2022/06/27

マリオ・イゾーラ(ピレリタイヤ)、カナダGPの接近戦を評価

Max Verstappen (C)Redbull Racing 拡大します 先のカナダGP決勝レースでは、終盤フェルスタッペン(レッドブル)とサインツ(フェラーリ)による壮絶なバトルが繰り広げられ、観客を大いに沸かした。 こについてピレリタイヤは今シーズンから導入された新しいエアロダイナミックスや新開発の18インチ径タイヤが及ぼした影響が大きいと、自讃した。 同陣営のF1責任者であるマリオ・イゾーラ/ヘッド・オブ・カーレーシングによれば、「F1に限らずモータースポーツの魅力といえばどちらが勝つか判らないという接近戦にある。 今回のカナダGPでの息を呑む先頭争いは、十分にそれを証明したものだ」と、主張。 また「DRS(ドラッグ・リダクション・システム)などによる『造り出したオーバーテイク』よりも、F1ドライバーたちが繰り出すテクニックを駆使した接近戦のほうがエキサイティングだということだ」と、タイヤ開発者からの視線で持論を展開した。

|

2022/06/21

フェルスタッペン、カナダでの激戦をポールトゥウィンで制す (ピレリ)

 (C)Pirelli Motorsports
拡大します
FORMULA 1 AWS GRAND PRIX DU CANADA 2022 – SUNDAY

THE RACE TYRE STORY
・ポールポジションからスタートしたレッドブルのマックス・フェルスタッペンが 2 ストップ戦略で 優勝しました。ファステストラップは、フェラーリのカルロス・サインツが記録しました。サインツ も 2 ストップ戦略を採り、 フィニッシュまでフェルスタッペンを猛追しました。
・バーチャルセーフティーカーとセーフティーカーの導入が戦略に影響を及ぼしました。 フェルタッペンは、バーチャルセーフティーカー導入周回中に 1 回目のピットストップを行いました。サインツは、セーフティーカー導入周回中に 2 回目のピットストップを行い、セーフティーカー終了後、フェルタッペンの直後から再スタートを切り、エキサイティングなフィナーレを演出しました。
・昨日の豪雨後、モントリオールの天候は回復し、今日のコンディションは、金曜日と同様の気温 25 ℃、路面温度 40 前後 でした。
・P Zero ホワイト・ハードでスタートした 5 名以外は、予想通り P Zero イエロー・ミディアムタイヤでスタートしました。ハードタイヤでスタートしたドライバーには、 フェラーリのシャルル・ルクレールも含まれていました。後方グリッドからスタートしたルクレールは、 5 位でフィニッシュしました。

HOW THE COMPOUNDS MADE THE DIFFERENCE
・ハード C3: 低いデグラデーションレートで素晴らしい耐久性を示しました。 最も注目すべき例は、 ハードタイヤで 62 周を走 行 したハースのケビン・マグヌッセンでした 。ハードでスタートした 5 名中の 4名が 1 ストップで完走しました。 他の 完走者 は 2 ストッパーでした。
・ミディアム C4: スピードとデグラデーション間の堅実なバランスを示しました。ミディアムでスタートしたアルピーヌのフェルナンド・アロンソは、ポジション維持を狙って28周のオープニングスティントを走行しました。
・ソフトソフト C5C5:: ソフトは、ミディアムよりもラップあたりソフトは、ミディアムよりもラップあたり0.50.5秒以上速い性能を示していましたが、グレイニン秒以上速い性能を示していましたが、グレイニングのリスクが存在するグのリスクが存在する今日の今日の「グリーン」な路面での登場機会はありませんでした。「グリーン」な路面での登場機会はありませんでした。

ピレリ F1およびカーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント
「ここカナダで、「ここカナダで、全体を通して全体を通して我々の我々の新型新型1818インチタイヤによる接戦インチタイヤによる接戦が見られたが見られたことを嬉しく思います。いずれことを嬉しく思います。いずれもも22ストップ戦略ながら、イエローフラッグに伴ってピットストップのタイミングが微妙に異なるフェルスタッペンストップ戦略ながら、イエローフラッグに伴ってピットストップのタイミングが微妙に異なるフェルスタッペンとサインツの戦略が、最後までスリリングな戦いを盛り上げました。とサインツの戦略が、最後までスリリングな戦いを盛り上げました。P ZeroP Zeroイエロー・ミディアムとイエロー・ミディアムとP P ZeroZeroホワホワイト・ハードタイヤは、ドライバーたちがイト・ハードタイヤは、ドライバーたちが終始終始ハードにプッシュすることを可能にし、優勝ハードにプッシュすることを可能にし、優勝争いの争いの激戦や、シャル激戦や、シャルル・ルクレールによる後方グリッドからの素晴らしい追い上げに貢献できたと思います」

ピレリジャパンプレスリリース

続きを読む "フェルスタッペン、カナダでの激戦をポールトゥウィンで制す (ピレリ)"

|

2022/06/13

レッドブル、2ストップ戦略を使用してバクーの高速市街地サーキットでワンツーフィニッシュ達成 (ピレリ)

 (C)Pirelli Motorsports
拡大します
FORMULA 1 AZERBAIJAN GRAND PRIX 2022 – SUNDAY

THE RACE TYRE STORY
・レッドブルは、マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスによる ワンツーフィニッシュを達成しました。フェルスタッペンは、アゼルバイジャンでの 6 人目の優勝者となりました。 両ドライバーは、ともに PZero イエロー・ミディアムでスタートし、 後続の 2 スティントを P Zero ホワイト・ハードで走行する戦略を採りました。 2 回目のピットストップでは、 2 回目のバーチャルセーフティーカー導入時のアドバンテージを活用しました。バーチャルセーフティーカー導入周回中のピットストップ所要時間は、グリーンフラッグ中のそれに比較して約半分となります。
・上位 4 名が 2 ストップ戦略を採りました。 3 位と 4 位でフィニッシュしたメルセデスの両ドライバーは、1 回目のバーチャルセーフティーカー導入周回中に、レッドブルの両ドライバーよりも数周早く、 1 回目のピットストップを行いました。
・今日のバクーの天候は、この週末でも高い気温となり、 レースがスタートした 現地時間 午後 3 時の路面温度は 50 ℃を超えていました。このため、軟らかいコンパウンドほど サーマルデグラデーションのリスクが高くなりました。
・大半のドライバーが ミディアムタイヤでスタートしました。ハードタイヤでスタートした 5 名中の最上位ドライバーは、 8 位でフィニッシュしたマクラーレンのダニエル・リカルドでした。

HOW THE COMPOUNDS MADE THE DIFFERENCE
・ハード C3: ハードタイヤは、高温のコンディションとバクーの高速市街地サー キットに良好に対応し、今日のレースにおける鍵となりました。デグラデーションはほとんど 見られず 、ドライバーたちはハードにプッシュすることができました。アルファタウリのピエール・ガスリーとアストンマーティンのセ バスチャン・ベッテルは、 1 回目のバーチャルセーフティーカー導入周回中 の 9 周目 にハードタイヤへ交換し、フィニッシュまでの 42 周を走行して、それぞれ 5 位、 6 位でフィニッシュし ました。 ペレスは、ハードタイヤでファステストラップポイントを獲得しました。
・ミディアム C4: 大半のドライバーがミディアムでスタートしました。その多くは、バーチャルセーフティーカー導入周回中の「フリー」ピットストップアドバンテージを活用して、9周目にピットストップを行いました。予測された通り、ある程度のデグラデーションが見られましたが、想定の範囲内でした。
・ソフトソフト C5C5:: 前レースに続き、アルファタウリの角田前レースに続き、アルファタウリの角田裕毅裕毅のみがソフトを使用しました。のみがソフトを使用しました。角田は、レース角田は、レース終盤、リアウィング補修のために終盤、リアウィング補修のために予定外のピットストップを行い、ソフトへ交換しました。今日のコンデ予定外のピットストップを行い、ソフトへ交換しました。今日のコンディションの下では、ソフトタイヤは長いスティントに不向きでした。ィションの下では、ソフトタイヤは長いスティントに不向きでした。

ピレリ F1およびカーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント
「高い確率で11ストップのレースが予想されていましたが、バーチャルセーフティーカー導入ストップのレースが予想されていましたが、バーチャルセーフティーカー導入が多くのチームにが多くのチームに最小限のタイムロスでのピットストップ最小限のタイムロスでのピットストップの機会を提供したことからの機会を提供したことから、ピットストップタイミングとレース戦略に影、ピットストップタイミングとレース戦略に影響が及びました。響が及びました。そのような中においても、そのような中においても、1515名の名の11ストッパーが存在したことは、ここバクーでの良好なタイストッパーが存在したことは、ここバクーでの良好なタイヤの耐久性と性能を示しています。高速サーキットでの高温のコンディションヤの耐久性と性能を示しています。高速サーキットでの高温のコンディションの下、より硬いコンパウンドが今の下、より硬いコンパウンドが今日のレースに日のレースにはは適適してしていたことは明らかでした。いたことは明らかでした。多くのチームが多くのチームがこの点を予測して、この点を予測して、11セット以上のハードタイセット以上のハードタイヤをレース用に保存してヤをレース用に保存していましたいました」」

ピレリジャパンプレスリリース

続きを読む "レッドブル、2ストップ戦略を使用してバクーの高速市街地サーキットでワンツーフィニッシュ達成 (ピレリ)"

|

2022/05/31

ペレス、フルウェット、インターミディエイト、スリックタイヤを使用して混乱のモナコを制す (ピレリ)

 (C)Pirelli Motorsports
拡大します
FORMULA 1 GRAND PRIX DE MONACO 2022 – SUNDAY

THE RACE TYRE STORY
・有名なモナコ公国でのグランプリは、フルウェット、インターミディエイト、スリックの 3 種類のタイヤが使用された混乱のレースとなりました。3 番グリッドからスタートしたレッドブルのセルジオ・ペレスが、3 種類のタイヤを使用して優勝しました。天候の変化が非常に激しいコンディションの下、戦略が中心的役割を担いました。中断の影響を受けたレースは、時間制限により 64 周で終了となりました。
・セーフティーカーと赤旗中断が、乾いていく路面での戦略にさらなる複雑性を加えました。セーフティーカー先導でのレース開始時のレギュレーションにより、全ドライバーがフルウェットタイヤで開始時刻が遅延したレースのスタートを切りました。その後、路面が乾くにつれて、多くのドライバーがインターミディエイトに交換しました。この最初のピットストップのタイミングが、最終的な順位に大きな影響を及ぼしました。
・スタート直前の豪雨により、前日までよりも大幅に冷涼な気温 21℃、路面温度 31℃のコンディション下でレースがスタートしました。ドライバーとチームは、変化するコンディションへの対応が必要になり、フルウェットから交換するタイヤをインターミディエイトにするのか、スリックタイヤにするのかの選択をオープンな状態にしていました。
・レース後半に発生した赤旗中断により、ドライバーはピットレーンでのタイヤ交換が可能になり、再開後はスプリントレースの様相を呈しました。

HOW THE COMPOUNDS MADE THE DIFFERENCE
・ハード C3: クロスオーバーのコンディション下で良好な性能を示し、レースにおける重要なタイヤとなりました。完走者中の 7 名が、20 周前後の時点で、フィニッシュまで走り切ることを狙いフルウェットからハードへ交換しました。
・ミディアム C4: グレイニングが発生しやすい状況だったものの、新品タイヤのメリットを活用すべく、多くのドライバーがファイナルスティントで使用しました。
・ソフト C5: 今日のコンディションでの使用には適さなかったことから、レースで使用したのはアルファタウリの角田裕毅のみでした。角田は、ハード、ミディアム、ソフト、インターミディエイト、フルウェットのレースで使用可能なすべてのタイヤを使用した唯一のドライバーでした。
・インターミディエイト: いろいろな意味でレースの鍵を握りました。序盤、早めにインターミディエイトに交換したアルファタウリのピエール・ガスリーがその時点のファステストラップを記録したことで、多くのチームがインターミディエイトへの交換を行いました。16 周目にインターミディエイトに交換したペレスは、ライバルたちよりも長いスティントをインターミディエイトで走行し、トップに立つことができました。
・フルウェット: 豪雨のコンディション下、全ドライバーがスタート時にフルウェットを装着しました。レーシングラインが急速に乾いていく中、フルウェットとインターミディエイト(およびインターミディエイトとスリック)のクロスオーバーポイントを読むことがレースでの不可欠な要素でした。

ピレリ F1およびカーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント
「変化する状況に最善の対応を行い、成功を模索する戦略が鍵を握った、モナコでも屈指の予測不可能なレースでした。昨日までの晴天からの天候の変化が、比較的シンプルだったレース戦略に多くの複雑な要素を加えました。気温よりも明らかにクロスオーバーポイントに影響を及ぼした滑りやすい市街地コースのアスファルト上で、フルウェットから交換するタイミングや、交換するタイヤの選択が極めて重要となりました。さらに、セーフティーカーや赤旗による多くの予測不能な要素が加わり、各ドライバーが保有するタイヤの状況を踏まえつつ、より迅速な決断をすることが各チームにとって不可欠となりました。ファイナルスティントでミディアムを使用したペレスの決断は、終盤のタイヤマネージを必要としたものの、ハードを使用したカルロス・サインツを抑えて掴み取った優勝へ貢献しました。レースでは、使用可能な全ての Formula 1 タイヤが登場しました。シーズン中で最もタイトで距離が短いトラック上で、コンディションとクロスオーバーポイントが見えにくい中、タ
イヤは良好な性能を示していました」

ピレリジャパンプレスリリース

続きを読む "ペレス、フルウェット、インターミディエイト、スリックタイヤを使用して混乱のモナコを制す (ピレリ)"

|

2022/05/23

フェルスタッペン、3ストップ戦略で優勝し、チャンピオンシップのトップに立つ (ピレリ)

 (C)Pirelli Motorsports
拡大します

FORMULA 1 PIRELLI GRAN PREMIO DE ESPAÑA 2022 – SUNDAY

THE RACE TYRE STORY

・2 番グリッドからスタートした レッドブルのマックス ・フェルスタッペンが、 3 ストップ戦略で優勝し、ドライバーズチャンピオンシップのトップに立ちました。 P Zero レッド・ソフトタイヤでスタートした フェルスタッペンは、 P Zero イエロー・ ミディアム へ交換した後、ソフト ミディアムと繋いで フィニッシュしました。
・表彰台に上ったチームメイトのセルジオ・ペレスとメルセデスのジョージ・ラッセルは、ともに ソフトミディアム ミディアム ソフトと繋ぐ 3 ストップ戦略を採りました。
・メルセデスのルイス・ハミルトン以外のドライバーは、 P Zero レッド・ソフトタイヤでスタートしました。ハミルトンは P Zero イエロー・ミディアムでスタートしました。 ハミルトンは、オープニングラップでの接触によって最後方まで順位を落としたも のの、 1 周目のピットストップ 後、 2 回の効果的なピットストップ戦略により、最終的には 4 位まで 浮上してフィニッシュしました 。
・2 ストッパー中の最上位ドライバーは、 6 位を獲得したバルテリ・ボッタスでした。 3 ストップ戦略が主
流となり、 2 ストッパーは 4 名のみでした。
・このレース週末で最も 高い気温と路面温度のコンディションとなり、ピーク時の路面温度は 51 ℃でした。この過酷なコンディションの 下 、ソフトとミディアムが積極的に 使用されました。

HOW THE COMPOUNDS MADE THE DIFFERENCE
・ハードハード C1: タイヤレタイヤレンジ中で最も硬いこのコンパウンドは、今日のレースではスピード面でンジ中で最も硬いこのコンパウンドは、今日のレースではスピード面で劣ったこ劣ったことから、ほとんど使用されませんでした。ハースのケビン・マグヌッセンのみが、ファイナルスティントとから、ほとんど使用されませんでした。ハースのケビン・マグヌッセンのみが、ファイナルスティントででハードをハードを使用しました。しかしながら、マグヌッセンのラップタイムは、ミディアムを装着した他車の使用しました。しかしながら、マグヌッセンのラップタイムは、ミディアムを装着した他車のタイムとそれほどタイムとそれほど変わりません変わりませんでした。でした。
・ミディアム C2: 性能面で妥協することなく長いスティントを可能にしたこのコンパウンドは性能面で妥協することなく長いスティントを可能にしたこのコンパウンドは、、このレーこのレースの鍵を握りました。ハミルトンスの鍵を握りました。ハミルトンのみがミディアムでスタートしました。のみがミディアムでスタートしました。
・ソフトソフト C3: 今日のバルセロナでの暑いコンディション下今日のバルセロナでの暑いコンディション下におけるにおける高い負荷に対応し、素晴らしいスピ高い負荷に対応し、素晴らしいスピードアドバンテージを提供ードアドバンテージを提供しました。しました。ペレスは、ソフトタイヤでファステストラップを記録しました。ペレスは、ソフトタイヤでファステストラップを記録しました。

ピレリ F1およびカーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント
「路面温度が 50 ℃を超え、デグラデーションが大きい高負荷のこのサーキットは、 間違いなく 我々の新型 18インチタイヤ がシーズン中に直面する 最も大きな試練の一つ でした 。レース後の今、新型タイヤは この 試練に対応できたと言うことができます。また、タイヤの性能をより印象的にしたのは、ドライバーたちがミディアムとソフトのみを使用したというこ とです。特に、ほぼ全員がソフトタイヤをスタートタイヤに選択し、多くのドライバーがレースの大半をソフトタイヤで走行したことは意外でした。 上位から下位まで、広範囲に渡る戦略が見られました。ドライバーたちは、 3 ストップを視野に入れて限界までプッシュし て オーバーテイクを行 い 、非常に激しい戦いが展開されたレースに見応えを加えました。 ワンツーフィニッシュを達成したレッドブルを祝福します。来週末へ向けて、今回とは異なる試練の場であるモナコへ 向かいます」

ピレリジャパンプレスリリース

 (C)Pirelli Motorsports
拡大します

|

2022/05/09

フェルスタッペン、著名人が数多く訪れたマイアミグランプリで、ルクレールとの闘いを制す (ピレリ)

 (C)Pirelli Motorsports
拡大します

FORMULA 1 CRYPTO.COM MIAMI GRAND PRIX 2022 – SUNDAY

THE RACE TYRE STORY
レッドブルのマックス・フェルスタッペンが、今シーズン 3 回目の完走で 3 勝目を挙げました。 P Zeroイエロー・ミディアムタイヤで 3 番グリッドからスタートしたフェルスタッペンは、 P Zero ホワイト・ハードタイヤへ交換する 1 ストップ戦略で初開催のマイアミグランプリを制しました。同様の戦略を使用して、フェラーリのシャルル・ルクレールが 2 位に、同じくフェラーリのカルロス・サインツが 3 位に続きました。マイアミを象徴するマイアミ・ド ルフィンズ のスタジアム前で行われた表彰式において、表彰台の 3 名に特製のピレリ・アメリカンフットボール・ヘルメットが授与されました。

レース前は 2 ストップ戦略が最速と予測されていましたが、 スタートタイヤの主流となったミディアムタイヤを 性能を犠牲にすることなくマネージしてオープニングスティント の周回数を 伸ばしたドライバーたちは、ハードタイヤ へ交換する 1 ストップ戦略で完走することができました。 ハードタイヤでスタートしたわずか 4 名中の最上位 ドライバーは、メルセデスのジョージ・ラッセルでした。 12 番グリッドからスタートしたラッセルは、 40 周目にミディアムタイヤへ交換する戦略で 5 位を獲得しました。

レース終盤、少ない ピットストップロスタイム でタイヤ交換を可能にするバーチャル・セーフティーカーとセーフティーカー導入が 発生しました 。ラッセルとレッドブルのセルジオ・ペレスなどがこの機会を活かし、ペレスは 2 ストッパー中最上位の 4 位でフィニッシュしました。
高温の天候が続きましたが、前日までよりは暑くない気温 34 ℃、路面温度 48 ℃の コンディションの下でレースがスタートし ました。湿度が高く、雨のリスクも予測されていましたが、レース中の降雨はありませんでした。

HOW THE COMPOUNDS MADE THE DIFFERENCE
• ハードハード C2C2:: 大半のドライバーが第大半のドライバーが第22スティントで使用しました。表彰台のスティントで使用しました。表彰台の33名はフィニッシュまで走名はフィニッシュまで走行した中、数名のドライバーはセーフティーカー導入周回中にフレッシュなタイヤへ交換しました。行した中、数名のドライバーはセーフティーカー導入周回中にフレッシュなタイヤへ交換しました。いずれにしても、ハードタイヤは素晴らしいスピードと一貫性を示しました。フェルスタッペンは、レいずれにしても、ハードタイヤは素晴らしいスピードと一貫性を示しました。フェルスタッペンは、レース終盤にハードタイヤでファステストラップを記録しました。ース終盤にハードタイヤでファステストラップを記録しました。
・ミディアム C3: 44名以外のドライバーがミディアムでスタートしました。大きなペースマネージの必要名以外のドライバーがミディアムでスタートしました。大きなペースマネージの必要なく予測よりも長いスティントを可能にし、なく予測よりも長いスティントを可能にし、11ストッパー成功の鍵となるなど、レースで最も注目されストッパー成功の鍵となるなど、レースで最も注目されたコたコンパウンドとなりました。ンパウンドとなりました。多くのドライバーが、ミディアムでレースの半分近くを走行しました。多くのドライバーが、ミディアムでレースの半分近くを走行しました。
・ソフトソフト C4C4:: スタート時に使用したドライバーはいませんでした。また、表彰台のドライバーは使用スタート時に使用したドライバーはいませんでした。また、表彰台のドライバーは使用しましませんでしたが、せんでしたが、セーフティーカー導入周回終了後のセーフティーカー導入周回終了後の「スプリント」レースの局面において、「スプリント」レースの局面において、ソフトのソフトの登登場機会が訪れました。最後方からスタートしたアルピーヌのエステバン・オコンは、唯一のハードか場機会が訪れました。最後方からスタートしたアルピーヌのエステバン・オコンは、唯一のハードからソフトへ交換したらソフトへ交換した11ストッパーとなり、ポイント獲得圏内でフィニッシュしました。ストッパーとなり、ポイント獲得圏内でフィニッシュしました。

ピレリ F1およびカーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント
「レース前には2ストッパーが最速と予測していましたが、ここマイアミでタイヤが力強い性能を発揮したことから、レースは1ストップ戦略の方向へと動きました。今日の気温が昨日までよりも低かったことも、この流れに寄与しました。おそらくセーフティーカー導入のリスクも考慮して、各チームはオープニングスティントの周回数を伸ばしましたが、セーフティーカー導入は、ほぼ全員が必要なピットストップを行った後のレース終盤でのみ発生しました。この機会を活かしてピットストップを行った数名のドライバーたちは、全3種類のコンパウンドをレースで使用しました。フェルスタッペンは、ルクレールとの闘いを制し、終盤に多くのラップを走行したハードタイヤでファステストラップを記録しました。開催が待ち望まれていたマイアミグランプリでのエキサイティングなフィニッシュとなりました。表彰台のドライバーたちが、特製のピレリ・アメリカンフットボール・ヘルメットを喜んでくれたことと思います」

ピレリジャパンプレスリリース

続きを読む "フェルスタッペン、著名人が数多く訪れたマイアミグランプリで、ルクレールとの闘いを制す (ピレリ)"

|

2022/04/17

史上最多グランプリ数の懸念は物流障害

Image (C)Pirelli Motorsport
拡大します
年々拡大が重ねられてきたF1グランプリは、いまや年間22戦から23戦というかつては想像が付かなかったほど増えている。

こうした世界転戦を支えるのは物流だが、これがいまロシア軍によるウクライナ侵攻問題で黄信号が灯っているという。
実際、今年のシーズン前テストではハースF1チームが直面したように各チームの資材運搬はもちろんのこと、F1タイヤを独占供給するピレリタイヤにとっても深刻な状況に陥っているのが現実だ。

同タイヤのマリオ・イゾーラ/ヘッド・オブ・カーレーシングは「国際物流はいまたいへん厳しく、コストも信じられないほど高騰している」とするが、それよりも課題は航空路線の混乱により各グランプリに間に合わないという危機で、「ウクライナの騒動が一国も早く収束することを願っている」と正直なところをみせた。

|

2022/04/11

ルクレール、1ストップでオーストラリアグランプリを制し、今シーズン3戦で2勝目を挙げる (ピレリ)

 (C)Pirelli Motorsports
拡大します

FORMULA 1 HEINEKEN AUSTRALIAN GRAND PRIX 2022 – SUNDAY

THE RACE TYRE STORY
・フェラーリのシャルル・ルクレールが、 最速と予測された 1 ストップ戦略を採り、ポールトゥウィンでオーストラリアグランプリを制しました。 P Zero イエロー・ミディアムタイヤでスタートしたルクレールは、 22 周目に P Zero ホワイト・ハードタイヤへ交換しました。ルクレールのオープニングスティントは、 2 番グリッドからスタートしたレッドブルのマックス・フェルスタッペンより 4 周長いものでした。

・ル クレールのピットストップから 1 週後、 2 回目のセーフティーカーが導入されました。これにより、大半のドライバーが、比較的短い タイムロス でピットストップを行うことができました。ハードタイヤでスタートした 6 名中の最上位ドライバーは、 10 位を獲得したウィリアムズのアレックス・アルボンでした。最後方グリッドからスタートしたアルボンは、 ファイナルラップ直前 で P Zero レッド・ソフトへ交換する戦略でポイント を獲得しました。

・アストンマーティンのランス・ストロールもユニークな戦略を採りました。合計 3 回のピットストップを行ったストロールは、スタート時に使用したハードタイヤをファイナルスティントでも使用しました。 ハードタイヤでスタートしたストロールは、 1 回目のセーフティーカー導入直前の 3 周目にミディアムへ、そしてそのわずか 1 周後に再度ハードへ交換しました。 その後、 2 回目のセーフティーカー導入によって「フリー」 タイム ロス の影響が無い) ピットストップの機会を得たストロールは、スタート時に装着したハードタイヤへ 再度 交換するピットストップを行いました。

・今日のメルボルンは、昨日までよりも風が弱く気温が高くなりました。気温 27 ℃、路面温度 38 ℃のコンディションの下でレースがスタートしました。

HOW THE COMPOUNDS MADE THE DIFFERENCE
・ハードハード CC2 2 レースの鍵を握るタイヤとなりました。グレイニングとデグラデーションレースの鍵を握るタイヤとなりました。グレイニングとデグラデーションがが抑制され抑制されていたていたことことによりにより、ドライバーたちはハードにプッシュすることができました。優勝したルクレールを含む大、ドライバーたちはハードにプッシュすることができました。優勝したルクレールを含む大半のドライバーがファイナルスティントで使用しました。ルクレールは、レース終盤にファステストラッ半のドライバーがファイナルスティントで使用しました。ルクレールは、レース終盤にファステストラップを記録しました。アルボンは、ハードでプを記録しました。アルボンは、ハードで5757周を走行し、このコンパウンドの耐久性の高さを示しま周を走行し、このコンパウンドの耐久性の高さを示しました。

・スピードと耐久性のバランスを提供するミディアムは、スターティングタイヤの主流とスピードと耐久性のバランスを提供するミディアムは、スターティングタイヤの主流となりました。ハースのケビン・マグヌッセンとアルピーヌのフェルナンド・アロンソのみが、ファイナルなりました。ハースのケビン・マグヌッセンとアルピーヌのフェルナンド・アロンソのみが、ファイナルスティントでミディアムを使用しました。予測された通り、ある程度のグレイニングスティントでミディアムを使用しました。予測された通り、ある程度のグレイニングとと(その結果生じる(その結果生じる))デグラデーションが見られました。デグラデーションが見られました。
・ソフトソフト CC55 速いスピー速いスピードを提供するソフトは、主に予選用タイヤとして使用されました。レースでの使ドを提供するソフトは、主に予選用タイヤとして使用されました。レースでの使用は、アルボンによる用は、アルボンによる11周のみでした。周のみでした。

ピレリ F1およびカーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント
「前日までよりも気温が高くなり、路面の改善も進んだ中、タイヤは、金曜フリー走行のデータを基にした想定通りの性能を発揮しました。大半のドライバーが1ストップ戦略を採りました。また、多くのドライバーが、セーフティーカー導入周回を活用して、最小限のタイムロスでピットストップを行うことができました。ミディアムはハードよりも高いデグラデーションレベルを示し、幅広いピットストップウィンドウを提供しました。これにより、今日のレースにおいて戦略を活用する機会は増大しました。改修されたメルボルンのトラックレイアウトは、2022年のマシンとタイヤパッケージがより多くのオーバーテイクを可能にすることを裏づけてくれました。今日のレースでは、ミディアムを1周で交換したランス・ストロールや、ハードによる非常に長いスティントを走行したアレックス・アルボンなど、いくつかの独創的な戦略が見られました。アルボンは、この戦略によって、最後方のスタートからポイントを獲得しました」

ピレリジャパンプレスリリース

続きを読む "ルクレール、1ストップでオーストラリアグランプリを制し、今シーズン3戦で2勝目を挙げる (ピレリ)"

|

2022/04/08

ピレリ、豪GPではソフト一番飛ばし

Tyre Work (C)Pirelli Motorsport
拡大します

今週行われる第3戦オーストラリアGPに、ピレリは今回5種類用意されたコンパウンドのうち、ホワイトのハードにC2、ミディアムのイエローにC3、そしてレッドのソフトにC5という3種のタイヤを選択・持ち込んでいる。

通常、連続する3種が選択されるが、今回はC4を飛ばした変則的なもの。
これについてピレリのマリオ・イゾーラ/ヘッド・オブ・カーレーシングは、テストの結果、C3とC4との性能差が予想より小さなものだったため、と説明している。

注目のオーストラリアGPのフリー走行1回目セッションは13時(日本時間:12時)からスタートする。

|

2022/03/28

フェルスタッペン、ルクレールへ反撃:ミディアム – ハードの1ストップ戦略を採った2人の対決は、フェルスタッペンが勝利 (ピレリ)

 (C)Pirelli Motorsports
拡大します

FORMULA 1 STC SAUDI ARABIAN GRAND PRIX 2022 – SUNDAY

THE RACE TYRE STORY
•レッドブルのマックス・フェルスタッペンが 1 ストップ戦 略で優勝しました。 C3 コンパウンドの P Zer oイエロー・ミディアムでスタートしたフェルスタッペンは、セーフティーカー導入周回中の 16 周目にC2 コンパウンドの P Zero ホワイト・ ハードタイヤへ交換しました。そして、残り 3 周時点で、同じ戦略でトップを走行していたフェラーリのシャルル・ルクレールをオーバーテイクしました。ポールポジションからスタートしたレッドブルのセルジオ・ペレスは、レース序盤トップを維持していましたが、セーフティーカー導入直前にピットストップを行ったことでポジションを失いました。
•ハースのケビン・マグヌッセン、メルセデスのルイス・ハミルトン、アストンマーティンのニコ・ヒュルケンベルグ以外の全ドライバーが、 P Zero イエロー・ミディアムタイヤでスタートしました。上記の 3 名は、 P Zero ホワイト・ハードタイヤでスタートし、セーフティーカー導入周回中にピットストップを行いませんでした。残り 13 周時点のバーチャルセーフティーカー導入周回 中のピットレーンクローズ直前、 マグヌッセンとヒュルケンベルグ はピットストップを行うことができました。しかし、ハミルトンは彼らよりも 3 周後のグリーンフラッグ時にピットストップを行い、マグヌッセンよりも 1 ポジション下の 10位でフィニッシュしました。
•ミディアム、ハードともに タイヤのデグラデーションは 抑制され、いくつかのロングランも見られました。特に、ハードタイヤで は 4 0 周 の 走行が見られました。大半のドライバーが、ハードタイヤでファイナルスティントを走行しました。
•気温 26 ℃、路面温度 34 ℃のコンディションの下、現地時間午後 8 時にレースがスタートしました。その後、レース中に わずかながら気温の降下が見られました。

HOW THE COMPOUNDS MADE THE DIFFERENCE
• ハードハード CC22 デグラデーションはほとんど見デグラデーションはほとんど見られず、レースの鍵を握るタイヤとなりました。ルクレールられず、レースの鍵を握るタイヤとなりました。ルクレールとフェルスタッペンは、レース終盤、ハードタイヤで見応えのある闘いを繰り広げました。ルクレールとフェルスタッペンは、レース終盤、ハードタイヤで見応えのある闘いを繰り広げました。ルクレールは、フィニッシュのは、フィニッシュの22周前にファステストラップを記録周前にファステストラップを記録しました。ハミルトンは、ハードタイヤでしました。ハミルトンは、ハードタイヤで4040週の週のオープニングスティントを走行しました。オープニングスティントを走行しました。
• 33名を除く全ドライバーがミディアムでスタートしました。名を除く全ドライバーがミディアムでスタートしました。ハードでスタートしたハードでスタートした33名は、名は、ファイナルスティントでミディアムを使用しました。低いデグラデーションで良好な性能を発揮し、レファイナルスティントでミディアムを使用しました。低いデグラデーションで良好な性能を発揮し、レースを通してドライバーがハードにプッシュすることを可能にしました。ースを通してドライバーがハードにプッシュすることを可能にしました。
• ソフトソフト CC44 予選で本領を発揮したものの、ミディアムとハードのデ予選で本領を発揮したものの、ミディアムとハードのデグラデーションが低いレベルであグラデーションが低いレベルであったことから、レースでの出番はありませんでした。ったことから、レースでの出番はありませんでした。

ピレリ F1およびカーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント
「素晴らしいナイトレースでした。バーレーンとは全く異なるトラックレイアウトと路面特性の下、最新型のマシンとタイヤは、トラック上で見応えのあるバトルを展開していました。今晩のレースで鍵となったコンパウンドは、ほぼデグラデーションが無い状態で強力な性能を発揮したハードタイヤでした。このことは、シャルル・ルクレールが、多くの走行を重ねたハードタイヤで、フィニッシュの2周前にファステストラップを記録したことからも明らかです。ミディアムも低いレベルのデグラデーションを示し、最速と予測された1ストップ戦略に寄与しました。また、スタートからフィニッシュまで、エキサイティングなレースを演出しました。今年のファステストラップは、昨年よりも遅いものの、その差は1秒以内でした。したがって、全体的に見て、今年のマシンとタイヤのパッケージが期待通りのものに仕上がっていることは明らかです。素晴らしい勝利を挙げたマックス・フェルスタッペンを祝福します」

ピレリジャパンプレスリリース

続きを読む "フェルスタッペン、ルクレールへ反撃:ミディアム – ハードの1ストップ戦略を採った2人の対決は、フェルスタッペンが勝利 (ピレリ)"

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

70thアニバーサリーGP A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイフェルGP アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルベ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルピーヌ アルファタウリ アルファロメオ アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル アンドレッティ イギリスGP イゴラ・ドライブ イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オスカー・ピアストリ オトマー・サフナウアー オランダ オランダGP オースティン オーストラリアGP オーストリアGP オーラ・ケレニウス カタール カタールGP カナダGP カラム・アイロット カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コルトン・ハータ コンコルド協定 サウジアラビアGP サクヒールGP サンパウロGP ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シュタイヤーマルクGP シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームス・アリソン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スプリントレース スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダビデ・ブリビオ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デンマークGP トスカーナGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・デ・フリース ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエトロ・フィッティパルディ ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベトナムGP ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガルGP ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイアミGP マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マイケル・マシ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モハメド・ベン・スレイエム モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロイ・ニッサニー ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・シュワルツマン ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロマーニャGP ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 周冠宇 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 岩佐歩夢 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介