2021/01/22

ペレス、「レッドブルはこれまでと異なるアプローチ」

Sergio Perez (C)Redbull Racing
拡大します
2021年のシートがレッドブル・レーシングに決まったセルジオ・ペレス(30歳:メキシコ)は、さっそくミルトンキーンズのファクトリーを訪問し、新しい環境への第一歩を進めた。

2011年、まだ21歳の時に当時のザウバーからF1デビューを果たしたペレスはこれまでマクラーレンやフォース・インディア(現レーシング・ポイント)など複数のチームで計10年もの経験を重ねているが、新しいチームの環境はこれまでにない新鮮なものだったと感想を語っている。

「まるで新しい家族と会ったような気分だよ。
ここにはこれまでのチームとは異なる勝利へのアプローチが感じられた。
初めてF1のトップチームという緊張感がそこにはあったね。
僕は、まさに正しいタイミングで、正しいポジションにいるんだと自覚しているよ。
だからこれまで経験してきたさまざまなことは、すべてこのチームで花を開かせるためにあったように思われる。
僕はここで、チームの期待に応える働きをしたいと心底から思っているんだ」と、ペレス。

メキシコの英雄であるペレスには多くの母国スポンサーも付いているが、チームは「純粋に本人の力量を買ったのであって、資金力は関係ない」と明言している。

|

2021/01/21

ペレス、レッドブルのファクトリーでシート合わせ

Sergio Perez (C)Redbull Racing
拡大します
2021年シーズン、レッドブル・レーシングのレースドライバーとして走ることが決まっているセルジオ・ペレス(30歳:メキシコ)が、このほどミルトンキーンズにある同チームのファクトリーを訪問、新型車のシート合わせを行ったことがわかった。

F1レギュレーションにより、今季のマシンは基本的に2020年のものを踏襲することになっていることから、マシン名も昨季の『RB16』を引き継いだ『RB16B』(仮称)というものになるものと噂されている。
今のところ独自のシェイクダウン・テストは計画されていないことから、初走行は公式シーズン前テストがスタートする3月12日(金)のバーレーン・サーキットになる予定。

なおペレスは今年も打倒メルセデスAMGチームの筆頭と目されるマックス・フェルスタッペンの相棒という難しい立場になる。

|

2021/01/03

ペレス、メルセデス・パワーの経験で新チームに貢献か

Sergio Perez (C)Racing Point F1
拡大します
昨季、念願の初勝利を果たしながらもレーシング・ポイントから無念の放出となったベランのセルジオ・ペレス(30歳:メキシコ)だが、タイトル争いも狙えるレッドブル・レーシングへの移籍という幸運をつかみ取った。
これについて同チームのクリスチャン・ホーナー代表は、「ペレスの持つ経験とその知識に魅力を感じている」と、期待感をみせた。

2011年、21歳の時に当時のザウバー・チームからF1デビューを飾ったペレスはとりわけウェット路面でのコンロールに長けていて、また難コースであるモナコGPで極だつスピードを発揮することもよく知られている。
さらにザウバー(フェラーリ)の後のマクラーレンやフォース・インディアでは実に8シーズンに渡ってメルセデス・パワーで戦ったことから、レッドブルにとっては倒すべきライバル・エンジンサプライヤーを知り尽くしている選手という魅力がある。
またペレスはタイヤへの労りにも定評があり、ピットストップ回数を減らすという決勝レースでの重要なタイヤ戦略でも実績を積み上げてきた。

これらが期待通り発揮された場合、レッドブル・ホンダのタイトル争いは面白いものになりそうだ。

|

2020/12/19

ペレス(レッドブル)、「チームのため100%の力尽くす」

Sergio Perez (C)Redbull Racing
拡大します
危うく今季限りでF1シート喪失という危機にあったセルジオ・ペレス(30歳:メキシコ)だったが、レッドブル・レーシングがアレクサンダー・アルボンに迎えてレースドライバーに起用することを決めたためF1生活が継続されることとなった。

これを受けペレスは、「2021年に、まF1でレースをする機会を与えてくれたレッドブルには心から感謝している。
レッドブル・レーシングはいまやタイトルを争えるトップチーム。
自分がF1に参戦し始めて以来、チャンピオンシップ争いをするチームでレースをすることをずっと望んでいたので興奮している。
フェルスタッペンのチームメイトとして、来シーズン100パーセントの力を尽くすことを断言するよ。
このチームと僕は勝利を求める姿勢を共有しているので、タイトル獲得を狙うこのチームのサポートをし、優れたパフォーマンスを発揮するために全力を尽くしたい」と、コメントした。

来季タイトル・スポンサーである「アストンマーティン」を失うこ経済的マイナスの補填にも、メキシコのスポンサーを持つビッグネームの獲得は力になる筈だ。

|

レッドブル・レーシング、ペレスと2021年契約を発表

Sergio Perez (C)Force India F1
拡大します
18日(金)、レッドブル・レーシングは噂通り現レーシング・ポイントのセルジオ・ペレス(30歳:メキシコ)を2021年のレースドライバーとして起用することを正式発表した。
ペレスは今年のバーレーンGPで初勝利を記録するなど戦績を残したが、フォース・インディア時代から7年間在籍したチームはベッテル(現フェラーリ)の獲得を優先した。

チームメイトはすでに残留が確定しているマックス・フェルスタッペンとなり、2年間在籍したアレクサンダー・アルボンはリザーブ&テストドライバーとして今後はマシン開発を担当する。

|

2020/12/18

レッドブル・レーシング、今日にもペレス獲得発表の噂

Sergio Perez (C)Force India F1
拡大します
まだエースであるマックス・フェルスタッペンの来季チームメイトとなるドライバーが確定していないレッドブル・レーシングだが、今日金曜日にもセルジオ・ペレス(現レーシング・ポイント)獲得の発表があると海外の複数メディアが報じて注目されている。
事実であれば、2年間在籍したアレクサンダー・アルボンはそのシートを失うことになる。

一方、ペレスは今季レーシング・ポイントでランキング4位に位置するなど活躍したが、所属チームからはすでに今季限りでの放出が通告され、現在も来季シートを見出せないでいる。

なおペレス獲得の場合でも、アルボンは強力なリザーブドライバーとして陣営に残す方針とみられている。

|

2020/12/14

レッドブル、来週ペレスとの契約発表の噂

Sergio Perez (C)Force India F1
拡大します
今季最終戦アブダビGPはレッドブルのフェルスタッペンが優勝、さらに僚友アルボンもメルセデスAMG勢に続いてフィニッシュするなど活躍をみせたが、パドックでは同チームがすでにペレス(現レーシング・ポイント)と来季契約を結んでいるとの報道が流れた。

これはフィンランドの一部メディアらが報じたもので、それによれば早ければ今週にも正式発表されるというもの。
同チームではフェルスタッペンの残留は決定しているが、もう一つのシートについては未定のままになっている。

これが事実であれば、皮肉にも今回のアルボン(4位入賞)とペレス(リタイヤ)というレース結果とは対照的な結末ということになりそうだ。

|

2020/12/12

ペレス(レーシング・ポイント)、PU交換でグリッド最後列に

Sergio Perez (C)Racing Point
拡大します
前戦サクヒールGPの覇者で、今週も順調な走り出しをみせているセルジオ・ペレス(レーシング・ポイント)だが、残念ながら今回はペナルティのためグリッド最後列からのスタートになることがわかった。

これは、アブダビGPに先立ち今シーズン4基目のICE(エンジン)、MGU-H(熱エネルギー回生システム)、TC(ターボチャージャー)らを交換、計15グリッド以上のペナルティが重なることから最後列スタートが確定したもの。

なおこのレースではケビン・マグヌッセン(ハース)もやはり同様に最後列からのスタートが、またシャルル・ルクレール(フェラーリ)はグリッド3番降格の前戦でのペナルティが確定している。

|

2020/12/01

ペレス落胆、「キャリア左右しかねないリタイヤ」

Sergio Perez (C)Racing Point
拡大します
このほど行われたバーレーンGP決勝レースで、表彰台獲得まであとわずか3周と迫った54周目、大きな炎と白煙と共に戦列を去る羽目となったセルジオ・ペレス(レーシング・ポイント)は、心の中においてもそのショックを隠せない様子だ。

「このレース結果は僕にとっても、またチームにとっても到底受け入れがたいものだ。
もちろん僕がもう一つF1のトロフィーを増やしたかどうかなんてグロージャンのあのアクシデントと比べたら屁でもないことだけどね。
まずは彼の回復を心から願っているよ」

その上でペレスは、「僕らはあの時点まで完璧なレースをしていた。
チェッカーまであとわずか、表彰台はもうほぼ手中に収めていたんだ。
でも突然起きたMGU-K(運動エネルギー回生システム)の電気トラブルですべてを失ってしまった。
それは単に3位というレース結果を失っただけでなく、僕の今後のF1人生をも奪ったかも知れないことだ」と、悔やんだ。

まだ来季シートが確保できていないペレスにとって、そのポジションを窺っていたアルボン(レッドブル)との直接バトルだっただけに取りこぼし感はなおさらだ。

|

2020/11/10

レッドブル・レーシング、悩む二人目のドライバー

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
来シーズン、エースであるマックス・フェルスタッペンの残留は確定しているものの、そのチームメイトとなる二人目のドライバーについてレッドブル・レーシングからはいまだにアナウンスがない。

今シーズンの戦績で決めるなら、イタリアGPで2008年のベッテル以来となる優勝をもたらせたピエール・ガスリーが有力とみられたが、同選手はすでにアルファタウリ残留が正式発表されている。
また無難な選択としては現在のアレクサンダー・アルボンの残留もあるが、首脳部ではいまいちそのパフォーマンスに納得してないようだ。

そこで浮上する外部からの採用の場合、今年共にレーシング・ポイントで走ったニコ・ヒュルケンバーグやセルジオ・ペレスの名前が挙げられている。
フェルスタッペンの個人的見解としてはヒュルケンバーグとの良好な関係をほのめかすが、ペレスにも豊富な経験と強さ、さらに母国メキシコからの潤沢なスポンサーもチームにとっては魅力に違いない。

ホンダF1が撤退する2022年以降、同チームがどんなパワーユニットを搭載するかはまだ未定だが、いずれにせよ巨額のエンジン代が見込まれることから、さしものレッドブルでも資金面で手当てが必要になるとみられるからだ。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

70thアニバーサリーGP A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイフェルGP アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルピーヌ アルファタウリ アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オランダGP オースティン オーストラリアGP オーストリアGP オーラ・ケレニウス カタール カナダGP カラム・アイロット カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 サウジアラビアGP サクヒールGP サンパウロGP ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シュタイヤーマルクGP シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダビデ・ブリビオ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トスカーナGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベトナムGP ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガルGP ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロイ・ニッサニー ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・シュワルツマン ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロマーニャGP ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介