2019/02/28

合同テスト後半2日目、ベッテル(フェラーリ)クラッシュ

Carlos Sainz (C)McLaren Group
拡大します
2月27日(水)、バルセロナ・サーキットを舞台に行われているシーズン前テスト後半は第2日目を迎えた。

トップタイムはこの日もマクラーレンでカルロス・サインツの記録した1'17.144、これは今年のテストでは全体のベストになるものだ。
130ラップの多きを数えたが、コース入口でストップ、赤旗中断の原因も作っている。

2番手はペレス(レーシング・ポイント)、3番手はベッテル(フェラーリ)。
この日のビッグニュースはなんといってもこのベッテルのクラッシュだろう。
新しい僚友であるルクレールとこの日もマシンをシェアしたベッテルは午前のセッションで40周を周回、この日の3番手となる1'18.193のベストタイムを記録したもののその後3コーナーでコースアウト・クラッシュ。
セッションは赤旗中断、ドライバーは直ちにメディカルセンターに運ばれて検査を受けたが幸い身体に問題ないとして解放された。
マシンは修復に当てられたもののルクレールのほうは結局インストレーションラップだけに留まりノータイムで終えている。

4番手ライコネン(アルファロメオ)、5番手グロージャン(ハース)、6-7番手には共にホンダ・パワーのフェルスタッペン(レッドブル)とクビアト(トロ・ロッソ)が並び合わせて229周を走り込んだ。
前日ハイドロリック系のトラブルに見舞われたメルセデスは遅れを取り戻すべくボタス&ハミルトン合わせて176周を周回した。
シーズン前テストで出遅れたウィリアムズは、クビサが最多の130周を周回、初めて本格的なテスト・プログラムを消化して追い上げの姿勢をみせた。

| | トラックバック (0)

2016/08/07

アレクサンダー・ロッシ、マノー復帰を断る

Alexander Rossi (C)Caterham F1 Team
拡大します
アメリカの24歳の若者アレクサンダー・ロッシは今季マノー・レーシングのテスト&リザーブドライバーを務めるが、同チームから示された今季後半戦のオファーについてこれを断ったことがわかった。
これは持ち込み資金が潰えた同チームのレースドライバーであるリオ・ハリアントの後任として抜擢されたものだった。

昨シーズン、前身である当時のマノー・マルシアから5戦に出走したロッシはアメリカGP(US-GP)の12位が最高。
今季はインディカー・シリーズに転身、100回目の記念すべきインディ500レースで初優勝を遂げるなど十分にその真価を発揮しているところ。

相変わらず戦闘力不足で臨むF1よりも、上位が窺えるインディカーの方をロッシが選択したのは当然のことか。
なおマノー・レーシングのテスト&リザーブドライバーの職務は今後も継続するという。

| | トラックバック (0)

2016/03/10

A.ロッシ、マノーのリザーブドライバーも

Alexander Rossi (C)Alexander Rossi Media
拡大します
2015年シーズン、マノー・マルシア・チームのレースドライバーとして後半の5戦に出走したアレクサンダー・ロッシ(24歳:アメリカ)が、今季は同チームのリザーブドライバーとして契約を結んだことがわかった。

ロッシは今季すでにアンドレッティ・オートスポーツからインディカー・シリーズへの参戦が決まっていて、これとの兼任ということになることから実際チームに帯同するのはこちらと重複しないものに限られることになる。
なお今年のマノーのレースシートはすでにハリアント&ウェーレインで確定している。

これについてロッシは、「僕のファースト・プライオリティはあくまでもF1で、これまでのドライバー生活もすべてそのために尽くしてきたのだから、この決断には少し思うところもある。
でも何かが起こるのをただ座って待っている訳にはいかないからね。
インディカーはとてもコンペティティブだし、チャレンジする意味は十分にあると信じているよ」と、新天地の戦いに意欲をみせている。

| | トラックバック (0)

2016/02/24

A.ロッシ(前マノー・マルシア)、インディカー転向へ

Alexander Rossi (C)Ex.Caterham F1 Team
拡大します
昨シーズン、マノー・マルシア・チームから後半の5戦でF1参戦を果たしたアレクサンダー・ロッシ(24歳:アメリカ)が、今季はアメリカ・カナダを中心とするインディカー・シリーズに転向することを明らかにした。

当初はあくまでもF1参戦をプライオリティとしてマノーF1のシートを最後まで探っていたロッシだったが、結局リオ・ハリアントに敗れてその夢は叶わず、母国で人気の高いインディカーへの転向を決意したもの。
所属チームは名門「アンドレッティ・オートスポーツ」ということで、さっそく今週セブリングで行われる規定のルーキーテストに参加する予定。
(誇り高いインディカーでは例えF1チャンピオンであってもルーキーテストを要求する)

新天地での新たな戦いに当のロッシは、「インディカーでの夢はもちろんあのインディ500レースで優勝すること」と、その意欲を力強く語った。

| | トラックバック (0)

2015/09/26

ロッシ(マノー・マルシア)、決勝出走許される

Alexander Rossi (C)Marussia F1 Team
拡大します
日本GP公式予選で107%タイムが唯一クリアできなかったマノー・マルシア・チームの新人アレクサンダー・ロッシ(22歳:アメリカ)だったが、同グランプリのレーススチュワード(競技委員)は同選手の決勝レース出走を許可した。

ロッシによれば、予選Q1セッション中、2回のタイムアタックがいずれもイエローコーションで無効となり友好なタイムが記録できなかったのだという。
なおそのイエローコーションの原因を作ったフェルスタッペン(トロ・ロッソ)には「安全でないところにマシンを止めた」ということで予選グリッド3番降格のペナルティが科せられている。

| | トラックバック (0)

2015/09/17

マノー・マルシア、A.ロッシとドライバー契約

Alexander Rossi (C)Caterham F1 Team
拡大します
16日(水)、マノー・マルシア・チームは、アレクサンダー・ロッシ(22歳:アメリカ)との間で今シーズン残りの5戦についてレースドライバー契約を結んだことを明らかにした。

参戦するのは残り7戦のうち、ロシアとアブダビ両GPを除く、シンガポール、日本、アメリカ、メキシコ、そしてブラジルの5グランプリ。
チームメイトはスティーブンスで、ロッシはメルヒと交代することになり、この間メルヒはリザーブドライバーを務めることになる。

F1の世界では少ないアメリカ人ドライバーであるロッシは、複数回F1テストドライブの経験を持ち、その国籍から2016年に新規参戦が予定されるハースF1チームの候補としても名前が挙げられた。
今季はF1傘下のGP2シリーズを戦っていて、目下ランキング2位に付ける活躍をみせている。

なお当然のことながら、2輪モトGPのチャンピオンでフェラーリF1をドライブしたバレンティーノ・ロッシとは別人である。

| | トラックバック (0)

2014/10/10

マルシア、エントリーはアレクサンダー・ロッシ名

Alexander Rossi (C)Marussia F1 Team
拡大します
ジュール・ビアンキの日本GPでのアクシデントにより、ドライバー変更が必至のマルシアF1チームが、今週末行われるロシアGPにアレクサンダー・ロッシの名前でエントリーしたことが9日(木)わかった。
チームによる正式発表は公式セッションがスタートする10日(金)に行われるという。

本来ケータハムのリザーブ&テストドライバーだったロッシだが今季半ばにマルシアに移籍。
ベルギーGPでは契約トラブルが発覚したチルトンの代役でF1デビューを果たす直前までいったことがある。

ただチームはビアンキの家族の意向を優先させるとしていて、場合によっては欠場という可能性もありそうだ。

| | トラックバック (0)

2014/08/23

F1裏事情に振り回されたアレクサンダー・ロッシ(マルシア)

Alexander Rossi (C)Marussia F1 Team
拡大します
一度はこの週末のベルギーGPでアレクサンダー・ロッシ(22歳:アメリカ)がF1デビューと発表されながら、結局金曜日・午前のフリー走行出走のみに留まるなどマルシアF1チームの対応は混乱を極めた。

そもそも今回のドライバー交代については当のマックス・チルトンが「チームの資金獲得のためシートを譲った」としていたにも関わらず、結局自分自身が復帰したことで今回の事情が単純でないことを露呈させることになった。

周囲の見方では、チームへのスポンサー資金の持ち込みが遅れたため、いったんシート喪失。
その後相当額の支払いが確約されたため急きょ復帰したというのが大方の一致するところだ。
ちなみにチルトンの持ち込みスポンサーは父親が運営する保険会社で、年間5千万ポンド(約8億6千万円)に達するものとみられている。

この騒動に振り回されたのが先月リザーブドライバーとして契約したばかりのロッシだろう。
念願のF1デビューは突然目の前に現れ、そして消えていった。

| | トラックバック (0)

2014/08/22

マルシアではチルトンに代えA.ロッシがF1デビュー

Alexander Rossi (C)Marussia F1 Team
拡大します
ケータハムに続き、ライバルであるマルシアF1チームでも今週ベルギーGPでのドライバー交代が明らかにされた。

こちらはマックス・チルトンに代わり、先月半ばにケータハムからリザーブドライバーとして移籍したばかりのアレクサンダー・ロッシ(22歳:アメリカ)。
これまでケータハムでは何回かフリー走行セッションに登場した経験はあるものの、マルシアでのドライブはこれが初めてになる。

関係者によれば、今回の交代はチルトンとの契約に問題が生じたためと言われているが、チームはその詳細について明らかにしていない。

| | トラックバック (0)

2014/08/09

ロッシ(マルシア)、「F1ギャングの中にいることが重要」

Alexander Rossi (C)Marussia F1 Team
拡大します
事実上の身売りとなったケータハムF1チームのリザーブドライバーから、一転ライバルであるマルシアF1チームに移籍を果たしたアレクサンダー・ロッシ(22歳:アメリカ)は、「F1ギャングの中にいることが重要」と、自らの判断の正当性を強調している。

「自分自身の将来を見据えた上で、ケータハムから離れることも重要なことだったけれど、間髪を置かず夏休みの前にマルシアに加入できたことはもっと重要なことだった。
F1という世界は、いったん身を外に置くとあっという間に忘れ去られてしまうからね。
自分のパフォーマンス、潜在能力には自信があったけれど、でも実際にマルシアから電話をもらうまではやはり心配でナーバスになっていたよ。
まずはスパ(ベルギーGP)で初めてマシンに乗ることになると思うけれど、チームに少しでも多く貢献がしたいね」

ケータハムを出たロッシは同じアメリカを本拠とするハース・フォーミュラLLCとの接触が噂されていたので、ライバルであるマルシアF1チームとの契約は少なからず関係者を驚かせた。

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介