2017/07/22

ピレリ、ベッテル(フェラーリ)のタイヤトラブルの原因発表

Pitstop (C)Ferrari S.p.A
拡大します
ピレリタイヤは、先に行われたイギリスGP決勝レース最終盤で起きたセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)のタイヤトラブルについて、原因が究明されたことを明らかにした。

それによれば原因は構造的なものではなく、スローパンクチャーで、これにより次第にエアが抜けたものとのこと。
残念ながら発生した場所がピットから距離のあるところだったため、ピットガレージに戻るまでにタイヤが完全に破壊されたという。
当時4位を走っていたベッテルはこれにより7位まで後退、チャンピオンシップ争いに大きな影響を及ぼした。

なお同時期に起きた僚友キミ・ライコネンのタイヤトラブルについてはまだ発表はない。

| | トラックバック (0)

2017/07/18

ハミルトン、スーパーソフト – ソフトと繋ぐ 1 ストップ戦略で イギリスグランプリをポール・トゥー・ウィンで制す (ピレリ)

ルイス・ハミルトン (C)Pirelli Motorsport
拡大します
2017 イギリスグランプリ決勝
・チームメイトのバルテリ・ボッタスは、ソフトで長い第  1  スティントを走行後
・スーパーソフトへ繋ぐ 1 ストップ戦略を実行
・激戦のラスト 2 周でフェラーリに発生したタイヤの問題について、 チームとともに調査中

2017年7月16日、シルバーストン
メルセデスのルイス・ハミルトンが圧勝でイギリスグランプリを制し、同グランプリ最多勝利タイ記録に並びま した。ハミルトンは、ポールポジションからスーパーソフトでスタートし、その後首位の座を譲ることなくソフト へ交換しました。大半のドライバーが、スーパーソフト – ソフトと繋ぐ 1 ストップ戦略を採用しました。

メルセデスのチームメイト、バルテリ・ボッタスは、ハミルトンとは異なる 1 ストップ戦略を採りました。ソフトで スタートしたボッタスは、スーパーソフトでスタートしたドライバーたちがピットストップを行う間にトラックポジ ションを上げ、その後スーパーソフトへ交換し、終盤さらなるポジションアップに成功しました。

レース終盤、2 台のフェラーリ(セバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネン)の左フロントタイヤに問題が発生し ました。これにより、両ドライバーはピットストップを余儀なくされ、ライコネンは 3 位、ベッテルは 7 位でフィ ニッシュしました。この問題の原因について、現在チームとともに調査が進められています。

シルバーストンは、5G を超える負荷がマシンに課せられるという点において、シーズン中で最も厳しいサー キットのひとつです。しかし、イギリスグランプリデビューとなったスーパーソフトは、この厳しさによく対応し ていました。一例として、グリッド降格ペナルティーによって    19  番グリッドからスタートしたレッドブルのダニ
エル・リカルドは、スーパーソフトで長いオープニングスティントを走行し、最終的に 5  位でフィニッシュしまし た。

ピレリ カーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント:「激戦のレース終盤に、セバスチャン・ベッテルとキ ミ・ライコネンにタイヤの問題が発生したことは非常に残念でした。これについては、現在チームとともに原 因の解析を進めています。今年のレースペースは驚異的で、昨年よりも 5 秒近く速いファステストラップが 計測されました」

ピレリジャパン・プレスリリース

続きを読む "ハミルトン、スーパーソフト – ソフトと繋ぐ 1 ストップ戦略で イギリスグランプリをポール・トゥー・ウィンで制す (ピレリ)"

| | トラックバック (0)

2017/07/17

ピレリタイヤ、フェラーリ勢のトラブル原因に言及

Pitstop (C)Ferrari S.p.A
拡大します
イギリスGP決勝レースではラスト2周というところで相次ぎフェラーリ勢を襲ったタイヤ・トラブルについて、それぞれ別の問題であると言及している。
これはピレリタイヤのマリオ・イゾーラ/ヘッド・オブ・カーレーシングが語ったもので、次のように説明した。

「もちろんまだ完全な解明が出来ている訳ではないが、われわれはライコネンのトラブルとベッテルのトラブルとはそれぞれ別の問題だと考えている。
ライコネンのタイヤはエアは抜けていなかったのでカーカス(タイの構造部分)には問題なかったと分析している。
一方ベッテルのほうは完全にエアが抜けてしまっているので外的な傷か何か別な理由があるのだろう。
損傷したタイヤだけでなくすべてのタイヤを調査して次戦に向け信頼性が確保できるよう万全の体制をとる」

ライコネンはそれでもなんとか表彰台を確保したが、ベッテルのほうは痛恨の7位に終わっている。

| | トラックバック (0)

2017/06/26

スーパーソフトを使用したファステストラップは、昨年の記録を 3 秒以上短縮 ダニエル・リカルド、事故と中断による波乱のレースを制す (ピレリ)

ダニエル・リカルド (C)Pirelli Motorsport
拡大します
2017 アゼルバイジャングランプリ決勝
2017年6月25日、バクー

今年のアゼルバイジャングランプリは、セーフティーカーが複数回導入され、赤旗中断も発生した劇的な展 開となりました。
このため、上位勢が採用するであろうとされた    1   ストップ戦略は選択肢から消え、各チームは、変化する状
況への対応を余儀なくされました。セーフティーカー導入中の 13 周目、大半のドライバーがこのレースで唯 一になると見られたピットストップを実行しました。しかし、22 周目に赤旗中断が発生し、各チームにタイヤ 交換の機会が訪れました。残り 29 周のスプリントレースになることから、全ドライバーがスーパーソフトタイ ヤへ交換しました。 レッドブルのダニエル・リカルドが波乱のレースを制した一方、バルテリ・ボッタスは、レースの大半をスーパ ーソフトで走行し、一時は最下位まで転落しながら 2 位を獲得するという注目に値するパフォーマンスを披 露しました。

ピレリ カーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント:「波乱に満ちた劇的なレースとなり、ベストな戦略 は、事前に決めていたものではなく、変化する状況に対応するものでした。ファステストラップが昨年よりも 3 秒以上速かったことからも分かるように、スーパーソフトは、性能と耐久性の両面で実力を発揮していました」

ピレリジャパン・プレスリリース

続きを読む "スーパーソフトを使用したファステストラップは、昨年の記録を 3 秒以上短縮 ダニエル・リカルド、事故と中断による波乱のレースを制す (ピレリ)"

| | トラックバック (0)

2017/06/12

メルセデスのルイス・ハミルトン、 ウルトラソフト – スーパーソフトと繋ぐ 1 ストップ戦略で圧勝 (ピレリ)

(C)Pirelli Motorsport
拡大します
2017 カナダグランプリ決勝
・多彩な戦略が展開された中、 フェラーリの両ドライバーは 2 ストップのスプリント戦略を実行
・摩耗とデグラデーションは全コンパウンドで低いレベル 序盤のセーフティーカー導入の影響もあり、 長いオープニングスティントが見られた

2017年6月11日、モントリオール
多彩な戦略が展開されたカナダグランプリで、メルセデスのルイス・ハミルトンが、ウルトラソフト – スーパー ソフトと繋ぐ戦略で優勝しました。2 位と 3 位のドライバーも 1 ストップ戦略を採用しましたが、彼らは第 2 スティントをソフトタイヤで走行しました。ハミルトンは、ウルトラソフトで長い第 1 スティントを走行したことによ って、トップを譲ることなくピットストップを完了しました。
ハミルトンと異なるアプローチを採ったフェラーリは、終盤にウルトラソフトを使用してポジションアップを狙う2 ストップ戦略を実行しました。セバスチャン・ベッテルの場合、レース序盤のフロントウィングへのダメージ もあって、1 回目のピットストップを早めに行いました。ハースのケビン・マグヌッセンとザウザーのパスカル・ ウェーレインを除く全ドライバーが、ウルトラソフトでスタートを切りました。

ピレリ カーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント:「今日は、このレース週末で最も荒れたコンディショ ンとなり、レース序盤にセーフティーカー導入も発生しました。これらの点が戦略に影響を及ぼし、多くのチ ームが、変化するレース状況に対応しつつ、多彩なアプローチを採っていました。ハミルトンは、ウルトラソ フトで長い第 1 スティントを走行したことにより、スーパーソフトでフィニッシュすることができました。フォー ス・インディアも同様の戦略を使用して表彰台争いを演じました。フェラーリは、ベッテルの早めのピットスト ップに対応し、終盤にポジションアップを狙う戦略を採用しました」

ピレリジャパン・プレスリリース

続きを読む "メルセデスのルイス・ハミルトン、 ウルトラソフト – スーパーソフトと繋ぐ 1 ストップ戦略で圧勝 (ピレリ)"

| | トラックバック (0)

2017/06/08

ピレリタイヤ、2020年以降のF1タイヤ供給にも意欲

Pirelli Tyre (C)McLaren Group
拡大します
現在、F1にタイヤを独占供給しているピレリタイヤ(イタリア)だが、現行のサプライヤー契約が終了する2020年以降も供給を続ける意向を示唆した。

2011年シーズンから通算4度目となるF1タイヤ供給復帰を果たしたピレリは、現在まで7年間に渡り独占供給。
2019年末まで有効な契約があるが、同社首脳は今後1年から1年半のうちには2020年以降の入札に応じる方針を正式決定したいとしている。

なお次の契約では再び複数のタイヤメーカーの競合になる可能性があるが、これについても同首脳は、「ピレリは世界中のレースに参戦していて、単独もあれば競合もあるが、競争があれば勝つだけのこと。
それがピレリのポリシーだ」と、豪語した。

なおF1タイヤが最後に競合だったのは2001年から2006年に掛けての6年間、日本のブリヂストンとフランスのミシュランとの間のバトルだった。

| | トラックバック (0)

2017/05/31

フェラーリのセバスチャン・ベッテル、 ウルトラソフト – スーパーソフトと繋ぐ 1 ストップ戦略で優勝 (ピレリ)

(C)Pirelli Motorsport
拡大します
2017 モナコグランプリ決勝
・幅広い 1 ストップのタイミングが見られた中、 レッドブルのフェルスタッペン、 セーフティーカー導入周回中に 2 回目のストップを実行
・50℃に迫る高い路面温度が、モナコ史上屈指の高速レースへ試練を課す

2017年5月28日、モナコ
フェラーリのセバスチャン・ベッテルが、予測通りのウルトラソフト – スーパーソフトと繋ぐ 1 ストップ戦略でモ ナコグランプリを制しました。ベッテルは、ポールポジションを獲得したチームメイトのキミ・ライコネンよりも 長い第 1 スティントを走行し、ライコネンを抜くことに成功しました。ライコネンは 2 位を獲得しました。

レッドブルのダニエル・リカルドも同様の「オーバーカット」戦略で、スタート時のグリッドポジションを2つ上げて 3 位を獲得しました。一方、マクラーレンのジェンソン・バトンとザウバーのパスカル・ウェーレインは、ト ラックポジションゲインを狙った早めのピットストップを実行しました。

1 ストップ戦略が主流となった中、いくつかの異なるアプローチも見られました。残り 15 周時点のセーフティ ーカー導入周回中、レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、メルセデスのバルテリ・ボッタスを抜くことを 狙って自身の最終セットとなるウルトラソフトへ交換しました。

13番グリッドからスタートしたメルセデスのルイス・ハミルトンは、ウルトラソフトで長いオープニングスティン
トを走行し、ポイント圏内の 7 位を獲得しました。レースの終盤、路面の問題によってターン 1 出口付近で 複数のパンクが発生しました。

セーフティーカー導入周回を除けば、モナコグランプリ史上屈指の高速レースが展開されました。フォース・ インディアのセルジオ・ペレスによるファステストラップは、2016 年のファステストラップ(このタイムは 2 周目 で早くも更新されました)より 3 秒以上速いものでした。

ピレリ カーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント:「1 ストップ戦略が最速であることは明白でしたが、 レースを通して見られた通り、ピットストップタイミングに関して幅広い選択肢が存在していました。予測通り、 摩耗とデグラデーションが低かったことで、路面温度が非常に高いコンディション下においても、ウルトラソ フトでも長い走行が可能となりました。モナコという特別な場所でワンツーフィニッシュを達成したフェラーリ を祝福します」

ピレリジャパン・プレスリリース

続きを読む "フェラーリのセバスチャン・ベッテル、 ウルトラソフト – スーパーソフトと繋ぐ 1 ストップ戦略で優勝 (ピレリ)"

| | トラックバック (0)

2017/05/21

ピレリタイヤ、イギリスGPからハードタイヤを除外へ

Pirelli 2017 Tyre (C)Pirelli Motorsport
拡大します
今年のイギリスGPでは、ハードタイヤが準備されたタイヤの1種として設定されていたが、ピレリタイヤはこれを外す方針を明らかにした。

これは、今年のハードタイヤが初めて投入されたスペインGPで、「硬すぎてレースでの使用は現実的でない」とドライバーらから不満の声が出ていたことを受けて判断されたもの。
実際、スペインGPでは使用されなかった。

ピレリタイヤのマリオ・イゾーラ/ヘッド・オブ・カーレーシングは、「スペインGP後にミラノの本社で検討会議を行った結果、計画の変更が必要であるとの結論に達した。
これによりイギリスGPでは当初の組み合わせを見直し、ミディアム、ソフト、そしてスーパーソフトという3種類のタイヤを持ち込むことになるだろう」とした。

この結果、今シーズン、ハードタイヤが投入される可能性があるとみられるのは鈴鹿サーキットくらいとみられるが、これについて同氏は「鈴鹿はシーズンの後半であり、まだ情勢が変化する可能性がある。
もうしばらく様子を見ないと何とも言えない」と、慎重な姿勢を崩さないでいる。

専用サーキットとして歴史のある鈴鹿は路面のグリップ力が高く、タイヤに高い耐摩耗性を要求するとされている。

| | トラックバック (0)

2017/05/15

メルセデスのルイス・ハミルトン、異なるタイヤ戦略で大接戦を制す 2 ストップが主流となった中、ザウバーのパスカル・ウェーレインが 1 ストップ戦略でポイント獲得 (ピレリ)

ルイス・ハミルトン (C)Pirelli Motorsport
拡大します
2017 スペイングランプリ決勝
・高い性能を示したミディアムタイヤ、 摩耗とデグラデーションは抑制され、高温下での高速レースの鍵となる

2017 年 5 月 14 日、ムンマロー
メルセデスのルイス・ハミルトンが、最後まで大接戦を繰り広げたフェラーリのセバスチャン・ベッテルを抑え、 スペイングランプリを制しました。両ドライバーはともに 2 ストップ戦略を採りましたが、ハミルトンがソフト – ミディアム – ソフトと繋いだのに対し、ベッテルはソフト – ソフト – ミディアムと繋ぐ戦略を実行しました。

異なる戦略を採った両ドライバーは、トラック上及びピットストップで激しく競り合いましたが、最終的にはス ターティンググリッドの順番通りの結果となりました。温暖なドライコンディションが続き、レース終了時の路 面温度は 43℃でした。

ミディアムタイヤでスタートした 3 名のドライバー中、トロ・ロッソのダニール・クビアトは、最終列からのスタ ートからミディアム – ソフト – ソフトと繋ぐ戦略を使用してポイント圏内でフィニッシュしました。ザウバーのパ スカル・ウェーレインは、ソフトとミディアムをほぼ均等に使用する 1 ストップ戦略で 8 位(5 秒加算ペナルテ ィーを受けた結果)を獲得しました。

ピレリ カーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント:「ハミルトンは、第 2 スティントで使用したミディアム タイヤの低いデグラデーションと高い性能を活かして優勝しました。3 位を獲得したダニエル・リカルドも同じ 戦略を採りました。高い路面温度にもかかわらず、摩耗とデグラデーションは抑制されていました。ハミルト ンがラスト 2 周時点で叩きだしたファステストラップが昨年よりも 3.4 秒以上速かったという事実が、これを 裏付けています」

ピレリジャパン・プレスリリース

続きを読む "メルセデスのルイス・ハミルトン、異なるタイヤ戦略で大接戦を制す 2 ストップが主流となった中、ザウバーのパスカル・ウェーレインが 1 ストップ戦略でポイント獲得 (ピレリ)"

| | トラックバック (0)

2017/05/10

ピレリタイヤの「硬さ」にドライバーから不満の声も

Pirelli 2017 Tyre (C)Pirelli Motorsport
拡大します
今シーズン、F1で大きな変化を遂げた一つが独占供給されるタイヤだが、ここまでの序盤戦では全体にコンパウンドの硬いことが発覚、多くのレースで1ストップによる作戦が遂行されている。
(レギュレーションでタイヤ交換最低1回は必須)

さらに今回パーマネントコースであるバルセロナ・サーキットを舞台に行われるスペインGPで、ピレリは最も硬い3種類のタイヤを選択したことが話題を呼んでいる。

これについて2014年のスペインGPで表彰台に上がったレッドブル・レーシングのダニエル・リカルドは、「今回のスペインでピレリは最も硬い方向でタイヤ選択をしたが、おそらくこれは間違っている。
3種類のうちのハードなど、おそらくこの週末使われることはない筈だ。
気温が高ければまだいいけれど、もしも寒くなったら持ち込まれたどのタイヤでもその機能を発揮できないかも知れないよ。
そんなことにならないよう願うばかりさ」と、語っている。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク | A1グランプリ | BMW | BMWザウバー | DRS | DTM | F1 | F1テスト | F2 | F3 | FIA | FOM | FOTA | GP2 | GP3 | GPDA | INDY | ING | IRL | KERS | NASCAR | US-GP | USF1 | VW | WEC | WRC | WTCC | アイルトン・セナ | アウディ | アストンマーティン | アゼルバイジャン | アダム・パール | アブダビGP | アメリカGP | アラン・プロスト | アルガルブ | アルガルブ・サーキット | アルド・コスタ | アルバートパーク | アルファロメオ | アルフォンソ・セリス | アレクサンダー・ロッシ | アレクサンドル・ブルツ | アレックス・リン | アンソニー・デビッドソン | アンディ・ソウセック | アントニオ・ジョビナッツィ | アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ | アンドレアス・ツバー | アンドレ・ロッテラー | イギリスGP | イタリアGP | イモラ | イルモア | インテルラゴス | インディアナポリス | インドGP | ウィリアムズ | ウィリ・ウェバー | ウィリー・ランプ | ウィル・スティーブンス | エイドリアン・カンポス | エイドリアン・スーティル | エイドリアン・ニューイ | エイボン | エステバン・オコン | エステバン・グティエレス | エディ・ジョーダン | エリック・ブイユ | エンジン | エンツォ・フィティパルディ | オースティン | オーストラリアGP | オーストリアGP | カタール | カナダGP | カルロス・ゴーン | カルロス・サインツJr. | カルン・チャンドク | カート | キミ・ライコネン | キャノピー | キャラミ・サーキット | ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ギュンター・シュタイナー | クムホ | クリスチャン・クリエン | クリスチャン・ホーナー | クレア・ウィリアムズ | グッドウッド | グレーム・ロードン | ケビン・マグヌッセン | ケータハムF1 | ゲイリー・パフェット | ゲルハルト・ベルガー | コスワース | コリン・コレス | コンコルド協定 | サム・マイケル | ザウバー | ザク・ブロウン | シャルル・ピック | シャルル・ルクレール | シリル・アビテブール | シルバーストーン | シンガポールGP | ジェラール・ロペス | ジェローム・ダンブロシオ | ジェンソン・バトン | ジェームス・アリソン | ジェームス・カラド | ジェームス・ロシター | ジェームズ・キー | ジャガー | ジャッキー・スチュワート | ジャック・ビルニューブ | ジャンカルロ・フィジケーラ | ジャン・アレジ | ジャン・エリック・ベルニュ | ジャン・トッド | ジュリアーノ・アレジ | ジュール・ビアンキ | ジョナサン・ニール | ジョニー・ハーバート | ジョリオン・パーマー | ジョルジョ・パンターノ | ジョン・サーティーズ | ジョン・ハウェット | ジョン・ブース | ジョージ・ラッセル | ジョーダン | ジョーダン・キング | ジーン・ハース | スティーブ・ニールセン | ステファンGP | ステファーノ・ドメニカリ | ストッフェル・バンドーン | スパイカーF1 | スパフランコルシャン | スペインGP | スポンサー | スージー・ウォルフ | スーパーライセンス | スーパー・アグリ | スーパー・フォーミュラ | セバスチャン・ブエミ | セバスチャン・ベッテル | セバスチャン・ボーデ | セバスチャン・ロウブ | セパン・サーキット | セルゲイ・シロトキン | セルジオ・ペレス | セルジオ・マルキオンネ | ソチ | タイGP | タイヤ | ダカールラリー | ダニエル・ジュンカデラ | ダニエル・リカルド | ダニカ・パトリック | ダニール・クビアト | ダビデ・バルセッキ | チェイス・キャリー | チェコ | チャンプカー | チャーリー・ホワイティング | ティモ・グロック | テレビ | ディートリッヒ・マテシス | デイモン・ヒル | デビッド・クルサード | デビッド・リチャーズ | デモラン | デュランゴ | トト・ウォルフ | トニー・フェルナンデス | トヨタ | トルコGP | トロ・ロッソ | ドイツGP | ドニントンパーク | ナイジェル・マンセル | ナイトレース | ナレイン・カーティケヤン | ニキ・ラウダ | ニコラス・トッド | ニコ・ヒュルケンバーグ | ニコ・ロズベルグ | ニック・ハイドフェルド | ニック・フライ | ニュルブルクリンク | ニュージャージー | ネルソン・アンジェロ・ピケ | ネルソン・ピケ | ノルベルト・ハウグ | ハイメ・アルグエルスアリ | ハインツ・ハラルド・フレンツェン | ハロー | ハンガリーGP | ハンガロリンク | ハンコック | ハースF1 | バルセロナ | バルテリ・ボタス | バレンシア | バレンシアGP | バレンティーノ・ロッシ | バーニー・エクレストン | バーレーンGP | バーレーン国際サーキット | パスカル・ウェーレイン | パストール・マルドナド | パット・シモンズ | パット・フライ | パディ・ロウ | パトリック・ヘッド | ヒスパニア・レーシング | ビタントニオ・リウッツィ | ピエール・ガスリー | ピットストップ | ピレリ | ファン・モントーヤ | フェラーリ | フェリッペ・ナスル | フェリッペ・マッサ | フェルナンド・アロンソ | フォース・インディア | フォード | フォーミュラE | フラビオ・ブリアトーレ | フランク・ウィリアムズ | フランク・ダーニー | フランスGP | フランツ・トスト | フレデリック・ヴァスール | ブラウンGP | ブラジルGP | ブラバム | ブランズハッチ | ブリヂストン | ブルガリア | ブルーノ・セナ | ブレンドン・ハートリー | プロドライブ | ヘイキ・コバライネン | ヘルマン・ティルケ | ヘルムート・マルコ | ヘレス | ベトナム | ベルギーGP | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ペーター・ザウバー | ホセ・マリア・ロペス | ホッケンハイム | ホンダ | ホー・ピン・トゥン | ボブ・ベル | ポルシェ | ポルトガル | ポールリカール | ポール・ストゥダート | ポール・ディ・レスタ | マイク・ガスコイン | マイク・コフラン | マウリツィオ・アリバベーネ | マクラーレン | マックス・チルトン | マックス・フェルスタッペン | マックス・モズレー | マニクール | マノー・マルシア | マリオ・アンドレッティ | マリオ・タイセン | マルク・ジェネ | マルコ・アスマー | マルコ・アンドレッティ | マルコ・マッティアッチ | マルシア | マレーシアGP | マ・キンファ | マーカス・アームストロング | マーカス・エリクソン | マーク・ウェバー | マーク・スミス | マーチ | マーティン・ウィットマーシュ | マーティン・ドネリー | マーティン・ブランドル | ミカ・サロ | ミカ・ハッキネン | ミシュラン | ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ | ミルコ・ボルトロッティ | ムジェロ | メカクローム | メキシコGP | メルセデス | モトGP | モナコGP | モニシャ・カルテンボーン | モンツァ | ヤス・マリーナ・サーキット | ヤルノ・トゥルーリ | ユナイテッドステーツGP | ヨンナム・サーキット | ヨースト・カピート | ヨーロッパGP | ラスベガス | ラファエル・マルシエロ | ラルフ・シューマッハ | ランス・ストロール | ランボルギーニ | リオ・ハリアント | リザーブドライバー | リバティ・メディア | ルイス・ハミルトン | ルイス・ペレス・サラ | ルイス・レイジァ | ルカ・バドエル | ルカ・フィリッピ | ルカ・モンテツェモロ | ルノー | ルマン24時間レース | ルーカス・ディ・グラッシ | ルーベンス・バリチェッロ | レギュレーション | レッドブル | レッドブルリンク | レース・オブ・チャンピオンズ | ロシアGP | ロス・ブラウン | ロドルフォ・ゴンザレス | ロバート・クビサ | ロバート・ドーンボス | ロビン・フラインス | ロブ・スメドリー | ロブ・ホワイト | ロベルト・メルヒ | ロマン・グロージャン | ロリー・バーン | ロルダン・ロドリゲス | ロングビーチ | ロンドンGP | ロン・デニス | ロータス | ローマ | ローラ | ワールドシリーズbyルノー | ヴィジャイ・マルヤ | ヴィタリー・ペトロフ | 上海サーキット | 中国GP | 中嶋一貴 | 中嶋大祐 | 人事 | 佐藤万璃音 | 佐藤公哉 | 佐藤琢磨 | 八郷隆弘 | 南アフリカ | 国本京佑 | 富士スピードウェイ | 小暮卓史 | 小松礼雄 | 小林可夢偉 | 山本左近 | 新井康久 | 新型車発表 | 日本GP | 松下信治 | 武藤英紀 | 浜島裕英 | 片山右京 | 鈴木亜久里 | 鈴鹿サーキット | 長谷川祐介 | 韓国GP