2017/04/19

フェラーリのセバスチャン・ベッテル、 戦略が鍵となったバーレーングランプリを 2 ストップで制す (ピレリ)

セバスチャン・ベッテル (C)Pirelli Motorsport
拡大します

2017 バーレーングランプリ決勝
・ザウバーのパスカル・ウェーレイン以外の全ドライバーが 2 ストップを採用
・デグラデーションが限定的な中、 ソフトとスーパーソフトを用いた数種類の 2 ストップ戦略が展開された

2017 年 4 月 16 日、サヒール
グリッド 2 列目からスタートしたフェラーリのセバスチャン・ベッテルが、2 ストップ戦略でバーレーングランプ リを制しました。ザウバーのパスカル・ウェーレイン以外の全ドライバーが 2 ストップを採用しました。また、 同じザウバーのマーカス・エリクソンのみが、ソフトタイヤでスタートを切りました。夜間の温かいコンディショ ンの下、両コンパウンドのデグラデーションは限定的なものとなり、ドライバーたちは全てのスティントにおい てハードにプッシュすることができました。

ピレリ カーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント:「序盤のセーフティーカーが影響を及ぼした決勝は、 戦略が鍵となりました。2 ストップが主流のレースでしたが、スーパーソフトとソフトの使用順に関していくつ かのバリエーションが見られました。前日よりも涼しくなったコンディションによって、スーパーソフトのデグラ デーションレベルは低くなり、ソフトは良好な一貫性を示していました」

続きを読む "フェラーリのセバスチャン・ベッテル、 戦略が鍵となったバーレーングランプリを 2 ストップで制す (ピレリ)"

| | トラックバック (0)

2017/04/10

徐々にドライとなるコンディションと序盤のセーフティーカー導入が 上海での戦略に影響を及ぼす (ピレリ)

ルイス・ハミルトン (C)Mercedes Motorsports
拡大します
2017 中国グランプリ決勝
・ポールからスタートしたルイス・ハミルトン、 ソフトタイヤを主体とした 2 ストップ戦略で優勝
・16 番グリッドからスタートしたマックス・フェルスタッペン、スーパーソフト中心の 2 ストップ戦略で 3 位を獲得

2017 年 4 月 9 日、上海
ルイス・ハミルトンが、徐々にドライとなるコンディション下で行われた中国グランプリを制しました。序盤の バーチャル・セーフティーカーとセーフティーカー導入が、決勝での戦略に影響を及ぼしました。スタート時 にスリックタイヤを装着したドライバーは、トロ・ロッソのカルロス・サインツのみでした。インターミディエイト でスタートした他のドライバー達は、序盤の 10 周までの間にスリックタイヤへと移行し、ソフトとスーパーソ フトを使用した多岐に渡る戦略が展開されました。フェルスタッペンは、スーパーソフトを主体としたアグレッ シブな戦略を使用して、スタート時から 13 ポジションアップの 3 位を獲得しました。スタート時にダンプが残
ったものの、その後はドライコンディションが続き、昨年よりも 4 秒以上速いファステストラップが記録されま した。トリッキーなコンディション下にもかかわらず、オーストラリアグランプリで見られた以上に、2016 年か らのラップタイム更新が見られました。

ピレリ カーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント:「3 日間を通じて異なるコンディションが続いたこと で、各チームは限られた情報のみで決勝へ挑むことになり、変化するコンディションへの対応を余儀なくさ れました。セーフティーカー導入中のピットレーン走行も行われた中、上位勢の大半は効果的な 2 回のピッ トストップを行い、デグラデーションレベルの低さを示していました」

ピレリモータースポーツリリース

続きを読む "徐々にドライとなるコンディションと序盤のセーフティーカー導入が 上海での戦略に影響を及ぼす (ピレリ)"

| | トラックバック (0)

2017/03/21

ピレリ首脳の見解は「フェラーリが優勝候補筆頭」

Mario Isola (C)Pirelli Motorsport
拡大します
2017年シーズンの開幕を前にピレリタイヤがシーズン前テストの結果を分析、現状で優勝への候補筆頭はフェラーリ・チームであるとの見解を示した。

これは同陣営のモーターレーシング部門でヘッド・オブ・カーレーシングの要職に就いたマリオ・イゾーラ氏が『ガゼッタ・デロ・スポルト』紙に語ったもの。
その中でこの47歳になるイタリア人技術者は、次のような見解を示した。

「シーズン前テストで見えたことは、フェラーリ・チームがとても好調であるということ。
衆知のように今年のマシンはタイヤが大型化し、エアロダイナミックスの変更によりダウンフォースも増しているが、それに一番うまく対応したのがこのチームになるだろう」

その一方で話題になっているオーバーテイクについては、「ダウンフォースが増したためレース中のオーバーテイクが難しくなるのは間違いない。
それだけにまた予選が重要になる。
さらにこれはドライバーに対して身体的に厳しいとも言える。
レース後のドライバーの(疲労した)顔を見るのを私はいまから楽しみにしているよ」と、笑顔をみせた。

| | トラックバック (0)

2017/03/13

ピレリの新タイヤ、ドライバーからは高評価

Pirelli 2017 Tyre (C)Pirelli Motorsport
拡大します
今年のF1はタイヤについても大型化されるなどレギュレーションの変更により大きな変更が施されたが、シーズン前テストを終えた各ドライバーらからは一様に高評価を得ているようだ。

今年のタイヤの特徴はまず幅が拡大されてグリップ力が増したことだが、これによりデグラデーション(タイヤの劣化)が抑えられ、オーバーヒートも抑制されるということだ。

肝心の耐久性については各チーム共にロングランを重ねて確認に追われたが、すべてのタイヤについてはまだ不十分。
何より今回のテストはいずれもバルセロナ・サーキットだけに限られているので、実際に走っていない他のサーキットでは未知の領域となる。

| | トラックバック (0)

2017/03/06

ラップタイム改善で「これで問題なら他に原因」とピレリ

2017 Spec Tyre (C)Pirelli Motorsport
拡大します
このところのF1人気低迷の原因の一つに指摘されていたワンメイクのピレリタイヤだが、「要求された改善策はすべて対応できた」と、胸を張った。
これは同陣営でレーシング・マネージャーを努めるマリオ・イソラ氏が明らかにしたもの。

「昨年までのタイヤならソフトでここバルセロナを連続20周なんてどこのチームもできなかった筈だ。
しかし今年はグリップを増してラップタイムを向上させただけでなく、耐久性も大幅に飛躍させた。
その後の性能劣化も最低限に抑えられている。
われわれは要求されてすべての項目に対し回答を示したよ」

またオーバーテイクの機会が減少するのでは、との質問には「そうした問題はタイヤだけに責任があるものはない」と、一蹴した。

| | トラックバック (0)

ピレリタイヤ、ウェットタイヤの改善に取り組み

Wet Race Image (C)Williams F1
拡大します
2011年シーズン以来F1にタイヤを独占供給してきたピレリタイヤが、今シーズンのウェットタイヤの性能改善に取り組む姿勢を明らかにした。

豪雨に見舞われた昨年のブラジルGP決勝レースではドライバーからその排水性能に不満の声が続出するなど苦境に追い込まれたピレリタイヤだが、前任者であるブリヂストンタイヤ時に比べ「テストの機会が少な過ぎる」という同陣営の事情もあるのは事実。

そのため今回のバルセロナ合同テスト最終日にはコースに水を撒き、人工的なウェット路面を造り出してテストもしていた。
この結果も踏まえ、同陣営のポール・ヘンベリー/モータースポーツ部門ディレクターは、「われわれはまだまだウェットタイヤの改善が必要と捉えている。
今後改良を急ぎ、できれば第2戦の中国GP(4月9日決勝)辺りまでには改良型のコンパウンドを評価したい」と、説明している。

F1のウェットタイヤは現在フルウェットとインターミディエイトの2種類があるが、フルウェットを強弱2種類に分けるという案も検討されているという。

| | トラックバック (0)

2017/03/04

ピレリタイヤ首脳、「尋常レベルのダウンフォースじゃない」

2017 Test Scene (C)McLaren Group
拡大します
今回のバルセロナは2017年仕様のタイヤを装着する初めての公式テスト。
タイヤ幅は大型化され、マシンの側のエアロダイナミックスも見直されたことにより、これまでよりもダウンフォースが増したことが推定された。

しかし実際のこの数字を聞いたタイヤ供給元であるピレリタイヤのポール・ヘンベリー/モータースポーツ部門ディレクターは、次のように驚きの表情を顕わにした。

「レギュレーションが変更されたことにより、かなりの強烈なダウンフォースに強いられることは予想された。
しかしデータを見ると、今年のマシンは第3コーナーを減速しないまま280キロもの高速で駆け抜けていることがわかったんだ。
この時、ドライバーに掛かる『G』は実に5Gだったよ。
これはおそらく普通の人間だったら気分が悪くなって失神してしまうレベルなんじゃないか。
まったくF1ドライバーというのはとんでもない人種だよ」

同氏によれば、市販車ではいくらスーパーカーといえどもフェラーリやランボルギーニの最高車種でもせいぜい1.2Gか1.3Gというレベルに過ぎないということだ。

| | トラックバック (0)

2017/02/18

ピレリタイヤ、批判対象に早くも予防線

Pirelli 2017 Tyre (C)Pirelli Motorsport
拡大します
間もなくF1は2017年シーズンに向けたテストがスタートするが、早くも今年のレースが単調になるのでは、との見方が広がっている。

これはタイヤ幅の拡大やエアロダイナミックスの変更等のレギュレーション変更により、コーナリングスピードがアップしてラップタイムは向上するものの、その一方でダウンフォースが増すためにオーバーテイクが少なくなるというものだ。

これを受けピレリ陣営のポール・ヘンベリー/モータースポーツ部門ディレクターは、早くも次のように予防線を張っている。

「前にも言ったように、ダウンフォースが大きく増せばオーバーテイクは少なくなると言うのは予想されること。
今シーズンはわれわれのタイヤにも大きな変更があるが、これはFIA(国際自動車連盟)から求められたから行うものだ。
果たしてF1のラップタイムを短縮したいのか、コーナリングスピードを上げたいのか、いずれにせよそれは別にわれわれの意向ではないし、そもそもすべての人を満足させるのは困難だ。
もしも今年のレースが単調でつまらないものになったとしても、その批判をわれわれに向けられても困るというものだよ」

| | トラックバック (0)

2017/02/11

フェラーリ、ピレリのタイヤテストをキャンセル

Sebastian Vettel (C)Ferrari S.p.A
拡大します
9日(木)-10日(金)の2日間の予定で行われたフェラーリ・チームによるピレリタイヤのウェットテストだったが、結局2日目の走行はキャンセルされたことがわかった。

これは初日を担当したセバスチャン・ベッテルが、ウェット路面にスピンしてコースアウト・クラッシュ。
マシンを損傷させて早々に走行を打ち切っていたもの。

2日目の担当はテスト&リザーブドライバーのアントニオ・ジョビナッツィで、チームは全力で修復に当たったが、結局間に合わなかった模様だ。
なおマシンは2015年シーズンに使われた『SF15-T』をベースとしたものだった。

| | トラックバック (0)

2017/02/10

ベッテル(フェラーリ)、フィオラノのテストでクラッシュ

Fiorano Circuit (C)Ferrari S.p.A
拡大します
2月9日(木)から2日間の予定でピレリタイヤは2017年仕様ウェットタイヤのテストを開始した。
今回はフェラーリ・チームの担当で、ホームコースであるイタリアのフィオラノ・サーキットを舞台に初日はエース、セバスチャン・ベッテルの手によりテスト用の型遅れマシンで行われたもの。
しかしウェット路面に足を掬われたベッテルはあろうことかタイヤバリヤにクラッシュ。
早々にテストは打ち切られたという。

2日目の10日(金)はテスト&リザーブドライバーであるアントニオ・ジョビナッツィが担当することになっているが、マシンの修復次第になるようだ。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク | A1グランプリ | BMW | BMWザウバー | DRS | DTM | F1 | F1テスト | F2 | F3 | FIA | FOM | FOTA | GP2 | GP3 | GPDA | INDY | ING | IRL | KERS | NASCAR | US-GP | USF1 | VW | WEC | WRC | WTCC | アイルトン・セナ | アウディ | アストンマーティン | アゼルバイジャン | アダム・パール | アブダビGP | アメリカGP | アラン・プロスト | アルガルブ | アルガルブ・サーキット | アルド・コスタ | アルバートパーク | アルファロメオ | アルフォンソ・セリス | アレクサンダー・ロッシ | アレクサンドル・ブルツ | アレックス・リン | アンソニー・デビッドソン | アンディ・ソウセック | アントニオ・ジョビナッツィ | アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ | アンドレアス・ツバー | アンドレ・ロッテラー | イギリスGP | イタリアGP | イモラ | イルモア | インテルラゴス | インディアナポリス | インドGP | ウィリアムズ | ウィリ・ウェバー | ウィリー・ランプ | ウィル・スティーブンス | エイドリアン・カンポス | エイドリアン・スーティル | エイドリアン・ニューイ | エイボン | エステバン・オコン | エステバン・グティエレス | エディ・ジョーダン | エリック・ブイユ | エンジン | エンツォ・フィティパルディ | オースティン | オーストラリアGP | オーストリアGP | カタール | カナダGP | カルロス・ゴーン | カルロス・サインツJr. | カルン・チャンドク | カート | キミ・ライコネン | キャノピー | キャラミ・サーキット | ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ギュンター・シュタイナー | クムホ | クリスチャン・クリエン | クリスチャン・ホーナー | クレア・ウィリアムズ | グッドウッド | グレーム・ロードン | ケビン・マグヌッセン | ケータハムF1 | ゲイリー・パフェット | ゲルハルト・ベルガー | コスワース | コリン・コレス | コンコルド協定 | サム・マイケル | ザウバー | ザク・ブロウン | シャルル・ピック | シャルル・ルクレール | シリル・アビテブール | シルバーストーン | シンガポールGP | ジェラール・ロペス | ジェローム・ダンブロシオ | ジェンソン・バトン | ジェームス・アリソン | ジェームス・カラド | ジェームス・ロシター | ジェームズ・キー | ジャガー | ジャッキー・スチュワート | ジャック・ビルニューブ | ジャンカルロ・フィジケーラ | ジャン・アレジ | ジャン・エリック・ベルニュ | ジャン・トッド | ジュリアーノ・アレジ | ジュール・ビアンキ | ジョナサン・ニール | ジョニー・ハーバート | ジョリオン・パーマー | ジョルジョ・パンターノ | ジョン・サーティーズ | ジョン・ハウェット | ジョン・ブース | ジョーダン | ジョーダン・キング | ジーン・ハース | ステファンGP | ステファーノ・ドメニカリ | ストッフェル・バンドーン | スパイカーF1 | スパフランコルシャン | スペインGP | スポンサー | スージー・ウォルフ | スーパーライセンス | スーパー・アグリ | スーパー・フォーミュラ | セバスチャン・ブエミ | セバスチャン・ベッテル | セバスチャン・ボーデ | セバスチャン・ロウブ | セパン・サーキット | セルゲイ・シロトキン | セルジオ・ペレス | セルジオ・マルキオンネ | ソチ | タイGP | タイヤ | ダカールラリー | ダニエル・ジュンカデラ | ダニエル・リカルド | ダニカ・パトリック | ダニール・クビアト | ダビデ・バルセッキ | チェイス・キャリー | チェコ | チャンプカー | チャーリー・ホワイティング | ティモ・グロック | テレビ | ディートリッヒ・マテシス | デイモン・ヒル | デビッド・クルサード | デビッド・リチャーズ | デモラン | デュランゴ | トト・ウォルフ | トニー・フェルナンデス | トヨタ | トルコGP | トロ・ロッソ | ドイツGP | ドニントンパーク | ナイジェル・マンセル | ナイトレース | ナレイン・カーティケヤン | ニキ・ラウダ | ニコラス・トッド | ニコ・ヒュルケンバーグ | ニコ・ロズベルグ | ニック・ハイドフェルド | ニック・フライ | ニュルブルクリンク | ニュージャージー | ネルソン・アンジェロ・ピケ | ネルソン・ピケ | ノルベルト・ハウグ | ハイメ・アルグエルスアリ | ハインツ・ハラルド・フレンツェン | ハロー | ハンガリーGP | ハンコック | ハースF1 | バルセロナ | バルテリ・ボタス | バレンシア | バレンシアGP | バレンティーノ・ロッシ | バーニー・エクレストン | バーレーンGP | バーレーン国際サーキット | パスカル・ウェーレイン | パストール・マルドナド | パット・シモンズ | パット・フライ | パディ・ロウ | パトリック・ヘッド | ヒスパニア・レーシング | ビタントニオ・リウッツィ | ピエール・ガスリー | ピットストップ | ピレリ | ファン・モントーヤ | フェラーリ | フェリッペ・ナスル | フェリッペ・マッサ | フェルナンド・アロンソ | フォース・インディア | フォード | フォーミュラE | フラビオ・ブリアトーレ | フランク・ウィリアムズ | フランク・ダーニー | フランスGP | フランツ・トスト | フレデリック・ヴァスール | ブラウンGP | ブラジルGP | ブラバム | ブランズハッチ | ブリヂストン | ブルガリア | ブルーノ・セナ | ブレンドン・ハートリー | プロドライブ | ヘイキ・コバライネン | ヘルマン・ティルケ | ヘルムート・マルコ | ヘレス | ベトナム | ベルギーGP | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ペーター・ザウバー | ホセ・マリア・ロペス | ホッケンハイム | ホンダ | ホー・ピン・トゥン | ボブ・ベル | ポルシェ | ポルトガル | ポールリカール | ポール・ストゥダート | ポール・ディ・レスタ | マイク・ガスコイン | マイク・コフラン | マウリツィオ・アリバベーネ | マクラーレン | マックス・チルトン | マックス・フェルスタッペン | マックス・モズレー | マニクール | マノー・マルシア | マリオ・アンドレッティ | マリオ・タイセン | マルク・ジェネ | マルコ・アスマー | マルコ・アンドレッティ | マルコ・マッティアッチ | マルシア | マレーシアGP | マ・キンファ | マーカス・アームストロング | マーカス・エリクソン | マーク・ウェバー | マーク・スミス | マーチ | マーティン・ウィットマーシュ | マーティン・ドネリー | マーティン・ブランドル | ミカ・サロ | ミカ・ハッキネン | ミシュラン | ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ | ミルコ・ボルトロッティ | ムジェロ | メカクローム | メキシコGP | メルセデス | モトGP | モナコGP | モニシャ・カルテンボーン | モンツァ | ヤス・マリーナ・サーキット | ヤルノ・トゥルーリ | ユナイテッドステーツGP | ヨンナム・サーキット | ヨースト・カピート | ヨーロッパGP | ラスベガス | ラファエル・マルシエロ | ラルフ・シューマッハ | ランス・ストロール | ランボルギーニ | リオ・ハリアント | リザーブドライバー | リバティ・メディア | ルイス・ハミルトン | ルイス・ペレス・サラ | ルイス・レイジァ | ルカ・バドエル | ルカ・フィリッピ | ルカ・モンテツェモロ | ルノー | ルマン24時間レース | ルーカス・ディ・グラッシ | ルーベンス・バリチェッロ | レギュレーション | レッドブル | レッドブルリンク | レース・オブ・チャンピオンズ | ロシアGP | ロス・ブラウン | ロドルフォ・ゴンザレス | ロバート・クビサ | ロバート・ドーンボス | ロビン・フラインス | ロブ・スメドリー | ロブ・ホワイト | ロベルト・メルヒ | ロマン・グロージャン | ロリー・バーン | ロルダン・ロドリゲス | ロングビーチ | ロンドンGP | ロン・デニス | ロータス | ローマ | ローラ | ワールドシリーズbyルノー | ヴィジャイ・マルヤ | ヴィタリー・ペトロフ | 上海サーキット | 中国GP | 中嶋一貴 | 中嶋大祐 | 人事 | 佐藤万璃音 | 佐藤公哉 | 佐藤琢磨 | 八郷隆弘 | 南アフリカ | 国本京佑 | 富士スピードウェイ | 小暮卓史 | 小松礼雄 | 小林可夢偉 | 山本左近 | 新井康久 | 新型車発表 | 日本GP | 松下信治 | 武藤英紀 | 浜島裕英 | 片山右京 | 鈴木亜久里 | 鈴鹿サーキット | 長谷川祐介 | 韓国GP