2011/01/17

ルカ・バドエル、『冷たい』フェラーリ・ラストラン

Luca Badoer (C)Ferrari S.p.A
拡大します
昨シーズン限りで13年間在籍したフェラーリ・チームを離れることになったルカ・バドエル(39歳:イタリア)が、マドンナで開かれたスキー・イベント『ウルーム』の会場でラストランを敢行、ファンやスタッフに別れを告げた。

この日チームが用意したのは特別なカラーリングが施された『F60』で、とりわけ主要スポンサーであるフィリップモリス社のマウリツィオ・アリバボーン氏の計らいであると伝えられる。

なお雪と氷で凍てつく中、熱心な観客の前で特設コースを5ラップしたバドエルのマシンには、ピレリタイヤが特別に用意したF1用のスパイクタイヤが装着されていた。

| | トラックバック (0)

2010/12/10

バドエル(フェラーリ)、ボローニャで事実上の『ラストラン』

Luca Badoer (C)Ferrari S.p.A
拡大します
フェラーリ・チームは8日(水)、ボローニャ・モーターショーでのデモンストレーションランに同チームのリザーブ&テストドライバーであるルカ・バドエル(39歳:イタリア)を起用。
自らが開発に携わった『F60』を駆ったバドエルは、詰め掛けた多くの観客の声援に応えた。

本人はまだ明言していないものの、関係者によればこれが事実上の跳ね馬チームでのラストラン。
「ここまでの僕の長い長い旅行において、あまりに多くの人たちと共にあった。
ただ一人の名前を挙げるのは難しいことだよ。
でも、それこそがフェラーリ・チームの強さなんだ」と、バドエル。
実に14年間という長いフェラーリでの仕事が、これでついに幕を閉じたことになるようだ。

| | トラックバック (1)

2010/12/04

ルカ・バドエル(フェラーリ)、コクピットを降りる?

Luca Badoer (C)Ferrari S.p.A
拡大します
長くフェラーリ・チームの開発&テストドライバーを務め、レースドライバーであるマッサが負傷欠場した際には代役としてレースに出場するなど多くの貢献を果たしたベテランのルカ・バドエル(39歳:イタリア)だが、どうやらまもなくその任を終えることにようだ。

これは跳ね馬チームの地元イタリアの『アウトスプリント』が報じたもので、それによれば来季の同チーム・テストドライバーはこれまでのジェネとフィジケーラ、そして新人であるジュール・ビアンキ(20歳:フランス)の体制になり、バドエルの居場所はなくなるというもの。

これまでホームコースであるフィオラノ・サーキットをメインの舞台に13万キロ以上を走行したとされるバドエルだが、2009年の上記代役出場の際のパフォーマンス欠如が評価を落としたであろうことは間違いないようだ。

なおバドエルのF1最高位は1993年ローラから出場したサンマリノGPの7位(当時は入賞外)になる。

| | トラックバック (1)

2009/09/07

傷心バドエル(フェラーリ)、メディアに『恨み言』

Luca Badoer (C)Ferrari S.p.A
拡大します
跳ね馬マシンのコクピットに座るというイタリア人ドライバーの夢を果たしたものの、成績不振によりわずか2戦でそのシートを奪われる結果となったフェラーリ・チームのルカ・バドエル(38歳)は、地元の『ガゼッタ・スポルティバ』に対しメディア報道による悪影響があったと明かしている。

「メディアの人たちは、自分の書いたものがどんな悪影響を及ぼすのかを理解していないんだ。
今回の僕のシート喪失には二つの理由があると思うけれど、その一つは明らかにメディア報道によるものだよ」と、バドエル。

それによればもう一つは今年のレギュレーションでシーズン中のテストが禁止されていることで、いくら現役のテストドライバーとはいえ、オフにも乗っていないままでいきなり実戦というのは条件が悪すぎたと指摘している。

そしてもう一つがメディア報道で、もともとチームはもっと長い目でバドエルの状態を見守っていたにもかかわらず、先行するメディアのバドエル批判によりチーム首脳も動かざるを得なくなったというもの。
「せめて、もう1戦。
そうすればマシンにも習熟できたし、良く知ったモンツァでのレースならパフォーマンスを発揮できたのに……」と、悔やんだ。

| | トラックバック (3)

2009/08/30

不調バドエル、「最悪タイミングも自分の人生」

誰もが憧れる伝統の跳ね馬マシンに乗りながらも、前週のヨーロッパGPに続き今回のベルギーGP予選でも最下位と、ペース奪還に苦しむフェラーリのルカ・バドエルだが、本人は次のように説明している。

Luca Badoer (C)Ferrari S.p.A
拡大します
「言っても仕方ないことだけど、せめて2年前にこのチャンスが訪れていたなら、とは思うよ。
あの頃なら僕らテストドライバーはレースドライバーに負けないくらいの距離を走り込んでいて、そのペースは決して彼らに劣らない自信があったんだ。
でもいまは違う。
僕が本格的にF1カーに乗ったのはもう10か月も前のことなんだもの。
マシンに全然馴染んでいないうえ、(復帰した)バレンシアは僕にとってまったく未知のコースだったんだ、それは難しかった。
この時期に、なんてまさに最悪のタイミングだよ。
でも、それもまた僕の人生なんだけどね」

それでも「次のモンツァならホームコースとも言えるほど良く知ったサーキットだからきっといい走りができると思う」と語るバドエルだが、問題はマラネロの首脳陣がモンツァ(イタリアGP)まで辛抱できるかどうかだ。
今日・日曜日、バドエルにとって最後になるかも知れない戦いが待っている。

| | トラックバック (1)

2009/08/25

不振バドエル(フェラーリ)、ベルギーGPが最後?

Luca Badoer (C)Ferrari S.p.A
拡大します
怪我で欠場中のマッサに代わり、前戦ヨーロッパGPから起用されたフェラーリ・チームのルカ・バドエルだが、さすがに10年ぶりの実戦、F1に乗るのもほぼ10か月ぶりというブランクで、マッサの穴を埋めるのにはほど遠いパフォーマンスに留まった。

バドエルはマッサの復帰まで起用されると伝えられていたが、こうしたことからここに来て早くも交代説がささやかれている。
それによれば、今週のベルギーGPの結果次第では、バドエルも更迭、後任には現状、もう一人のテストドライバーであるマルク・ジェネの起用というのが有力とされるが、フィジケーラ(現フォース・インディア)やデビッドソン(前スーパー・アグリ)、さらには近頃シートを失ったボーデ(前トロ・ロッソ)やピケ(前ルノー)らの名前、さらには再びミハエル・シューマッハというビッグネームも浮上しているようだ。

地元イタリア紙の中には、「バドエルを使っている間、フェラーリは巨額の逸失利益を被る」と指摘するものがあり、それによれば今回僚友ライコネンが3位入賞で6ポイントを獲得したことから、もしマッサが出場していれば同等程度の結果は残していた筈だとして、その分の損害を算出しているものだ。

| | トラックバック (5)

2009/08/22

10年ぶり復帰バドエルに、F1は罰金の洗礼

Luca Badoer (C)Ferrari S.p.A
拡大します
1999年の日本GP以来のF1となったフェラーリ・チームのルカ・バドエルだったが、皮肉にも彼がスピードを見せつけたのは残念ながらコースではなくピットレーンにおいてだった。

これは21日(金)行われたフリー走行で、バドエルがピットレーン速度違反を繰り返したとして同グランプリのレーススチュワードが相次いで罰金を科したもの。

それによればバドエルは、気が揺るんだかフリー走行2回目のセッションのわずか30分の間において、62.7キロ、66.0キロ、そして65.9キロと3回のピットレーン速度違反を繰り返し、トータル5,400ユーロ(約73万円)の罰金を言い渡されたという。
フリー走行、公式予選時にはピットレーンの制限速度は60キロ(決勝レース時は80キロ)となっている。

なおフリー走行1回目にはトップとの差が3.380秒あったバドエルだが、午後の2回目ではこれを2.613秒まで縮めている。

| | トラックバック (2)

2009/08/21

バドエル、「暫定ドライバーなんかじゃない」

Luca Badoer (C)Ferrari S.p.A
拡大します
いよいよ今日行われるヨーロッパGP(バレンシア)で、実に10年ぶりの出場となるフェラーリ・チームのルカ・バドエル(38歳:イタリア)は、今回の起用が暫定なものではない、と強調した。

「僕がフェラーリで走るのは、別にいつまでと決まっている訳ではない。
ただ、それは今回(ヨーロッパGP)限りの暫定なものではなく、マッサが戻ってくるまで続けられるものだ。
マッサが帰ってくれば僕は喜んで彼を迎え入れるけれど、それまでは他の誰とも交代することはないよ」

これは、バドエルの結果次第では再びミハエル・シューマッハらの起用にチームが関心を持っていると指摘されることに対する反論だ。
バドエルがグランプリを走るのは、1999年10月の日本GP(ミナルディ)以来ということになる。

| | トラックバック (3)

2009/08/20

バドエル(フェラーリ)、2日間200キロを走破

Luca Badoer (C)Ferrari S.p.A
拡大します
今週末のヨーロッパGP(バレンシア)にマッサの代役としてルカ・バドエルを起用するフェラーリ・チームでは、結局2日間に渡りトータル200キロにも及ぶF60での走行をフィオラノ・サーキットで敢行した。

マシンから降りたバドエルは、「これはテストではないし、技術的な面で何かを得たということないけれど、久しぶりに『F60』のコクピットに収まってF1マシンの感覚を取り戻すことはできたよ。
それでも実戦は久しぶりのことだから、今週はレースウィークのリズムをつかむのに費やされることだろうね」と語り、あくまでもヨーロッパGPは復帰の第一歩との位置づけを強調した。

今年のレギュレーションではシーズン中のテストは禁止されているが、フェラーリは今回の走行をあくまでも『プロモーション活動』として規則違反には当たらないと主張して強行した。

| | トラックバック (5)

2009/08/17

フェラーリ、バドエル復帰に向け掟破りのテスト?

Ferrari F60/F.Massa (C)Ferrari S.p.A
拡大します
ミハエル・シューマッハの復帰を断念したフェラーリ・チームは結局自チームのテストドライバーであるルカ・バドエルを今週末のヨーロッパGPに起用することを決めたが、これに先立ちバドエルに今季マシン『F60』ドライブのチャンスを与えることを計画しているようだ。

フェラーリが主張するところによれば、これは『プロモーション活動』の一環として『撮影のため』行われるもので、場所は自社コースのフィオラノ・サーキット。
最大走行距離は100キロ以内、装着するタイヤもプロモーション用のハードなものになるということだが使われるマシンは今季仕様のもの。
本来レギュレーションではシーズン中のテストは全面禁止。
許されるのは100キロ以内で、直線コースだけのエアロダイナミックス・テストだけになるが今回のフィオラノはもちろん完全な周回コースだ。

フェラーリのこの身勝手な作戦に、他チームから反発する声が上がるのは必至とみられる。

| | トラックバック (2)

その他のカテゴリー

A-1リンク | A1グランプリ | BMW | BMWザウバー | DRS | DTM | F1 | F1テスト | F2 | F3 | FIA | FOM | FOTA | GP2 | GP3 | GPDA | INDY | ING | IRL | KERS | NASCAR | US-GP | USF1 | VW | WEC | WRC | WTCC | アイルトン・セナ | アウディ | アストンマーティン | アゼルバイジャン | アダム・パール | アブダビGP | アメリカGP | アラン・プロスト | アルガルブ | アルガルブ・サーキット | アルド・コスタ | アルバートパーク | アルファロメオ | アルフォンソ・セリス | アレクサンダー・ロッシ | アレクサンドル・ブルツ | アレックス・リン | アンソニー・デビッドソン | アンディ・ソウセック | アントニオ・ジョビナッツィ | アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ | アンドレアス・ツバー | アンドレ・ロッテラー | イギリスGP | イタリアGP | イモラ | イルモア | インテルラゴス | インディアナポリス | インドGP | ウィリアムズ | ウィリ・ウェバー | ウィリー・ランプ | ウィル・スティーブンス | エイドリアン・カンポス | エイドリアン・スーティル | エイドリアン・ニューイ | エイボン | エステバン・オコン | エステバン・グティエレス | エディ・ジョーダン | エリック・ブイユ | エンジン | エンツォ・フィティパルディ | オースティン | オーストラリアGP | オーストリアGP | カタール | カナダGP | カルロス・ゴーン | カルロス・サインツJr. | カルン・チャンドク | カート | キミ・ライコネン | キャノピー | キャラミ・サーキット | ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ギュンター・シュタイナー | クムホ | クリスチャン・クリエン | クリスチャン・ホーナー | クレア・ウィリアムズ | グッドウッド | グレーム・ロードン | ケビン・マグヌッセン | ケータハムF1 | ゲイリー・パフェット | ゲルハルト・ベルガー | コスワース | コリン・コレス | コンコルド協定 | サム・マイケル | ザウバー | ザク・ブロウン | シャルル・ピック | シャルル・ルクレール | ショーン・ジェラエル | シリル・アビテブール | シルバーストーン | シンガポールGP | ジェラール・ロペス | ジェローム・ダンブロシオ | ジェンソン・バトン | ジェームス・アリソン | ジェームス・カラド | ジェームス・ロシター | ジェームズ・キー | ジャガー | ジャッキー・スチュワート | ジャック・ビルニューブ | ジャンカルロ・フィジケーラ | ジャン・アレジ | ジャン・エリック・ベルニュ | ジャン・トッド | ジュリアーノ・アレジ | ジュール・ビアンキ | ジョナサン・ニール | ジョニー・ハーバート | ジョリオン・パーマー | ジョルジョ・パンターノ | ジョン・サーティーズ | ジョン・ハウェット | ジョン・ブース | ジョージ・ラッセル | ジョーダン | ジョーダン・キング | ジーン・ハース | スティーブ・ニールセン | ステファンGP | ステファーノ・ドメニカリ | ストッフェル・バンドーン | スパイカーF1 | スパフランコルシャン | スペインGP | スポンサー | スージー・ウォルフ | スーパーライセンス | スーパー・アグリ | スーパー・フォーミュラ | セバスチャン・ブエミ | セバスチャン・ベッテル | セバスチャン・ボーデ | セバスチャン・ロウブ | セパン・サーキット | セルゲイ・シロトキン | セルジオ・ペレス | セルジオ・マルキオンネ | ソチ | タイGP | タイヤ | ダカールラリー | ダニエル・ジュンカデラ | ダニエル・リカルド | ダニカ・パトリック | ダニール・クビアト | ダビデ・バルセッキ | チェイス・キャリー | チェコ | チャンプカー | チャーリー・ホワイティング | ティモ・グロック | テレビ | ディートリッヒ・マテシス | デイモン・ヒル | デビッド・クルサード | デビッド・リチャーズ | デモラン | デュランゴ | トト・ウォルフ | トニー・フェルナンデス | トヨタ | トルコGP | トロ・ロッソ | ドイツGP | ドニントンパーク | ナイジェル・マンセル | ナイトレース | ナレイン・カーティケヤン | ニキ・ラウダ | ニコラス・トッド | ニコ・ヒュルケンバーグ | ニコ・ロズベルグ | ニック・ハイドフェルド | ニック・フライ | ニュルブルクリンク | ニュージャージー | ネルソン・アンジェロ・ピケ | ネルソン・ピケ | ノルベルト・ハウグ | ハイメ・アルグエルスアリ | ハインツ・ハラルド・フレンツェン | ハロー | ハンガリーGP | ハンガロリンク | ハンコック | ハースF1 | バルセロナ | バルテリ・ボタス | バレンシア | バレンシアGP | バレンティーノ・ロッシ | バーニー・エクレストン | バーレーンGP | バーレーン国際サーキット | パスカル・ウェーレイン | パストール・マルドナド | パット・シモンズ | パット・フライ | パディ・ロウ | パトリック・ヘッド | ヒスパニア・レーシング | ビタントニオ・リウッツィ | ピエール・ガスリー | ピットストップ | ピレリ | ファン・モントーヤ | フェラーリ | フェリッペ・ナスル | フェリッペ・マッサ | フェルナンド・アロンソ | フォース・インディア | フォード | フォーミュラE | フラビオ・ブリアトーレ | フランク・ウィリアムズ | フランク・ダーニー | フランスGP | フランツ・トスト | フレデリック・ヴァスール | ブラウンGP | ブラジルGP | ブラバム | ブランズハッチ | ブリヂストン | ブルガリア | ブルーノ・セナ | ブレンドン・ハートリー | プロドライブ | ヘイキ・コバライネン | ヘルマン・ティルケ | ヘルムート・マルコ | ヘレス | ベトナム | ベルギーGP | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ペーター・ザウバー | ホセ・マリア・ロペス | ホッケンハイム | ホンダ | ホー・ピン・トゥン | ボブ・ベル | ポルシェ | ポルトガル | ポールリカール | ポール・ストゥダート | ポール・ディ・レスタ | マイク・ガスコイン | マイク・コフラン | マウリツィオ・アリバベーネ | マクラーレン | マックス・チルトン | マックス・フェルスタッペン | マックス・モズレー | マニクール | マノー・マルシア | マリオ・アンドレッティ | マリオ・タイセン | マルク・ジェネ | マルコ・アスマー | マルコ・アンドレッティ | マルコ・マッティアッチ | マルシア | マレーシアGP | マ・キンファ | マーカス・アームストロング | マーカス・エリクソン | マーク・ウェバー | マーク・スミス | マーチ | マーティン・ウィットマーシュ | マーティン・ドネリー | マーティン・ブランドル | ミカ・サロ | ミカ・ハッキネン | ミシュラン | ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ | ミルコ・ボルトロッティ | ムジェロ | メカクローム | メキシコGP | メルセデス | モトGP | モナコGP | モニシャ・カルテンボーン | モンツァ | ヤス・マリーナ・サーキット | ヤルノ・トゥルーリ | ユナイテッドステーツGP | ヨンナム・サーキット | ヨースト・カピート | ヨーロッパGP | ラスベガス | ラファエル・マルシエロ | ラルフ・シューマッハ | ランス・ストロール | ランド・ノリス | ランボルギーニ | リオ・ハリアント | リザーブドライバー | リバティ・メディア | ルイス・ハミルトン | ルイス・ペレス・サラ | ルイス・レイジァ | ルカ・バドエル | ルカ・フィリッピ | ルカ・モンテツェモロ | ルノー | ルマン24時間レース | ルーカス・ディ・グラッシ | ルーベンス・バリチェッロ | レギュレーション | レッドブル | レッドブルリンク | レース・オブ・チャンピオンズ | ロシアGP | ロス・ブラウン | ロドルフォ・ゴンザレス | ロバート・クビサ | ロバート・ドーンボス | ロビン・フラインス | ロブ・スメドリー | ロブ・ホワイト | ロベルト・メルヒ | ロマン・グロージャン | ロリー・バーン | ロルダン・ロドリゲス | ロングビーチ | ロンドンGP | ロン・デニス | ロータス | ローマ | ローラ | ワールドシリーズbyルノー | ヴィジャイ・マルヤ | ヴィタリー・ペトロフ | 上海サーキット | 中国GP | 中嶋一貴 | 中嶋大祐 | 人事 | 佐藤万璃音 | 佐藤公哉 | 佐藤琢磨 | 八郷隆弘 | 南アフリカ | 国本京佑 | 富士スピードウェイ | 小暮卓史 | 小松礼雄 | 小林可夢偉 | 山本左近 | 新井康久 | 新型車発表 | 日本GP | 松下信治 | 武藤英紀 | 浜島裕英 | 片山右京 | 鈴木亜久里 | 鈴鹿サーキット | 長谷川祐介 | 韓国GP