2017/09/19

5 番グリッドからスタートしたルイス・ハミルトン、 インターミディエイト – ウルトラソフトと繋ぐ 1 ストップ戦略で 雨とセーフティーカーの影響を受けたレースを制す (ピレリ)

ルイス・ハミルトン (C)Pirelli Motorsport
拡大します
2017 シンガポールグランプリ決勝
・スタート時はウェットとインターミディエイトが混在 使用可能な全5種類のコンパウンドが様々な戦略の中で用いられた
・レース後半、路面が急速に改善し、 マリーナベイでのファステストラップが更新された

2017年9月17日、シンガポール
シンガポールグランプリ史上初めてのウェットレースとなった決勝では、スターティンググリッドのトップ 6 が インターミディエイトタイヤを装着し、7 番手以降のグリッドではフルウェットとインターミディエイトが混在して いました。
路面がウェット状態だったレース前半、セーフティーカー導入が 2 回発生し、数名のドライバーがフルウェッ トからインターミディエイトへ交換した中、レッドブルのダニエル・リカルドは、インターミディエイトからインタ ーミディエイトへ交換しました。リカルドは、優勝したルイス・ハミルトンに続く 2 位でフィニッシュしました。 リスタート後、路面が徐々にドライになり、24 周目、ハースのケビン・マグヌッセンとウィリアムズのフェリペ・ マッサがスリックタイヤへ交換した最初のドライバーとなりました。ウェットタイヤとスリックタイヤのクロスオ ーバーポイントが訪れると、スーパーソフトへ交換したトロ・ロッソのカルロス・サインツ以外の全ての上位勢 がウルトラソフトへ交換しました。サインツは、キャリアベストの 4 位でフィニッシュしました。ルノーのジョリオ ン・パーマーとマクラーレンのストッフェル・ヴァンドーンも Formula 1 でのキャリアベストを更新しました。ハミ ルトンがウルトラソフトで計測した 1 分 45 秒 008 のファステストラップは、昨年のタイムを 2 秒以上短縮す るものでした。

ピレリ カーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント:「このレース週末で初めて雨に見舞われたことから、 スタート時点の状況は誰にとっても未知の領域でした。さらに、スタート直後のセーフティーカーによって戦 略の不確実性は高まり、トラックの状況変化に如何に対応するかという点が戦略上の重要課題となりまし た。レース前半は、インターミディエイトが最適の選択だったと思いますが、路面の乾きが遅いトラック上でフ ルウェットも強力に性能を発揮していました。ドライになると路面の改善が急速に進み、見事な走りを見せた カルロス・サインツ以外のドライバーはウルトラソフトでフィニッシュしました」

ピレリジャパン・プレスリリース

続きを読む "5 番グリッドからスタートしたルイス・ハミルトン、 インターミディエイト – ウルトラソフトと繋ぐ 1 ストップ戦略で 雨とセーフティーカーの影響を受けたレースを制す (ピレリ)"

| | トラックバック (0)

2017/09/12

ハミルトンにやる気! ピレリ・タイヤテストに積極参加

Pirelli 2017 Tyre (C)Pirelli Motorsport
拡大します
ピレリタイヤは先週メルセデスAMGチーム協力のもと、フランスのポールリカール・サーキットを舞台に2018年に向けたタイヤテストを行われたが、これに珍しくエースのルイス・ハミルトンが参加、話題を呼んでいる。

テストは2日間に渡って行われ、その初日をハミルトンが、2日目をチームメイトのバルテリ・ボタスが担当、昨年までならテストドライバーに任せることが多かったこのチームでは『異例』のことかも。

常々「テストはあまり意味がない」として参加しなかったハミルトン、今季はフェラーリにも追い上げられて意識が変わったのかも知れない。

なお次回のピレリ・タイヤテストはフォース・インディア・チームとザウバー・チームが予定されている。

| | トラックバック (0)

2017/09/04

ルイス・ハミルトンがモンツァを制し、メルセデスがワンツーフィニッシュ: トップ 3 が同じ戦略を採用 (ピレリ)

ルイス・ハミルトン (C)Pirelli Motorsport
拡大します
2017 イタリアグランプリ決勝
・レッドブルのダニエル・リカルド、トップ  3  とは異なる戦略を採り、16 番グリッドのスタートから 4 位を獲得
・マシンに高い負荷がかかる、カレンダー中最速のサーキットで、 大半のドライバーが 1 ストップ戦略を採用


2017年9月3日、モンツァ
メルセデスのルイス・ハミルトンがイタリアグランプリを制し、3ポイント差でドライバーズチャンピオンシップ のトップに立ちました。予測通り、決勝での戦略は、スーパーソフト – ソフトと繋ぐ1ストップが主流となりま した。
グリッド降格ペナルティーによって16番グリッドからスタートしたレッドブルのダニエル・リカルドは、主流とは異なる1ストップ戦略を採用しました。ソフトでスタートしたリカルドは、レース終盤にスーパーソフトへ交
換する戦略で上位に浮上し、ファステストラップも記録しました。このタイムは、昨年よりも約 2 秒速いもので した。
昨日の豪雨を経て、モンツァでの決勝は、気温28℃、路面温度37℃のドライコンディション下で行われまし た。

ピレリ カーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント:「前日まで予測不能なレース週末でしたが、決勝は 我々の予測通り、大半のドライバーが1ストップ戦略を採る展開となりました。ダニエル・リカルドは、独自の1ストップ戦略を見事に活かして12台を抜きました。リカルドが記録したファステストラップは、ストレート が大半を占めるモンツァにおいても、今年のマシンとタイヤのパッケージが如何に速いものであるのかを示 しています」

ピレリジャパン・プレスリリース

続きを読む "ルイス・ハミルトンがモンツァを制し、メルセデスがワンツーフィニッシュ: トップ 3 が同じ戦略を採用 (ピレリ)"

| | トラックバック (0)

2017/08/28

ルイス・ハミルトン、終盤にセーフティーカーが導入されたレースを制す: 異なる 2 ストップ戦略でセバスチャン・ベッテルを抑える (ピレリ)

(C)Pirelli Motorsport
拡大します
2017 ベルギーグランプリ決勝
・ウルトラソフトがスパでのデビューを飾ったレースで、 トップ 10 が広範囲に渡る戦略を展開
・ウルトラソフトの性能により、 ファステストラップは 2016 年よりも 5 秒近く速く

2017年8月27日、スパ・フランコルシャン
メルセデスのルイス・ハミルトンが、Formula 1 カレンダー中屈指のタイヤに厳しいサーキットで行われたベ ルギーグランプリを制しました。ハミルトンは、終盤にスプリントレースの様相を呈したレースで、セバスチャ ン・ベッテルを抑えて優勝しました。30 周目に導入されたセーフティーカーが、ドライバーたちに「フリー」ピッ トストップの機会を与え、レースの流れを変えました。トップのハミルトンがソフトタイヤでファイナルスティン トを走行したのに対し、ベッテルはウルトラソフトで走行しました。ウルトラソフトは、ソフトよりも理論上ラップ あたり約 1 秒速い性能を示していました。セーフティーカーの導入前まで、ハミルトンとベッテルは、ともにウ ルトラソフト – ソフトと繋ぐ戦略を採り接戦を繰り広げていました。ベッテルは、ハミルトンよりも 2 周遅く最初 のピットストップを行いました。
レッドブルのダニエル・リカルドは、1 回目のピットストップでウルトラソフトからスーパーソフトへ交換し、セー フティーカー導入周回中にウルトラソフトへ交換する戦略を採り、表彰台を獲得しました。フォース・インディ アの両ドライバーも第 2 スティントをスーパーソフトで走行しました。 ベッテルは、ウルトラソフトでファステストラップ – 驚異的な 1 分 46 秒 577 – を記録しました。このタイムは、 昨年ミディアムタイヤで計測されたファステストラップよりも 5 秒近く速いものでした。 レース週末序盤の不安定な天候を経て、44 周で行われる決勝は、気温 27℃、路面温度 34℃の下でスタ ートし、最後までドライコンディションが継続しました。

ピレリ カーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント:「セーフティーカー導入がドライバーたちにフリーピ ットストップの機会を与え、レース終盤の摩耗とデグラデーションへの懸念を解消することになり、戦略に明 らかな影響を及ぼしました。しかし、どのタイヤを選択するのかという戦略の決定事項は残っていました。こ のレース週末を通してそうであったように、上位勢のペースは拮抗していました。セーフティーカー導入が無 ければ、スパでのデビューを飾ったウルトラソフトでスタートした上位勢は、年間屈指のタフなサーキットで 1 ストップ戦略を採ったと思います」

ピレリジャパン・プレスリリース

続きを読む "ルイス・ハミルトン、終盤にセーフティーカーが導入されたレースを制す: 異なる 2 ストップ戦略でセバスチャン・ベッテルを抑える (ピレリ)"

| | トラックバック (0)

2017/08/08

ピレリ、2018年シーズンに向け新スペックタイヤ投入へ

Pirelli 2017 Tyre (C)Pirelli Motorsport
拡大します
現在F1にタイヤを独占供給するピレリでは2018年シーズンに向け新たなタイヤ構造とコンパウンドの検討作業に入っているが、来年はその種類が増やされるかも知れないということだ。
これは同陣営のマリオ・イゾーラ/ヘッド・オブ・カーレーシングが明らかにしたもの。

それによれば今年ピレリはウルトラソフト、スーパーソフト、ソフト、ミディアム、そしてハードの5種類が用意さしたが、来年さらに6種類目のスペックが投入される可能性があるという。
最終スペックは11月に決定されるということだが、5種類だった今年も現実にはその倍の10種類ものコンパウンドが実際に用意されたということだ。

今年は4月からテストを開始、11月まで各チームにより行われていて、先のハンガロリンク合同テストでもピレリはメルセデスAMGチームと共にタイヤテストを行っていた。

| | トラックバック (0)

2017/08/01

フェラーリ、スーパーソフト – ソフトと繋ぐ 1 ストップ戦略で ワンツーフィニッシュ (ピレリ)

セバスチャン・ベッテル (C)Pirelli Motorsport
拡大します
2017 ハンガリーグランプリ決勝
・序盤のセーフティーカー導入がタイヤの摩耗とデグラデーションを軽減: 大半のドライバーが 1 ストップを採用
・今週、今シーズン  2  回目のインシーズンテストを予定:
・2018年型タイヤ専用テストはメルセデスとともに実施

2017年7月30日、ブダペスト
ピレリがタイトルスポンサーを務めるハンガリーグランプリで、フェラーリがワンツーフィニッシュを達成し、セ バスチャン・ベッテルが優勝しました。レースでは大半のドライバーが、スーパーソフト – ソフトと繋ぐ 1 スト ップ戦略を採りました。
路面温度が 50℃を超えるコンディションとなりましたが、序盤の 4 周に渡るセーフティーカー導入周回が発 生したこともあり、第 1 スティントにおけるタイヤの摩耗とデグラデーションは抑制され、1 ストップ戦略が主 流の展開となりました。 ソフトタイヤを選択したトロ・ロッソのダニール・クビアトとウィリアムズのリザーブドライバー、ポール・ディ・レ スタ以外の全ドライバーが、ソフトよりもラップあたり 1 秒近く速いスーパーソフトを装着してスタートしました。
マクラーレンのフェルナンド・アロンソによるファステストラップは、昨年よりも約3秒速いものでした。

Formula 1 チームはブダペストに留まり、多くの若手ドライバーを起用して今シーズン2 回目のインシーズンテストに臨みます。テスト期間中、メルセデスの協力の下、ピレリの2018年型タイヤ開発プログラムの一環である 1 日のブラインドテストが実施されます。

ピレリ カーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント:「フェラーリが素晴らしいパフォーマンスを見せてく れました。また、暑いコンディションの下、上位勢による完璧なタイヤマネジメントが見られました。序盤のセ ーフティーカー導入やオーバーテイクが難しいコースということもあり、大半のチームが1ストップを採用し
ました。サマーブレイクを前に、我々は今シーズン2回目のインシーズンテストに臨みます。テスト期間中の
火曜日には、メルセデスとともに 2018 年型タイヤテストを実施します」

ピレリジャパン・プレスリリース

続きを読む "フェラーリ、スーパーソフト – ソフトと繋ぐ 1 ストップ戦略で ワンツーフィニッシュ (ピレリ)"

| | トラックバック (0)

2017/07/28

ピレリ、「英GP、ライコネンのタイヤトラブルは外的要因」

Pitstop (C)Ferrari S.p.A
拡大します
ピレリタイヤは、先のイギリスGP決勝レース終盤に起きたキミ・ライコネン(フェラーリ)のタイヤトラブルについて調査した結果、何らかの外的要因によるものとの結論を明らかにした。

それによればタイヤの摩耗や構造に異常はなく、縁石に強く乗り上げたような際に起きる衝撃がタイヤのベルト部分に加わったため損傷しエアが抜けたものとみられるいう。

一方、同じく決勝レース終盤に緊急ピットインしたベッテルのほうはスローパンクチャーとしたものの直接の原因はまだ究明されていない。

| | トラックバック (0)

2017/07/22

ピレリ、ベッテル(フェラーリ)のタイヤトラブルの原因発表

Pitstop (C)Ferrari S.p.A
拡大します
ピレリタイヤは、先に行われたイギリスGP決勝レース最終盤で起きたセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)のタイヤトラブルについて、原因が究明されたことを明らかにした。

それによれば原因は構造的なものではなく、スローパンクチャーで、これにより次第にエアが抜けたものとのこと。
残念ながら発生した場所がピットから距離のあるところだったため、ピットガレージに戻るまでにタイヤが完全に破壊されたという。
当時4位を走っていたベッテルはこれにより7位まで後退、チャンピオンシップ争いに大きな影響を及ぼした。

なお同時期に起きた僚友キミ・ライコネンのタイヤトラブルについてはまだ発表はない。

| | トラックバック (0)

2017/07/18

ハミルトン、スーパーソフト – ソフトと繋ぐ 1 ストップ戦略で イギリスグランプリをポール・トゥー・ウィンで制す (ピレリ)

ルイス・ハミルトン (C)Pirelli Motorsport
拡大します
2017 イギリスグランプリ決勝
・チームメイトのバルテリ・ボッタスは、ソフトで長い第  1  スティントを走行後
・スーパーソフトへ繋ぐ 1 ストップ戦略を実行
・激戦のラスト 2 周でフェラーリに発生したタイヤの問題について、 チームとともに調査中

2017年7月16日、シルバーストン
メルセデスのルイス・ハミルトンが圧勝でイギリスグランプリを制し、同グランプリ最多勝利タイ記録に並びま した。ハミルトンは、ポールポジションからスーパーソフトでスタートし、その後首位の座を譲ることなくソフト へ交換しました。大半のドライバーが、スーパーソフト – ソフトと繋ぐ 1 ストップ戦略を採用しました。

メルセデスのチームメイト、バルテリ・ボッタスは、ハミルトンとは異なる 1 ストップ戦略を採りました。ソフトで スタートしたボッタスは、スーパーソフトでスタートしたドライバーたちがピットストップを行う間にトラックポジ ションを上げ、その後スーパーソフトへ交換し、終盤さらなるポジションアップに成功しました。

レース終盤、2 台のフェラーリ(セバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネン)の左フロントタイヤに問題が発生し ました。これにより、両ドライバーはピットストップを余儀なくされ、ライコネンは 3 位、ベッテルは 7 位でフィ ニッシュしました。この問題の原因について、現在チームとともに調査が進められています。

シルバーストンは、5G を超える負荷がマシンに課せられるという点において、シーズン中で最も厳しいサー キットのひとつです。しかし、イギリスグランプリデビューとなったスーパーソフトは、この厳しさによく対応し ていました。一例として、グリッド降格ペナルティーによって    19  番グリッドからスタートしたレッドブルのダニ
エル・リカルドは、スーパーソフトで長いオープニングスティントを走行し、最終的に 5  位でフィニッシュしまし た。

ピレリ カーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント:「激戦のレース終盤に、セバスチャン・ベッテルとキ ミ・ライコネンにタイヤの問題が発生したことは非常に残念でした。これについては、現在チームとともに原 因の解析を進めています。今年のレースペースは驚異的で、昨年よりも 5 秒近く速いファステストラップが 計測されました」

ピレリジャパン・プレスリリース

続きを読む "ハミルトン、スーパーソフト – ソフトと繋ぐ 1 ストップ戦略で イギリスグランプリをポール・トゥー・ウィンで制す (ピレリ)"

| | トラックバック (0)

2017/07/17

ピレリタイヤ、フェラーリ勢のトラブル原因に言及

Pitstop (C)Ferrari S.p.A
拡大します
イギリスGP決勝レースではラスト2周というところで相次ぎフェラーリ勢を襲ったタイヤ・トラブルについて、それぞれ別の問題であると言及している。
これはピレリタイヤのマリオ・イゾーラ/ヘッド・オブ・カーレーシングが語ったもので、次のように説明した。

「もちろんまだ完全な解明が出来ている訳ではないが、われわれはライコネンのトラブルとベッテルのトラブルとはそれぞれ別の問題だと考えている。
ライコネンのタイヤはエアは抜けていなかったのでカーカス(タイの構造部分)には問題なかったと分析している。
一方ベッテルのほうは完全にエアが抜けてしまっているので外的な傷か何か別な理由があるのだろう。
損傷したタイヤだけでなくすべてのタイヤを調査して次戦に向け信頼性が確保できるよう万全の体制をとる」

ライコネンはそれでもなんとか表彰台を確保したが、ベッテルのほうは痛恨の7位に終わっている。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク | A1グランプリ | BMW | BMWザウバー | DRS | DTM | F1 | F1テスト | F2 | F3 | FIA | FOM | FOTA | GP2 | GP3 | GPDA | INDY | ING | IRL | KERS | NASCAR | US-GP | USF1 | VW | WEC | WRC | WTCC | アイルトン・セナ | アウディ | アストンマーティン | アゼルバイジャン | アダム・パール | アブダビGP | アメリカGP | アラン・プロスト | アルガルブ | アルガルブ・サーキット | アルド・コスタ | アルバートパーク | アルファロメオ | アルフォンソ・セリス | アレクサンダー・ロッシ | アレクサンドル・ブルツ | アレックス・リン | アンソニー・デビッドソン | アンディ・ソウセック | アントニオ・ジョビナッツィ | アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ | アンドレアス・ツバー | アンドレ・ロッテラー | イギリスGP | イタリアGP | イモラ | イルモア | インテルラゴス | インディアナポリス | インドGP | ウィリアムズ | ウィリ・ウェバー | ウィリー・ランプ | ウィル・スティーブンス | エイドリアン・カンポス | エイドリアン・スーティル | エイドリアン・ニューイ | エイボン | エステバン・オコン | エステバン・グティエレス | エディ・ジョーダン | エリック・ブイユ | エンジン | エンツォ・フィティパルディ | オースティン | オーストラリアGP | オーストリアGP | カタール | カナダGP | カルロス・ゴーン | カルロス・サインツJr. | カルン・チャンドク | カート | キミ・ライコネン | キャノピー | キャラミ・サーキット | ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ギュンター・シュタイナー | クムホ | クリスチャン・クリエン | クリスチャン・ホーナー | クレア・ウィリアムズ | グッドウッド | グレーム・ロードン | ケビン・マグヌッセン | ケータハムF1 | ゲイリー・パフェット | ゲルハルト・ベルガー | コスワース | コリン・コレス | コンコルド協定 | サム・マイケル | ザウバー | ザク・ブロウン | シャルル・ピック | シャルル・ルクレール | ショーン・ゲラエル | ショーン・ジェラエル | シリル・アビテブール | シルバーストーン | シンガポールGP | ジェラール・ロペス | ジェローム・ダンブロシオ | ジェンソン・バトン | ジェームス・アリソン | ジェームス・カラド | ジェームス・ロシター | ジェームズ・キー | ジャガー | ジャッキー・スチュワート | ジャック・ビルニューブ | ジャンカルロ・フィジケーラ | ジャン・アレジ | ジャン・エリック・ベルニュ | ジャン・トッド | ジュリアーノ・アレジ | ジュール・ビアンキ | ジョナサン・ニール | ジョニー・ハーバート | ジョリオン・パーマー | ジョルジョ・パンターノ | ジョン・サーティーズ | ジョン・ハウェット | ジョン・ブース | ジョージ・ラッセル | ジョーダン | ジョーダン・キング | ジーン・ハース | スティーブ・ニールセン | ステファンGP | ステファーノ・ドメニカリ | ストッフェル・バンドーン | スパイカーF1 | スパフランコルシャン | スペインGP | スポンサー | スージー・ウォルフ | スーパーライセンス | スーパー・アグリ | スーパー・フォーミュラ | セバスチャン・ブエミ | セバスチャン・ベッテル | セバスチャン・ボーデ | セバスチャン・ロウブ | セパン・サーキット | セルゲイ・シロトキン | セルジオ・ペレス | セルジオ・マルキオンネ | ソチ | タイGP | タイヤ | ダカールラリー | ダニエル・ジュンカデラ | ダニエル・リカルド | ダニカ・パトリック | ダニール・クビアト | ダビデ・バルセッキ | チェイス・キャリー | チェコ | チャンプカー | チャーリー・ホワイティング | ティモ・グロック | テレビ | ディートリッヒ・マテシス | デイモン・ヒル | デビッド・クルサード | デビッド・リチャーズ | デモラン | デュランゴ | トト・ウォルフ | トニー・フェルナンデス | トヨタ | トルコGP | トロ・ロッソ | ドイツGP | ドニントンパーク | ナイジェル・マンセル | ナイトレース | ナレイン・カーティケヤン | ニキ・ラウダ | ニコラス・トッド | ニコ・ヒュルケンバーグ | ニコ・ロズベルグ | ニック・ハイドフェルド | ニック・フライ | ニュルブルクリンク | ニュージャージー | ネルソン・アンジェロ・ピケ | ネルソン・ピケ | ノルベルト・ハウグ | ハイメ・アルグエルスアリ | ハインツ・ハラルド・フレンツェン | ハロー | ハンガリーGP | ハンガロリンク | ハンコック | ハースF1 | バルセロナ | バルテリ・ボタス | バレンシア | バレンシアGP | バレンティーノ・ロッシ | バーニー・エクレストン | バーレーンGP | バーレーン国際サーキット | パスカル・ウェーレイン | パストール・マルドナド | パット・シモンズ | パット・フライ | パディ・ロウ | パトリック・ヘッド | ヒスパニア・レーシング | ビタントニオ・リウッツィ | ピエール・ガスリー | ピットストップ | ピレリ | ファン・モントーヤ | フェラーリ | フェリッペ・ナスル | フェリッペ・マッサ | フェルナンド・アロンソ | フォース・インディア | フォード | フォーミュラE | フラビオ・ブリアトーレ | フランク・ウィリアムズ | フランク・ダーニー | フランスGP | フランツ・トスト | フレデリック・バッサー | フレデリック・ヴァスール | ブラウンGP | ブラジルGP | ブラバム | ブランズハッチ | ブリヂストン | ブルガリア | ブルーノ・セナ | ブレンドン・ハートリー | プロドライブ | ヘイキ・コバライネン | ヘルマン・ティルケ | ヘルムート・マルコ | ヘレス | ベトナム | ベルギーGP | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ペーター・ザウバー | ホセ・マリア・ロペス | ホッケンハイム | ホンダ | ホー・ピン・トゥン | ボブ・ベル | ポルシェ | ポルトガル | ポールリカール | ポール・ストゥダート | ポール・ディ・レスタ | マイク・ガスコイン | マイク・コフラン | マウリツィオ・アリバベーネ | マクラーレン | マックス・チルトン | マックス・フェルスタッペン | マックス・モズレー | マニクール | マノー・マルシア | マリオ・アンドレッティ | マリオ・タイセン | マルク・ジェネ | マルコ・アスマー | マルコ・アンドレッティ | マルコ・マッティアッチ | マルシア | マレーシアGP | マ・キンファ | マーカス・アームストロング | マーカス・エリクソン | マーク・ウェバー | マーク・スミス | マーチ | マーティン・ウィットマーシュ | マーティン・ドネリー | マーティン・ブランドル | ミカ・サロ | ミカ・ハッキネン | ミシュラン | ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ | ミルコ・ボルトロッティ | ムジェロ | メカクローム | メキシコGP | メルセデス | モトGP | モナコGP | モニシャ・カルテンボーン | モンツァ | ヤス・マリーナ・サーキット | ヤルノ・トゥルーリ | ユナイテッドステーツGP | ヨンナム・サーキット | ヨースト・カピート | ヨーロッパGP | ラスベガス | ラファエル・マルシエロ | ラルフ・シューマッハ | ランス・ストロール | ランド・ノリス | ランボルギーニ | リオ・ハリアント | リザーブドライバー | リバティ・メディア | ルイス・ハミルトン | ルイス・ペレス・サラ | ルイス・レイジァ | ルカ・バドエル | ルカ・フィリッピ | ルカ・モンテツェモロ | ルノー | ルマン24時間レース | ルーカス・ディ・グラッシ | ルーベンス・バリチェッロ | レギュレーション | レッドブル | レッドブルリンク | レース・オブ・チャンピオンズ | ロシアGP | ロス・ブラウン | ロドルフォ・ゴンザレス | ロバート・クビサ | ロバート・ドーンボス | ロビン・フラインス | ロブ・スメドリー | ロブ・ホワイト | ロベルト・メルヒ | ロマン・グロージャン | ロリー・バーン | ロルダン・ロドリゲス | ロングビーチ | ロンドンGP | ロン・デニス | ロータス | ローマ | ローラ | ワールドシリーズbyルノー | ヴィジャイ・マルヤ | ヴィタリー・ペトロフ | 上海サーキット | 中国GP | 中嶋一貴 | 中嶋大祐 | 人事 | 佐藤万璃音 | 佐藤公哉 | 佐藤琢磨 | 八郷隆弘 | 南アフリカ | 国本京佑 | 富士スピードウェイ | 小暮卓史 | 小松礼雄 | 小林可夢偉 | 山本左近 | 新井康久 | 新型車発表 | 日本GP | 松下信治 | 武藤英紀 | 浜島裕英 | 片山右京 | 鈴木亜久里 | 鈴鹿サーキット | 長谷川祐介 | 韓国GP