2022/11/21

ワールドチャンピオンがアブダビグランプリを制す ルクレールがペレスを抑え、チャンピオンシップ2位を獲得 (ピレリ)

 (C)Pirelli Motorsports
拡大します
Mario Isola - Motorsport Director
モータースポーツディレクター マリオ・イゾラのコメント
「アブダビは、Formula 1シーズンのフィナーレを飾るにふさわしい舞台となりました。ヤス・マリーナでの最終順位は、タイヤ戦略によって決定づけられました。この点は、ピレリがいかに魅力的な今シーズンのチャンピオンシップに貢献したのかを物語っています。予測通り、今日のレースでは1ストップと2ストップが見られました。全般的にデグラデーションは金曜日より低く、より長いスティントが可能となりました。主役となったコンパウンドはハードで、大半のドライバーがハードタイヤでフィニッシュしました。火曜日、全チームが2023年型タイヤの初テストを行います。マシンは来年使用するものと同じではなく、セットアップも新スペックのタイヤに最適化されていませんが、ヤス・マリーナのコース特性に最適な最も軟らかい組み合わせの3種類のコンパウンドとC1コンパウンドについて、各チームから重要なフィードバックが得られると思います」

TYRE TALES: HOW THE RACE WAS WON
• ワールドチャンピオンのマックス・フェルスタッペンが、2022年最終戦のアブダビグランプリを制しました。2位はフェラーリのシャルル・ルクレール、3位はレッドブルのセルジオ・ペレスでした。表彰台の3名は、いずれもP Zeroホワイト・ハードタイヤでフィニッシュしました。
• アブダビグランプリは、一部曇り空の下、昨日の予選とほぼ同様の路面温度31.4〜34.4℃のコンディションで行われました。
• 各チームが様々な戦略を選択しました。昨日までに収集したデータを基に、11名が2ストップ戦略を、8名がより保守的な1ストップ戦略を採りました。
• レッドブルはチーム内で戦略を分け、両ドライバーともに表彰台に上りました。フェルスタッペンは、20周目に P Zeroイエロー・ミディアムからハードタイヤへ交換しました。一方、ペレスは、15周目と33周目にピットストップを行い、ミディアム – ハード – ハードと繋いで走行しました。
• マクラーレンのランド・ノリスは、44周目にミディアムタイヤで1分28秒391のファステストラップを記録しました。ハードタイヤでの最長スティントは、P Zeroレッド・ソフトでスタートしたアルファタウリのピエール・ガスリーによる43周でした。

BEST OF THE REST: THE ALTERNATIVE STRATEGY
多くのドライバーがミディアムでスタートしました。ソフトでスタートしたドライバーはガスリーのみで、アルファロメオのバルテリ・ボッタスとハースのケビン・マグヌッセンはハードでスタートしました。
シミュレーションによる1ストップと2ストップのレースタイムの差が小さいことを考慮し、チーム内で戦略を分けたチームが見られました。メルセデスでは、ジョージ・ラッセルが2ストップ(ミディアム – ハード – ミディアム)戦略を採った一方、ハミルトンはハードタイヤでのロングスティントによる1ストップ戦略を選択していましたが、フィニッシュ前にリタイヤしました。
フェラーリもチーム内で戦略を分けました。カルロス・サインツが2ストップ(ミディアム – ハード – ハード)戦略を採りましたが、ルクレールは1ストップ(ミディアム – ハード)戦略で走行しました。

ピレリジャパンプレスリリース

|

2022/11/04

「レッドブルとフェラーリの差はタイヤの使い方」とピレリ

Pitstop Image (C)Ferrari S.p.A
拡大します
今シーズン序盤からスピードが目立ち、王者レッドブルと互角の戦いが期待されたフェラーリ・チームだったが、シーズンが進むにつれ次第に決勝レースでのポテンシャルに明確な差がついてきたようにみえる。

これについてF1にタイヤを独占供給するピレリのマリオ・イゾーラ/ヘッド・オブ・カーレーシングは、「タイヤの使い方に両者の差がみられる」との見解を示した。

「タイヤのサプライヤーという立場からみると、レッドブルのほうがタイヤのマネージメントに優れていると思える。
今回のメキシコでも、多くのマシンがグレーニング(ささくれ摩耗)に苦慮する中、レッドブル(フェルスタッペン&ペレス)は巧みにタイヤを使いこなし、ソフトからミディアムタイヤという選択で好成績に結び付けてみせた」と、評価した。
今シーズンの残る2戦、上位チームのタイヤ戦略が注目される。

|

来季、タイヤウォーマー使用時間を規制へ

Tyre Work (C)Pirelli Motorsport
拡大します
F1は、世界的な持続可能性推進の一環として2024年にタイヤウォーマーの使用を完全に廃止することを予定しているが、これに先駈け2023年シーズンはブランケットの使用時間を短縮することになりそうだ。

これは、グランプリウィークに行われたテストの結果、ピレリタイヤからの申し入れによって方針転換することになたもの。
それによれば当初予定されていたタイヤウォーマーの設定温度低下(70度から50度)はドライバーから不評だったため、設定温度は変えずに使用時間を短縮する方向で検討されているもの。
2024年のタイヤウォーマー完全廃止に向けてはまだ課題がありそうだ。

|

2022/10/31

2022 Mexican Grand Prix - 決勝 (ピレリ)

 (C)Pirelli Motorsports
拡大します
モータースポーツディレクター マリオ・イゾラのコメント
「全3種類のコンパウンドによる戦略戦」
「トラック上およびピットウォールでの戦略戦において、全3種類のコンパウンドがドライバーやチームにレースへのアプローチ機会を提供できたことを嬉しく思います。タイヤを最適に使用する能力を基盤とした様々な戦略が見られました。強力な性能と抑制された摩耗を提供し、ミディアムタイヤが主役を、ハードとソフトが重要な役割を演じました。レースは、週末を通してタイヤを最大限に活用していた2チームによる戦略的な闘いに帰結しました。また、我々にとって、ハードな15日間の中2023年型プロトタイプタイヤのテストを行い、オースティンでは硬めのコンパウンド、メキシコシティでは軟らかめのコンパウンドのデータを収集できたことは重要でした。加えて、2回目のテストが行われた金曜日の夜、データ分析においてドライバーたちから熱意あるコメントが得られたことも貴重でした。メキシコの素晴らしい観衆の前で、シーズン最多記録となる14勝目を挙げたマックス・フェルスタッペンとレッドブルを祝福します」

TYRE TALES: HOW THE RACE WAS WON
P Zeroレッド・ソフトタイヤでスタートしてトップに立ったフェルスタッペンは、25周目にP Zeroイエロー・ミディアムタイヤへ交換するピットストップを行い、トップの座を譲りました。その後、ライバルのメルセデス勢がピットストップを行った際に再びトップに立ち、ミディアムタイヤをフィニッシュまでマネージすることが課題となったファルスタッペンは、ミディアムタイヤで46周を走行し、2位に15秒差をつけて優勝しました。

BEST OF THE REST: THE ALTERNATIVE STRATEGY
12名がソフトで、8名がミディアムでスタートし、戦略は序盤から大きく分かれました。レッドブルとメルセデスによる鍵となる闘いにも戦略の違いが反映され、ミディアムでスタートしたメルセデスは、P Zeroホワイト・ハードタイヤで第2スティントを走行しました。ルイス・ハミルトンは、オースティンに続いて今シーズンベストリザルトの2位を獲得しました。わずか3名の2ストッパー中の一人となったチームメイトのジョージ・ラッセルは、終盤にソフトタイヤへ交換してファステストラップポイントを獲得しました。

WHAT TO LOOK OUT FOR NEXT
最後の難関が待ち受けています。オースティンとメキシコシティのFP2で収集されたデータを基に、2023年型スリックタイヤの仕様が決定されます。シーズン最終戦のアブダビグランプリ後に行われるテストにおいて、各チームはこれらのタイヤを初めて試すことになります。今後の数週間は、ピレリのエンジニアおよび技術陣にとって極めて重要な期間となり、11月11-13のブラジルグランプリ、その翌週のアブダビグランプリに臨み、シーズンを締めくくります。

ピレリジャパンプレスリリース

|

2022/10/24

2022 United States Grand Prix - 決勝 (ピレリ)

 (C)Pirelli Motorsports
拡大します

モータースポーツディレクター マリオ・イゾラのコメント
「我々のタイヤが活躍したオースティンでの緊迫した闘い」
「マックス・フェルスタッペンが優勝し、彼の所属するレッドブルのコンストラクターズタイトルが決定しました。レッドブルを祝福するとともに、亡くなられたディートリヒ・マテシッツ氏のご冥福を心よりお祈りいたします。今日の緊迫したレースでは、気温の上昇に加えて2回のセーフティーカー導入がタイヤのデグラデーション抑制に繋がりました。戦略が鍵となる中、ハミルトンがフェルスタッペンに対してアンダーカットを挑み、両者間で息をのむような闘いが繰り広げられました。また、それ以前には、フェルスタッペンとフェラーリのシャルル・ルクレールによる見応えのあるファイトも見られました。ハミルトンとフェルスタッペンは、異なるコンパウンドを装着してファイナルスティントを走行しました。今週末440,000人に達した大観衆は、両ドライバーのスリリングな闘いをフィニッシュまで見守りました。我々のタイヤは、両ドライバーによる最大限のプッシュに応えていました」

TYRE TALES: HOW THE RACE WAS WON
P Zeroイエロー・ミディアムタイヤでスタートしたレッドブルのマックス・フェルスタッペンが、第1コーナーでトップに立ちました。20名中の16名がミディアムタイヤでスタートしました。フェルスタッペンがP Zeroホワイト・ハードタイヤへ交換後、ハミルトンも同様のピットストップを行い、フェルスタッペンが再びトップに立ちました。2回のセーフティーカー後のリスタートでもトップの座を維持したまま、フェルスタッペンは2回目のピットストップを行い、残り20周のファイナルスティントへ向けて再度ミディアムタイヤへ交換しました。このピットストップでのトラブルで時間を要したことで、フェルスタッペンはハードタイヤへ交換したハミルトンの後塵を拝することとなりました。フェルスタッペンは、完璧なタイヤマネジメントで猛追後、最終的にはハミルトンに4秒差をつけて優勝し、2022年のコンストラクターズタイトルをレッドブルにもたらしました。

BEST OF THE REST: THE ALTERNATIVE STRATEGY
ハードタイヤでスタートしたドライバー中の最上位は、13番グリッドからスタートしたハースのケビン・マグヌッセンでした。マグヌッセンはただ一人1ストップ戦略を採り、ミディアムタイヤで38周のファイナルスティントを走行してポイント圏内でフィニッシュしました。メルセデスのジョージ・ラッセルは唯一の3ストッパーでした。ラッセルは、残り2周時点でP Zeroレッド・ソフトタイヤへ交換し、ファステストラップポイントを獲得しました。

WHAT TO LOOK OUT FOR NEXT
今週末、オースティンからの連戦となるメキシコグランプリが開催されます。FP2では、2023年型タイヤテストが行われる予定です。サーキット・オブ・ジ・アメリカズにおいて、硬めのコンパウンドによる大量のテストデータが収集されたことを受けて、メキシコでは軟かめのコンパウンドのテストに焦点が当てられます。

ピレリジャパンプレスリリース

|

2022/10/20

ピレリ、アメリカ&メキシコ両GPで来季タイヤテスト

Tyre Work (C)Pirelli Motorsport
拡大します
F1と、来季もF1にタイヤを独占供給するピレリは、今週行われるアメリカと共にその次のメキシコの両グランプリで、2023年用タイヤのテストを行うことを明らかにした。
これによりこの2戦ではいずれも金曜日フリー走行2回目セッションが30分拡大され90分で行われる。
このテストは先の日本GPでも予定されていたが、金曜日は大雨に見舞われドライタイヤで走行する機会がなかったもの。

ピレリはこのテストでの結果を見据え、今季も最終戦であるアブダビGP終了後に予定されるヤス・マリーナ・サーキットでの合同テストに最終仕様のスペックが持ち込まれることになる。

|

2022/10/10

2022 JAPANESE GRAND PRIX - SUNDAY (ピレリ)

 (C)Pirelli Motorsports
拡大します

MARIO ISOLA, PIRELLI MOTORSPORT DIRECTOR モータースポーツディレクター マリオ・イゾラのコメント
「マックス・フェルスタッペンの2度目のドライバーズタイトル獲得を祝福します。
ウェットコンディション下、視界の悪化によりレースの再開が遅れ、今年の日本グランプリは40分間のスプリントレースとなりました。コンディションが全てのドライバーの戦略に影響を及ぼしました。セーフティーカー先導の再スタート時、全ドライバーはレギュレーションによってフルウェットタイヤを装着する義務がありました。しかし、再スタート後間もなく、インターミディエイトがコンディションに最適であることが明らかになりました。インターミディエイトは、変化するコンディションの下、素晴らしいペースで強力な性能を発揮しました。フロントタイヤをケアすることが必須の状況の中、ドライバーたちは、レース終盤に多くの周回を重ねたインターミディエイトをマネージするスキルを示しました。素晴らしい日本のファンに心から感謝しています。チャレンジングな天候にも関わらず、静かに待ち続け、Formula 1 への情熱とコミットメントを示してくれたファンに、長い中断の後、アクション満載のスプリントレースをお見せすることができました。日本のファンは、我々から愛され、支持される存在です」

TYRE TALES: HOW THE RACE WAS WON
ドライコンディションで行われた予選でポールポジションを獲得したレッドブルのマックス・フェルスタッペンは、Cinturatoブルー・フルウェットを装着した再スタートでもトップを堅持しました。再スタートから数周後、フェルスタッペンは、Cinturatoグリーン・インターミディエイトへ交換しました。同じタイミングで2位を走行していたフェラーリのシャルル・ルクレールもピットストップを行いましたが、フェルスタッペンがリードを守ってコースに戻りました。その後、フィニッシュまで、フェルスタッペンはインターミディエイトで走行しました。

BEST OF THE REST: THE ALTERNATIVE STRATEGY
ウェットコンディション下、セーフティーカー先導の再スタートによるスプリントレースでは、戦略の幅は限定されていました。しかし、大半のドライバーがインターミディエイトへ交換する中、フルウェットでステイアウトするドライバーが数名見られました。彼らは、トラックポジションのゲインと新たなセーフティーカー導入時のアドバンテージを期待していましたが、その後はセーフティーカーの導入は無く、5名のドライバー以外は1回のみのピットストップを行いました。再スタート後の2ストッパー中の最上位ドライバーは、7位を獲得したアルピーヌのフェルナンド・アロンソでした。

WHAT TO LOOK OUT FOR NEXT
各チームは、これからアメリカ大陸で行われる3戦に臨みます。アメリカとメキシコでの連戦、その2週間後にブラジルでのレースが控えています。日本でのFP2で2023年型タイヤのテストが予定されていましたが、雨のためキャンセルされ、メキシコでの実施に変更されました。同様のテストがオースティンのFP2でも行われる予定です。

ピレリジャパンプレスリリース

|

2022/09/12

2022 Italian Grand Prix - Sunday (ピレリ)

 (C)Pirelli Motorsports
拡大します

ピレリ副会長兼 CEO マルコ・トロンケッティ・プロヴェーラのコメント:
「イタリアの自動車テクノロジーと知見の祝福」

「モンツァ 100 周年とピレリ 150 周年を記念する我々のホームグランプリにおけるイタリアの自動車テクノロジーと知見を祝福する機会において、我々は重要な役割を担っていることを誇りに思います。
我々は、世界中で開催される 250 近くのチャンピオンシップへ向けた最先端テクノロジーのモータースポーツタイヤを製造するだけではなく、ピレリ・ハンガービコッカに象徴されるように文化と芸術を支援しています。そのため、ピレリは、モータースポーツの頂点にふさわしいユニークなトロフィーで今回のグランプリを記念したかったのです。過去と現在をリンクする芸術的トロフィーを制作したパトリック・トゥットフオコとピレリ・ハンガービコッカに感謝します」

TYRE TALES: HOW THE RACE WAS WON
ポールシッターのフェラーリのシャルル・ルクレールがバーチャルセーフティーカー導入周回中にピットストップした後、7 番グリッドからスタートしたレッドブルのマックス・フェルスタッペンがトップに立つまで、わずか 12 周でした。この両ドライバーは、P Zero レッド・ソフトタイヤでスタートした 5 名中の 2 人でした。他の 15 名は、P Zero イエロー・ミディアムタイヤでスタートしました。フェルスタッペンは、ソフトタイヤの低いデグラデーションを活かし、予定のピットストップを 25 周目に行いました。ミディアムタイヤに交換して 2 位でコースに戻ったフェルスタッペンは、ルクレールが 2 回目のピットストップを行った時点で再度トップに立ちました。レース終盤にセーフティーカーが導入されたことで多くのピットストップが行われましが、セーフティーカー導入周回のままフィニッシュとなり、大勢に影響はありませんでした。

BEST OF THE REST: THE ALTERNATIVE STRATEGY
多様な戦略が展開され、トップ 10 中で 8 種類の戦略が見られました。セーフティーカー導入に伴うピットストップを除けば、勝利戦略は 1 ストッパーでしたが、ルクレールは、ソフトとミディアムを使用した 2 ストップ戦略を実行しました。また、メルセデスのジョージ・ラッセルは、表彰台に上ったドライバー中でただ一人、P Zero ホワイト・ハードタイヤを使用しました。

EON
トラックを見渡す有名なモンツァの表彰台で授与されたパトリック・トゥットフオコの EON トロフィーは、無限に近い長い時間に因んで名づけられました。トゥットフオコは、時間の周期的な性質を喚起する永遠のループを描写するためにこのテーマを選びました。それは、現代の Formula 1 を象徴するパワーとスピードと密接につながっています。

PATRICK TUTTOFUOCO AND PIRELLI HANGARBICOCCA
1974 年にミラノで誕生したパトリック・トゥットフオコは、現在もミラノを拠点に活動しています。30 年に渡る芸術活動を経て、彼はイタリアの著名人の一人となっています。彫刻、ビデオ、ネオン、インスタレーションなどに渡る彼の作品では、雰囲気と感情を表現するために光と色が使用されています。ミラノのピレリ本社に隣接するピレリ・ハンガービコッカは、倉庫を改装した有名なアート展示スペースで、コンテンポラリーアートのミュージアムとして使用されています。

WHAT TO LOOK OUT FOR NEXT
ヨーロッパシーズンの締めくくりとして、ピレリはモンツァに留まり、レッドブルとともに 2023年型プロトタイプタイヤの 1 day テストに臨みます。今シーズン残り 6 戦は、アジア、アメリカ、そして中東を舞台に行われます。

ピレリジャパンプレスリリース

|

2022/09/05

P Zero ホワイト・ハードタイヤ、アクション満載のザントフォールトで際立った性能を発揮 (ピレリ)

 (C)Pirelli Motorsports
拡大します
モータースポーツディレクター マリオ・イゾラのコメント
「エキサイティングで感動的なレースでした。特に、ザントフォールトのようなトリッキーなサーキットにおいて、2つの要素がレースに影響を及ぼしました。そのひとつは、ソフトタイヤの抑制されたデグラデーションとハードタイヤの強力な性能を活かした多様な戦略でした。そしてもうひとつは、レースをチェッカーフラッグまで予測不可能にしたバーチャルセーフティーカーとセーフティーカーの導入でした。また、今シーズンのレギュレーションの下で数多くのオーバーテイクが見られました。グランドスタンドはオレンジの海でしたが、オランダグランプリの光景に他の色を加えるとしたら、ハードタイヤのマーキングカラーである白だと思います。極めて低いデグラデーションと十分なスピードを発揮したハードタイヤは、このレースの主役のひとつとなりました。レース週末を通した路面の改善によって、ハードタイヤはレースでその本領を発揮し、多くのチームがハードタイヤを戦略に活用しました。ローラーコースターのようなザントフォールトで、全3種類のコンパウンドはそれぞれ重要な役割を演じました。表彰台の3名は、異なる戦略を採った異なるチームのドライバーでした」

TALKING ABOUT TYRES: STEFANO DOMENICALI, CHIEF EXECUTIVE OFFICER, F1 GROUP
「ザントフォールトのエネルギッシュで情熱的なファンの歓声が耳に残る中、我々はFormula 1の重要な開催地であるモンツァへ向かいます。今年は、モンツァでの100回目の開催とモータースポーツに不可欠なピレリの150周年を記念する年です。今日のレースにおいても、3種類のタイヤは完璧な役割を演じ、多様な戦略、数多くのオーバーテイクに貢献しました。その結果、我々はファンの皆様へ、F1のようなモータースポーツに極めて重要な安全性を確保しつつ、見応えのあるレースを提供できたと思います。モンツァでも、できればオレンジの中に赤色の応援が見られる中で盛大に祝福したいと思います」

TYRE TALES: HOW THE RACE WAS WON
P Zeroホワイト・ハードタイヤの素晴らしい性能と、バーチャルセーフティーカーおよびセーフティーカーの導入がレース結果に影響を及ぼしました。ソフトタイヤでポールポジションからスタートしたレッドブルのフェルスタッペンがミディアムタイヤへ交換した際、ミディアムタイヤでスタートしたメルセデスのルイス・ハミルトンは、トラックポジション上のアドバンテージを得ました。その後、ハードへ交換したハミルトンは、十分なペースを確立することができました。しかし、最終的には上位勢が同じ回数のピットストップを行った中、バーチャルセーフティーカーおよびセーフティーカー導入時、レッドブルが極めて的確な戦略を実行しました。セーフティーカー後の再スタート時、ミディアムで走行するハミルトンの後方からソフトタイヤを装着したフェルスタッペンは、そのスピードを活かしてハミルトンをオーバーテイクして優勝しました。

ピレリジャパンプレスリリース

|

2022/08/29

フェルスタッペン、スパで完勝 (ピレリ)

 (C)Pirelli Motorsports
拡大します

MARIO ISOLA - MOTORSPORT DIRECTOR
モータースポーツディレクター マリオ・イゾラのコメント
「唯一無二のサーキットであるスパが、来年も Formula 1 カレンダーに留まることを非常に嬉しく思います。今年の開催は大成功をおさめました。週末を通して変わりやすい天候状態の下、36 万人の観衆の前で数多くのオーバーテイクが見られました。我々のタイヤは主要な役割を演じることができたと思います。大半のドライバーがハードタイヤを使用し、素晴らしいレースが展開されました。収集したデータの分析をこれから行いますが、レース中の無線で、ハードタイヤの性能が予想よりも 0.2 秒速いというコメントがあったことは、我々にとっての嬉しい成果でした。今日の気温が昨日までより高くなることを認識はしていましたが、天候状態、路面の進化、予想よりも高いレベルのデグラデーションなどの諸条件の下、広範囲に渡る戦略が見られたことを興味深く感じました。グレイニングの問題は発生せず、デグラデーションは熱に起因するものでした。スパ 24 時間レースの経験もあって、改修されたトラックに関して何の問題もありませんでした。スパ 24 時間は、ハンガリーグランプリの週に開催され、ピレリは 17,000 本のタイヤを持ち込みました。実に見事なレースペースでワンツーフィニッシュを達成したレッドブルを祝福します」

TYRE TALES: HOW THE RACE WAS WON
グリッドペナルティーによって 14 番グリッドから P Zero レッド・ソフトタイヤでスタートしたフェルスタッペンは、序盤に急速な追い上げを見せました。フェルスタッペンは、12 周目までにトップに立ち、16 周目に P Zero イエロー・ミディアムへ交換しました。ピットストップから 2周後、再びトップに立ったフェルスタッペンは、残り 14 周時点で、リードを失うことなく再度ミディアムタイヤへ交換しました。10 番グリッドのスタートから優勝したハンガリーに続き、フェルスタッペンは中段グリッドからの 2 連勝を達成しました。

BEST OF THE REST: THE ALTERNATIVE STRATEGY
トップ 3 で 3 種類の戦略が見られたように、広範囲に渡る戦略が展開されました。2 位を獲得したレッドブルのセルジオ・ペレスは、ソフトタイヤを使用しませんでした。フロントローからミディアムでスタートしたペレスは、再度ミディアムへ交換し、ファイナルスティントを PZero ホワイト・ハードで走行しました。ソフトタイヤでポールポジションからスタートしたフェラーリのカルロス・サインツは、12 周目の最初のピットストップまでトップを走行しました。その後、ミディアム – ハードと繋ぐ戦略で表彰台を獲得しました。全体的には、16 台が 2 ストッパー、2 台が 3 ストッパーでした。

WHAT TO LOOK OUT FOR NEXT
次週はオランダグランプリが開催されます。スパから開催地のザントフォールトまでの距離はわずか 300km ほどで、グランプリ間の移動では最短の部類に属します。12 台のピレリトラックが 6 時間をかけて移動します。

ピレリジャパンプレスリリース

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

70thアニバーサリーGP A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイフェルGP アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルベ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルピーヌ アルファタウリ アルファロメオ アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・パロウ アレックス・リン アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル アンドレッティ イギリスGP イゴラ・ドライブ イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オスカー・ピアストリ オトマー・サフナウアー オランダ オランダGP オースティン オーストラリアGP オーストリアGP オーラ・ケレニウス カタール カタールGP カナダGP カラム・アイロット カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コルトン・ハータ コロンビア コンコルド協定 サウジアラビアGP サクヒールGP サンパウロGP ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シュタイヤーマルクGP シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スプリントレース スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダビデ・ブリビオ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テオ・プルシェール テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デンマークGP トスカーナGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・デ・フリース ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエトロ・フィッティパルディ ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベトナムGP ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガルGP ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイアミGP マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マイケル・マシ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モハメド・ベン・スレイエム モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リアム・ローソン リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロイ・ニッサニー ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・シュワルツマン ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロマーニャGP ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ローガン・サージェント ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 周冠宇 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 岩佐歩夢 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介 WTCC