2011/01/25

ジャンニ・アレマンノ市長、「ローマにはF1より五輪が合う」

Image
地元市民からの反対運動や、「ライバル」と目されたモンツァ・サーキットとの隔年開催も拒否され、開催を断念したとされるローマのジャンニ・アレマンノ市長は、「ローマにはF1よりもオリンピックが似合う」と、変わり身の早さをみせた。

一転、新たに同市が狙うのは2020年の夏季五輪で、現在のところまだ正式に立候補の意思を発表した都市はないが、日本では東京や広島らの名前が上がっている大会。

なお2014年の冬季五輪はロシアのソチに決まっているが、同年F1ロシアGPの初開催と重なって問題になっているのは衆知の通りだ。

| | トラックバック (1)

2010/09/11

『ローマGP』、2012年の開催に向け5年契約結ぶ

Rome GP Course Image
拡大します
かねてローマの市街地を舞台に計画されていた『ローマGP』(仮称)だが、主催者であるマウリツィオ・フラミーニ氏が10日(金)FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)のバーニー・エクレストン氏との間で5年契約が結ばれたと発表した。
初開催は2012年を予定しているとのことだが、場合によっては翌2013年にずれ込む可能性もあるという。

これを受け同市のジャンニ・アレマンノ市長は、「フラミーニからの報告を聞き、このローマ市のためにたいへん喜んでいる。
一部にイタリアGP(モンツァ)との強豪を憂える向きもあるが、私は両者がこのイタリアで共存できると確信している」と、歓迎している。

ただ、同グランプリの開催には依然として一部住民からの反対運動があり、その行方にもなお注目が集まる。

| | トラックバック (2)

2010/09/04

ローマGP、障害は地元住民の反対運動?

Rome GP Course Image
拡大します
早ければ2012年にも初開催かと伝えられる『ローマGP』だが、ジャンニ・アレマンノ市長の積極的な姿勢にもかかわらず、さらなる障害が待ち受けていると言われている。
それは、地元ローマ市の住民による反対運動だ。

計画ではローマGPの予定コースは当初の旧市街中心部ではなくより道幅の広い新都市部に変更されているが、それでも反対運動は終息をみていない。

ローマGP開催に乗り気と言われるバーニー・エクレストン氏も、「地元の同意取付はわれわれの範中ではない」と、素っ気ない姿勢だ。

| | トラックバック (2)

2010/09/02

ローマ市長、「2012年か2013年には『ローマGP』実現」

Rome GP Course Image
拡大します
かねて噂に上がっているイタリアのローマ市街地を舞台とする『ローマGP』について、同市のジャンニ・アレマンノ市長がここに来て「2012年か2013年には開催にこぎ着ける」と語り、実現に強い意欲をみせた。

これは同市長が出演した地元のテレビで語ったもので、その中で同氏は「これまで開催が遅れたのは、ひとえに政治的な妨害によるものだ。
すでに他に例を見るように、市街地特設グランプリ自体に何に障害などない。
幸い計画は順調に進んでいる。
私の個人的な見通しとしては、2012年か2013年には開催にこぎ着けたいと考えているよ。
モンツァでのレースは将来も保証されているから、これはイタリアで二つ目のF1グランプリということになるだろうね」と、語っている。

| | トラックバック (2)

2009/12/24

エクレストン氏、『ローマGP』7年契約結ぶ

Rome GP Course Image
拡大します
かねて噂になっていたイタリア・ローマ市を舞台とする『ローマGP』計画だが、このほどFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)のバーニー・エクレストン氏との間で最大7年間という長期の契約で合意したことがわかった。

最初の開催は2012年になるものとみられ、コースは世界遺産にもなっているローマの旧市街地エウル地区を舞台とするユニークなものだが、同市のジャンニ・アレマンノ市長によればまだ流動的な部分もあるという。

同名の『ローマGP』は過去1954年と1963年に行われた経緯があるが、いずれも正式な世界選手権として承認されたものではなかった。
なお同GPの正式名称である『Formula 1 Gran Premio di Roma』は、エクレストン氏自身が商標を持っている。

| | トラックバック (2)

2009/12/22

『ローマGP』再び開催に向け動き出す

Rome GP Course Image
拡大します
これまで何回も噂に上がっては消えてきたイタリア『ローマGP』だが、ここに来て再び開催に向け動き出したようだ。

イタリア国内のメディアが伝えるところによれば、この企画を進めているマウリツィオ・フラムミニ氏が、FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)のバーニー・エクレストン氏との間でローマGP開催についての同意書が結ばれたことを明らかにしたもの。

場所はローマ市のエウル地区で2012年には開催にこぎ着けたいとしているが、実際の時期についてはまだ予断を許さない状況という。

なお同名の『ローマGP』は、過去1954年と1963年に行われた経緯があるが、いずれも正式な世界選手権として承認されたものではなかった。
同GPの正式名称である『Formula 1 Gran Premio di Roma』は、エクレストン氏自身が商標を持っている。

| | トラックバック (0)

2009/06/04

エクレストン氏、『ローマGP』の商標登録

Rome GP Course Image
拡大します
イギリスの『イブニング・スタンダード』紙が報じたところによれば、FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)を通じF1の商業権を一手に仕切るバーニー・エクレストン氏が、今度はさらに自ら『ローマGP』の商標も手に入れたということだ。

それによれば正式名称は『Formula 1 Gran Premio di Roma』というもので、有効なのはEU(欧州連合)圏内であるという。

ローマGPについてはまだ具体的な内容については決まっていないものの、地元ローマ市が開催に前向きなこともあり、早ければ2011年にも開催にこぎ着けられるのでは、との声も聞かれている。

なお同名の『ローマGP』は、過去1954年と1963年に行われた経緯があるが、いずれも正式な世界選手権として承認されたものではなかった。

| | トラックバック (2)

2009/05/19

ローマGP主催者、「フェラーリF1撤退なら破談!」

イタリアのローマ市では2012年の『ローマGP』開催に向け、すでにコースレイアウトを発表するなど準備を推し進めているが、FIA(国際自動車連盟)との対立から発生したフェラーリF1撤退という思わぬ難題の勃発に頭を抱えている。
Rome GP Course Image
拡大します
ローマ市のジャンニ・アレマンノ市長は、「われわれはすでにグランプリ開催のための推進委員会を設けるなど計画の遂行に邁進している。
すべてはイタリアのF1ファンのためのものだが、それにはフェラーリを欠くことなど考えられない。
跳ね馬なしなら破談になってしまうよ!
いまの騒動が早く収まってくれることを願っている」と、地元の『コリエーレ・デロ・スポルト』紙に対し、切実に語っている。

| | トラックバック (4)

2009/05/14

ローマGP、コース概要を明らかに

Course Image
2012年からのローマGP開催を目指しているローマ市が、そのコース概要を明らかにした。

ローマのジャンニ・アレマンノ市長によれば、当初予定された石畳部分を避けた全体にコーナーの数を抑えたシンプルなもので、またよりオーバーテイクが可能なようなレイアウトに考えられているという。

全体として、最近のグランプリは集客に苦しんでいてヨーロッパから他の地域に転出する傾向にあるが、同市長は「ヨーロッパで最もF1人気が高い所、それはわがイタリアに他ならない」と、自信ありげだ。

| | トラックバック (1)

2009/02/27

イタリア『ローマGP』、実現に向け前進へ

イタリア・ローマの実業家らが中心となって進められている『ローマGP』が、どうやらその実現に向けて前進しつつあるようだ。
Renault Rome Demo (C)Renault F1 UK
拡大します
これは、F1グランプリ開催の最大の関門であるバーニー・エクレストン氏の了解が得られたというもので、26日付け地元イタリアの『コリエレ・デラ・セラ』紙が報じたもの。

それによれば場所はローマの南部のエウル地区になるということで、これまで噂になっていた旧市街地地区のような石畳の路面にはならない模様だ。

ただ、イタリアでは1950年以来伝統のモンツァでイタリアGPが行われていて、実現したとしても2013年までの単発のグランプリになるとの見方が強い。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファタウリ アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 野田樹潤 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介