2015/11/22

コスワースは2017年のF1代替エンジン断念

Cosworth Factory (C)Cosworth Engineering
拡大します
FIA(国際自動車連盟)が主導する2017年シーズンからの代替、いわゆる「カスタマー・エンジン(インディペンデント・エンジン)」だが、マリオ・イリエン氏率いるイルモア・エンジニアリングが参入を示唆した一方で、当てにされていたもう一方の雄・コスワース・エンジニアリングはこの計画に関与しない方針を示した。

これは同陣営のケビン・カルコーベン/共同オーナーが明らかにしたもので、同氏は「これまでもF1エンジン供給の要望(レッドブルか)について検討してきたが、F1は長期的な見通しを立てることができず、財政的な面から障害が多いことが確認された。
代替エンジンという案についても、時間はないしコストは掛かるし、わが社の能力から考えてもいまこれに全力を傾注するのは困難という結論に達した」と説明、これまでもF1の安易な方針転換に振り回されたコスワースとしての反発も窺えた。

なおその一方で現在WEC(世界耐久選手権)にツインターボV6エンジンを供給するイギリスのAER(Advanced Engine Research)が代替エンジンへの参入に意欲を示しているとも伝えられている。

| | トラックバック (0)

2015/10/29

2017年クライアント用エンジンに複数の候補

Cosworth Factory (C)Cosworth Engineering
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は、現在の高騰と供給難を招いているエンジン(パワーユニット)について、2017年シーズンを目途に安価な「クライアント用標準エンジン」の導入を検討していることを明らかにしたが、そのエンジン・サプライヤー候補に複数の名前が挙げられていることがわかった。

まず名前が挙げられたのが名門コスワース。
コスワースは2013年のマルシアへの供給を最後にF1から遠ざかっているが、その実績は過去F1エンジンでナンバーワンを誇る。
特定のチームに偏りなく広くモーターレーシングに貢献してきた姿勢も高く評価されるところだ。

また新エンジンの規格が噂のようにインディカーで使用されているのと同様2.2リッターV6ツインターボユニットとなった場合、現在インディカーでシボレーのエンジン製作に関わっているイルモアが有力候補になるとみられている。
(なおインディカーでのもう一つのサプライヤーはホンダ)

| | トラックバック (0)

2015/05/17

エクレストン氏、安価パワーユニットの腹案

Cosworth Factory (C)Cosworth Engineering
拡大します
再びF1の隆盛を目指すFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)のバーニー・エクレストン代表には、F1コスト増大の主因の一つとされるパワーユニットについて、腹案があるようだ。

イギリス・メディアが伝えたところによれば、エクレストン氏は現行の1.6リッターV型6気筒ターボ・エンジンとは別に、プライベートチーム用に旧来の2.4リッターV型8気筒エンジンを復活させるなどして安価な代替エンジンを実現させるというもの。

これについてメルセデス、フェラーリら現在のエンジン・サプライヤーらはいずれも現実的でないと否定しているが、報道によればエクレストン氏は『コスワース・エンジン』の復活が想定にあるという。
コスワース社はこれについて言及していないが、そもそも同じフィールドに異なる規格のエンジンが同居することには否定的な考えの関係者が多そうだ。

| | トラックバック (0)

2014/09/28

名門コスワースに再びF1復帰の噂

Cosworth Factory (C)Cosworth Engineering
拡大します
かつてフォード・コスワースとしてF1通算176勝を誇るコスワース・エンジニアリングのF1エンジンだが、今シーズンのレギュレーション変更と共に昨季限りでその姿を消している。

しかし同社はイギリス政府の支援も受け、ノーザンプトンの本拠地に新ファクトリー設備を建設、「次世代の内燃エンジンを供給する」との新たな方針を示している。
こうしたことも合わせ、ドイツの『スピード・ウィーク』誌は「コスワースが再びF1エンジン・サプライヤーに復帰を目指している」との見方を伝えた。

この計画にはバーニー・エクレストン氏も後押しをしているとの噂もあるがコスワースも含め関係者はいずれもコメントを避けている。

| | トラックバック (0)

2014/02/28

コスワース社/CEO、「F1復帰の可能性ある」

Cosworth Factory (C)Cosworth Engineering
拡大します
2013年のマルシアF1チームを最後に搭載チームがなくなったコスワース・エンジニアリングのF1エンジンだが、同社ではまだF1復帰の可能性を模索しているようだ。

これは同社のハル・ライシガー/CEO(最高経営責任者)が語ったもの。
『NBCスポーツ』の取材に対し、同氏は「2014年はたまたまわれわれと歩を一にするチームが現れなかったため参戦が途絶えているだけ。
V6ターボ・エンジンはインディカー・シリーズでも経験があるし、実際F1に向けての開発も進められている。
コストの点も含め、ふさわしいパートナーが見つかれば再びF1に参戦するのにやぶさかではない」と、意欲をみせている。

コスワースが記録したF1優勝回数176勝は、フェラーリに次ぐ歴代2位である。

| | トラックバック (0)

2014/01/07

アダム・パール氏、コスワース・エンジニアリングに

Adam Parr CEO (C)Williams F1
拡大します
2012年、突然ウィリアムズ・チーム会長の座を降りたアダム・パール氏が、レーシングエンジンの専門メーカーであるコスワース・エンジニアリングの取締役として加入することがわかった。
同氏はウィリアムズ退社後、ロンドン・オリンピックの遺産を守る英国のスポーツ財団会長に就任していたが、再びモーターレーシングの世界に戻ることになる。

コスワースはかつてF1で176勝を記録、タイトルを10回獲得した名門だが、このところはメーカー系ワークスエンジンに押されている。

| | トラックバック (0)

2013/03/10

マルシアF1、搭載エンジンの変更迫られる

Cosworth F1 Engine Image (C)Cosworth Engineering
拡大します
現在コスワース・エンジンを搭載してF1に参戦するマルシアF1チームだが、エンジン規定が変更される2014年シーズンにはエンジンの変更を迫られる見通しだ。

というのも2010年シーズンから当時4チーム(ウィリアムズ、ロータスGP、HRT、ヴァージン)に供給してスタートしたコスワースだが、昨季の供給は2チームだけ。
さらにその一つであるHRTが消滅したことにより今季はわずか1チームだけの供給になっている。
2014年、コスワースがマルシア1チームだけのために新たなエンジンを開発するのは事実上あり得ないと考えられるからだ。
そうなるとマルシアは今年中にルノー、フェラーリ、そしてメルセデス3社のいずれかと供給を交渉しなければ参戦できないことになる。
現在、ルノーが4チーム、フェラーリとメルセデスはそれぞれ3チームに供給している。

| | トラックバック (0)

2012/10/19

コスワース、F1残留主張も裏で身売り工作か

Cosworth Factory (C)Cosworth Engineering
拡大します
現在マルシアとHRTの2チームにF1エンジンを供給するコスワース・エンジニアリングだが、どうやら2014年以降の残留は難しいようだ。

衆知のように2014年シーズンからF1はエンジン規定が大幅に変更され、現行の「2.4リッターV型8気筒自然吸気」から「1.6リッターV型6気筒ターボ」へと移行することになっているが、規模の小さいコスワースがこれに対応するのは困難なのではないか、とみられているもの。

英『タイムズ』紙はこれについて、「すでにコスワース経営陣は売却に向けて動き出している」と伝えたが、その一方で同社のゼネラル・マネージャーであるキム・スピアマン氏は「われわれは2014年シーズンにおけるエンジン供給の準備ができている」と、強調している。

| | トラックバック (1)

2012/10/13

コスワース・エンジン、2014年以降もF1残留に意欲

Cosworth Factory (C)Cosworth Engineering
拡大します
F1は2014年シーズンからエンジン規定が大幅に変更され、現行の「2.4リッターV型8気筒自然吸気」から「1.6リッターV型6気筒ターボ」へと移行することが決まっているが、これに対応できるのはルノー、メルセデス、フェラーリのメーカー系3社に留まり、プライベートであるコスワースは難しいとみられている。

しかしこれについてコスワース・エンジニアリングのF1担当ゼネラル・マネージャーは、すでに過去18か月間にわたり開発を進めていることを明らかにし、レギュレーションが変更される2014年以降についてもF1参戦への強い意欲を示した。

ただ搭載チームが非力なこともあるとはいえ、今季もコスワース・エンジンは他のワークス・エンジンに比べ戦闘力を欠いていて、その前途は容易なものではないとみられる。

| | トラックバック (0)

ピック(マルシア)、エンジン交換でグリッド降格ペナルティ

Charles Pic (C)Marussia Virgin Racing
拡大します
マルシアF1チームは、12日(金)に行われたフリー走行セッション後、同チームのシャルル・ピックのマシンのエンジンにトラブルが見つかったとしてエンジン(コスワース)を交換することを明らかにした。

現在のF1レギュレーションでは一人のドライバーあたり年間使用できるエンジンは8基までとされているが、ピックはすでに全て使い切っているため予選グリッド10番降格のペナルティを受けることになる。
ただ今シーズンはまだ韓国GPを含めて5戦残っているので、ピックの場合このエンジンを最後まで使わないと再びペナルティを受けることになる。

| | トラックバック (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク | A1グランプリ | BMW | BMWザウバー | DRS | DTM | F1 | F1テスト | F2 | F3 | FIA | FOM | FOTA | GP2 | GP3 | GPDA | INDY | ING | IRL | KERS | NASCAR | US-GP | USF1 | VW | WEC | WRC | アイルトン・セナ | アウディ | アストンマーティン | アゼルバイジャン | アダム・パール | アブダビGP | アメリカGP | アラン・プロスト | アルガルブ | アルガルブ・サーキット | アルド・コスタ | アルバートパーク | アレクサンダー・ロッシ | アレクサンドル・ブルツ | アレックス・リン | アンソニー・デビッドソン | アンディ・ソウセック | アントニオ・ダ・コスタ | アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ | アンドレアス・ツバー | アンドレ・ロッテラー | イギリスGP | イタリアGP | イモラ | イルモア | インテルラゴス | インディアナポリス | インドGP | ウィリアムズ | ウィリ・ウェバー | ウィリー・ランプ | ウィル・スティーブンス | エイドリアン・カンポス | エイドリアン・スーティル | エイドリアン・ニューイ | エイボン | エステバン・グティエレス | エディ・ジョーダン | エリック・ブイユ | エンジン | オースティン | オーストラリアGP | オーストリアGP | カタール | カナダGP | カルロス・ゴーン | カルロス・サインツJr. | カルン・チャンドク | カート | キミ・ライコネン | キャラミ・サーキット | ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ギュンター・シュタイナー | クムホ | クリスチャン・クリエン | クリスチャン・ホーナー | グッドウッド | グレーム・ロードン | ケビン・マグヌッセン | ケータハムF1 | ゲイリー・パフェット | ゲルハルト・ベルガー | コスワース | コリン・コレス | コンコルド協定 | サム・マイケル | ザウバー | シャルル・ピック | シリル・アビテブール | シルバーストーン | シンガポールGP | ジェラール・ロペス | ジェローム・ダンブロシオ | ジェンソン・バトン | ジェームス・アリソン | ジェームス・カラド | ジェームス・ロシター | ジェームズ・キー | ジャッキー・スチュワート | ジャック・ビルニューブ | ジャンカルロ・フィジケーラ | ジャン・アレジ | ジャン・エリック・ベルニュ | ジャン・トッド | ジュール・ビアンキ | ジョナサン・ニール | ジョニー・ハーバート | ジョリオン・パーマー | ジョルジョ・パンターノ | ジョン・サーティーズ | ジョン・ハウェット | ジョーダン | ジーン・ハース | ステファンGP | ステファーノ・ドメニカリ | ストッフェル・ファンドーネ | スパイカーF1 | スパフランコルシャン | スペインGP | スポンサー | スージー・ウォルフ | スーパーライセンス | スーパー・アグリ | セバスチャン・ブエミ | セバスチャン・ベッテル | セバスチャン・ボーデ | セバスチャン・ロウブ | セパン・サーキット | セルゲイ・シロトキン | セルジオ・ペレス | セルジオ・マルキオンネ | ソチ | タイGP | タイヤ | ダカールラリー | ダニエル・ジュンカデラ | ダニエル・リカルド | ダニカ・パトリック | ダニール・クビアト | ダビデ・バルセッキ | チェコ | チャンプカー | チャーリー・ホワイティング | ティモ・グロック | テレビ | ディートリッヒ・マテシス | デイモン・ヒル | デビッド・クルサード | デビッド・リチャーズ | デモラン | デュランゴ | トト・ウォルフ | トニー・フェルナンデス | トヨタ | トルコGP | トロ・ロッソ | ドイツGP | ドニントンパーク | ナイジェル・マンセル | ナイトレース | ナレイン・カーティケヤン | ニキ・ラウダ | ニコラス・トッド | ニコ・ヒュルケンバーグ | ニコ・ロズベルグ | ニック・ハイドフェルド | ニック・フライ | ニュルブルクリンク | ニュージャージー | ネルソン・アンジェロ・ピケ | ネルソン・ピケ | ノルベルト・ハウグ | ハイメ・アルグエルスアリ | ハインツ・ハラルド・フレンツェン | ハンガリーGP | ハンコック | ハースF1 | バルセロナ | バルテリ・ボタス | バレンシア | バレンシアGP | バレンティーノ・ロッシ | バーニー・エクレストン | バーレーンGP | バーレーン国際サーキット | パスカル・ウェーレイン | パストール・マルドナド | パット・シモンズ | パット・フライ | パディ・ロウ | パトリック・ヘッド | ヒスパニア・レーシング | ビタントニオ・リウッツィ | ピエール・ガスリー | ピットストップ | ピレリ | ファン・モントーヤ | フェラーリ | フェリッペ・ナスル | フェリッペ・マッサ | フェルナンド・アロンソ | フォース・インディア | フォード | フォーミュラE | フラビオ・ブリアトーレ | フランク・ウィリアムズ | フランク・ダーニー | フランスGP | フランツ・トスト | ブラウンGP | ブラジルGP | ブラバム | ブランズハッチ | ブリヂストン | ブルガリア | ブルーノ・セナ | ブレンドン・ハートリー | プロドライブ | ヘイキ・コバライネン | ヘルマン・ティルケ | ヘルムート・マルコ | ヘレス | ヘンキ・ワルドシュミット | ベトナム | ベルギーGP | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ペーター・ザウバー | ホセ・マリア・ロペス | ホッケンハイム | ホンダ | ホー・ピン・トゥン | ボブ・ベル | ポルシェ | ポルトガル | ポールリカール | ポール・ストゥダート | ポール・ディ・レスタ | マイク・ガスコイン | マイク・コフラン | マウリツィオ・アリバベーネ | マクラーレン | マックス・チルトン | マックス・フェルスタッペン | マックス・モズレー | マニクール | マノー・マルシア | マリオ・アンドレッティ | マリオ・タイセン | マルク・ジェネ | マルコ・アスマー | マルコ・アンドレッティ | マルコ・マッティアッチ | マルシア | マレーシアGP | マ・キンファ | マーカス・エリクソン | マーク・ウェバー | マーク・スミス | マーチ | マーティン・ウィットマーシュ | マーティン・ブランドル | ミカ・サロ | ミカ・ハッキネン | ミシュラン | ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ | ミルコ・ボルトロッティ | ムジェロ | メキシコGP | メルセデス | モトGP | モナコGP | モニシャ・カルテンボーン | モンツァ | ヤス・マリーナ・サーキット | ヤルノ・トゥルーリ | ユナイテッドステーツGP | ヨンナム・サーキット | ヨーロッパGP | ラファエル・マルシエロ | ラルフ・シューマッハ | リザーブドライバー | ルイス・ハミルトン | ルイス・ペレス・サラ | ルイス・レイジァ | ルカ・バドエル | ルカ・フィリッピ | ルカ・モンテツェモロ | ルノー | ルマン24時間レース | ルーカス・ディ・グラッシ | ルーベンス・バリチェッロ | レギュレーション | レッドブル | レッドブルリンク | レース・オブ・チャンピオンズ | ロシアGP | ロス・ブラウン | ロドルフォ・ゴンザレス | ロバート・クビサ | ロバート・ドーンボス | ロビン・フラインス | ロブ・スメドリー | ロベルト・メルヒ | ロマン・グロージャン | ロリー・バーン | ロルダン・ロドリゲス | ロングビーチ | ロンドンGP | ロン・デニス | ロータス | ローマ | ローラ | ローレンス・ストロール | ワールドシリーズbyルノー | ヴィジャイ・マルヤ | ヴィタリー・ペトロフ | 上海サーキット | 中国GP | 中嶋一貴 | 中嶋大祐 | 人事 | 佐藤公哉 | 佐藤琢磨 | 南アフリカ | 国本京佑 | 富士スピードウェイ | 小暮卓史 | 小松礼雄 | 小林可夢偉 | 山本左近 | 新井康久 | 新型車発表 | 日本GP | 武藤英紀 | 浜島裕英 | 片山右京 | 鈴木亜久里 | 鈴鹿サーキット | 韓国GP