2017/07/30

クビアト(トロ・ロッソ)に再びペナルティ科せられる

FIA
ハンガリーGPのレーススチュワード(審査委員)は、25日(土)行われた公式予選Q1において、ストロール(ウィリアムズ)の走行をトロ・ロッソのダニール・クビアトが妨害したとして日曜日のグリッド3番降格のペナルティを科したことを明らかにした。

それによればビデオ検証等の結果、クビアトがフラットスポットのためスロー走行でピットに戻る途中だったことを認めたが、その際不必要に後続マシンのアタックを妨害したと認定されたもの。

同選手にはまたペナルティ・ポイント1点も科されており、これでトータル10点に達したクビアトはあと2点で科せられる1戦の出場停止が現実問題として迫ってきた。

| | トラックバック (0)

2017/07/17

クビアト(トロ・ロッソ)に再びペナルティ・ポイント

FIA

イギリスGPのレーススチュワード(審査委員)は、16日(日)行われた決勝レース・オープニングラップの16コーナーでコースオフしたあと復帰しようとした際、安全でないドライビングによりサインツ(トロ・ロッソ)のマシンに接触したとしてトロ・ロッソのダニール・クビアトに対し、ペナルティ・ポイント2点を科したことを明らかにした。

それによればビデオ検証等の結果、一連の事故の責任はクビアトの不注意なドライビングにあると認定したもの。
ペナルティ・ポイントは1年間の累計で12点に達した場合、スーパーライセンスが停止され出場停止となるが、クビアトは前戦オーストリアGPに続くものでこれでトータル9点となった。

| | トラックバック (0)

トロ・ロッソにも新たな遺恨勃発か

Daniil Kvyat (C)Redbull Racing
拡大します
イギリスGP決勝レース、兄貴分のレッドブル・レーシングが4-5位とW入賞を果たしたのに対し、トロ・ロッソのほうはなんとオープニングラップで同士討ち。
クビアトは再走したもののサインツはリタイヤ、共にノーポイントという不本意なものに終わった。

これについてチーム上層部は不快感を露わにしているだけでなく、当のドライバー同士は不穏な空気を醸し出して今後が心配される。

クビアトは「ダスティなほうにいたから多少のスリップはしたけれど、僕のほうが前にいたんだ。
チームメイトなのにぶつかるなんて信じられないし受け入れられないよ」と、不満を吐露。
一方、「アクシデントについては映像を見ればどちらに非があるかは明白。
僕のほうからこれ以上言うつもりはない。
もちろん望んだ展開ではないけれど、20戦のうちにはこういうこともある。
次はもっとうまくやれるしやらなきゃね」と、サインツ。

そのサインツにはシーズン半ばにして移籍話も浮上している。

| | トラックバック (0)

2017/07/11

マクラーレン首脳、「クビアトのドライビングは馬鹿げてる」

Image (C)McLaren Group
拡大します
予選グリッド12番手からスタートしたものの、その直後にダニール・クビアト(トロ・ロッソ)から追突という形で戦線離脱を余儀なくされたアロンソの事故について、マクラーレン・チームのエリック・ブイユ/レーシング・ディレクターは次のように振り返った。

「アロンソ本人には何のミスもなかったのに、こんな形で戦列を去るなんて考えられないことだ。
これが(モータースポーツの最高峰である)F1での出来事だなんて許されることじゃないよ」と、相手を非難。

トロ・ロッソでは僚友サインツがここまで39ポイントを獲得しているのに対し、クビアトはわずか4ポイントに留まっていて、一説には来季のポジションが危ういというこの状況の中であせりがあったのではないか、と憶測を呼んでいる。

| | トラックバック (0)

2017/07/10

多重事故引き起こしたクビアト(トロ・ロッソ)にペナルティ・ポイント

FIA

オーストリアGPのレーススチュワード(審査委員)は、9日(日)行われた決勝レースのオープニングラップで、多重事故の原因を作ったとしてトロ・ロッソのダニール・クビアトに対し、ペナルティ・ポイント2点を科したことを明らかにした。

それによればビデオ検証等の結果、クビアイが1コーナーでアロンソ(マクラーレン)のマシンに追突したのがアクシデントの発端。
そのためフェルスタッペン(レッドブル)らまで巻き込んだ一連の事故の責任は最初のクビアトの不注意なドライビングにあるとしたもの。

ペナルティ・ポイントは1年間の累計で12点に達した場合、スーパーライセンスが停止され出場停止となるが、クビアトはこれでトータル7点となった。

| | トラックバック (0)

2017/06/14

クビアト(トロ・ロッソ)、ペナルティの追い打ちに不満爆発

Daniil Kvyat (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
トロ・ロッソのダニール・クビアトが、カナダGP決勝レースで受けた『ペナルティの追い打ち』に不満を爆発させている。

この日クビアトはフォーメーションラップ時にトラブルで出遅れ。
すぐさま追って発進し本来のポジションから無事レースをスタートした。
しかしその後、規定のペースカーラインまでに順位を戻していなかったとしてまずドライブスルー・ペナルティーが言い渡された。
驚いたことにさらにその後10秒ストップという異例の追加ペナルティが科されたもの。
ホイール交換作業のトラブルもあり、7位走行だったクビアトは結果的に今回のレースを失った。

これについてクビアトはレーススチュワード(審査委員)の仕事ぶりを批判。
「僕が考えるに彼らの仕事はさほど難しいものじゃない。
それなのにペナルティの追加って何だよ。
おそらく彼らは眠かったんだろう。
こんな簡単な仕事すらできなかったんだからね。
今度はオフィスにコーヒーを用意したほうがいいとアドバイスするよ」と、吐き捨てた。

| | トラックバック (0)

2017/06/12

クビアト(トロ・ロッソ)にペナルティ・ポイント

FIA
カナダGPのレーススチュワード(審査委員)は、11日(日)行われたフ決勝レースのフォーメーションラップの際、出遅れた後規定のセーフティカーラインまでに正規のポジションに着かなかったとして、トロ・ロッソのダニール・クビアトに対しペナルティ・ポイント2点を科したことを明らかにした。

この件についてはすでにレース中ドライブスルー・ペナルティーと10秒のタイムペナルティも科せられている。

ペナルティ・ポイントは1年間の累計で12点に達した場合、スーパーライセンスが停止され出場停止となるが、クビアトはこれでトータル5点となる。

| | トラックバック (0)

2016/10/31

クビアト(トロ・ロッソ)にもペナルティ・ポイント

Daniil Kvyat (C)Redbull Racing
拡大します
メキシコGPのレーススチュワード(競技委員)は30日(日)行われた決勝レース中、グロージャン(ハース)をオーバーテイクしようとした際、12コーナーでコース外を走行し利益を得たとして、トロ・ロッソのダニール・クビアトに対しペナルティ・ポイント1点を科したことを明らかにした。

ドライバーのスーパーライセンスに対して科されるペナルティポイントは12か月有効。
クビアトはこれにより通算8点ということになった。
累積で12点に達した場合、当該ドライバーのスーパーライセンスが次戦まで停止されるため、次のレースに出場できないことになる。

なおクビアトにはレース中すでに5秒のタイムペナルティが科せられている。

| | トラックバック (0)

2016/10/24

接触事故でクビアト(トロ・ロッソ)にタイムペナルティ

Daniil Kvyat (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
アメリカGPのレーススチュワード(競技委員)は23日(日)行われた決勝レース中、11コーナーで起きたペレス(フォース・インディア)との接触事故について、その原因を作ったとしてトロ・ロッソのダニール・クビアトに対しレース結果に10秒加算するタイムペナルティを科したことを明らかにした。

またこれとは別にペナルティ・ポイント2点も追加。
クビアトはこれにより通算7点ということになった。
1年間に累積で12点に達すると当該ドライバーのスーパーライセンスが次戦まで停止されるため、次のレースに出場できないことになる。

| | トラックバック (0)

2016/10/23

ダニール・クビアト、来季もトロ・ロッソ残留が決定

Daniil Kvyat (C)Redbull Racing
拡大します
今シーズン、カレンダー半ばでレッドブル・レーシングから傘下のトロ・ロッソへの移籍が話題になったダニール・クビアト(22歳:ロシア)だが、トロ・ロッソは22日(土)来シーズンも同選手が残留することを正式発表した。
これによりトロ・ロッソは2017年シーズンも今季と同様、カルロス・サインツ(22歳:スペイン)とのコンビネーションになる。

シーズン半ばでの事実上「降格処分」に、一時はメンタル面でのダメージが危惧されたクビアトだったが、このところはすっかり持ち直したと評価されていたもの。

同チームを率いるフランツ・トスト代表は、「知っているように来季のF1は再び大きくレギュレーションが変更される。
そういう時期にドライバーまで変更するのは得策ではなく、われわれはドライバー・ラインナップの継続性を優先させた」と、説明。

とはいえ、レッドブル・グループの意向が大きく働く環境を考えると、今回の決定には同陣営でレーシング・アドバイザーを務めるヘルムート・マルコ博士の判断が強く働いたものと推察される。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク | A1グランプリ | BMW | BMWザウバー | DRS | DTM | F1 | F1テスト | F2 | F3 | FIA | FOM | FOTA | GP2 | GP3 | GPDA | INDY | ING | IRL | KERS | NASCAR | US-GP | USF1 | VW | WEC | WRC | WTCC | アイルトン・セナ | アウディ | アストンマーティン | アゼルバイジャン | アダム・パール | アブダビGP | アメリカGP | アラン・プロスト | アルガルブ | アルガルブ・サーキット | アルド・コスタ | アルバートパーク | アルファロメオ | アルフォンソ・セリス | アレクサンダー・ロッシ | アレクサンドル・ブルツ | アレックス・リン | アンソニー・デビッドソン | アンディ・ソウセック | アントニオ・ジョビナッツィ | アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ | アンドレアス・ツバー | アンドレ・ロッテラー | イギリスGP | イタリアGP | イモラ | イルモア | インテルラゴス | インディアナポリス | インドGP | ウィリアムズ | ウィリ・ウェバー | ウィリー・ランプ | ウィル・スティーブンス | エイドリアン・カンポス | エイドリアン・スーティル | エイドリアン・ニューイ | エイボン | エステバン・オコン | エステバン・グティエレス | エディ・ジョーダン | エリック・ブイユ | エンジン | エンツォ・フィティパルディ | オースティン | オーストラリアGP | オーストリアGP | カタール | カナダGP | カルロス・ゴーン | カルロス・サインツJr. | カルン・チャンドク | カート | キミ・ライコネン | キャノピー | キャラミ・サーキット | ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ギュンター・シュタイナー | クムホ | クリスチャン・クリエン | クリスチャン・ホーナー | クレア・ウィリアムズ | グッドウッド | グレーム・ロードン | ケビン・マグヌッセン | ケータハムF1 | ゲイリー・パフェット | ゲルハルト・ベルガー | コスワース | コリン・コレス | コンコルド協定 | サム・マイケル | ザウバー | ザク・ブロウン | シャルル・ピック | シャルル・ルクレール | ショーン・ジェラエル | シリル・アビテブール | シルバーストーン | シンガポールGP | ジェラール・ロペス | ジェローム・ダンブロシオ | ジェンソン・バトン | ジェームス・アリソン | ジェームス・カラド | ジェームス・ロシター | ジェームズ・キー | ジャガー | ジャッキー・スチュワート | ジャック・ビルニューブ | ジャンカルロ・フィジケーラ | ジャン・アレジ | ジャン・エリック・ベルニュ | ジャン・トッド | ジュリアーノ・アレジ | ジュール・ビアンキ | ジョナサン・ニール | ジョニー・ハーバート | ジョリオン・パーマー | ジョルジョ・パンターノ | ジョン・サーティーズ | ジョン・ハウェット | ジョン・ブース | ジョージ・ラッセル | ジョーダン | ジョーダン・キング | ジーン・ハース | スティーブ・ニールセン | ステファンGP | ステファーノ・ドメニカリ | ストッフェル・バンドーン | スパイカーF1 | スパフランコルシャン | スペインGP | スポンサー | スージー・ウォルフ | スーパーライセンス | スーパー・アグリ | スーパー・フォーミュラ | セバスチャン・ブエミ | セバスチャン・ベッテル | セバスチャン・ボーデ | セバスチャン・ロウブ | セパン・サーキット | セルゲイ・シロトキン | セルジオ・ペレス | セルジオ・マルキオンネ | ソチ | タイGP | タイヤ | ダカールラリー | ダニエル・ジュンカデラ | ダニエル・リカルド | ダニカ・パトリック | ダニール・クビアト | ダビデ・バルセッキ | チェイス・キャリー | チェコ | チャンプカー | チャーリー・ホワイティング | ティモ・グロック | テレビ | ディートリッヒ・マテシス | デイモン・ヒル | デビッド・クルサード | デビッド・リチャーズ | デモラン | デュランゴ | トト・ウォルフ | トニー・フェルナンデス | トヨタ | トルコGP | トロ・ロッソ | ドイツGP | ドニントンパーク | ナイジェル・マンセル | ナイトレース | ナレイン・カーティケヤン | ニキ・ラウダ | ニコラス・トッド | ニコ・ヒュルケンバーグ | ニコ・ロズベルグ | ニック・ハイドフェルド | ニック・フライ | ニュルブルクリンク | ニュージャージー | ネルソン・アンジェロ・ピケ | ネルソン・ピケ | ノルベルト・ハウグ | ハイメ・アルグエルスアリ | ハインツ・ハラルド・フレンツェン | ハロー | ハンガリーGP | ハンガロリンク | ハンコック | ハースF1 | バルセロナ | バルテリ・ボタス | バレンシア | バレンシアGP | バレンティーノ・ロッシ | バーニー・エクレストン | バーレーンGP | バーレーン国際サーキット | パスカル・ウェーレイン | パストール・マルドナド | パット・シモンズ | パット・フライ | パディ・ロウ | パトリック・ヘッド | ヒスパニア・レーシング | ビタントニオ・リウッツィ | ピエール・ガスリー | ピットストップ | ピレリ | ファン・モントーヤ | フェラーリ | フェリッペ・ナスル | フェリッペ・マッサ | フェルナンド・アロンソ | フォース・インディア | フォード | フォーミュラE | フラビオ・ブリアトーレ | フランク・ウィリアムズ | フランク・ダーニー | フランスGP | フランツ・トスト | フレデリック・ヴァスール | ブラウンGP | ブラジルGP | ブラバム | ブランズハッチ | ブリヂストン | ブルガリア | ブルーノ・セナ | ブレンドン・ハートリー | プロドライブ | ヘイキ・コバライネン | ヘルマン・ティルケ | ヘルムート・マルコ | ヘレス | ベトナム | ベルギーGP | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ペーター・ザウバー | ホセ・マリア・ロペス | ホッケンハイム | ホンダ | ホー・ピン・トゥン | ボブ・ベル | ポルシェ | ポルトガル | ポールリカール | ポール・ストゥダート | ポール・ディ・レスタ | マイク・ガスコイン | マイク・コフラン | マウリツィオ・アリバベーネ | マクラーレン | マックス・チルトン | マックス・フェルスタッペン | マックス・モズレー | マニクール | マノー・マルシア | マリオ・アンドレッティ | マリオ・タイセン | マルク・ジェネ | マルコ・アスマー | マルコ・アンドレッティ | マルコ・マッティアッチ | マルシア | マレーシアGP | マ・キンファ | マーカス・アームストロング | マーカス・エリクソン | マーク・ウェバー | マーク・スミス | マーチ | マーティン・ウィットマーシュ | マーティン・ドネリー | マーティン・ブランドル | ミカ・サロ | ミカ・ハッキネン | ミシュラン | ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ | ミルコ・ボルトロッティ | ムジェロ | メカクローム | メキシコGP | メルセデス | モトGP | モナコGP | モニシャ・カルテンボーン | モンツァ | ヤス・マリーナ・サーキット | ヤルノ・トゥルーリ | ユナイテッドステーツGP | ヨンナム・サーキット | ヨースト・カピート | ヨーロッパGP | ラスベガス | ラファエル・マルシエロ | ラルフ・シューマッハ | ランス・ストロール | ランド・ノリス | ランボルギーニ | リオ・ハリアント | リザーブドライバー | リバティ・メディア | ルイス・ハミルトン | ルイス・ペレス・サラ | ルイス・レイジァ | ルカ・バドエル | ルカ・フィリッピ | ルカ・モンテツェモロ | ルノー | ルマン24時間レース | ルーカス・ディ・グラッシ | ルーベンス・バリチェッロ | レギュレーション | レッドブル | レッドブルリンク | レース・オブ・チャンピオンズ | ロシアGP | ロス・ブラウン | ロドルフォ・ゴンザレス | ロバート・クビサ | ロバート・ドーンボス | ロビン・フラインス | ロブ・スメドリー | ロブ・ホワイト | ロベルト・メルヒ | ロマン・グロージャン | ロリー・バーン | ロルダン・ロドリゲス | ロングビーチ | ロンドンGP | ロン・デニス | ロータス | ローマ | ローラ | ワールドシリーズbyルノー | ヴィジャイ・マルヤ | ヴィタリー・ペトロフ | 上海サーキット | 中国GP | 中嶋一貴 | 中嶋大祐 | 人事 | 佐藤万璃音 | 佐藤公哉 | 佐藤琢磨 | 八郷隆弘 | 南アフリカ | 国本京佑 | 富士スピードウェイ | 小暮卓史 | 小松礼雄 | 小林可夢偉 | 山本左近 | 新井康久 | 新型車発表 | 日本GP | 松下信治 | 武藤英紀 | 浜島裕英 | 片山右京 | 鈴木亜久里 | 鈴鹿サーキット | 長谷川祐介 | 韓国GP