2019/02/17

ハースF1、新型車『VF-19』をシェイクダウン

Haas Ferrari 『VF-19』(C)Haas F1 Team
16日(土)、ハースF1チームは来週月曜日からスタートするバルセロナ合同テストを前に、当地バルセロナ・サーキットでフィルミングデーを利用した事実上のシェイクダウン・テストを敢行した。

ステアリングを握ったのはこのチームで4年目を迎えるロマン・グロージャン(32歳:フランス)。
本格テストを前に各部のシステムチェックを行ってコクピットを降りた、
シーズン前テストでは3年目のケビン・マグヌッセン(26歳:デンマーク)と共に『VF-19』の本格テストをすることになる。

| | トラックバック (0)

2018/11/25

グロージャン&ガスリーの接触事故はお咎めなしに

FIA
アブダビGPのレーススチュワード(審査委員)は、24日(土)行われたフリー走行3回目セッションで起きたグロージャン(ハース)とガスリー(トロ・ロッソ)との接触事故についてセッション終了後の審議対象としていたが、スチュワードはビデオ映像とテレメトリー等を確認した結果、通常のインシデント(出来事)であるとしてペナルティ等を科さないことを明らかにした。

ただこのケースはスロー走行していたグロージャンがレーシングラインに留まっていて起きたもので、グロージャンはセッション終了後にトロ・ロッソのガレージに趣いて謝罪している。

| | トラックバック (0)

2018/11/21

グロージャン(ハース)、「P.フィティパルディの加入に期待」

Pietro Fittipaldi (C)Haas F1 Team
拡大します
ハースF1チームはブラジルGPの会場でインディカー・シリーズに参戦する同国出身の若手ドライバー、ピエトロ・フィッティパルディ(22歳)を公式テストドライバーに起用することを明らかにしたが、これについて同チームのレースドライバーであるロマン・グロージャンが次のように言及した。

「僕らのチームでは、内部に助けを必要としていたんだ。
とりわけ、F1シミュレーターの部門でね。
これまでマシンをセットアップする際に、データとの関連の確認の面で弱点があった。
その解決にシミュレーターでのテストは不可欠なことなんだ。
その意味で能力あるピエトロ・フィッティパルディの加入には大きな期待を持っている。
彼にはチームにとって価値ある仕事をして欲しいね」

ハースF1チームではこれまで公式のテストドライバーを置いていなかった。

| | トラックバック (0)

2018/11/03

グロージャン(ハース)、イタリアGPの失格が確定

Romain Grosjean (C)Haas F1 Team
FIA(国際自動車連盟)の国際控訴審は、ハースF1チームから控訴されていたイタリアGPの結果について、グロージャンのマシンに技術規定違反があったとして失格処分を言い渡した。
これによりイタリアGPを6位フィニッシュしていたグロージャンは失格が確定、ハースF1チームのコンストラクターズ・ポイントも抹消された。

グロージャンのマシンはフロアパネルのフロント部分に技術規則で定められている先端処理の半径が規定の数値に合致していないとしてルノー・チームから抗議が提出されたもの。

ルノー・チームとハースF1チームは今季コンストラクターズ・チャンピオンシップで激しくポイント争いを繰り広げていたが、この件もあり現在は大量30ポイントの差をルノーが付けている。

| | トラックバック (0)

2018/10/22

グロージャン(ハース)に次戦グリッド降格のペナルティ

FIA
アメリカGPのレーススチュワード(審査委員)は、21日(日)に行われた決勝レースに起きた12コーナーでのグロージャン(ハース)とルクレール(ザウバー)とのアクシデントについて、グロージャンに非があったとして次戦メキシコGPで3グリッド降格、及びペナルティ・ポイント1点を科したことを明らかにした。

ペナルティ・ポイントは1年間の累計で12点に達した場合、スーパーライセンスが停止され出場停止となるが、グロージャンの場合これでトータル10点となった。

| | トラックバック (0)

2018/09/28

ハースF1、来季も同じドライバー・ラインナップで

Haas Duo (C)Haas F1 Team
拡大します
28日(金)、ロシアGP開幕を前にハースF1チームは2019年のドライバー・ラインナップを発表。
来季も今年と同じくケビン・マグヌッセン(25歳:デンマーク)&ロマン・グロージャン(32歳:フランス)というコンビで行くことを明らかにした。
マグヌッセンは3年目、グロージャンは4年目ということになる。

これについて同チームのギュンター・シュタイナー代表は、「二人の選手は共に経験豊富で有能なドライバー。
われわれのマシンも昨年から今年に掛けて著しく進化しており、現行の体制を継続するのがベストと考えた」と、説明している。

| | トラックバック (0)

2018/09/19

グロージャン(ハース)のペナルティ・ポイントに懸念の声

Romain Grosjean (C)Haas F1 Team
拡大します
ハースF1チームのロマン・グロージャンは、先のシンガポールGP決勝レースで青旗無視により2点のペナルティ・ポイントが科せられ、これまでで最多となる9点に達した。

F1のペナルティ・ポイント・システムは連続する12か月間の累計で12ポイントに達するとスーパーライセンスが停止。
つまり自動的に次のグランプリ1戦が出場停止となる。
まだ実際に停止になったドライバーはいないが、9点というのはこれまでで最高。
一回の処分で3点科せられる場合があるので、グロージャンにとって出場停止の現実味が増したことになりそうだ。

今回の処分についてグロージャンは「非は明らかに自分にある。
他のドライバーに迷惑を掛けたなら謝りたい」と、低姿勢だが、FIAのレースディレクターであるチャーリー・ホワイティング氏は「悪質なケースだった」と、弾劾した。

これまでグロージャンはそのアグレッシブなドライビング・スタイルによりアクシデントからペナルティを受けることが多かったが、最近はかなり「おとなしい」姿勢になっている。

| | トラックバック (0)

2018/09/17

グロージャン(ハース)にもペナルティ・ポイント

FIA
シンガポールGPのレーススチュワード(審査委員)は、16日(日)に行われた決勝レースで起きたグロージャン(ハース)による再三の青旗無視の違反について、グロージャンに対しペナルティ・ポイント2点を科したことを明らかにした。

ペナルティ・ポイントは1年間の累計で12点に達した場合、スーパーライセンスが停止され出場停止となるが、グロージャンの場合これでトータル9点となった。
同選手にはすでにレース中、5秒加算のタイム・ペナルティが科せられている。

| | トラックバック (0)

2018/09/10

ハースF1、イタリアGPでの失格問題で正式控訴

Romain Grosjean (C)Haas F1 Team
拡大します
ハースF1チームは、イタリアGP決勝レースで6位フィニッシュした同チームのロマン・グロージャンが失格処分になったことについて、FIA(国際自動車連盟)に正式に抗議していることがわかった。

これは、グロージャンのマシンのフロアパネルを検査したところ、レギュレーションにより定められているフロアパネルのエッジについての角度が規定の数字を満足していないと判定されたもの。
抗議は決勝レースの順位確定後96時間(4日)以内に抗議書を提出しなければならないが、同チームはこの期間内に提出を済ませているとのこと。
こうした案件で正式抗議まで持ち込むのはF1では珍しいケースだが、ルノー・チームと激しくコンストラクターズ・ランキングを争っている現状では看過できないか。
なお控訴手続きの確認とこの件に対するヒアリングは来週パリで行われるとのことだ。

| | トラックバック (0)

2018/07/11

立場危うくなるグロージャン(ハース)

Romain Grosjean (C)Haas F1 Team
拡大します
今季ここまでチームメイトのマグヌッセンが完走9回、そのうち6回の入賞を果たしているのに対し、完走は6回、入賞わずか1回だけとなっているハースF1チームのロマン・グロージャンだが、今回のレースでもオープニングラップではマグヌッセンと接触、レース終盤にはさらにサインツ(ルノー)とアクシデントを起こし結局クラッシュ・リタイヤという結果に終わった。

チーム内ではいまのところ特に非難する声は聞かれないが、口うるさいパドック雀は早くもそのドライビング・スタイルに疑いを挟む動きが出て来ている。
ただこれについて同チームのギュンター・シュタイナー代表は次のようにグロージャンを擁護した。

「確かに彼の働きには不満を感じる部分があるし結果には満足していない。
正直フラストレーションが溜まっているのは事実だよ。
せっかくマシンの戦闘力が向上してきているのだから、彼はレースで盛り返しに力を使うのではなく、ポイントを獲得するように戦うべきなんだ。
無用なアクシデントがあるとしたらそれは賢明なことじゃない。
ただこれからもチームは全力で彼をサポートを続けるけどね」

ここまでチームが獲得した全ポイント51点のうち、39点はマグヌッセンが記録したものでグロージャンは12点に留まっている。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA FOM FOTA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY ING IRL KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アダム・パール アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ツバー アンドレ・ロッテラー イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィリー・ランプ ウィル・スティーブンス エイドリアン・カンポス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エステバン・オコン エステバン・グティエレス エディ・ジョーダン エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲイリー・パフェット ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 サム・マイケル ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール ショーン・ゲラエル ショーン・ジェラエル シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームス・カラド ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャンカルロ・フィジケーラ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョルジョ・パンターノ ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ハウェット ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャンプカー チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ネルソン・ピケ ノルベルト・ハウグ ハイメ・アルグエルスアリ ハインツ・ハラルド・フレンツェン ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ パトリック・ヘッド ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピットストップ ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランク・ダーニー フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラウンGP ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ボブ・ベル ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート ポール・ディ・レスタ マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マックス・モズレー マッティア・ビノット マニクール マノー・マルシア マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アスマー マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーチ マーティン・ウィットマーシュ マーティン・ドネリー マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ミルコ・ボルトロッティ ムジェロ メカクローム メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨンナム・サーキット ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルイス・レイジァ ルカ・バドエル ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーカス・ディ・グラッシ ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロドルフォ・ゴンザレス ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロビン・フラインス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ ヴィタリー・ペトロフ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 新井康久 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介 韓国GP