2017/05/19

レッドブル、「オーストリアGPでのアップデートは必須」

Redbull Ring (C)Redbull Racing
拡大します
今シーズン、メルセデスAMGやフェラーリらと攻防を展開するとみられたレッドブル・レーシングだが、ここまでは一歩遅れた様相であることは否めない。
これについてレッドブル・グループでレーシング・アドバイザーを務めるヘルムート・マルコ博士はいらだちを隠せない様子だ。

「もちろんわれわれはレース毎にマシンに改善を加えている。
他チームと同じくスペインGPではかなりのアップデートを施したが、まだ十分ではない。
何より、(ルノー製)パワーユニットはその出力でライバルよりも劣っているのは明白なことだ。
われわれはルノーに対し何度も改善を要望しているが、信頼性に不安な部分があったということで今回もアップデートは先延ばしになっている。
できれば(パワー・サーキットである)カナダGPまでには修正版を供給して欲しい。
どんなに遅れても、われわれのホームグランプリである7月のオーストリアGPに間に合わせてもらうのは必須のことだ」

2014年に復活したレッドブルの本拠オーストリアGPだが、以降3年間いずれもメルセデスAMGチームに勝利を奪われているのが実情だ。

| | トラックバック (0)

2017/04/23

レッドブル首脳、「独立系エンジン供給がF1継続の条件」

Helmut Marko (C)RedBull Racing
拡大します
自動車メーカー系ではないプライベートチームとして何度もチャンピオンに輝いてきたレッドブル・レーシングだが、2014年に導入された現在のエンジン・レギュレーション以降はタイトルから遠ざかったままだ。

これについて同陣営でレーシング・アドバイザーを務めるヘルムート・マルコ博士は、「F1継続には独立系エンジン・サプライヤーが不可欠」との見解を示した。

「FIA(国際自動車連盟)とF1チームとは2021年から現行エンジンに代わる、新たなものを導入することになっているが、その際に独立系サプライヤーが現れなければ今と同じことの繰り返しになる。
遅くともその時までにそれが成されなければ、我々は重要な決定をしなければならない。
つまり、F1からの撤退だ」

現行の1.6リッターV型6気筒ターボ・エンジンの価格はおよそ2千万ユーロ(23億4千万円)から3千万ユーロ(35億1千万円)にも達するとされるが、プライベートチームらはこれを1千万ヨーロ(約11億7千万円)程度にまで下げることを要求している。

| | トラックバック (0)

2016/09/13

レッドブル首脳、「フェルスタッペンは希有な存在」

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
そのアグレッシブ過ぎるドライビング・スタイルにより、他チームのドライバーのみならずFIA(国際自動車連盟)のレースディレクターからも懸念が示されているレッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペン(18歳:オランダ)だが、それでもこの若者をF1に引っ張り上げた同チームのレーシング・アドバイザーであるヘルムート・マルコ博士はその才能を評価している。

「フェルスタッペンはあまりの逸材なので、その結果としてさまざまな批判を受けている。
しかし彼は並のドライバーじゃないんだ。
まさしく将来のF1チャンピオンたる素質を備えている。
考えてみたまえ。
あのアイルトン・セナだって、ミハエル・シューマッハだって若い時にはそのドライビングは批判されたものさ。
そもそも彼がほんとうにルールを犯すような危険行為を繰り返しているのなら、とっくにスチュワードから罰せられていることだろう」と、擁護。

すでにフェルスタッペンが優勝1回を含む表彰台4回の計121ポイントを記録しているのに対し、シーズン当初チームメイトだったクビアト(トロ・ロッソ)は23ポイントに留まっている。

| | トラックバック (0)

2016/09/05

不調クビアト(トロ・ロッソ)にドライバー交代の噂も

Daniil Kvyat (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
F1では珍しいロシア出身のドライバーとして注目されたダニール・クビアトだが、今季途中でトロ・ロッソへの「降格」に遭ってからは成績不振が続いている。
かつてレッドブル・レーシング在籍中だった中国GPでは3位表彰台を記録したものの、移籍後は10位入賞がやっと、予選でもQ1敗退というシーンが印象的になっているもの。

こうしたことから早くもパドックでは「クビアトは今季限り」という噂が広がっているが、これについてレッドブル・グループのアドバイザーであるヘルムート・マルコ博士は次のようにイギリスのスポーツ・チャンネル『スカイスポーツ』で言及した。

「噂はまったくいい加減なもの、決して真実なんかじゃないよ。
そもそもドライバーの評価はシーズン末に下されるもの。
少なくとも10月中旬(今シーズンだと第17戦日本GP辺りか)までは何も決まらない。
それまではクビアトにも、また他のドライバーにもチャンスは与えられているんだ」と、一蹴。

ただ、マッサ(ウィリアムズ)の引退やバンドーン(マクラーレン)の昇格が決まったように、すでに来季に向けての動きは事実上走り出しているのが現実だ。

| | トラックバック (0)

2016/06/24

サインツ(トロ・ロッソ)にルノー移籍説急浮上

Carlos Sainz Jr. (C)Redbull Racing
拡大します
自ら上位チームへ移籍の可能性を口にしたトロ・ロッソのカルロス・サインツだが、水面下でルノー・チームとの間で交渉が行われていることが露呈したようだ。

それによれば、交渉はレッドブル・レーシングに対するルノー・スポールのエンジン供給と絡めて進められているということで、レッドブル側も真剣な対応を迫られているとみられる。
同陣営で人事に大きな影響力を持つヘルムート・マルコ博士も、やっとこうした動きがあることを認めているという。

| | トラックバック (0)

2016/05/24

マリオ・アンドレッティ氏、マルコ博士の見識讃える

Mario Andretti (C)Williams F1
拡大します
元F1チャンピオンでもあるアメリカのレジェンド、マリオ・アンドレッティ氏(76歳)が、レッドブル・グループでレーシング・アドバイザーを務めるヘルムート・マルコ博士を讃えている。

これは地元アメリカのスポーツ専用チャンネル『ESPN』に語ったもので、その理由は同陣営の逸材マックス・フェルスタッペン(18歳:オランダ)をシーズン途中にもかかわらずトロ・ロッソからレッドブル・レーシングへとステップアップさせたことによる。

「マックス・フェルスタッペンは間違いなくモーターレーシング界でも記録に残る逸材だね。
とりわけ移籍したばかりの新しいチームの緒戦でいきなり結果を出してみせたことは素晴らしい。
彼自身が『自分は本物だ』と名刺代わりの挨拶をしたようなものだよ。
そして私が何より評価しているのが、これをやってのけたヘルムート・マルコ博士の見識だよ。
彼はベッテルの時にもそれをやってのけたんだからね」と、称賛した。

やはりトロ・ロッソからF1デビューしたベッテルもレッドブル・レーシングに抜擢されその後チャンピオンになっている。
なおやはりレーシングドライバーの子息を持つアンドレッティ氏は、「ヨス(父親)はさぞ鼻高々なことだろう」とも付け加えた。

| | トラックバック (0)

2016/05/12

ベッテル(フェラーリ)もクビアト降格人事に驚き

S.Vettel & H.Marko (C)RedBull Racing
拡大します
マックス・フェルスタッペン(トロ・ロッソ)のレッドブル・レーシング昇格とは逆に、レッドブル・レーシングから再び元のトロ・ロッソへの降格が明らかとなったダニール・クビアト(21歳:ロシア)について、ここ数戦ですっかり『遺恨相手』とされたフェラーリ・チームのセバスチャン・ベッテルは自身の関与を否定した。

「今回の件について、僕は何も関係していないよ。
僕と彼との間に何もわだかまりはないんだから、僕自身、そのニュースを聞いてとても驚いたくらいさ。
レッドブルが今回下した決定には何か内部事情があった筈。
ヘルムート・マルコには何かそれなりの考えがあったんだろうけど、いずれにしてもクビアト自身にとっては居心地が良くないんじゃないか。
同情するよ」

レッドブル・レーシングはかつてベッテル自身が6年間の長きに渡って在籍、その間4回のタイトル獲得と38勝を記録したチームだが、さすがに移籍後の自身の影響力は否定した。

| | トラックバック (0)

2016/05/07

突然の昇格フェルスタッペン、「自分が一番驚いた」

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
まだ17歳という若さでトロ・ロッソからF1デビューを果たしたマックス・フェルスタッペン(18歳:オランダ)だが、それからわずか1年半も経たずにトップチームの一つであるレッドブル・レーシングへの昇格を果たすこととなった。
しかし本人はこの抜擢に、「僕自身が一番驚いた」と、これが突然のことであったことを示唆している。

「いずれレッドブル・レーシングで走りたいという気持ちはずっと持っていたのが正直なところ。
でも、その夢がこんなに早く、しかも突然に訪れるとは考えてもいなかったよ。
もちろんこれは自分にとってとてもうれしいことだけど、でも同時に少し衝撃を受けたのも事実なんだ。
ただ今はこうしたチャンスを与えてくれたチームと、そして抜擢してくれたヘルムート・マルコに感謝している。
必ずや期待に応えたいと思うよ」と、意気込みをみせながらも複雑なその心境を吐露した。

フェルスタッペンの昇格は既定のこととはいえ、それは2017年シーズンのことと受け止められていた。
それが突然早まったのは、このところのレースで再三アクシデントを引き起こしたクビアト(レッドブル)に対し、同グループでレーシング・アドバイザーを務めるマルコ氏が態度を硬化させたためとみられている。

| | トラックバック (0)

2016/03/15

レッドブル・アドバイザー、4人のドライバーに「最後通告」

H.Marko & Drivers (C)RedBull Racing
拡大します
レッドブル・グループでレーシング・アドバイザーを務めるヘルムート・マルコ博士が、レッドブル・レーシング&トロ・ロッソ4人のドライバーについて言及、いずれも今シーズンの成績次第で契約解除になるとの最後通告を行った。
これは『Formula1.com』が伝えたもので、その中でこの自身もレーシングドライバー出身であるオーストリア人は次のように語ったとのことだ。

「レッドブルではいずれも長期的な視野に立ったドライバー育成計画を推進してきた。
これはこれからも変わらない。
F1のレースシートについてドライバーどうしを理不尽に争わせることはないが、しかし当然のこと期待されたパフォーマンスが発揮できない者はここから去ることになる。
それはどちらのチームにおいても同様のことだ」

レッドブル・レーシングは2013年のランキング1位から2014年は2位、昨年は4位でついに未勝利に終わっている。
またトロ・ロッソのほうもランキング7位が続いていて首脳陣の期待に応えられていない。

| | トラックバック (0)

2016/02/14

レッドブル首脳、「F1ドライバー報酬高すぎる」

2015 F1 Drivers (C)Sahara Force India F1
拡大します
レッドブル・グループでレーシング・アドバイザーを務めるヘルムート・マルコ博士が、現代のF1ドライバーの報酬について言及、金額が高すぎると苦言を呈していることがわかった。

これはドイツの専門誌『スポルト・ビルド』が伝えたもので、それによれば長年モーターレーシングを見てきた同博士は次のように指摘したという。

「F1ドライバーがエル報酬が高いのは、基本的に事故のリスク、命の危険性があるからだろう。
しかし現代のF1はとても安全性が高く、そうした懸念は著しく低下した。
それではF1マシンのドライビングはとても難しいものなのか、体力が必要なのか、経験が必要なのか。
いやわれわれのチーム(トロ・ロッソ)ではまだ17歳だったフェルスタッペンが何の問題もなくF1レースを走り切ったがね。
それほどF1が安全で容易なものになったのなら、F1ドライバーの報酬はもっと下げられるべきだと思うがね」

イタリアのメディアはアロンソ(マクラーレン)の昨年の推定年棒は約48億円であったと伝えている。
ただこの乱暴な意見には異論も多そうだ。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク | A1グランプリ | BMW | BMWザウバー | DRS | DTM | F1 | F1テスト | F2 | F3 | FIA | FOM | FOTA | GP2 | GP3 | GPDA | INDY | ING | IRL | KERS | NASCAR | US-GP | USF1 | VW | WEC | WRC | WTCC | アイルトン・セナ | アウディ | アストンマーティン | アゼルバイジャン | アダム・パール | アブダビGP | アメリカGP | アラン・プロスト | アルガルブ | アルガルブ・サーキット | アルド・コスタ | アルバートパーク | アルファロメオ | アルフォンソ・セリス | アレクサンダー・ロッシ | アレクサンドル・ブルツ | アレックス・リン | アンソニー・デビッドソン | アンディ・ソウセック | アントニオ・ジョビナッツィ | アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ | アンドレアス・ツバー | アンドレ・ロッテラー | イギリスGP | イタリアGP | イモラ | イルモア | インテルラゴス | インディアナポリス | インドGP | ウィリアムズ | ウィリ・ウェバー | ウィリー・ランプ | ウィル・スティーブンス | エイドリアン・カンポス | エイドリアン・スーティル | エイドリアン・ニューイ | エイボン | エステバン・オコン | エステバン・グティエレス | エディ・ジョーダン | エリック・ブイユ | エンジン | エンツォ・フィティパルディ | オースティン | オーストラリアGP | オーストリアGP | カタール | カナダGP | カルロス・ゴーン | カルロス・サインツJr. | カルン・チャンドク | カート | キミ・ライコネン | キャノピー | キャラミ・サーキット | ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ギュンター・シュタイナー | クムホ | クリスチャン・クリエン | クリスチャン・ホーナー | クレア・ウィリアムズ | グッドウッド | グレーム・ロードン | ケビン・マグヌッセン | ケータハムF1 | ゲイリー・パフェット | ゲルハルト・ベルガー | コスワース | コリン・コレス | コンコルド協定 | サム・マイケル | ザウバー | ザク・ブロウン | シャルル・ピック | シャルル・ルクレール | シリル・アビテブール | シルバーストーン | シンガポールGP | ジェラール・ロペス | ジェローム・ダンブロシオ | ジェンソン・バトン | ジェームス・アリソン | ジェームス・カラド | ジェームス・ロシター | ジェームズ・キー | ジャガー | ジャッキー・スチュワート | ジャック・ビルニューブ | ジャンカルロ・フィジケーラ | ジャン・アレジ | ジャン・エリック・ベルニュ | ジャン・トッド | ジュリアーノ・アレジ | ジュール・ビアンキ | ジョナサン・ニール | ジョニー・ハーバート | ジョリオン・パーマー | ジョルジョ・パンターノ | ジョン・サーティーズ | ジョン・ハウェット | ジョン・ブース | ジョーダン | ジョーダン・キング | ジーン・ハース | ステファンGP | ステファーノ・ドメニカリ | ストッフェル・バンドーン | スパイカーF1 | スパフランコルシャン | スペインGP | スポンサー | スージー・ウォルフ | スーパーライセンス | スーパー・アグリ | スーパー・フォーミュラ | セバスチャン・ブエミ | セバスチャン・ベッテル | セバスチャン・ボーデ | セバスチャン・ロウブ | セパン・サーキット | セルゲイ・シロトキン | セルジオ・ペレス | セルジオ・マルキオンネ | ソチ | タイGP | タイヤ | ダカールラリー | ダニエル・ジュンカデラ | ダニエル・リカルド | ダニカ・パトリック | ダニール・クビアト | ダビデ・バルセッキ | チェイス・キャリー | チェコ | チャンプカー | チャーリー・ホワイティング | ティモ・グロック | テレビ | ディートリッヒ・マテシス | デイモン・ヒル | デビッド・クルサード | デビッド・リチャーズ | デモラン | デュランゴ | トト・ウォルフ | トニー・フェルナンデス | トヨタ | トルコGP | トロ・ロッソ | ドイツGP | ドニントンパーク | ナイジェル・マンセル | ナイトレース | ナレイン・カーティケヤン | ニキ・ラウダ | ニコラス・トッド | ニコ・ヒュルケンバーグ | ニコ・ロズベルグ | ニック・ハイドフェルド | ニック・フライ | ニュルブルクリンク | ニュージャージー | ネルソン・アンジェロ・ピケ | ネルソン・ピケ | ノルベルト・ハウグ | ハイメ・アルグエルスアリ | ハインツ・ハラルド・フレンツェン | ハロー | ハンガリーGP | ハンコック | ハースF1 | バルセロナ | バルテリ・ボタス | バレンシア | バレンシアGP | バレンティーノ・ロッシ | バーニー・エクレストン | バーレーンGP | バーレーン国際サーキット | パスカル・ウェーレイン | パストール・マルドナド | パット・シモンズ | パット・フライ | パディ・ロウ | パトリック・ヘッド | ヒスパニア・レーシング | ビタントニオ・リウッツィ | ピエール・ガスリー | ピットストップ | ピレリ | ファン・モントーヤ | フェラーリ | フェリッペ・ナスル | フェリッペ・マッサ | フェルナンド・アロンソ | フォース・インディア | フォード | フォーミュラE | フラビオ・ブリアトーレ | フランク・ウィリアムズ | フランク・ダーニー | フランスGP | フランツ・トスト | フレデリック・ヴァスール | ブラウンGP | ブラジルGP | ブラバム | ブランズハッチ | ブリヂストン | ブルガリア | ブルーノ・セナ | ブレンドン・ハートリー | プロドライブ | ヘイキ・コバライネン | ヘルマン・ティルケ | ヘルムート・マルコ | ヘレス | ベトナム | ベルギーGP | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ペーター・ザウバー | ホセ・マリア・ロペス | ホッケンハイム | ホンダ | ホー・ピン・トゥン | ボブ・ベル | ポルシェ | ポルトガル | ポールリカール | ポール・ストゥダート | ポール・ディ・レスタ | マイク・ガスコイン | マイク・コフラン | マウリツィオ・アリバベーネ | マクラーレン | マックス・チルトン | マックス・フェルスタッペン | マックス・モズレー | マニクール | マノー・マルシア | マリオ・アンドレッティ | マリオ・タイセン | マルク・ジェネ | マルコ・アスマー | マルコ・アンドレッティ | マルコ・マッティアッチ | マルシア | マレーシアGP | マ・キンファ | マーカス・アームストロング | マーカス・エリクソン | マーク・ウェバー | マーク・スミス | マーチ | マーティン・ウィットマーシュ | マーティン・ドネリー | マーティン・ブランドル | ミカ・サロ | ミカ・ハッキネン | ミシュラン | ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ | ミルコ・ボルトロッティ | ムジェロ | メカクローム | メキシコGP | メルセデス | モトGP | モナコGP | モニシャ・カルテンボーン | モンツァ | ヤス・マリーナ・サーキット | ヤルノ・トゥルーリ | ユナイテッドステーツGP | ヨンナム・サーキット | ヨースト・カピート | ヨーロッパGP | ラスベガス | ラファエル・マルシエロ | ラルフ・シューマッハ | ランス・ストロール | ランボルギーニ | リオ・ハリアント | リザーブドライバー | リバティ・メディア | ルイス・ハミルトン | ルイス・ペレス・サラ | ルイス・レイジァ | ルカ・バドエル | ルカ・フィリッピ | ルカ・モンテツェモロ | ルノー | ルマン24時間レース | ルーカス・ディ・グラッシ | ルーベンス・バリチェッロ | レギュレーション | レッドブル | レッドブルリンク | レース・オブ・チャンピオンズ | ロシアGP | ロス・ブラウン | ロドルフォ・ゴンザレス | ロバート・クビサ | ロバート・ドーンボス | ロビン・フラインス | ロブ・スメドリー | ロブ・ホワイト | ロベルト・メルヒ | ロマン・グロージャン | ロリー・バーン | ロルダン・ロドリゲス | ロングビーチ | ロンドンGP | ロン・デニス | ロータス | ローマ | ローラ | ワールドシリーズbyルノー | ヴィジャイ・マルヤ | ヴィタリー・ペトロフ | 上海サーキット | 中国GP | 中嶋一貴 | 中嶋大祐 | 人事 | 佐藤万璃音 | 佐藤公哉 | 佐藤琢磨 | 八郷隆弘 | 南アフリカ | 国本京佑 | 富士スピードウェイ | 小暮卓史 | 小松礼雄 | 小林可夢偉 | 山本左近 | 新井康久 | 新型車発表 | 日本GP | 松下信治 | 武藤英紀 | 浜島裕英 | 片山右京 | 鈴木亜久里 | 鈴鹿サーキット | 長谷川祐介 | 韓国GP