2019/02/28

合同テスト後半2日目、ベッテル(フェラーリ)クラッシュ

Carlos Sainz (C)McLaren Group
拡大します
2月27日(水)、バルセロナ・サーキットを舞台に行われているシーズン前テスト後半は第2日目を迎えた。

トップタイムはこの日もマクラーレンでカルロス・サインツの記録した1'17.144、これは今年のテストでは全体のベストになるものだ。
130ラップの多きを数えたが、コース入口でストップ、赤旗中断の原因も作っている。

2番手はペレス(レーシング・ポイント)、3番手はベッテル(フェラーリ)。
この日のビッグニュースはなんといってもこのベッテルのクラッシュだろう。
新しい僚友であるルクレールとこの日もマシンをシェアしたベッテルは午前のセッションで40周を周回、この日の3番手となる1'18.193のベストタイムを記録したもののその後3コーナーでコースアウト・クラッシュ。
セッションは赤旗中断、ドライバーは直ちにメディカルセンターに運ばれて検査を受けたが幸い身体に問題ないとして解放された。
マシンは修復に当てられたもののルクレールのほうは結局インストレーションラップだけに留まりノータイムで終えている。

4番手ライコネン(アルファロメオ)、5番手グロージャン(ハース)、6-7番手には共にホンダ・パワーのフェルスタッペン(レッドブル)とクビアト(トロ・ロッソ)が並び合わせて229周を走り込んだ。
前日ハイドロリック系のトラブルに見舞われたメルセデスは遅れを取り戻すべくボタス&ハミルトン合わせて176周を周回した。
シーズン前テストで出遅れたウィリアムズは、クビサが最多の130周を周回、初めて本格的なテスト・プログラムを消化して追い上げの姿勢をみせた。

| | トラックバック (0)

2018/12/18

レッドブル、いよいよエイドリアン・ニューイ氏が参画か

Adrian Newey (C)RedBull Racing
拡大します
数々の栄光マシンを手掛けながら、ヨットの『アメリカズ・カップ』に転身するなど現在はF1の表舞台からは遠ざかっていたエイドリアン・ニューイ氏(59歳:イギリス)だが、いよいよ2019年マシンからF1部門に復帰するとみられる。

これは同チームのエース格となったマックス・フェルスタッペンが明らかにしたもので、同選手は『空力の鬼才』と呼ばれた名デザイナーの関与に大きな期待を抱いていると語った。

衆知のように2019年、レッドブル・レーシングはこれまで続いたルノー・スポールとの関係を終了、新たにホンダ製パワーユニットを搭載することが決まっている。
またこれまで7勝を記録したダニエル・リカルドのルノー移籍に伴い、系列のトロ・ロッソからピエール・ガスリーを後任に引き上げている。

| | トラックバック (0)

2018/09/22

エイドリアン・ニューイ氏はベッテルのタイトル獲得に懐疑的

Adrian Newey (C)RedBull Racing
拡大します
これまでルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)と激しいポイント争いを演じてきたセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)だが、ベッテルがいくつかの取りこぼしをしたのに対し、ハミルトンはここ5戦で4勝と圧倒、ポイント差を40点にまで拡大させた。

それでもまだフェラーリ・チーム陣営は「逆転可能」としてタイトル獲得を諦めていない姿勢を強調するが、これについてかつてベッテルのレッドブル時代、幾多の勝利を同選手と共にしたデザイナーのエイドリアン・ニューイ氏が、次のように語っている。

「彼は必要な時には超人的な集中力と努力をみせるんだ。
それはとても信じられないもので、われわれには考えられないほど。
だからまだ十分に逆転の可能性はあると思っているが、一方弱点はすでに今シーズンもみせたように時折りとんでもないポカをやってしまうこと。
それはおそらく多大なプレッシャーの成せる技なんだろう。
そこさえ気をつければ、ね」と、アドバイス。

このところF1現場から離れていた同氏の観測だけに的を射たものと言えそうだ。

| | トラックバック (0)

2018/09/18

エイドリアン・ニューイ氏(レッドブル)、来季に向け本格F1復帰か

Marek Reichman & Adrian Newey (C)RedBull Racing
拡大します
かつてF1デザイナーの鬼才として多くのF1マシンを生み出してきたエイドリアン・ニューイ氏(59歳:イギリス)が、再びF1に本格復帰するようだ。
これはレッドブルの地元オーストリアの有力紙『ザルツブルガー・ナハリヒテン』が報じたもの。

それによればこれまでF1から離れ、アストンマーティン社と共同で開発するハイパーカー『ヴァルキリー』のプロジェクトに携わっていたむニューイ氏だが、こちらの仕事が一応のステップに達した為、再びF1マシンのデザインに戻るというもの。

折りしもレッドブル・レーシングは2019年からこれまでのルノーに代えホンダ製パワーユニットを搭載することからマシンのほうも一新されるというタイミング。
とりわけエアロダイナミックスなどに長けた同氏が再び優れたマシンを送り出せれば、ホンダにとっても非常に心強いことになりそうだ。

| | トラックバック (0)

2018/06/19

A.ニューイ氏(レッドブル)にルノーから食指の噂

Adrian Newey & S.Vettel (C)RedBull Racing
拡大します
レッドブル・レーシングのF1デザイナーであるエイドリアン・ニューイ氏(59歳:イギリス)に、ワークス体制となったルノー・チームから獲得の打診が行われているとの噂が伝えられている。

これまでウィリアムズ、マクラーレン、そして現在のレッドブルで数々のタイトル獲得を果たした同氏は特に空力面のデザインに長け、『エアロダイナミックスの鬼才』との異名を持つ超一流デザイナー。

近年は現場から距離を置き、F1への関心が薄れているのではないか、と言われたが、同チームのクリスチャン・ホーナー代表は現在も多くの面で新型車開発に関わっていると主張。ただ現在の同チームとの契約は2018年末までとみられ、ルノー・チームが来季以降の契約を打診しているとみられる。

ただこれについて本人も含め、関係者はいずれも口をつぐんでいる。

| | トラックバック (0)

2017/03/18

エイドリアン・ニューイ氏、再びF1にやる気か

Marek Reichman & Adrian Newey (C)RedBull Racing
拡大します
F1で数々の栄光に輝いた後、ヨットの『アメリカズ・カップ』へチャレンジするなどF1から離れているレッドブル・レーシングのデザイナーであるエイドリアン・ニューイ氏(58歳イギリス)だが、再びF1マシンを手掛ける可能性が一部で報じられている。

そう説明するのは同チームのクリスチャン・ホーナー代表で、それによればニューイ氏は今年F1レギュレーションが変更され、マシンが大きく変わったことで再びF1への関心を高めているのだという。
とりわけエアロダイナミックスは同氏の得意分野とされている。

ただニューイ氏は現在同グループ内でアストンマーティン社と共にスポーツカー・プロジェクトを進めていて、直ちにF1に専念できる状況ではないとのこと。
そのため本格的にF1に傾注するとしても来年の『RB14』(仮称)以降になるものとみられる。

| | トラックバック (0)

2017/01/31

エイドリアン・ニューイ氏、「F1技術、市販車に還元ない」

Adrian Newey (C)RedBull Racing
拡大します
これまでマクラーレンやレッドブル等で数々の栄光マシンを世に送り出してきた天災デザイナーのエイドリアン・ニューイ氏(58歳イギリス)が、進化するF1テクノロジーについて注目される言及をしている。

これはイギリスのスポーツ専門チャンネル『スカイスポーツ』に語ったもの。
その中でこのイギリス人は、「F1で開発されたハイ・テクノロジーがやがて市販車に還元されるというのは間違いだ。
F1の技術はF1という分野だけで成長した独自のもの」と、切って捨てた。

これについて自動車メーカー側は、いずれも「F1のパワーユニット関連、とりわけMGU(Motor Generator Unit:電動機/発電ユニット)等の技術は量産車にフィードバックできる」と、口を揃えているという。

| | トラックバック (0)

2017/01/10

ニューイ氏(レッドブル)「F1リソース、市販車に役立たない」

Adrian Newey (C)RedBull Racing
拡大します
かつて幾多のF1タイトル獲得に貢献したデザイナーのエイドリアン・ニューイ氏が、現在のパワーユニットのテクノロジーについて注目される言及をしている。

これはイギリスの『スカイスポーツ』に語ったもので、その中でこの『鬼才』と称せられ現在はレッドブル・レーシングでチーフ・テクニカル・オフィサーを務めるイギリス人が、次のような見解を示したもの。

「言われているような『F1パワーユニットの最新技術が市販車へのフィードバックに貢献する』という説には同意できないね。
想定されるコストと成果とを比べたら、到底現実なものとは思えないからだ。
そもそも現代のF1はあまりにコストが掛かりすぎる。
とはいえただ予算を制限すれば良いというものではなく、もっとチームそれぞれの創造力を活かし、またドライバーもそれに貢献するようなものにならなくては駄目だ。
それでなければF1は公正なスポーツとしての発展を望むことはできないだろう」

その上でニューイ氏は、自身の得意分野でもある「エアロダイナミックス」面でのF1の成果と貢献に期待をみせた。

| | トラックバック (0)

2016/08/14

A.ニューイ氏(レッドブル)、再びF1に深く関与へ

Adrian Newey (C)RedBull Racing
拡大します
かつてチャンピオン・マシンを次々に輩出したレッドブル・レーシングの天才デザイナー、エイドリアン・ニューイ氏だが、約3年のインターバル期間を置き、再びF1マシンに関与することになりそうだ。

これはドイツの専門誌『アウト・ビルト・モータースポルト』が同チームのクリスチャン・ホーナー代表のコメントを報じたもの。
「しばらくF1から遠ざかっていたニューイだが、ここに来て再びF1への関心が高まっているようだ。
今年のマシンについていえば、彼が関わったのはせいぜい20%程度のものだったが、レギュレーションが大きく変わる2017年については少なくとも50%は彼の手になるのではないか。
彼のような天才がやる気を取り戻したら、われわれにとってはまさに鬼に金棒だよ」

一時はF1へのモチベーションを失い、ヨットレースに関わっていたニューイ氏だが、再びF1プロジェクトに関わるということになれば他陣営にとって脅威となる筈だ。

| | トラックバック (0)

2016/07/18

A.ニューイ氏(レッドブル)、すでにフェラーリより上

Adrian Newey (C)RedBull Racing
拡大します
数々のF1タイトル獲得に貢献した後、念願だったヨット(アメリカズ・カップ)の研究開発を行っていたエイドリアン・ニューイ氏だが、レッドブル・レーシングで再びF1に関与するのではとみられている。

その名F1デザイナーは、現在の同チームの戦力について次のように分析をした。
「レッドブル・レーシングの戦力は12か月前とは比べものにならないよ。
もちろんシャシー面でもレベルアップしているが、大きいのはルノー製パワーユニット(タグホイヤー)の著しい進化だ。
彼らの戦闘力が大きくアップしたことでわれほわれは18か月ぶりとなる優勝(フェルスタッペン)を成し遂げることができた。
これはルノーのエンジニアたちに対するご褒美だ。
われわれの倒すべきライバルはすでにフェラーリではなく、メルセデスAMGとなっている」と、豪語。

とはいえレッドブル・レーシングはランキングではまだフェラーリの後塵を拝している。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介