2017/04/12

メルセデス首脳、「ウェーレインの体調に問題ない」

Pascal Wehrlein (C)Mercedes Motorsports
拡大します
ザウバー・チームは今週末のバーレーンGPでパスカル・ウェーレインの現場復帰を明らかにしたが、その裏にはザウバー・チームを巡るメルセデスとフェラーリとの『主導権争い』もあったようだ。

というのも、本来のレースドライバーであるウェーレインはメルセデスでDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)チャンピオンになったこともある子飼いのドライバー。
一方、開幕2戦でピンチヒッターに立ったアントニオ・ジョビナッツィはフェラーリ・チームのリザーブドライバーだからだ。

問題とされていたウェーレインの体力不足問題について、メルセデス・モータースポーツのトト・ウォルフ/エクゼクティブ・ディレクターは、「ウェーレインは心配された体力について、この10日間チームのトレーナーと共にトレーニングを積んできた。
すでにグランプリを戦う体力は十分に回復していて問題ない」と、太鼓判を押した。

| | トラックバック (0)

2017/03/29

メルセデス首脳、『敗北は人格形成に役立つ』

L.Hamilton & T.Wolff (C)Mercedes Motorsports
拡大します
昨年第16戦マレーシアGP以来となる優勝を逸した王者・メルセデスAMGチームだが、同モータースポーツのトト・ウォルフ/エクゼクティブ・ディレクターは「敗北は人格形成に役立つ」と、敗戦にも胸を張っている。

「シーズン開幕で敗北というのはひさしぶりのことだね。
ポイント・スタンディングで、ドライバーズにもコンストラクターズにもわれわれの名前が最上位にないというのは逆に新鮮な感じがするくらいだ。
それに優勝できなかったのがアクシデントとか戦略のミスとかでなく、純粋にレースペースに原因があったというのも、今シーズンの今後を占う意味で興味深いことじゃないか。
しかしわれわれも負けたままではいられない。
きっと強くなってまた戻ってくる。
敗北は人格を形成する上でのこやしというものだからね」

まだ1戦のみとはいえ、メルセデスAMGチームが指定席であるランキング最上位にいないのは2013年以来ということになる。

| | トラックバック (0)

メルセデスAMGチーム、戦略ミス指摘の否定に躍起

Toto Wolff (C)Mercedes Motorsports
拡大します
オーストラリアGP決勝レースでは、スタートから最初のピットストップまではハミルトンがリードしていたものの、コース復帰後フェルスタッペン(レッドブル)のマシンに押さえ込まれる形となり、結局ライバルのベッテル(フェラーリ)に優勝を奪われる結果となった。
これについて一部のメディアからは「メルセデスはピットストップのタイミングを含め、レース戦略にミスがあったのでは」と指摘されている。

「戦略のミスによってレースを失ったという指摘には納得できないな。
ハミルトンはベッテルと共に走っていた時だって引き離すことができなかったんだ。
メルセデスのギヤボックスに跳ね馬がまるで食らい付くような形だったろう。
つまりレースペースそのものがフェラーリより劣っていたんだ。
だからどのタイミングでタイヤ交換したとしても、結果は同じだったろう。
戦略ミスとは言えないよ」と、メルセデス・モータースポーツのトト・ウォルフ/エクゼクティブ・ディレクターは否定。

ただフェルスタッペンがピットインするタイミングについては期待と違ったことを明かして悔やんだ。

| | トラックバック (0)

2017/02/21

メルセデスAMG、トト・ウォルフ&ニキ・ラウダとの契約延長

Mercedes 3 Pointed_Star (C)Mercedes Motorsport
拡大します
20日(月)、メルセデスAMGチームは同チームの幹部であるトト・ウォルフ/エクゼクティブ・ディレクターとニキ・ラウダ/CEO両氏について、共に2020年まで契約延長したことを明らかにした。

これを受けウォルフ氏は、「われわれが勝てたのはいち個人の力ではなく、チーム全体の尽力によるものだ。
これからもスタッフがすべての力を発揮できるよう貢献したい」と、述べた。
メルセデスAMGチームの株主でもあるウォルフ氏は2013年にウィリアムズ・チームから移籍、F1活動の指揮官としてチームの3年連続タイトル獲得に貢献した。

またかつて『不死鳥』と言われた元3回のF1チャンピオンで、メルセデス本社と現場チームとの繋ぎ役として貢献しているラウダ氏も、「ここ数年の好成績は私自身にとっても幸福な時間だった。
われわれの働きをディーター(ツェッチェ:ダイムラー社会長)が評価してくれたことに感謝したい」と、コメントした。

| | トラックバック (0)

2017/02/10

メルセデス首脳、「昨年以上にエンジン・パワーが重要」

Mercedes AMG Team (C)Mercedes Motorsports
拡大します
2014年のレギュレーション変更以来、強力なエンジン・パワーを背景に3年連続のタイトル獲得を続けて来たメルセデスAMGチームだが、再びルールが変わる2017年、さらにパワーが勝利のため重要な要素になるとの見解を示した。

これはメルセデス・モータースポーツでエクゼクティブ・ディレクターを務めるトト・ウォルフ氏(45歳)が語ったもの。

その中でこのオーストリア人は、「今年のレギュレーション変更により、F1マシンは大幅に速くなることだろう。
重量が増し、タイヤのグリップが増え、そしてダウンフォースとドラッグも増える。
そうなればこれまで以上にエンジン・パワーが重要になるということだよ。
これまでその面でわれわれには多少のアドバンテージがあったと自負しているが、今年がどうであるかはわからない。
みんな再び同じスタートラインに着いたのだからね。
おそらく開幕の数戦でシーズンのおおかたの見通しは明らかになることだろう」と、引き締めている。

F1が盛り上がるためには一部のエンジンが突出しないほうが歓迎されるだろう。

| | トラックバック (0)

2017/01/31

トト・ウォルフ氏(メルセデス)、早急なルール改定に懸念

Mercedes AMG Team (C)Mercedes Motorsports
拡大します
F1の新しいオーナーとなったリバティ・メディアでは、かつてF1で幾多の栄光に輝いたロス・ブラウン氏をさっそくモータースポーツ担当取締役に指名するなどF1改革に積極的な姿勢をみせているが、こうした動きに警戒感をみせる向きもある。

メルセデス・モータースポーツでエクゼクティブ・ディレクターを務めるトト・ウォルフ氏(45歳:オーストリア)は、次のように指摘した。

「もちろんF1をより良いものに変えていくことにやぶさかではない。
しかしそれには十分な検討が不可欠となる。
いま行われているものにはそれなりの歴史と経緯がある訳で、それを無視して前のめりに変革していけば、これまでの熱心なF1ファンまで失いかねない。
それでは元も子もないということ。
リバティ・メディアにはそれを理解してもらい、慎重な姿勢で改革に臨んでもらいたい」

もちろん現在の絶対王者であるメルセデスにとって、ルールが変わるというのは歓迎すべきものではないだろう。

| | トラックバック (0)

2017/01/22

メルセデス首脳、「ボタスの正当な評価はこれから」

Valterri Bottas (C)Mercedes Motorsport
拡大します
めでたく目下F1最強のチームであるメルセデスAMGチームへの移籍を果たしたバルテリ・ボタス(27歳:フィンランド)だが、ほんとうの評価はこれからだ。
これはメルセデス・モータースポーツでエクゼクティブ・ディレクターを務めるトト・ウォルフ氏がフランスの日刊スポーツ新聞『レキップ』紙に語ったもの。

その中でこのオーストリア人は、「もちろん彼のゴールはわれわれのチームに加入したことではない。
ほんとうの正念場はこれからだ。
彼は純粋なレーシングドライバーで、チームの内外で要らぬ政治的な動きをして和を乱すような心配はないだろう。
しかしわれわれが求めているのは速さと強さ。
彼への評価は果たしてほんとうにルイス・ハミルトンという強力なチームメイトに立ち向かえるかどうかに掛かっている。
期待はしているが、まだ開幕もしていない今の段階であれこれ言うのは適当ではないよ」と、煙に巻く。

これまでボタスのマネージメントに携わっていた経緯もあり、万一チームの期待に応えられなかった場合にはウォルフ氏自身の立場にも影響を及ぼしかねないことだろう。

| | トラックバック (0)

2017/01/20

メルセデスAMG、「ウィリアムズへの支援は当然」

Toto Wolff (C)Mercedes Motorsports
拡大します
すでに今季ウィリアムズ・チームのドライバーに決まっていたバルテリ・ボタス(27歳:フィンランド)を引き抜いた形となったメルセデスAMGチームだが、その背景には様々な経済的援助があったと報じられている。

これについてイタリアの専門紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』から聞かれたメルセデス・モータースポーツのトト・ウォルフ/エクゼクティブ・ディレクターは、「われわれの要求に応えてもらったのだから見返りは当然」と、これを認めた。

「先方に無理を言ってわれわれの要求を呑んでもらったのだから、それなりの見返りを返すのは当然のことだ。
確かにクレア(ウィリアムズ副代表)は父(フランク)と同じくタフなネゴシエータだったが、われわれはビジネスだけを話し合っていた訳でもない。
結論としてみんながハッピーになる素晴らしいものになったよ」と、歓迎した。

交渉ではメルセデス製パワーユニットの代金引き下げ等があったと伝えられているが、交渉成否の焦点はフェリッペ・マッサの引退撤回にあったという。

| | トラックバック (0)

2017/01/19

ウォルフ氏(メルセデス)、ボタスのマネージメント離脱を明言

Toto Wolff (C)Mercedes Motorsports
拡大します
前ウィリアムズ・チームのバルテリ・ボタス(27歳:フィンランド)のメルセデスAMGチーム入りが正式に決まったことを受け、同選手のマネージメントに関与してきたメルセデス・モータースポーツのトト・ウォルフ/エクゼクティブ・ディレクターは、その任から完全に外れることを強調した。

これはイギリスのスポーツ専門チャンネル『スカイスポーツ』に語ったもの。
その中でこのオーストリア人は「個々のドライバーのマネージメントを担当しながら、その一方チームでドライバーの管理のる職にあるというのは適当なことではない。
たまたま今回は過去の行き掛かりからこういうことになったが、それを是正するのにやぶさかではないよ。
今後は純粋にメルセデスAMGチームのために貢献することを約束する」と、明言。

メルセデスに移る前はウィリアムズ・チームに在籍していたトト・ウォルフ氏。
そうした意味でも今回のボタス移籍交渉では複雑な位置に立たされていた。

| | トラックバック (0)

2017/01/05

トト・ウォルフ氏、「マネージャー副業」の釈明に躍起

Toto Wolff (C)Mercedes Motorsports
拡大します
ニコ・ロズベルグの引退に伴うメルセデスAMGチームの後任選びはどうやらバルテリ・ボタス(現ウィリアムズ)の移籍で落ち着く模様だが、移籍交渉においてその双方の関係者となるトト・ウォルフ氏の「微妙な立場」が批判を受けている。

というのも、ウォルフ氏はメルセデス・モータースポーツでドライバー契約など人事面に大きな影響力を持つエクゼクティブ・ディレクターを務める一方、個人の立場ではボタス個人のマネージメントを担当しているからだ。

これについてはレッドブル・グループのレーシング・アドバイザーであるヘルムート・マルコ博士がその矛盾を指摘しているだけでなく、身内であるメルセデス・モータースポーツ内部からもニキ・ラウダ/CEOらから問題とされているもの。

こうした批判を受けウォルフ氏は「今回の件が片付けぱ゛もうマネージメント業は行わない」と言明しているという。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク | A1グランプリ | BMW | BMWザウバー | DRS | DTM | F1 | F1テスト | F2 | F3 | FIA | FOM | FOTA | GP2 | GP3 | GPDA | INDY | ING | IRL | KERS | NASCAR | US-GP | USF1 | VW | WEC | WRC | WTCC | アイルトン・セナ | アウディ | アストンマーティン | アゼルバイジャン | アダム・パール | アブダビGP | アメリカGP | アラン・プロスト | アルガルブ | アルガルブ・サーキット | アルド・コスタ | アルバートパーク | アルファロメオ | アルフォンソ・セリス | アレクサンダー・ロッシ | アレクサンドル・ブルツ | アレックス・リン | アンソニー・デビッドソン | アンディ・ソウセック | アントニオ・ジョビナッツィ | アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ | アンドレアス・ツバー | アンドレ・ロッテラー | イギリスGP | イタリアGP | イモラ | イルモア | インテルラゴス | インディアナポリス | インドGP | ウィリアムズ | ウィリ・ウェバー | ウィリー・ランプ | ウィル・スティーブンス | エイドリアン・カンポス | エイドリアン・スーティル | エイドリアン・ニューイ | エイボン | エステバン・オコン | エステバン・グティエレス | エディ・ジョーダン | エリック・ブイユ | エンジン | エンツォ・フィティパルディ | オースティン | オーストラリアGP | オーストリアGP | カタール | カナダGP | カルロス・ゴーン | カルロス・サインツJr. | カルン・チャンドク | カート | キミ・ライコネン | キャノピー | キャラミ・サーキット | ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ギュンター・シュタイナー | クムホ | クリスチャン・クリエン | クリスチャン・ホーナー | クレア・ウィリアムズ | グッドウッド | グレーム・ロードン | ケビン・マグヌッセン | ケータハムF1 | ゲイリー・パフェット | ゲルハルト・ベルガー | コスワース | コリン・コレス | コンコルド協定 | サム・マイケル | ザウバー | ザク・ブロウン | シャルル・ピック | シャルル・ルクレール | シリル・アビテブール | シルバーストーン | シンガポールGP | ジェラール・ロペス | ジェローム・ダンブロシオ | ジェンソン・バトン | ジェームス・アリソン | ジェームス・カラド | ジェームス・ロシター | ジェームズ・キー | ジャガー | ジャッキー・スチュワート | ジャック・ビルニューブ | ジャンカルロ・フィジケーラ | ジャン・アレジ | ジャン・エリック・ベルニュ | ジャン・トッド | ジュリアーノ・アレジ | ジュール・ビアンキ | ジョナサン・ニール | ジョニー・ハーバート | ジョリオン・パーマー | ジョルジョ・パンターノ | ジョン・サーティーズ | ジョン・ハウェット | ジョン・ブース | ジョーダン | ジョーダン・キング | ジーン・ハース | ステファンGP | ステファーノ・ドメニカリ | ストッフェル・バンドーン | スパイカーF1 | スパフランコルシャン | スペインGP | スポンサー | スージー・ウォルフ | スーパーライセンス | スーパー・アグリ | スーパー・フォーミュラ | セバスチャン・ブエミ | セバスチャン・ベッテル | セバスチャン・ボーデ | セバスチャン・ロウブ | セパン・サーキット | セルゲイ・シロトキン | セルジオ・ペレス | セルジオ・マルキオンネ | ソチ | タイGP | タイヤ | ダカールラリー | ダニエル・ジュンカデラ | ダニエル・リカルド | ダニカ・パトリック | ダニール・クビアト | ダビデ・バルセッキ | チェイス・キャリー | チェコ | チャンプカー | チャーリー・ホワイティング | ティモ・グロック | テレビ | ディートリッヒ・マテシス | デイモン・ヒル | デビッド・クルサード | デビッド・リチャーズ | デモラン | デュランゴ | トト・ウォルフ | トニー・フェルナンデス | トヨタ | トルコGP | トロ・ロッソ | ドイツGP | ドニントンパーク | ナイジェル・マンセル | ナイトレース | ナレイン・カーティケヤン | ニキ・ラウダ | ニコラス・トッド | ニコ・ヒュルケンバーグ | ニコ・ロズベルグ | ニック・ハイドフェルド | ニック・フライ | ニュルブルクリンク | ニュージャージー | ネルソン・アンジェロ・ピケ | ネルソン・ピケ | ノルベルト・ハウグ | ハイメ・アルグエルスアリ | ハインツ・ハラルド・フレンツェン | ハロー | ハンガリーGP | ハンコック | ハースF1 | バルセロナ | バルテリ・ボタス | バレンシア | バレンシアGP | バレンティーノ・ロッシ | バーニー・エクレストン | バーレーンGP | バーレーン国際サーキット | パスカル・ウェーレイン | パストール・マルドナド | パット・シモンズ | パット・フライ | パディ・ロウ | パトリック・ヘッド | ヒスパニア・レーシング | ビタントニオ・リウッツィ | ピエール・ガスリー | ピットストップ | ピレリ | ファン・モントーヤ | フェラーリ | フェリッペ・ナスル | フェリッペ・マッサ | フェルナンド・アロンソ | フォース・インディア | フォード | フォーミュラE | フラビオ・ブリアトーレ | フランク・ウィリアムズ | フランク・ダーニー | フランスGP | フランツ・トスト | フレデリック・ヴァスール | ブラウンGP | ブラジルGP | ブラバム | ブランズハッチ | ブリヂストン | ブルガリア | ブルーノ・セナ | ブレンドン・ハートリー | プロドライブ | ヘイキ・コバライネン | ヘルマン・ティルケ | ヘルムート・マルコ | ヘレス | ベトナム | ベルギーGP | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ペーター・ザウバー | ホセ・マリア・ロペス | ホッケンハイム | ホンダ | ホー・ピン・トゥン | ボブ・ベル | ポルシェ | ポルトガル | ポールリカール | ポール・ストゥダート | ポール・ディ・レスタ | マイク・ガスコイン | マイク・コフラン | マウリツィオ・アリバベーネ | マクラーレン | マックス・チルトン | マックス・フェルスタッペン | マックス・モズレー | マニクール | マノー・マルシア | マリオ・アンドレッティ | マリオ・タイセン | マルク・ジェネ | マルコ・アスマー | マルコ・アンドレッティ | マルコ・マッティアッチ | マルシア | マレーシアGP | マ・キンファ | マーカス・アームストロング | マーカス・エリクソン | マーク・ウェバー | マーク・スミス | マーチ | マーティン・ウィットマーシュ | マーティン・ドネリー | マーティン・ブランドル | ミカ・サロ | ミカ・ハッキネン | ミシュラン | ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ | ミルコ・ボルトロッティ | ムジェロ | メカクローム | メキシコGP | メルセデス | モトGP | モナコGP | モニシャ・カルテンボーン | モンツァ | ヤス・マリーナ・サーキット | ヤルノ・トゥルーリ | ユナイテッドステーツGP | ヨンナム・サーキット | ヨースト・カピート | ヨーロッパGP | ラスベガス | ラファエル・マルシエロ | ラルフ・シューマッハ | ランス・ストロール | ランボルギーニ | リオ・ハリアント | リザーブドライバー | リバティ・メディア | ルイス・ハミルトン | ルイス・ペレス・サラ | ルイス・レイジァ | ルカ・バドエル | ルカ・フィリッピ | ルカ・モンテツェモロ | ルノー | ルマン24時間レース | ルーカス・ディ・グラッシ | ルーベンス・バリチェッロ | レギュレーション | レッドブル | レッドブルリンク | レース・オブ・チャンピオンズ | ロシアGP | ロス・ブラウン | ロドルフォ・ゴンザレス | ロバート・クビサ | ロバート・ドーンボス | ロビン・フラインス | ロブ・スメドリー | ロブ・ホワイト | ロベルト・メルヒ | ロマン・グロージャン | ロリー・バーン | ロルダン・ロドリゲス | ロングビーチ | ロンドンGP | ロン・デニス | ロータス | ローマ | ローラ | ワールドシリーズbyルノー | ヴィジャイ・マルヤ | ヴィタリー・ペトロフ | 上海サーキット | 中国GP | 中嶋一貴 | 中嶋大祐 | 人事 | 佐藤万璃音 | 佐藤公哉 | 佐藤琢磨 | 八郷隆弘 | 南アフリカ | 国本京佑 | 富士スピードウェイ | 小暮卓史 | 小松礼雄 | 小林可夢偉 | 山本左近 | 新井康久 | 新型車発表 | 日本GP | 松下信治 | 武藤英紀 | 浜島裕英 | 片山右京 | 鈴木亜久里 | 鈴鹿サーキット | 長谷川祐介 | 韓国GP