2021/05/19

11月に延期のオーストラリアGP、なお開催不透明

Albert Park Circuit (C)Pirelli Motorsport
拡大します
新型コロナウイルスの影響により、例年の3月開催から今年異例の11月開催に日程変更されたメルボルンのオーストラリアGPだが、これにも疑問符を投げ掛ける見解が出されて話題となっている。

これはオーストラリアのスコット・モリソン首相がこのほど述べたコメントによるもの。
それによれば同首相は、同国のコロナ禍について対策が十分功を奏していると自讃しながらも、海外から多くの人や物が流入する国際イベントについては予断を許さない状況と警告した。
「年内に国際イベントがすべて解禁されるというのは楽観的見通しに過ぎる」と、強調している。

昨年はグランプリウィークの金曜日になって突然中止が決定するなど大混乱したオーストラリアGP、今年も関係者は苦しい対応を強いられるようだ。

|

2021/04/02

アルバートパーク、コースレイアウト変更で5秒短縮

Albert Park Circuit (C)Pirelli Motorsport
拡大します
オーストラリアGPの開催地であるアルバートパーク特設コースがコースレイアウトの変更により、大幅にタイム短縮が果たされそうだ。

これは同グランプリを主催するAGPC(オーストラリア・グランプリ株式会社)が明らかにしたもので、それによればコース改修は9-10複合コーナーなどがこれまでのタイトなものから高速コーナーに置き換えられることなどによるもの。
他にも多くのコーナーで改修が行われるとのことで、これら新しいコースレイアウトの効果で1ラップあたり最大で5秒ものタイム短縮が予想されるとのこと。

事実であれば予選時の予測ラップタイムは1分15秒程度、平均速度は約251キロまで上昇、新しい11コーナー部分で最高速は約330キロ程度まで上昇することが予想される。

|

2020/02/17

2021年のオーストラリアGP、コースレイアウト変更の可能性

Albert Park Circuit (C)Pirelli Motorsport
拡大します
F1シーズンの開幕戦として定着しているオーストラリアGPだが、かねて噂になっていたコース路面の再舗装が、2021年にはコースレイアウトの変更を含んだ大改修として実施される可能性が高まってきたということだ。
これは同グランプリの主催者であるAGPC(オーストラリア・グランプリ株式会社)のアンドリュー・ウェスタコット/CEO(最高経営責任者)が明らかにしたもの。

それによれば全面的な再舗装により路面をスムーズにする他、レース中のオーバーテイクシーンを増やすため一部コースレイアウトの変更も含め、目下F1側と最終的な検討に入っているとのこと。
順調にいけば、今年3月に予定される2020年のオーストラリアGP前後にもゴーサインが出されると期待されている。
ただハミルトン(メルセデス)など一部ドライバーからは「荒れた路面こそこのコースの魅力」とのユニークな見解も示されている。

なお2023年まで開催契約があったこのオーストラリアGPは、昨年さらに2年間の延長を含んだ2025年まで継続開催することですでに合意されている。

|

2019/07/08

オーストラリアGP(メルボルン)、2020年も開幕戦が確定

Albert Park Circuit (C)Pirelli Motorsport
拡大します
2020年のF1カレンダーはまだ正式発表されていないが、いち早くその開幕戦にこれまで通りメルボルンのアルバートパーク特設コースを舞台としたオーストラリアGPになることが確定しているようだ。

これはリバティ・メディアの元でF1会長を務めるチェイス・キャリー/CEOが明らかにしたもの。
それによれば同会長は、「アルバートパークでのオーストラリアGPはもう長くF1の開幕戦として定着している。
地元のサポートも熱く、観客の人気も高い。
これを変える理由は私には見あたらないね」と、語っている。

2020年のオーストラリアGPもすでに世界的時計メーカーである『ロレックス』がイベントのタイトル・スポンサーに付くことが確定している。
3月15日(日)が決勝レースの期日となっている。

|

2019/03/25

アルバートパークに路面改修計画が浮上

Albert Park Circuit (C)Pirelli Motorsport
拡大します
市街地特設コースということもあり、バンピーな路面が目立つオーストラリアGPの開催地アルバートパークに、路面再舗装による改修計画が浮上している。

これはオーストラリアGPの主催者であるAGPC(オーストラリア・グランプリ株式会社)のアンドリュー・ウェスタコット代表が地元の『ジ・エイジ』紙に語ったもの。
それによれば路面改修はFIA(国際自動車連盟)のレーシング・ディレクターからの指示であることを示唆している。

しかしこれについてルイス・ハミルトン(2勝)やセバスチャン・ベッテル(3勝)らこのコースを得意とする一部ドライバーからは早くも反対の声が挙げられている。

中でもここアルバートパークで6年連続となるポールポジションを獲得しているハミルトンは、「この荒れた路面とほとんど逃げ場のないランオフエリアというのがこのコースの特徴なんだ。
これがなくなったら魅力がなくなってしまう。
危険な故にドライバーは繊細なマシンコントロールを要求されるんだね。
ところが路面をスムーズなものにしてしまったら、それはもう僕の愛するアルバートパークじゃなくなってしまうよ」と、指摘した。

|

2019/02/28

合同テスト後半2日目、ベッテル(フェラーリ)クラッシュ

Carlos Sainz (C)McLaren Group
拡大します
2月27日(水)、バルセロナ・サーキットを舞台に行われているシーズン前テスト後半は第2日目を迎えた。

トップタイムはこの日もマクラーレンでカルロス・サインツの記録した1'17.144、これは今年のテストでは全体のベストになるものだ。
130ラップの多きを数えたが、コース入口でストップ、赤旗中断の原因も作っている。

2番手はペレス(レーシング・ポイント)、3番手はベッテル(フェラーリ)。
この日のビッグニュースはなんといってもこのベッテルのクラッシュだろう。
新しい僚友であるルクレールとこの日もマシンをシェアしたベッテルは午前のセッションで40周を周回、この日の3番手となる1'18.193のベストタイムを記録したもののその後3コーナーでコースアウト・クラッシュ。
セッションは赤旗中断、ドライバーは直ちにメディカルセンターに運ばれて検査を受けたが幸い身体に問題ないとして解放された。
マシンは修復に当てられたもののルクレールのほうは結局インストレーションラップだけに留まりノータイムで終えている。

4番手ライコネン(アルファロメオ)、5番手グロージャン(ハース)、6-7番手には共にホンダ・パワーのフェルスタッペン(レッドブル)とクビアト(トロ・ロッソ)が並び合わせて229周を走り込んだ。
前日ハイドロリック系のトラブルに見舞われたメルセデスは遅れを取り戻すべくボタス&ハミルトン合わせて176周を周回した。
シーズン前テストで出遅れたウィリアムズは、クビサが最多の130周を周回、初めて本格的なテスト・プログラムを消化して追い上げの姿勢をみせた。

| | トラックバック (0)

2017/01/08

豪GPのアルバートパーク、一部コース変更へ

2016 Scene (C)Williams F1
拡大します
今年もF1開幕の栄誉を担うオーストラリアGPの開催地アルバートパーク特設コースだが、マシンの高速化を見据え、コースの一部改良に臨んでいるという。

アルバートパークのコース責任者は、「FIA(国際自動車連盟)からの指示に基づき、速くなるマシンに応えたバリヤの設置や新型衝撃吸収装置の増設など多くの地点で変更を施している。
彼らが要求する高いレベルのコース安全性が確保されたと確信している。
これで今年の予選がどのくらいのタイムになるのか、今から楽しみだよ」と、自信を覗かせた。

昨年のポールタイムはハミルトン(メルセデス)が記録した1'23.837。
平均速度227.713キロというもので、これはパーマネント・サーキットでない特設コースとしては異例に速いもの。

| | トラックバック (0)

2013/03/14

豪GPのDRSゾーンはストレートと2-3コーナーの間に

AlbertPark Map (C)Allianz Media
拡大します
既報の通り、FIA(国際自動車連盟)は今シーズンのF1のDRSゾーンについて例外(モナコと日本)を除くすべてのグランプリで2か所を設定することにしているが、開幕戦オーストラリアGP(アルバートパーク)については昨年と同様、スタート/ゴールのあるメインストレート、そしてこれに続く2-3コーナーの間のストレートになったことを明らかにした。
前車との間隔の計測ポイントは14コーナー手前に設けられる。

なお昨年までは制限されるのは決勝レースだけで、フリー走行と公式予選では自由だったが今年はすべてのセッションでDRSはこの2か所だけでしか使えなくなる。

| | トラックバック (0)

2012/03/10

開幕戦オーストラリアGP、今年のDRSゾーンは2か所に

Albert Park/Australia GP (C)FIA
拡大します
いよいよ1週間後に迫った今季開幕戦オーストラリアGPの舞台となるアルバートパークについて、FIA(国際自動車連盟)がDRS(ドラッグ・リダクション・システム)ゾーンを2か所に拡大する方針としていることがわかった。

昨年の同グランプリで初めて採用されたDRSゾーンは、ピット前のストレートのみの1か所だった。
一つのサーキットで実質2か所のDRSゾーンが設定されたのはイタリアGPからで、レース中のオーバーテイク・シーンを増やす有効な方法として現在はすっかり定着している。

まだアルバートパークでの2つ目のゾーンについて場所は明確にされていないが、サーキット関係者によれば2-3コーナーの間、もしくは12-13コーナーの間になるだろうということだ。

| | トラックバック (2)

その他のカテゴリー

70thアニバーサリーGP A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイフェルGP アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルベ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルピーヌ アルファタウリ アルファロメオ アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル イギリスGP イゴラ・ドライブ イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オランダGP オースティン オーストラリアGP オーストリアGP オーラ・ケレニウス カタール カナダGP カラム・アイロット カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コンコルド協定 サウジアラビアGP サクヒールGP サンパウロGP ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シュタイヤーマルクGP シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スプリントレース スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダビデ・ブリビオ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デンマークGP トスカーナGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエトロ・フィッティパルディ ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベトナムGP ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガルGP ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マイケル・マシ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロイ・ニッサニー ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・シュワルツマン ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロマーニャGP ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 周冠宇 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 岩佐歩夢 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介