック・ヘッド | ヒスパニア・レーシング | ビタントニオ・リウッツィ | ピエール・ガスリー | ピットストップ | ピレリ | ファン・モントーヤ | フェラーリ | フェリッペ・ナスル | フェリッペ・マッサ | フェルナンド・アロンソ | フォース・インディア | フォード | フォーミュラE | フラビオ・ブリアトーレ | フランク・ウィリアムズ | フランク・ダーニー | フランスGP | フランツ・トスト | フレデリック・バッサー | ブラウンGP | ブラジルGP | ブラバム | ブランズハッチ | ブリヂストン | ブルガリア | ブルーノ・セナ | ブレンドン・ハートリー | プロドライブ | ヘイキ・コバライネン | ヘルマン・ティルケ | ヘルムート・マルコ | ヘレス | ベトナム | ベルギーGP | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ペーター・ザウバー | ホセ・マリア・ロペス | ホッケンハイム | ホンダ | ホー・ピン・トゥン | ボブ・ベル | ポルシェ | ポルトガル | ポールリカール | ポール・ストゥダート | ポール・ディ・レスタ | マイアミ | マイク・ガスコイン | マイク・コフラン | マイケル・アンドレッティ | マウリツィオ・アリバベーネ | マクラーレン | マセラティ | マックス・チルトン | マックス・フェルスタッペン | マックス・モズレー | マッティア・ビノット | マニクール | マノー・マルシア | マリオ・アンドレッティ | マリオ・タイセン | マルク・ジェネ | マルコ・アスマー | マルコ・アンドレッティ | マルコ・マッティアッチ | マルシア | マレーシアGP | マ・キンファ | マーカス・アームストロング | マーカス・エリクソン | マーク・ウェバー | マーク・スミス | マーチ | マーティン・ウィットマーシュ | マーティン・ドネリー | マーティン・ブランドル | ミカ・サロ | ミカ・ハッキネン | ミシュラン | ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ | ミルコ・ボルトロッティ | ムジェロ | メカクローム | メキシコGP | メルセデス | モトGP | モナコGP | モニシャ・カルテンボーン | モンツァ | ヤス・マリーナ・サーキット | ヤルノ・トゥルーリ | ユナイテッドステーツGP | ヨンナム・サーキット | ヨースト・カピート | ヨーロッパGP | ラスベガス | ラファエル・マルシエロ | ラルフ・シューマッハ | ランス・ストロール | ランド・ノリス | ランボルギーニ | リオ・ハリアント | リザーブドライバー | リバティ・メディア | ルイス・カミレッリ | ルイス・ハミルトン | ルイス・ペレス・サラ | ルイス・レイジァ | ルカ・バドエル | ルカ・フィリッピ | ルカ・モンテツェモロ | ルノー | ルマン24時間レース | ルーカス・ディ・グラッシ | ルーベンス・バリチェッロ | レギュレーション | レッドブル | レッドブルリンク | レース・オブ・チャンピオンズ | ロシアGP | ロス・ブラウン | ロドルフォ・ゴンザレス | ロバート・クビサ | ロバート・ドーンボス | ロビン・フラインス | ロブ・スメドリー | ロブ・ホワイト | ロベルト・メルヒ | ロマン・グロージャン | ロリー・バーン | ロルダン・ロドリゲス | ロングビーチ | ロンドンGP | ロン・デニス | ロータス | ローマ | ローラ | ワールドシリーズbyルノー | ヴィジャイ・マルヤ | ヴィタリー・ペトロフ | 上海サーキット | 中国GP | 中嶋一貴 | 中嶋大祐 | 人事 | 佐藤万璃音 | 佐藤公哉 | 佐藤琢磨 | 八郷隆弘 | 南アフリカ | 国本京佑 | 富士スピードウェイ | 小暮卓史 | 小松礼雄 | 小林可夢偉 | 山本尚貴 | 山本左近 | 新井康久 | 新型車発表 | 日本GP | 松下信治 | 武藤英紀 | 浜島裕英 | 片山右京 | 牧野任祐 | 田辺豊治 | 福住仁嶺 | 角田裕毅 | 鈴木亜久里 | 鈴鹿サーキット | 長谷川祐介 | 韓国GP