2016/11/19

ペレス(フォース・インディア)、「メキシコの怒り」みせる

Sergio Perez (C)Sahara Force India F1
拡大します
あまり例がないことだが、ドライバーの側からスポンサーに絶縁状を叩きつけるという『珍事件』が起きた。

これはメキシコ人ドライバーであるフォース・インディア・チームのセルジオ・ペレスが、同選手のスポンサーであるスペインのサングラス・メーカー『ホーカーズ』が出した広告に激怒したもの。
その広告とは、アメリカの大統領選挙で「メキシコ嫌い」のトランプ氏が勝ったことを受け、「メキシコ国境に壁を作られたとき、涙を隠すのにサングラスを」と茶化したものだ。

ペレスの猛抗議を受けたホーカーズ社は非を認め、メキシコの大手紙に謝罪公告を載せる他、新たに慈善財団を設立してチャリティ活動に資するとしている。

| | トラックバック (0)

2016/10/03

ペレス、フォース・インディアと2017年契約結ぶ

Sergio Perez (C)Sahara Force India F1
拡大します
マレーシアGP決勝レースが行われた2日(日)、フォース・インディア・チームは噂通りセルジオ・ペレス(26歳:メキシコ)の2017年残留を正式発表した。
2014年に同チームに加入したペレスだが、これでニコ・ヒュルケンバーグをチームメイトにさらなる4年目のシーズンを迎えることになる。

ペレスは、「過去数年に渡ってこのチームが果たした進化を見て、来シーズンさらなる飛躍が期待できると確信して契約した。
来年はコンストラクターズ・ランキングで上位を目指すと共にぜひとも優勝という大きな目標を現実のものにしたい」と、意欲をみせた。

これについてパドックでは、2018年にフェラーリ入りを窺う布石と捉えられているようだ。

| | トラックバック (0)

2016/10/02

ペレス(フォース・インディア)、近く残留発表の見通し

Sergio Perez (C)Sahara Force India F1
拡大します
2014年、現在のフォース・インディア・チームに加入したセルジオ・ペレス(26歳:メキシコ)が、近くさらなる残留を正式発表する見通しだ。

これはマレーシアGPの会場でペレス自身が示唆したもの。
母国メキシコからの有力スポンサーをバックに持つペレスには多くのチームから関心が寄せられていた。
これまでフェラーリを始めとしてウィリアムズやルノーなど複数チームの名前が移籍先として挙げられてきたペレスだが、結局元の鞘に収まる形。
これにより2017年シーズンもニコ・ヒュルケンバーグとのコンビが続くものとみられる。

ペレスの目論見は2018年、フェラーリのライコネンの後釜に入ることと受け止められている。

| | トラックバック (0)

2016/09/18

ペレス(F・インディア)、さらなるグリッド降格のペナルティ

Sergio Perez (C)Sahara Force India F1
拡大します
シンガポールGPのレーススチュワード(競技委員)は17日(土)行われた公式予選セッション中、フォース・インディアのセルジオ・ペレスが当時イエローフラッグが示されていたにも関わらず、16コーナーでカーナンバー#21(グティエレス/ハース)をオーバーテイクしたとして、さらに予選グリッド3番降格のペナルティを追加したことを明らかにした。

別掲のように同選手にはすでにWイエローコーション下で速度を落とさなかったとして予選グリッド5番降格のペナルティが科せられていて、これにより予選10番手から18番手へと8番降格になる。

| | トラックバック (0)

ペレス(F・インディア)にはさらにグリッド降格のペナルティ

Sergio Perez (C)Sahara Force India F1
拡大します
シンガポールGPのレーススチュワード(競技委員)は、17日(土)行われた公式予選セッション中、フォース・インディアのセルジオ・ペレスが当時示されていたWイエローフラッグに従わなかったとして同選手に予選グリッド5番降格のペナルティ、さらにペナルティ・ポイント3点を科したことを明らかにした。

ドライバーのスーパーライセンスに対して科されるペナルティポイントは12か月有効。
ペレスはこれが初でトータル3点。
累積で12点に達すると当該ドライバーのスーパーライセンスが次戦まで停止されるため、実質的に次のレースに出場できないことになる。

| | トラックバック (0)

ペレス(F・インディア)にもピットレーン速度違反で罰金

Sergio Perez (C)Sahara Force India F1
拡大します
シンガポールGPのレーススチュワード(競技委員)は、17日(土)行われた公式予選セッション中、フォース・インディアのセルジオ・ペレスがピットレーン速度違反をしたとして同チームに200ユーロ(約2万3千円)の罰金を科したことを明らかにした。

それによればペレスは、制限60キロのところをわずかにオーバーする61.2キロで走行したとのことだ。
市街地特設コースであるマリーナベイ・サーキットは通常より制限速度が低く設定されている。

| | トラックバック (0)

2016/09/17

ペレス、フォース・インディアとの交渉難航か

Sergio Perez (C)Sahara Force India F1
拡大します
2014年からフォース・インディア・チームに在籍するセルジオ・ペレス(26歳:メキシコ)だが、残留確実とみられた2017年の契約について、ここに来て難航しているとの噂が聞こえてきた。

それによれば2017年シーズンは、翌年の他チーム移籍も踏まえ単年契約で合意と伝えられたものの、シンガポールGP前に行われるとみられた発表はなし。
関係者によれば、ペレスを支援するメキシコ系企業とのスポンサー交渉がうまくいっていないのでは、とのことだ。

以前から跳ね馬チーム入りの意欲を隠さないペレスは、2018年にこれをスポンサーと共に実現させようとしているとみられていて、その前の躓きは許されない。

| | トラックバック (0)

2016/09/12

残留1年のペレス(F・インディア)、2018年はフェラーリ狙い

Claro (C)Ferrari S.p.A
拡大します
一時はウィリアムズ、ないしルノー・チームにも名前が挙げられていたセルジオ・ペレス(26歳:メキシコ)だったが、どうやら2017年はフォース・インディア・チーム残留で落ち着いたようだ。
ただし契約はペレスの強い希望で1年限りになったとみられている。

これはペレスが憧れるフェラーリ・チームでもしライコネンが来年で引退した場合、2018年に空席が生まれる可能性が考えられるからだ。
そのため2018年についてはフリーハンドを残しているとみられるもの。

これを裏付けるように、フェラーリ・チームには『クラロ』のスポンサーが就いている。
同社はペレスを強力支援するメキシコの富豪カルロス・スリム・ドミット氏率いる『テルメックス』グループの携帯電話事業会社。
ペレスとの契約に先行してスポンサー契約を開始させたのではと、周囲ではみられている。

| | トラックバック (0)

2016/08/18

ペレス(フォース・インディア)、来季移籍に目途か

Sergio Perez (C)Sahara Force India F1
拡大します
このところ他チームへの移籍の可能性がささやかれていたフォース・インディア・チームのセルジオ・ペレス(26歳:メキシコ)だが、メディアの追求に本人が否定せず、どうやららいき移籍の目途がついたのではないかとみられている。

ペレスには世界有数の資産家とされるメキシコの富豪カルロス・スリム一家率いる『テルメックス』らのスポンサーがついていて、移籍の際には強力なバックアップとなるが、逆に移籍には常にこうしたスポンサーの意向を汲む必要があるなどの難もある。

これまで有力な移籍候補とされていたフェラーリ・チームはすでに今季のラインナップ継続が確定したためなくなったが、その後はウィリアムズかルノーが候補として挙げられているようだ。

ただ、2014年からコンビを組んでいる同僚のニコ・ヒュルケンバーグは来年も継続することを切望すると広言している。

| | トラックバック (0)

2016/08/14

ペレス(F・インディア)、「次のチームがF1キャリア決める」

Sergio Perez (C)McLaren Group
拡大します
現フォース・インディア・チームのセルジオ・ペレス(26歳:メキシコ)がイギリスの専門誌『オートスポーツ』に自身のF1における将来について言及、「次の移籍が大きな意味を持つ」と強調した。

「F1ドライバーにとって、どのチームに所属するかはとても大きな意味を持つ。
そしてそれにはタイミングも重要だね。
いくら名門チームに行っても、時期を誤ればそれは却ってマイナスにすらなる。
僕ももう26歳。
僕自身についていえば、次の選択はキャリアを決める重要なものになるだろう。
そのためにもこれまで経験したことをうまく活かして慎重に決めなければならないよ」

2011年、まだ21歳の若さでザウバー・チームからデビューしたペレスは、ドライバー・サーキットであるモナコで光る走りをみせたが同時に大クラッシュも経験。
2013年には名門マクラーレンに抜擢されたものの、思わぬ不振でわずか1年で放出。
このことがペレスにとってトラウマに。
その後は現在のフォース・インディアで活躍を続けるが、ここでは念願のタイトル獲得にならないのは必須で、再びトップチームへの返り咲きを狙っている。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク | A1グランプリ | BMW | BMWザウバー | DRS | DTM | F1 | F1テスト | F2 | F3 | FIA | FOM | FOTA | GP2 | GP3 | GPDA | INDY | ING | IRL | KERS | NASCAR | US-GP | USF1 | VW | WEC | WRC | アイルトン・セナ | アウディ | アストンマーティン | アゼルバイジャン | アダム・パール | アブダビGP | アメリカGP | アラン・プロスト | アルガルブ | アルガルブ・サーキット | アルド・コスタ | アルバートパーク | アルファロメオ | アレクサンダー・ロッシ | アレクサンドル・ブルツ | アレックス・リン | アンソニー・デビッドソン | アンディ・ソウセック | アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ | アンドレアス・ツバー | アンドレ・ロッテラー | イギリスGP | イタリアGP | イモラ | イルモア | インテルラゴス | インディアナポリス | インドGP | ウィリアムズ | ウィリ・ウェバー | ウィリー・ランプ | ウィル・スティーブンス | エイドリアン・カンポス | エイドリアン・スーティル | エイドリアン・ニューイ | エイボン | エステバン・オコン | エステバン・グティエレス | エディ・ジョーダン | エリック・ブイユ | エンジン | オースティン | オーストラリアGP | オーストリアGP | カタール | カナダGP | カルロス・ゴーン | カルロス・サインツJr. | カルン・チャンドク | カート | キミ・ライコネン | キャノピー | キャラミ・サーキット | ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ギュンター・シュタイナー | クムホ | クリスチャン・クリエン | クリスチャン・ホーナー | クレア・ウィリアムズ | グッドウッド | グレーム・ロードン | ケビン・マグヌッセン | ケータハムF1 | ゲイリー・パフェット | ゲルハルト・ベルガー | コスワース | コリン・コレス | コンコルド協定 | サム・マイケル | ザウバー | シャルル・ピック | シャルル・ルクレール | シリル・アビテブール | シルバーストーン | シンガポールGP | ジェラール・ロペス | ジェローム・ダンブロシオ | ジェンソン・バトン | ジェームス・アリソン | ジェームス・カラド | ジェームス・ロシター | ジェームズ・キー | ジャガー | ジャッキー・スチュワート | ジャック・ビルニューブ | ジャンカルロ・フィジケーラ | ジャン・アレジ | ジャン・エリック・ベルニュ | ジャン・トッド | ジュリアーノ・アレジ | ジュール・ビアンキ | ジョナサン・ニール | ジョニー・ハーバート | ジョリオン・パーマー | ジョルジョ・パンターノ | ジョン・サーティーズ | ジョン・ハウェット | ジョン・ブース | ジョーダン | ジョーダン・キング | ジーン・ハース | ステファンGP | ステファーノ・ドメニカリ | ストッフェル・バンドーン | スパイカーF1 | スパフランコルシャン | スペインGP | スポンサー | スージー・ウォルフ | スーパーライセンス | スーパー・アグリ | セバスチャン・ブエミ | セバスチャン・ベッテル | セバスチャン・ボーデ | セバスチャン・ロウブ | セパン・サーキット | セルゲイ・シロトキン | セルジオ・ペレス | セルジオ・マルキオンネ | ソチ | タイGP | タイヤ | ダカールラリー | ダニエル・ジュンカデラ | ダニエル・リカルド | ダニカ・パトリック | ダニール・クビアト | ダビデ・バルセッキ | チェコ | チャンプカー | チャーリー・ホワイティング | ティモ・グロック | テレビ | ディートリッヒ・マテシス | デイモン・ヒル | デビッド・クルサード | デビッド・リチャーズ | デモラン | デュランゴ | トト・ウォルフ | トニー・フェルナンデス | トヨタ | トルコGP | トロ・ロッソ | ドイツGP | ドニントンパーク | ナイジェル・マンセル | ナイトレース | ナレイン・カーティケヤン | ニキ・ラウダ | ニコラス・トッド | ニコ・ヒュルケンバーグ | ニコ・ロズベルグ | ニック・ハイドフェルド | ニック・フライ | ニュルブルクリンク | ニュージャージー | ネルソン・アンジェロ・ピケ | ネルソン・ピケ | ノルベルト・ハウグ | ハイメ・アルグエルスアリ | ハインツ・ハラルド・フレンツェン | ハロー | ハンガリーGP | ハンコック | ハースF1 | バルセロナ | バルテリ・ボタス | バレンシア | バレンシアGP | バレンティーノ・ロッシ | バーニー・エクレストン | バーレーンGP | バーレーン国際サーキット | パスカル・ウェーレイン | パストール・マルドナド | パット・シモンズ | パット・フライ | パディ・ロウ | パトリック・ヘッド | ヒスパニア・レーシング | ビタントニオ・リウッツィ | ピエール・ガスリー | ピットストップ | ピレリ | ファン・モントーヤ | フェラーリ | フェリッペ・ナスル | フェリッペ・マッサ | フェルナンド・アロンソ | フォース・インディア | フォード | フォーミュラE | フラビオ・ブリアトーレ | フランク・ウィリアムズ | フランク・ダーニー | フランスGP | フランツ・トスト | フレデリック・ヴァスール | ブラウンGP | ブラジルGP | ブラバム | ブランズハッチ | ブリヂストン | ブルガリア | ブルーノ・セナ | ブレンドン・ハートリー | プロドライブ | ヘイキ・コバライネン | ヘルマン・ティルケ | ヘルムート・マルコ | ヘレス | ベトナム | ベルギーGP | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ペーター・ザウバー | ホセ・マリア・ロペス | ホッケンハイム | ホンダ | ホー・ピン・トゥン | ボブ・ベル | ポルシェ | ポルトガル | ポールリカール | ポール・ストゥダート | ポール・ディ・レスタ | マイク・ガスコイン | マイク・コフラン | マウリツィオ・アリバベーネ | マクラーレン | マックス・チルトン | マックス・フェルスタッペン | マックス・モズレー | マニクール | マノー・マルシア | マリオ・アンドレッティ | マリオ・タイセン | マルク・ジェネ | マルコ・アスマー | マルコ・アンドレッティ | マルコ・マッティアッチ | マルシア | マレーシアGP | マ・キンファ | マーカス・エリクソン | マーク・ウェバー | マーク・スミス | マーチ | マーティン・ウィットマーシュ | マーティン・ドネリー | マーティン・ブランドル | ミカ・サロ | ミカ・ハッキネン | ミシュラン | ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ | ミルコ・ボルトロッティ | ムジェロ | メカクローム | メキシコGP | メルセデス | モトGP | モナコGP | モニシャ・カルテンボーン | モンツァ | ヤス・マリーナ・サーキット | ヤルノ・トゥルーリ | ユナイテッドステーツGP | ヨンナム・サーキット | ヨースト・カピート | ヨーロッパGP | ラスベガス | ラファエル・マルシエロ | ラルフ・シューマッハ | ランス・ストロール | ランボルギーニ | リオ・ハリアント | リザーブドライバー | ルイス・ハミルトン | ルイス・ペレス・サラ | ルイス・レイジァ | ルカ・バドエル | ルカ・フィリッピ | ルカ・モンテツェモロ | ルノー | ルマン24時間レース | ルーカス・ディ・グラッシ | ルーベンス・バリチェッロ | レギュレーション | レッドブル | レッドブルリンク | レース・オブ・チャンピオンズ | ロシアGP | ロス・ブラウン | ロドルフォ・ゴンザレス | ロバート・クビサ | ロバート・ドーンボス | ロビン・フラインス | ロブ・スメドリー | ロベルト・メルヒ | ロマン・グロージャン | ロリー・バーン | ロルダン・ロドリゲス | ロングビーチ | ロンドンGP | ロン・デニス | ロータス | ローマ | ローラ | ワールドシリーズbyルノー | ヴィジャイ・マルヤ | ヴィタリー・ペトロフ | 上海サーキット | 中国GP | 中嶋一貴 | 中嶋大祐 | 人事 | 佐藤公哉 | 佐藤琢磨 | 八郷隆弘 | 南アフリカ | 国本京佑 | 富士スピードウェイ | 小暮卓史 | 小松礼雄 | 小林可夢偉 | 山本左近 | 新井康久 | 新型車発表 | 日本GP | 松下信治 | 武藤英紀 | 浜島裕英 | 片山右京 | 鈴木亜久里 | 鈴鹿サーキット | 長谷川祐介 | 韓国GP