2018/04/19

それでも「契約更改はまだ」と、優勝のリカルド(レッドブル)

Podium Scene (C)Redbull Racing
拡大します
まだ来季以降の契約がまとまっていないとされるレッドブル・レーシングのダニエル・リカルドだが、今回勝利したことで交渉に進捗があるのでは、との指摘について次のように言及した。

「まだ来季のことについては決まっていない。
僕は自分にとってベストなマシンでF1を戦いたいというだけなんだ。
それがレッドブルであるのかどうか、1勝しただけではまだわからない。
たぶんもっといろいろな選択肢があるのではないか。
さらに勝利を重ねることができたなら、自ずと判断は落ち着いて来るんだろうけど、毎回6位辺りでフィニッシュするというのではベストじゃない」

パドックの噂では、リカルドはバルテリ・ボタスの後釜としてメルセデスAMGチームのシートを窺っているとのことだ。

| | トラックバック (0)

2018/04/18

リカルド(レッドブル)逆転優勝の立役者にメカニック

Podium Scene (C)Redbull Racing
拡大します
中国GPで大逆転優勝を果たしたレッドブル・レーシングだが、優勝者と共に一人だけ表彰台に上がれる「功労者」に、同チームのクリスチャン・ホーナー代表が指名したのはリカルドのマシンのナンバーワン・メカニックであるクリスチャン・ゲント氏だった。

今回リカルドは6番グリッドからスタートしたが、実はフリー走行で起きたマシントラブルのため、チームは一丸となってルノー製パワーユニットを交換。
作業が終わってリカルドがコースインしたのは予選Q1が終了するわずか4分前という際どさだった。
また決勝レースでの逆転劇が成功するきっかけとなったセーフティカー導入時のタイヤ交換で、チームはこれまたまさにギリギリのタイミングでフェルスタッペンとのWピットストップを敢行してみせた。

そのいずれにもメカニックの超人的活躍があったとして、ホーナー代表から評価されたのがゲント氏だった。
表彰台でゲント氏の姿を確認したリカルドは目を潤ませてその感動に浸っていた。

| | トラックバック (0)

2018/04/16

リカルド(レッドブル)、「人生で最高のレースだった」

Daniel Ricciardo (C)Redbull Racing
拡大します
中国GPでグリッド6位からみごとな逆転優勝。
昨年のアゼルバイジャンGP以来となる勝利に輝いたレッドブル・レーシングのダニエル・リカルドは次のように喜びを表した。

「ものすごく楽しいレースだったよ。
とにかく凄いレースだったね、ほんと、今の今までまだ信じられなかったくらいだ。
優勝どころか、昨日の時点ではまともなレースができるか、というレベルだったんだもの。
チームが一丸となって素晴らしいマシンを用意してくれたお陰さ。
昨日の予選もそうだったけれど、今日もセーフティカーの際に素早い決断でタイヤ戦略を下してくれた。
そのお陰であれだけ終盤にオーバーテイクが可能になったんだよ。
今日はほんと、表彰台の上で泣きそうになってタイヘンだったくらい感激した。
こんなに素晴らしいことがある、それがこのスポーツの魅力なんだ」

堂々と表彰台の一番上に上がったリカルドが、シューイ(靴で乾杯)を披露したのは言うまでもない。

| | トラックバック (0)

2018/04/15

リカルド(レッドブル)、クルーの神業作業を礼賛

Daniel Ricciardo (C)Redbull Racing
拡大します
14日(土)行われたフリー走行セッションで、レッドブル・レーシングのダニエル・リカルドはTC(ターボチャージャー)のトラブルに見舞われ大きく白煙を上げてストップ。
このため午後の公式予選に向けてパワーユニットの交換を余儀なくされた。
予選出走までに残された時間は実質2時間ほど。
現代のマシンの複雑な交換作業を考えると予選Q1までに交換作業を終えることは不可能に思われた。

しかしレッドブルのクルーは驚異的なスピードで作業を完了。
無事、Q1最後のアタックというタイミングでリカルドをコースへと送り出した。
これについてリカルドは、「アタックに間に合うからガレードに来いと言われた時には信じられなかったくらいさ。
ほんとうにスタッフは素晴らしい仕事をしてくれた。
まさに神業だったね」と、礼賛した。

今回リカルドは最終的に6番グリッドを獲得したが、もしQ1アタックに間に合っていなけれは絶望的な20番手に甘んじるところだった。

| | トラックバック (0)

2018/03/25

リカルド(レッドブル)、杓子定規な処分に不満吐露

Daniel Ricciardo (C)Redbull Racing
拡大します
オーストラリアGPフリー走行セッション中に起きた赤旗の際、減速が不十分だったとしてグリッド3番降格のペナルティを喫したレッドブル・レーシングのダニエル・リカルドがこの判定に不満を示している。

「確かに規定には反したのかも知れない。
でもあの時はウルトラソフトを履いてアタックに出た直後。
もちろん赤旗中断を知ってアタックを中止して減速したけれど、それが不十分だっただけだ。
僕が何らかの利益を受けた訳じゃなし、それでグリッド降格とは厳し過ぎないか。
戒告とか罰金とか、もっとレースへの興味を失わせない方法があったんじゃないのか。
ただルール通りに処分をすればいいというものじゃないよ」、激白。

ホームグランプリで観客からの期待も高かったリカルドだが、レースが始まる前に早くも関心を削ぐ展開となったのは事実だ。

| | トラックバック (0)

2018/03/24

リカルド(レッドブル)に3グリッド降格処分

FIA
オーストラリアGPのレーススチュワードは、レッドブル・レーシングのダニエル・リカルドに対し3グリッド降格のペナルティを科したことを明らかにした。

それによればリカルドは23日行われたフリー走行2回目セッションで赤旗中断になった際、直ちに減速を行わず、規定を上回る速度で区間走行したというもの。
本人によれば直前にタイムアタックをしていたために減速が間に合わなかったという。

スチュワードはこれにより3グリッド降格と共に、ペナルティ・ポイント2点を科した。
ペナルティ・ポイントは連続する12か月で累積12点に達した場合、当該ドライバーのスーパーライセンスが次戦まで停止されるため次のレースに出場できないことになるが、リカルドはこれが初の処分となる。

| | トラックバック (0)

2018/02/22

クラッシュしてた、リカルド(レッドブル)のシェイクダウン

Redbull 『RB14』 (C)RedBull Racing
2月19日(月)に2018年の新型車『RB14』を発表したレッドブル・レーシングでは同日ダニエル・リカルドの手によりシェイクダウン・テストを行ったことが伝えられたが、実はその際トラブルに見舞われていたことがわかった。

アメリカのスポーツ専用チャンネル『ESPN』によれば、これはフィルミングデーを利用したもので、場所はイギリスのシルバーストーン・サーキット。
撮影などを行いながらの走行で決してスピードを出していた訳ではないということだが、リカルドはウェット路面に突然足を取られバリアにクラッシュしたということだ。

まだ開幕前のテスト開始までには時間があるので本格テストに支障はないとみられるが、タイトル奪取を窺うリカルドとしてはバツの悪いスタートとなった。

| | トラックバック (0)

2018/02/21

レッドブル『RB14』のシェイクダウンはリカルド

Redbull 『RB14』 (C)RedBull Racing
拡大します
2月19日(月)、2018年の新型車『RB14』を発表したレッドブル・レーシングは、すでに同車がシルバーストーン・サーキットでシェイクダウンを行ったことを明らかにしているが、ステアリングを握ったのはダニエル・リカルドだったということだ。

2018年マシンのテストが公式に伝えられたのはこれが初めて。
もちろんFIA(国際自動車連盟)が指定した合同テストではないのでプロモーション走行ということになり、タイヤや距離などに制限が掛けられたものになる。

昨シーズンはテスト当初、ルノー製パワーユニットにトラブルが発生して走行距離が稼げなかった経験から、今年は早めの「確認」になった模様だ。

シーズン前公式テストは来週の26日(月)からスペインのバルセロナ・サーキットでスタートする。

| | トラックバック (0)

2018/02/13

「ハミルトンと走りたい」と、リカルド(レッドブル)

Daniel Ricciardo (C)Redbull Racing
拡大します
レッドブル・レーシングとの現在の契約が2018年末までとされるダニエル・リカルド(28歳:オーストラリア)だが、いまのところまだ契約更新の話は伝えられていない。

これについて聞かれたリカルドは、「近い将来、(王者)ハミルトンと一緒に走りたい」と、その夢を語った。

「まだ2019年以降のことは考えていないよ。
基本的にはレッドブル残留だけど、今年のシーズンが始まってから決めようと思っている。
決めるにはマシンとチームが重要なことであって、チームメイトは問題じゃない。
でも、自分より速くて強力なドライバーがいいね。
そのほうが僕には刺激になるから。
できればハミルトンと一緒になれたらいいね」

ハミルトンのメルセデスAMG残留が確実なところから果たしてこれはリカルドが移籍を考えているのか、注目されるところだ。

| | トラックバック (0)

2018/01/08

リカルド(レッドブル)、「チームメイトとはいい関係」

Redbull Duo (C)RedBull Racing
拡大します
レッドブル・レーシングのダニエル・リカルド(28歳:オーストラリア)が今年コンビ3年目となるチームメイトのマックス・フェルスタッペン(20歳:オランダ)について言及、「尊敬すべき素晴らしいチームメイト」と、絶賛した。

「フェルスタッペンは若いドライバーだけれど、成長ぶりは著しい。
とりわけこの1年の成長は特筆すべきものだね。
確かにハンガリーでは不運な接触事故があったけれど、あれは彼にとってちょっとしたトレーニングになったことだろう。
直ちに反省して謝罪し、すべてを水に流したんだ。
今はお互いに敬意を持って尊重し、とてもいい関係になっている。
成長した彼はコースの上でもさらに手強いドライバーになる筈さ」

今年8年目のシーズンを迎えるリカルドがF1デビューを果たした年、まだ12歳だったフェルスタッペン少年はレーシングカートでヨーロッパ・チャンピオンになり早くもその才能を見せ始めていた。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク | A1グランプリ | BMW | BMWザウバー | DRS | DTM | F1 | F1テスト | F2 | F3 | FIA | FOM | FOTA | GP2 | GP3 | GPDA | IMSA | INDY | ING | IRL | KERS | NASCAR | US-GP | USF1 | VW | WEC | WRC | WTCC | アイルトン・セナ | アウディ | アストンマーティン | アゼルバイジャン | アダム・パール | アブダビGP | アメリカGP | アラン・プロスト | アルガルブ | アルガルブ・サーキット | アルゼンチンGP | アルド・コスタ | アルバートパーク | アルファロメオ | アルフォンソ・セリス | アレクサンダー・ロッシ | アレクサンドル・ブルツ | アレックス・リン | アンソニー・デビッドソン | アンディ・ソウセック | アントニオ・ジョビナッツィ | アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ | アンドレアス・ツバー | アンドレ・ロッテラー | イギリスGP | イタリアGP | イモラ | イルモア | インテルラゴス | インディアナポリス | インドGP | ウィリアムズ | ウィリ・ウェバー | ウィリー・ランプ | ウィル・スティーブンス | エイドリアン・カンポス | エイドリアン・スーティル | エイドリアン・ニューイ | エイボン | エステバン・オコン | エステバン・グティエレス | エディ・ジョーダン | エリック・ブイユ | エンジン | エンツォ・フィティパルディ | オトマー・サフナウアー | オースティン | オーストラリアGP | オーストリアGP | カタール | カナダGP | カルロス・ゴーン | カルロス・サインツJr. | カルン・チャンドク | カート | キミ・ライコネン | キャノピー | キャラミ・サーキット | ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ギュンター・シュタイナー | クムホ | クリスチャン・クリエン | クリスチャン・ホーナー | クレア・ウィリアムズ | グッドウッド | グレーム・ロードン | ケビン・マグヌッセン | ケータハムF1 | ゲイリー・パフェット | ゲルハルト・ベルガー | コスワース | コリン・コレス | コンコルド協定 | サム・マイケル | ザウバー | ザク・ブロウン | シャルル・ピック | シャルル・ルクレール | ショーン・ゲラエル | ショーン・ジェラエル | シリル・アビテブール | シルバーストーン | シンガポールGP | ジェラール・ロペス | ジェローム・ダンブロシオ | ジェンソン・バトン | ジェームス・アリソン | ジェームス・カラド | ジェームス・ロシター | ジェームズ・キー | ジャガー | ジャッキー・スチュワート | ジャック・エイトケン | ジャック・ビルニューブ | ジャンカルロ・フィジケーラ | ジャン・アレジ | ジャン・エリック・ベルニュ | ジャン・トッド | ジュリアーノ・アレジ | ジュール・ビアンキ | ジョナサン・ニール | ジョニー・ハーバート | ジョリオン・パーマー | ジョルジョ・パンターノ | ジョン・サーティーズ | ジョン・ハウェット | ジョン・ブース | ジョージ・ラッセル | ジョーダン | ジョーダン・キング | ジーン・ハース | スティーブ・ニールセン | ステファンGP | ステファーノ・ドメニカリ | ストッフェル・バンドーン | スパイカーF1 | スパフランコルシャン | スペインGP | スポンサー | スージー・ウォルフ | スーパーライセンス | スーパー・アグリ | スーパー・フォーミュラ | セバスチャン・ブエミ | セバスチャン・ベッテル | セバスチャン・ボーデ | セバスチャン・ロウブ | セパン・サーキット | セルゲイ・シロトキン | セルジオ・ペレス | セルジオ・マルキオンネ | ソチ | タイGP | タイヤ | ダカールラリー | ダニエル・ジュンカデラ | ダニエル・リカルド | ダニカ・パトリック | ダニール・クビアト | ダビデ・バルセッキ | ダン・ティクタム | チェイス・キャリー | チェコ | チャンプカー | チャーリー・ホワイティング | ティモ・グロック | テレビ | ディーター・ツェッチェ | ディートリッヒ・マテシス | デイトナ | デイモン・ヒル | デビッド・クルサード | デビッド・シューマッハ | デビッド・リチャーズ | デモラン | デュランゴ | デンマークGP | トト・ウォルフ | トニー・フェルナンデス | トヨタ | トルコGP | トロ・ロッソ | ドイツGP | ドニントンパーク | ナイジェル・マンセル | ナイトレース | ナレイン・カーティケヤン | ニキ・ラウダ | ニコラス・トッド | ニコラス・ラティフィ | ニコ・ヒュルケンバーグ | ニコ・ロズベルグ | ニック・ハイドフェルド | ニック・フライ | ニュルブルクリンク | ニュージャージー | ネルソン・アンジェロ・ピケ | ネルソン・ピケ | ノルベルト・ハウグ | ハイメ・アルグエルスアリ | ハインツ・ハラルド・フレンツェン | ハロー | ハンガリーGP | ハンガロリンク | ハンコック | ハースF1 | バルセロナ | バルテリ・ボタス | バレンシア | バレンシアGP | バレンティーノ・ロッシ | バーニー・エクレストン | バーレーンGP | バーレーン国際サーキット | パスカル・ウェーレイン | パストール・マルドナド | パット・シモンズ | パット・フライ | パディ・ロウ | パトリック・ヘッド | ヒスパニア・レーシング | ビタントニオ・リウッツィ | ピエール・ガスリー | ピットストップ | ピレリ | ファン・モントーヤ | フェラーリ | フェリッペ・ナスル | フェリッペ・マッサ | フェルナンド・アロンソ | フォース・インディア | フォード | フォーミュラE | フラビオ・ブリアトーレ | フランク・ウィリアムズ | フランク・ダーニー | フランスGP | フランツ・トスト | フレデリック・バッサー | ブラウンGP | ブラジルGP | ブラバム | ブランズハッチ | ブリヂストン | ブルガリア | ブルーノ・セナ | ブレンドン・ハートリー | プロドライブ | ヘイキ・コバライネン | ヘルマン・ティルケ | ヘルムート・マルコ | ヘレス | ベトナム | ベルギーGP | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ペーター・ザウバー | ホセ・マリア・ロペス | ホッケンハイム | ホンダ | ホー・ピン・トゥン | ボブ・ベル | ポルシェ | ポルトガル | ポールリカール | ポール・ストゥダート | ポール・ディ・レスタ | マイク・ガスコイン | マイク・コフラン | マウリツィオ・アリバベーネ | マクラーレン | マセラティ | マックス・チルトン | マックス・フェルスタッペン | マックス・モズレー | マニクール | マノー・マルシア | マリオ・アンドレッティ | マリオ・タイセン | マルク・ジェネ | マルコ・アスマー | マルコ・アンドレッティ | マルコ・マッティアッチ | マルシア | マレーシアGP | マ・キンファ | マーカス・アームストロング | マーカス・エリクソン | マーク・ウェバー | マーク・スミス | マーチ | マーティン・ウィットマーシュ | マーティン・ドネリー | マーティン・ブランドル | ミカ・サロ | ミカ・ハッキネン | ミシュラン | ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ | ミルコ・ボルトロッティ | ムジェロ | メカクローム | メキシコGP | メルセデス | モトGP | モナコGP | モニシャ・カルテンボーン | モンツァ | ヤス・マリーナ・サーキット | ヤルノ・トゥルーリ | ユナイテッドステーツGP | ヨンナム・サーキット | ヨースト・カピート | ヨーロッパGP | ラスベガス | ラファエル・マルシエロ | ラルフ・シューマッハ | ランス・ストロール | ランド・ノリス | ランボルギーニ | リオ・ハリアント | リザーブドライバー | リバティ・メディア | ルイス・ハミルトン | ルイス・ペレス・サラ | ルイス・レイジァ | ルカ・バドエル | ルカ・フィリッピ | ルカ・モンテツェモロ | ルノー | ルマン24時間レース | ルーカス・ディ・グラッシ | ルーベンス・バリチェッロ | レギュレーション | レッドブル | レッドブルリンク | レース・オブ・チャンピオンズ | ロシアGP | ロス・ブラウン | ロドルフォ・ゴンザレス | ロバート・クビサ | ロバート・ドーンボス | ロビン・フラインス | ロブ・スメドリー | ロブ・ホワイト | ロベルト・メルヒ | ロマン・グロージャン | ロリー・バーン | ロルダン・ロドリゲス | ロングビーチ | ロンドンGP | ロン・デニス | ロータス | ローマ | ローラ | ワールドシリーズbyルノー | ヴィジャイ・マルヤ | ヴィタリー・ペトロフ | 上海サーキット | 中国GP | 中嶋一貴 | 中嶋大祐 | 人事 | 佐藤万璃音 | 佐藤公哉 | 佐藤琢磨 | 八郷隆弘 | 南アフリカ | 国本京佑 | 富士スピードウェイ | 小暮卓史 | 小松礼雄 | 小林可夢偉 | 山本左近 | 新井康久 | 新型車発表 | 日本GP | 松下信治 | 武藤英紀 | 浜島裕英 | 片山右京 | 牧野任祐 | 田辺豊治 | 福住仁嶺 | 鈴木亜久里 | 鈴鹿サーキット | 長谷川祐介 | 韓国GP