2019/11/03

パット・フライ氏(前マクラーレン)、ルノー・チーム入り

Pat Fry (C)Ferrari S.p.A
拡大します
ルノー・チームは、2020年から前マクラーレン・チームのパット・フライ氏が加入することを明らかにした。

元フェラーリ・チーム等で技術部門のディレクターを務めたイギリス・サリー州出身のパット・フライ氏(55歳)は、2018年古巣の一つであるマクラーレン・チームにエンジニアリング・ディレクターとしてに復帰し2019年マシンを担当していたが、今年になってジェームズ・キー/テクニカル・ディレクターが合流したのを機に同チームから離脱しガーデニング休暇に入っていた。
マクラーレンの2020年マシンはキー氏がすでに開発に入っているとされる。

|

2018/09/06

パット・フライ氏、マクラーレン・チームに復帰へ

Pat Fry (C)Ferrari S.p.A
拡大します
元フェラーリ・チーム等で技術部門のディレクターを務めたパット・フライ氏(54歳:イギリス)が、古巣の一つであるマクラーレン・チームに復帰することがわかった。

イギリス・サリー州出身の同氏はレースエンジニアとしてベネトンやマクラーレン、そしてフェラーリやマノー等で活躍、同チームが消滅してからはフリーとなっていた。

昨季に続いて不振が続くマクラーレン・チームでは大規模な体制変更を図っており、フライ氏の復帰はその一環。
今回はエンジニアリング・ディレクターとしての職務に就くことになるという。
なお現役の移籍ではないのでガーデニング休暇はないとみられる。

| | トラックバック (0)

2016/01/26

マノー、パット・フライ氏(元フェラーリ)獲得

Pat Fry (C)Ferrari S.p.A
拡大します
2016年シーズン、昨季までの最下位という定位置から脱出を図るマノー・チームが、また新たな人材獲得を果たしたことがわかった。

今回明らかとなったのは元フェラーリ・チームでエンジニアリング・ディレクターを務めたパット・フライ氏(51歳)。
イギリス出身のレース・エンジニアであるフライ氏は、ネトンやマクラーレンに在籍した後、2010年からフェラーリに加入した。

しかし2014年末、成績不振によるチームの組織改編によりニコラス・トムバジス/チーフ・デザイナーと共にチームを去っている。
なおそのトムバジスも先頃やはり同様にマノー・チームへの加入を表明している。

| | トラックバック (0)

2014/10/30

パット・フライ(フェラーリ)、「2015年視野に臨む」

Pat Fry (C)Ferrari S.p.A
拡大します
今シーズンもタイトル獲得という夢が絶たれたフェラーリ・チームでは、残り3戦すでに2015年シーズンを視野にマシンの改善に臨むことを明らかにした。

これは同チームのパット・フライ/エンジニアリング・ディレクターが示したもので、「これまでの戦いで、われわれのマシンに何が欠けているのかが明確になってきた。
現在のF1では当然のことながらそのパワーユニットが最大のカギとなるが、われわれはさらにエアロダイナミックス改良やタイヤの使い方などで改善の余地があることを理解している。
残りのシーズン3戦を含めこれからの5か月でそれらを大きく進化させ、2015年シーズンは最初から高い戦闘力で臨みたい」と、語っている。

これまでのところフェラーリ・チームはコンストラクターズ・ランキング4位。
タイトル獲得したのは遠く2008年が最後ということになる。

| | トラックバック (0)

2014/08/03

ハッキネン氏、パット・フライ(フェラーリ)の「境遇」心配

Pat Fry (C)Ferrari S.p.A
拡大します
今季不振が続くフェラーリ・チームでは、4月のステファーノ・ドメニカリ氏(当時:チーム代表)に続き先月にはエンジン部門の責任者であるルカ・マルモリーニ氏の更迭も明らかにされた。
さらにエンジニアリング・ディレクターであるパット・フライ氏についても同じく更迭の噂があったものの、チームはこれを否定している。

しかしフェラーリ・チームは先のハンガリーGP公式予選でライコネンがチームの戦略ミスによりQ1で敗退するという不祥事に。
さしてその責任者がパット・フライ氏だったのでは、とも指摘もされている。

これを受け元F1チャンピオンであるミカ・ハッキネン氏は、「ああいうミスがフェラーリのようなチームで起きるとは思わなかった
もしもフライが責任者としたら、彼の立場がまずいことになっていなければいいんだけど……」と、かつての「盟友」へ配慮を示した。
マクラーレン時代、フライ氏はハッキネンのレースエンジニアを担当した仲だ。

| | トラックバック (0)

2014/07/06

フェラーリ・チーム首脳、「考え得る最悪の状況」

Pat Fry (C)Ferrari S.p.A
拡大します
イギリスGP公式予選でなんと2台共がQ1敗退という屈辱の結果に見舞われたフェラーリ・チームでは、パット・フライ/エンジニアリング・ディレクターがその状況を説明した。

「もちろんこんな予選結果は誰もが予想すらしなかった。
それどころか、考え得る最悪の状況といってもいいだろう。
目まぐるしくコンディションが変化し続けたQ1で、わずかなタイミングのずれが生じてしまったとしか言いようがない。
この予選結果から決勝レースで巻き返すのは難しいが、幸いタイヤセットがライバルたちよりも残っているのでそれを活かして明日は入賞を目指して最善を尽くす」

| | トラックバック (0)

2014/02/26

フェラーリ、最終テストで大幅バージョンアップ図る

Ferrari Test (C)Ferrari S.p.A
拡大します
シーズン前最後となる今週のバーレーン合同テストを控え、フェラーリ・チームは大幅なバージョンアップを投入する方針を明らかにしている。
これは同チームのテクニカル部門を率いるパット・フライ/エンジニアリング・ディレクターが示したもの。

「前回のテストでもいろいろな改良パーツを試したが、われわれの本格的なアップグレードはこれからだ。
最後のバーレーンテストでは開幕戦を見据えた大幅なバージョンアップを予定している」と、今年50歳を迎えるイギリス人。

ここまでメルセデス・エンジン勢の活躍に隠れているが、フェラーリも着実に多くの周回とタイムアップとを重ねてきている。

| | トラックバック (0)

2014/02/25

フェラーリ首脳、「今季マシン 修復に倍の手間掛かる」

Pat Fry (C)Ferrari S.p.A
拡大します
フェラーリ・チームのパット・フライ/エンジニアリング・ディレクター(フェラーリ)が、「今年のマシンは修復に倍の手間が掛かる」ことを明かした。

それによれば今季のF1はレギュレーションの変更によりパワーユニット本体だけでなく、ERS(エネルギー回生システム)等の採用により複雑な関連システムが満杯。
さらにエアロダイナミックスの観点からボディデザインの処理も複雑を極めているのだという。

「とにかくマシンが非常に複雑になっているため、いったん問題が起きると原因を解明するのに去年のマシンに比べて倍もの手間が掛かるんだ。
修復する作業自体に掛かる時間よりも、修復する箇所を見つけるのが大変になっている」と、こぼしている。

実際、これまでのテストでは各チームともガレージ内で作業するのが目立っていて、これまでとは異なった様相をみせていた。

| | トラックバック (0)

2013/12/10

フェラーリ技術責任者、「2014年のエンジンは団子状態」

Pat Fry (C)Ferrari S.p.A
拡大します
2014年シーズン、F1はエンジンを始めとして大きくレギュレーションが変更されるが、これについてフェラーリ・チームの技術部門を束ねるパット・フライ/テクニカル・ディレクターは「来シーズンは混戦になる」との見通しを明らかにした。

「マシン開発が熟成し、主にエアロダイナミックスメンでしか改善の余地がなかったこれまでのことを考えれば、こうした大きな規格変更はF1全体にとって良いことだと思う。
しかし一部に噂されているように、特定の1社(メルセデス?)が100馬力ものアドバンテージを得るなんていうことはないだろう。
おそらくはみんな団子状態になる混戦が繰り広げられるのではないか。
来シーズンはきっと面白くなるよ」と、マクラーレン出身のイギリス人は語っている。

| | トラックバック (0)

2013/05/12

パット・フライT/D(フェラーリ)、盲腸で緊急入院

Pat Fry (C)Ferrari S.p.A
拡大します
フェラーリ・チームは11日(土)の公式予選後、同チームのテクニカル・ディレクターであるパット・フライ氏が虫垂炎(盲腸)のため緊急入院したことを発表した。

それによればフライ氏は予定通りバルセロナ・サーキットで業務に携わっていたが10日(金)遅くに突然腹部の痛みを訴え、チームドクターの診察を受けた結果「虫垂炎」であるとの診断を受け入院。
11日(土)には手術を受け、現在療養中であるとのことだ。

同チームのステファーノ・ドメニカリ代表は予選後のチームリリースで、「突然の知らせには驚いたが今日にも手術を受けると聞いている。
チームの全員が彼の早期回復と現場復帰を願っている」と語ったが、復帰時期については不明であるとした。

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファタウリ アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介