2017/09/27

2018年、ザウバー・チームはドライバー一新の可能性

Frederic Vasseur (C)Sauber Motorsport
拡大します
いったん結んだホンダとのエンジン供給契約を解消、これまでより深い結び付きでフェラーリ製パワーユニット搭載が決まったザウバー・チームでは、これに伴いドライバーが一新される可能性が囁かれている。
これは新たに同チームの代表となったフレデリック・バッサー氏が明らかにしたもの。

「ザウバー・チームはこれまでの低迷から抜け、大変革する必要がある。
そのためにもドライバーが果たす役割は大きい。
しかし通常ドライバーというものは次のレースでの結果を求めたがるものだ。
残念ながらそれではわれわれの目的と合致しない」と、ドライバー交代を示唆するバッサー氏。

その場合、本来メルセデス系のドライバーであるパスカル・ウェーレインは古巣に。
またマーカス・エリクソンはウィリアムズ・チームのシートを狙っているようだ。

| | トラックバック (0)

2017/09/22

ザウバー、シャルル・ルクレールをフリー4戦に起用へ

Charles Leclerc (C)Ferrari S.p.A
拡大します
ザウバー・チームは、シーズン後半残り6戦のうちマレーシア、アメリカ、メキシコ、そしてブラジルの4戦について、フリー走行1回目セッションてシャルル・ルクレール(19歳:モナコ)を起用することを明らかにした。

本来フェラーリ・チームのジュニア育成ドライバーであるルクレールは同じくフェラーリ製パワーユニットを搭載するハースF1チームでも昨年走ったことがあるが現在は将来のF1デビューも見据えてザウバー・チームで関係を深めている。

なお今季F2シリーズ(旧GP2)に参戦し、目下ランキング首位を走るルクレールは、来たる日本GPではカレンダーがバッティングして来日することができない。

| | トラックバック (0)

2017/09/17

エリクソン(ザウバー)、ギヤボックス交換でペナルティ

FIA
シンガポールGPのレーススチュワード(審査委員)は、ザウバー・チームのマーカス・エリクソンに対し、5グリッド降格のペナルティを科すことを明らかにした。

同選手は16日(土)の公式予選を前にギヤボックスを交換したため5グリッドが科せられたもの。
今シーズンのレギュレーションではギヤボックスは6戦連続して同一のものを使うことが義務付けられている。

ただ予めペナルティが予想されたエリクソンは20番手の予選結果だったため、実質なペナルティはないことになる。

| | トラックバック (0)

2017/09/14

F.バッサー代表(ザウバー)、「本拠地変更も厭わない」

Frederic Vasseur (C)Sauber Motorsport
拡大します
スイスの投資会社の支援を得て破綻を免れたザウバー・チームだが、新たにチーム代表の座に就いたフレデリック・バッサー氏(48歳:フランス)は、さらなる改革を図っている。
バッサー氏はルノー・チームの代表を離脱したばかりだが、本人曰わく「内紛により短期間でその座を追われた」ということで依然として意気軒昂。

バッサー氏は「これまでの概念から一新させなければザウバー・チームの再生はない。
まずは戦闘力あるマシンを作らなければならないので、ファクトリーの増強が必須だ。
人員を大幅に増やしたいと思っているし、あるいはファクトリーそのものを変更が必要になるかも知れない」とし、ザウバー・チームの聖地であるスイス・ヒンヴィルからの移転も改革の考慮にあることを示唆した。

同氏によれば、多くのF1ファクトリーがイギリスにあってスタッフの移籍が容易であるのに比べ、ザウバーがスイスにあるのは移籍の障害になっているということだ。

| | トラックバック (0)

2017/09/08

フレデリック・バッサー代表、「来季のザウバーは生まれ変わる」

Frederic Vasseur (C)Sauber Motorsport
拡大します
今シーズン半ば、モニシャ・カルテンボーン氏からチーム代表の座を引き継いだフレデリック・バッサー氏は、「来季のザウバーは完全に生まれ変わる」と、その意気込みを明らかにした。

今シーズン、資金難から1年落ちのフェラーリ製パワーユニットの供給に甘んじたザウバー・チームだが、当然のことながら明らかに戦闘力不足。
さらにマシン開発のペースも遅く、今ではすっかりグリッド最後尾の常連になってしまっている。

しかしこれについてバッサー氏は、「来年のウチのマシンはゼロから造り替えた完全なブランニューのものになる。
開発は順調に進んでいて、すでに風洞実験が行われる段階に入っているよ。
フェラーリ・エンジンも最新のものになるし、実質去年のマシンの焼き直しでお茶を濁していた今シーズンと比べ戦闘力は確実にアップすることだろう」と、自信をみせた。

ザウバー・チームが表彰台に上がったのは2012年の日本GP、小林可夢偉の3位が最後ということになる。

| | トラックバック (0)

2017/08/30

「ホンダとの破談はギヤボックス原因」と、ザウバー・チーム

ホンダとの間でいったんは締結した2018年のエンジン供給契約を解消したザウバー・チームは、その大きな理由がギヤボックスにあったことを明かした。
これはザウバーのチーム再編後新しいCEO(最高経営責任者)に就いたフレデリック・バッサー氏がF1公式サイトで語ったもの。
それによれば表向きには「戦略上の理由」としていた契約解消の、最大のものは伝えられていた通り「ギヤボックス」にあったという。

Hewland Gearbox (C)Hewland Engineering
拡大します
現在のF1ではギヤボックスはかつてのヒューランドやZXなど単体で普遍的なものではなくエンジンと一体のものとしてそれぞれ開発されていて、ホンダ・エンジンの場合はマクラーレン・チーム側がサスペンション共々開発しているとみられる。

従ってもしマクラーレンからギヤボックス供給が受けられない場合、現行のものは使えないことになりザウバー・チームが独自に開発をゼロから進めなければならないことになる。

順当に2チーム供給であれば問題なさそうだが、しかしマクラーレンとホンダの関係自体が未だに不確実で、結局ザウバー・チームは時間的な問題もありホンダ・エンジン搭載を断念したとのことだ。

| | トラックバック (0)

2017/08/10

ザウバー・チーム代表、来季シャルル・ルクレール起用を示唆

Frederic Vasseur (C)Renault Sport
拡大します
来季ホンダ・エンジン供給契約を解消し、フェラーリとの新たな契約を結んだことにより、ザウバー・チームは来季ドライバー選定にも方向が見えてきたようだ。

同チームでは今季スウェーデンのマーカス・エリクソンとドイツのパスカル・ウェーレインの二人を起用しているが首脳陣の評価が高いエリクソンの残留が確実とみられているのに対し、本来メルセデスAMG系のドライバーであるウェーレインはすっかり立場が危うくなった形。

そして後任のドライバーはフェラーリのジュニア・ドライバーの中から選出される見通しだが、新たなチーム代表であるフレデリック・バッサー氏はシャルル・ルクレール(19歳:モナコ)を来季のドライバー候補筆頭に挙げている。

「われわれのようなチームとフェラーリとの関係を考えたとき、ルクレールのようなジュニア・ドライバーを起用するのは意義あることだ。
ただ、エンジン供給に当たってフェラーリからドライバー起用の条件があったという指摘は間違いだ。
われわれは何ら制限無く協議した上で最適のドライバーを選定するだけ」

同代表はできれば9月にも来季ドライバーを決定したいとしている。

| | トラックバック (0)

2017/08/08

健闘ウェーレイン(ザウバー)、それでもシート喪失の危機

Pascal Wehrlein (C)Sauber Motorsport
拡大します
型遅れのフェラーリ製パワーユニット搭載で戦闘力を欠くザウバー・チームにあって、チームがこれまで獲得した5ポイントの全てを叩き出しているのがパスカル・ウェーレイン(22歳:ドイツ)だ。

しかしいったんホンダとの間で結んだエンジン供給契約を解消、あらためて同チームは来季もフェラーリ製パワーユニット搭載を決めた。
両者の関係はこれまでより密接なものとなり、ザウバーが半ばフェラーリのジュニア・チーム化されることからレースドライバーについても関与する可能性が高いとみられる。

その場合、マーカス・エリクソンについては新しいオーナー陣との関係が深く残留が予想されるため、元々メルセデス系ドライバーであるウェーレインが放出されるとの見方が強い。
候補にはフェラーリ・チームのジュニア・ドライバーであるアントニオ・ジョビナッツィ(イタリア)やシャルル・ルクレール(フランス)らの名前が挙げられているという。

| | トラックバック (0)

2017/08/03

松下信治(ザウバー)、テスト好感触も存在感示せず

松下 信治 (C)Sauber Motorsport
拡大します
2日(水)行われたハンガロリンク合同テスト2日目、いよいよ日本期待のF2ドライバー、松下信治(23歳)がザウバー・チームからF1テストに臨んだ。
松下はチームの開発プログラムに則り、午前は主にエアロダイナミックスのテスト、午後はメカニカルメカニカルグリップの開発を行いこの日トータル121周を周回、最終的に1'21.998のベストタイムを記録して終えた。

本人は「F1マシンでこれだけ走り込んだのは初めて。
強烈なブレーキングなど、F1カーは(僕が戦っている)F2のマシンとは別次元のレベル」と、感想。
ただ全体の最下位、前日マルヤがマークしたベストタイムより劣ったうえ、テストが決まってから実現するまでにザウバーとホンダがエンジン供給契約を解消するなど取り巻く状況は激変、期待された存在感を示すことができなかった。

| | トラックバック (0)

2017/07/28

ザウバー・チーム、2018年もフェラーリ・エンジン搭載

Ferrari V6 Engine (C)Ferrari S.p.A
拡大します
ホンダとのエンジン供給契約を解消したザウバー・チームは、ハンガリーGP初日のフリー走行2回目セッションを前に、2018年も今季と同じくフェラーリ製パワーユニットを搭載することを正式発表した。

これにより来季の同チーム・ドライバー候補としてフェラーリのジュニア・ドライバーであるアントニオ・ジョビナッツィの起用が浮上。
日本が期待したホンダ系ドライバーである松下信治の起用は絶望的となった。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク | A1グランプリ | BMW | BMWザウバー | DRS | DTM | F1 | F1テスト | F2 | F3 | FIA | FOM | FOTA | GP2 | GP3 | GPDA | INDY | ING | IRL | KERS | NASCAR | US-GP | USF1 | VW | WEC | WRC | WTCC | アイルトン・セナ | アウディ | アストンマーティン | アゼルバイジャン | アダム・パール | アブダビGP | アメリカGP | アラン・プロスト | アルガルブ | アルガルブ・サーキット | アルゼンチンGP | アルド・コスタ | アルバートパーク | アルファロメオ | アルフォンソ・セリス | アレクサンダー・ロッシ | アレクサンドル・ブルツ | アレックス・リン | アンソニー・デビッドソン | アンディ・ソウセック | アントニオ・ジョビナッツィ | アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ | アンドレアス・ツバー | アンドレ・ロッテラー | イギリスGP | イタリアGP | イモラ | イルモア | インテルラゴス | インディアナポリス | インドGP | ウィリアムズ | ウィリ・ウェバー | ウィリー・ランプ | ウィル・スティーブンス | エイドリアン・カンポス | エイドリアン・スーティル | エイドリアン・ニューイ | エイボン | エステバン・オコン | エステバン・グティエレス | エディ・ジョーダン | エリック・ブイユ | エンジン | エンツォ・フィティパルディ | オースティン | オーストラリアGP | オーストリアGP | カタール | カナダGP | カルロス・ゴーン | カルロス・サインツJr. | カルン・チャンドク | カート | キミ・ライコネン | キャノピー | キャラミ・サーキット | ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ギュンター・シュタイナー | クムホ | クリスチャン・クリエン | クリスチャン・ホーナー | クレア・ウィリアムズ | グッドウッド | グレーム・ロードン | ケビン・マグヌッセン | ケータハムF1 | ゲイリー・パフェット | ゲルハルト・ベルガー | コスワース | コリン・コレス | コンコルド協定 | サム・マイケル | ザウバー | ザク・ブロウン | シャルル・ピック | シャルル・ルクレール | ショーン・ゲラエル | ショーン・ジェラエル | シリル・アビテブール | シルバーストーン | シンガポールGP | ジェラール・ロペス | ジェローム・ダンブロシオ | ジェンソン・バトン | ジェームス・アリソン | ジェームス・カラド | ジェームス・ロシター | ジェームズ・キー | ジャガー | ジャッキー・スチュワート | ジャック・ビルニューブ | ジャンカルロ・フィジケーラ | ジャン・アレジ | ジャン・エリック・ベルニュ | ジャン・トッド | ジュリアーノ・アレジ | ジュール・ビアンキ | ジョナサン・ニール | ジョニー・ハーバート | ジョリオン・パーマー | ジョルジョ・パンターノ | ジョン・サーティーズ | ジョン・ハウェット | ジョン・ブース | ジョージ・ラッセル | ジョーダン | ジョーダン・キング | ジーン・ハース | スティーブ・ニールセン | ステファンGP | ステファーノ・ドメニカリ | ストッフェル・バンドーン | スパイカーF1 | スパフランコルシャン | スペインGP | スポンサー | スージー・ウォルフ | スーパーライセンス | スーパー・アグリ | スーパー・フォーミュラ | セバスチャン・ブエミ | セバスチャン・ベッテル | セバスチャン・ボーデ | セバスチャン・ロウブ | セパン・サーキット | セルゲイ・シロトキン | セルジオ・ペレス | セルジオ・マルキオンネ | ソチ | タイGP | タイヤ | ダカールラリー | ダニエル・ジュンカデラ | ダニエル・リカルド | ダニカ・パトリック | ダニール・クビアト | ダビデ・バルセッキ | チェイス・キャリー | チェコ | チャンプカー | チャーリー・ホワイティング | ティモ・グロック | テレビ | ディートリッヒ・マテシス | デイモン・ヒル | デビッド・クルサード | デビッド・リチャーズ | デモラン | デュランゴ | トト・ウォルフ | トニー・フェルナンデス | トヨタ | トルコGP | トロ・ロッソ | ドイツGP | ドニントンパーク | ナイジェル・マンセル | ナイトレース | ナレイン・カーティケヤン | ニキ・ラウダ | ニコラス・トッド | ニコ・ヒュルケンバーグ | ニコ・ロズベルグ | ニック・ハイドフェルド | ニック・フライ | ニュルブルクリンク | ニュージャージー | ネルソン・アンジェロ・ピケ | ネルソン・ピケ | ノルベルト・ハウグ | ハイメ・アルグエルスアリ | ハインツ・ハラルド・フレンツェン | ハロー | ハンガリーGP | ハンガロリンク | ハンコック | ハースF1 | バルセロナ | バルテリ・ボタス | バレンシア | バレンシアGP | バレンティーノ・ロッシ | バーニー・エクレストン | バーレーンGP | バーレーン国際サーキット | パスカル・ウェーレイン | パストール・マルドナド | パット・シモンズ | パット・フライ | パディ・ロウ | パトリック・ヘッド | ヒスパニア・レーシング | ビタントニオ・リウッツィ | ピエール・ガスリー | ピットストップ | ピレリ | ファン・モントーヤ | フェラーリ | フェリッペ・ナスル | フェリッペ・マッサ | フェルナンド・アロンソ | フォース・インディア | フォード | フォーミュラE | フラビオ・ブリアトーレ | フランク・ウィリアムズ | フランク・ダーニー | フランスGP | フランツ・トスト | フレデリック・バッサー | フレデリック・ヴァスール | ブラウンGP | ブラジルGP | ブラバム | ブランズハッチ | ブリヂストン | ブルガリア | ブルーノ・セナ | ブレンドン・ハートリー | プロドライブ | ヘイキ・コバライネン | ヘルマン・ティルケ | ヘルムート・マルコ | ヘレス | ベトナム | ベルギーGP | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ペーター・ザウバー | ホセ・マリア・ロペス | ホッケンハイム | ホンダ | ホー・ピン・トゥン | ボブ・ベル | ポルシェ | ポルトガル | ポールリカール | ポール・ストゥダート | ポール・ディ・レスタ | マイク・ガスコイン | マイク・コフラン | マウリツィオ・アリバベーネ | マクラーレン | マックス・チルトン | マックス・フェルスタッペン | マックス・モズレー | マニクール | マノー・マルシア | マリオ・アンドレッティ | マリオ・タイセン | マルク・ジェネ | マルコ・アスマー | マルコ・アンドレッティ | マルコ・マッティアッチ | マルシア | マレーシアGP | マ・キンファ | マーカス・アームストロング | マーカス・エリクソン | マーク・ウェバー | マーク・スミス | マーチ | マーティン・ウィットマーシュ | マーティン・ドネリー | マーティン・ブランドル | ミカ・サロ | ミカ・ハッキネン | ミシュラン | ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ | ミルコ・ボルトロッティ | ムジェロ | メカクローム | メキシコGP | メルセデス | モトGP | モナコGP | モニシャ・カルテンボーン | モンツァ | ヤス・マリーナ・サーキット | ヤルノ・トゥルーリ | ユナイテッドステーツGP | ヨンナム・サーキット | ヨースト・カピート | ヨーロッパGP | ラスベガス | ラファエル・マルシエロ | ラルフ・シューマッハ | ランス・ストロール | ランド・ノリス | ランボルギーニ | リオ・ハリアント | リザーブドライバー | リバティ・メディア | ルイス・ハミルトン | ルイス・ペレス・サラ | ルイス・レイジァ | ルカ・バドエル | ルカ・フィリッピ | ルカ・モンテツェモロ | ルノー | ルマン24時間レース | ルーカス・ディ・グラッシ | ルーベンス・バリチェッロ | レギュレーション | レッドブル | レッドブルリンク | レース・オブ・チャンピオンズ | ロシアGP | ロス・ブラウン | ロドルフォ・ゴンザレス | ロバート・クビサ | ロバート・ドーンボス | ロビン・フラインス | ロブ・スメドリー | ロブ・ホワイト | ロベルト・メルヒ | ロマン・グロージャン | ロリー・バーン | ロルダン・ロドリゲス | ロングビーチ | ロンドンGP | ロン・デニス | ロータス | ローマ | ローラ | ワールドシリーズbyルノー | ヴィジャイ・マルヤ | ヴィタリー・ペトロフ | 上海サーキット | 中国GP | 中嶋一貴 | 中嶋大祐 | 人事 | 佐藤万璃音 | 佐藤公哉 | 佐藤琢磨 | 八郷隆弘 | 南アフリカ | 国本京佑 | 富士スピードウェイ | 小暮卓史 | 小松礼雄 | 小林可夢偉 | 山本左近 | 新井康久 | 新型車発表 | 日本GP | 松下信治 | 武藤英紀 | 浜島裕英 | 片山右京 | 鈴木亜久里 | 鈴鹿サーキット | 長谷川祐介 | 韓国GP