2019/12/06

ピレリ、来季仕様タイヤの結論を要求

Pirelli 2020 Tyre (C)Pirelli Motorsport 拡大します 今回のアブダビ合同テストでは2020年タイヤの評価が主眼とされていたが、2日間のテストを終えてドライバー側からの意見は定まっていないようだ。
2020年のコンパウンドについて、そのフィーリングに違和感を訴える者も多く、2019年のものの継続使用を主張する者もいるとのこと。

 

しかしこれについてピレリタイヤのマリオ・イゾーラ/ヘッド・オブ・カーレーシングは、当初の予定通り来季開幕のタイヤについて12月9日(月)までに結論を出すよう要求した。
「さまざまな意見があるのは承知しているが、オーストラリアとバーレーンの開幕2戦タイヤについては結論を出してもらわなくては供給にも差し支える」とし、ドライバーから続く苦言に愛想を尽かした感じだ。

 

F1タイヤは2021年から18インチ径になるなど劇的に変化するが、2020年は今季と同じものが継続使用される余地がある。

|

2019/12/02

最終戦アブダビの表彰台は1ストッパーと2ストッパーに (ピレリ)

(C)Pirelli Motorspotrs
拡大します
2019 アブダビグランプリ 決勝

2019年12月1日、アブダビ
メルセデスのルイス・ハミルトンが、ミディアム – ハードと繋ぐ1ストップ戦略で今シーズン最終戦を制しました。2位を獲得したレッドブルのマックス・フェルスタッペンも同じ戦略を採りました。3位でフィニッシュしたフェラーリのシャルル・ルクレールは、ミディアム – ハード – ソフトと繋ぐ2ストップ戦略を採り、接戦となったレース終盤においてソフトタイヤのスピードアドバンテージを活かしました。

キーポイント
• ポールポジションからスタートしたハミルトンは、一度もトップの座を譲ることなく、55周のレースをトラブル無く走り切りました。ハミルトンに続く表彰台をめぐっては、接戦が展開されました。ハミルトンは、ポールポジション、優勝、ファステストラップのグランドスラムを達成しました。
• フェラーリの両ドライバーは、スタートから異なる戦略を採っていましたが、最終的にはともに2ストッパーとなりました。1回目は同じタイミングでピットストップを行った両ドライバーは、使用の順番は異なるものの、共に3種類のコンパウンド(ハード、ミディアム、ソフト)を使用しました。
• グリッドペナルティによって最後方からスタートしたメルセデスのバルテリ・ボッタスは、4位でフィニッシュしました。ボッタスは、ミディアムによる長いオープニングスティント走行後、ハードへ交換し、表彰台へあと一歩のところまで追い上げました。
• トロ・ロッソのピエール・ガスリーが最長スティントを走行しました。スタート直後の接触を受けて、1周目でハードへ交換したガスリーは、フィニッシュまでの52周(2周遅れのため)をハードで走行しました。
• トップ10で5種類の異なる戦略が見られました。
• 2009年以来のレースラップレコードが、ハミルトンによって更新されました。ハミルトンは、ハードタイヤを使用して、残り2周時点でファステストラップを記録しました。

各コンパウンドのパフォーマンス
• ハード C3: ルノーのニコ・ヒュルケンベルグを除く全ドライバーが使用しました。ヒュルケンベルグは、自身F1最後のレースを12位でフィニッシュしました。
• ミディアム C4:アブダビの低下していく温度の下、耐久性と性能間の卓越した妥協点を示すミディアムタイヤは、スタートタイヤとして主流となりました。
• ソフト C5: タイヤレンジ中で最も軟らかいコンパウンドは、アブダビの厳しいトラックに対応し、燃料満タンのレース序盤においても10周以上の走行で使用されていました。

ピレリ カーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント
「タイヤの観点では、我々のタイヤレンジ中で最も軟らかい組み合わせのパフォーマンスに満足しています。長いスティント、低いデグラデーションレート、数多くの戦略とスピードが見られ、10年前に記録されたレースラップレコードが、多くの周回を重ねたハードタイヤによって更新されました。こうした点は、今シーズンのFormula 1の継続的な性能向上を示しており、今後も留意しておくべきことと思います。これから我々はヤス・マリーナに留まり、2020年以降のタイヤテストに臨みます。火曜日と水曜日には、全チームが2020 年型タイヤを試し、現行の2019 年型タイヤとの違いを検証します。その後、我々の今シーズン最後のタイヤテストにおいて、2021 年に向けた18 インチタイヤをテストします。際立った今日の勝利のみならず、今シーズンのチャンピオンを獲得したハミルトンとメルセデスを讃えたいと思います」

ピレリジャパン・プレスリリース

続きを読む "最終戦アブダビの表彰台は1ストッパーと2ストッパーに (ピレリ)"

|

2019/11/27

ピレリタイヤ、ザンドフールトの新設バンクに困惑

来シーズン、実に1985年以来という復活を遂げるオランダGPの開催地ザンドフールト・サーキットについて、F1にタイヤを独占供給するピレリタイヤが困惑の表情をみせている。

Zandvoort Circuit
というのも、現在全面的に施設改修が行われている同サーキットでは、最終コーナーに18度というF1コースとしては最大のバンク(傾斜角)を設けることが明らかになったからだ。

コーナーにこのような急なバンクが設けられると、マシンには強烈な縦Gが加わることになるが、これはドライバーだけでなくタイヤにとっても同様だ。
これについてピレリでは、「現状、タイヤの空気圧を高めて臨むことくらいしか対処の方法は持ち合わせていない」と、困惑気味だ。

過去、やはりバンクがあったインディアナポリス・モータースピードウェイでのアメリカGPの際に、ミシュランタイヤのユーザーチームが決勝レースから撤退を余儀なくされたこともある。

|

2019/11/26

ピレリ2020年仕様タイヤにチームから慎重な声も

Pirelli 2020 Tyre (C)Pirelli Motorsport
拡大します
来シーズンもF1タイヤを独占供給することが決まっているピレリタイヤは、すでに2020年仕様のタイヤを開発・準備しているが、これに反対の声を挙げるチームがあるとのことだ。

同タイヤはすでに先のアメリカGPの際、フリー走行で実験投入されたものの、ドライバーからはあまり評判が良くなかったのは事実だ。
そうしたチームからは現行の仕様を継続させることが提案されているという。

2020年タイヤについては今季最終戦アブダビGP終了後に行われる合同テストで本格テストが予定されているが、FIA(国際自動車連盟)はその後に各チームからの意見を聞いて対処する方針を明らかにしている。

|

アブダビGP、各チームのタイヤ選択

アブダビGP Tyre (C)Pirelli Motorsport
拡大します
今週末行われるF1最終戦アブダビGPPに持ち込む3種類のタイヤと各ドライバーによる選択がピレリから発表されている。

今回の舞台はヤス・マリーナ・サーキット。
路面グリップの低いサーキットいうことで、今回ピレリはハード(ホワイト)、ミディアム(イエロー)、ソフト(レッド)にそれぞれC3、C4、そしてC5という最も柔らかい部類に位置する3種類のコンパウンドを用意した。
このうち予選Q3ではC5を必ず使用しなければならない
また決勝レースではいずれか最低2セットを使用しなければならないことになっている。

今回トツプ3チームではハミルトン(メルセデス)とルクレール(フェラーリ)がソフト8セット、ミディアム3セット、ハード2セットと全く同じ。
またボタス(メルセデス)とベッテル(フェラーリ)もミディアム4セット、ハード1セットで同じとなった。
一方、フェルスタッペン&アルボンのレッドブル勢はソフトを9セットと増やし、ハードを1セットに留めている。

最終戦アブダビGPは12月1日(日)決勝レースという日程で開催される。

|

2019/11/18

フェルスタッペン、インルラゴスでの熱戦を制す (ピレリ)

マックス・フェルスタッペン (C)Pirelli Motorsport
拡大します
2019 ブラジルグランプリ 決勝

2019 年11 月17 日、インテルラゴス
ポールポジションからスタートしたレッドブルのマックス・フェルスタッペンが、セーフティーカー導入も発生したドラマティックなレースを3 ストップ戦略で制しました。フェルスタッペンは、終盤に発生した1 回目のセーフティーカー導入周回中に最終ピットストップを行い、メルセデスのルイス・ハミルトンにリードを譲るかたちとなりましたが、リスタート後トップに立ち、今シーズン3 勝目を達成しました。トロ・ロッソのピエール・ガスリーが2 位に続きました。予測通り、前日までよりも大幅に温暖なコンディションの下で行われた決勝時の路面温度は、金曜日のフリー走行時よりも20℃以上高くなりました。

キーポイント
• フェルスタッペンは、3 ストッパーでポイントを獲得した2 名のドライバー中の1 人でした。
• トップ4 が3 種類の異なる戦略を使用するなど、上位から下位まで広範囲に渡る戦略が展開されました。フェルスタッペンとハミルトンが3 ストップ戦略を採った一方、チェッカーフラッグ時(スチュワードの裁定前)、4 位フィニッシュしたマクラーレンのカルロス・サインツは、最終グリッドからスタートし、1 ストップ戦略を使用しました。また、2 位を獲得したガスリーは2 ストッパーでした。
• 変化する状況下、アドバンテージを模索する動きの中、いくつかの劇的なインシデントが発生しました。この結果、終盤に2 回のセーフティーカー導入が行われ、レースの流れを一変させました。
• セーフティーカー導入前時点では、ソフト – ミディアム – ソフトと繋ぐ戦略が上位勢で主流となっていました。この戦略は、温暖なコンディション下、スピードと柔軟性を提供するものでした。
• 高い路面温度となったことから、デグラデーションはやや大きくなり、全3 種類のコンパウンドが使用されました。そのような中、ソフトによる長いオープニングスティントも見られました。

各コンパウンドのパフォーマンス
• ハード C1: 高い路面温度の下で性能を発揮しました。メルセデスとフェラーリでは、バルテリ・ボッタスとシャルル・ルクレールがそれぞれハードを使用しました。
• ミディアム C2: 大半のドライバーの第2 スティントで重要な役割を演じました。一方、サインツは、ミディアムで42 周のファイナルスティントを走行しました。
• ソフト C3: 終盤に発生した2 回のセーフティーカー導入時、数名のドライバーがフィニッシュまでのスプリント用にソフトを使用しました。ハミルトンは、残りわずか2 周のレースラップとなる最終セーフティーカー導入周回中にソフトへ交換しました。

ピレリ カーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント
「最後まで予測できない、Formula 1 史上稀に見るドラマティックなレースとなりました。終盤に発生した2 回のセーフティーカー導入が、戦略の様相を一変させました。それまでは、前日までよりも大幅に上昇した路面温度によって2 ストップが主流のレースと見られていました。また、このコンディションは、耐久性の高いハードコンパウンドの登場も促しました。しかし、カルロス・サインツは1 ストッパーが可能であることを実証しました。また、多くのドライバーが、予測不可能なレースで最大限を引き出す戦略を選択していました。2 位を獲得したトロ・ロッソとピエール・ガスリー、またワンツーを達成したホンダを讃えたいと思います」

ピレリジャパン・プレスリリース

続きを読む "フェルスタッペン、インルラゴスでの熱戦を制す (ピレリ)"

|

2019/11/14

ブラジルGP、各チームのタイヤ選択

ブラジルGP Tyre (C)Pirelli Motorsport 拡大します 今週末行われるF1第20戦ブラジルGPPに持ち込む3種類のタイヤと各ドライバーによる選択がピレリから発表されている。

 

今回の舞台はお馴染みサンパウロのインテルラゴス・サーキット。
ハイグリップ路面の専用サーキットいうことで、今回ピレリはハード(ホワイト)、ミディアム(イエロー)、ソフト(レッド)にそれぞれC1、C2、そしてC3という鈴鹿と同じ尤も堅い部類に位置する3種類のコンパウンドを用意した。
このうち予選Q3ではC3を必ず使用しなければならない
また決勝レースではいずれか最低セットを使用しなければならないことになっている。

 

上位チームが揃ってソフトタイヤを10セット選択している中で、すでに両タイトルを決めたチャンピオン・チーム、メルセデスの二人はソフトを8セットに留め、ハードないしミディアムを増やす堅実な戦略を採っているのが目立つ。
マクラーレンの2台も同様の方向のようだ。

 

ブラジルGPは11月17日(日)決勝レースという日程で開催される。

|

2019/11/07

ボッタスが2ストップ戦略で優勝、1ストッパーのハミルトンは6度目のドライバーズタイトル獲得 (ピレリ)

バルテリ・ボタス (C)Mercedes Motorsports(C)Pirelli Motorsport
拡大します
2019 アメリカグランプリ 決勝

2019年11月3日、オースティン
メルセデスのバルテリ・ボッタスが2ストップ戦略でアメリカグランプリを制しました。また、1ストップ戦略を採ったチームメイトのルイス・ハミルトンは2位でフィニッシュし、自身6度目のドライバーズタイトルを獲得しました。例年同様、広範囲に渡る戦略がサーキット・オブ・ジ・アメリカズで展開され、レース終盤にはトップ3間で緊迫した戦略的な闘いが見られました。

キーポイント
• ポールポジションからスタートしたボッタスは、2回目のピットストップ後、ハミルトンを追うかたちとなりました。その後、ボッタスはフレッシュなタイヤのアドバンテージを活かし、レース終盤トップに立ちました。
• ハミルトンは、トップ10グリッドでミディアムタイヤを装着してスタートしたドライバー中の一人でした。ライバルたちよりも長いオープニングスティントを走行したハミルトンは、ハードへ交換する1ストップ戦略を採りました。この戦略には、完璧なタイヤマネジメントが必要でした。
• レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、ボッタスと同様のミディアム – ハード – ミディアムと繋ぐ2ストップ戦略を採りましたが、ハミルトンを抜くことはできず、3位でフィニッシュしました。
• フェラーリのシャルル・ルクレールは、3種類のコンパウンドを使用した2ストップ戦略で4位フィニッシュしました。ルクレールは、ソフトタイヤを使用したファイナルスティントでファステストラップポイントを獲得しました。
• レッドブルのアレックス・アルボンが5位を獲得しました。接触によってオープニングラップでのピットストップを余儀なくされたアルボンは、ただ一人の3ストッパーとなりました。
• トップ6で5種類の異なる戦略が使用され、アメリカグランプリにおける戦略の多様性が強調されました。
• 昨日同様の温暖なコンディションがタイヤ動作に影響を及ぼし、硬めのコンパウンドが好まれる傾向となりました。

各コンパウンドのパフォーマンス
• ハード C2: 鍵を握るレースタイヤとなり、アルボン以外の全ドライバーがハードを使用しました。1ストッパーで優勝を狙ったハミルトンは、ハードタイヤによるファイナルスティントで32周を走行しました。
• ミディアム C3: 4名を除く全ドライバーがミディアムを使用しました。また、トップ5グリッドのドライバーがミディアムでスタートしました。
• ソフト C4: ファステストラップを記録した4位のルクレールを含め、多くのドライバーが燃料の軽いファイナルスティントでソフトを使用しました。

ピレリ カーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント
「1ストッパーで優勝を狙ったハミルトンと、フレッシュなタイヤで後を追うドライバーたちとの緊迫した闘いがレース終盤に見られました。ハミルトンは優勝できませんでしたが、戦略の重要性を示す見応えある闘いでした。スリリングなレースを経て、6度目のドライバーズタイトルを獲
得したルイスを讃えたいと思います。また、ハミルトンと異なる戦略でレースを制したバルテリも
祝福します。気温が低かった金曜日よりも温暖なコンディションとなったことで、硬めのコンパウ
ンドを使用した1 ストップもしくは2 ストップの判断が難しくなったと思います。実際、表彰台中の
2 名が2 ストッパーでした。上位から下位まで、終始広範囲に渡る戦略が見られました。これは、
我々がまさに求めていたレースです」

ピレリジャパン・プレスリリース

続きを読む "ボッタスが2ストップ戦略で優勝、1ストッパーのハミルトンは6度目のドライバーズタイトル獲得 (ピレリ)"

|

ドライバーから不評だった『ピレリ2020年タイヤ』

Pirelli 2020 Tyre (C)Pirelli Motorsport
拡大します
ピレリタイヤは今回のアメリカGPフリー走行初日、2020年シーズンに投入予定の新スペックタイヤをテストした。
いちドライバーあたり2セットずつ供給されたタイヤは各チームで使用されたが、しかしあまり評判の良いものではなかったようだ。

ピレリによれば新しいタイヤはコンパウンドだけでなくその構造から見直しが図られたものとのことだが、翌土曜日朝に行われたミーティングではいずれからもグリップ不足との報告が相次いだという。
金曜日の走行では路面がまだダーティであることも考えられるが、今後データの解析結果によつては今シーズンのものを踏襲する選択もあるとのことだ。

新タイヤはアブダビGP終了後の合同テストでも試され、最終決定されることになっている。

|

2019/10/31

アメリカGP、各チームのタイヤ選択

アメリカGP Tyre (C)Pirelli Motorsport
拡大します
今週末行われるF1第19戦アメリカGPに持ち込む3種類のタイヤと各ドライバーによる選択がピレリから発表されている。

今回の舞台オースティンに建設されたサーキット・オブ・ジ・アメリカズ。
あまり路面のグリップ力が高くないということで、今回もピレリはハード(ホワイト)、ミディアム(イエロー)、ソフト(レッド)にそれぞれC2、C3、そしてC4という中間の部類に位置する3種類のコンパウンドを用意した。
このうち予選Q3ではC4を必ず使用しなければならない
また決勝レースではC2とC3のいずれか1セットを使用しなければならないことになっている。

主要3チーム6人の選択はほとんど同じで、ルクレール(フェラーリ)の9セット以外はみなソフトタイヤ8セットと並んだ。
他チームではルノー勢のソフト10セットが目立つ。
ハードではハミルトン(メルセデス)とベッテル(フェラーリ)が2セット、他の4人はみな1セットずつとなっていてその分ミディアムを増やしている。

アメリカGPは11月3日(日)決勝レースという日程で開催される。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファタウリ アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介