2017/06/13

グロージャン(ハース)、サインツの謝罪受け入れ

Romain Grosjean (C)Haas F1 Team
カナダGP決勝レースのオープニングラップで起きた多重クラッシュの原因を作ったとしてペナルティを受けたトロ・ロッソのカルロス・サインツが、自身のツイッターで直接の被害者であるハースF1チームのロマン・グロージャンに謝罪を行った。

これを受けグロージャンは、「確かにミラーを確認してもブラインドになってしまうこともある」と、サインツの言い分を受け入れた。

「ミラーだけでは確認できないこともあるけれど、コーナーに入るまでの他車との位置関係が頭に入っていればこんな事故にはならない筈。
その後彼がさらに新たな被害者を出さなくて良かったよ。
もっとも、過去に手痛い想い出のある僕が言うのも何だけどね」と、アクシデントの先輩。

2012年ベルギーGPで同じようなケースによりハミルトンと接触したグロージャンは、レース後1戦の出場停止という今回より格段に思い処分を受けた経験がある。

| | トラックバック (0)

2017/05/12

ハースF1チームはコイントスでアップデートを決定

Kevin Magnussen (C)Haas F1 Team
拡大します
ヨーロッパ・ラウンドの幕開けとなるスペインGPでは、多くのチームがシーズン最初のアップデートを投入するが、ハースF1チームねその例外ではない。
ただ用意された改良版フロアパネルは1台分で、ロマン・グロージャン&ケビン・マグヌッセンのいずれかは今回アップデートの恩恵を受けられないことになる。

同チームでは相談の結果、コイントスで優先順位を決めることとなった。
その結果、アップデートの権利を獲得したのはマグヌッセンのほうだった。

これについて同チームのギュンター・シュタイナー代表は「最も公平な方法」と自讃したが、残念ながら後回しとなったグロージャンは、「昔からコイントスで勝ったことがない」と、ため息をついた。

| | トラックバック (0)

2017/05/05

GPDA(F1ドライバー団体)、バトンの後任にグロージャン

Romain Grosjean (C)Haas F1 Team
F1ドライバーの団体であるGPDA(グランプリ・ドライバーズ・アソシエーション)は、フルタイムのレースドライバーから外れたことにより役員の立場を降りたジェンソン・バトン(マクラーレン)の後任に、ハースF1チームのロマン・グロージャンを選出したことを明らかにした。

ドライバーの立場から主に安全問題で貢献するため1961年に作られたGPDA(スターリング・モス氏が初代代表)は、加入が義務付けられていないためすべてのドライバーが加入している訳ではないが、F1におけるその影響力は大きいものがある。

現在の会長は元ベネトンやウィリアムズらで活躍したアレクサンドル・ブルツ氏。
役員には他にフェラーリのセバスチャン・ベッテルも名を連ねている。

| | トラックバック (0)

2017/04/13

ハースF1首脳、イエローコーションでのペナルティに懐疑的

Romain Grosjean (C)Haas F1 Team
拡大します
ハースF1チームのロマン・グロージャンは、先に行われた中国GP予選Q1中、直前でクラッシュしたジョビナッツィ(ザウバー)の影響でセッションがイエローコーションになった歳に減速が不十分だったとしてレーススチュワード(競技委員)からペナルティを通告された。

ペナルティはグリッド5番降格に加え、さらにペナルティ・ポイント3点という厳罰にあたるものだったが、これについて同チームのギュンター・シュタイナー代表が懐疑的な見解を示している。

「あの時は予選Q1の最終ラップ、しかも見通しの効かない最終コーナー直前のイエローということで減速が間に合わないという事情があった。
実際、同じことでパーマー(ルノー)もペナルティを喰らっているのだしね。
そして問題なのはこうしたスチュワードの決定に対し、われわれは何も抗議する術を持っていないということだ。
全体に広い目でもっと公正な手段が講じられて然るべきなのではないか」

グロージャンはこのペナルティによりグリッド最後列に後退、追い上げたレースも結局11位で悲願のポイント獲得はならなかった。

| | トラックバック (0)

2017/04/09

グロージャン(ハース)&パーマー(ルノー)、ペナルティ・ポイントも

FIA
イエローコーション無視によりいずれもグリッド5番降格のペナルティを科せられたハースF1のロマン・グロージャンとルノーのジョリオン・パーマーには、さらにペナルティ・ポイント3点が科せられたことがわかった。

ペナルティ・ポイントは1年間の累計で12点に達した場合、スーパーライセンスが停止され、1戦出場停止となるが、グロージャンはこれが初めてなのに対し、パーマーのほうはすでに昨季の4点があるのでこれで累積7点ということになる。

| | トラックバック (0)

2017/03/14

ハースも「フェラーリ・エンジン進化している」

Romain Grosjean (C)Haas F1 Team
拡大します
シーズン前テストでトップタイムを記録したのはフェラーリ・チームだったが、シャシーだけでなく同社製のパワーユニットも進化していることは間違いないようだ。
これは同じくフェラーリ製パワーユニットを搭載するハースF1チームが明らかにしたもの。

同チームで2年目を迎えるロマン・グロージャンは次のようにその印象を語っている。
「去年から続いているブレーキのフィーリングを除けばハースのマシンはすこぶる好調でトラブルらしいトラブルは起きていない。
何よりフェラーリ・エンジンが良くなっているのは間違いないね。
自分たちが使うエンジンが良くなって不満を持つ奴なんていはしない。
パワフルになっただけでなくドライバビリティも向上しているし、今から本番が楽しみだよ」

今季フェラーリ製パワーユニットを搭載するチームにはもう一つザウバー・チームもあるが、こちらは1年落ちの旧仕様とされていて残念ながらこの恩恵は受けられないようだ。

| | トラックバック (0)

2017/01/06

グロージャン、「ハースは自力でF1マシン作れる」

Haas Factory (C)Haas Formula LLC
拡大します
2016年シーズン、F1新規参戦にもかかわらず開幕から連続入賞を遂げるなど高い力量をみせたハースF1チームだが、その一方でマシンはダラーラ社製、またパワーユニットを初めとするテクノロジーの主要部分をフェラーリから供給を受けるなど批判的な捉え方をされているのも事実だ。

こうした指摘に対し、昨季同チームで全ポイント獲得を果たしたロマン・グロージャンは次のように反論している。

「われわれのマシンが多くの部分で他からサポートを受けているのは事実だ。
でも決してレギュレーションに違反している訳ではない。
経験のない新規参戦チームとしてより良い方法を模索した結果というだけのこと。
実際僕はハースのファクトリーを見学したけれど、あれだけの設備があればF1マシンを作るのは十分可能なことだと思ったもの。
ただそれを判断するのは僕らドライバーではなく上層部だということだよ」

昨季はエステバン・グティエレスがチームメイトだったが、今季はケビン・マグヌッセンとのコンビネーションで戦うことが決まっている。

| | トラックバック (0)

2016/11/15

グロージャン(ハース)、「24時間で悪夢に落ちた」

Romain Grosjean (C)Haas F1 Team
拡大します
ブラジルGP公式予選でハースF1チームにとって参戦以来最高位となる7番グリッドを獲得したロマン・グロージャンだったが、なんと決勝レース前のウォームアップ走行でクラッシュ、スタート前に戦線離脱を余儀なくされる結果となった。

これについて当のグロージャンは次のように謝罪した。
「ハースに期待してくれた世界中のファンに申し訳ないと思っているよ。
だって、期待値100からたった24時間で0まで落ちてしまったんだからね。
インテルラゴスのコンディションはとても難しく、もちろんあの時全力でなんか走っていない。
それでも突然まったくマシンはコントロールを失ってしまったんだ。
ガードレールにヒットしたマシンはフロント・サスペンションが折れていて諦めるしかなかった。
せっかくポイント獲得絶好のチャンスだったのに……」

ハースF1はグティエレスのほうも電気系(MGU-H)のトラブルでリタイヤに終わっている。

| | トラックバック (0)

2016/10/08

ハースF1、参戦以来初となる「2台Q3進出」に沸く

Romain Grosjean (C)Haas F1 Team
拡大します
今シーズンから新たにF1参戦したばかりのルーキー・チームであるハースF1が、今回の日本GPで参戦以来初となる「2台共にトップ10入り」というQ3進出の「快挙」を果たした。
予選8位となったグロージャンはバーレーンGPでの9位を上廻る今季自己最高位、また10位のグティエレスも今季イタリアGPと並ぶ最高位タイとなるものだ。

これについてグロージャンは「予選最高位というのはチームの士気を高めるためにもとても素晴らしいものだ」と、自讃。
またグティエレスのほうも「今週は出だしがあまり良いものではなかったので、まさかQ3進出が果たせるとは思っていなかった。
ルーキーチームにとって今の時期にこの成果は素晴らしいものだよ」と、こちらも絶賛。

なおハースF1チームでは日本人技術者の小松礼雄氏がチーフ・エンジニアを務めていることもあってか、鈴鹿では熱心なファンの応援が目立った。

| | トラックバック (0)

グロージャン(ハース)、ブレーキメーカーを非難

Brake Image (C)Renault F1 UK
拡大します
これまで再三に渡ってコースアウトを演じているハースF1チームのロマン・グロージャン(30歳:フランス)だが、その原因として繰り返しブレーキのトラブルを訴えている。
実際にあわや大アクシデントといった危険なシーンもあり、ドライバーが不満を吐露するのは理解できること。
ただグロージャンの場合、しばしば無線で『放送禁止用語』を口にするため厄介ではある。

今週の鈴鹿サーキットでもブレーキに納得していないグロージャンはついに製造元である『ブレンボ』を名指しで口撃し始めて、チームを慌てさせているようだ。
「こっちは命を懸けて戦っているんだ。
ブレーキが信頼できなければレースなんかできやしない。
責任はチームにではなくサプライヤー(ブレンボ)にある」と、まくしたてた。

F1のブレーキメーカーとしては他にも「APレーシング」や「カーボン・インダストリー」、「ヒトコ」等が知られているが、中でも名門の「ブレンボ」は他チームでも多く採用されている筈でブレーキトラブルの原因は明確でない。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク | A1グランプリ | BMW | BMWザウバー | DRS | DTM | F1 | F1テスト | F2 | F3 | FIA | FOM | FOTA | GP2 | GP3 | GPDA | INDY | ING | IRL | KERS | NASCAR | US-GP | USF1 | VW | WEC | WRC | WTCC | アイルトン・セナ | アウディ | アストンマーティン | アゼルバイジャン | アダム・パール | アブダビGP | アメリカGP | アラン・プロスト | アルガルブ | アルガルブ・サーキット | アルド・コスタ | アルバートパーク | アルファロメオ | アルフォンソ・セリス | アレクサンダー・ロッシ | アレクサンドル・ブルツ | アレックス・リン | アンソニー・デビッドソン | アンディ・ソウセック | アントニオ・ジョビナッツィ | アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ | アンドレアス・ツバー | アンドレ・ロッテラー | イギリスGP | イタリアGP | イモラ | イルモア | インテルラゴス | インディアナポリス | インドGP | ウィリアムズ | ウィリ・ウェバー | ウィリー・ランプ | ウィル・スティーブンス | エイドリアン・カンポス | エイドリアン・スーティル | エイドリアン・ニューイ | エイボン | エステバン・オコン | エステバン・グティエレス | エディ・ジョーダン | エリック・ブイユ | エンジン | エンツォ・フィティパルディ | オースティン | オーストラリアGP | オーストリアGP | カタール | カナダGP | カルロス・ゴーン | カルロス・サインツJr. | カルン・チャンドク | カート | キミ・ライコネン | キャノピー | キャラミ・サーキット | ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ギュンター・シュタイナー | クムホ | クリスチャン・クリエン | クリスチャン・ホーナー | クレア・ウィリアムズ | グッドウッド | グレーム・ロードン | ケビン・マグヌッセン | ケータハムF1 | ゲイリー・パフェット | ゲルハルト・ベルガー | コスワース | コリン・コレス | コンコルド協定 | サム・マイケル | ザウバー | ザク・ブロウン | シャルル・ピック | シャルル・ルクレール | シリル・アビテブール | シルバーストーン | シンガポールGP | ジェラール・ロペス | ジェローム・ダンブロシオ | ジェンソン・バトン | ジェームス・アリソン | ジェームス・カラド | ジェームス・ロシター | ジェームズ・キー | ジャガー | ジャッキー・スチュワート | ジャック・ビルニューブ | ジャンカルロ・フィジケーラ | ジャン・アレジ | ジャン・エリック・ベルニュ | ジャン・トッド | ジュリアーノ・アレジ | ジュール・ビアンキ | ジョナサン・ニール | ジョニー・ハーバート | ジョリオン・パーマー | ジョルジョ・パンターノ | ジョン・サーティーズ | ジョン・ハウェット | ジョン・ブース | ジョーダン | ジョーダン・キング | ジーン・ハース | ステファンGP | ステファーノ・ドメニカリ | ストッフェル・バンドーン | スパイカーF1 | スパフランコルシャン | スペインGP | スポンサー | スージー・ウォルフ | スーパーライセンス | スーパー・アグリ | スーパー・フォーミュラ | セバスチャン・ブエミ | セバスチャン・ベッテル | セバスチャン・ボーデ | セバスチャン・ロウブ | セパン・サーキット | セルゲイ・シロトキン | セルジオ・ペレス | セルジオ・マルキオンネ | ソチ | タイGP | タイヤ | ダカールラリー | ダニエル・ジュンカデラ | ダニエル・リカルド | ダニカ・パトリック | ダニール・クビアト | ダビデ・バルセッキ | チェイス・キャリー | チェコ | チャンプカー | チャーリー・ホワイティング | ティモ・グロック | テレビ | ディートリッヒ・マテシス | デイモン・ヒル | デビッド・クルサード | デビッド・リチャーズ | デモラン | デュランゴ | トト・ウォルフ | トニー・フェルナンデス | トヨタ | トルコGP | トロ・ロッソ | ドイツGP | ドニントンパーク | ナイジェル・マンセル | ナイトレース | ナレイン・カーティケヤン | ニキ・ラウダ | ニコラス・トッド | ニコ・ヒュルケンバーグ | ニコ・ロズベルグ | ニック・ハイドフェルド | ニック・フライ | ニュルブルクリンク | ニュージャージー | ネルソン・アンジェロ・ピケ | ネルソン・ピケ | ノルベルト・ハウグ | ハイメ・アルグエルスアリ | ハインツ・ハラルド・フレンツェン | ハロー | ハンガリーGP | ハンコック | ハースF1 | バルセロナ | バルテリ・ボタス | バレンシア | バレンシアGP | バレンティーノ・ロッシ | バーニー・エクレストン | バーレーンGP | バーレーン国際サーキット | パスカル・ウェーレイン | パストール・マルドナド | パット・シモンズ | パット・フライ | パディ・ロウ | パトリック・ヘッド | ヒスパニア・レーシング | ビタントニオ・リウッツィ | ピエール・ガスリー | ピットストップ | ピレリ | ファン・モントーヤ | フェラーリ | フェリッペ・ナスル | フェリッペ・マッサ | フェルナンド・アロンソ | フォース・インディア | フォード | フォーミュラE | フラビオ・ブリアトーレ | フランク・ウィリアムズ | フランク・ダーニー | フランスGP | フランツ・トスト | フレデリック・ヴァスール | ブラウンGP | ブラジルGP | ブラバム | ブランズハッチ | ブリヂストン | ブルガリア | ブルーノ・セナ | ブレンドン・ハートリー | プロドライブ | ヘイキ・コバライネン | ヘルマン・ティルケ | ヘルムート・マルコ | ヘレス | ベトナム | ベルギーGP | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ペーター・ザウバー | ホセ・マリア・ロペス | ホッケンハイム | ホンダ | ホー・ピン・トゥン | ボブ・ベル | ポルシェ | ポルトガル | ポールリカール | ポール・ストゥダート | ポール・ディ・レスタ | マイク・ガスコイン | マイク・コフラン | マウリツィオ・アリバベーネ | マクラーレン | マックス・チルトン | マックス・フェルスタッペン | マックス・モズレー | マニクール | マノー・マルシア | マリオ・アンドレッティ | マリオ・タイセン | マルク・ジェネ | マルコ・アスマー | マルコ・アンドレッティ | マルコ・マッティアッチ | マルシア | マレーシアGP | マ・キンファ | マーカス・アームストロング | マーカス・エリクソン | マーク・ウェバー | マーク・スミス | マーチ | マーティン・ウィットマーシュ | マーティン・ドネリー | マーティン・ブランドル | ミカ・サロ | ミカ・ハッキネン | ミシュラン | ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ | ミルコ・ボルトロッティ | ムジェロ | メカクローム | メキシコGP | メルセデス | モトGP | モナコGP | モニシャ・カルテンボーン | モンツァ | ヤス・マリーナ・サーキット | ヤルノ・トゥルーリ | ユナイテッドステーツGP | ヨンナム・サーキット | ヨースト・カピート | ヨーロッパGP | ラスベガス | ラファエル・マルシエロ | ラルフ・シューマッハ | ランス・ストロール | ランボルギーニ | リオ・ハリアント | リザーブドライバー | リバティ・メディア | ルイス・ハミルトン | ルイス・ペレス・サラ | ルイス・レイジァ | ルカ・バドエル | ルカ・フィリッピ | ルカ・モンテツェモロ | ルノー | ルマン24時間レース | ルーカス・ディ・グラッシ | ルーベンス・バリチェッロ | レギュレーション | レッドブル | レッドブルリンク | レース・オブ・チャンピオンズ | ロシアGP | ロス・ブラウン | ロドルフォ・ゴンザレス | ロバート・クビサ | ロバート・ドーンボス | ロビン・フラインス | ロブ・スメドリー | ロブ・ホワイト | ロベルト・メルヒ | ロマン・グロージャン | ロリー・バーン | ロルダン・ロドリゲス | ロングビーチ | ロンドンGP | ロン・デニス | ロータス | ローマ | ローラ | ワールドシリーズbyルノー | ヴィジャイ・マルヤ | ヴィタリー・ペトロフ | 上海サーキット | 中国GP | 中嶋一貴 | 中嶋大祐 | 人事 | 佐藤万璃音 | 佐藤公哉 | 佐藤琢磨 | 八郷隆弘 | 南アフリカ | 国本京佑 | 富士スピードウェイ | 小暮卓史 | 小松礼雄 | 小林可夢偉 | 山本左近 | 新井康久 | 新型車発表 | 日本GP | 松下信治 | 武藤英紀 | 浜島裕英 | 片山右京 | 鈴木亜久里 | 鈴鹿サーキット | 長谷川祐介 | 韓国GP