2020/12/14

ハード(C3)コンパウンドによる長いスティントがレースの鍵となる (ピレリ)

(C)Pirelli Motorspotrs
拡大します

2020 アブダビグランプリ 決勝
2020年12月13日、ヤス・マリーナ

キーポイント
レッドブルのマックス・フェルスタッペンが、キャリア通算 10 勝目となる今シーズン 2 勝目をポールトゥウィンで飾りました。ポールポジションからの優勝は、アブダビグランプリで 6 年連続となりました。フェルスタッペンは、ミディアム – ハードと繋ぐ 1 ストップ戦略を採りました。2 位、3 位に続いたメルセデスのバリテリ・ボッタスとルイス・ハミルトンをはじめ、他の 6 名のドライバーも同じ戦略を使用しました。
・スタート時には、トップ 3 グリッドをはじめとするドライバーが装着したイエロー・ミディアム、レッド・ソフト、ホワイト・ハードの全 3 種類のコンパウンドが見られました。ハードを選択したドライバーは、長いスティントによるトラックポジションアップを狙っていました。
・10 周目のセーフティーカー導入がレースに重要な影響を及ぼし、上位勢を含む多数の
ドライバーがハードタイヤへ交換しました。この時、ステイアウトしたドライバーは、フェラーリの両ドライバー、ルノーのダニエル・リカルド、ハースのケビン・マグヌッセン、アルファロメオのアントニオ・ジョヴィナッツィでした。
・ハードタイヤでスタートしたドライバー中の最上位は、11 番グリッドからスタートしたリカルドでした。リカルドは、39 周のオープニングスティントを走行して 7 位を獲得しました。
・1 ストッパーが主流となり、2 ストッパーはウィリアムズのニコラス・ラティフィとマグヌッセンのみでした。唯一の 3 ストッパーは、マグヌッセンのチームメイトのピエトロ・フィッティパルディでした。

各コンパウンドのパフォーマンス
・ハード C3 : 多くのラップで使用され、レースの基盤を構成するタイヤとなりました。セーフティーカー導入によって、大半のドライバーが予定よりも早くハードへ交換しました。4名のドライバーが、長い第 1 スティントを狙ってハードでスタートしました。また、9 名のドライバーが、セーフティーカー導入周回からフィニッシュまでの 45 周のスティントを走行し、ハードタイヤの非常に低いデグラデーションレートと一貫した性能を示しました。
・ミディアム C4 : 11 名のドライバーが、スタート時にミディアムを装着しました。レースで重要な役割を演じると予測されていましたが、セーフティーカーの導入によって、その役割は限定的となりました。フェラーリのシャルル・ルクレールとアルファロメオのジョヴィナッツィは、ミディアムでスタートし、セーフティーカー導入周回中ステイアウトしました。また、リカルドは、ファイナルラップでミディアムを使用してファステストラップを記録しました。
・ソフト C5: 限定的な使用となり、5 名のドライバーが第 1 スティントで、フィッティパルディのみがファイナルスティントでソフトを装着しました。ソフトは、他のコンパウンドよりも若干大きなデグラデーションを示していました。

ピレリ カーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント
「セーフティーカーがレースに大きな影響を及ぼしました。ピットストップのロスタイムを抑制すべく、大半のドライバーが予定よりも早いピットストップをセーフティーカー導入周回中に行いました。この結果、ハードタイヤがレースの鍵となり、ドライバーたちはフィニッシュまでタイヤマネジメントに徹することを余儀なくされましたが、ハードタイヤは 45 周の走行というチャレンジに非常に良く持ちこたえました。各チームは、我々の予測通りの戦略を採用し、スタート時には全 3 種類のコンパウンドが見られました。レース週末を席巻したマックス・フェルスタッペンと、極めて困難な状況下に素晴らしい 17 レースを開催した Formula 1 を称賛したいと思います。我々は、火曜日に開催されるヤングドライバーテストのためにアブダビに残ります。このテストは、2020年型タイヤの最後の使用機会となります」

ピレリジャパンプレスリリース

続きを読む "ハード(C3)コンパウンドによる長いスティントがレースの鍵となる (ピレリ)"

|

2020/12/11

ピレリ、フリー走行2回目で来季タイヤテスト

Pirelli 2020 Tyre (C)Pirelli Motorsport
拡大します
F1にタイヤを独占供給するピレリは、予定通り今週のアブダビGP金曜日のフリー走行2回目セッションで、再び2021年仕様タイヤのテストを行うことを確認した。

それによればバーレーンGPでの中間の『C3スペック』2セットに対し、今回のアブダビGPではより柔らかい『C4スペック』のタイヤを1台あたり1セットずつ支給するという。
各ドライバーとも、最低8回の有効なタイムラップの記録が義務付けられる。

なお来季用タイヤの空気圧は今シーズンの指定数値よりも0.5psiから1.5psiずつ低く設定されているとのことだ。

|

2020/12/07

ペレス、3種類のコンパウンドを使用して劇的なレースを制す (ピレリ)

(C)Pirelli Motorspotrs
拡大します

2020 サヒールグランプリ 決勝
2020年12月6日、サヒール

キーポイント
・レーシング・ポイントのセルジオ・ペレスが、全 3 種類のコンパウンドを使用して劇的な
展開となったサヒールグランプリを制し、F1 初優勝を飾りました。1 周目にレッド・ソフトからイエロー・ミディアムへ交換したペレスは、ファイナルスティントをホワイト・ハードで走行しました。
・メルセデスは、セーフティーカー導入周回中、1 位と 2 位を走行していた両台のピット作業ミスによる影響を受けました。ジョージ・ラッセルは、誤ったフロントタイヤに交換されたため、再度ピットインせざるを得なくなりました。バルテリ・ボッタスは、長いピットストップ時間の中、装着していたハードタイヤを再度装着することになりました。また、ラッセルは、残り 9 周時点で左リアタイヤのパンクに見舞われ、4 回目のピットストップを強いられました。
・スタート直後のセーフティーカー導入は、燃料満タン状態において、レースの重要な要素であるペースを低下させる効果を生みました。また、このセーフティーカー導入周回は、ピットストップウィンドウを延長し、ソフトタイヤを装着していたドライバーに有利に作用しました。1 周目の事故に巻き込まれたペレスは、1 回目のセーフティーカー導入周回中に、ただ一人ピットストップを行いました。一方、チームメイトのランス・ストロールは、ソフトタイヤで 42 周のオープニングスティントを走行しました。
・スタート時の路面温度 23℃のコンディション下、突風が砂漠の砂をトラックに運び、グリップに影響を及ぼしました。
・1 ストップから 3 ストップまで、広範囲に渡る戦略が見られました。ルノーのエステバン・オコンとレーシング・ポイントのランス・ストロールの 2 名のみが 1 ストップ戦略を実行しました。

各コンパウンドのパフォーマンス
・ハード C2 : 1 ストッパーにとって重要な要素となりました。メルセデスも当初は 1 ストップ戦略を狙っていました。オコンが実行したミディアムからハードへ繋ぐ 1 ストップ戦略に代表されるように、ハードタイヤはロングスティントを走行可能な耐久性を示しました。
・ミディアム C3 : 約半数のドライバーが、スタート時にミディアムを装着しました。また、ストロールは、長いファイナルスティントをミディアムで走行しました。チームメイトのペレスは、ミディアムで 46 周の第 2 スティントを走行しました。
・ソフト C4 : 一時 2 位を走行したマクラーレンのカルロス・サインツに代表されるように、ソフトタイヤはオープニングスティントで有効に機能しました。ラッセルは、ソフトタイヤで短いファイナルスティントを走行しました。また、トップ 10 グリッド以外の数名のドライバーがスタート時にソフトタイヤを装着しました。

ピレリ カーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント
「3 回目のセーフティーカー導入周回が、62 周目までのレースの様相を一変させました。ピットレーンでの混乱が、その時点でワンツーを走行していたメルセデスに影響を及ぼしました。冷涼なコンディションが全てのコンパウンド、特に C4 ソフトタイヤのデグラデーションを抑制したものと思います。その結果、オープニングスティントを延長する効果が生み出され、特にミディアムタイヤでスタートしたドライバーたちの 1 ストップ戦略が可能になりました。しかし、2 ストッパーも非常に効果的でした。1 セットずつのミディアムとハードしか残っていなかったセルジオ・ペレスは、1 回目のピットストップ後は後方に沈みながらも、全 3 種類のコンパウンドを活かして劇的な優勝を手にしました。複数回のセーフティーカー導入が戦略に大きな影響を及ぼし、終盤には、シーズン中最短のトラックで見応えある 20 周のスプリントレースが展開されました。
F2 のタイトルを獲得し、F2 チャンピオンが F1 に挑戦するチャンスを得る伝統を実践したミック・シューマッハを祝福します。タイヤマネジメントを含め、F2 が F1 ドライバーを養成する優れたカテゴリーであることが証明されました。これまでに、スリリングでハードな闘いが幾度も見られ、今日もその例外ではありませんでした。また、レース後、メディアが選ぶ F2 年間最優秀ドライバーを獲得した角田裕毅の表彰と、来シーズンの F2 挑戦に向けて 30 万ユーロの奨学金を F3 チャンピオンのオスカー・ピアストリに授与できたことを嬉しく思います」

ピレリジャパンプレスリリース

続きを読む "ペレス、3種類のコンパウンドを使用して劇的なレースを制す (ピレリ)"

|

2020/11/30

ハミルトン、ミディアム – ミディアム – ハードと繋ぐ完璧な2ストップ戦略で優勝 (ピレリ)

(C)Pirelli Motorspotrs
拡大します
2020 バーレーングランプリ 決勝
2020年11月29日、サヒール

キーポイント
• ハースのロマン・グロージャンの重大な事故後のバリア補修のために、レースは1時間以上遅延しました。幸い、グロージャンは軽症でした。
• リスタートルールの下、各チームはタイヤ交換と修理を行うことができました。メルセデスのルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタス、ルノーのダニエル・リカルド、マクラーレンのランド・ノリスの4名はタイヤ交換を行いませんでした。
• 3周目からのリスタート時、上位9名はミディアムタイヤを装着していました。ハードを装着したドライバー中最上位グリッドのドライバーは、10番グリッドに位置したアルファタウリのピエール・ガスリーでした。
• リスタート後、セーフティーカーが導入されたことと、サーマル・デグラデーションと摩耗を抑制する比較的冷涼な気温25℃・路面温度26℃というコンディションが、スティントを伸ばす効果をもたらしました。
• ポールポジションからスタートしたハミルトンが2ストップ戦略で優勝しました。P Zeroイエロー・ミディアムタイヤでスタートしたハミルトンは、19周目に中古のミディアムへ、35周目にP Zeroホワイト・ハードタイヤへ交換し、22周のファイナルスティントを走行しました。
• 2位を獲得したレッドブルのマックス・フェルスタッペンは、ハミルトンと異なる戦略を採りました。スタート時と再スタート時にミディアムを使用したフェルスタッペンは、第3・第4スティントを新品のハードタイヤで、ファイナルスティントで中古のミディアムで走行しました。フェルスタッペンとハースのケビン・マグヌッセンのみが、4回タイヤ交換を行いました。
• 今年のバーレーングランプリのタイヤ選択が昨年より一段階軟らかいものだったこともあり、ピットストップ数は例年よりも多くなりました。

各コンパウンドのパフォーマンス
• ハード C2 : 6名を除く他の完走者がファイナルスティントで使用したハードタイヤは、路面が粗いバーレーンの路面でスピードと強さを示しました。ガスリーは、1周目を除く全ラップを2セットのハードで走行し、6位を獲得しました。
• ミディアムC3 : 本日の代表的なコンパウンドとなりました。予選Q2をミディアムで通過したトップ10グリッドを含む大半のドライバーがスタート時に装着したミディアムは、性能と耐久性の良好なバランスを示しました。ハミルトンは、レースの半分以上をミディアムで走行しました。フェルスタッペンは、11周のファイナルスティントをミディアムで走行し、ファステストラップポイントを獲得しました。
• ソフト C4 : マクラーレンのカルロス・サインツのみがレッド・ソフトでスタートしました。リスタート時、サインツとアルファタウリのダニール・クビアトの2名のみがソフトを装着しました。冷涼なコンディション下でソフトが機能したこともあり、15番グリッドからスタートしたサインツは、一時3位を走行し、最終的には5位でフィニッシュしました。

ピレリ カーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント
「まず何よりも、オープニングラップでの重大事故においてロマン・グロージャンが軽症で済んだことが救いでした。このことに比べれば、他の出来事は大きな意味を持ちません。そして、現代の安全基準が、この事故から命を救ったと思います。レースに関して、長い中断が戦略に影響を及ぼしました。すなわち、カルロス・サインツがリスタート後のスティントで示した通り、ソフトタイヤが予想以上の性能を発揮しました。また、ミディアムタイヤのスティントがより長くなったと思います。この点は、ハミルトンの走行に代表されます。ハミルトンは、2つのロングスティントをミディアムで走行後、ハードタイヤへ交換してフィニッシュしました。ガスリーが2セットのハードを使用した2ストップ戦略で6位を獲得するなど、レース全体を通して、広範囲に渡る戦略が展開されました。F2でもタイヤマネジメントが極めて重要となり、ミディアムタイヤが数名のドライバーにとって重要な役割を演じました。デレトラズのみがミディアムでスタートし、その後ハードへ交換する戦略を完璧に活かし、Formula 2の特徴とも言える後方からの激しい追い上げを見せました」

ピレリジャパン・プレスリリース

続きを読む "ハミルトン、ミディアム – ミディアム – ハードと繋ぐ完璧な2ストップ戦略で優勝 (ピレリ)"

|

2020/11/26

ピレリ、バーレーン&アブダビで来季タイヤテストへ

Pirelli 2020 Tyre (C)Pirelli Motorsport
拡大します
F1にタイヤを独占供給するピレリは、今季の残り3戦のうち今週のバーレーンGPと再来週行われる最終戦のアブダビGPで、2021年仕様タイヤのテストをいずれも金曜日のフリー走行セッションで実車テストを行う方針を明らかにした。

それによればバーレーンGPでは中間の『C3スペック』を、またアブダビGPではより柔らかい『C4スペック』のタイヤがいずれも1台あたり2セットずつ支給されるということだ。

ピレリでは20年ぶりとなる2011年シーズンから、F1タイヤを独占供給し続けている。

|

2020/11/18

ピレリタイヤ責任者、新型コロナウイルス陽性で隔離に

Pirelli F1 Staff (C)Pirelli Motorsport
拡大します
トルコGPの際に行われた新型コロナウイルスの検査で、マリオ・イゾーラ/ヘッド・オブ・カーレーシングが陽性反応を示したことがわかった。
同氏は現在F1にタイヤを独占供給するピレリタイヤの現場責任者。

ただイゾーラ氏に陽性反応は出たものの自覚症状はなく、また濃厚接触者とされた関係者もみな再検査を受けた結果、すべて陰性であったという。
念のため同氏は医療ガイドに基づき現在隔離措置を受けているとのことだ。

F1チーム同様、ピレリタイヤもグランプリ毎にハードワークを強いられており、タイヤスタッフにコロナ禍の拡大が起きることのないよう、F1責任者は戦々恐々だ。

|

2020/11/16

ピレリ、イスタンブール・サーキット再舗装にうらみ節

Istanbul Circuit (C)Pirelli Motorsport
拡大します
今回のトルコGPでは、9年ぶりのグランプリに備え、開催地であるイスタンブール・パーク・サーキットがコース路面を全面的に再舗装したことから波乱が始まった。
セッションが始まりマシンがコースに乗り入れた瞬間からスピンするドライバーが相次いだためだ。
その原因は舗装に使用したアスファルトから油分が表面に滲み出たものであるとのこと。
現場では大量に水を撒いて対処したが、これもスリッピーな状況に追い討ちを掛けただけとされている。

この展開に振り回されたのがF1にタイヤを独占供給するピレリタイヤで、同陣営のマリオ・イゾーラ/ヘッド・オブ・カーレーシングは「われわれも路面の再舗装については聞いていなかった。
せめて事前に知らされていればこちらにも対処の方策があったのに」と、うらみ節。
グリップに関するドライバーの不満だけに、タイヤがその矢面に立ってしまったのは不運というしかない。

|

2020/11/08

ピレリ、年内に再度『2021年仕様タイヤ』テスト

Pirelli Tyre (C)Pirelli Motorsport
拡大します
F1にタイヤを独占供給するピレリは、年内にもう一度『2021年仕様タイヤ』のテストを行う予定であることを明らかにした。
これはFIA(国際自動車連盟)の了解のもとグランプリウィークの公式セッション内に行われるもので、先のポルトガルGPフリー走行2回目セッションに続くもの。

今回はシーズン終盤のバーレーンGPないし最終戦アブダビGPいずれかのフリー走行2回目セッションの最初の30分間が予定されているとのこと。
ポルトガルGPの際に得られたデータにより最終決定されたタイヤが持ち込まれるということで、これには全チーム全ドライバーの参加が義務付けられる。

最終決定された2021年仕様タイヤのパフォーマンスに、ピレリタイヤのマリオ・イゾーラ/ヘッド・オブ・カーレーシングは自信をみせているという。

|

2020/11/02

ハミルトン、終盤にセーフティーカーが導入されたイモラでのレースを2ストップ戦略で制す (ピレリ)

(C)Pirelli Motorspotrs
拡大します
2020 エミリア・ロマーニャグランプリ 決勝
2020 年 11 月 1 日、イモラ


キーポイント

• メルセデスのルイス・ハミルトンが 2 ストップ戦略でエミリア・ロマーニャグランプリを制し、
7 度目のドライバーズタイトル獲得に一歩近づきました。チームメイトのバルテリ・ボッタ
スが 2 位に入り、両ドライバーが表彰台に上ったことで、メルセデスは 2020 年のコンス
トラクターズタイトル獲得を決定付けました。ボッタスは、計算上、現時点でハミルトンの
ドライバーズタイトルを阻止できる唯一のドライバーです。終盤にセーフティーカーが導
入されたレースで、両ドライバーともに全 3 種類のコンパウンドを使用しました。
• オーバーカット戦略によって勝利を確実にしたハミルトンは、P Zero イエロー・ミディアム
タイヤでライバルたちよりも長いオープニングスティントを走行しながらも、ピットストップ
前には自身のラップを更新していました。バーチャルセーフティーカーの機会を活かし、
ハミルトンは、トップを譲ることなく P Zero ホワイト・ハードタイヤへ交換しました。
• フィニッシュまで 10 周を残すセーフティーカー導入周回中、ハミルトンやボッタスを含む
大半のドライバーが、ファイナルスティントへ向けて P Zero レッド・ソフトタイヤへ交換し
ました。
• セーフティーカーの導入が、1 ストップ戦略を採っていた大半のドライバーを 2 ストッパ
ーへと促しました。ソフトタイヤでスタートしたドライバー中の最上位は、3 位を獲得した
ルノーのダニエル・リカルドでした。
• スタート時の気温は21℃、路面温度は24℃で、レース中も同様のコンディションが継続
しました。

各コンパウンドのパフォーマンス
• ハード C2: マクラーレンとアルファロメオの両ドライバーを除く全ドライバーがハードを
使用しました。リカルドとフェラーリのシャルル・ルクレールは、ハードタイヤで長いステ
ィントを走行し、1 ストップで完走しました。ハードタイヤは、期待通りの優れた一貫性を
示しました。
• ミディアム C3: フロントローの両メルセデスを含む半数以上のドライバーがミディアム
でスタートしました。30 周を走行したハミルトンなど、いくつかの長いオープニングスティ
ントが見られました。アルファロメオのキミ・ライコネンは、ミディアムで 49 周を走行し、
残り 14 周時点で 4 位に位置していました。また、チームメイトのジョヴィナッツィは、ミデ
ィアムで 53 周を走行しました。ポルトガルグランプリ同様、ミディアムタイヤは、優れた
性能と一貫性を示しました。
• ソフト C4: リカルドやルクレールなど、ソフトタイヤでスタートしたドライバーたちは、その
スピードを活かしてオープニングスティントで上位を走行しました。アルファタウリのダニ
ール・クビアトは、ソフト – ハード – ソフトと繋ぐ戦略で 4 位を獲得しました。序盤にはグ
レイニングの発生が見られましたが、レースの進行に伴ってタイヤの状態は改善してい
きました。

ピレリ カーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント
「終盤のセーフティーカー導入が戦略に大きな影響を及ぼしました。それまでは、イモラでのピ
ットストップロスタイムが大きいこともあり、1 ストップ戦略が主流のレース展開でした。ソフトタイ
ヤにグレイニングが発生したことで、当初思い描いたソフトを使用した戦略は、ミディアムやハ
ードを主体とするものに変化しました。フロントローの両ドライバーがスタート時に装着したミデ
ィアムタイヤのデグラデーションは、長いスティントにおいても最小限でした。また、多くのドライ
バーがハードタイヤで 40 周以上を走行しました。もちろん、32 周を走行していたレッドブルのマ
ックス・フェルスタッペンのハードタイヤに何が起こったのか、調査する必要があります。現時点
では、デブリによってパンクが発生した可能性があります。7 年連続でコンストラクターズタイト
ルを獲得したメルセデスを祝福します。ハミルトンがバーチャルセーフティーカーのアドバンテ
ージを完璧に活かすなど、今回も非常に戦略的なレースでした」

ピレリジャパンプレスリリース

続きを読む "ハミルトン、終盤にセーフティーカーが導入されたイモラでのレースを2ストップ戦略で制す (ピレリ)"

|

2020/10/26

ハミルトン、ミディアムタイヤの性能を活かし、最多優勝記録を更新 (ピレリ)

(C)Pirelli Motorspotrs
拡大します

2020 ポルトガルグランプリ 決勝
2020年10月25日、ポルティマン

キーポイント
• メルセデスのルイス・ハミルトンが、ミディアム – ハードと繋ぐ1ストップ戦略でキャリア通算92勝目を挙げ、Formula 1最多勝記録を更新しました。昨日までの走行データが不足気味の中、ハミルトンの採った戦略は最速戦略と予測されていました。
• 天候状態やトラックの路面など、タイヤにとって厳しいコンディションの下、ピレリの全3種類のコンパウンドは素晴らしい性能を示しました。特筆すべきはP Zeroイエロー・ミディアムタイヤの卓越した一貫性でした。ルノーのエステバン・オコンは53周を、ハミルトンは45周(40周:レース、5周:予選Q2)をミディアムで走行しました。
• ハミルトンのチームメイトのバルテリ・ボッタスは、ハミルトンと同じ戦略で2位を獲得しました。ボッタスは、ハミルトンより1周遅くピットストップを行いました。
• 3位以下では多様な戦略が展開され、トップ10で異なる4種類の戦略が見られました。
• 1ストッパーが主流となった中、5名のドライバーが2ストップ戦略を実行しました。その中で、レーシング・ポイントのセルジオ・ペレスを含む3名は全3種類のコンパウンドを使用しました。ペレスは、接触によって1周目のピットストップを余儀なくされましたが、7位でフィニッシュしました。
• 低温のコンディションが続き、路面温度は25℃前後でした。スタート直後とレース終盤には雨がパラつきました。

各コンパウンドのパフォーマンス
• ハード C1: メルセデスの両ドライバーは第2スティントでハードを使用しました。ウォームアップに2周を要したハードは、レース終盤のハミルトンによるファステストラップに象徴されるように、卓越した性能を示しました。ハースのケビン・マグヌッセンのみが、スタート時にハードタイヤを装着しました。
• ミディアム C2: レースにおいて鍵となる役割を演じました。ポールタイム計測時に使用され、スタート時には半数以上のドライバーがミディアムを装着しました。性能と一貫した耐久性との卓越したバランスを提供したミディアムタイヤは、長いスティントを可能にしました。
• ソフト C3: 一貫した性能を示しました。マクラーレンのカルロス・サインツは、ソフトの蹴り出しスピードを活かし、レース序盤に一時トップに立ちました。また、アルファタウリのピエール・ガスリーは、ソフトで28周を走行しました。

ピレリ カーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント
「各チームにとって未知の部分が多いチャレンジングなサーキット上で、全3種類のコンパウンドが示した性能に大変満足しています。また、フリー走行時間が短縮されたにも関わらず、広範囲に渡る戦略で使用された全3種類のコンパウンドは、スピードと耐久性を発揮しました。路面温度が低く、雨もパラついたトリッキーなコンディションでしたが、いくつか印象的なロングスティントが見られました。中でも、予選のポールタイム計測でも使用され、全ドライバーが使用したミディアムタイヤは際立っていました。大記録を樹立したルイス・ハミルトンを祝福するとともに、新しい歴史が刻まれた瞬間の目撃者になれたことを光栄に思います」

ピレリジャパンプレスリリース

 

続きを読む "ハミルトン、ミディアムタイヤの性能を活かし、最多優勝記録を更新 (ピレリ)"

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

70thアニバーサリーGP A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイフェルGP アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルピーヌ アルファタウリ アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オランダGP オースティン オーストラリアGP オーストリアGP オーラ・ケレニウス カタール カナダGP カラム・アイロット カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 サウジアラビアGP サクヒールGP サンパウロGP ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シュタイヤーマルクGP シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダビデ・ブリビオ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トスカーナGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベトナムGP ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガルGP ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロイ・ニッサニー ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・シュワルツマン ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロマーニャGP ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介